俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 野分

第247回 2020年7月9日週の兼題

野分

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

野分来て世界は少し錆びついて
中岡秀次
野分すぎ雲にまどろむ美濃の山
中岡秀次
野分晴無残に月の白骨化
トマト使いめりるりら
野分立つ夜空に月のはめ殺し
トマト使いめりるりら
海走るあれは獅子なる野分かな
野分去る神の一樹の死をもつて
太陽の塔が野分を産んでいる
ぐでたまご
野分晴ミートボールに旗をさす
ぐでたまご
鍵盤にない音のして野分立つ
ぐでたまご
野分が来るぞカラスの羽が焦げくさい
いかちゃん
隣家よりどて煮の匂ふ野分あと
いかちゃん
深爪のづくづく膿んで野分あと
じゃすみん
野分晴棚田それぞれ月を飼ふ
じゃすみん
爪立てて家が踏ん張る野分の夜
シュリ
野分の夜NHKを煌々と
シュリ
タバコだけ買いに野分の十五分
ふるてい
野分立つ此処は重力なき更地
ふるてい
野分晴れパラグライダーのからふる
M.李子
たうたうと三連水車野分晴
M.李子
野分来てミックジャガーの声とんだ
あべべ
バリトンのアリア野分の濃い時間
あべべ
田畑ハ野分ノ定ムルトコロトス
あみま
新宿を彷徨つてゐる野分かな
あみま
百の島少し寄り合ひ野分晴
いさな歌鈴
野分を行く自転車重き豆腐売
いさな歌鈴
野分に立つお前らの瞳金色
いしい美髯
野分凄くて強めに抱かれている
いしい美髯
野分の夜須佐之男が髪ぶん回す
いしはまらんる
野分来る卓には簡素なる夜飯
いしはまらんる
なんて怖い野分の窓は嵌め殺し
ヴァイス@ギル
ゐるだけの仕事野分のハシビロコウ
ヴァイス@ギル
背中の子にはかに重し野分過
ウロ
水を撃つ軍艦島の野分かな
ウロ
隣家よりショパン交じりの野分吹く
オサカナクッション
野分なか母屋は離れより古い
オサカナクッション
野分来る恐竜展を見に行かう
きゅうもん@木ノ芽
カーブミラーに映る昨日の野分かな
きゅうもん@木ノ芽
中継のマイクに拾ふ野分かな
ぎんやんま
天井の抜けて青空野分あと
ぎんやんま
野分去り列島少しまるくなる
くさ
取りこめず野分ざらしの柔道着
くさ
夜の闇をへしゃげて通る野分かな
ぐずみ
野分だつフォーク・ギターの反戦歌
ぐずみ
野分あと銀河の渦を整へる
くみくまマフラー
野分なか駝鳥は首に力入れ
くみくまマフラー
空一枚剥がし野分の去りゆきぬ
くりでん
野分かなホルンは湿り気を帯びて
くりでん
電気止められても野分来るんだな
けーい〇
木星の雲迫りくる野分来る
けーい〇
帰り来て野分に追いつかるる朝
ざうこ
夕野分鴉に濃紺の羽裏
ざうこ
均されて関東平野野分晴
さとけん
銃口の如きトンネル夕野分
さとけん
東京の背骨揺らして野分過ぐ
ジョビジョバ
太平洋澄んで全景野分晴
ジョビジョバ
ポケットの指輪さみしい野分かな
しをの
極厚の文庫と飲(や)れば野分かな
しをの
野分より野分わかれて走るかな
すりいぴい
首吊りによい樹があつて野分中
すりいぴい
青空を都会に置いて野分去る
そうり
踊り子の峠越えたる野分かな
そうり
腥き海を離れぬ野分かな
ちゃうりん
根の国の鬼をんをんと鳴く野分
ちゃうりん
野分晴折られたる木の無垢に立つ
つぎがい改め関津祐花
ささくれる車窓の流れ野分晴
つぎがい改め関津祐花
野分あとクールミントのガムを噛む
つつ井つつ
波頭に鳥の飛び込む野分かな
つつ井つつ夫
魚屋に知らぬ名の花野分晴
でらっくま
木星の膨張したる野分の夜
でらっくま
傘雲の掛かりて甲斐は野分とな
としなり
あの野分の夜の輪番はB班
としなり
どーどどど野分と去りし学童服
トポル
雷蔵の切れっぱし野分の画鋲
トポル
野分あと義母の持ち来る夕餉かな
とりこ
耳の奥の蝸牛にはみず野分中
とりこ
富士の嶺ことに明るし野分跡
とんぼ
野分らしまづ喘息の察知する
とんぼ
手配書へ画鋲野分の吹き返し
にゃん
鎌研ぐや野分にふつと血の匂ひ
にゃん
レコード針にほこり巻く野分かな
ねむり猫
野分晴月の裏には何かある
ねむり猫
二歳児の受けて立ちたる野分かな
のつり
電線の激怒してゐる野分かな
のつり
鎮もれる土嚢に微熱野分来る
ふもふも
引き出しのカッター光る野分かな
ふもふも
野分立つあかるく錆びてゆく夜空
ほろろ。
野分来てくづるる月の鼓動かな
ほろろ。
富士山頂またぐ野分やけものへん
まこちふる
教会は楽器となりて野分だつ
まこちふる
とほき夜の野分亡父の好きな窓
まんぷく
野分きて夜の背骨が軋みをり
まんぷく
鈍色の空の怒涛や野分立つ
みやこわすれ
野分あと一番星の蒼さかな
みやこわすれ
屋上は石鎚青し野分かな
ゆすらご
逃げられぬシャッターうねる野分かな
ゆすらご
まじはりて野分をしのぐ家なりぬ
ららやにほ
野分来てテレビで野分見てをりぬ
ららやにほ
兄妹並びて野分受けて立つ
ららら句
野分後洗ひざらしの町のあり
ららら句
野分立つ液体のりにある気泡
ローストビーフ
野分立つ音をドミソと感ずるよ
ローストビーフ
大野分風の擦れる匂ひして
伊予吟会 宵嵐
外は野分マンションの総会そぞろ
伊予吟会 宵嵐
ほとびたる饂飩の夕餉野分中
影山らてん
野分あと畠でありし畠かな
影山らてん
野分去りまづ醜草の立ち上がる
英子
野分なか錨のやうな夫のゐる
英子
大蛇(おろち)裂けて野分の今に腥し
遠音
野分晴どのくちびるを離(か)れし缶
遠音
巨人めくひかり野分の向かうより
可笑式
玻璃越しの銀座通りや夕野分
可笑式
ながらへし鳥の声澄む野分明け
夏 湖乃
空がうがう野分に脳を吸はれさう
夏 湖乃
野分に螺子まかれし森の咆哮
夏雨ちや
汽車がくる野分ひきずり汽車がくる
夏雨ちや
酒好きのいつもの席の野分かな
夏柿
野分あと風の匂ひの観測所
夏柿
生徒五名到着しました野分中
花紋
野分かな反りの合わない犬静か
花紋
西班牙の帆船模型野分来る
樫の木
野分して肺の底より獣の香
樫の木
野分晴我が家の墓の痩せてをり
野分来今も難所の枯木灘
野分立つ太陽神の裏の顔
岩のじ
野分立つ光に忘らるる一夜
岩のじ
新宿は今野分だつて、あつそれロン
亀田荒太
ポーカーを続けむ街は野分の夜
亀田荒太
野分してきれいに主義を取り下げる
蟻馬次朗
野分あと光る百円玉貰ふ
蟻馬次朗
国中の背骨縮むる大野分
吉行直人
野分晴れ小石を拾ふ野球団
吉行直人
野分ひゆるひゆる靴紐ははや他人事
久我恒子
骸抱くごとく野分の果ての傘
久我恒子
ぢつとしてゐろよ野分は別だがな
京野さち
野分なり古地図は此処を海と云ふ
京野さち
県境だいたい草生えて野分
玉庭マサアキ
日本海と太平洋を縫ふ野分
玉庭マサアキ
親不孝こんな顏です野分受く
月の道馨子
この村は消えたはずでは野分吹く
月の道馨子
鶏の首絞めてあたたか野分晴
古田秀
大楠の瘤に仁王の棲む野分
古田秀
野分晴ぶん殴られて立つ心地
古瀬まさあき
鉱山の町へ野分といふ十屯
古瀬まさあき
野分立つ時を刻まぬ時計かな
古都 鈴@三浦春馬くんに捧ぐ
液晶にあらはる訃報野分哉
古都 鈴
売り声は「疵あり果実」野分あと
戸部紅屑
犬小屋ごと退避の犬と野分中
戸部紅屑
太陽の骨拾いたる野分跡
高橋無垢
野分立つ鳥獣戯画のみな不在
高橋無垢
野分なか心臓が体を叩く
高田祥聖
野分たつドミノに始まりと終わり
高田祥聖
空は焼けおち野分は痛いくらい
黒子
武蔵野へ深き汐の香野分だつ
黒子
野分吹くたびにへつらふ風見鶏
佐藤志祐
野分去りのど飴少しだけ苦い
佐藤志祐
野分晴れ調子はずれの鼓笛隊
佐藤儒艮
鉄錆のにほひ此処まで野分だつ
佐藤儒艮
野分来る気配さびしき象舎かな
佐藤直哉
車みな裸体と思ふ野分かな
佐藤直哉
野分晴耳澄めば耳覆ひたり
斎藤秀雄
髪塚に髪の混みあふ夕野分
斎藤秀雄
野分中ライブカメラを雨の粒
斎乃雪
戸袋に鳥の巣の跡野分来る
斎乃雪
黒眼無きマネキン畦に野分吹く
山香ばし
びょうびょうと野分はきつね色の音
山香ばし
野分中タクシーで聴く裕次郎
司啓
清貧な方のあばら家野分晴
司啓
三界に家なし野分怖くない
七瀬ゆきこ
野分かな回さなくても開く鍵
七瀬ゆきこ
新宿をのたうち回る野分かな
斜楽
ハチ公の背筋伸ぶなり野分去る
斜楽
ビル街を野分吹き抜けて虚
秋熊
新幹線の形に歪む野分かな
秋熊
紙の塔には色セロハンの窓野分
渋谷晶
ギプスの児テレビ観ている野分かな
渋谷晶
深海魚めくふたりなり野分の夜
淳風
本棚のてっぺんに猫野分中
淳風
ママ、ママ、ママ、くちぶえふけた、のわききた
潤目の鰯
野分立つ編まれし髪は鉄鎖めき
潤目の鰯
野分中LEGOで作った手榴弾
純音
くいだおれ太郎あらがふ野分かな
純音
野分晴砂丘は焼跡のごとく
小泉岩魚
はらわたのぎゅむぎゅむ同期する野分
小泉岩魚
偏頭痛じわり近づいてくる野分
笑松
野分後枝なまなまと湯気放つ
笑松
街中が宙返りした野分あと
城内幸江
野分過ぎ翡翠のやうな空の上
城内幸江
ラーメンの汁飲み干すや野分晴
常幸龍BCAD
産道のやはらかき熱野分立つ
常幸龍BCAD
満を持して野分をかっぱ飛ぶ構え
森川いもり
母子同室初日の夜や野分だつ
森川いもり
仮面ライダースナックを食う野分
秦 浩
がんがらとがんがらがんと野分ゐる
秦 浩
僕を越え雲は街へと野分立つ
仁和田 永
錆鼠色の沖より野分立つ
仁和田 永
山里の星蹴散らして野分かな
水夢
全力で君の立ち漕ぎ野分くる
水夢
良い方のバケツ持ち去る野分かな
粋田化石
野分去り普段の電信柱かな
粋田化石
夕野分剖検遺族室狭し
星埜黴円
火口湖の水面皺成す野分かな
星埜黴円
荒川てふ野分の蛇を横切りぬ
西川由野
野分はや雲の彼方の洗はれて
西川由野
のわきくるよをどうぶつはまじはりぬ
青海也緒
野分過の夜明けしらじら子の産毛
青海也緒
懇ろに野良犬の嗅ぐ野分跡
青柿
抱卵の鶏にらむ野分かな
青柿
産みたての卵の藁や野分晴れ
石井一草
錆びたてのポストに吹きたての野分
石井一草
野分後の空つるつるに磨かれて
石塚彩楓
野分して影定まらぬ石舞台
石塚彩楓
夕野分荒瀬越え来るサキソフォン
石田将仁
野分立つ空に見送る最終便
石田将仁
せっかくのぼくの死骸に雨野分
赤馬福助
ぼくを壊すにいいサイズの野分だ
赤馬福助
野分晴血管青々と滾る
雪陽
野分中レジ打ちアラブ人無言
雪陽
野分去りさっぱりとした顔の月
川越羽流
木の幹の案外柔き野分かな
