俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 野分

第247回 2020年7月9日週の兼題

野分

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)
 
●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。
②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)
③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。
④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。
⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●俳句0歳0か月。何も分かりません!沢山転んで沢山学ぶ!/江藤すをん
●はじめて投稿させていただきました。/香辛料
●今回初参加ですのでまた何か思い浮かびましたら書かせて頂きます。 ありがとうございます。/緒川 日加留
●初めての投稿、初心者です。宜しくお願いいたします。 /石井碧男
●初めまして宜しくお願いいたします。/石山俊美
●初投稿です。よろしくお願いします。/果禄
●俳句仲間に教えてもらい、初めて応募しました。 よろしくお願いいたします。/海彦
●はじめまして。俳句初心者です。スマホより投句しております。 インスタグラムで俳句ポスト365を知りましたので、早速参加して色々と学びたい思いました。 現在いつき先生と息子さんの先生のYouTube番組をやっと登録して、俳句について学んでる途中です。 『俳句に対するコメント』の書き方もこんな感じで良いのでしょうかとドキドキしてます。 俳句に対するコメントは、プレバトのTVに出てる皆さんが俳句の説明をしていらっしゃるのを参考にして書いてみました。 何卒よろしくご指導お願いいたします。/サーコ
●プレパドを見て、俳句を夏井先生に見てもらいたいと思い投函しました。俳句は初めて作りました。なにとぞご指導よろしくお願いします。/めちこ
●初めまして。「プレバト!」を見て俳句の面白さに気づき、いつの間にか自分でも作ってみたいと思うようになっていました。俳句初心者には馴染みの薄い兼題でしたが、楽しく作句できたと思います。よろしくお願いします!/雨野セイウチ
●初投稿です。俳句に対するコメントもなく、失礼でしたら申し訳ありません。 これから俳句ポスト365のサイトを拝見しながら、勉強させていただきたいと思っています。よろしくお願いします。/化野なずみ
●はじめまして。 先日、息子が中学から夏井先生の本を借りてきました。 私の方が読み入り先生のファンになってしまいました! 散歩に行ってみようかなと引きこもり気味な毎日に原動力が湧いてきました。ありがとうございます。 まだ読了していないので、まだまだコツを習得してなく未熟すぎますが句を少しずつ詠んでみてます。 今後の励みにと思いついたので投句してみました。 よろしくお願いします!/樺猫海鼠(かばねこなまこ)
●初投稿です。緊張です。よろしくお願いいたします。/吉野 文
●初めての投稿です。拙いながらも、御審査よろしくお願い致します。可能であれば、俳句の問題点等、御指摘お願い致します。/熊谷挙
●3月に退職し夏井先生の本を購入し勉強しているところです。状況説明から脱却できない状況ですが、チャレンジしたく初めて投稿させていただきました。/宏楽
●初めて「俳句ポスト365」に参加させていただきました。こういう場も初めて知りました。よろしくお願いいたします。/工藤陽子
●夏井先生の本を読み、このサイトを知りました。少しでも上達できたらと思い投句してみました。サイトに関わられているみなさま、素晴らしい場を提供下さりありがとうございますm(_ _)m/幸せ一番
●初めて俳句を作り投稿します。愛媛県出身の両親、俳人だった祖父の感性を受け継いでいけたらと思います。/池乃佳月
●初投稿です。よろしくお願いいたします。/中谷高菜
●初めての投稿です。(最近俳句を初めました)/庭球子
●はじめまして。にわくま さわね と申します。 プレバトと夏井先生のおかげで俳句の楽しさを知り、今月から俳句を作り始めてみました。今までは、ほとんど12音日記に季語をつける俳句を楽しんでいましたが、今回初めて季語から考えてみました。こういう作り方も楽しいですね。ほとんど川柳のようになってしまいますが。。 初投句なのであまり厳選せずにチャレンジしてみます。m(_ _)m/庭熊彩和音
●松山出身の友人に勧められて初投稿させていただきました。 /田中 一升
●今回初めて投句させていただきます。3年間文芸を続け、俳句の楽しさを見出しました。『俳句ポスト365』はどこか俳句を詠める場所はないかと探した時、最初に見つけた場所でした。松山市には訪れたことはまだありませんが俳句で有名であることは把握しております。いつか俳句を詠みに訪れたいと思っている憧れの街です。遠く離れた北の国からではありますが、俳句を愛する者のひとりとして投句したいと思います。よろしくお願いします。/南 一春
●初投句です。宜しくお願いいたします。/満月ポン
●姉が俳句を詠んでいて、私もと、ただ五七五を並べるだけの俳句を作って、一人遊びをしていました。 最近、プレバトを見て、私なりにお勉強し、楽しんでいます。 従姉妹が、最近俳句ポストに投稿し始め、勉強になるよと勧められて、投稿しました。 何が良いか、何が悪いか判りませんが、よろしくお願い致します。/夢バーバ
●初めてこちらに投句させていただきます。昨年の松阪市の句会ライブで、俳句の楽しさを教えていただきました。まだまだ勉強することが山ほどありますが、怯まずにトライアンドエラーで頑張ります。/陽光
○ようこそ俳句ポスト365へ!トライ&エラーの精神素晴らしいですね。まずは足を踏み入れてみようじゃありませんか♪(正人)

●おはようございます。(^_^)/おけら
●組長、正人さん、ハイポニストのみなさま、こんにちは。どうぞお元気で、よい夏休みをお過ごしくださいませ。/キートスばんじょうし
●結果発表毎回楽しみです。/ちあき
●最近投句始めました。 宜しくお願いします。/ちあき
●組長、こんにちは/もりのまりりん
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●膨大な数の応募の選択、大変だと思いますがガンバってください!/黄麗
●よろしくお願いいたします。/化野なずみ
●頑張って続けます!/佳子
●いつも楽しませていただきありがとうございます!/夏 湖乃
● 元々短歌を詠んでいて、短歌の方では結社等にも所属していた事もありますが、俳句はほぼ自己流です。  まだサイトの隅々まで拝見していませんので、流れも十分に解っていませんが、宜しくお願いします。/近江菫花
●今回も読んで頂きありがとうございました。/黒猫
●何時もお世話になります? 先生、沢山の投句で、お疲れ様ですが、宜しくお願いします/山口 朝子
●いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●2回目の参加です。俳句ポストを知る事が出来てよかったです。参加する事に意味がある。楽しみが増えました。/春夏
●「俳句ポスト365」の皆様。こんにちは。どうぞよろしくお願い致します。/松山のとまと
●あれこれ悩んでましたが、自分の中で考え方の整理もでき、俳号も変えて心機一転です。引き続きよろしくお願いします。/酔人雲助
●早く皆さんの足元くらいには到達したいです。/大阪のアン
●いつも有難うございます。/大和田美信
●まだ初めて時間経ちませんが、いつも楽しい時間です。   有難うございます。/風蓮徹
●宜しくお願い致します。/堀雅一
● スタッフの皆様 恙なく おくらしくださいませ。/マツイミキロウ8191
●これで結果発表もお題の締め切りもひと月以上あくのでまさに夏休み。夏を制する者は俳句を制す?でしょうか。/でんきゅう
○夏のお休みを一回挟んでからとなると毎度明けの投句数がすごいことになるのであります。びくびく。(正人)

●夏井先生はじめ皆々様、いかがお過ごしでしょうか。俳句を始めて常に季節を先取り?しつつ季語と向き合ってみています。これまで連続投句を目標にしてましたが、藤袴の回、うっかり投句し忘れてしまいました。期日ぎりぎり投句を反省し、今回はどうにか前日にお便りしております。また今回から続けることを目標にがんばります!これからもよろしくお願いいたします。/久素木葉子
○一回途切れても、また積み上げれば良い!ナイスガッツ!(正人)

●久々の投句になります。よろしくお願いします。/大黒 陽之助
●二年ぶりの再参加です。 夏井先生、何とぞ宜しくお願い致します! 昨年の台風で被災しましたが、元気にしております。 「野分」なら詠めそうと思いましたが……サテハテどうなることやらです。 これを機にまた俳句頑張ります! /菜々の花
●こんばんは、煤竹と申します。おそらく数年ぶりの投稿になるかと思います。久しぶりに句作をしてみるとやはり楽しく、友人も誘って投稿してみた次第です。どうぞよろしくお願いいたします。/煤竹
○お久しぶりにおかえりなさい!友人が一緒に参加してると切磋琢磨で継続投句のモチベーションにもなりますね♪(正人)

●5回目の投稿です。超初心者なので、歳時記片手に日々悪戦苦闘しています。1日1句を目標に続けていきたいと思っています。よろしくお願い致します。/喜祝音
●俳句を始めて1年が過ぎ、電子辞書の歳時記を使っていましたが、初めて文庫サイズの小型歳時記を購入。気分新たに歳時記と仲良くしたいと思います。/紀杏里
●それぞれの季語の本質や世界観、面白いです。 俳句は最高に贅沢な趣味だと実感しております。/敬具妙洒脱
●毎回兼題を頂き、知らない言葉もありますが、ネットで調べて一生懸命考えて、新しい楽しみを見つけました。まだまだ初心者ですが、楽しく続けたいと思っています。/康子紫
●翡翠の回より投稿させて頂いています。初心者ですし他人様の目に触れるのも初めてなので、せめて言葉の意味や使い方の間違いが無いようにと、広辞苑を引っ張り出してきました。調べる言葉の他にも色々と目に入り楽しいのですが、いかんせん字が小さく…眼鏡型拡大鏡が欲しい今日この頃です。これからもよろしくお願いいたします。/ビー玉
●きめ細やかなサイトで感動しています。 日々の孤独も和らぎます。/ひとえ
●『翡翠』から参加させていただいています。今年に入って独学で俳句を始めたのですが、道端に咲く花の名前を覚えたり、夏に鳴く鶯が気になったりと今までとは世界が違って見えています!…世界が違って見えた結果…ではありませんが、先程年齢を間違えて投稿してしまいました。あくまでも私に見えているのは30代の世界です…。/ひなた
●俳句ポストに投稿し始めて、歩いているときの周りの景色や、立ち止まったところに咲いている小さな花などに気付くようになりました。目的地まっしぐらよりも、心が穏やかになっている気がします。 少しずつ俳句のタネも見つけていきたいです。/岸来夢
●脳内吟行ですが 心の吟行ですね心は コロコロ変わるその時の状況で 冴えたり冴えなかったりの 状況で投句出来る。/句詩呼
●吟行情報ではありませんが、私は母を介護している都合上、遠出はなかなか出来ず、近所周りで写真を撮り、そして生活の中で思ったことを、俳句にしてインスタ投稿をしています。 そうすると、今まで目に止めなかったものにも、意識がいくようになりました。 コロナの影響で、旅行など出来ないというのをよく聞きますが、都会でも田舎でも、ネタはあるものだなぁ…と思っております(笑)/
○調べたり、吟行したり、見えるものが変わったり。俳句が日々の楽しさになる人生って素敵。(正人)

