俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 唐辛子

第248回 2020年7月23日週の兼題

唐辛子

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●何も分からず、投句させていただきました。 よろしくお願い致します。/O3
●初めて投句というものをしてみよう、と思い投句させていただきました。 夏井先生、皆様、初めまして。 最近になり日本文学、日本語に、自己流ですが魅力を感じるようになり、俳句にも関心を持つようになりました。 よろしくお願い致します。 /O3
●こんにちは~組長俳ポ初投句です。8月で俳句八カ月歴になりました。レベルは小学生以下ですが、頑張ります。 /TFP句会 房総たまちゃん
●今回、初めて投稿いたしました。歳は取っていますが、俳句を初めて数ヶ月の素人です。/アポロチョコ
●初めて投句させていただきました。 365日、季節を感じて生きて行けたらより人生が豊かになると思い投句をはじめました。 このような場があることに感謝致します。/サリーちゃん
●夏木先生の本を読み、俳句ポスト365のことを知りました。初めての投稿です。 毎日の暮らしに気持ちのゆとりも生まれます。/みゆき子
●初心者です。 心の内をリズムに乗せて表現できる俳句に楽しみを見いだしております。楽しみながら学んでゆきたいと思っております。/むゆき
●初めて投句します。これから毎月できる限り投句したいと思います/ヤコばあば
●松山に行って俳句に興味を持ちました。まだ始めたばかりですが、楽しんで俳句を作りたいと思います。/んぺいヴぁりっっつ
●夏井先生の本でこちらのサイトを知り、初めて投句させていただきました。俳句を勉強しつつ、愉しんでいます。/伊藤興味
●初めて投句致します。宜しくお願い申し上げます。/卯月十二
●俳句0歳1か月。生まれたての赤ん坊なら何でも許される!と自分に言い聞かせつつ。 /江藤すをん
●初めて投稿させていただきます。 ご指導のほどよろしくお願いいたします。 /山桜花
●初めての投句です。小学3年生の孫が学校で俳句を学び始めました。一緒に楽しく続けられたら嬉しいです。俳号は本人の希望です。(萬代草舟)/時藤無一郎(ときとうむいちろう、8歳)
●初めての応募なので緊張しています。よろしくお願いします。/七色
●俳句を作ったのは中学校の宿題依頼です。 季語については今から勉強しようと思います。 /若葉
●初めまして。普段小説を書いている者です。俳句は十年以上昔に学校の授業で作った経験しか無かったのですが、夏井先生のテレビを通して俳句の面白さを知り、気付けば詠まずにはいられませんでした。 小説とは違う、定型のむずかしさ。僕の冗長な文章を見て分かる通り、削ぎ落とすことの苦しさを痛感しております。 もっとたくさんの題材で詠んでレベルアップしていくつもりですので、これからも宜しくお願い申し上げます。/秋沙美 洋
●初めて投稿します。今まで趣味で俳句を作っていたのですが発表をする機会があまりありませんでした。たまたまこのウェブサイトを見つけまして今回から投稿していこうと決心しました。これから宜しくお願いします。/小白虎
●初めて投句します。よろしくお願いします。/酔蝶花
●初めて投稿します。 兼題の季語はズバリそのものでないといけないのでしょうか? 今回の場合、鷹の爪、ピーマンでもオッケーなのでしょうか? /杉柳才
●俳句ポスト365初投句です。よろしくお願いします。/裾野はな
●初めての投句で何だか緊張しています。 甘党の私の思い出に唐辛子はほとんど出演しないのですが、何とか見つけ出しました。料理屋さんでアルバイトしていて良かったです。/星一沙
●初めて送らせていただきます。 宜しくお願い致します。/村上なつ
●初心者です。皆さんの句を読んで、勉強させてもらいます。/大阪のアン
●夏井先生いつもテレビでの活躍拝見させていただいてあります。 テレビを見て俳句に興味を持ち始めて詠んだみました。 一生の趣味になれば良いなぁと思ってます。/稚鮎 歩丹
●今回知り合いに勧められ、初めて投稿しました。/茶桐
●見よう見まねで、俳句を始めました。 試しに投稿してみたくなって、右も左も分からずに、投稿をしております。 /東城 謙介
●Twitterで俳句を呟いておりますが、自己満で終わるよりも自分の俳句がどのような評価をしていただけるか、楽しみです。/湯煙龍之介
●ブラジルの弓場農場という60人の日本人が暮らす集団自給自足農場で、句会をしています。よろしくお願いいたします。/湯葉子
●私は普段テレビを見ることはないのですが、コロナで家にいることが多くなってハマちゃんのプレパトの俳句を見て夏井先生の大ファンになりました。そして6月中旬から俳句をやってみようと思いました。今回勇気を出して初めて投稿することにしました。よろしくお願いします、/藤岡伊集
●俳句は初めての投稿です.ご指導よろしくお願いいたします。/篤彦
●初めて投稿しました。/二十八夜
●初めて投稿します。 プレバトを見始めて2年半くらいですが、先生の小気味よいご批評に抱腹絶倒。日本の四季、事象の豊かさと日本語の可能性も面白く、毎週楽しませていただいてます。 有難うございます。/寧楽女
●まだまだ俳句を初めて1月あまり 一から学びたいと思っています。/白雪
●初めて投稿します。 句友さんにいろいろ教えていただき俳句を楽しんでいます! 子どもも俳句を作ることが楽しいようなので、いつかここにも投句できるといいなぁと思っています。/八島裕月
●お初にお目にかかります。幼少から俳句や俳句を詠むのを楽しんで参りました、大学生です。ですが、コンテスト等にでたこと、投句経験はほとんど無く、自分で楽しんでいただけなのですが、この度少し勇気を出してチャレンジしてみました。どうぞ、よろしくお願いいたします。頑張ります。/磐田小
●アラ還の初心者です。初めて投稿しました。これから勉強していきたいと思います。/百音
●初めての投句です。 これからもよろしくお願いします。/揺子
●こんばんは、高齢(95歳)の従姉妹が、長年俳句をしていましたが、高齢のため、句会の参加も出来なく何ていたので、一緒にしようと誘うと、とても喜んで、投句したいと言うので、代わりに、投句しました。 一つのメールアドレスから俳号を変えて投句しました。 /野ばらno1
○ようこそ俳句ポスト365へ!家族で支え合う人もどうぞよろしく楽しみましょう!(正人)

●投句をはじめて2年になりました。いつもありがとうございます。3年目もよろしくお願いします。/あきのひなた
●知人に進められて、最近俳句を始めました。俳句の魅力を感じ始めています。俳句ポストも楽しく拝読しています。/あんこ
●おはようございます。(^_^)/おけら
●先生方いつもありがとうございます。俳句ポスト365に投句することが楽しみになりました。今回もよろしくお願いします。/おちゃうけ
●有難うございます。/ちあき
●今回は締切までの時間が長かったので、また新しい句ができました。もう一度投句いたします。/ドイツばば 
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●素敵な企画で、知ってよかったです。/んぺいヴぁりっっつ
●いつもありがとうございます。 お目を通していただけて感謝しております。/佳子
●よろしくお願いいたします。/花南天anne
●7月に続き、二回目の投句です。ただただ緊張です。/吉野 文
●光源氏改め、光源爺??/光源爺
●前から俳句に興味がありましたが、スマホでこちらのサイトをみつけ、投稿させて頂いています。自分の句を載せて頂くと、とても嬉しくて励みになります。楽しみながら学べたら、幸せです。/康子紫
●いつも読んでいただきありがとうございます。/黒猫
●いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●皆さんの声や俳句の選等の作業お疲れ様です。ものすごい仕事量作業量と頭が下がります。 その為にも私ができることは句作りと継続した投句なんだと思い句作りしてますが・・・。 頑張ります!/春よ来い
●組長お疲れ様です。せっかく投句期間が長かったにもかかわらず、仕事の忙しさからあまり句が作れず悲しいです。俳句ポストを始めてからまだ半年も経っていませんが、なんとか仕事と趣味を両立させたいものです。/升 丁茶
●「俳句ポスト365」の皆様。こんにちは。どうぞよろしくお願い致します。/松山のとまと
●2回目の投句です。なんとか間に合いました。よろしくお願いします!/真井とうか
●楽しく俳句作りに取り組んでいます。/瑞伊光
●一年程前、俳句ライブに参加した際に、夏井先生が「皆さんはチーム裾野です。」とおっしゃられたので、勝手に「裾野」と名乗らせていただいてます。 ヒルクロなくなって淋しいです。/裾野はな
●宜しくご指導をお願い致します。/中嶋敏子
●投稿2回目の初心者ですが、句作の難しさを実感しつつも楽しんでおります。 ご指導宜しくお願いいたします。/田中 一升
●夏井先生に思いっきり辛い批評をいただきたいです。/毒林檎
●こんにちは、いつも楽しみに拝見しています。今回もようやく思いつきました。よろしくお願いします。/楠青庵
●今回2句出来ましたので投稿致します。/博多66
●昨年の8月より俳句を始めました。/博多66
●とてもいいサイトです。ありがとうございます。/飯田 孔明
●いつも、お世話になり有難う御座います。 八月は何かと忙しく、また齢を重ねると動作も遅くなり家事も遅くなりました。 早めの投句ですがよろしくお願い致します。 夏井先生始め、スタッフの方々、どうぞご自愛下さいますように!/百合乃
●宜しくお願い致します。/堀雅一
●退屈な日々にこのような娯楽を設けていただきありがとうございます。/万年凡人
●投稿は2回目です。万年凡人ですがこれからも頑張ります。/万年凡人
●マイペースに楽しんでいます。いつもありがとうございます。/野本 踊
●こんばんは 夏井先生はじめ俳句ポストに関わっている方々に心より感謝します。 大変な作業でしょうが、お陰様で、結果発表をドキドキしながら迎えることが出来ます。私に取っては、良い刺激になっています。ありがとうございます。/吹子
●投句を始めて一年となりました!/山乃火穂
○継続投句今回もありがとう!日々の刺激に俳句はいいぞう!(正人)

●久しぶりの投句です。よろしくお願いします。/塩風海女
●暑い日が続いておりますが、みなさんお元気でしょうか?久しぶりの投稿になります。えーとまたよろしくお願いいたします。/もこ
●ご無沙汰しておりました。 転職して仕事が軌道に乗ってきたため投句再開します。 プレバト夏の炎帝戦を見て、やる気が湧いて詠んでみました。またよろしくお願いいたします。 毎日恐ろしい暑さですね。夏井先生、皆様、どうぞお身体ご自愛くださいませ。/香羊
●組長、正人さま、皆さまいつもお世話になっております。「月見草」から始めて(最初何回かは別の俳号でした)今回で連続100回目の投句となりました。「プール」の回では初の全没も経験しプツンと糸が切れかけたのですが(笑)何とか100回達成できました。 まだ月曜日のよしあきくんに選んでいただけたことがないのでそれまではやめられないかと(笑) まだまだ俳筋力が足りないと実感の日々ですが、これからもこつこつ作り続けていきますのでよろしくお願いいたします。/あまぶー
○久しぶりな人はおかえりなさい、途切れてしまった人は…また積み重ねていこう!!(笑)(正人)