川越羽流
病室といふ箱ぬちにゐる野分
倉木はじめ
あたらしい父は野分の夜を来る
倉木はじめ
海神がぐぁらりぐぉらりと野分生す
蒼鳩 薫
海神の怒りは深し野分波
蒼鳩 薫
野分の夜執拗に菜を刻みゐる
足立智美
息をせぬ魚に刃入るる野分の夜
足立智美
野分みな薙ぎ倒せば綺麗なだけ
村上 無有
吾の鼓動乱れて野分は正しい
村上 無有
剃る髭に白きも混じり野分かな
村上優貴
日時計の時を揺らして野分くる
村上優貴
野分立つペコちゃんは舌出したまま
多喰身・デラックス
真夜中の砂場に穴や野分立つ
多喰身・デラックス
野分だつ抜歯のあとのじんじんと
多々良海月
湖の怒張してをる野分かな
多々良海月
野分めく歩くブリキのネジ切れる
大黒 陽之助
星を手に野分を歩く革命歌
大黒 陽之助
犬つるむ野分は昨夜事切れる
丹波らる
野分吹くチンアナゴのような電柱
丹波らる
野分ゆき水瓶座の星鮮らた
宙のふう
号泣は野分の中がよいでしょう
宙のふう
蓋をした空は鈍色野分だつ
天陽ゆう
流刑地の空の真青や野分あと
天陽ゆう
プーアル茶甘し野分の茶馬古道
渡邉桃蓮
野分来る和尚巻く巻く発電機
渡邉桃蓮
父よりも母の声する野分前
桃泉
百人の客待つ如し野分前
桃泉
腹の子のざはざはしたる野分かな
藤色葉菜
張る乳を含みて野分聴いてゐる
藤色葉菜
ごつそりと寂しさ抱へゆく野分
藤田康子
しばらくは眺めてゐたる野分あと
藤田康子
畜生の臓腑を洗ふ野分かな
内藤羊皐
蛸壺の底を昏きや野分あと
内藤羊皐
チェロの弾く印度の虎狩り野分来る
南風の記憶
野分来る鉄路を打てばミの♯
南風の記憶
立ち竦む野分のこゑは鬼の声
八幡風花
分類は「患者の家族」野分中
八幡風花
野分雲龍の吐息の生臭き
板柿せっか
野分吹く倒すものなき古戦場
板柿せっか
小用に起きて野分の尾を見たり
比々き
清張を読んで野分を締め出しぬ
比々き
軍用機北へと三機野分雲
樋口滑瓢
錐のごと猫の目ひらく野分前
樋口滑瓢
なにもかも野分のせいにする気よね
稗田鈴二郎
対野分用の化粧と聞いている
稗田鈴二郎
野分美し気象衛星より見れば
富山の露玉
野分来る百万屯の雲曳いて
富山の露玉
人肌の風にて野分始まりぬ
武井かま猫
野分来て私の空で無くなりし
武井かま猫
野分晴北へ不穏の過ぎにけり
風慈音
定時発航跡確と野分晴
風慈音
犬の目のまつげの揺れて野分過ぐ
風峰
列島の骨は湾曲野分来る
風峰
スコッチの氷鳴らせり野分中
福蔵
黒板のつくづく黒き野分あと
福蔵
野分して添い寝の息の優しきに
文月さな女
猫の爪飛ばす三和土や野分の夜
文月さな女
捨てられていつそ野分の屑ならむ
平本魚水
なに持ち出さう野分来た野分来た
平本魚水
野分立つ出雲神は何故戦ふか
碧西里
うつくしき御子をさらはむ野分中
碧西里
引力の剥がれて痛し野分跡
蜂里ななつ
温室の肋あらはに野分跡
蜂里ななつ
野分雲焼かねばならぬ金閣寺
北野きのこ
野分たつはめ殺されて窓真四角
北野きのこ
古傷に虫湧く心地野分来る
堀口房水
便所裏に野分の捨てて行きしもの
堀口房水
猫しづか窓に野分の胚匂ふ
抹茶金魚
空耳じゃない山羊のこえ野分晴
抹茶金魚
野分吹く真上には消えさうな月
万喜ミツル
パソコンの中の居残り夕野分
万喜ミツル
野分去り漂着物のごときビル
未補
半分でやめるドーナツ野分の夜
未補
野分中返却期限過ぎにけり
木江
もうしばらく野分の底の砂金かな
木江
万物の心音高し野分なか
木村ひむか
3コーナー一打鞭打つ野分かな
木村ひむか
野分ゆく短波ラジオに未知の国
野地垂木
万の手が生えて助けを呼ぶ野分
野地垂木
探してる野分に取られた僕の影
柚木みゆき
野分且つ独りはNIKKAと決めており
柚木みゆき
野分晴蒼穹をゆくプテラノドン
与志魚
野分晴都市ほんたうは蜃気楼
与志魚
あゝひとはなんてちつぽけ野分立つ
雷紋
野分立つ家族で集ふ火守りの夜
雷紋
千年も野分の声を聞く伽藍
利平
野分きし恋敵ほど強からず
利平
野分してざらつく片恋のゆくへ
緑の手
野分がくるぞ第六コンチェルト第二楽章
緑の手
野分の夜母のしづかなゆりかごのうた
蓮花麻耶
野分立つ医者は切れぬと言う乳房
蓮花麻耶
鉄塔の町にバス着く野分かな
露草乃
瓶の船つひに帆が立つ野分かな
露草乃
野分雲出雲に長居してをりぬ
朶美子(えみこ)
野分晴れ行幸通りを馬車の行く
朶美子(えみこ)
野分なか列車しづかな箱となる
龍田山門
肥後守だしてたたみて野分なか
龍田山門
野分中この吊り橋を戻らねば
柝の音
僕らの声もう届かない野分かな
柝の音
野分だつ朝礼台へ工場長
あいだほ
トマト煮はくつくつ野分の日曜日
横縞
野分嗅ぐ翁の雀への妄執
ウェンズデー正人
野分来る折鶴やはらかに尖る
RUSTY
野分来て家屋に声のような物
ヤッチー
足摺の水平線や野分あと
28あずきち
潮の香の洲本の夜の野分かな
28ひろきち
びゅおびゅおと風筋捩る野分かな
99カリン
熱帯魚静か野分の日の漁協
GONZA
野分きだち、でいだらぼっちの通り過ぐ
haruwo
おはようの声すきとほる野分あと
Mコスモ
野分去るや口紅の色深くして
okapi
三日月とわれのはざまに野分かな
アヴィス
野分あと神の酒息ねむい朝
あおのめ
暴動の街の炎や野分立つ
あきのひなた
野分きて父母が居て嬉しき子
あけみ
野分立つまむしすっぽん鹿の角
あさのとびら
隣家の嫁のまた酔つてゐて野分
あずお
陸上げの漁船は静か野分吹く
あつむら恵女
野分去る直ぐに這い出すダンゴムシ
あまぐり
餓ゑゐたる吾を野分の満たしゆく
あまぶー
大ニュース野分とゴジラの一騎うち
あや11才
野分去りレモンスカッシュ泡のたつ
あらら
朝刊のインクの匂い野分過ぐ
いいよかん
空めくれて新しき空野分跡
いくらちゃん
不意の職質草打つ音嗅ぐ野分
いく葉
やれやれと父言ったきり野分後
いちご一会
野分かな記紀の神話の紐をとく
いなほせどり
カレー粉を買い忘れたる野分の夜
うさぎまんじゅう
地の香りみずのかおりの底野分
うしうし
世界線ずれた気がする野分あと
うづら
微熱もつ体のうずく野分かな
うに子
野分猛る向ひの佐渡の鬼太鼓
うめがさそう
毳立つてゐる歯ブラシとゐて野分
えむさい
島の菜の潮の味する野分あと
えらぶゆり
野分来るペグ打つ音の三連符
えりいも
その橋の向こうに居たる野分かな
おうれん
胸騒ぐ明日の野分の匂ふ今日
おきいふ
この街を早送りする野分かな
オリゼ
真夜中のラジオは温し野分中
カオス
この踊り野分封じと心得て
がじゅまる
初孫の小さきあくびや野分晴れ
かすみそう
校門は古城の櫓野分吹く
かたな
保護猫のケージつめたき野分かな
かまど
右翼手が投手の帽子追う野分
かめのべ
野分あと湯につかりけり顔と顔
カモメ
老眼を花眼と答え野分晴
かもん丸茶
観覧車もてあそばるる野分かな
かんこ鳥
富士山も裾野の伸ぶる野分かな
キートスばんじょうし
野分立つ荷台に積んだ子を捨てに
キッカワテツヤ
カルデラへ響く山彦野分晴
きなこもち
ライオンの息するごとく野分去る
キャサリンまさこ
馬ののむ水のはやさよ野分晴
ギル
隊列の団子虫をり野分あと
くまタガリ
チューナーを落語にあわす野分かな
くま鶉
点滴のバッグの凹み野分晴れ
クラウド坂の上
ポストには暗き両目のある野分
くらげを
三猿の置物と居て野分かな
くれまてぃす恵子
野分なか二足歩行はうつくしき
こじ
野分跡ゆるりと起きる大地かな
コナラ
野分来て大黒柱まづ揺らぐ
こま
野分過ぎ水道水のカルキ臭
さこ
移植十日基礎体温下がり野分
さとうりつこ
湿つ気たる雨戸にほひて野分くる
さとう菓子
誰も来ぬ家に毎年来る野分
さゆみ
野分来る鶏もゐるうさぎ小屋
さるぼぼ@チーム天地夢遥
脳髄にタール満つるや野分くる
しゃれこうべの妻
野分後の山際見せる穂高岳
しんしん
まだ少し残る盛り塩野分あと
すえよし
乗換の立喰うどん野分来る
すがりとおる
倒木の精霊迷子野分あと
すぴか
天草を母と選る浜野分晴
スマイリー正子
放蕩の限りを尽くし野分去る
せつこ
野分過ぐ世界は光る瓦落多に
せり坊
三連山揃ひて地鳴る野分
セントポーリア
散乱の木の香にむせる野分あと
そうま純香
千曲川素顔を晒す野分跡
そめやまさみ
溶接の火花うつくし野分あと
たいぞう
野分だつセリフ淡々小津映画
たま走哉
電話では「うん」しか言わぬ子や野分
たろりずむ
横溝正史携へ寝間へ夕野分
たんじぇりん金子
寝違えて野分のニュース聴いてをり
ちあき
野分いきはしがしずんだ三日間
ちま(六歳)
タワークレーン野分にへし折られ落ちる
ちょくる
野分吹く地底に軋み蔵しつつ
てつお
竹林の下は空洞野分聞く
でぷちゃん
チャリ植木はぐれ上履きチャリ野分
テラダスオウ
旅館にてひとりしりとり野分の児
でんでん琴女
子守唄まで恐ろしき野分の夜
ドイツばば
野分ぶち当たる我が家の頭へ腹へ
どかてい
この村は野分の通る道がある
としまる
海抜はゼロメートルや野分晴
とみことみ
ウルトラマン抱きしめて寝る野分の子
どみそ
夕空に待ち伏せてゐる野分の眼
とも子
ならいっそ野分来い来い恋も飛ぶ
なご
野分あと過去は引き摺るためにあり
なつめモコ
でぃだらぼっちがぷうと吹くよな野分かな
なみは
缶詰めに獣の匂ひ野分だつ
のつりえ
野分立ち闇に猫背の家屋かな
ねぎみそ
町並みの油膜剥がれり野分晴
はごろも
百年に一度の野分また来たり
はまのはの
打ち切りの授業野分の雲奔る
はまゆう
野分晴学校までのけんけんパ
はるく
掻き毟るラジオの電波野分かな
ひでやん
雷電為右衛門ずんずん野分
ひろきち
湖は地球のえくぼ野分晴
ひろ史
芸人推薦図書が野分の供
ふくろう悠々
五千歩を今日も達成野分晴
ふさこ
蒼穹を濯ぐ野分のおほわらは
ふじこ
草のみな山に添いたる野分なり
ふっこ
屋上の木馬の睫毛野分立つ
ふわり子
野分が追ふ父の救急搬送を
ペトロア
茶釜の湯いよいよ煮えたぎり野分
ほしの有紀
野分だつ肩甲骨に触る陰
ぼたにこ
海峡は龍の回廊大野分
ほろよい
野分のバイク1キロ先の自宅
マオ
さそり座の瞳輝く野分あと
マツイミキロウ8191
野分闇スサノウの剣飛びにけり
まりい@木ノ芽
野分雲喉に刺さりし魚の骨
みくにく
夕野分空港ロビーでカップ麺
ミセス水玉
ののののの風はのの字の野分来る
みつき小夏
肩甲骨ほぐすポーズや野分過ぐ
みつれしずく
君じゃない人の女となり野分
みなつ
戯れにフー子と付けし野分かな
みのる
框から動かぬ父や野分なか