● このHPをみて、俳句を作り始めましたが、先日、初めて地元の新聞に投句して、採っていただきました。とても嬉しく、励みになりました。また、少しずつですが、頑張っていこうと思います。ありがとうございます。/大熊さんちの猫
○作って楽しい、入賞なんておまけがあるとまた少し嬉しい♪おめでとうございます♪(正人)

●俳句の万年初心者です。自分で詠んでみるよりも、他人の作品を読み漁っています。/大阪のアン
●毎回他の人の句を見て、楽しんでいます。 ありがとうございます。/野本 踊
○作るより読む派の人もウェルカム。そのうち触発されて作り始めるのだってもちろん歓迎!(正人)

●今年の目標、皆勤賞からは程遠くなってしまいました(涙)。 でも、また、少し先の季語と一緒に発見や思い出に遊んでもらおうと思います。 今後とも、よろしくお願いします。/じゃらんじゃらん
●いつも季節先取りの兼題に悩まされます。/佳子
●梅雨を横目に秋の野分の猛さ、涼しさを思うのは難しいですね。/氏家つかえ
●俳句初心者ですが 兼題季語が 早どり 例えば 今夏が始まったばかりなのにもう 野分 で戸惑います 今の感情ではなく 発想を飛ばすのが 俳句なのか? 難しいです/賀代
●まだ夏にも気持ちが追いついていない中で、「野分」まではなかなか思いが行かず もうしばらく考えてみようと思いつつ、まずは送ります。/藤井天晴
●今日がどの季節なのかわからなくなっています。天候も不順だし、旧暦新暦の対応関係にもなれないし、結構先の季節を妄想しないといけないこともあるし.../斑山羊
○季節の先取りのように兼題の季語は出題されているわけですが、猛暑の最中だとその思いが余計に強くなるところはありましたねえ…(笑)。(正人)

●俳句浮かびません(涙)/珠桜女絢未来
●いつもありがとうございます。 上手くなりたいと一生懸命頑張っていますが不届きにも、上手く作ってやろうなどという気持ちが沸いてきてダメになっています。 人間がダメになってきました。 皆さんの俳句で浄化されています。/知無須園
●俳句を始めて一年半。ありきたりな発想と言葉の貧困さを思い知らされています。どんな駄作でも俳句を考えている時は前頭葉が活性化してるとの組長のお言葉だけが救いです。没の海の底から海面に顔を出して空を見る日を夢見て今日もメモ帳片手に出かけます。/真珠星倫世
●周りと比べてはいけないと思いつつ、人選常連の皆様はやっぱり凄いなぁと感じる今日この頃です。。映像を描くって難しいですね……。にゃんごろり(ネコと一緒に伸びてるポーズ)/高倉ちとさ
○あんまりできないことを気にしすぎるとしんどくなってしまいます。時にはにゃんごろりっと寝転がって休憩しましょう。(正人@にゃんごろり)

●こんにちは。 最近俳句を始めたばかりで、何が良く、何が悪いのか、判らぬままただただ好きなように詠んでいる毎日です。/黒兎
●俳句が散文的になるのが悩みです。日々精進します!/高飛洋子
●俳句を始めて10か月が過ぎ、投句機会も増やし楽しんでます。 なかなか上達しませんが月40句ほどを、100本ノックのごとく頑張ってます。 /山羊座の千賀子
●今回もよろしくお願いします。 今回は定型になりませんでした。一句くらいちゃんと定型で詠みたかったー/浅河祥子
●兼題『蕨餅』から俳句を始めた初心者です。私なりの俳句の勉強法ですが、投句してその結果に一喜一憂するだけでなく、その結果が全没であれ、並選であれ、人選であれ、それに満足しようがしまいが、結果発表後、再度その兼題で自分の投句した作品以上のものができたと納得できるまで句作することです。勿論自選の自己ベストですので、独りよがりかもしれませんが、皆さんの句を読んだことで、その季語の本意を理解できたならば、必ずや投句以上の作品が作れるように思えます。また、思うような結果を得られなかった季語に対する嫌悪感や苦手意識を克服することで、似たような兼題が出た時の対策にもなるように思えます。 例えば兼題『プール』の結果発表後の自選自己ベストは、『プール台に掛ける足指(ゆび)なき友在りし』です。自己満足かもしれませんが、納得はしています。 痴陶人/痴陶人
○日々の努力あれこれ。自分自身の句を「こうしたかったな」とか、結果発表後、それを素材にして勉強を繰り返すとか。そういう地道な努力はきっと血肉になると思うのです。(正人@自分自身の願望でもある)

●秋薔薇からハイポニストの仲間に入れていただいて1年になりました。 どんなことがあっても1年は休まず続ける、と決めてなんとか目標達成できました。 成績は、毎回2?6句投句して全没と2句同時入選なし、人5句、あとは並に1句ずつでした。 天地想像もできない実力ですが、作句によって楽しみは増える、苦しみは吐き出せる、コメント返信というおまけもいただける、将来の夢を語れる年でもないのに目標ができる、いつき組の方といつか会える日を楽しみにできる、嫌なことが一つもなくありがたいことです。 勝手に一周年記念、長いコメント失礼いたしました。 /むげつ空
○一周年記念おめでとうございます!!良いこと言うなあ、素晴らしい!夢を堂々と語れる、しかもそれが俳句から始まるってめちゃくちゃカッコイイと思う!!(正人)

●最終日だけとまだぎりぎりではない。/ローズも
●今回も、ぎりぎりまで投稿してしまいました。どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●このところ連続で寝落ちしてしまい、目が覚めたら0時を回っているパターン沼にはまっています…今回は無事間に合いそうです。 /中嶋 倶子
●相変わらずのギリギリ投句で申し訳ありません。 その割に推敲不十分でお恥ずかしい限り。/東京堕天使
●締め切り当日、23:33!とにかく一句投稿します!/さとうりつこ
○まだギリギリではない人たちが、こういうギリギリの先人の背中を見て、より崖っぷちギリギリへと成長していくのかもしれない!?(笑)(正人)

●組長、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。先ほどこちらの不手際で3通くらい同じ内容で送信してしまいました!すみませんでした! また野分がなかなかつかめなくて、その分たくさん投句しました!お手数おかけしますがよろしくお願い申し上げます。/常幸龍BCAD
●すみません、あやまって6つぐらい同じ俳句が送信されてしまいました。よって、応募総数から5つぐらいひいたものが実際の数字だったりします/赤馬福助
●夕方に投稿させて頂いたのですが、投稿ボタンが反応せず、何度も押してしまいました。時間差で反応したようで、同じ俳句を6回も投稿してしまいました。ご迷惑おかけして、すみませんでした。/雪陽
●ハイポニストの皆様 毎回、投稿をさせて頂き有難うございます。 多数の投稿の受付や管理作業をご苦労さまです。 今回も作文のミスをしました。 今日、提出した三句に誤字があります。 旗揺れて野辺の送りの野分けかな 畝立ての土は空舞ふ野分けかな 芝走る球は野分けに蛇行せり 上記の三句の「野分け」 「け」の文字が余分です。 野分…に訂正を頂けたら幸いです。 宜しくお願い致します。/えらぶゆり
●プール、人選ありがとうございました。 しかしその喜びを無にしマイナスにする間違いに気付きびっくりしました。なんと、兼題を含まず無季で投句したものがあり、その上発表の日にノートを見るまで全く気付いていませんでした。こんな間違いをするなんて、今まで私は何をやってきたのかとガックリしました。先生どうかお許しください。今後はこのようなことがないよう気を付けて投句いたします。/ふくろう悠々
●送信して確認メールが届いたとたん、第三者の目で自分の句が見えて、がっかりします。 7月10日に「総出にて野分の朝洗いをり」を送りましたが、仮名遣いを間違えていました。 「総出して野分の朝洗ひをり」でした。難しいです。 今回も、どうなることかとはらはらしながら、送信ボタンを押します。/やっちゃんち
●最近、俳句の種を探す事が楽しくなっています。けれど未熟者の私は誤字に気づかず投句してしまいました。 その様な場合訂正した物を再度送って良いのでしょうか。 今後慎重に投句したいと思いますが、対処方法を教えてください。 今回は再度投句いたします。お手数をおかけしすみません。 /朱海 祥
●すみません! 同じ内容で応募しましたが、俳号がメールアドレスになっていた為、こちらで再度応募とできませんでしょうか? 何卒、よろしくお願い申し上げます。/こいぬ
○投句人数投句数の増加と共にさらに増える投句ミスのあれこれ。とにもかくにも「正しいものを送り直す」ようにしておけば問題ありません。逆に、コメント部分でだけ「○○は間違いなので●●に直して下さい」と書かれると対応できなくなってしまいますので、何卒よろしくお願い致します。…ちなみに一番困るのは俳号の欄にメールアドレスを間違えて書かれてしまうケースだったりします。正しい俳号と照合するのがなんともかんとも…。(正人)

●今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。「野分」ですか……歳時記(俳句ポスト365の底本「カラー版新日本大歳時記」(講談社))の台風の項目には「昔は野分と言ったが今は台風と……」とあります。ここで、「野分=台風」と思ってしまうと落とし穴にはまりますね。歳時記で別項目になっていると言う事はきっとそこに本意の違いがある筈。/洒落神戸
○今回も質問サンキュー!1752名9180句となりました。今回もまあ大概難しいと思うのですが、まさか9000を超えてくるとは…!!(正人)

●俳句初心者です。  インスタグラムで写真とともに俳句日記を書いています。 はじめ、ナスの花と実を観て俳句を書いてみましたが、ナスは秋の季語と知り季語の感覚が歳時記とは全く違うなぁと思い、歳時記を買おうと思って本屋さんに行きました。 売り切れてるのかなくて。。。 そんな状態で、スマホから調べている所です。 今まで携帯でした。スマホを始めたばかりでスマホの扱いも困惑してます。メールを受け取れるかどうか怪しい所です。icloudのダウンロードができてるかちゃんとできているのかが不明です。一応私のアドレスはあってますが、不要メールを削除した日からメールがどこからも届いてないので。。。調整をしてみます。 /サーコ
●すみません、昨日投稿した「ゆうな」と申します。 「info@haikutown.jp」からのメールが届きませんが 若しかして、アドレスを間違えて入力していないでしょうか? 何処に質問をして良いか分からず、此方にメールを出させて戴きました。/ゆうな
●済みません、同じ句を三回投句したかも知れません、送信が完了したというメッサージもなく、受信の自動送信もありません(info@haikutawn.jp迷惑メールになっていません)。/寒国
●投稿日前のお知らせメールが、4月頃から来なくなりました。 またお知らせをいただけますか?/あら さなえ@tokyo
○通信関係のあれこれ…ですが、正直お便りを書いている自分のところではわからないのです、すみません。迷惑メールにも分類されてないとなると…いったいなんだろう。松山市文化ことば課にお問い合わせいただければひょっとしたらなにかわかる…?かもしれません。(正人)