●様々な方の発想や表現の仕方に何度も驚かされました。直接その物事に触れずとも目の前に情景が浮かぶ俳句が沢山あり本当に面白いです。陰ながら応援させていただきます。/ろここ
●これまでの兼題で作句に悩んだ分、今日は「梅雨寒」と思ったり、「蝉」の声を意識するようになったりしています。実際に感じた後に、改めて皆さんの作品を読ませていただくのも楽しいです。/岸来夢
●月を楽しむ頃ですね?。俳句を始めた今年は気合を入れて月を眺めてみようと思ってます。新たな発見出来ますように。そして推敲が出来るようになりますようにってお月さまに願います。いつもみなさんのお便り楽しんでます。ありがとうございます。/久素木葉子
●俳句を作りはじめて丸二年、毎回皆さんの発想力や表現力に感心し、こういう句を作りたかったんだよなぁなどと思いながら楽しませて頂いています。このような誰でも気軽に参加できる場を作ってくださったことに心より感謝しております。これからも、広場を自由に遊び回る子どものように楽しんでいきたいと思います。/久蔵久蔵
●俳句は 視野を広げると 勉強してよく分かる事が分かるサイトですね。/句詩呼
●夏井先生、スタッフの皆様、何時もお世話になります? 自宅で過ごす時、俳句を作るようになって、毎日が楽しく、本当に良かった?と思います。 これからも宜しくお願いします/山口 朝子
●二度選んでいただきありがとうございました ハイポスニストの句は本当に参考になります ジョウ句も回文楽しそう /狩谷和寓
●夏井先生 最近益々俳句にハマってます。 先生に選んで頂けるような句を作れるよう頑張り続けます!/川村ひろの
●いつもありがとうございます。祖母93歳の代理投稿です。祖母と一緒に俳句を読み始めて半年以上経ちました。祖母とは離れて暮らしていますが、祖母はメールができないので手紙で俳句をやりとりしています。手紙を書くのももらうのもとても新鮮に感じます。祖母がどんどん勉強していくので、新しいことを始めるのに年齢は関係ないなぁと改めて感じています。(高橋無垢)/東谷正清
●最近俳句をぱっと思いついてはツイッターなどに書き付けています。17文字に込める思いやダジャレをおりまぜたり新たな発見を楽しめています。/妖精さん
●少し今朝は暑さがやわらぎました。 先生方皆様お元気でしょうか? この夏は俳句ポストへ投句をはじめました。 おかげさまで俳句を考えたりしながら家で涼みstayして過ごすことができました。 機種変更にて スマホのアドレスがかわりましたので連絡報告をいたします。 もう一息ご自愛を。かしこ/サーコ
●組長、正人さん、俳パイポニストのみなさん、酷暑お見舞い申し上げます。  私は、俳句のお陰で、還暦前にしても知らなかった事柄に次々と出会えて毎日飽きないです。  今までも、一応国文科卒だし「雑学おばさん」と自称していたのですが、まだまだ知らない言葉や、知らない漢字があるもので、ここ一年でずいぶん覚えました! 最近は、「東大王」クイズの漢字コーナーが楽しみです。俳人なら、結構読めるのが多いんじゃないかと。/東京堕天使
●皆様こんにちは。私は俳句ノートを作ってます。プレバトの夏井先生の解説をまとめた物だったり、今まで作ったり投句した記録だったりで四冊目になりました。俳句関連の本も増えました。読み返して見ると最初は2019年3月の松山俳句ポストの「桜鯛」が始まりで結果は「並&没」でした。何もわからずなんとなく作った句で今見返すとホント並だなぁ…そこから「学ぶ楽しさ」を思いだし現在に至っています!相変わらず「並&没」が多いですが、一度だけ「人」に選ばれ「一期一会」にも三度選ばれました。少しは進歩したのかな?勿論目標は「天」です!最近は「作るコツみたいなものはわかってきたけど言葉選びが難しい」といった感じでまだ学ぶ事が沢山です。私の趣味は「俳句.読書.絵を描く事」で、これからも人生が楽しめそうです。趣味に没頭出来る日の為に今は仕事を頑張るぞ!!!/貴桜李
●ステイホームをきっかけに朝涼しいまに7000歩 を日課にし、歩きながら種探しを楽しんでいます。/山桜花
○俳句のある人生の楽しさあれこれ。根源にあるのは好奇心が呼び覚まされるってことかもしれない!(正人)

●組長様。正人さま。いつもありがとうございます。伊月庵拝んで参りました!とても素敵な佇まいですね。坂のてっぺんの「秘密じゃない基地」。時間が過ぎていて入れなかったけど、面白そうなスポットですね。行くたびに松山は、色々変わってきてますね。/いしはまらんる
○ヒミツじゃない基地、雰囲気素敵で開館中は誰でも入れるのでぜひ遊びにきてね!(正人)

●藤田湘子の20週俳句入門で、「自分のため」に学び直しております。入選はグリコの「おまけ」ですね。でも、目標はあくまでも天選です。/いなだはまち
●藤田湘子「俳句入門」で絶賛勉強中です。今、切れ字を積極的に使ってみようキャンペーンをしています。まだ、何が良くて何が良くないか、よくわからないのですが、作り続けようと思います!/ちゃんぽんこつ
●たびたびお話にのぼる「20週俳句入門」。私ももっかい勉強中です。「関連ないけど響きあう言葉同士ってこういうことなのか!?」とか「前はさらっと流してしまったけど、この句いいなぁ」とか、いろんな発見があります。個人的にブームになっているのが「〇〇縛り」で最初から最後まで一通り実作をすることです。例えば虫の名前を必ず句に入れる虫縛りとか、あるいは(桜に限らない)花縛りとか、鳥縛りとか猫縛りとか……。縛りにしたジャンルの言葉を似たり寄ったりに表現しないためにはどうしたらいいか?俳句の型を意識しつつ縛り言葉をどの言葉と取り合わせるか?いろいろ工夫するのが面白いです。試行錯誤すると、句ごとの雰囲気がかなり変わるのだなぁと思ったり。 あと、私も俳句ポストでみなさまの佳句をできるかぎり読み、味わいながら勉強中です!/小鳥ひすい
●投稿することは、参加することですね。 結果発表が身に沁みるように入ってくるようになりました。でも、大海の一端を垣間見たような気分でもあり、17音といえど、 奥深く底知れぬ世界なのだと震えました。 意欲や気力や時間などを注いだ分、それに応じて手応えや日々の感動や人生の豊かさを味わえるのだと思いました。少しびびりましたが、8年くらい前の夏井先生の文章を読んで、先生にも事始めの頃はあったと少し安心も致しました。日々こつこつ精進したいです。私に近道は、なさそうです。/ひとえ
●サイトに数多くの句が投稿されていることと思いますが、私のような素人の下手くそが何句も何句も投稿してご迷惑ではないでしょうか。 何せ俳句を始めて1ヶ月ちょいなもので、自分の句がどう駄作なのかどうかも判らず、先生方の批評欲しさについ幾度も投稿してしまいます。 あ、はい。まず色々読んで勉強します。お目汚し失礼いたしました。/はとり千倖
●組長、正人さんハイポニストの皆様、こんにちは。「夏井いつきの一句一遊」に続けて投句をさせていただいております。一万通を超える投句を真剣に受け止めて下さっていること本当に有難いことだと痛感しています。そのうえで並選にとっていただけるだけでも光栄であり励みになることを感謝しています。先輩ハイポニストさん方の背中を追ってやがて人・地・天と昇格をしていけるように俳句を楽しみながら投句を続けていきたいと思います。よろしくお願いいたします。/びんごおもて
●前回、季語「蝉」で初めて俳句を投稿しました。 「今週の俳句道場」に自分の俳句を見つけ、コロナで暗い気持ちの毎日でしたが、なんとも嬉しい瞬間を得ました。 イロハ解説を参考に、今回も「わたくし」を探す挑戦です。/嘉子
●今回、初めて回文にも挑戦しました。無謀にも、選句、ギャ句゛、回文と3種で継続してみたいと思っております。回文も理想は十七音で句の形が望ましいのでしょうね。(うーん、至難の業)/戸部紅屑
●組長。取り合わせの句の勉強は過去の天と地の選評を読んでいけば分かると気が付きました。改めて100年計画の凄さを感じとりました。/佐藤一人
●お盆休みに俳句帳を整理していて人選率が上がってることに気づきました!がんばれ!私!/浅河祥子
●ネット句会や新聞などの投句で勉強しております。/忍冬
●私の俳句作りは季語を入れてそれと関係のないことを入れるのですがさじ加減がよくわからず長く俳句に携わっている人達には負けてしまいます。一丁吟行でもと思うのですが車椅子生活ではままなりません。/ねずみ男
●6月末からの病休を終え、8月から時短で復職しました。体や頭が思うように働かず、もどかしく思うことも多いですが、俳句を始めたことで、拙くとも「これが私の句」と呼べるものがあることが、こんなにも心の支えになるとは思いませんでした。まだ回復途上の身ですが、引き続き仕事も俳句もがんばりたいと思います。/真井とうか
●今回、「魔女」などという想像上のものを句に入れてしまったのですが、やはり元来は自然のものや出来事を詠むべきでしょうか。/砂楽梨
●毎回これでいいのかな?と正解が分からぬまま 投句しています。どう勉強したらいいのでしょうか…。/若葉猫
○学びに努力する皆様より。まずは俳句ポスト365の火曜日俳句道場と金曜日天地の句と選評を読むだけでも力がついてくると思います。最近はいつきさんのyoutubeの影響もあり、『20週俳句入門』を試す方も多いみたい。想像上のものでもなんでもどんとこい。(正人)

●お盆休みを挟んで約1ヶ月あったので、たくさん俳句作れるかな、と思っていたのですが、なんとこれまでで一番少ないという結果になりました。原因は3つ。まず、唐辛子に関して実体験に乏しかったこと。次に、唐辛子から連想したこともことごとく俳句にしづらく、形にならなかったこと。最後に、お盆期間中に推し事(お仕事ではない)が増えてしまったこと……。ふだんなら推敲に使う時間を見事に溶かしてしまいました。わかってはいましたが、俳句って時間がたっぷり必要ですよね。悩ましいです。/オサカナクッション
●藤袴、野分と締め切りを間違えてしまいました。2回もと投句忘れなど、初めてのことです。 また、一から始めます。/きのと
●いつもありがとうございます。前回の野分の回はあーでもないこーでもないと考えていたら最終日寝落ちしてしまい(!)応募できなかったので、今回は4連休でもあるし勢い込んで投句しました。/みょん
●皆さんこんにちは。 連続投句を「春暖」でうっかり逃し、「野分」も落とし、モチベーションが下がり切ったところで、今回は振り絞って投句します。ここからは上がるだけだと思いこむことにして。。/海野しりとり
●暑いですね。自粛もたまったもんじゃないですねー。とろけて今にもスイッチがストップしそうな頭を振り絞って、滑り込みで投句させて頂きます。もーよくわかりません!が、どうぞ宜しくお願い致します!/間仁田彩
●8月5日が、投句の締切日と思い込み、大慌てで送信。後日、19日だったと知り、脱力した私でした。/アガニョーク
●本日8月19日は「はいく=俳句の日」だと教えてくれたワイドショーのおかげで締め切り逃さなくて済みました。/えりいも
○あんまり作れないことよりも、一句でも作れたことを喜ぼう!間に合わないガッカリよりも、実は余裕もって出せた脱力を喜ぼう!(正人@ギリギリマインド)