みやかわけい子
野分なか塗り絵の緑濃くなりぬ
み藻砂
借金を頼みに行こか野分中
むじーじ
野分あと買収騒動の手打ち
むったん@狐狸山会
砂時計落ちた野分は過ぎ去った
むらさき(七歳)
前課長のコップ処分す野分晴
むらぴ
野分の夜母猫の耳よく動く
めぐみの樹
あっちゃんの急な転校野分立つ
ももたもも
野分晴れ義元京へ攻め込みぬ
もりお
総出にて野分の朝洗いをり
やっちゃんち
律儀にも野分中なる鳩時計
やぶつばき
コンビニの闇に野分の一師団
ヤマボー
野分け待つ訳ではないがそわそわと
やま猪口
野分の日にあなたは生まれたのよと母
ゆあな
いけのこいそとへとびだす野分かな
ゆうら(三歳)
臨月の胎児をあやす野分の夜
ゆみづき
野分来る釘と電池と鬼ころし
よしたかし
野分かな五百羅漢の太鼓腹
よぶこどり
本厄の女三人野分雲
ラーラ
星々を研磨し過ぐる野分かな
るびちゅ
野分一頭日の本を駆け上る
るりぼうし
野分晴あおさぎ低く影の濃し
るるの父
ビロードの風夜叉となる野分かな
れい
放蕩の出先に詫びる野分かな
わこたんのまま
雪隠の空のふしあな野分雲
葵新吾
野分吹き過ぎるが何も起こらない
或人
野分晴まだ胃カメラのあるやうな
ローズも
電話口孤独死だとよ野分かな
ワイズ万太郎
野分後プールに鰐のゐるらしく
悪緑子
ひんがしへ群竜割拠野分雲
安芸子守熊
三度目の夢も野分に乗つてゐる
安溶二
水晶を掘りたる里に野分だつ
案山子@いつき組広ブロ俳句部
野分晴ドアのポストへ返す鍵
伊奈川富真乃
野分消へ臆面もなく空の青
位相朗
鎌研ぐ音や野分の音のホ短調
育由
遺影みながたがたないている野分
一斤染乃
野分過ぎて草一本の起ち上る
一生のふさく
野分晴をんな深々礼を言ふ
一走人
何事か叫びて野分この辺り
一日一笑
野分とは脱皮の龍の仕業らし
壱太
何分の何を野分に譬えるか
羽沖
野分の夜「かしこ」に込める片恋よ
雨野セイウチ
里山の大気玻璃めく野分跡
卯年のふみ
野を分ける程度の野分ならいいが
浦野幸一
脱臼の肩ぎしぎしと野分立つ
塩の司厨長
夕野分がらがらどんは太りゆく
奥野悦穂
握り飯雨戸の向こうに野分居る
乙華散
野分めく人より少しだけつらい
化野なずみ
列島は猫背なりけり野分来る
佳山@水戸
白球の描く軌跡や野分晴
夏みかんの亭主
野分立つ市議の看板煽らるる
河原つばめ
肉まんに渦あり野分に臍のあり
河本かおり
山塊に縺れひしゃげてゆく野分
火炎猿
東端の小舟の国を野分かな
花屋英利
やい野分わのりんごっこばもってぐない
花結い
校庭の笛音硬き野分あと
花菖蒲
野分あと逞しきかな草の舟
花伝
虹生まるごとき山の端野分晴
花南天anne
野分前野分の後も海を見に
海猫
はとバスの小旗ひらめく野分かな
海彦
嘘付きの逝く夜に吹く野分かな
灰色狼
野分来る4楽章はドレファミで
絵十
畦道に踵沈むや野分晴
貝花
祖父の目は僕とは違う野分みる
楽花生
段々と野分のような風になり
笠原 理香
猛禽舎ざわつき始む野分かな
葛谷猫日和
野分後落果纏めてありにけり
釜眞手打ち蕎麦
野分まへ指輪をなくしちやつたんだ
瓦すずめ
「看板を預かってます」野分晴
干しのいも子
晩景に聞く讃美歌や野分あと
干珠
みづうみの島の忌明けや野分吹く
舘野まひろ
湖面より富士を剥ぎ取る野分かな
喜奈子
看板と猫だけの街野分立つ
紀友梨
野分晴ナガオカの針交換す
輝棒
野分入る山羊の黒目の地平線
亀の
故郷に帰ると決めし野分けかな
亀石
野分あと野道の果てに赤い月
亀田勝則
鬼怒川を牛流さるる野分かな
菊池克己
野分晴先に断わるレジ袋
菊池洋勝
烏賊飯は非常食なり野分あと
吉村よし生
精神科受診歴アリ野分雲
橘まゆこ
飽きるほど酢昆布を噛む野分の夜
杵築きい
鬼の立つ鏡の奥の野分かな
久蔵久蔵
恐竜の羽毛を分けし野分かな
久留里61
楽団めく新居旋律は野分
宮坂暢介
ライターを庇う背中や野分吹く
宮坂変哲
墓の影鮮やかなるや野分後
宮武濱女
野分きてオーブンの音聞いており
宮本象三
卓袱台に菓子野分過ぐるのを待つ
弓女
野分立つ寄らずにそれて折り鶴に
球子
帰郷せし身を叩きたる野分かな
金子加行
天平の鴟尾向き合うて野分晴
吟  梵
骨壺の底に水穴野分あと
銀 次郎
野分晴けふも金肥のよく売れる
駒斗
書込みは十八の母野分の夜
空想婆
鼻抜ける土風の味野分の香
栗田もとえ
野分あと少し濃い蜻蛉の羽
桑島幹
夕野分跡取りのなく逝かれけり
君島笑夢
同郷の被害分かつや野分後
薫風
老木の縦軸歪むほど野分
桂奈
野分あとスコンと抜ける空の底
渓翠@青東高
野分跡ここに標識あったはず
結壱隆月
那須原に虫覚まされて野分かな
月の沙漠★★
一方に傾く杉や野分あと
月野ひとみ
鈍色の空づんづんと野分くる
犬塚たま
太陽の塔のでつかい目玉を野分かな
元喜@木ノ芽
この羽根は野分を剥がれ落ちし羽根
古都ぎんう
野分晴ライオンの子の胸を張る
胡麻栞
野分はいつから警報になつたか
後藤麻衣子
野分去り青空痛き土砂くずれ
光友
野分中三つ子を生んで母子元気
公毅
人ひとり殺せやしない野分吹く
公木正
はらわたをかき分けて行く野分の紺
好文木
軽トラの轍に填まる夕野分
関ケ原一瞬匂ふ野分あと
広瀬 康
野分雲湧く湧く消防車走る
江戸人
軽トラで迎え撃ちたる野分かな
浩朗
野分ど真ん中一塊の心臓曝せ
綱長井ハツオ
野分晴天地の際の近きこと
高たか
のわきたつにへのをとめのかみなひく
高尾里甫
野分ふく夜に読むべき本を読む
高野きぬ
古家の柱明るし野分過ぐ
合歓
万国旗はためいてゐる野分かな
国代鶏侍
ラッパーの追悼の詩や野分立つ
沙恵子
ローソンのうねる看板野分かな
砂山恵子
野分中走りたくなる十五歳
桜木レイ
のわけくるまぐまのみこむやなかんじ
三浦さんなん
野分後も帰らぬ叔父に運ぶ飯
三浦にゃじろう
野分なりコインランドリーに一人
三雲
点呼せば大和三山野分晴
三重丸
野分に囲まれコンビニに籠城
三水低@第二まる安
曖昧な雲は微塵も野分晴
三泊みなと
鳥羽よりも源氏とごちて野分かな
三木庭
房総の男一匹野分かな
三毳
ピロリ菌二度目の検査野分雲
山くじら
青丘(せいきゅう)に怪鳥集く野分かな
山内彩月
野分来て流されたかな佐渡ケ島
山野はな
謄本の妻欄にばつ野分の夜
山羊座の千賀子
注射針のつめたき受容野分跡
氏家つかえ
俺の死を待つていやがる野分雲
志保川有
実印の朱なま臭し野分立つ
紙鍵盤
キューピーの五指の構へる野分かな
五十二万石の城下野分晴
紫小寿々
野分あと良い子だらけの都市(まち)となり
詩h所川有@香港
野分なり戦時を語る父に酌
侍真満陽陰
「野分来るぞ」有線の声こなごなに
鹿本てん点
水鳥を水尾に侍らせ野分あと
篠田ピンク
鳥の落としし魚の臭し明日野分
朱契
へそまげた海がうがいし野分だつ
種種番外
予備水の風呂に澱める野分かな
樹朋
子供部屋の積木に転ぶ野分後
宗本智之
野分あと生駒の山が美しい
秋桜
野分け後の静かこわくて咳ひとつ
塾志
雨戸閉じ中島みゆき聴く野分
春蘭素心
野分けくる 雲はトルメキアの進軍
緒里乃@風の谷のナウシカ
野分なか気づく吾が子の肩の盛り
諸塚凡志
野分ぐらいしかドア叩かない孤独
升 丁茶
まる虫の丸の解ける野分あと
小春
すとろーかみかみかみかみ野分けかな
小真珠
方違へしても野分に遭ひにけり
小川めぐる
頸動脈ざわざわ過ぎてゆく野分
小川野棕櫚
愛猫の骨壺コトリ野分雲
小倉あんこ
教会の鍵盤かたし野分晴
小野 睦
洗濯機まわす野分のただなかに
小野更紗
雀鳴くまわり明るき野分雲
昇華
バイク乗る背中美し野分晴
松井くろ
那智の滝野分の飛沫鳥居まで
松山女
野分過ぐ自販機の釣銭出ない
松本裕子
野分雲富士に蒼天残しけり
湘輝
野分して空間に吾の型の穴
森伊七
野分晴老人会の花壇かな
森初音
大樹からあまたの声や野分晴
森中ことり
親友と金の貸し借り野分中
目の前の野分耳に残る野分
真喜王
鳴き竜の声太らかに野分だつ
真繍
野分呼ぶ血潮に応えるやつがいる
神誉
百年の夢から覚めて野分晴
酔下弦
野分あと田に集まりぬ老農夫
杉尾芭蕉
バファリンは残り一錠野分来る
世良日守
おぼろげな受胎告知や野分の夜
是空
鬼の手はあたたか野分猛りたる
成瀬源三
水の神髪の毛揺れて野分かな
星野美咲
竹藪に日差しの深し野分あと
晴海南風@木の芽
まさかてふもの吹き上げて野分中
晴好雨独
ふうせんの空気ぬくよな野分かな
清水千種
野分晴蒼天に船奔らせる
清波
野分雲地蔵はいつも笑ってる
清白真冬
珈琲の渦ひだりまき野分雲
石あい女
チェス盤の如き家屋や野分あと
石井茶爺
星空もみなしづまりて野分あと
石原由女
野分に耐えて何の得があろうか
石崎京子
裸足のをんな野分の闇に走り去る
雪うさぎ
町に根をはりさうな雲夕野分
雪華きなこ
聞け野分壊すのならば俺にしろ
千仗千紘
漱石も子規も甘党のわけ吹く
双月(そうげつ)
真っ白な野分の響き夜は深し
倉嶋志乃
犀も象も河馬も小さく野分来る
蒼奏
野分来る会議資料は十一部
大小田忍
黒船に野分の吹けばまだ鎖国
大西蜜柑
野分急ペットショップに特価品
大塚迷路
平凡の頬に影浮く野分跡
大和田美信
野分が迫る左側だけかゆいかゆい
鷹星
野分過ぐ指輪の痕は残りけり
鷹之朋輩
又三郎どっどど悲しどどうど野分
沢拓庵
野分あと龍の宿りし大樹かな
谷口詠美
野分過ぐ築百年の屋台骨
谷川の蛍子
嬲らるる樹々に撲たるる頬野分
多事
野分かな犬の背骨をなぞる夜
知無須園
あの違う色の雲より野分かな
地球人
野分晴一人に二つある臓器
智雪
野分来る雨戸ひくコツ訊かぬまま
池内ときこ
宿直の軋む引戸や野分中
池之端モルト
吾妻山天狗走りて野分かな
竹春エリザベス
野分あと闇の濃くなる島泊り
中根由起子
玄関へ花を匿う野分かな
中山月波
手鏡に映りし鬼に野分吹く
中村すじこ
施無畏寺の奥の院まで野分かな
中村笙平
終の住処野分に軋む床柱
朝ぼらけ
停電は愛し合ふしかない野分
朝桜咲花
十トン車の左上げ切りゆく野分
朝比奈花の丸
異国から混信の声野分中
長谷川ひろし
野分去る心を少し掠め盗り
直樹里
何事も無きがに男女野分晴
津軽ちゃう
ギリシャ文字散らかして行く野分かな
通草
野分後闇深くなる聖堂
辻が花
野分てふ神群びゆんリグ・ヴェーダ
帝釈鴫
何処にも原っぱ有りし野分過ぐ
田諸子
スサノオの剣光りぬ野分晴れ
田中耕泉
トロフィーは鈍器となりぬ野分後
田中舵郎
アマゾンの箱玄関に夕野分
斗三木童