●投稿のしかたを教えてください。 短歌では、投稿するとき、詠草何首、と書き添えますが、俳句ではどう書くのでしょうか。 この欄に質問して良いのか、分からないのですが、宜しくお願い致します。 /大熊さんちの猫
○添え書きなどは必要ありません。投稿フォームの必須項目だけお書き頂ければそれで十分です。簡単!(正人)

●投稿するにあたって、期間のはじめの方に送るのと、締切ギリギリに送るのとで、何か違いはありますか?または、選者側として、早い方が嬉しいとか、まんべんなく届いてもらうと助かるとか、あるのでしょうか?/えりいも
○違いは特にありません。強いて言うなら、締切間際は混み合いが予想されますので、通信障害など起こりやすい可能性があります。早め早めが安全ですね。(正人)

●毎回火曜日の俳句の表記の欄で常連になっている方が気になっています。きっとそのお方は火曜日のコーナーを見ていらっしゃらないんでしょうね。毎回焦れったくなります。/よしざね弓
○いずれきっと…気づいて下さる日が…くるはず…。(正人)

●川蝉から始め、五回目の投句です。天や地の評価は遠く、 人、並や初心者の中から、自分の投句を早く見つける方法は ありませんかしら。目を皿のようにして結果没ということもありますので。/徳翁
○パソコンでご覧になる場合も、スマートフォンなどでご覧になる場合も、検索機能があります。パソコンの場合はctrlキーとFキーを同時に押すと文字列検索が開きます。そこにご自分の俳号を入力するとさっと見つかりますのでお試しあれ。(正人)

●翡翠とプールで続けて全没してしまい、ただでさえ難しい野分で何も作れなくなってしまいました。そんな折プチ旅行先で見かけた原生林での倒木。夏井先生のYouTubeは今の私にぴったりなスランプのお話。それで出来たのが今回投句する物です。何がいけなかったのか、もう一度皆さんの句を読み直していくと、なんと私の句が並にありました!両方とも木曜日に何度も確認した時には無かったのに!また頑張れそうです。/中村すじこ
○原因は二つ考えられます。一つ目の可能性は単純に目視で見落とした場合。こちらの場合は、↑で徳翁さんの質問にお答えしたように検索をかけていただければ一発です。二つ目の可能性は、10時の結果公開直後にご覧になって、まだデータのアップロードが済んでない場合。特に木曜日は結果公開時の過剰アクセスとアップロードの混み合いが重なり、大変なことになっております。1、2時間ほどずらしてご覧頂けると良いかもしれません。(正人)

●兼題は誰が考えてるんですか?/鷹雪
●プレバトを拝見していますので、たまにはあのように写真や映像を見て作ってみたいと思ってしまうのですが、初心者にはハードルが高すぎるでしょうか。あるいは選考が困難になるものでしょうか。/砂楽梨
○同じ質問が割と最近火曜日の俳句道場で返答されていた記憶が。ぜひそちらご覧下さい。写真や映像を見て俳句を作る、という兼題は俳句ポスト365では行っておりません。別の媒体やコンテストではたまにありますので、気になる方は夏井いつきのブログなどご覧いただければ時々情報が出て来るかも??(正人)

●俳句道場はラジオ番組なのでしょうか? 関東圏なのですけども、聴けたら嬉しいです。 /サーコ
○「俳句道場」は当俳句ポスト365の火曜日に公開されるコーナーです。仰っているラジオ番組とは「一句一遊」のことでしょうか?現在はradikoを利用することで全国どこからでもご視聴いただけます。ぜひぜひ。(正人)

●今回詠んだ句で少し疑問に思ったのですが… ノマ点「々」は俳句に使用しても差し支えないのでしょうか。 /るびちゅ
○前回の「藤袴」で同じ質問をブービーさんがしてくださり、水曜日に回答しておりまする。無論差し支えありません。(正人)

◆我ら並選隊
●兼題「プール」では、並選をありがとうございました。「プール」という季語をいれて詠むのは、結構難しくて悩みました。ですので、入選はとても嬉しいです。投句以来、ずっと選ばれて続けていることも、嬉しいですし、励みになっています。自分では「連覇?」とウキウキ/ちか丸
●ずっと並選が続いています。そろそろ人間になりたいですが、今回も無理かなぁ。最近は開き直って、楽しめりゃいいやと考えるようになりました。俳句は楽しくなくっちゃ。組長の言葉が沁みてきます。/よしざね弓
●こんにちは? 今年4月から俳句ポストに投句しています。 毎回、頑張っていますが、なかなか上達は難しいですね~?でも、何とか 並 のところに、自分の俳号が見つかる時が有り嬉しくなります。 これからも、宜しくお願いします。/山口 朝子
●このあいだ 初めて並に入りました 大人が褒めらるてこんなに嬉しいものなんですね 友達に教えてたら スクロールして探しもらいました 我還暦の会 みんなに俳句すすめまくっています 山笑うの説明して 思わず歳時記買ってと叫ぶ 皆様ドンマイ /狩谷和寓
●初投句の兼題「プール」並選をいただきありがとうございました。実は先月から仕事で体調を崩し、長期のお休みをいただいている状態なのですが、俳句づくりが、回復に向けた大きな力になっていると感じています。いつか金曜日に発表されるような句を作ってみたいものですが、今日発表された天地の句を見て、ゴールの遠さを思い知った所です。今後も益々精進しなくては!/真井とうか
●夏井先生、正人様、お世話になっています。 数多くの投稿の中、独り言に季語を付けたような俳句と言えないような句を、並に選んで頂き、それだけで、幸せな日々を過ごしています。お陰様で、俳句が、毎日の生活に入り込んで、脳トレとなっています。ありがとうございました。/吹子
●いつき先生、お疲れさまです。プールの並選ありがとうございました。全国的に梅雨も長引いて、気持ちまで少し沈みがちに…。スッキリ晴れた夏空を待ち望みながら、これからも作句に励みたいと思っています。よろしくお願いします。/清水祥月

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●つぎがい、を改め、関津祐花にします。よろしくお願いします。/つぎがい改め関津祐花
●「徒然のひろ」で投稿していましたが、最近50代になり「少し大人可愛い(?)俳号に変えてみようかな。」と思い「ひめのつばき」へ変更しました。これからもよろしくお願い致します。 /ひめのつばき
●俳号変更しました。 「やまなみ」→「やまな未」です。 人と被りにくくしてみました。 よろしくお願いします。/やまな未
●「安宅麻由子」で投句していました。俳句をはじめて1年ほど経ちましたが、やっと俳号をつけました。改めてよろしくお願いします。/橘まゆこ
● 夏井先生の「俳号のススメ」的なYouTubeを拝見致しまして、俳号を「近江菫花」と決めました。  大津市在住の宝塚歌劇ファンのベタな俳号ですが、立ち位置もまあ伝わるかなと自賛しています。  今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。/近江菫花
●組長!正人さん!いつもありがとうございます! 一句一遊に合わせて、名前を変えます。 令ちゃん@埼玉→令ちゃん@花芭蕉 どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m/令ちゃん@花芭蕉
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

◆ウェンズデー正人へ
●正人さま、水曜日へのお便りの掲載と、コメントをどうもありがとうございます。過去記事を遡ってゆっくり読んでいまして、「高菜」にたどり着きました。懐かしいです!私が熊本にいた学生時分には、ほとんどの喫茶店に「高菜ピラフ」がありました。この文字を目にしたら、必ず頼んでしまうくらい、大好きなメニューでした。/渋谷晶
○懐かしいですねー高菜!第113回、2015年との記録が。…え…そんな昔なの…!?(正人@愕然)

●敬愛なる組長。今回はセオリーを大幅に外れ暴れました。申し訳ありません。なんかいろいろなことが苦しくて逃げたくて逃げられなくて気持ちが暴発してしまいました。次回からは基本に戻ります。 正人さん。おっしゃる通りミチザネ君は菅原道真です。すりいぴいさんの季語探訪(いつの兼題だか忘れてしまいました汗ごめんなさい)のくだりにありました。彼、醤油かけごはんが好きだったんですって♪うふふ。/村上 無有
○醤油かけごはん好き!…って思ったけど、直後自分の思い違いに気づく。僕が好きなのは卵かけご飯であった。(正人)

●正人さん!冷製カッペリーニ自画自賛の美味でした! トマト、アボカド、桃、生ハム1センチ角に切って、トマトは湯むきして塩とオリーブ油、アボカドはレモン汁としょうゆで、それぞれ下味つけておく。パスタ茹でたら水で締めて水切って全部混ぜるだけ。/こま
○たまたまなんだけど僕宛に書いてくださってる人が全員食い物ネタ!!拡大版どっちの料理ショーか!!(正人@判定は冷製カッペリーニに一票)