● 夏井先生、正人さん、スタッフのみなさま、今回はお盆をはさむということでで、さぞたくさんの応募作があったことと存じます。いつにも増して、選句お疲れさまでした。/榊裕江子
●俳句ポストの皆様いつもお世話になっております。 今回も薄っぺらい句になってしまい我ながら情けなく思っています。 一体どのくらいの割合の句が「並」以下になっているのでしょうか? ボツ脱出を目指す励みのために是非ともよろしくお願い致します。 /あらら
●毎回、投句数の発表を結果発表のところに表示して欲しいです。これだけの俳句の中から選ばれたという気持ちになるので、モチベーションをあげるために宜しくお願いします。/マムシ銀行早乙女
●今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。今回の「唐辛子」は投句期間の倍の4週間ですね。投句期間が通常の「蝉」が1万句を超えた事を考えるとその投句数を想像するのも恐ろしいです (^^;;; /洒落神戸
○今回も質問サンキュー!1853名10496句でありました。諸々数字を出して欲しいと言ってる方はぜひ洒落神戸さんのまとめてくださってるサイトをご覧下さい。グラフで視覚的に把握できるのも楽しいですよ。「俳句ポスト365 データ集」で検索!(正人)

●夏井先生、正人さん、スタッフの皆様いつも拙駄句に、有難う御座います。 先日、間違い投句をしてしまいました。 「俳句生活」「小鳥」を松山俳句ポストに投句二句してしまいました。 ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。 /百合乃
○投句先はお間違えなく!せっかくの投句、正しい場所で日の目を見せてあげてくださいませ。(正人)

●関東地方でラジオ番組を聞くことはできますか? もし、出来るなら、その方法を教えて頂きたいのですが。/みやまおだまき
○radikoプレミアムで検索!(正人)

●先生、スタッフの皆様、何時も有り難うございます。 ビックリマークが全てはてなのマークに変わっていてびっくりしました。 すみませんでした。マークは使わないようにします。/山口 朝子
○機種依存文字やアイコンの類いは半角「?」になってしまいます。ご使用をお控えいただけるととてもとてもありがたく。(正人)

●投句のルールについて質問させてください。「未発表の自作」に限る、とある場合、他の媒体に応募して落選した句を手直しして投句するのはルール違反でしょうか? こちらは未発表・未投稿に限るとあるのではっきりわかるのですが、単に未発表とある場合は? できればいろんなところに投稿してみたいのです。/瀬尾白果
○手直しした場合は大丈夫…と言いたいところですが、推敲具合に寄っては微妙か?ううむ。(正人)

●時候は秋なのに、暑い日が続きますね。このままでは冬は50度を超えることになるのではと心配してしまいます。(?なんでやねん!ととりあえず自分で突っ込んでおきます。)すこし季節を先取りして季題は設定されているとのお話を聞きましたが、これではなかなか季題に対して気持ちに入りにくいですね。皆さんは少し先の季題に対して、どのような想像のアプローチをしているのでしょうか?/平井伸明
○なにはなくともまずは歳時記!あとは過去の自分の体験とか、最近だとyoutubeで動画や音を探す人も多いみたい。(正人)

●今回もよろしくお願いします。 蝉の週の一期一会句がどれも面白くて笑ってしまいました。 蝉の声って気温も空の色も映してる感じがしてすごい力があると思いました。悔しいですが、みんなの句を読んでから、いろいろ思い出すんですよね。/浅河祥子
●前回の「野分」。お便りコーナーに送ったつもりが感想コーナーに送ってしまいすいませんでした!(汗)あと「野分」は学ぼうとするほどよく分からなくなってきたので、俳句道場やほかの方の句からも勉強させていただきたいです。 「蝉」の並句選、俳句道場でのコメント、本当にありがとうございます!組長のお言葉をかみしめ、他の方の投稿を拝読し改めて感じたのは、季語と深く向きあうことの大切さでした。ある一つのものに近づこうと、いろんなアプローチしていくことで私も日々変わっていると感じます。(蝉の声を今まで以上に意識してじっと聴くようになりました)そして、やはり蝉ともう一度向きあって句を作りたいと思いました。今の私ならどんな句ができるだろう??と。吟行に行ったり家で聞いたりして、10句ほど作りました!思い入れの深い句たちです。蝉たちに感謝を。/小鳥ひすい
●兼題「蝉」の時にWikipediaで函館について、最近油蝉の鳴き声が聞こえない旨の記載について紹介して頂きましたが、今年も本当に聞こえません。夫の田舎は車で2時間程の山と海に囲まれた土地ですが、めっちゃ蝉の声がしていました。函館は赤とんぼも見なくなりました。何か土壌とかの変化なのでしょうか?/中村すじこ
●「蝉」人選ありがとうございました。 さて先日のお盆休みに墓参りをしたのですが、住んでいる京都市内と墓参り先(京都市内から百キロほどの日本海寄り)で蝉の鳴き声が違うと気づきました。熊蝉に慣れているとミンミン蝉が大人しく聞こえます。この違いはずっと前からそうだったはずですが、もしかしたら私の体が俳句に馴染んできたのかもしれません。皆様はそんな体験がありますでしょうか。/京野さち
○一度兼題に出てあれこれ考えたあとだと、さらにその季語に対してのアンテナが敏感になる。好奇心の連鎖が素敵。(正人)

◆我ら並選隊
●いつき先生、お疲れさまです。蝉の並選ありがとうございました。よろしくお願いします。/清水祥月
●兼題「蝉」では、並選をありがとうございました。自信のある句ではなかったのですが、よくよく見てみると蝉の一生の一部映像を上手く切り取れているのかな?と思えてきました。(笑) 今回の「唐辛子」は、とても難しいです。締め切りまで時間があったにも関わらず、作品作りに手間取りました。みなさんの句が楽しみです。 入選したいな~と思います。/ちか丸
○さて今回の唐辛子の結果はいかが!?(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●前回まで「喜奈子」で投句していましたが今回から苗字が付いて「かむろ坂喜奈子」になりました。7月末に多喰身デラックスさん主催の句会があり、その際に古田秀さん、ふるていさん、見届人いかちゃんさんといういつき組豪華メンバーにこの苗字を付けていただきました。とても気に入っています。どうぞよろしくお願いします。/かむろ坂喜奈子
●俳号の変更をします。 越後縮緬に、改めます。/越後縮緬
●組長、スタッフの皆様いつもお世話になっております。この度、俳号を「亀田勝則」から「亀田かつおぶし」に変更致します。(上半期、鰹の句で成績が良かったので鰹にありがとうを込めました)。今後ともよろしくお願いいたします。/亀田かつおぶし
●ハイポニストの皆様へ。 何時もお世話になり有難うございます。 二年前の初秋に俳句を初めてから毎回投稿をさせて頂きました。唐辛子の結果発表で二年目を迎えます。 勉強不足で上達は足踏み状態ですが、継続は力なり…を信じて頑張りたいと思います。 この度、俳号を変更したいので何卒、ご許可のほど宜しくお願い致します。 「えらぶゆり」を改め「蒼の海」に改名をさせて頂きます。 今後とも、 夏井いつき先生、ハイポニストの皆様の御指導を宜しくお願い致します。/蒼の海
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●俳号は統一した方が楽しいじゃん? といったようなお返事をいただいて 感激しました。 未だずっと考え中でおります。/ひとえ
●盆休みのあいだ俳号について考えておりました。「天々」「晴々」とかにしようかと思いましたが、すでに半年経って別の俳号に違和感も感じるようになってしまい、「晴々」だと英語を話すパンダみたいかもしれないと思ったりして、同じ回に違う俳号で送ることができないのでひとまずこれまでの俳号で送ります。/藤井天晴
○天晴鈍ぞ狐さんのこと?間違えることはないだろうし大丈夫じゃないかなあ…。(正人)

◆ウェンズデー正人へ
●コロナで大騒ぎになり始めた今年の春先あたりから、YouTubeが私の楽しみとなっています。大物YouTuber、芸人さん、歌手…。見ているとコロナ騒ぎから一瞬逃避して安らぐことができます。(もちろん先生のチャンネルも拝見しています。) 中でも私のおすすめは、ギャラクシーという芸人さんコンビの「Pretender グッバイ選手権」という動画です。心底くだらないので、よろしければ正人さんも見てみてください。/ふくろう悠々
○その手の動画って見たことないですねえ…もっぱら音楽聴いております。見入っちゃうとなかなかね…。(正人)

●正人さん、ありがとうございます。しばらくねかす!メモだけしといてねかす!そのうち形にできる日がくる!たぶん!焦らずやってみます。やっと深呼吸できたよ。/みつき小夏
○いえす、深呼吸だいじ!ひっひっふー!(正人@それはちがう)

●ウェンズデー正人様へ 「ディアボロの 娘気高き 唐辛子」 ギアッチョ以来、約1年ぶりのジョジョ俳句です。 「黄金の風」を観ていて、俳句とは季語に新しい命を吹き込む事なのだろうな、と感じました。当たり前の事かとは思いましたがジョルノを見ているとそれが強く感じられるのです。私もそんな能力が・・・、「ゴールド俳句ペリエンス」が欲しいと思う今日この頃です。でも安易に結果だけ求めてもいけないのでしょうね。 「俳句は自由」故に詠まれた俳句の数だけ真実はある。大切なのは真実「俳句」に向き合う心なのでしょうね。失礼致しました。 /塩の司厨長
○矢を刺してみよう。(正人@アトム・ハート・ファーザー)

●正人様。「蝉」の水曜日、お便りコーナーへの掲載と、コメントもいただきまして、本当にどうもありがとうございます! 「唐辛子」は、テレビの激辛料理でよく目にしますが、ブートジョロキアとか、カイエンペッパーとか、もうリアルに超辛そうですよね! 全く食べたことありませんが…/渋谷晶
○知らないので調べてみました。…おお…世界最強の唐辛子とか…。暴君ハバネロがギリギリな自分には難易度が高すぎた…。(正人)

●「蝉」のお便りコーナーでの正人さまのコメント、本当にありがとうございました!うれしい!となりました。より一層がんばって楽しく児童文芸を書きます。そして、ただいま、友人や知り合いの方、身近なところでの種蒔きもちょこちょこしています。届け、この想い!ちなみに正人さまの蝉と猫の句、猫好きなうちの家族で「すごいね!」と盛り上がりました!/小鳥ひすい
○いえいえもったいないお言葉でございまする。猫好き的にあれは不快じゃなかったのか、よかった…(笑)。(正人)