野分中靴ちゅぷちゅぷとべそをかき
杜まお実
また少し歯茎の老いて野分の夜
渡野しえん太
情夫と真昼の寝間にて野分聴く
渡邉くるり
食欲もそろそろ戻ってきて野分
都月郁陽
Fuck Youの残るトンネル野分後
冬木呑子
風の社は精霊の森野分なり
東京堕天使
星座表作りて過ごす野分かな
東風子
米を研ぐ水のうねりも野分かな
桃香
毛羽立ちて逸れ雀や夕野分
桃和
野分後の夕日影絵のような街
藤すみ
晩鐘を呑み込んでゆく野分かな
藤ちゃん
野分びょうびょうここですべてを終えようか
藤岡美波
オニキスの暗黒野分来ると言ふ
藤源卿
野分の夜夫とは違う人とゐる
藤倉密子
野分去って今年も生き残ってる
藤鷹圓哉
神の振る大鎌のごと野分立つ
藤田ゆきまち
大型の野分大鍋に豚汁
豆闌
天守より雲湧き出せる野分かな
陶然
訃報あり風の酸っぱい野分かな
独星
ハーレーは丸腰野分立ち向かう
豚ごりら
野分立つあのひとは嘘ついている
那津
水彩で描く野分の裾の端
南 一春
団地の顔しゆつとしたはる野分かな
南方日午
白墨の人型薄き野分あと
尼島里志
野分晴三日遅れの情報誌
日下まひろ
平らかにダム湖光るや野分晴
日記
沖波の野分にさからふ声白し
忍冬
準備としまず猫を抱く野分の夜
猫渓
生臭き野分の夜半の古戦場
能登あつし
礼服の裾からげをる野分かな
播磨陽子
野分過ぎ起きるカーネルサンダース
馬祥
固定され骨歯を撮られつつ野分
煤竹
「永年のご愛顧感謝」野分かな
麦吉
職人のこゑ暁の野分あと
斑山羊
野分来る万年床の枕抱く
比良山
父母の死も子の死も知らぬ野分かな
比呂
野分来て草原は香を解き放つ
美年
野分だつ疫病みの街に煙草の灯
柊 月子
先んじて孕む雲行き夕野分
百合乃
行進の練習五度目野分立つ
富山湾
野分吹き竜虎相搏つ運動会
舞踊クリーナー
庭箒立てて薄茶を野分あと
風花美絵
野分かな画面一杯女優泣く
風紋
渡良瀬の中洲根こそぎ野分かな
服部勝枝
野分晴白濁の目の深海魚
福良ちどり
東京は寂しき街や野分跡
文女
子供には少し楽しき野分かな
聞岳
暗闇に「救心」探す野分かな
平野水麦
野分立つ専業主婦でいたくない
片岡ひまり
光るものつまみて拾ふ野分あと
笑ふよりほかなし野分晴の莫迦
蜂喰擬
山稜に真二つにされ野分来ぬ
邦生
雨戸繰る緑馥郁野分晴
叫声は野分けと化して広がりぬ
望月ゆう@友人は、三浦春馬さんの大ファンです。
野分来て右上四の歯痛み出す
北川蒼鴉
殴り書きの勤務シフトや野分まえ
北村 崇雄@TFP句会
野分過ぐ夜空は星を置き直す
北藤詩旦
野分来た俺の悪事の後に来た
万波吾逸
晴晴と恋を屠りし野分あと
岬りこ
野分まえ稲の背筋の光りけり
湊吾子
野分来る締まりの悪い蛇口かな
眠兎
こんなにも居たか老人野分あと
椋本望生
野分のこゑや勁草を見極めよ
明惟久里
野分吹く世界次章にめくらんと
明世
色ならば源氏鼠の野分の夜
茂る
野分の夜父の土産は「ぐりとぐら」
網野れいこ
意味もなく野分に突き進む男子
木染湧水
肌熱し野分生るる国の女
木綿太夢
小さき国野分があとの空の下
門前町光乃
鰹節薄く削れて野分かな
也和
黒犬の目はもうあかぬ野分雲
野の花 誉茂子
野分とは自分のしつぽを追ふ仔犬
野井みこ
野分過ぐ儲け話を真に受けて
野ばら
節穴に野分近づきつつあると
野分波平
野分来てつくづく山と川の国
野本美食
親不知抜いて四日目野分きだつ
弥日
さっきまで透明だった野分かな
矢橋
野分立つ車窓に角のポケット壜
柳児
晴れやかな朝の散らかり野分後
柚和
青空の息止めている野分前
遊飛@蚊帳のなか
海鳴りの届き始める野分前
余熱
野分中犬は静かにしとをせり
洋壬
青空のどこかに野分かくれたり
葉子 A
三日月の先触れたるや野分去る
遥風
野分あと月を拾える部屋となる
陽広
野分中トランプ上手く抜けにけり
蘭丸結動
トンコリの草に沁み込む野分かな
梨山碧
破船めく野分の破れ暖簾かな
理酔
分水嶺まで駆け上る野分かな
裏山小虫
うはばみの友を呼ぶ声野分あと
離松
乾物屋紺屋カメラ屋永野分
流士
まだ青き実もぎて待つ野分かな
琉璃
天井の節穴なぞる野分の夜
林 和寿
大野分太平洋に沈めけり
林檎
野分来る宇摩は製紙の町にあり
鈴ノ樹
デパートの解体作業野分晴
鈴木麗門
野分晴別れ話はまた明日
麗し
抜け落ちて野分の過ぎし空からっぽ
老人日記
抱き寄せる子らと湯船に聴く野分
和季
野分あと硝煙にほふ疫神宮
和志
二人居のいよよ黙する野分かな
攝津の嫗
野分から生まれた子らのかくれんぼ
指名手配ポスター嬲る野分かな
洒落神戸
炒飯の鍋振りこぼす野分中
淺野紫桜
掃除機を武器に野分を遣り過ごす
游真
野分中窓に歪みし自画像や
琲朴
野分晴砂に埋もるる古ビードロ
笙女
ビオロンの松脂微か野分くる
筬葉
オカリナははじめたばかり野分立つ
籠居子
暴れ川野分の中に逆立てり
茫々
夕の空野分が鳥を押し戻す
萬代草舟
野分後の停電味のせぬ夕餉
蓼科川奈
此の星の生きてる声や夕野分
蜥蜴の尻尾
獣か女か 声混じりて野分
靫草子
こんなにも一丸の町野分あと
高橋寅次
ぞうさんのジョウロころろん野分あと
山本あを
ひとりゐに野分ひと夜の客となる
syuusyuu
野分来てゴーシュのセロの音の猛る
TAKO焼子
ひた走る馬死ぬまでを野分立つ
カンガルーのしっぽ@「馬は自分では体力の限界がわからず、走らされるだけ走るが、その直後に急死することがある」と言う概念がある事をシェークスピアの例えや西部劇で知りました。
劈くよ野分に震う頭痛の根
佳子
野分立つとぎれとぎれの拡声器
空山
旅先の野分ニュースの滑走路
熊縫まゆベア
野分切り裂きひい婆がやつてきた
黒うさ狐
野分なか乳を揺らせて牛帰る
俊夫
風除室から素描されたる野分
千鶴
夕野分ホチキスの芯買ひにいく
丹下京子

並

パパもママもとんでいっちゃう野分かな
さくらちゃん@4歳
この星を少し傾けて行く野分
ず☆我夢@木ノ芽
子を産みし鵺は野分の中に消え
茄子紺
糠味噌に混ぜ混む呪文野分かな
茄子美
白妙のドレスの値札野分跡
海老海老
木へ山へ往復ビンタ野分かな
藤野あき
襖絵を怖がりて見ゆ野分かな
福田弓
翅捥げて庭に骸や野分後
岸 れん
野分雲またさぶらうは佳い男
宮間ミヤマ
大野分うなる地球の声がした
池田郁英
しがみつく棚田を剥がす野分かな
⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部
窓開けて闇の野分の木葉かな
aya
ソロツーの仙石原は野分晴れ
Benじい
飛龍頭の味染みたるや野分中
Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
刈りどきは今と野分の来ぬ前に
HNKAGA
野分きて夫婦喧嘩のおさまりぬ
k.julia
野分には又三郎がやって来る
Karino
野分あとライト兄弟青空へ
KAZUピー
波うねる野分の風に荒れる海
KKK
野分ゆく終着駅のその先へ
Kかれん
汗水を無残に残し野分跡
PON
野分後旅川と路の境無く
sakura a.
梢吹く野分の果てに摩天楼
singu
野分立つミシェルを探す声哀し
sol
野分吹き避難小屋にてパパリコや
sugarlily@大学時代のワンダーフォーゲル部の秋合宿で嵐に会い、避難小屋で停滞しました。そのとき時間をもて余し、パパリコというゲームをした時の様子
人恋しさても野分きの為せる業
yoko
母の胎で死んだ子らへ野分跡
あーすススメ
トンネルの太さとなりし野分かな
あー無精
ろうそくに粗食おごそか野分の夜
あいみのり
師に送る封書にびしょり野分たつ
アオキシゲル
野分後の夕日眺める祖母の顔
アオハル
窓叩き廊下吹き抜け野分荒れ
アガニョーク
傘裏返す野分駿州江尻
あさ
野分だつ花も野菜も地に倒れ
あさり
野分にも野分の理由あるのです
アストロ@夏銀河
葉虫なぞ木っ端微塵ぞ夕野分
あたなごっち
野の獣如何に過ごさん野分の夜
あつこっとん
野分明けの空に笑う風と生きる
あとりとまひわ
野分後川の水の生くさし
あなうさぎ
傘の柄をテープで直す野分の夜
あなぐま
野分過ぎ側溝に落つポリ袋
アマリリスと夢
感染拡大客足止まる野分前
あみだじじい
野分去り現代アート田や畑に
あら さなえ@tokyo
風神と雷神くしゃみ野分かな
アリマノミコ
空っぽの野分は挽歌母乗せて
アン
野分に流れ揺蕩う雲模様に
イイ ケン
テーブルを丁寧に拭く野分の夜
イエロー雲
野分立ち傾いだままに青々と
いかすみ
流れ無き川に波立て野分かな
いくた 武
千枚田撫づるがほどに往け野分
いごぼうら
ひたすらに野分を過ごす闇の街
いさご眠人
サンダルで仁王立ちせり野分かな
いたまきし
野分前瀬戸は静かに凪黒し
イチロー
野分だつ商店街に駄々つ子
いち乃
廻らない回転木馬野分哉
いち坊
風見鶏右往左往の野分中
いつか
きしむ音止むなき野分夜明けゆ
いと茶
目標をやや逸れ行きし野分かな
いなだはまち
野分あと筑波の山も近くなり
いまいやすのり
お隣の出勤は5時野分吹く
いろはニホ
野分中飛び出し坊や健気なり
うま子
びくびくとわくわくを連れて野分くる
うみのひつじ
安宅の関怒涛逆巻く野分かな
うらら恵子
少年の心躍らす野分かな
えいぎょ
ただただ野分を口実に酒煽る
えのくしひかめく隊 へやま
野分後のブルーシートに陽が刺さる
オイラー
野分のフェス坩堝に叫ぶアンコール
おおそとガリコ
野分過ぐ天地一気にはなたれる
おおるり
野分立つ宿直室の缶ビール
おかか丸
野分まえ半音下がる救急車
オキザリス
海原を叩いて来る野分かな
おけら
団子ヘアーおろして靡く野分かな
おたまじゃくし
コロッケの包みを提げて野分あと
おちゃうけ
ビル谷間吹き行方風は野分かな
お漬物
ギリギリでトタン屋根避け野分かな
がーでん
須磨に吹く荒ぶ「源氏」の野分かな
かこ
孫去りぬ妻と見交わす野分あと
かごやまのじっちゃ
シーサーのどんと構える野分かな
かざばな
水位増え水位見に行く野分なり
かずポン
野分行く別れの夜の傷跡よ
かたおかルナ
田居の端にいたずら小僧の野分かな
カタツムリ
野分雲何もなければ広き庭
かつたろー。
野分吹く根こそぎ持ち去れ世の澱(をどみ)
かまど猫
龍のごと野分にほえる大樹あり
からすちゃん
実家への仕送りをして止む野分
カロニク
野分来る TVドラマは修羅場なり
かをり
野分さり学童の声よく通り
ギコ
山崩れ家人涙の野分あと
きさらぎ