◆夏井いつきへ
●子規を「ギャ句゛」る 拝読いたしました。私をこちらに導いてくれた次郎の飼い主さんをはじめ、先輩方の名(迷)句に感服。みなさんに追い付くなんてとんでもないけど僅かでも追いかけたくてチャレンジしました!/えりいも
●組長!『子規をギャ句゛る』への掲載、ありがとうございました!ギャ句゛へは初めての挑戦でしたが、星二つもらえて大満足です!!/かつたろー。
●兼題「プール」での地選、ならびに「子規をギャ句る」への掲載ありがとうございました。学生時代はよく冗談を言って友達を笑わせていたのに、年をとるごとにいろいろな感覚が錆び付いて大笑いすることも減ってしまいました。そんな中、ギャ句作りはひとりでもニヤリと笑える生活のスパイスになってくれています。新しい兼題が出ると、まずギャ句から考えるのが習慣になりました。月曜日にみなさんのギャ句やどうだ先生のコメントを読むのも楽しみです。兼題俳句はなかなかできず苦しむことばかりですが、ギャ句は気負わず作れて面白いです。ひそかにギャ句の師と仰ぐ星埜黴円様、「子規をギャ句る」への大量掲載おめでとうございます。毎回の投稿ギャ句の多さに圧倒されていましたが、さすがだなぁと感心しきりです。継続は力なりで、楽しみながら続けていけばいつか私も俳人杉山久子さんの「キャバクラを驚かしたる股間あり」のような名ギャ句を生み出せるでしょうか。   /にゃん
● 組長のYouTubeで初めてこのサイトの月曜日の[ギャ句]コーナーの意味がわかりました。 今まで火曜日からしかチェックしていませんでしたが、それからは、月曜日から目を通す様になりました。  私も[ギャ句]に、いつか挑戦したいと思ってますが、兼題に沿った句から、ギャグるのが難しくて。 それ以外の有名句からのギャグはいくつか思いついたのですが…(結構上出来と自画自賛でほくそ笑んでいます)  明後日、句会デビューするので、今はその事で頭がいっぱいです /東京堕天使
●兼題「藤袴」に続き二度目のギャ句"参加です。 『子規を「ギャ句"」る』を読む前に作った句なので、ギャ句"のルールから外れているものも混じっていますが、叱られるのを承知で投句しました。 よしあきくん(いや金子どうだ先生か?)、よろしくお願いします。/北村 崇雄@TFP句会
●組長、『子規をギャ句゛る』に掲載2句いただきました。どちらも星ひとつ、次回シリーズに向け精進したい……というより、その機会があればまた楽しく参加させていただければと思います。ありがとうございました。/野地垂木
○YouTube『夏井いつき俳句チャンネル』でもお話しましたが、ギャ句゛は単なる言葉遊びではなく、俳句の筋力をつけるための有効なトレーニングにもなります。是非、挑戦してみて下さい。そして「全ボツだった!」と嘆く人たちが結構しますが、月曜日よしあきくん選に入ってたり、火曜日の俳句道場にて解説されたりしてるのを見逃している人もいるんじゃないかな。私らも、これだけの投句&投句者に対して、総力をあげて各曜日の更新を続けております。是非、くまなく読んでいただければと思います。
○追記・・・・年に一度の俳句界大イベントの一つ『NHK全国俳句大会』は、年間通じての投句募集で【一般の部】が41,107句です。ところが、本サイトは(投句料なし!という事情があるにしても・・・。ちなみにNHK全国俳句大会は ①自由題二句一組2200円 ②自由題二句+題詠一句 三句一組3200円です。) 『まつやま俳句ポスト365』一回の投句数がこのところ10000句を越えるようになってきました。これが二週間に一度です。私も、ウェンズデー正人も、どうだ先生も、よしあき君も、半端じゃない選句やらお便り返しやらやってます。自分の投句が載った載らないのみに一喜一憂するのではなく、本サイトを俳筋力をつけるための大リーグボール養成ギブス(@古い!)だと位置づけ、最大限活用していただけたら、苦労が報われるというものです。(夏井)

●夏井組長の著書世界一わかりやしい俳句の授業 赤ペン俳句教室 季語道場 子規の365日 アマゾンで購入しました。 もちろん、伊月庵通信も春から購入してますが、 これからゆっくり読み親しむように心がけます。もちろん、ハイポニスト諸氏の俳句も心して拝聴させて頂いてます。 手繰り寄せるものがいっぱいあって、 俳句って、おもしろですね。 俳句の俳の字も心得ずに投稿してはや、5ヶ月が経ちました。待つ身も楽しいし、句作も呆け防止になりそうですよね。 宜しく御指導お願いします。 /スマホばあちゃん
●伊月庵通信の購読始めました。送っていただいた最新号は初心者の私には勉強になり、何より楽しいです。俳句のこともいつき組のこと何一つ知らないまま投稿を始めたのでこちらの作法、というか雰囲気がわからず無茶苦茶やっておりますが、諸先輩方、どうぞお許しください。切れ字や季語とともに学びますから。/瀬尾白果
○脳は使えば使うほど、脳自身も喜んでくれるはず。俳句は、一生かけてゆっくり学べます。ご一緒に楽しみましょうね。(夏井)

●NHK俳句に載っていた村上鞆彦さんの句、このさりげない描写、微かな飛躍、何気ない意外性。きれい。なんか落ち着く。好き。しかも隣町のご出身。親近感。/純音
○自分にとって憧れの俳人を見つけることも大事。この人を師にしたい!という人が見つかれば、弟子入りする=俳句結社に入る、のも有効な俳句修行です。(夏井)

●組長、野生時代8月号の野生俳壇で佳作に選んで頂きありがとうございます、野生俳壇での初の選句に祝着至極です、毎月発売日頃に書店に行って俳壇ページを立読みして駄目だったかと、そっと雑誌を置いて帰ってくるのが恒例ですので、期待薄でいつもの通り雑誌を開きました、特選6句から見ていき佳作に目を通した時、あれっといつもと違う違和感が!我が県のー私ー?思わずエッと声が漏れました、落ち着いてもう一度それを見直し、買わなきゃとそのままレジに直行!支払いの時告げられた値段に思わず、これ、高いんですね、と言ってしまい店員さんに薄く笑われてました、無事、購入し帰宅、直ぐに夫に見せると、俳号を見て誰なのか分からないと相変わらずのセリフでしたが、その後、うちの県からは1人なのか、と言い、そこに気付いたら何となく喜んでくれてる風でした、夫にも少しは私の嬉しさ伝わったかなと私も更に嬉しさを実感しました、今後とも精進し作句投句に邁進いたす所存です、宜しくお願い致します/斗三木童
○「これ高いんですね」という正直な呟きが、またまた俳句になりそうや~(笑@夏井)

●夏井いつき俳句チャンネル楽しく拝見しています。初心者にはとても勉強になります!/丹下京子
●YouTube で勉強させていただいております。 いつき組長に勝手に私淑しております。web 門下生ということでよろしくお願い申し上げます。/毒林檎
●夏井先生のYouTubeがすっかり生活の一部になりました。季重なりの第一回、『子規365日』を傍らに楽しく視聴しました。「プレバト!」のネタバレは、ちょっとしてほしいです(また見逃しました(涙))。/わこたんのまま
●YouTubeで勉強したり励まされたり、週に2回の今一番の楽しみです。ありがとうございます。/喜奈子
●最近スランプなのか、俳句がなかなか詠めません。そんな時に、組長のYouTubeで、スランプの対処法についての話を聞いて、納得。最近俳句以外のことで考えることが色々とあるからか、今は「心に何も響かない時期」なのだと気付きました。良い句は投句できないですが(前から良い句は詠めてませんが…)、できる範囲で細々と投句を続けていき、また言葉が自然と出て来るのを待とうと思います。組長、YouTubeの話、ありがとうございました!/橘まゆこ
●組長お疲れ様です。最近はYouTubeでお顔拝見する機会が増えて嬉しく思います。「やの ひろみ」さんの番組も楽しかったです。私70才になり、俳句を考えているうちに、あんな事もあったと、俳句という形に詠むことで、長生きは楽しくなります。/丘 るみこ
●youtube楽しく見ています!チャンネル登録しました!/秋熊
●組長お疲れ様です。いつもYoutube拝見しております。最近の動画で組長が「上五の字余りは許容されがちだが効果のある字余りが肝要である」と仰っていました。まさに私の「プール」の入選句が上五字余りだったため、冷や汗が止まりませんでした。効果のある字余り、肝に銘じておきます。/升 丁茶
●組長お疲れ様です。先の投稿で字余り云々と言っていましたが、さっき自分の入選句を見返したら字余りじゃなかったですね。推敲した時に字余り回避したのをすっかり忘れておりました。すみません、先の投稿のことは忘れて下さい。/升 丁茶
●組長、お久しぶりです! 王国の蝶に刺激を受けました。キスマイの「種」を聞きたくてCDを買い、なぜかディスク2を先に聞き…これ俳句じゃね? そこから検索~ YouTubeで正人氏とのやりとりも楽しく拝見させていただきました。転勤・臨時休業・大雨とエネルギーを消費するばかりだったけど、パワーを充電することができました。ありがとうございます??/狸漫住
●組長がYouTubeで勧めていた「20週俳句入門」、一読しました。暗誦句は、75%くらいの暗唱に留め(暗記苦手故)、作句は、本から出た宿題分は作りました。また時間をかけて、読みたいと思っていますが、まずはこれで、腕立て100回くらいでしょうか(笑)。 /迫 久鯨
●毎週夏井先生と家藤正人さんの俳句チャンネル楽しみに見てます。家藤さんと夏井先生の分かりやすい解説を聞きなるほどねと思いながら聞いています。だんだんと俳句の核心に迫ってきましたねえ。正人さんの説明もはっきりとして分かりやすいしなんといっても声が良いです。いい声ーですねえ。まぐれのホームラン狙って研鑽しまーす。/有田みかん
●「プール」では人選をありがとうございました。YouTube拝見していますが、このコンテンツ、永遠に終わらないくらいのネタがあるのではと思ってしまいます(笑)。私も皆さんと一緒に、楽しみながら学ばせていただきたいです。/玉響雷子
○はい、YouTube始めてみたら、次々に新しいシリーズのアイデアが浮かんできて、「私ら、何十年やったらこのリストが終わるんやろか」と、正人やケンコーさんと笑った瞬間、次のアイデアがまたひらめく! こりゃ、百年生きてても終わらんな~ははは!(夏井)

●夏井先生 御机下 ずっと楽しかった句作が辛いときがあるのに気がつきました。俳句が変わったのではなく、私が変わったからなんだろうと想像しています。これも機微と捉えれば良いのかわかりませんが、俳句との間に隙間を感じはじめたのも事実です。 雨音がまた激しくなり出しました。どうかご自愛下さい   まんぷく拝/まんぷく
●如何にしたら組長に選んでいただけるかと、邪念に囚われ作句して、墓穴を掘っていた自分に気づきました。俳句は写生の中に作者独自の視点を見出だし、如何に詩を産み出すかという作業である。そう自分なりに理解して進んでゆければと考えております。私らしい句を探す旅。 入選は、グリコのおまけですので。/いなだはまち
●プールの句を人に選んでいただき、大変ありがとうございました。喜びに浸っていたのも束の間、よく見れば、地の句の中に自分と近い表現の句があるではないですか!場面は違えど、表現したい世界は近い。なのにあちらが地でこちらが人なのは何故?生意気にも悔しく思ってしまいました。二句を並べて分析開始。結果、自分なりに原因が分かり納得しました(正しい分析ができたかは怪しいけれど)。こんなにも自分の句を具体的に分析できたのは初めてでした。天や地のいい句を見るのは大好きですが、具体的な分析は難しい。今回のように比較対象があるのは、非常に稀で幸せなことだと思いました。いや、いい経験できました。感謝。思えば、プレバトでも助詞一つで順位が変わって涙をのむ人いますものね。これか、と。/みー
○それ、フルポン村上さんですね(苦笑)。まんぷくさん、YouTubeの[メンタル編]を是非観て下さい。いなだはまちさん、「私らしい句を探す旅」まさにそれですね。YouTubeにて、皆さんのさまざまな悩みは質問に答える試みを展開しています。是非、参考にして下さい。(夏井)