◆夏井いつきへ
● 夏井いつき先生のプレバトは いつも楽しませて頂いております、先生の俳句本を二冊購入し巣籠もりを 癒しております。頭を活性化に 投稿させて頂きました。/楽々斎
●俳句は夏井いつきさんの本を読んでからです。いつも創作の組み立てに驚いています。楽しくて・・・ 私は「風」をテーマにして色々なことを考えるようにしてます、作詞は当たり前ですが、歌を唄う時もです。また機会が有れば・・・/風蓮徹
●「蝉」では二句の人選をありがとうございました。お盆に実家の妹に会った時に『365日季語手帖』を見せたところ、錚々たる俳人の方々の句と素人(私のこと)が同列に掲載されていることに驚いていました。二人で「恐れ多くも…」と頷きあったものです。そんな妹もプレバトを欠かさず観ていますが、長年水彩画をやっているので興味の比重はややそちらか…。でも、いずれは一句詠ませてみたいものです。/玉響雷子
○色々と読んで下さってありがとう。『365日季語手帖』の来年版、現在選句&執筆中です。2021年も、この一冊を机上の友にして下さいね。(夏井)

●「子規を『ギャ句』る」の本に、私のギャ句も載せて頂き、とても嬉しいです。ありがとうございました。/なかの花梨
●組長のYouTubeの教えに従い、初めてギャ句゛に挑戦しました。今まで先行句をろくに読んでいなかったことを痛感。大体のことは既に子規に詠まれてる!/横縞
●正岡子規の句へのギャ句゛ですが、もしやと思って組長が上梓された『子規を「ギャ句゛」る』を調べたところ、同じ原句の収録は無かったので良かったです。/戸部紅屑
●組長、どうだ先生、『子規をギャ句"る』で拙句を取り上げて下さってありがとうございました。「こちょこちょ羽で」の添削も嬉しかったです♪ギャ句でも俳句でも詰めが甘い自分を反省しなければいけないのですが。 変換技の名前と解説も大変面白く拝見いたしました。私はほぼ無意識に作っているのですが、改めてギャ句の奥深さを知りました。これからも楽しみながら作っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。/山内彩月
●子規をギャ句る、紀伊國屋書店で購入しました。残り2冊でしたのですぐに購入しました。読み物としても大変面白かったです。リビングのテーブルの上に置いておくと、俳句に一切興味関心のなかった夫が正岡子規の俳句も覚えられるし凄いなあと読んでいました。組長これって裾野広げてますか(笑)/有田みかん
○『子規をギャ句゛る』楽しんで下さってありがとう。先日、毎日新聞で社会学者橋爪大三郎さんが「ギャ句゛は、詰め将棋。ほんとうの将棋ではないが、実践に役立つ」と書いて下さってました。本質を見抜いて下さって、嬉しく思いました。(夏井)

●敬愛なる組長。「一句二句」シリーズで食卓バージョンが出るのですね。組長と千津さんとのやりとりは知的で教養が溢れ、おまけにユーモアや笑いがたっぷりで、本当に楽しみです♪/村上 無有
○今、準備してます。何かの拍子に、子どもの頃のことふっと思い出したりして。お互いに覚えてるポイントが違うのも、なんだか面白いです。(夏井)

●NHK「575でカガク!」に挑戦しています。締切となった「反物質」で三句、「ミトコンドリア」で一句から更に投句できるかといったところです。俳句ポストでは一つの季題に十句以上を目標にしていますので、少ないとは自覚しつつの投句です。皆様はいかがでしょうか。/京野さち
●しまった。575でカガク、反物質調べているうちに締切過ぎた。痛恨。/こま
○次の日曜日27日夜11時30分から、「ミトコンドリア」の回がオンエアされます。大阪大学の石原先生も、とても面白い。「ミトコンドリア」が何ものか、これがまたまた面白い!(夏井)

●残暑お見舞い申し上げます!熱中症にコロナにどうぞお気をつけてください!組長!今日のNHKをつけていたらローランドさんと組長が!!!明日の俳句番組みます!!/まどん
○NHKの『よみ旅』ですね。年間に何本か、ぼちぼち撮るようです。次回がいつになるか分からないのですが、お楽しみに♪(夏井)

●今日は、4,5日前にYoutubeの俳句夏井いつきを見て、投稿しました。 5編,5句?程投稿しました。 俳号松瀬青々を知り私も大いに刺激を受け勉強しようと思っています。 /松瀬 章々
●毎週プレバトを見ていたのですが、 最近夏井組長のユーチューブを知り これを機に俳句を作ろうと思い立ちました。 何もわからない若輩者ですが、ビシバシ鍛えて欲しいです。/ナナナナ
●YouTubeの夏井いつきの俳句チャンネルをいつも拝見しています。 「俳句が作れない時の考え方」で、すっと気が楽になりました。 俳句が作れなくなった時期が続き、私には元から才能なんて無いんだ、向いてないのだと思いつめて悲しい日を過ごしましたが、誰しもそういう時があるのだと教わりました。 私も私生活の出来事に触発され、無事復活?しました!(笑) 夏井先生と正人さんとの掛け合いに癒やされる俳句チャンネルを、これからも楽しみにしております。 /まほろ
●YouTubeも楽しみに観ています。/野本 踊
●ユーチューブの夏井いつきチャンネル観ています。「科学と俳句」の回を先程観ていました。僕は化学を中心に数式などを立てるのが趣味の一つです。コロナと不景気の中安い賃金で頑張っております。また俳号を変えたのでお手数ですが宜しくお願い致します。/裸時
●YouTubeの更新楽しみにしております。/マムシ銀行早乙女
●YouTube楽しみに毎回見ています。 何度も繰り返し勉強できますし、時間が合わなくても大丈夫。 始めてくださってありがとうございます。 コメントも楽しくなり、5回に4回くらいの割合で書いています。 私は、natsuno fujiwaraのペンネームと 佐藤健くんの写真を使っていますが(肖像権大丈夫か)、みなさんの俳号などを想像しながら読んだり、楽しみ方は色々ですね。/むげつ空
●わーい!YouTubeでの生配信&句会ライブ、おめでとうございます!!/黒子
●夏井先生が実はお茶目なよく笑う人だったとは?? 「プレバト」では辛口で添削し、あまり表情を変えず淡々とされてる印象ですが、俳句チャンネルで御子息の正人さんとの俳句問答は表情が豊かで、よく笑って、、あれれこれ夏井先生?違うよ!みたいな。 夏井先生も唐辛子??「麻痺と癖」ですかね~ 俳句の種を撒く!私も周りの人達に俳句の楽しさを紹介しています。 まずは五・七・五でいいですよですか。 俳句チャンネルにいつかローゼン千津さんもお呼び下さい!/紫雲
●YouTubeいつも楽しみにしております。 季重なりについての例句の 『蟇なきて唐招提寺春いづこ』の句がとても気に入りました。牛蛙とひきがえるの鳴き声の違いを始めて知りました。 やはり夏の句なのだろうなぁと円の端っこで思ってます。 また春いづこは、ひきがえるの相手を探していると言う意味かなとも。。。  とYouTubeの方へコメントを書きたかったのですが、まだ操作が上手く出来ずこちらへ記入しました。 コメントがYouTubeの方へ記入できるのは、私の場合いつになることやらなので今回はこちらへ記入しました。 /サーコ
○チャンネル登録ができたら、コメントも書き込めるようです。なんとかチャンネル登録に漕ぎ着けて下さい。有り難いです。チャンネル登録五万人になったら、また生配信無料句会ライブやる予定。よろしく!(夏井)

●プレバト炎帝戦が無事に開催、放送され安堵しています。FUJIWARA藤本さんが三年ぶりのタイトル獲得、二位以下も波乱の展開でしたね。/京野さち
●「プレバト」炎帝戦・予選では、応援している横尾くんが落選。残念ですが、志らくさんの句を見たら、仕方ないと納得。回を追う毎にハイレベルになる季戦。勉強になります。/アガニョーク
●夏井先生をテレビで拝見して、俳句って面白いなって思いました。最近南御堂で芭蕉の句を詠み、俳句に感動しました。/かおりん
●夏井先生の益々のご活躍をご祈念申し上げます/のぐ
●夏井いつき先生の大ファンです。俳句はまったくの素人ですが夏井先生のお陰で俳句が好きになりました。 少しでも上達したいと思っています。/のぐ
●添削を見てなるほどと思いますが、作れない。難しいです。/留辺蘂?口実
●夏井先生のモロ正直なご指摘を、 いつもテレビで楽しんでおります。/のろ爺
●夏井先生の番組大好きです。毎週みています。/森澤佳乃
●プレバト俳句楽しみにしています。/富樫 幹
●プレバト見ました。夏井先生の俳句添削教室中学生の国語の教科書に掲載されるんですねえ。凄いです。中学生も俳句身近に取り組めると思います。/有田みかん
○三省堂の中学三年生「国語」の、俳句教材で私が文章を書かせていただきました。それに付随するコラム的な扱いで、プレバトのお二人フジモンさんと村上さんの句が載っています。(夏井)

●俳句は 5 7 5 の型にこだわらず、字余りでも 17文字であれば季語が入っていればよいと、プレバトで夏井氏がよく言っておらえるが、本来日本語は英語と違って同じ言葉表現などを、多彩な呼び方がある。その日本語の多さ面白さから俳句が生まれたと思う。多彩な言葉を何とか探し出し、5 7 5 で表現するのが俳句の始まりでは? まとめるのに苦労するから17文字以内なら674のようににまとめなくてよいなどとは、現代人の考えることの弱さ、[甘えだ」と、私は思うのだが……。 もう一つ 俳句は四季を読み 川柳は暮らしを読むものと私は思っていますが。プレバトでは川柳が……。 /おGG
●一見夏井氏の批判になっていますが、プレバトは欠かさず観る楽しみ番組です。今後も今以上に頑張ってください。/おGG
○俳句は、あくまでも有季定型です。それが基本です。その点は、プレバトでも重ねてお話をしております。ただ「俳句とはこうあるべき」と断じてしまうのは、俳句を矮小化させる行為だとも考えます。あ、ちなみに、俳句は「17文字」ではなく、「17音」です。(夏井)

●夏井先生様 先月 地元の句会ライブ ありがとうございました。楽しかったです。お疲れ様でした。/句詩呼
●夏井先生のネット句会に応募しました。応募者多数の場合は抽選とのこと。当たると嬉しいです。/玉井令子
●8月の句会ライブに当選しました。初めてのライブ参加のためドキドキしておりますが、当日が楽しみです。/高倉ちとさ
○「地元の句会ライブ」というのは、長崎の佐世保でしょうか。2月最終週以来、五ヶ月ぶりのナマ句会ライブでしたが、その後再び、ナマの句会ライブは開催できておりません。そして、「8月のネット句会」は松山青年会議所主催のものでしょうか。たった50人でしたが、楽しい時間をご一緒させていただきました。(夏井)

●去年はじめて参加した道後俳句塾。今年も!と考えていたのですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため縮小開催となり、欠席投句だけさせていただきました。実り多き学びの活動が無事に行われることを、東の空よりお祈りすることといたします。/高橋寅次
○道後俳句塾も、宇多先生黒田先生は欠席選句という形で、愛媛地元の松本勇二先生と夏井が講師を務めさせていただきました。県内の人のみ、という縮小開催でしたが、良き学びの時間になったのではないかと思います。来年こそは、みなで集まれることを切に祈ります。(夏井)