あまりにも青空澄みし野分け後
きっちゃん
野分晴れネイル剥がれておりました
きのした 小町
烏らは快と飛び交う野分あと
ギボウシ金森ー
故郷の山川思ふ野分かな
キヨ
野分きて怯えもせずに大風車
きょうや
バッテンの養生テープ野分待つ
きよなお
水煙纏ひて車野分かな
キョンちゃん
野分過ぎ無言の街は明日を待つ
クウシンサイ
夜深きも尽きぬ論争野分跡
くつき
あきらめて野分けのまゝに百姓家
くめ仙人
半時の会議に倦んで野分待つ
ぐりえぶらん
暴れ竜野分近付く大海原
くりすけ
書留の野分とともに舞いこめる
ぐれむりん
野分立つ口ずさみおり「旅人よ」
くろべぇ
黙々と満員電車野分立つ
クロまま
野分来る匂いがすると子らの言い
けら
街路樹の内の白さや野分晴
こいぬ
思い者密かに願い去る野分
こうそうびる
万物のうおうさおうに野分かな
こうちゃんおくさん
野分かな椰子靭やかに戯れる
ゴールデン文子
リビングに布団持ちより野分の夜
コキア
野分晴れ亀の首のみ湖滑る
ココダン
森の奥生まれた風は野分かな
ここな
百葉箱守る箱欲し夕野分
こじまはじめ
姫御前のあられも無くて野分かな
こてつ川
絵を描いて二日つぶせる野分かな
ことまと
野分後父は屋敷を母は田へ
こはぎ
野分雲地球は地軸傾かせ
こはまじゆんこ
二曲目の路上シンガー野分後
こぶこ
荒れ野さえ名画に仕上げる野分かな
コロナ禍で人の心に野分かな
野分あと星のしじまも音なりぬ
サーコ
失恋の傷み野分に持ってかれ
さかもと眞紅
我が友の足取り消して野分かな
さくやこのはな
野分の夜雨戸を叩く高いびき
さくらがい
野分後や須磨の浜辺に源氏立つ
ささき良月
予告して暴れ来る者に野分
さだとみゆみこ
豊作にもみがらとばす野分かな
さとうくにお
赤の葉を舞わせて散らし野分行く
さとし
野分にも動かざるこの我が意志や
さぬきのたぬき
曖昧な鬱吹き散らす野分かな
さぶり
女医走るポケットのベル野分雲
しー子
耳元にそよ吹く多分野分来る
しかもり
灯台の早目の目覚め野分かな
しげる
殴り書きの閉店お礼野分街
シニアモモ
携帯の警報叫ぶ野分中
しみみ
被災地の流木睨む野分かな
しもさん
野分の夜蟲のザムザのごと震ふ
ジャスミン
野分かな首を垂れるショベルカー
しゃま
野分立つ地図を広げて長停車
ジャマイカ丼
野分待つあらぶる心薨れと
じゃらんじゃらん
野分なか火入れ忙し登り窯
しゅういずみ
野分後癪の種までふきだまる
しゅうふう
あのどどうの行方を探す野分あと
じょいふるとしちゃん
野分跡打たれ傾く防風林
シルバーメダカ
歓声にたてがみ立てる野分かな
シロクマ太郎
野分立つ写真一枚泥の中
スマホ優
牧場に牛五六頭野分前
すみれ色の涙
通帳の米が消え去る野分晴
スローライフ
大手飛車掛けてやったぞ来い野分
せいち
病得て出窓の響き野分知る
せっちゃん
野分去り集いて拾う昆布の根
せり花
けんかしてバスの終点野分くる
せんべい
邪悪なる胸爆ぜるよに野分来る
そまり
連れてくる大きな予感野分かな
それぞれのしあわせ
傘干して空に伸びする野分晴
ダイアナ
天から地野分に耐えるネギ先や
たかこ姫
野分待つ手には携帯扇風機
たくばしょう
野分禍や飲み込む唾に喉涸れる
たくゆき
待合の硝子戸覗く野分かな
たけし
何事も無いかのように野分明け
たけぞう
愛憎も吹き飛ばしたる野分かな
だけわらび
半跏思惟微笑む闇や野分あと
だだちゃ豆
雨風のうなり叫びし野分かな
タック
唐揚げが妙に食べたくなる野分け
たま蛙
潜りぬく山の鳥居の野分かな
たむらせつこ
野分よ人止まりを地へ上げてくれ
たるみ
新聞が羽ばたく朝や野分たつ
ダンサーU-KI
クレジットカード無くした夜の野分かな
たん造
野分来る明日を考え窓眺め
ちか丸
屋根裏を猫の足音野分去る
ちばくん
崩落の山肌白き野分かな
ちびつぶぶどう
野分跡ただ星一つ残りけり
ちゃんぽんこつ
野分くる厩舎の壁にベニヤ張る
ちょろたこいん
暖簾やや翻り野分来る予感
ツナ好
野分あと木立の緊張ぷつと切れ
ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部
母猿の背にしがみつく野分去る
ツユマメ末っ子@8歳
朝ぼらけ野良の鳴き声野分けかな
つわきの嫁
野分ほど潔ければ苦はないに
ティアラ文緒
目の覚めて野分去りゆく音静か
ティーダ
野分中猫の目六つ縁の下
テツコ@第二まる安
野分来る蜘蛛の泰然自若かな
てまり
電線のうねりシンクロ野分かな
でんきゅう
大野分大往生の千年樹
ときめき人
野分の夜マグマだまりがふつふつと
ときわ露草
土と葉と生臭きかな野分後
どくだみ茶
米中の野分日本よ如何なるか
ともかわすてむ
御神木も根こそぎ倒す野分かな
ともけん
野分去り友と夕餉を整えり
とんとん
羊羮を厚く切ります野分後
なかの花梨
野分跡ナスカに続く丘の線
なきうさぎ
窓枠の歪む野分にうなされる
なごやいろり
コーヒーもページも進まぬ野分かな
ナタデココ
から揚げに卵焼きも詰め野分晴
ななしのかかし
野分去る真に愛しいもの残る
にいやのる
野分雲国境線を分かれつつ
にし子
野分立つ大気切り裂く凄みあり
ニッシャン
野分見た野山も土手も獅子頭
にゃんみー
野分中夫の呼び声届かざる
ねこじゃらし
二杯目のゆかりご飯の野分明け
ねずみ男
二里三里海鳴りどうっと野分かな
ねもじ
臥龍いま野分となりて海に起き
のぶ子
「野分やい」そこは、野分に浚われた
のもとみな
野分あと小さな十字切る少女
のら
野分去り夕霧が見た院の庭
のりた
野分あと水たまりに弧がたくさん
のりりん
風神は指揮す交響曲「野分」
パーネ・メローネ
坊津へ出水の野分三十里
バーバラ
ビル街に潮の香充ちる野分前
ハイジ
野分の後に狂いし飛ぶ野鳥よ
パクヒロ
子も猫も点呼確認野分け前
はずきめいこ
野分に剥がされし新巻の表紙
バスチー
傷心を連れ去って行く野分かな
はち えいと
風聞のSNSや野分雲
パッキンマン
青空や野分となれる風の粒
はっしー
野分去る言葉足らずの怒気のごと
はなあかり
木を屋根をどこの狼藉者!野分
はなだんな
野分立つキーケッケッと窓辺ねこ
はなちゃちゃ
風神の袋破けて野分かな
ははろ
ワイパー越しの墨絵ひと刷き野分かな
はまお
富士山の稜線碧し野分晴
はむ
物干し竿きえてなくなり野分かな
はらこ
野分だち薬草園の木の実降る
はら美華子
野分あと畑を見に行く犬と吾
ハルノ花柊
昔こんなに強かったっけ野分
ばんどうまーぴー
野分来ぬ独りぽっちの寝室の
は志むら
手のひらを翳し野分の駆けゆけり
ぴーち
開けては閉める閉めては開ける野分哉
ひーちやん
野分だつ夜の賢治とベートーベン
ビー玉
野分なか軋む吾が家に歴史あり
ひぐちいちおう(一応)
奥山に縦傷残し野分去る
ひだ岩魚
野分立つ山黒々と連なりて
ひとえ
それぞれの目あり天気図の野分
ひともじ
故郷の空気運びし野分かな
ひなた
旅の宿野分の渦に城高し
ひな子桃青
銀行のドアに押入る野分かな
ひねもす
野分晴れの下片方のスニーカー
ヒマラヤで平謝り
ザーザーとラヂオ途切れし野分かな
ひめのつばき
野分荒れ狂う軋り合う暗闇
ひよこ草
野分の夜膝にあの子の気配かな
ひよはるばば
90デシベル書く手を止める野分かな
ひろくん13さいのママ
京葉線またも運休野分かな
ひろしげ13さい
頭垂れ刈り入れ待つよ野分頃
ひろちゃん
静けさを明日へ攫いゆく野分
ひろろ
靡くもの引き連れてゆく野分かな
ひろ志
野分して風車のごとし観覧車
びんごおもて
野分あと大きな匙とオムライス
ふうせんかずら
山路来て居座る野猿野分あと
ブービー
野分来て関八州を覆いけり
ふくじん
蒸し蒸しの闇蹴飛ばして野分晴
ふみ
走り去る野分の跡やひかり射す
ふみちゃん
野分過ぎ空は値の張る色になる
ブロー@ギル
野分去る空にうっすら刷毛の跡
ほしのあお
つんのめり平伏す後の野分かな
ぼたんぴ
雨来たる匂いも猛し野分かな
ほのぼぉの@蚊帳のなか
風雲急強者どもの野分雲
ぽぷり
野分晴ビニール傘の三つ四つ
ぽんたちん
ひとつ穂の畦道はるか野分晴
まー坊
野分あと猫と目が合う屋根の上
まいまい
さかな獲る鳥の潜るる野分波
マキコ
屋根裏になにものか居る野分かな
まぐのりあ@蚊帳のなか
野分波荒ぶる天の鼻息か
まこ@いつき組広ブロ俳句部
峠路や野分にけむる道祖神
まこと
野分ふき力士ののぼり裏返る
まこと(羽生誠)
野分雲ただただ眺むも父は父
まさ
外は晴れテレビに映る野分跡
まつやま孝子
カラス二羽流木に立つ野分あと
まつり
野分の夜コーヒーの香と芭蕉の句
まな
野の花を鈴鳴らすごと野分来る
まにあ
母と子が肩寄せ合いて夕野分
まぬう
ボート待つ長蛇の列や野分来る
まほろ
野分波小説閉じて大あくび
マムシ銀行早乙女
乱れ髪まどろみの宵野分かな
マユミ
野分の田じいちゃん行っちゃいけないよ
まゆりんご
野分来るスマホ一台充電す
まるかじり
野分立つ東海道中膝栗毛
まるちゃん2323
Black lives Matter 野分の威よ
みー
野分吹くろうそく灯した幼き日
みかん
殉職の部下の墓前や野分あと
みずの風華
天も地も人も一掃する野分
ミセウ愛
秘密基地どんどん飛んでゆく野分
みどちゃん
野分晴半分残る車庫の屋根
みどり
誹謗中傷一身に受く野分かな
みどりがめ
コロナ禍の轍の上を野分かな
みどりくん
野分吹き棚田に己が名残しけり
ミユキ
野分果つ私の恋は実らない
むげつ空
モーゼの海割り 野分の草分かれ
むさかず
匂い立つ野分のなかの道祖神
むべ
裏山も空も煙りて野分来る
むらたふみ
野分立つポットのお湯は沸騰点
めしめし
吾子の背を幾度も摩る野分の夜
めりっさ
あらぬかた向く鬼瓦野分晴
もせきのこ
野分あと森のいぶきのたくましく
もちえちゃん@狐狸山会
野分ゆき畑に野菜の屍かな
もとこ
富士山や西の車窓の野分晴
もりのまりりん
ビル街の谷間に巣食う野分かな
もりまる
南洋の香り漂う野分前
もんちゃん
倒木や畦道消去野分かな
やっせん坊
野分中地熱の高き山の道
ヤヒロ
野分過ぐ青年襲う空虚感
やまだ童子
野分晴れ涙の跡の白くなり
やまな未
野分聞くマグマ秘めたる三原山
やまぶき
警報を待つ子を叱る野分かな
やまやま
田の神を梃摺らせ去る大野分
ヤモリ
赤ん坊うっと構える野分かな
ゆぃ
姉が弾くピアノ高らか野分の夜
ゆうこB
風見ゆる草原に立ち野分かな
ゆうな
散らかして悪びれもせず野分かな
ゆかりん