●俳句を詠むようになって日が浅いのですが、勉強のためにどういうことをしたらよいのでしょうか。なんとなく形をそれっぽく俳句らしく整える、というだけしかできていない気がしています。/守宮やもり
○YouTubeにも、初級者向けの作り方解説しています。さらに、俳句修行というのは、「投句する。→選を受ける。→結果を自分なりに分析する。」これを繰り返すことで、少しずつ俳句の筋肉がついてくるのです。本サイトへの投句、まずはコツコツ続けて下さい。そして、今は、よく分からなくても金曜日の優秀句&選評を必ず読む。余力があれば、火曜日俳句道場を読む。これを続けるだけでも、大変な量の季語情報を手に入れることができます。分析力が身についてきます。(夏井)

●プレバト炎帝戦、いよいよ放送ですね。どのような結果になるでしょうか。/京野さち
●夏井先生の添削をいつも尊敬して見ております。私は自己流で俳句の勉強もしておらず恥ずかしい限りですが、好きで投稿致します。/森澤佳乃
●プレバトの秀句を集めた本を出版したら売れますよ/鷹雪
●プレバト俳句楽しみにしています。/富樫 幹
●組長、NHKの俳句番組の、マスクのイラスト可愛かったです♪いつも楽しい番組を、ありがとうございます!/渋谷晶
○いつも観て下さってありがとう!今月は、NHKのEテレにて『575でカガク!』のオンエアもあります。9月20日(日)と27日(日)、どちらも深夜11時台だったような気がする・・・ごめん、はっきり覚えてないが。絶対面白い仕上がりになってるはず。観て下さいね!(夏井)

●かに道楽俳句、今年も入選に取って頂き、ありがとうございました。蟹好きの友人が一番喜んでいました。夏井先生ありがとう!!(友人より)/みどちゃん
●お便りが遅くなりましたが、かに道楽の入選ありがとうございました。公募で夏井先生に選んでもらったのは初めてなので、嬉しかったです。県内には、かに道楽のお店がなく、関西圏へもコロナが心配でしばらくは食べに行けませんが、いつかの楽しみにとっておきます。ありがとうございました!/28あずきち
○うう、県内にかに道楽がない?! こりゃ、かに道楽さん、全国制覇してもらわんといかんなあ!(夏井)

●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。この夏、各県でメモリアルカップという部活動に頑張る高校生のための大会が行われています。甲子園、インターハイが中止の決断が発表されてからの高校生たち(特に3年生たち)にとって気持ちを切り替えることはとんでもなく大変な出来事だったと思います。大人でも難しいんじゃないかな。。。いつかこの子たちが大人になったとき、「あの年は大変だったよなぁ」と笑って言える日が来るといいなぁと願っています。全国の高校生諸君にエールを!!/みのる
○今年は、俳句甲子園も結果発表&表彰式をYouTubeにて配信しました。今年の三年生たちは、ずーっと一生「あの時の三年生たち」と記憶され続けるんじゃないかな。(夏井)

●大人のための俳句甲子園、「まる裏俳句甲子園」が「あしらの俳句甲子園」と名前を変えてリニューアルされます。「あし」は正岡子規が使っていた一人称。毎年、成人の日の松山で、全国からいい年の大人の(笑)俳ポニストたちが即吟したりディベートしたり一喜一憂しつつ皆さんの句を鑑賞するいい機会です。来年もできるよう準備を進めているところです。皆さま応援よろしくお願いします!/あつむら恵女
●毎年1月に松山で開催されてきた「まる裏俳句甲子園」が「あしらの俳句甲子園」としてリニューアルいたします! 「あしら」とは正岡子規さんの一人称「あし」の複数形、つまり「私たち」の俳句甲子園という意味です。 すでに実行委員会を立ち上げ、委員たちが元気いっぱい準備を進めています! 詳細はTwitterで公表していきますので、ぜひチェックしてください。 HPも作成する予定です(7/22現在)ので検索してみてくださいね。/小田寺登女
●毎年1月には、まる裏俳句甲子園が開催されています。 来年は心機一転、名称も改め「あしらの俳句甲子園(まだ仮称ですがw)」となり、内容もイチから検討中です。 その準備委員会に税悦も加えていただき、松山とオンラインでつないで会議をしています。 みなさまに楽しんでいただけるような楽しい「あしらの俳句甲子園」となるようがんばりますので、みなさんもぜひ参加をご検討ください!/大槻税悦
○準備委員会は、道後の伊月庵を使ってもらってます。リニューアルした「あしらの俳句甲子園」、松山に集合じゃ!みんな、今日から5百円貯金してね。コロナと、うまく付き合いつつ、再会できることを祈るッ!(夏井)

●「おウチde俳句大賞」の最終ノミネートのお知らせをいただき、9月20日の日比谷・松本楼にも行きます(行きたいです)メールを送った後に、自身が極度の〈ひとみしり星人〉ことを思い起こしました。あー、大丈夫かな…。緊張してきた。/内藤羊皐
○〈ひとみしり星人〉よーこー君とは、句会ライブで何度か会ってます。9月20日表彰式開催のために、朝日出版社スタッフがそーとー頑張ってくれてます。会場で、会いましょうね(夏井)

●こんにちは。質問です。俳句は、俳号の他に、住んでいる県と年代を添えて書くことが多いですが、何か意味はあるのですか?選者の方は、県や年代も参考に添削されるのでしょうか? 確かに、住んでいる県や年代によって、ものの見方というものはだいぶ違いますよね。40代と50代では、価値観もがらっと変わるでしょうし、北海道と沖縄では、季節(季語)に対する感想も全く違うかもしれません。(以前、『雪』をテーマに少しロマンチックな俳句を詠んだら、新潟出身の先生から『豪雪地帯の新潟では雪は悪魔でしかない』と私の句は雪を奇跡のようにとらえていますね、と、感想を頂いた事があります。私は神奈川県川崎市出身です。)ちょっと、素朴な質問ですが、是非、お答え頂けたら幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。/間仁田彩
○本サイトにおいては、意味が二つあります。
一つ目、選句において時に意味を持つのは年齢です。特に、子どもたちの句を選ぶ場合、発達年齢を加味する必要があります。小学一年生の句だとすれば評価はできるが、それが高校一年生だとなると・・・という具合です。さらに、俳句は短いので、同じフレーズでも十代が呟いた時の意味合いと、九十代が呟いた時の意味合いが全く違ってくることは往々にしてあります。気になった時には、参考にさせてもらってます。
二つ目は、作者と作品を特定するためです。これだけ投句者がいると、似たような俳号が増えてきます。さらに、俳号をコロコロ変える人もいる。入力ミスで、違った俳号になってしまった人もいる。一人が複数の俳号を使っているのも実に困ります。(特に、並選は一人一句掲載と決めておりますのでね。)
本サイトでも、毎回お願いしておりますが、「俳号は、自分の作品をマーキングするための印」です。似たような俳号が出てくると、いちいち同一人物かどうかを特定して、選句するという煩雑な作業が入ってくるのです。
例えば「さっちゃん」が二人でてくると、年代と都道府県を確認して、別人かどうかを調べてから、選句をすることになります。これだけの作業でも、ものすごく時間を取るのです。私たちの選句に、少しでも協力していただけるのであれば、ご自分の俳号を今一度、見直して、唯一無二の俳号だと自信が持てるものを考えていただけると有り難いです。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●兼題「プール」の句、楽しいものが多かったですね。おもわず笑ってしまうような句、印象的な句など、人選をじっくり読み進めています。特に、多喰身・デラックスさんの「信長は早よ死ね次はプールやし」の勢いが大好きです。たまらないです。魅力的な句をお詠みになるハイポニストさんがたくさんいらっしゃって、いつも、木曜からしばらくは見惚れてしまっています(そのあいだ、自分の句は詠めません)。/オサカナクッション

●最近  岸 来夢 さんという方が  並んで並選に登場されていますね。私の孫くらいの方かな と思います。スマッシュ という言葉など私は使いませんものね。実に熱心で、ぐいぐい俳句にのめりこんでいかれてる様子がわかります。頑張って下さい。これからも宜しくね。 岸 れん  /岸 れん

●いかちゃんさま!拙句「中核派てふ過去とほし鰻喰ふ(誤り:う)」の指摘、ありがとうございました!投句した時も投句した後も何度も違和感を感じつつも、でもまあ「喰うて」だもんな(それは音便だからだよ!)という訳のわからない納得をしてそのままにしてしまっていました。教えて頂き助かりました。自分の記録もそっと直すことができ、せっかくの地選に曇りがなくなりました。ありがとうございました!面倒がらず辞書を引くことを改めて心に刻みたいと思います。/月の道馨子

●シュトゥットガルト俳句女子の会/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三ツ藤康子
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/追師うさぎ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●シュトゥットガルト俳句女子の会/芍薬
●シュトゥットガルト俳句女子の会、助け合いながら兼題に取り組んでいます。以前のようにどこかの家に集まることは避けていますが、スペースを取った広いカフェ(机の間隔、席を立つ時のマスクの着用など義務付けられています)でわいわいとアイディアを出し合っています。そんな時間が持てることのなんとありがたいことか。/月の道馨子
○ドイツの感染状況は今どんな感じなんでしょうかねえ。世界中コロナがあるのが当たり前みたいになってきて、報道も少しずつ減ってるような気がする…けどそれは良いことなのか悪いことなのか…。(正人)