●8月3日は、4月に亡くなった義父の初盆と納骨の日でした。つつがなく式を終えた親族一同が向かったのが、かに道楽の昼食会。そして、かに道楽さんと、サッチャーいつき組長のおかげで、2年をかけて貯めた、かにのお食事券を使って、静かで厳かで、もちろん豪華な法事の会となりました。ありがとう、かに道楽、ありがとうサッチャーいつき組長。また、よろしく。/ちびつぶぶどう
○なんと、「かに道楽」俳句コンテストの賞品=食事券を、そんな使い方して下さったとは。なんやら、しみじみと嬉しいです。俳句やっとってよかったねえ!と親族一同に誉められたんちゃんうか、ちびつぶ君。(笑@夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●田村美穂さま。お身体のほうはいかがですか?「蝉」の回での心のこもった丁寧なお便り、どうもありがとうございました。仕事場のパソコンで昼休みに読んでいて、じわりと画面が霞みました。病にかかったのがお子さまで無くてよかったとおっしゃっておられた言葉にも。ハイポでこのような話をして良いものかとも思いますが…。ここ数年、私のまわりでがん闘病する人たちが増えており(二人に一人の病気、は誇張では無いです)、タバコを吸わない弟が肺がんになったのも、晴天の霹靂でした。田村さまのコメントを読み、励まさずにはいられませんでした。 弟は、遺伝子変異検査で陽性が認められ、免疫で癌細胞の増大を抑える薬の力で限定的ですが現在普通の生活が送れております。骨にも脳にも転移があり、外科手術が出来ない中で、一抹の僥倖でした。効果は2年ほど。ですが、こうした薬は年々承認が進んで数が増えており、決定打の治療法が確立するまでは次々と薬を変えながら、何とか少しでも長く生き延びてくれればと願っております。緩やかな終活を営んでいるような現状ですが、「オトコは仕事を残してこその人生」と割り切り、本人家族一同なるだけいつも通りを心掛けて過ごしております。嘆いてばかりでは、せっかく作ってもらえた時間に申し訳ないし、もったいないと思うのです。 「いつかやろうと思ってた」あれこれに取り組める時間の確保を、今のがん治療は可能にしてくれつつあります。田村美穂さま、医療の進化に希望を繋いで、明日明後日来年またもっと先を、是非生きて欲しいです。 で、「俳句」です。もうどうしても気持ちが萎れてしまった時は、諸先生方(組長ファミリーはもちろん)や、投稿欄のいろんな作品をぶわーっと読みまくります。身体のどこかに気力の種が植え付けられたような気持ちになります。面白いですね。ある先生が、「俳句は一言でいって心・命を詠むもの」と仰っておられて、腑におちました。生命というもの、全ての句にパッケージングされていると思うと、目が眩むばかりです。田村美穂さまには、もう解っておられる事ですよね。俳句をやってて良かったと思った瞬間でした。私も(ほどほど)頑張って参ります。田村さまも。日々の生活での無理は避けながら、俳句で今この時を充実させてゆける事をお祈りします。コロナにもくれぐれも気をつけてお過ごし下さい。 つい長々とスペースを費やしてしまってすみません。この話はここまでで。今ひとたび、コメントありがとうございました。重ねて重ねて回復をお祈りいたします。田村美穂さまへ。らんる拝/いしはまらんる

●戸部紅屑さん 先日《「ちょっとこの句は不満足な所があるかなあ」という句が選に入るという現象がずっと続いておりまして。》と書いていらっしゃいましたが、 実は私もいつもそうなのです。それで発表の度にびっくりの連続!私の場合どうも類想が多いんじゃないかと。初心者なのでまだ類想と自分のオリジナリティの区別をつけられるところまでいっていないのですが、たまに「これは類想だろうな」と思っても捨てることができなくて、、、結局あれもこれもと欲張って肝心なものが見えなくなっているのかもしれません。このところ「作句は潔くあるように」と組長から忠告されているいるように感じます。ちがうかな? /ドイツばば

●昨年晩秋ごろから「天晴」という俳号でこちらに投句し始めましたが、途中で名字のようなものを付けた方が良いというアドバイスを受けて「藤井天晴」としました。その後、やっとctrlを使って自句を検索できることを知ったため、自分の俳号が被っている方はないと思っておりましたが、実は以前より投句してみえる方と俳号の一部が被っていることに気付きました。申し訳ありません。 「天晴」の頃に掲載されていないと思っていた自分の俳句も今2つ見つけて、これを見つけていたらもう少し早く気付いていたかもしれないと思い反省しております。一部の俳号の被りは大丈夫なのでしょうか?でも当初ご迷惑をかけていたのかもしれないと思い、この場を借りて「天晴鈍ぞ狐」様にお詫びします。今後の俳号については思案中です。/藤井天晴

●邪道作家という本を書いており、今なら無料配信中だ。 https://www.amazon.co.jp/邪道作家-物語の真実-赤城征一-ebook/dp/B087Q5D3CP 暇なら買ってくれたまえ/赤城 征一

●トマト使いめりるりら様。五曜日達成おめでとうございます!恒例、達成宣言に対して捧げるお祝いの一句。今回は長い俳号ですが、季語入りで助かります。 完熟のトマトは美味しめりるりら こま /こま
●トマト使いめりるりら様、五曜日制覇おめでとうございます。発起人にして、会員番号2番の(悔しい!)ちびつぶぶどうです。以後、お見知りおきを。しかし、当時と比べ、いまは投句数もレベルも上がっており、難易度は格段だと思います。心からの拍手を捧げます。/ちびつぶぶどう

●トマトも、組長の俳句百年計画にならって、ここ俳句ポストとプレバトを、出会った人達に勧めておりますが、ようやくちょっとずつ芽が出てまいりましたでトマト。願わくば、そのうち一人でも、俳句を気に入って、ハイポの常連さんになってくれたら、これ以上嬉しいことはないでトマトね。 /トマト使いめりるりら
●最近、俳句の種をさりげなく蒔こうとしたら、逆に私のまわりにも俳句をやっている人がいることに気付かされて励みとなりました。そういう効果もあるのですね。これからどのように俳句を楽しんでいったらよいのか模索中です。/藤井天晴
●本日、美容室でわずかながらの組員活動をしてきましたよ。 美容師さんが「プレバトは欠かさず観てる」「夏井先生、面白い!」「かっこいい女のひとは、好きやわぁ~」とおっしゃるので、嬉しくなり、句会ライブやYoutube開設の件やら、色々説明(宣伝?)しておきました。 こんなご時世、少ししゃべり過ぎたかとも思いましたが、人と話すってことは、とても楽しいことですね。家族以外と、久々に話しました。/飯村祐知子
●大学でプレバトファンや俳句に興味のある人を集めてちょっとした団体を作りました! 俳句ポストなどに向けて日々励んでおります/箪笥
●チーム「野の花」に新メンバーが加入しました♪ 野の花香(かおり)です。よろしくお願いします。/野の花 香(かおり)
●兼題「蝉」に実は夫も投句しました。初めてながら見事に?並選でした。(俳号K口Mサーキ)本人はこれで満足したみたいなのが残念です。もっと俳句の種を蒔かなくちゃ。/中村すじこ
●私は大学生で医学生なのですが、学業のお供に、本格的に俳句に挑戦してみたいと思い、まわりに俳句に詳しい同年代を探し回っておるのですが、なかなか見つかりません。(近くに居ないだけかもしれませんが。)もし、どこか、良い場所があればお教えいただければ幸いです。/磐田小
○家族にも知り合い・友人にも広がる俳句ポストの種。同年代の人、磐田小さんに声かけてやってくださいませませ。ちなみにハイポニストにはちょこちょこ医療関係者の先輩もいる模様。(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三ツ藤康子
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/追師うさぎ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会、この俳句ポスト365を軸に、一句一遊、伊月庵通信、575でカガク!などなど、それぞれのペースで、出来る範囲で食らいついていっています。私自分の俳句時間が一点の曇りもなく楽しいのに加えて、みんながそれぞれのスタイルで俳句と向き合っている様子を見るのが何よりの喜びです。メンバーに感謝。/月の道馨子
○一点の曇りもなくって清々しさが素敵だシュトゥットガルト俳句女子の会!(正人)

◆小さな『俳句の種まき』運動♪
●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。授業で行くクラス全てで「喜怒哀楽俳句」を行いました。本校は機械科も開設していますので、そこは全員男子。男だらけの句会もとても味がありました。特に好きだったのを3句。 年齢が彼女なし歴草茂る 求人票募集は二枠夏の雨 弟は反抗期中木の芽風 生徒たちの投票で順位は決めましたが、上位入賞者にはチョコレートを!!!150円のチョコレートであんなに喜んでくれるなんて本当にかわいい(^o^)2学期は何を仕掛けようかな?!/みのる
○リアクションも含めて可愛すぎるぜ、高校生男子!二句目なんか特に機械科の掲示板みたいな場所が想像できて上手いなあ。(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●組長、ウェンズデー正人さん、スタッフの皆様こんにちは。 蝉の句で、初めて「人」になれました!!とてもうれしく思います。ありがとうございます。 妖怪人間ベムというのは、見たことがないのですが、お母さんにベムるという言葉があると話すと大笑いしていました。 次の兼題も頑張ろうと思います。/打楽器
●夏井先生へ。蝉の兼題では、仮名遣いを直して戴いてありがとうございました。気がついた時は締切を2、3日過ぎてからでしたので諦めておりました。あげく地にとっていただけるとは思いもしませんでした。ありがとうございました。正直、あれは幼稚園の時の感想です。蝉の目って、丸い受け皿みたいなとこにぽこっとはまってるだけじゃないかな?と、こりこりしてみたものです。体験は役に立つものと実感いたしました。これからも童心を忘れずに精進してまいりたいと思います。/ざうこ
●兼題「蝉」で人選いただき有難うございました。人になった際には俳号を変更しようと思っていました。しかし適当な俳号が浮かばないこと、まだまだ勉強不足であることから変更を先送りすることにしました。 これからも精進していきたいと思います。 /でんきゅう
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「蝉」にて「人選」を頂きまして、ありがとうございました。また前回「野分」の投稿に際し「プール」のお礼が、日付を越えてしまっており今回分の投稿になってしまいました。失礼いたしました。 /塩の司厨長
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「プール」にて「人選」を頂きまして、ありがとうございました。「現世」の表現で選んで頂けてとても嬉しいです。 /塩の司厨長
●蝉の人選をありがとうございました。結果が出る頃に、ちょうど蝉の声が盛りになるところが流石だと思いました!/夏 湖乃
●組長、「蝉」の人選に二句取っていただき、本当にありがとうございます!一句は小さい頃の実体験を詠みました。俳句を考えていると、どんどん昔の記憶が蘇って来るようで、不思議な感覚に囚われてしまいます。自分の心に感じたものを素直に表現できるようにがんばります。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●蝉で人選二句、二句同時に載ったことがなかったので、一段と嬉しかったです。 人選の回数が、増えてくるよう勉強します。 人選を○回達成したら、俳号を変更しようと思っているのですが、達成方式で俳号を変更してもよいのでしょうか? あまり俳号を頻繁に変えるのは好ましくないのでしょうか?/マムシ銀行早乙女
●6月11日週の兼題「蝉」では、「人選」に二句も選んでいただきありがとうございました!!天・地を目指して頑張って参ります。/雪陽
●兼題「蝉」では2句も人選をいただきありがとうございました。 恐縮しております。 チーム裾野の一人として、無理をせず続けていかれればと思います。 /どくだみ茶
●蝉の地選ありがとうございます。狭義の一物での金曜日は、ほんとうに嬉しい。/としなり
●兼題「プール」では地選に二句も採って戴き、誠にありがとうございました。昨秋の兼題「落葉」から俳ポに投句しだして初めて地選を戴くことが出来ました。その間、一度も休むことなく連続投句してきたことで少しずつ「俳筋力」がついてきたのかなと思っております。やっぱり継続こそが力だと思います。 今回も作句とギャ句゛で全力で投句させて戴きます。/戸部紅屑