今回は東側から野分くる
ゆきを
野分の夕無言の友といぬる坂
ゆこげん
野分立つ錆びシャッターをめくりおり
よう
風袋ひとつ野分の置きみやげ
よーきー
川波は横に走りて野分立つ
よしざね弓
野分あと天洗われて富士見ゆる
よし季
バス待つ朝髪吹き乱れし野分かな
よつ葉
文豪のイメージ重ぬる野分かな
よひら
雲走り野分叡山超えて来る
らくさい
我儘が強情張が野分あと
らごん
救急車のサイレン止まる夕野分
リカ
海見えて風の変わるや野分晴
りこ
北摂の山近くなる野分あと
リバティーさん
野分立つ人の素を知り愕然と
りんごのほっぺ
こんなにも窓広かりき野分晴
る・こんと
野分立つ地上絵ごとく浮き立つ田
るみ
波立たせ海渡り来る野分かな
れんげ畑
平成の橋げた流す野分かな
ロクヨン
野兎のフンまき散らす野分かな
わかこ
野分来てまた狭まりし居住域
をぎやかなた
哀しみはもうたくさんです野分の日
阿山季思
母去るや野分の真中乗るごとく
阿波豊
独り飲む猪口もゆらゆら野分の夜
葦乃灯子
野分でめくれるプリーツおさえる手
復興の長塀叩く野分かな
安笑
拘りの看板持つていく野分
安達悟
大野分山河人家を崩し去る
安田 信洲
地に伏すもの天仰ぐもの野分去る
杏と優
野分中しわぶきひとつ漱石の背
伊藤 大樹
夕野分病む子の息の荒々し
伊藤はな
野分あと木の葉微塵の屋根の朝
伊藤欣次
雨戸あけ野分忘れる日本晴
伊藤善隆
握る手の強さで知りぬ野分かな
伊豆子
軒下につがひの雀居り野分
伊予吟会 玉嵐
道を川に川を大河にして野分
伊予吟会 心嵐
野分立つ押され押されて自宅前
位子
休校の子等の声高野分あと
井上喜代子
こもりうた風は遠のく野分の夜
井田みち
野分禍や亦も老人ホーム災
一の介
木漏れ日の放射に広ぐ野分晴
一井蝸牛
川沿いを走り流れる野分を感じ
一碁一会
ガラス窓目張りして待つ野分かな
一周
戸袋の中から雀野分あと
一純。
憂鬱と鼓膜の不調野分来る
一太郎ラン坊
一葉を野分の供や石地蔵
一茶お
火葬場へ野分の中をバス進む
稲垣由貴
「カンガルーとコアラに注意」に野分
宇田建
うねり行くおろちのごとき野分かな
雨霧彦@木ノ芽
野分けに翔ばせ千切った写真から
閏 務 (うるうつとむ)
がんで死す野分に乱れる髪もなし
映千
行く路を楽しんでゐる野分かな
永想
野分晴れさざ波立ちて休耕田
英与
野分吹き示す旅路や闇の中
詠頃
野分あと身軽になりし庭の木々
詠野孔球
尾根筋の落ち葉一掃野分かな
越仙
北総の大地揺らして野分すぐ
野分前静まり返る暗闇よ
円修
涙する景色が違う野分後
奥ノ木 蛍子
野分立つナイタイ広し鹿毛凜と
奥山凜堂
対蹠のハカや大和に野分あり
往路等
恋おわる野分のごとき跡のこし
黄麗
生霊となりてあなたへ飛ぶ野分
岡 美里
窓を打つひたすら打つ野分かな
岡本英太郎
耳鳴りか野分の音か真夜の床
乙女座
野分立つ会話なきまま急カーブ
温湿布
野分中傘さす子ども竹とんぼ
音のあ子
初見えの孫のつむじと田の野分
音澤煙管
コロナ渦や介護隔てり野分かな
下村ひじり
一夜明け景色をかえて野分去る
佳月
野分のたうちて残骸音もなし
佳里
全焼と朝刊に載り野分かな
加賀もずく
荒海の音打ち消したる野分かな
加容
初潮来てうなる野分の月夜かな
加良太知
野分立つ駿河の海と富士の山
加和 志真
野分去り大音量のラジオかな
嘉門生造
野分あと屋形の灯り橋灯り
夏みかん
頭髪を白く染めたる野分かな
夏綱
月二度の野分流木村襲ふ
夏目タンチャン
果樹達を根こそぎ倒す野分哉
暇親爺
今だから人恋しさも野分かな
果音
長傘を押して野分の長き帰路
果禄
野分すぎ村一番の巡回者
河合郁
野分くる天地に満ちるヘクトパスカル
河合由布
次々に刺客となりし野分かな
河野なお
再びの野分に疲れ垣の草
花おうち
野分の夜トルコランプのかさ彩ふ
花ほっぺ
野分あと潮汐摩擦の聴こえる夜
花印
野分あと高層階にも濡れ落葉
花橘
ヘヴィメタのシャウト従え野分来る
花咲明日香
屋根飛んだ野分のグアム遠き残像
華らんまま
ふわグシャとポリ袋飛ぶ野分かな
蛾触
月下美人首擡げけり野分中
賀代
野分来る箱に溢るる未熟な果
雅な童
椅子机青空向いて野分あと
雅喜
悩み抜きベンチ立つ吾に野分立つ
雅鬼
野分知る生暖かき風雲児
雅枝
ままならぬ鴉舞をり野分かな
雅由
野分あと駅構内のアナウンス
イヤホンから漏れしロックの夕野分
海葡萄
荒神の社は近し野分後
海峯竜寿
カップ麺食べるの野分来てるから
海野碧
赤い鈴大きくみえて野分かな
葛城広光
野分過ぐ寝そべる木々と青空と
叶田屋
野分風諦めきれず竿を出し
樺猫海鼠(かばねこなまこ)
学校のチャイムの音の揺れ野分
寒国
雲走る走る走るよ野分来る
勘太郎
野分晴水辺に鷺等戯れり
甘泉
野分の日狩人のごと鷹の目よ
間仁田彩
野分の電燈の下の家族
閑茶
海へ吹き戻される鳥野分かな
丸山隆子
野分晴交差していく飛行雲
岸来夢
逢えなくて野分は木々をなぎ倒す
喜祝音
ざわざわと城山の鳴る野分哉
喜多輝女
野分窓揺らしラジオからユーミン
喜多野羆
空き缶を追いかけまわす野分かな
希平
野分の音に促され茶碗洗ふ
幾太波末
無事だったあおい実ふたつ野分後
季切少楽@いつき組広ブロ俳句部
野分中雨音立ちてこわばりつ
紀杏里
フーテンの寅さん去りて野分晴
規子
粛々と月の冷えゆく野分かな
貴桜李
野分あと登山道塞ぐ倒木
輝峰亭
竹の葉の震へ野分の音となる
亀山酔田
曽爾高原骨身震える野分立つ
亀子
野分後ラヂオは瞬時に橋となる
吉 や
家中を疾走す猫野分かな
吉井いくえ
伝達を終えて野分の朝寝かな
吉田海音
熱帯の風神来たる野分かな
吉野川
渡りゆく野分の音や月の闇
桔梗
帰郷して足止め嬉し野分かな
丘 るみこ
野分あとランタン灯し清けし夜
久素木葉子
野分風母には遠い五十鈴川
久美
一人旅仙石原に野分かな
宮写楽
テレビつけ兄と二人で待つ野分
宮島ひでき
夜に紛れ恐竜来たか野分痕
宮﨑紅清
手づくりのマスク張り付く野分かな
京あられ
野分過ぎ雨戸開けたるあちこちに
京丸
秋の空野分が来るよ昼さがり
京子
夕野分百鬼夜行の過ぐを待つ
野分け去り見上げる空の清清し
昼間から張り切るラヂオ野分かな
玉井瑞月
屋根覆うブルーシートよ野分あと
玉井令子
雨戸あけ昨夜の野分今どこに
玉悦
センサーライト忙しく点滅野分かな
玉京
子の眼には喜び混じり野分待つ
玉響雷子
鳶さえも流れ流され野分かな
玉治
朝の窓木の葉の手形野分かな
玉泉
野分立つ水無川に浮く草木
筋トレ俳人
崖一つ崩して北へ野分去る
近江菫花
ひとり旅草木のすごむ野分かな
近藤千比呂
夜になり棟梁向かう野分なり
金魚草
休校の地区放送や野分来ぬ
金治宜子
夜もすがら雨戸をならす野分かな
金太郎
野分吹き地球はらわた見せつけり
金目銀目猫
サイレンの過ぎて野分の夜更けかな
銀命堂
野分なり一叢倒る歩く道
句詩呼
刈るを待つ棚田をなぶる野分かな
愚老
根上がりや更地を肥やす野分後
熊谷挙
下り坂加速始める足野分
敬具妙洒脱
義経の鵯越か山野分
敬之
木々が吠ゆバリバリバリと野分過ぐ
景清華
野分あと隣の町の広報誌
畦のすみれ
世の憂い澄み渡らせる野分かな
蛍源氏
養生テープばってんに貼る野分かな
月見柑
ベートーヴェンのタクトらし野分かな
月青草青
野分後の取って返しのつかぬ樋
犬散歩人
恋の告白は何度も野分後
研知句詩@いつき組広ブロ俳句部
漆黒の胸の湖面の野分かな
戸海倫
野分に書留煽られ遠ざかる
戸村
野分かな髭生やさむと金之助
枯丸
吾も犬も右耳痒し野分かな
湖雪
珊瑚の香根室に届け野分果つ
五木通寛
放課後のペダルの重き野分かな
吾光広成
ヘルメット置きて一服野分あと
吾亦紅也
ぴゅるるると夜駆け回る野分かな
鯉女子
軋むドア高速道路の野分かな
光観
曽爾高原暗闇沈みいる野分
光源氏
野分去り空色映す水鏡
光風
時を超へいつしか符号付く野分
光本弥観
野分後大地と空の恋のあと
向原かは
うねうねと倒けつ転びつ野分かな
宏楽
隣人の夕飯の香の野分あと
工藤陽子
営みに情けはかけぬ野分かな
幸せ一番
野分来てレゴブロックの海賊船
幸久
野分なかATMで入金す
康々爺
野分吹く荒野を進む霊長類
康子紫
野分とは無礼な風よ我飛ばす
康寿
風音に野分去るまで酔って寝る
江雲
ひこうき雲野分のあとを駆けてゆく
江戸川青風
たてがみの野分目近に手綱詰む
江藤すをん
野分過ぎ青柿1つ落ちており
江藤薫
野分晴まだ桟橋の船上下する
江里口泰然
雨戸鳴り三娘抱く野分かな
浩章
野分跡二人で歩む道標
甲山
送電線なぶりてやまぬ野分かな
紅さやか
朝野分下丹田に手を当てる
紅塩寝子
越えられぬ頂は無し野分あと
日没の帰路の背を押す野分かな
荒磯魚々
おもひわび夜が染み込む野分かな
香栄
夕の帰路眉顰めるは野分
香辛料
風走る大仏殿人影無し
香村
猫の喉きゅると鳴り野分呼び
香椎
湖渡る野分モーセの葦の海
香壺
ビル風に増幅されし野分かな
高橋 冬扇
次ページへ行きつ戻りつ野分かな
高橋笑子
いつ終わる下痢のきゅるきゅる刺す野分
高倉ちとさ
大空を黒くつぶして野分の来
高津喜久子
野分あと上り列車を待つ駅舎
高田 仁和加
子供部屋瓦飛び込む野分かな
高飛洋子
真夜中や女の悲鳴とは野分
豪七五
群れ跳ねて海豚の如し野分雲
克巳@夜のサングラス
今は昔の野分のまたの日こそ
黒星払拭隊72
野分彼の墓に響く吾の慟哭
黒猫
野分きて車カバーが犬襲ふ
今井佳香
繰り返すボレロのリズム野分の夜
今野夏珠子
団子虫伸び伸び歩む野分あと
根本葉音
野分あとの空より戻る母の傘
佐々木のはら
ベランダの美しくあり野分あと
佐々木ふく
野分晴れ苔の光に朝の風
佐山夕子
山削り都市化が進む野分かな
佐藤一人
熔岩の噴き出す山の野分かな
佐藤恒治
野分立つ速度違反の觔斗雲
佐藤俊
流れ橋をさっと一撫で野分かな
沙那夏
梳いたような草の流れに野分追う
砂楽梨
吾は斜視となりて半生野分あと
最中
野分背に猫バスに乗れそうな夜
歳三
野分まえ米は多めの五合炊く
細川小春
野分晴れ蒼から青へ顔をかえ
細木さちこ
ドラゴンの尻尾切ったか野分ヌシ
菜々の花
花倒し唸り声あげ野分行く
咲耶とこ野@木ノ芽
野分波見に出る父の肩隆々
咲弥あさ奏
畑中に赤の外椅子野分追う
桜の塩漬け
野分去る用意の夜食は朝食に
桜姫5
また野分またまた野分また野分
札六(関屋@和祝句会)
立ち尽くす野分にボールさらわれて
薩克期風
野分めく闇夜にもやい綱きしむ