◆小さな『俳句の種まき』運動♪
●俳句が好き・・・みたいな7才です季語の事を問題を言い、早く問題出して!と言います。うるさいので子ども季語辞典を与えました。/攝津の童子
○かわいいな~新しい俳句の芽、ゆっくり育ててやってください♪(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●「プール」人選ありがとうございます。早世した同級生を詠みました。思い出を供養していただいたようで嬉しかったです。 /わこたんのまま
●初めての「人」、うれしかったです。お便りや句を詠んで、元気が出てきたおかげ、と思います。コロナでも、ここは熱気にあふれていますね。しかし、毎回、気に入っている方は選ばれず、そうでもない方が選ばれます。もっと方の力を抜いてかからねば、ということなのかと思います。さて、まだ時間があるので、もっと「野分」を考えてまた「人」になれるよう、頑張ります。/花菖蒲
●組長、前回の兼題『プール』では初めて人選を頂きありがとうございました。娘も同時に頂きあの日は家族で喜び合いました。これからも親子共々一句一句季語と向き合いつつ詠んでいきます。/真喜王
●先日、初めて俳句ポスト365に、「プール」の俳句を投稿させていただきました。そして驚くことに、人選に選んでいただきました!本当にありがとうございます!ますます俳句の虜になりそうです!!/雪陽
●「プール」の兼題で憧れの人選をいただき、ありがとうございました。学校にプールなど無かった世代でかなり苦心し、「参加することに意義がある」と投稿しましたが、思いがけないことでとても励みになりました。これからも参加を続けたいと思います。/暢気
●ここ2回、人選に1句ずつ入りました。ありがとうございます。自分の中で取り合わせを少しですが考えたのがよかったのかなとも思います。でも上位に何句も選ばれる方に比べると質も量も全然です。まず、作る数が少ない。一つ句を作るとその句をいろいろ推敲(というよりもいじっているだけですが)するのですが、たくさん投稿される方を見てると、なんでそんなにいろいろアイデアが浮かぶのだろうと羨ましくなります。/平井伸明
●いつき先生、正人先生、スタッフの皆さまいつもありがとうございます。「プール」の人選、お便りの掲載もありがとうございました。/明惟久里
●兼題「プール」ではニンニク(人選二句)有難うございました。 初めてなので嬉しかったです。/亀田勝則
●「プール」にて地選を頂きました。木曜の時点でにゃんさんに次いで上から二人目の人選でしたから、淡い期待を抱いてはいましたが、それが実ったとなると嬉しさも一入。誠にありがとうございました。 「三色菫」以来の二年三か月ぶり二度目。我ながら随分詠んだと思う一方、俳ポニストの諸先輩方にはまだまだ敵わないという思いも。これからも精進していきたく存じます。改めましてよろしくお願いいたします。/京野さち

◆コロナウィルスに寄せて
●まだまだ、気の抜けない日々が続きますが、お身体大切になさって下さい。/Karino
●緊急事態宣言解除後、日に日に感染者の数が増えています。 皆さまに置かれましても、何卒、予防&自衛されますようお願い申し上げます。 /
●組長、正人さん、スタッフの皆さんいつもありがとうございます。今回もよろしくお願いします。 この「野分」の発表があるのはもう九月に入ってからですね。大雨に苦しめられましたが、今年の野分はどんな様子になるのでしょうか?台風もコロナも落ち着いていてくれたら、と願っています。 今年は子供たちも夏休みはおとなしくじっとしているようで、里帰りは無しのようです。寂しいですが組長と正人さんの俳句チャンネルで楽しくお勉強させて頂こうと思っています。「野分」のあとはしばらく間があいて、ちょっと気が抜けてしまうかもしれません。 移動が多い時はどうぞ体調に気を付けてくださいね。 /じゃすみん
●コロナ防疫と経済復興は難しい。自粛と吟行の切替も難しい。/しんしん
●夏井先生、スタッフの皆様こんにちは。 又々コロナの禍が復活!怖いですね。西日本の水禍も無惨で言葉もありません。 日本どうなるのと心配です、子供たちにこんなボロボロの国を残すのかと申し訳なくなります。 せめて出来るお手伝いをさせていただきたいです。 先生も全国を忙しく飛び回っておられますので、どうぞお気を付けてお過ごしください。/のぶ子
● コロナによる感染が、鹿児島でも大発生です。一つのクラスターから 百人を超す感染者がでて、田舎者の鹿児島県民も震え上がっています。スタッフの皆様もお気をつけくださいませ。  夏井先生は全国を指導して回っていらっしゃいますので、お気をつけくださいませ。/マツイミキロウ8191
●あちこちの夏祭りが中止になったり、学校の夏休みが短くなったりと、今年はいつもとちがう夏になりそうです。人間を試されるときは、まだ続きそうです。でも、「やまない雨はない」「明けない夜はない」です。私たちは、自分のできることを、コツコツやっていくしかないですね。/みやこわすれ
●コロナ渦に、梅雨前線の水害、せめて今年は、台風の被害が少ないことを心から願います/やまやま
●感染の第2波でしょうか。薬ができるまでは気の抜けない忍耐の日々が続きますね。夏井先生、スタッフの皆さんの無事をお祈りします。/雨霧彦@木ノ芽
●低血圧で起きられない日が続いています。コロナでも修羅場ですが体力的にも修羅場です/砂山恵子
●東京は、コロナをテーマにした現代俳句が増えてます。/円修
●皆様いかがお過ごしでしょうか。新型コロナウイルスの流行に収まりが見られないのに加えて大雨に猛暑。明日(7月23日)からの連休も思うようにいかないいう方も多いかとお察しします。そんな中でも俳句の種はあるものと「夏井いつきと壇蜜の 新しい日常×俳句」を拝見しながら思うなどしました。/京野さち
●ここ最近 訃報があったり コロナ感染のおかげで 心のテンション上がったり下がったりです。 俳句は その状況をズバリと表現する 恐ろしい17音 だから詠みのが好きなんです。近況報告でした。/句詩呼
●7月10日現在、また全国の新型コロナの感染者数が急激に増えてきていますね。皆様ご自愛ください。 また、7月初旬の豪雨の被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。/戸部紅屑
●また東京コロナの発生、いったいとうなるんだろう。心配でこのごろ抑うつ気味です。/砂山恵子
●俳句仲間に励まされ、俳句はもちろんお仕事も頑張っています。 プレバトが楽しみでこの俳句投稿も楽しみで、 何かするべきことがあるってありがたいです。 だってダンス界は今、競技会もパーティーもないのですもの。/咲耶とこ野@木ノ芽
●野分によってコロナウィルスだけを吹き飛ばしていただきたいものですね。/山香ばし
●ついに、我が身辺にも「コロナ」の足音がすぐそこまで来ました。国の基準を守って生活をしているものの不安です。いつき先生皆様もお気をつけて下さい。/里甫
●エッセンシャルワーカーさんに敬礼(`・ω・´)ゞ/脩平
●東京はますますコロナ感染者が増えて、リアル句会も吟行もできる状態ではありませんが地道に歳時記を見て自主練します。/丹下京子
●こんにちはいつも楽しみに拝見しています。在宅勤務に慣れたのは良いけれども、生活が単調になるためか、なかなか思いつかず投句ができないでおりました。/楠青庵
●先生方も少し遠くまでの移動が始まられたのですね。くれぐれもご用心下さいませ。目や鼻や口に飛沫が入らぬよう周りに入れぬよう…これからはこの星での暮らし方自体大きく変わるのかもしれませんね。変えていかねばならないものを見定めながら、変わらぬものを信じて、私もまた俳句を心の杖にして生きていけたらいいなと思います。/明惟久里
○このお便りを書いている9月6日現在、台風10号が日本に接近中。九州地方では既に様々な被害が出始めている模様です。災害中・災害後で感染の拡大なども起きないと良いのですが…全国の皆様の無事をお祈りしております。台風を心配するコメントも届いておりましたので、以下にまとめておきます。本当に本当に、みなさんどうぞご無事でありますように!!(正人)

●凄い雨の日が続きます。皆さま吟行どころではないかと思います。暗闇があれば夜明けもあると思います。頑張っていきましょう。/ねずみ男
●台風の日には、不要不急の外出はお控えください。あぶないですからね。/ヒマラヤで平謝り
●こんにちは。今年の梅雨は台風かと思うほどの大雨が続き、各地の皆さんの無事を祈り梅雨明けを待つばかりです。/夏 湖乃
●組長はじめスタッフの皆様、いつもありがとうございます。毎回、天と地の皆様の作品を読ませていただいていつも思う事は、皆さんのオリジナリティー溢れる発想の豊かさですね。加えて組長の眼光紙背に徹する鑑賞文であり、ご批評の素晴らしさ。作者以上に深読みされているように感じます。プールに入らなくなって数十年。子供のアルバムを開いては、遥かな記憶を呼び戻してはの何日間ではありました。関東では梅雨らしい梅雨で、水害のニュースはありませんが、西の方では毎年繰り返される豪雨被害。ハイポ仲間にももしかしたら被害者の方がいらっしゃるかもしれませんね。心よりお見舞い申し上げます。組長はじめスタッフの皆様、向暑の折、くれぐれもご自愛下さってお仕事にお励み下さいますよう、また発表を楽しみにしています。/江戸人
●組長、正人様、スタッフの皆さま、ハイポニストの皆さま、いつもお世話になっております。 7月の集中豪雨の被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。兼題「野分」の結果発表の頃は、まだ厳しい暑さが続いているかと思われます。皆さま、どうかくれぐれもご自愛ください。/渋谷晶
●野分などと長閑な言葉では言い表せない昨今の風水害、線状降水帯は毎年何処かで発生し、数多の犠牲が出でいるのに何も対策が出来てない。これから台風の本格的シーズン、犠牲が少ない事を祈るばかりです。線状降水帯は新しく季語にしても良いくらい常態化してる。/森爺
●毎日毎日、べた~~と暑いですね。 もはや異常気象ではなく、通常気象だと国全体が認めないと前へ進めない感じですな。 毎年毎年「今までに経験のない」災害が来ているのに、いつまでたっても「今までに経験のない」ままです。 ほんの2年前に経験したでしょう?災害地の人たちは忘れていないぞ!ぷんぷん/大塚迷路
●最近は気候変動も激しく、ちょうどこの句をひねっている今、梅雨前線による台風並みの強風と豪雨です。各地で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます/毒林檎
●野分は、学生時代の体験をふくらませて詠みました。 九州はじめ全国で豪雨や自然災害に遭われている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。俳句どころではないと思いますのでここを読まれていないとは思いますが、今ボランティアに行きたくとも行けない人達も、さまざまな別の形で応援していると思います、私を含めて。そうした方々も、いつかまた俳句を再開なさったら例えば野分という自然の兼題ともやさしい気持ちで対峙できますように☆ とにかく、できるだけ笑顔になれることを見つけて、この禍をみんなで乗り切りましょう♪/明惟久里

◆近況報告~♪
●今年、畑に植えた胡瓜が、最近になって、全て、枯れてしまった。長雨の影響なのか、土壌が悪かったのか、病気なのか、判らない!!!水も切らさずに、やっていたのに!!!大変、ショックです。/KAZUピー
○葉っぱにかけた水が日照によってレンズ化して高温化…結果植物が傷む、みたいな話あったりしますね。(正人)