◆コロナウィルスに寄せて
●夏井組長、正人さん、よしあきくん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。 ニュージーランドは市中感染ゼロ102日で記録が途絶え、感染者の出たオークランドはレベル3、ロックダウン再びです。 21時過ぎの首相の緊急会見で「明日の昼からレベル3です」と発表になり、22時前には学校から「明日は朝から閉まります。お昼じゃないよ」とメールが来るという素早い対応でした。 また頑張って引きこもります。とほほ。/ほしのあお
●暑い夏コロナにお気をつけください。/マツイミキロウ8191
● 鹿児島はコロナが大流行になっています。俳都松山はいかがですか。スタッフの皆様お元気で頑張ってくださいませ。/マツイミキロウ8191
● コロナ禍第2波と言われます。お気をつけになってください。私は、老人ホームに入居していますが、益々の厳戒態勢で、外出禁止、面会禁止で不自由をかこっています。  スタッフの皆様も恙ない毎日をお過ごしください。/マツイミキロウ8191
●感染者数が増大しても、重症者数が少ないことが救いですね。希望を持って日々過ごしています。猛暑が続きますね。夏井先生、スタッフの皆様のご健勝をお祈りしております。 /雨霧彦@木ノ芽
●コロナ禍を乗りきった後を楽しみに、前向きに生きようと思います!/夏 湖乃
●組長、毎日暑いですね。今夏は子供たちの帰省も自粛でがっかりのような、ほっとしたような。新しい生活様式だけでなく新しい価値観も考えていかねばならない気がします。/山羊座の千賀子
●今新型肺炎の第二波到来中ですが、 今回は大きな公園は閉鎖されて無いな、 車で行くので 直ぐ近くの他県行くのも、 気を使います/狩谷和寓
●今年は特別なお盆休みでした。あまりどこにも出掛けず、例年だと時間を持て余すところですが、俳句を始めたおかげでとても有意義で楽しい時間を過ごせました。/真喜王
●コロナ感染予防のため、できるだけ自宅で過ごすように心がけています。本を読んだり、音楽を聴いたり、テレビ・ビデオを見たりで過ごす時間が多くなっておりますが、俳句作りで楽しく過ごされている方もいるのだろうなと思います。夏井先生、スタッフの皆様、どうかコロナに気を付けてお過ごしください。/泰然
●コロナ禍で羽も思い切り伸ばせませんが、毎日の通勤で一人吟行しております。/毒林檎
●句会や吟行が中止。ネット句会が活気を帯びています。新しく始めたところも。しかし座の文芸です。速く正常化して欲しいのですが、見えない相手だけに先がわかりません。/忍冬
●「新型コロナウイルス」は、地球全体の問題です。 このような時代、「唐辛子」も「コロナウイルス」に無関係ということは無いだろうと思います。 /風間昭彦
●「戦争」「災害」の句はあっても、「ウイルス禍」の句は見つかりませんでした。今年、上述のように、世界中を騒がしている「新型コロナウイルス」です。 「新型コロナウイルス」の句が欲しいと思いました。 /風間昭彦
●コロナの難関、俳句作りで乗り切れそうです。駄句を気にせず大量生産、売れなくても損はない。/藍植生
●コロナ禍により、行動が制限されますが、想像の翼を広げて、俳句を楽しんでます/立香
●酷暑のおり、皆様体調はいかがでしょうか? 私の町にもコロナちゃんが、やって参りました。 なので本日の句会の欠席連絡を入れると、「罹る時には、罹る今は、熱中症もコロナ気にしないで、出席せよ」とのお達し・・・・・・・・・・・親子程離れた大先輩も いるので、気をもみながら行って来ました。 恐れるものはない強さ脱帽あるのみでした。 まだまだ、酷暑が続きそうなので、お身体とお心 御自愛下さいませ。/里甫
○ええ、それ大丈夫なのかしら…。警戒のしすぎも疲れてしまうとは思いますが、みなさまどうぞ無理のない範囲で自衛・他衛してまいりましょうね。(正人)

◆近況報告~♪
●毎日溶けてしまいそうなほど、暑いです。今回もよろしくお願いします。/じゃすみん
●梅雨明けて急に猛暑になりました。夏井先生はじめ皆様、お体ご自愛下さい。/風子
●日本は酷暑の夏ですね。 ニュースで見る日本地図上に重ねた気温のグラフの赤や橙色に恐怖を覚えます。 どうぞご自愛ください。/明世
●幸い会社勤めも自粛や被災もせずに働ける幸せをかみしめております。皆様、体ご自愛ください。/シロクマ太郎
●夏井先生、スタッフの皆様残暑お見舞い申し上げます。 毎日高温で本当に辛いですね、熱中症にお気を付け下さい。 まだまだ暑さが続くとのこと、どうぞご自愛くださいませ。 /のぶ子
●とにかく暑いですなね! 残暑お見舞い申し上げます。 寝室の冷房故障。お盆で業者は24日に。 特大アイスノン二個首と頭に。 扇風機大・小(首掛け)と濡らす布。 O S1で何とか対応。 熱中症気味。ボーとしています。 チコちゃんに叱られそう!/みやまおだまき
●こちらは高齢の母が軽い熱中症!一台しかないエアコンを使いまわしています。皆さんも健康に気を付けて夏を乗り切ってください。いや、暑い秋を!/海鳩
●皆様が健康に気をつけて、益々ご活躍されること祈ります。/幸せ一番
●8月に入ってやる気になった太陽は、未だ疲れ知らず。本日は午前3時に30℃超えたらしい…あ、これは太陽ではなく、南風のせい?それとも、温室効果ガスのせい?/黒子
●長い梅雨がようやく明けたと思えば今度は酷暑が続いています。 皆さまどうぞご自愛くださいませ。/黒兎
●暑いです。ともかく熱い。酷暑、残酷なくらい暑い。/砂山恵子
●猛暑です。毎日毎日最高気温更新。しかもコロナと・・・どうしようという夏です/砂山恵子
●通勤途中、「歳時記」や「子規365」持参し道後公園ベンチで休憩します。それぞれ間隔をあけてベンチに皆さんお座りしています。カワセミが飛んでた時期はよかったのですが、さすがにこの炎天下は無理ですね。/久美
●いつもお世話になっております。本日「唐辛子」の締切日ですが、全国的に危険な暑さが続いております。皆さま、どうぞ熱中症にも、くれぐれもお気をつけください。/渋谷晶
●こんにちは。 連日36度の真夏日で瀕死です。 家にクーラーがありません。 命にかかわる事態です。 病で死ぬより日常の暮らしのなかで頓死しそうです。 どうぞ皆様もご自愛くださいませ。 /知無須園
●しかし暑い、ニュースで、四万十や浜松など日本中のあちこちで39度とか40度とか言っている。一か所を苛め抜く大雨とか、経験のない猛暑とか、自然をないがしろにしてきた結果かな。せめて、俳句で四季の景色を愛でよう。/ちびつぶぶどう
●連日、猛暑日が続いています。  昨日(8/17)は浜松市で41.1℃!日本タイ記録となった。前日も40℃の壁を越えていた。もはや日本が日本でなくなったような気温の高まりだ。いずれ季語の世界まで変化していくだろう。  訂正:先の投句(8/11)時報告、最高気温40.5℃を記録したのは、高崎市でなく伊勢崎市でした。   /天晴鈍ぞ孤
●雨だらけの長い梅雨が明けたと思ったら、夏らしい暑さが一気にやってきました。  その暑さも猛暑! 今(8/11)高崎市の最高気温が40.5℃の速報が流れました。  外は歩けません。ましてやマスクをすることなど、熱中症との闘いも大変です。    /天晴鈍ぞ孤
●組長、お体は大事にせねば… 私はヨコオの水分補給ゼリーを夏休みの部活用に購入した(注文した)ところです。一日1個にしても…今年は夏休みが短いことに今、気づきました?? 買い過ぎた… 相変わらずの狸です。伊月庵で飲みたいです…日常って大切ですね/狸漫住
○今年の夏は暑かった…みなさん体調大丈夫でしょうか。まあ、水分補給ゼリーも残暑への備えということで!(笑)(正人)

●夏井先生、正人様  毎日、暑いですね。グリーンカーテンのゴーヤも暑さで、しんなりしています。孫の夏休みも今週限りです。只今、孫の社会科の宿題のお付き合いをしています。最近の中学校の社会科は、難しいですね。私らが、習っていない事が多いです。Googleに相談しながら、悪戦苦闘しています。/KAZUピー
○教科書の内容も徐々に変わっていきますしねえ。日々ご苦労様です!(正人)

●こんにちは。残暑きびしい日々です。今年は、クワガタ3頭カブトムシ2頭を飼いました。みんな、職場や道で拾った子達です。くわ、くわじ、くわみ、かぶこ、かぶおと名前をつけました。虫といえど行動には個性があり、観察するのは楽しかったです。 名残惜しいけれど、元気なうちに森へ帰そうと適当な森を探していた矢先、くわみが死んでしまいました。ちっちゃくてまるっこくて、おとなしくて、かわいいこでした。小枝のてっぺんに登って嬉しそうだったのは、ほんの昨日のことなのに…。寂しいです。 虫なんてどれも同じと思っていましたが、一緒に暮らしていると、愛着がわくのですね。他の子達を、早く放してあげようと思います。 /ちょろたこいん
○書きぶりからめっちゃ愛情湧いてるのが伝わってくる…なんか妙に共感さみしい…くわみ…。(正人@合掌)