雑魚寝
野分めく背に荒波の生中継
雑草おばさん
釣鐘に風溜め唸る野分かな
三ツ藤康子
のわけはねヘリコプターのかぜみたい
三浦じなん
いってきます子らが駆ければ野分あと
三浦なつ
飛行機が急降下する野分空
三浦長男
空と地を撫ぜまわしたる野分かな
三子
新世界来たりて心に吹く野分
三寺ひろみ
大屋根の野分の傷やブルーシート
三水(さんすい)
海峡の水透き通る野分あと
三大夜景
野分過ぐ昨日と違う風の色
山口 朝子
海に入る野分の匂い浜の風
山口雀昭
ラブストーリー画面乱るる野分の夜
山桜昌子
畳立て雨戸支えし夜の野分
山水(さんすい)
外は野分家中かくれんぼの声
山川真誠
旅慣れの雨具とりどり野分宿
山踏青時雨
草むらをキャンバスにする野分かな
山内崇村
境内の鳥すでに去り野分かな
山乃火穂
栗林へ歩の速まるや野分あと
山風
野分晴れ果汁絞りしサワーのよう
山歩き
何も無い日の昨日に在りし野分
山本先生
火を消して換気扇から野分くる
山本梅子
菊めざしターフ駆ける馬野分け立つ
山本明美
野分来てなほも残りし護り実や
山﨑菫久
野分来て太古に戻る星の宇宙
士王
太郎次郎分け隔てなく野分かな
始の子
夕野分漁船のきしむ入り江かな
糸慌@木ノ芽
偏頭痛巨大野分が沖縄に
糸川ラッコ
避難所を出でたる朝の野分晴
紙ふうせん
親父と穂仁王立ち也野分晴れ
紙威
ニワトリの空を飛びゆく野分かな
紫雲
秘密基地野分が跡の忍び道
紫雲英
風呂焚きを逡巡せしむ夕野分
紫鋼
風呂帰りヘアゴムはずす野分かな
紫香菫
づかづかと母の怒りの野分かな
紫宗
蝋燭の灯に湯葉茶漬け野分あと
紫檀豆蔵
山積みの訳あり野菜野分あと
慈温
野分去りモルゲンロート山燃える
時化田白金
野分来る雨戸に釘をおやじの手
治もがり笛
街中はマスクひしめく野分かな
鹿沼 湖@木ノ芽
大木を曳きたおしたる野分かな
鹿野煎餅
ドア開く刹那音去る野分かな
実籾
たらちねの母は野分の畑に行く
縞午
スカートと前髪押さえ野分かな
紗々
電柱の火花うつくし野分後
紗千子
早足の碧眼遍路野分晴
紗智
野分立つブレーキの湿気て鳴り急く
若葉猫
夕さりて黙示の如き野分来る
守宮やもり
野分あと足首濡らす草の波
朱夏A
初夜勤白衣を脱いで野分後
朱海 祥
三密の尾籠な話野分かな
朱久瑠
揺れ家の猫の目三角に野分かな
狩谷和寓
映像の虚実の鏡野分吹く
珠桜女絢未来
花も葉もフィギュアになりて野分かな
寿女
野分の夜心ざわざわアロマ灯す
寿摩子
匂いで知る野分の近き山の畑
宗平圭司
野分中普段通りのテレワーク
秋月
夕野分乳房抱く吾子涙あと
秋月流音@木ノ芽
野分後の大草原に弥生土器
重翁
仙台へはやて邁進野分だつ
野分吹く自ずと声をひそめをり
春よ来い
野分過ぎ動かぬものが横たわり
春夏
収束をコロナウイルス野分待ち
春果
杖ついて老いの一徹野分中
春川一彦
野分吹き乾き音をして玉は行く
春日
もう雨は充分でして野分かな
春爺
側溝の水の速さや野分あと
春野いちご
野分後雲の形や色変えて
春来 燕
憑物の落ちたるやうに野分晴
順女
野分後トンボで均すグラウンド
緒川 日加留
面影をたどる道なり夕野分
小鞠
吾子抱え寝ねず野分の音を聞く
小橋春鳥
やさぐれの杉の木立や野分跡
小笹いのり
黙々と青き実拾ふ野分晴
小山晃
断捨離を思い立ちたり野分あと
小石日和
山襞や影の明るき野分あと
小川 都
犬吠えてそのあと野分来たりけり
小川さら
野分け過ぎいじめに耐えた箕面の木
小太郎
野分の夜彼は大神の声なるか
小鳥ひすい
野分かぜ老女の杖に絡み合う
小塚蒼野
野分晴路傍に山羊の落下体
小田寺登女
野分立つ丁髷ずれる流れ橋
小島神泉
予報円外れても風野分かな
小梅
野分きて夜の女王の爪の跡
小椋チル
よろこんで妻を追い越し野分めく
小木さん
玄関で待てと言はれし野分かな
小林弥彦
橋渡る野分あの自販は寄ろう
庄司直也
野分雲かつと浮かびし修羅の顔
松ぼっくり
果樹園に悄然とたつ野分あと
松坂慎太
野分なり数合わぬ待ち針何処
松山
山羊一頭山路をないて野分かな
松山のとまと
祖母の通夜僧の数珠切れ野分立つ
松茶 巴@プレバト木ノ芽
兵の雄叫び遙か野分闇
松田てぃ
野分後最低賃金据え置かる
松風女
荒磯の鳶ひゅるりら野分かな
松野勉
野分道遠くに人の姿あり
樟明子
野分あと枝葉をまたぐ通学路
焼饅頭
野分去る田に一羽二羽戻り来る
照波
晒されし骨を覆えり野分あと
笑々
野分かな叔父の掴みし我の手痛し
笑酔
予報図の覚悟を決めて野分立つ
上月 ひろし
人ひとり原蒼亡に野分だつ
上原まり
足場さえ揺ら揺ら揺れし野分かな
上江洲睦
年ふれば痛覚減ず野分かな
上市まさ
野分あと空のきららか甲州路
上津 力
じわじわと肌の気配や野分晴
上津嘉子
風を背に行方を追へり野分の眼
城山 英
野分吠えメイの尻尾も仕舞われて
常陸人
家の中で垂直避難野分まつ
植木照美
リビングのむすめのせかい野分あと
心草
野分して水のあふるる用水路
慎吾
屋根裏の鼠も黙る野分かな
慎乱
病院の急な呼び出し野分の夜
新開ちえ
何事も腹八分目野分中
新蕎麦句会・凪太
賑わえる長屋の井戸の野分あと
新田 淑@@狐狸山会
頭痛薬バッグに補充野分かな
新藤柑子
点滴の音のみ聞こゆ野分かな
新濃 健
波の立つ野分の池の鯉しづか
新米笛
悪疫の根刮ぎ希望野分かな
森 毬子
懸命に母乳飲みたる野分け後
森の水車
旧式の防災無線野分告ぐ
森一平
野分過ぎ虚しく響く募金の声
森爺
娘が逝きて老いの我が身の野分かな
森澤佳乃
野分来る君に借りあり我が身には
深山 紫
官邸へ番記者急ぐ野分かな
深町明@パロディ
獅子の背の毛の沸き立ちて野分立つ
真井とうか
野分くる飛び出してくる喉仏
真宮マミ
野分あと静まる空に月しろく
真咲よしの
木々揺らし猫バスがゆく野分かな
真珠星倫世
町すべて盥に乗りし野分かな
真心 素秋
野分過ぐうなづきそうっと母の逝く
真優航千の母
六人の孫と夕食野分かな
真林
旅立ちの佳き日無事なり野分まえ
神山やすこ
糠付けの塩梅いかに野分来る
秦のヨシコ
休校で笑顔のおでこ野分の子
甚兵衛
野分あとこんなに空は碧いのか
吹子
だいだらぼっち山に腰掛け野分あと
水間澱凡
青い空嬉し悲しい野分あと
水城
野分野分かごのなかのとりはいつ
水蜜桃
みちのくの宿に野分の訪ね来る
水無月
野分なかボリウム上げるカーラジオ
酔人雲助
筑波嶺の今朝の近さや野分晴
数鉄砲
野分めく足元に猫見上げ居り
杉浦夏甫
教会の鐘の音重し野分あと
杉本とらを
眼に見えぬ野分のなかに非凡人
雀浪乱
野分来て倒れし人の齢かな
裾野51
塀倒し食ひ散らかして野分去る
澄海
窓際に立ち続けるや野分の夜
瀬尾白果
騒ぐ穂や夕の裾野に野分かな
星海
つづら折り一山越えて野分かな
星降松
野分かな麺の仕込みと客足や
星夢 光風
駿河沖逆巻く波の野分かな
正木羽後子
唸り出す二基の鉄塔野分立つ
清水祥月
富士背負い野分の原に吾子五歳
聖一
雲間より差し込むひかり野分かな
聖橋
千年の神木薙ぎる野分かな
西山哲彦
訳もなく繋げる電話野分の夜
西川あきや
予報士はうれしそうです野分だつ
西村小市
銀輪のまるで回らぬ野分かな
西田武
野分後動脈の如猛る川
青い月
氏神の惨や野分の死語となり
青雅
野分ゆき後れ毛ばかりの憐憫
青鬼灯
野分けさり風の道ありふもとまで
青泉
夕刻告げるメロディー煙立つ野分かな
青柘榴
乾坤のあわひ知らぬと野分立つ
青田奈央
古池の水面騒がす野分かな
青木豊実
置き手紙別れの予感野分かな
青葉のぞみ
「新世界より」終楽章野分だつ
青嵐
街頭演説伴奏は野分で
青蜥蜴
風かわし野分の中や走り行く
静香
また一人風来坊の野分来し
昔花まり姫
道塞ぐ倒木に洞野分後
石井せんすい
屋根裏に鼠逃げ込む野分かな
石岡女依
駒一手勝ち負け吹いて野分けかな
石山俊美
野分立つ熟田津に立つふたりかな
石川聡
つる豆の支柱浮き立つ野分かな
千の葉
去年より強まる野分愁ひ増し
千家 彩香
几帳面にアイロンかける野分の夜
千恵
野分立つ岸に横たふ鯨の目
千条之御息所
野分後小さき花はすくと立つ
千曜 桜
野分後海草拾う老一人
千葉睦女
野分来るまた買い置きの乾電池
占新戸
熱気もいびきもかき消す宵の野分
川口みち
旨酒と語り明かした野分かな
川西勝久
番長と番長野分立つ川原
川村ひろの
北斎の神奈川沖や野分波
川島 欣也
あのミステリーサークル野分の仕業か
浅河祥子
野分去りなお立ちておる地蔵尊
浅見弓楽
独り身へ野分同室にペッパー
善多丸
被爆地に野分跡そして復興
岨川
野分後の髪の乱れに櫛を差す
倉の人
鏡台を磨き上げては野分中
倉形サラ
ただひとり野分の波に鍬下ろす
想予
心拍の波形戻りて野分晴れ
早稲田晴女
由緒ある野分廃れし令和かな
相模の仙人
天気図の野分消ゆるや朝ぼらけ
草央
雨傘も五臓も捩る野分かな
物干しの野分に狂うもんぺかな
蒼い朱鷺
予報より野分小さく雲高し
蒼涯
ウィングはうんざり長し野分かな
蒼空蒼子
真っ二つ庭木を折って野分去り
蒼香
カップ麺甘き荷風の野分の夜
村崎 雫
入場行進譜面はためく野分かな
村田 香織
天も地も狂ひ出したる野分かな
立ちどころ煙飲み込む野分かな
太子
意見なく進まぬ会議野分あと
太田鵯
カルストを野分風力タービンへ
打楽器
野分去る数多に涙流させて
駄口竹流
マスク脱ぎ野分を部屋に思い切り
泰然
野分きして名残の風の道ありぬ
大熊さんちの猫
犬矢来古色の街に野分かな
大村真仙
野分あと稜線の濃き六甲山
大谷如水
夕野分王座王手へ長考中
大槻税悦
しんとして数多の星や野分あと
大嶋メデ
晴天に投げ込まれしか野分の目
大佛清
野分晴れ車庫より出る(いずる)縄電車
鷹雪
生命までとるなあめかぜ野分かな
沢瀉
窓閉ざす野分叩けば叩くほど
谷山みつこ
足跡は堂々の陣野分かな
谷田藪辛子
野分問う背から聞こゆる目的地
狸漫住
野分雲旅路の我を追ひ越しぬ
丹耶
テトラポットが歩道にぽつん野分あと
短夜の月
トランペット吹き散らかさむ野分雲
箪笥
野分前教室既に沸き立てり
檀凛凪
野分来る寝床は空港の階段
知音
近くまで来たのと言ひて野分立つ
知念帆意
野分去り青空美しき地は荒るる
池田香
野分後木葉掻き分け月掬う
池乃佳月
野分明け大太法師(だいだらぼっち)の通り道
痴陶人
農ビ垂る送電線や野分去る
竹さ
パトランプあやしく回る野分かな
竹の子
野分行く日本列島串刺しに
竹庵
大至急・・・リモート切れる野分かな