●都心に働いていて、通勤時間短縮のため比較的オフィスに近い場所に住居を構えていますが、コロナ禍で在宅勤務がNew Normalとなれば、ここに暮らす意味は無いのですよね。句作のためにも、もう少し自然における季節の移ろいを感じやすい環境で暮らした方が良いのではないか、と少々真剣に検討し始めています。/る・こんと
○句作のためだけにはさすがにどうだろう!?(笑)ですが田舎暮らしは良いですぞ。ビバ。(正人)

●お世話になります。コロナ騒動、収まる気配なく、日に日に感染者数が増え続けています!恐怖感満載です。今、桔梗が満開です。今にも弾けて開きそうな蕾を一輪挿しに挿し、そろそろ開く?もうすぐ開く?見ている間は開きません!ちょっと後で開いていると、がっかりします!瞬間を見たい!何度か挑戦しましたが(笑)駄目です!そんなこんなで、今回も締め切り当日の二時間前。野分の来ないことを祈りつつ!/キャサリンまさこ
●家の向日葵が咲きました。1枚ずつ花びらを開き、雄蕊が増えていく様子をマジマジと見てしまいました。俳句をすると同じ出来事があっても見るところが変わってくるのですね。/檀凛凪
○花って見飽きませんよねえ。うまく立ち会えた時にはぜひ一句にしてつかあさい!(正人)

●暑さが本格的なってきましたね。 私は、毎日インスタに投句しているので、写真が欠かせないわけです。 昨日、撮影していたら、スマホが日射しで高温になり、カメラが作動しなくなりました。 なんとか数枚撮影し、家に帰ってその花を歳時記で調べていたら、見事に初秋の季語でした(笑) まだ梅雨明けしませんが、熱中症は気温だけでなく湿気でもなるというので、皆様もどうかご自愛くださいませ。/こいぬ
○性能によるんでしょうけど、わりとありますね熱暴走。初めて見るとビビります。(正人)

●髪を短くしました。すっきりと頭も軽くなったので良い俳句が詠めると良いな?/なつめモコ
○スマホ同様冷やすと性能があがる??(笑)(正人)

●先生方こんにちは。こちらは明日から4連休。おうちでのんびりしてリフレッシュします!職場のメンバーも疲労からか体調崩している人が多いので皆様も身体お気をつけて。/紀友梨
○暑い暑い8月から涼しい9月へ以降した今日この頃。温度差も堪えますのでお気を付けて。(正人)

●犬の散歩中って俳句のアイデア浮かぶこと多いです。夫が休みの日は散歩に行ってくれて、それはとても助かるのですが俳句の締切近くで作句が難航していると“自分で行くべきかな?”とか思う。微妙~(^^;/古都 鈴
●まだ俳句をかじる前、働いていたカルチャーセンターで、俳句教室の先生が「来週はクラス全員でギンコウに参ります」とおっしゃり、なんでそろって銀行に?講座料を取りっぱぐれないように、一緒に銀行に行って振り込み?と思ったことを誰にも言わずによかったと思う今日このごろ。/毒林檎
○なんたる勘違い~!(笑)そう、吟行でございます。犬の散歩も立派な吟行、楽しんで連れてってあげましょう♪(正人)

●最近、俳句を題材にした小説をぱらぱら見かけるでトマト。やっぱり、プレバトによる俳句ブームの力かな。小説を読んで、俳句力アップってのも、一つの学び方かもでトマト。 /トマト使いめりるりら
○どれくらいの期間で書いてらっしゃるんでしょうね。そうすぐには書けないのでは…と思ったけどプレバト開始からもう6年なわけで不思議はなかった。(正人)

●今年度から、朗読ボランティアグループ「言ノ葉」に参加します。3ヶ月のコロナ自粛の後、7月から活動開始。早速「声のたより」というCDを制作。時候の挨拶、エッセー、小説、リスナーの感想…など、約60分のプログラムを7人で作ります。新人の私は、料理を担当しました。楽しみにされている方も多いそうなので、戦力?になれるよう頑張ります。/アガニョーク
○料理…料理!?まかないとかそういう…?(正人)

●こんにちは。去年は身内に病人がおり自粛していたネイルを、最近は塗るようになりました。 胡粉ネイルは、嫌なにおいがなく、乾きが早いうえ、色が鮮やか。おまけに、色名が美しくて「月季紅」「金雲母撫子」など。テンションあがります♪ しばらくは、外出系の楽しみを控えることになりそうですが、身近な楽しみを増やしていこうと思います!/ちょろたこいん
○家の中の楽しみのひとつとして女性にはそういうのもあるのですねえ。ちょっと昔の宮中とかでもありそうな雅やかさ。(正人)

●ちょっと前に欠席届けを出したのですが今この投句をする前に床の張り替え工事の時もタブレットをさせてもらえるみたいです。急にコロコロかわってすみません。/ねずみ男
○いえいえ、通信がご無事でなによりであります。(正人)

●今週土曜日(7月25日)、いるかオンライン句会です。1か月が矢のごとしです。先月、先々月と坊主でした。 今度はどうでしょうか?楽しみです。/哲山
●私、藤咲大地は句会にて先生からプレバトで言う名人10段の称号をもらっています。 歴史的な俳人になってみたいですね。/藤咲大地
●コロナで、電車を用いる通勤が怖くなり、出勤は週1回です。 残りの4日は「テレワーク」です。 つまり、「吟行」どころではありません。 所属する団体の「会議」「研修」も、ZOOM等を用い、「オンライン会議」「オンライン研修」です。 そんな中で、オンライン診療(「LINE」を利用した診察)する医院に気づき、皮膚科の「LINE診療」を受診しました。 便利です、院内感染の心配がありません。 きっと「LINE診療(通院診療との併用を含む)」は、広まるでしょう。 そこで、思いました。 「句会」はもとより「吟行」も、中止するのではなく、オンラインを用いて行ったらいかがでしょう。 /風間昭彦
●前記の通り、「テレワーク」「オンライン会議」「オンライン研修」が多くなりました。 ただ、何かもの足りないところがあるように感じます。 /風間昭彦
●七月場所がやっと始まりました! 春場所無観客、4月巡業川崎場所が消え、夏場所が消え、やっと国技館開催へ。 相撲の楽しみは、欠くことのできない生活の一部になっております。 俳句も生活の一部ですよ。 /天晴鈍ぞ孤
○句会、診療、はては相撲までオンラインでする・見る、ってつくづく急激にすごい時代になったものですねえ…。便利になった部分はそのまま利用を継続しつつ、リアルならではの楽しみ・利便性も戻っていきますように!(正人)

●GoToキャンペーン心配です。経済か命か決めるのは政治家って?待てよ、ちょっと違うんでないの?/忍冬
●ぐだぐた定義のGo to旅行キャンペーンがいよいよ明日から始まります。テレビ相手に「無理あるよ!」「意味わかんないよ!」と怒りをぶつけながら、奈良の親戚が送ってくれた三輪素麺をすする毎日です。怒っていても素麺はうまい。 この発表の頃、感染状況がどうなっているのか不安は否定できません。/ふくろう悠々
●今年は松山には行けないかなあ。強盗キャンペーンも東京除外だし。/こま
○いろいろいわれているGoToキャンペーン。強盗とはまた物騒…ながら、よくこういう上手い言い回し思いつくもんだなあ!(笑)(正人)

●私は1兼題に1コメントを書いているのがほとんどですが、今回は追加でもう1コメント致します、先のコメントで雑誌での選句され嬉しいことを書きました、その状況でしたので、本来ならテンションが上がりまくりって感じなのですが、雑誌での選句を知った翌日に俳優の三浦春馬さんの訃報があったのです、好きな俳優さんだったので、理由の分からない突然の死の速報にここ数日間、未だに悲しみと喪失感と疑問を拭い切れません、日本だけでなく世界でも私以上に哀惜を感じている方も多いことでしょう、句も何やら彼の死を想うようなものが頭をよぎります、テレビやネットで、その死の要因を知るべく探してしまいます、何故死を選ばねばならなかったのかを脳が考えるのを止めないのです、考えすぎたのか前頭葉が鈍痛な感覚が有りました、そんな状態でまたまた兼題の結果チェックに至らずにいます、ただ日を追う毎に、彼の死の様々な情報を見合せてきて、自分の気持ちが徐々に落ち着いて戻っているように感じがしてます、もう少し彼の冥福を祈る時を過ごしてから結果チェックをしたく思います、俳句は作りたいと思うし、ゆっくりですが作ってますので、俳句やってて良かったなぁと改めて思っている次第です/斗三木童
●突然に三浦春馬くんが逝ってしまいました。まさか、どうして、と、直接何の関わりもない私ですがショックでどうにもなりません。ネットのニュースやらワイドショーやらでいろんな情報は入ってくるのですが、彼が何故こんな結末を選んだのかわかるはずもなく…とても残念で悲しく心はかき乱されて、ふと“野分”とはこのように無遠慮にかき乱す荒々しいものかもしれないと思い至りました。自分なりに追悼の気持ちも込めていくつか形にしてみます。悲しすぎるけど、苦しすぎるけど。/古都 鈴
○ニュースを騒がせた三浦春馬さんの訃報。野分とは無遠慮に心をかき乱す荒々しいもの…というのは然り。ご冥福をお祈りいたします。(正人)

◆おすすめ吟行情報!
●皆様こんにちは。7月の後半に入った今北海道はラベンダーや向日葵など沢山の花が見頃を迎えています。先日農道(田んぼと田んぼの間の道)を歩いていたら道の両脇に色とりどりの花が咲いており、そこに蝶々が数匹飛んできて…私にまとわり付く様にずうっと着いてくるのです。なんだか「あれ?私は今現実と違う世界にいるのか???」と錯覚してしまう程でした!蝶々を見る事は珍しくないけど一緒にお散歩したのは初めての経験でした!/貴桜李
●世羅香山ラベンダーの丘にラベンダーの開花時期に初めて行きました。曇天にめげず行った甲斐がありました。ラベンダーは、畑では淡い香りでしたが「藤袴」と同じく、干すと香りが強くなってきました。13本まで無料、1本10円で花摘みができます。もっと摘んでおけば良かった! 虫除けになりました。/わこたんのまま
○ラベンダーいいですねえ。花畑は花を見に行くとそれ以外に付随する季語とも出会えるのがたのしい。(正人)