●こんばんは。来週誕生日を迎えるため、今回が30代最後の投稿です。次回の投稿は年代を間違わないようにしないと(笑)。/さとうりつこ
●なんと、次回からは年齢『60代』をポチッとしなければなりません。 これが年齢を感じる一番のことかも知れません。/宮島ひでき
●恋多き鈴木真砂女のような生き方に憧れますよね~まあとても無理なのでせめて96歳を目標に俳句たくさん作りたいです/紫小寿々
●40代→50代となりました。 蓮の花高ささまざま五十路かな/酔人雲助
●夏井先生、正人さん、スタッフの皆さん、そして俳句の種巻き部隊の皆さんお元気ですか。8月の2日、80歳になろうかと言うとても素敵なご婦人でお友達にしていただいている方にひ孫ちゃんが無事生まれました。母子とも健康!このコロナの中、お母様もお仕事されているので、第一子にもかかわず、すべて1人で成し遂げられました。なにかと死に直結する話題が多い中、少しへたばりそうだった私には、光る玉のように素晴らしいニュースでした。これからが大変でしゃうが家族が健やかに過ごしていけるよう願うとともに、少しでも世界が良い方向へ行くよう、大人としてもうひと頑張りせな!と思っております。小さなばこぱの花がめだかの水槽に溢れんばかりに咲いています。LOVE&PACE/田村美穂
●夏井先生、正人さん、スタッフのみなさん、俳句の種まき人のみなさん、お元気ですか! 昨晩、お友達にひ孫ちゃんが生まれ、私まで光の玉が落ちてきたような幸せを感じさせてもらいましたと、コメントさせて頂きましたが、今朝私の105歳の祖母が安らかな目覚めることのない安らかな眠りにつきました。 不思議ものですね。生き年生きる物の定めでしょうか。 何処かから独りでやってきて独りで去っていくのですね。私には、おばあちゃんは、ひょいとバスのような物に乗り笑顔で去って行ったように思えてなりません。とても、お洒落なおばあちゃんでしたので本当に小さな家族だけのお式をしますが、業者の方にお洒落なおばあちゃんでしたので可愛いく明るい感じのお花をお願いしますとお願いしました。みなさん大変でしょうができるだけ健やかにたおやかに無理せず自分の道を最後まで歩いていきましょうね! 祭壇におばあちゃんと家族の写真をたくさん飾るつもりで娘とアルバムをめくりながらたくさんの写真パネルを作りました。少し私の心が落ち着きました。素敵なお式にしたいと思います。/田村美穂
○誕生日おめでとうから生老病死まで…なんだか今月は妙に誕生日の人たちも多い?そんな中、ああ、くわみよ…。(正人@まだ引きずってる)

●組長、正人さん、俳ポ365に集う皆さま、残暑お見舞い申し上げます。  2019年は、人生の中でも悪い方の時期だったのですが、唯一俳句と寄り添えた事で、不運さえも明るく考えることが出来る様になりました。  ただ、コロナ禍でせっかく初めて参加申し込みしていた2月末(あと1週間早ければ開催されていたかも…なのに)の千葉の句会ライブが中止となり、ホテルのディナー句会(?)もなくなったことは残念でしたが。  でも、俳句は外出自粛でも全然へっちゃらな趣味なのでありがたいです。なにせそれまでは、建物巡りで毎週末ごと出歩いていたので、それを禁じられたらストレスが溜まっておかしくなってしまうとこでした。でも、俳句のお陰で全然退屈しません。  我が郷土の偉人、伊能忠敬も60歳から始めて大事業を成し遂げました。今年還暦の私も見習って学んでいきます!! /東京堕天使
○伊能忠敬を引き合いに出されると頑張らざるを得ない気分になる!?(笑)(正人)

●誕生日に奥さんからプレゼントしてもらった、組長の『俳句日めくり』。ここのところの仕事の忙しさを言い訳にサボり気味になっているのですが、どうも奥さんにはバレているようで…「一日一句は詠んでるの?」と確認が入ります…。更に「詠んだ句をチェックするから(句帳を)出して!」「この句の意味は?」「これじゃあ、才能ナシじゃな」「やっつけで詠まない!」などなどダメ出しのオンパレード…。奥さんは詠みませんが、ある意味夫婦で俳句を楽しんでいる…のかな?/かつたろー。
○そんな尻に敷いてくるタイプの奥さんがお好きなのでしょう?知ってるヨ!(正人@共感)

●8月に2週間もバルト海3国をキャンピングカーで旅行していたので油断してまた泥縄的な投稿になってしまいました。ドイツを離れるほどマスクが少なくなりコロナはどこ吹く風の別世界でした。皆さん残暑のおりご自愛ください。/ぐれむりん
○それだけ落ち着いてるということなのか、あるいは…?(正人)

●とらやの水羊羹をいただきました。水色で金魚柄、暑中御見舞と書かれているきれいな熨斗紙がかかっていました。素敵で捨てられず、何かに利用できないかと。で、日頃使っている文庫本サイズの歳時記のブックカバーにしてみました。「暑中御見舞」というタイトルの本のように仕上がり大満足。コロナ禍で楽しい予定もなくウキウキすることも少なかったのですが、なんだか楽しい気分になりました。ただこの歳時記は春夏秋冬+新年のタイプなので涼しくなったら変えないと…ブックカバーの衣替えとは今まで考えもしなかったのですが、それも楽しいかもしれません。 和菓子の包装は季節感に富んでいて素敵です。いろんな楽しみをくださったとらやさんに感謝です☆/古都 鈴
○本好き的にはブックカバー可愛いと地味にうれしくなる。(正人)

●リビングの窓すぐ横の壁に、つくつくぼうしが!間近で聞くと凄い破壊力!!/黒子
○比較的秋の弱めな声のイメージがあるつくつく法師ですが、案外声量ありあり。(正人)

●100年俳句計画を読んで、今回はパッと作りました。私自身、中学校の国語教師として、俳句の種のまずは一粒を撒けるよう、俳句の勉強中です。/瑞伊光
○そんな貴方にnhkk(日本俳句教育研究会)。学校での取り組みなどなどお知らせいただけますと幸いです。nhkkで検索!(正人)

●今年の庭木はいつもと違います。 1、柘榴は、花がたくさん咲きましたが、毎年30個くらい実をつけるのが、今年、実は2個だけ。 毎年知人に柘榴を送っていますが、今年はダメです。 2、凌霄花は、例年は、「咲いたらすぐ散る」を長い期間繰り返すのですが、つまり、咲くのですが、今年は蕾の段階で落ちるのが一杯です。花の数が少ない状況です。 3、百日紅は、開花が遅く今年は咲かないのかと思っていたら、今月上旬から咲きだし、今は満開。 4、山桜桃梅、パッと咲いて、また、パッと散ってしまった。 5、ゴーヤの緑のカーテンは、ゴーヤの実は、例年の半分以下の量です。 直ぐに枯れてしまい、今、「枯れ葉のカーテン」です。 これらの原因は何でしょう?? 庭木も家人に似てボケだした??いや、「コロナ」の影響?? いずれにせよ、「コロナ」と「激暑」で、事務所へ行けずに、ステイH-無で時間が取れそうなのに、逆に作句が進みませんでした。 /風間昭彦
○花や実の付き方が例年と違うのも気温のせいが大きいんですかねえ。(正人)

●最近の俳句作りはオンライン句会ばかりです。 夏雲システムには大変お世話になってます。 唯一始まった地元公民館句会は8月は例年夏休みで休みです。今8月5日ですが、今回の「唐辛子」発表の頃には何か良い話が出来ることを念じています。(本日梅干し土用干し3日目、終了日です。)/はずきめいこ
●月いちで通っていた俳句教室、コロナでずっと休講だったのですが、今月からいよいよ再開!先生に会えるのも俳句仲間に会えるのも嬉しい!そんなことばっかり考えていて肝心の作句が全然出来ていない!/丹下京子
○オンラインも良いけどやっぱり生の句会は楽しいよね!がんばって作って行こう!(正人)

●八月になると、どうしても戦争の俳句を詠みたくなります。詠まなくてはと思うのです。/みやこわすれ
●組長、正人さん、皆さん。 俳句の世界ではもう秋ですが、まだまだ毎日暑いですね。これからは夏の疲れが出る頃です。この唐辛子の発表の頃には、暑さもコロナも落ち着いていますように。 8月は「平和を考える月」と言う組長の言葉に、唐辛子と平和を絡めた句を作りたかったのですが、まだまだ甘い。俳筋を鍛えねば!/直
○生死のイメージも、「八月」という季語の持つ本意に組み込まれてる感はありますね。唐辛子と平和の取り合わせは面白そう。(正人)

● 私は、自宅には角川の合本歳時記を一冊しか持っていません。でも、ウチの近所の江東図書館には、なんとあの講談社の「愛蔵版・カラー版新日本大歳時記」があり、加えて最近小学館の「日本の歳時記」も書棚に。  おまけに私以外、それを持ち出すヒトはなし。ほぼ毎回図書館滞在中それらを独り占めする事が出来るのです。  一冊、25000円+14000円。失業中の身にはなかなか買えないので、とっても助かっています。 江東区さん、ちゃんと住民税払うからね?((笑)/東京堕天使
○図書館ってすごい!…昔、大学の図書館だと除籍本の処分でいらなくなった本をもらえたりしましたが、一般の図書館だとなかなかそういうのはないのかな??あったとしても歳時記は処分されないか。(正人)

●階段を踏み外し背中を強打(T ^ T)寝起きのお手洗いには注意が必要です。/なつめモコ
○背中の怪我は選手生命に関わるってスラムダンクで言ってた。(正人@一家で大好きスラムダンク)

●施設の床の張り替え工事が始まり凄い音です。今は廊下で行われていますが部屋の中に来るとお風呂も週二回から一回にさせられます。何も夏場にやらなくてもと思うのですが。特に今年はコロナのこともあるのですが工事関係者の中にはマスクをしていない人もいます。/ねずみ男
○おおう、どうぞご無事で…。工事の人、たしかに肉体労働でマスクしてると熱中症の危険とかありそうではあるけれど…ううむ。(正人)

●先生、さぞお忙しい毎日をおすごしの事でしょう。YouTube拝見してます。先日実家に行きの入院した父に会う事ができました。ムース状の、食事や点滴も拒否し続け、わたしが、自宅に、帰ってきた翌日胃ろうの手術をしました。美味しいもの(うなぎも、お蕎麦も)をもう一度たべにいくことは、もうないんだと、しみじみと、おもいました。大した忙しくもないのに後回しにしていたさまざまのことに悔いる日を送っております。先生のおはなしをすることができて、父と少しのじかんでしたが、楽しい時間をすごせたことが、グリコのおまけ百個分の思い出です。できるだけ時間を見つけてお見舞いに行こうと思ってます。先生、健康第一です。どうぞご自愛下さい。ありがとうございます。 /加容
○ねずみ男さんの姿と重なって妙に胸にじんと…!どうぞ少しずつでも、お父さんとグリコのおまけの良い時間を積み重ねていけますように。(正人)

●地元市川市から配布されたhazard mapに我が家は総量1000mmで水深3?5mと判明。 直ぐにでも引越したいところですが、病み上がりで緑内障の夫と股関節などの障害で歩けない私とでは、難しい状況。 夫の回復までに少しでもと、私一人でプロを頼みつつ大掃除と断捨離を続けてきました。梅雨の明けるまでにと詰めてやり、遂にダウン。 前回の兼題の投句をすることが出来ませんでした。 残念です。ただ、出来る時にのんびり楽しく続けられればいいのかな、と思っています。 これからもよろしくお願いいたします。/みやまおだまき
○大丈夫です。無理せず自分のペースでお付き合いくださいませ。のんびり楽しく、これ大事。(正人)

●暑き日に心の旅や月までも GOTOは心の中で月まで行って涼んでいます。早く吟行に行けるような日が、くるといいなあと思います。ポストへの投稿を始め、松山にも行ってみたいと、ネット検索しています。/幸せ一番
○先日、松山はコロナも0人に到達しました。9月の連休は道後温泉の周りもすごい人出でした。完全に落ち着いたらぜひぜひ遊びにきてくださいませませ!(正人)