竹織
野分過ぎ朝日のみ込む鏡池
竹村マイ@蚊帳のなか
草からめ草ほどきゆく野分かな
竹田むべ
養生のテープ売れ出す野分かな
竹内うめ
魂は飛んで戻らず野分後
竹内みんて
廃坑のうなる煙突野分かな
竹林
雨戸打つ草木の撓り野分かな
ザワザワと胸内に似て野分かな
茶々
野分あと中州の草の立ち上がる
中井笙石
窓ゆする野分やカップ麺すする
中西柚子
君追うて心かよわす野分かな
中村水音
野分晴れ木の葉揺蕩う出で湯かな
中谷高菜
髪くわえお天気キャスター野分デビュー
中嶋 倶子
野分後透垣をまづ起こす夫
中冨木綿
ヘルペスも野分にふくややや痛む
中野久子
映写機を回すハンドル野分波
衷子
店長も落ち葉掃きする野分朝
暢気
「チャリの鍵」「卵」「食パン」野分雲
潮ベルト
風神の飯喰らう景野分かな
長ズボンおじさん
電線に火花散る夢野分かな
長田写々
求人誌は二〇〇円なり野分立つ
鳥羽南良
野分跡善意の芽吹く瓦礫山
津葦
夕野分一つ目小僧やって来る
津軽まつ
金隠し思わず掴む野分の夜
津軽わさお
夕闇に草匂い立つ野分あと
追師うさぎ
皿が飛ぶ灰皿も飛ぶ野分かな
いむら堅
野分波拉致の現場の浜辺にも
鶴屋桃福
野分あと煙立ち上げ那須の山
鶴田梅勝
浮浪雲一つ野分の忘れ物
定吉
野分去り月夜に浮かぶ村地蔵
庭球子
野分雲「一言余計」の一言
庭熊彩和音
テーブルに置き手紙あり野分かな
庭野ちぐさ
野分あと天の蒼さの軽きこと
禎女
三十度に尖る刃の如き野分かな
泥塗れのポスト
次々に未完のオブジェ野分かな
笛柾(ふえまさ)
友の庵もの干している野分晴
哲山
野分来てギター練習捗るや
鉄道員
蟻たちが翅を曳くなり野分中
天王谷 一
風神へ終夜囃せど野分立ち
天晴鈍ぞ孤
のわきさりはひでるむしのおかしけれ
貼女(ちょうじょ)
手塩の大輪野分にぶっ倒され
殿さまペンギン
ファンゴッホの糸杉まさに野分かな
田村美穂
野分立つ農道廻り斎場へ
田中ようちゃん
野分中あのひとの咎ひとつずつ
田中勲
野分あとお茶を一杯いただきます
田畑 整
ネオワイズ彗星去って野分かな
田辺 ふみ
陸奥に勢力落ちぬ野分かな
田邉真舟
亡き母の声まじりおる野分かな
土屋 木洩れ日
五十年錆びたレールに野分雲
土田耕平
野分かな落武者見つめる友の剣
島村福太郎
野分過ぐ前やカレーの無くなりぬ
嶋田奈緒
野分晴れ満艦飾の日本丸
東山
野分立つ土手やペダル踏み込む朝
桃花(ももか)
野分後石つぶての微動なし
桃子ママ
残り香の互いに嗅ぎ合う夜の野分
桃葉琴乃
野分がいろいろ吹き飛ばしていった
藤井天晴
非日常は冒険子らの野分かな
藤原訓子
海から生まれ海へ還れる野分かな
藤咲大地
万物のたゆとうばかり野分かな
藤川さくら
よーいドン待たず野分や隣町
豆猫
家族みな扉押さえる野分の日
陶豪
土の物土へと還す野分後
雨戸打つ懐かしリズム野分かな
瞳子
野分雲毘沙門天を避けていく
童好
荒波と雲引き連れる野分かな
銅羅の音
野分過ぎ塵ぶちまけて空真青
友来るぐい呑み一つ野分中
徳翁
野分ゆき画鋲の残る掲示板
毒林檎
山川をほしいままにし野分かな
那須の田舎者
野分過ぎ顕となりぬ空のゐろ
楢山孝明
静まれや荒磯砕く野分波
南 風
鹿の骨柵下覗く野分あと
南城馬天
野分発つゴッホの麦畑に向けて
楠青庵
野分立つ外れトタンのやかましさ
二上松風
野分ドラゴンめきて万物を喰らふ
肉野州民菜
弥陀の手の深き懐野分雲
日本酒
図書館に合羽忘るる野分かな
入口弘徳
野分の日追いかけて失くすサンダル
如庵
草倒れ進む道あり野分かな
寧女
野分来ておじいの語る桃太郎
猫楽
野分めく神経衰弱うらおもて
猫舌扁平足
顔あげて野分を進むわれ五十七
能千
大野分右へ左へ救急車
馬場馬子
生垣のイヌ巻きの木に野分かな
馬門宗太(
祖父植えし杉倒されて野分跡
俳菜裕子
目覚めては五体を撫でし野分かな
背馬
野分中伴を従え霊柩車
秤防人
野分の目鬼も隠れてまあだだよ
博さん
野分弛む気楽の文字の楷書書き
白傘
中学へ野分の中をペダル踏み
白山
悲しみを一つ葬送する野分
白木小鳩
転勤や昭和公園野分あと
迫 久鯨
嗚呼野分リセットボタン点滅す
天からの落とし物あり野分あと
畑 詩音
空耳か野分に聞こゆ応援歌
畑山六十二
野分はげし公園の樹木痛めつけ
八十美
野分晴道なき所に道のあり
八藤
野分だつ方程式の解のごと
半熟赤茄子
野分聴く眼鏡のくもる粥の湯気
飯村祐知子
野分中犬が吠えだし連綿と
尾張の黒うさぎ
野分叫ぶバイオリンの音動じず
美翠
確かめる雨戸の調子野分かな
美泉
灰色の空3時間後の野分
柊弥
野分の夜雲の切れ目の星不動
桧木もり
窓磨きをして備ふる野分かな
百草千樹Z
野分呼びドードドドーと歌ひし日
漂碌魂ひいろみ
学校に上履き置き忘れ野分
浜田智恵子
テレワークして酒浴びる野分かな
不利を
超弩級ハンドル奪ふ野分かな
富樫 幹
野分過ぎ次つぎ浮かぶ家の門
富士 遊歩@ありす句会
しゃがみ込み帽子押さえる野分かな
舞妓はん
行政代執行空き家震わす野分かな
風ヒカル
徒党組む児らの奇声や野分晴れ
風花まゆみ
街中を踏み蹴散らして野分去る
風間昭彦
田の空へ旅立つ帽子野分かな
風精
海を吸いどっと吐き出す野分かな
風由花
布引の風水跳ねる野分かな
風蓮徹
幾年か野分の先の故郷よ
文芸サロン
野分晴ブルーシートの屋根屋根屋根
平井伸明
野分をば小野小町の笑いをり
平松洋子
デコトラが野分街道ただ一台
碧村
草花の細胞香る野分あと
片岡里沙
卵焼きおにぎり蝋燭と野分
弁女
堤塘にぶつかり野分裏返る
呆爺
父逝きて母また逝きて野分かな
峰 乱里
野分吹く街には未だコロナの禍
峰江
落ちた実に出稼ぎ過る野分あと
放浪
失言の我を飛ばさん野分きかな
方寸
野分兆すやや早き実ももぐ速さ
朋部 琉
夕暮れの野分と消えん彼(か)の名残
縫星
雨風が揺さぶる心野分なり
砕け散る野分波撮る桂浜
北の山猫
清流に枯草整列野分後
北の星
スマホ鳴る避難情報野分中
北摂美美
町猫のひっそりと野分迎えけり
堀アンナ
ちよつとした用の母訪ふ野分かな
堀雅一
野分浪みなもの高く色の無く
堀田和敬
野分後夫の点滴一二三
麻衣
引きこもる子の扉あく野分かな
麻子
夜明け前夢さらひゆく野分かな
麻呂助
憎らしい程青い空てふ野分あと
満る
何もかも草臥れ果てし野分かな
満月ポン
粛々と野分の暗さ空を埋め
妙光@木の芽
寓居みしみしと野分に揺れている
眠 睡花
別れると決意した日の野分かな
夢バーバ
定刻にゲート離るる野分中
夢堂
野分波島への船を三日待つ
無苦路
野分あと蜘蛛の巣なびき光りおり
明爽
野分立つわたしだけいた帰り道
綿井びょう
野分晴れ雲先急ぐ日本海
妄 児
野分止み太陽の塔光出す
網代
野分吹く吹かれるままのさるおがせ
木の葉
高層の垂直野分途切れなく
木寺 仙游
野分去り珍客溜まる溝掃除
木村となえーる
ごうごうと橋を食らいて野分かな
木乃伊
垣間見た紫の方野分騒ぐ
夜香
星眺め吾や立ちたる野分あと
野中泰風
捨てた夢拾い集める野分晴れ
野本 踊
野分晴キシキシ軋むトキワ荘
野々りんどう
海峡を分けて野分の怒濤かな
野々原ラピ
我を抜くジョガー野分を背負いたる
野良古
野分来て伏屋の柱いとおしむ
柳生うっかり十兵衛
たぶの大木切られ安堵や野分だつ
薮久美子
雲駆ける野分のあとの霧ヶ峰
薮内椿
飲みかけのビール波立つ野分の夜
優純bow
野分には母の溜め息含まれる
優木ごまヲ
風神の大くさめせし野分かな
悠久
風の道四方にできる野分後
有田みかん
今生の闇洗ひたる野分かな
由づる
断捨離を決めて澄みゆく野分晴れ
由羽
難聴の高鼾せる野分かな
遊亀
右がわのピアス外れて野分あと
夕顔
流木へ野分の波の誘ひけり
夕虹くすん
裏表新聞返す野分かな
与六
長き杖翁は旅へ野分晴
羊山羊
丹波富士緑青きは野分晴
葉っぱのようこ
野分予報カレー給食は短縮
葉るみ
野分去る惨禍を求む中継車
葉月けゐ
不安という言葉置いてく野分かな
葉月のりりん
野分散らすあの事故跡の供え花
遥明
野分あと畑に重き夕陽影
陽気姫
偏頭痛兆し野分の近づきぬ
陽光
野分晴予定通りを入れるナビ
欲句歩
野分中こんなに物が飛ぶなんて
羅馬巴里
球磨川の湖になりけり野分あと
落葉勝山
犬小屋をガレージに避け野分来る
藍時 湘
野分去りて腰の痛みの治まりぬ
藍植生
野分吹きテント洗いで右往左往
藍猫屋
流鏑馬の馬連れ帰る野分かな
草原に濃淡描く絵師野分
里之照日日
野分跡流木残る浜辺かな
里甫
前向きて待ち人来る野分かな
立石神流
古稀間近心揺るるや野分だつ
立歩
十和田湖や往時知る身に野分吹く
流鏑馬
灯ひとつに寄りて家族や野分の夜
留野ばあば
目障りな看板消えた野分かな
隆美
郷国の夜半の野分を独りかな
竜胆
ぶわんぶわん野分雨戸を面で押す
瑠璃茉莉
愚痴多き夫の安酒野分立つ
令ちゃん@花芭蕉
一人旅野分と暫し語らんや
令雅
朽ち果てた十字架挫く野分哉
鈴崎懾鼠
水たまり光映して野分あと
蓮花
迷子石岸壁鎮座野分あと
浪速の蟹造
また一人野分の駅に降り去りぬ
六々庵
野分と共に旅立つや道しるべ
論子
フルートの指ゆっくりと野分かな
和光
仏壇にお数珠を仕舞う野分晴
和鹿島
部屋鍵にシルクのリボン野分の夜
和泉穣
野分あと吹き残したる星ひとつ
丼上秋葵
野分受け吾の懊悩蛾となる
一連の自転車倒し野分ゆく
國本秀山
野分吹く数々の想い出もまた
戌の箸置
犬の仔が去つた夕べの野分かな
戌亥
屍のごと倒木重なる野分あと
橄欖子
音響の悪きライブのごと野分
泗水
提灯が次々消えて野分かな
涅槃girl
低空の輸送機荒れる野分の日
獺八(うそはち)
カルデラにやがて跳ね飛ぶ野分かな
眞熊
野分雲忘られぬ秘密がひとつ
祺埜 箕來
帰国して姑(はは)の死知らす野分かな
紕紗子
野分して知らぬことばの虫来る
綉綉
刺繍の手を止め窓越しの野分雲
聰子
薄闇に水団すする野分かな
脩斎@105さい
自治会の掃除は明日野分来る
芍薬
又三郎野分の中をハイウェイ
萬太郎
神木が刻まれてゐる野分あと
蓼蟲
異星人のごと干し蛸襲う野分かな
蘂六
ひっそりと夫(つま)帰り来し野分の夜
藪椿@木ノ芽
高鳴きや野分の季節終わりけり
蘊竹伯
疾走の野分連れ来る雲仰ぐ
鄙げし
暴投の球もてあそぶ野分かな
霖之助
停電の蝋燭たれし野分かな
餃子
野分去り昼はひかりも朱華色
髑六
その女遠くを睨み野分立つ
鵺野純
守りたい日常を知る野分後
槇原

ページの先頭