●組長、ウェンズデー正人さん、スタッフの皆様、こんにちは! 1学期があっという間に終わりました。でも今年度は夏季講習があるので、あまり夏休みという感じがしません。夏休みの宿題の量は変わらないのになぁー…と、なんだか損した気持ちがありましたが、「夏期講座」が季語として歳時記に載っていたのを知って、これを俳句のタネにして頑張ろうと思いました。 夏期講習は、7月に4回、8月に4回の計8回あるので、夏期講座俳句が8句できる計算です! いつもと違う夏休みですが、俳句の力を借りて楽しく過ごそうと思います!/打楽器
○おお、夏期講座をリアルに季語として体験するとは!これはこれで貴重な季語体験ってことでがんばってくだされ~♪(正人)

●歯医者に通いはじめました。悪い所は全部治療しようと決心したのに、親知らずの抜歯後が辛くて辛くて...挫折しそうですぅ。でも!歯医者には面白い俳句の種が落ちているもので、種拾いにもう少し頑張って通院しようかなと思ったりしています。/筬葉
○転んでもただでは起きない俳人魂に幸あれ!!(笑)(正人)

◆兼題「野分」に寄せて
●経験のない季語だと、きついです!/間仁田彩
●脳トレになる 毎度の兼題季語 ありがとうございます。 世間知らずの頭では中々発想が浮かばず苦戦です。/句詩呼
●野分はさっぱりでした… 難しい季語は全然数が作れないのが課題です/倉嶋志乃
●野分難しいのでよくわからなくなりました。駄作を送りつけてしまいすみません。よろしくお願いします。/中村すじこ
●台風じゃなく野分。野分じゃなきゃいけない句を作るのがとても難しい。/中村すじこ
●野分とは優しき響きキャンディーズ。 タイフーンだとピンクレディーか。/野分波平
●まだ梅雨明けしないのに野分の句を作る。俳句の楽しさの極みです。/忍冬
●大量の選句やサイトの運営、いつもありがとうございます。今回もよろしくお願いします。野分…難しい…俳句ポストの兼題に苦しむのはいつものことなんですが…/碧西里
●携帯がなかったころは大変でした。 /わこたんのまま
●昔は広い野原が風に翻弄されたのだろうけれど。/こま
●野分…初めて使いました。ただの風も名前がつくと特別な感じがします。/紀友梨
●野分と言っても、強さや規模が色々。そこが読み取れるような、俳句が詠みたいですね。/蜂喰擬
○規模や強さ、名称の違い…その辺が難しそうな季語。むむ。(正人)

●今大雨の間にすうっと風が吹いてくる、これを野分にしてみようと今一生懸命外に出て吸い込んでいます。/砂山恵子
●夏井先生、正人さん、スタッフの皆さん、俳句の種まきをされている同士のみなさん!お元気ですか? 湿気がきつくしんどい時期では、ありますが俳句ポストの俳句を考えている時だけは、気分は、秋です。 今回の野分には、大変苦戦を強いられております。初めては、全く何も浮かばず、は?となっておりましたが、私は、どうやら、絵を描く様に俳句を詠む人の様で映像を持たない(使ってみたかったんですー!)季語には、もっぱら弱いようです。映像があり、そこに強烈な思い出や匂いなどの具体的な記憶がありそれを俳句にしているようです。弱点が見つかれば、後は、いかに自分の得意な方に引き寄せるか、もしくは、季語に寄り添って私の知らない季語の姿をみつけるか、になってくるのではないかと思っております。やたらめったら俳句の種をまきたおしているおかげで、まだ、自分では、投稿は、しないけどあーしたらいいんじゃあない!こー言う思い出があるわ!と沢山の友からメールがきました。大変嬉しい事です。皆んなと俳句でつながり話題が増えた事を楽しく思っています。めだかのいる鉢の水草に小さな紫色の花がたくさん咲いております。みなさん元気にコロナを乗り切りましょうね!御病気の方も暑さが厳しくなりますができるだけ心地の良い環境で過ごしましょう!/田村美穂
●今月は九州の大雨被害が連日報道されていました。 台風、大雨の自然災害の時期でしたから、「野分」は改めて自然災害を考えるのに良い季語でした。 /風間昭彦
●「令和2年7月豪雨」のような災害が繰り返されてきています。立秋前だと季節が違うのでまだ「野分」は使えないのでしょうが、このような状況で風(天文)の季語を使うとしたら、何を選べばよいのだろうかと考えることがあります。/高橋寅次
○感じた風や過去の体験、はたまたごく最近体験した暴風豪雨まで。耳慣れない「野分」だけど、掘り起こせば実は体験がなくはない??(正人)

●野分という響きが好きです。/村上 無有
●今回も無事投稿となりました。よろしくお願いします。今回の兼題季語の野分は言葉として何となく好きです。台風も野分と言ったら何となく風情が出るので面白いです。/大佛清
●日常会話で使ったことがなかったけれどお陰様で好きな言葉になりました/能千
●コロナ禍に続き梅雨明けの待ち遠しい毎日を選者様も ハイポニストの皆様もお過ごしのことかと思います。 梅雨→真夏日→野分と季節の移ろいを味わい表現出来る俳句に今回はまず、深い愁ひを表現したく投稿しました。次は何とか希望も大切に乗り越えられるような俳句を詠みたいと思っています。/千家 彩香
●台風といえばどこかえげつないイメージもありますが、野分だと少なからず優しい風情すら感じますね。/山香ばし
○「野分」という名前がもたらしてくれるイメージの変化は大きいのかも。(正人)

●前回の藤袴、そして今回の野分、源氏物語繋がりでしょうか。/あなうさぎ
●なぜかわからないけれど、とても若い頃から気になっていた「野分」。何もわからず歌に詠みたいとだけ思っていました。詩の感性というべきものは歳をとるごとに失われていくような気がします。20歳前後のノートにただその時の熱量を見出すだけとなった今、それでも風は私の身体を吹き抜けて行きます。/靫草子
○源氏物語から脈々と繋がる歌との親和性みたいなものを感じる。(正人)

●7月の豪雨で大分の久住連山でも登山道が崩れるなどの大きな被害がでましたが、登山の起点である長者原にある湿原は薄が生い茂って見事なものです。野分の時に行けると迫力がありそうです。/樫の木
○おお、聞くだけで屏風絵のような広々とした迫力…!現場に立ったら肌身で野分を感じられそうですねえ。(正人)

●思い出すのは、昨年の台風。あまりに猛烈で、初めて窓に目貼りをして備えました。私の住む辺りは海など見えもしないのですが、潮の香りが一面にしました。後になって、風が吹き付けた側だけ、木々の葉が枯れていました。塩害だったようです。今年も来るよなぁ~/黒子
○塩害!そういうのもあるのか…!!(正人)

●金沢を旅行中、白昼に小型台風が直撃。予約も無しに飛び込んだ料亭で、市街を一望出来る離れに通してもらい、台風がゆき過ぎるまでたっぷり金沢の美味を満喫させてもらった事が。後からそこが北大路魯山人ゆかりの名料亭と知り驚きました。応対がとても丁寧で、野分の風に打たれながら、中居さんが一生懸命料理を庇いながら運んでくれた姿を思い出します。/いしはまらんる
●今より約六十年ほど前、伊勢湾より名古屋に歴史的な台風が上陸して、甚大な被害を出したそうでトマト。そして、中でも一番被害の多かった名古屋市南区に、当時まだ幼かったトマトの母が。周りはまだ平屋ばかりだったのに、水は一階の屋根まで押し寄せたそうで、母の家族は屋根をひっぺがして屋根の上に登ってギリギリ助かったそうでトマト。いやー、一歩間違ってたら、トマトは今ここに存在してなかったでトマトね。って、これ凄い俳句の種になるでトマト? /トマト使いめりるりら
○どっちもすごい体験!!志賀直哉とか昭和の純文学に登場しそうなエピソードですねえ…人生は驚きに満ちている!(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●高校の授業で、漢文と古文が好きであった。漢文では唐詩が好きで、岩波文庫の『唐詩選』をいつも持ち歩いていた。杜甫の『春望』、国破山河在城春草木深…… を一番気にいっていたかも知れない。漢字の意味で探る作者の意図を時代背景とともに思いをはせ、日本語なれどもその書き下し分の耳から入る美しさに惹かれた。古文は『源氏物語』、桐壺の巻の『野分立ちてにはかに肌寒き夕暮のほど』だけを今でも記憶している。古文の鈴木千恵子先生が『のわきたつ』『のわきだつ』で意味が変わることを教えてくれた。なんとも日本語の面白さを感じた一瞬だった。古文の面白さを教えてくれて、古文を好きにしてくれたのはこの鈴木千恵子先生だった。ついでにこの鈴木先生を私は好きであった。もちろん年上で人妻でもあった。恋愛感情ではなく敬愛だったのかも知れない。たくさんの先生と出会ったが私が心を動かすようなことを教えてくれた先生はいなかった。この『野分』で日本語に深く興味を持つようになっていったのである。ここで野分と再会し、伊勢湾台風のことも思い出している。私はまだこの世にいなかった。生まれたばかりの兄を背負って飛びそうな自宅の引き戸を必死に押さえたと母に聞いたことを思い出した。最近当たり前のようにやって来る巨大台風、今と住環境は違うものの死者・行方不明者5千人超というのは不謹慎な比較ではあるがこの数か月での新型コロナでの国内死亡者が千名程度であることを考えるといかに強力な台風であったかがわかる。しかし、それも『野分』、桐壺の巻も『野分』である。『白頭掻更短渾欲不勝簪』白くなり薄くなった自分の頭を鏡で見ながら日本語の懐の深さをしみじみ感じている。 /宮島ひでき

●先の兼題『プール』の自己ベスト作の余談ですが、中学時代の水泳大会、スタート台に立った同級生で同じバスケ部のキャプテンの右足指の半分が無いことを号砲を待つ静寂の中見てしまったのです。彼は勉強も学年トップクラス、バスケットもキャプテンですから、私より上手く、彼への嫉妬心からか私は彼の優等生ぶりを嫌悪していました。 そして還暦近くなった今、兼題『プール』と出会うことで、また、自己ベストを出そうという謙虚な気持ちがあったからか、ふとその水泳大会の映像が思い出されたのでした。そして、そんなハンデがあったことを尾首にも出さず彼が人知れず努力をしていたであろうこと、またそのハンデを時には隠さず我々の前に晒して見せた勇気を今さらながらに思い知ったのでした。 おそらく私はとっくにその事に気づいていたはずです。結局何の努力もせず、細やかな勇気さえも持てないままこの歳に到ってしまった私は、その事を見なかったことにして過ごし来たことを悟り愕然としました。 俳句は人生の杖とおっしゃる組長のお言葉が身に染みる今日この頃です。/痴陶人

夏井先生

ページの先頭