◆兼題「唐辛子」に寄せて
●唐辛子、難しかったです。一味唐辛子では季節感がないので、生り物といいますか、収穫時期の唐辛子を意識しました。/パーネ・メローネ
●おはようございます!「唐辛子」難しかったです…なぜでしょうか?/もりのまりりん
●唐辛子、難しかったです。/やまやま
●ここ2週間は仕事よりもずっと唐辛子のことを考えてました!/果禄
●兼題の丁寧な説明ありがとうございます。/博多66
●今回は唐辛子をなめてました。以外と思い浮かばない。今からスーパーへ行き買ってきます。/久美
●食と色しか詠めませんでした。情けないけど仕方ないです。/句詩呼
●唐辛子という植物を景として描くべきなんだけど、どうしても辛~い方に引きずられます。/朱契
●誰でも知っている季語だと思うと、類想風のものしか浮かばなくて(知らない季語でも浮かばないのは一緒‥)今回も結局もやもやしたままとりあえず投句で時間切れ‥自分で「これだ!」と思える句を投句出来る日が来るのでしょうか‥ /丹下京子
○「誰でも知ってる」と「類想」は落とし穴?難しいところ。(正人)

●辛いの大好きと苦手の家族。アーリオオーリオやめてほしい。/こま
●辛いの苦手。/こま
●居酒屋でロシアンたこ焼きを頼むと、必ずトマトが食べる羽目になるというジンクス。 /トマト使いめりるりら
●辛いのは苦手です/花南天anne
●皆様、夏井先生暑さ厳しい中、お元気でお過ごしでしょうか。 我が家の畑の唐辛子がいつのまにか赤くなり、コロナや熱中症と辛い話にも耐えているように見えました。 秋が近づく気配はありませんが、日が過ぎるのがはやく感じています。涼しくなり、少しでも安心な日が近くなりますように。/紫蘭
●私は唐辛子はほとんどだめですがおいしそうに食べているのを見ますと食べてみたくなりますがやはりだめでした。/小倉治山
●唐辛子といえば、辛くて赤くて…。皆さんはどんなふうな場面を読むのか楽しみです。/浅河祥子
●二回目の投句です(´∀`)! 唐辛子がまったく食べられないため、今回の兼題季語は苦戦しました。夏井先生は「俳句は実体験を詠むのが良い」と常々おっしゃっているので、色々記憶を辿っての作句です。当分はベムる(人選に入る)のを目標に投句を続けていきます。よろしくお願いします。/雨野セイウチ
●最近唐辛子のおいしさ(?)がわかってきました。/しんしん
○おたよりの比率を見ると「辛いの、全然ダメ!!」な人の方がより強く今回は反応してる印象。好きな人にとっては当然のように身近なものだからあんまり気に留めなくなるのかな??(正人)

●先日この投函サイトのことを知り、今回初めて自分の俳句が人の目にふれる機会となりました。「唐辛子」という兼題を見たとき、率直に、様々なアイデアが思い浮かぶとともにこの兼題で俳句を詠むのは難しいと感じました。なぜなら、唐辛子は味覚、嗅覚、視覚、歴史全ての情報を含む大変想像の膨らむ季語であり、どの情報を最優先するか迷ったためです。/天京迷宮
●並選隊、ベム俳人様 京野さちさんなどは天地人を飛び回っておられます。お見事というほかありません。俳句力というのは率直さにあるのでしょうか。そう考えますと、「人」の中には幼少の方のものが多々見られるのもうなずけます。吟行が大切というのも、そういう意味なのではないでしょうか。しかし、出歩くのもままならず、感覚も錆びれてしまった者には如何ともしがたきもどかしさだけが残ります。とは言え、「並の背の背に揺られて揺れて」いく醍醐味もあるのではないでしょうか。頑張りましょう。/漂碌魂ひいろみ
○様々な五感情報があるなかでなにを選び取るのか。率直さが吉と出るか凶と出るか?(正人)

●産直で買ってきた干された唐辛子だけじゃわかりにくかったので、近所の畑で赤々と実っている唐辛子を観察。比べると質感が全然違うので、どう詠むか迷いどころ。どうやら我が家の周囲は産地らしく、探してみると方々に唐辛子畑を見かけますね。今まで季語の現場が見えていなかったことを実感しつつ反省しきり。/山香ばし
○やはり観察は強し!乾燥したカリカリ感とは違う、生きた現場を見てみたいなあ。(正人)

●唐辛子は辛く食べると体も汗もかくことから、体に「刺激」を与えるというキーワードが真っ先に浮かぶと思います。今回はこの唐辛子のイメージを句にいれられたらと思い作ってみました。/平井伸明
●唐辛子と言うと、今時は辛い料理を食べるイメージから、カレー(夏)や韓国料理(冬)のイメージが強いですから、秋と言われてもビンと来ません。 又料理以外では、戦記物とかで、凍傷避けに手足の先に、唐辛子を入れるとかを読んだ気もしますが、それも冬だし。 秋の季語ですか~/藤源卿
○イメージを広げるタイプの発想。凍傷避けとか壮絶ですねえ…ひりひりはするだろうけど、熱は発生するのかしら…?(正人)

●コロナ禍で夫がリモートワークとなり、かれこれ4か月が過ぎようとしています。一つ屋根の下でお互いストレスが増し、夫婦喧嘩が勃発しそうな緊張感漂う日々です。コロナ感染症は予防できても夫源病になりそう。そんな状況をピリ辛な唐辛子で表現してみました。/玉井令子
○切ない!男の一人として切ない!(笑)(正人)

●組長、正人さん、ハイポニストの皆さん、お元気でですか!終わりなきコロナ禍と猛烈な残暑で、へとへとです。特別な盆休みも終わり、早くも2学期が始まる孫たちです。海水浴も花火大会も夏祭りも中止の寂しい夏休みでしたね。年寄り夫婦は、怖くて買い物以外の外出は無し!ヒヤヒヤしながらの病院への定期検査だけでした。今、我が家の窓辺に、フウセンカズラが可愛い姿で揺れています。購入した朝顔は貧弱な花しか咲かなかったのに、去年の種が落ち、春に芽を出したフウセンカズラは元気いっぱい、小さな白い花を咲かせ、緑色の風船をつけて軒下まで延びています。可愛い種も楽しみです。さて、兼題の唐辛子ですが、毎年、ブーケみたいになっているのを道の駅で購入するのですが、畑になっているのを見て、びっくりしました。ピーマンやシシトウは下を向いている実が唐辛子は上を向いているんですね。私の見た種類だけかも知れませんが、正に天に向かって! そんな元気な唐辛子を詠んでみました。/キャサリンまさこ
●毎回お世話さまになり、ありがとうございます。「俳句」のお陰で「老いた脳みそへの刺激」が半年程続いており、感謝しております。今だ終息の気配の見えないコロナ禍ですが、ウイルス除けに「唐辛子」アクセサリーなど考えております。よーきー/よーきー
○ブーケにアクセサリー!そういう利用法もあるのか!たしかに赤い細長い形は可愛いかも。(正人)

●いつもなら実家宮崎で過ごす夏休みですが、コロナ自粛で帰省はあきらめました。 母の泣く声が身も心も締め付けます。 新米を届けてくれる荷の中に唐辛子の袋が入っていると思います。唐辛子は秋の季語なんですね。/咲耶とこ野@木ノ芽
○虫除けとしての唐辛子でしょうか。今もそういう製品ありますよね。(正人)

●唐辛子は人によっては皮膚にも刺激を与えます。子供頃不用意に触って指先がひりひりし始め、触れた口周り、鼻の中も次第にひりひりとし始めたのは今となってはいい思い出です。/川口みち
● 社会人に成り立ての頃、先輩や上司と社用車で出張に行く際、単調な高速道路を走っているとどうしても運転中に眠くなってくることがありました。隣で寝られると覿面に眠くなり、ガムや冷たい水を飲んだりして対策をしていましたが、そのうちそれも効かなくなり難儀。苦肉の策として、唐辛子の種を忍ばせておき、眠くなった際に舌先で転がしながら頃合を見て歯で潰すというもの。これは効きました。汗をかき、顔がカッカカッカとして赤くなるほどでした。ただし、もし試される方がいましたら、種を触った手で眠い眼をこすらないこと。大変なことになりますからね。/山香ばし
○すごい、スパイ映画で睡眠薬盛られた主人公の対処法みたいだ…!うっかり目こすりはダメ、絶対!(正人)

●そういえば、むかし「トン辛子」なる俳号人がおりましたのう。その方の句を見るたびに、ショックに打ちひしがれておりましたのう。 今は本名で大活躍のご様子。 じいは電信柱の影から、決して忘れずに応援していますぞ。/大塚迷路
○なんで打ちひしがれてるの!?いったいなにが!?(笑)(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●母ハルヱが他界した。 昭和5年生まれのハルヱが終戦前に看護師を目指して諏訪湖のほとりにある上諏訪日赤病院に奉職したのは南方に出征した兄に会いたい一心だったと言っていた。まだ15歳にもなっていなかったのである。優しくて大らかな性格のハルヱは看護師になるために生まれてきたような人であった。私が15歳の時に愛知県豊川市に家を建てて移り住んだ。近くに朝鮮人の方の住む集落があった。ある日そこに住む朝鮮人のお婆さんが母が庭に作っていたトウモロコシのヒゲを分けてくれないか、とやって来た。母は優しく対応してヒゲと丸々太ったトウモロコシを渡していた。お婆さんは腎臓が悪く、ヒゲを煎じて薬にするのだと言っていた。それからお婆さんとハルヱの交流は始まった。翌日には唐辛子で真っ赤に染まった白菜のキムチをビニール袋に一杯詰め込んでお婆さんさんは持って来てくれた。辛いが旨いキムチだった。半年もするとお婆さんは見違えるほど顔色が良くなり、元気になっていた。コンビニなんてものは日本にまだ出現しておらず、トウモロコシのヒゲ茶なんてものをまだ見たことのない頃の話である。私はそれから大学生となり東京へ行った。ハルヱとお婆さんの付き合いはずっと続いていたようで、年に一度ほど私が実家に帰ると冷蔵庫にいつも真っ赤なキムチが入っていた。お婆さんは百歳過ぎまで生きたと聞いた。人の記憶と頭の中は不思議なものである。実は今回の兼題『唐辛子』ではまったく別のことを考えていたのだ。料理の世界で生きてみたいと思っていた私には唐辛子は香辛料ワールドで断トツに思いのある辛さであった。しかし、ハルヱがこの世からいなくなり一人残務処理に当たる中で朝鮮人のお婆さんの顔が浮かんだのだ。何が引き金だったのか考えてもわからない。それが私の脳と心の中にある引き出しであって、記憶再生装置なのである。ひょっとしたら母ハルヱがいたずらで引き出しを引いたのかも知れない。唐辛子とトウモロコシ、たぶん料理では存在しない取り合わせのように思う。ハルヱとお婆さんの接点だって普通ならばありはしない。それをトウモロコシの細い細いヒゲが繋げたなんて不思議である。そして今思い出した。私はそのお婆さんに連れていかれご自宅まで行ったことがあった。ご自宅の庭では唐辛子が栽培されており、緑の葉の中から赤黒い唐辛子がわさわさと突き出ており、それがなぜかお婆さんの黒く日に焼け曲がったしわだらけの両手の爪の替わりに付けたら似合うのにな、と変なことを考えていたことを思い出した。/宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