俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 秋晴

第249回 2020年8月20日週の兼題

秋晴

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

よしあきくん一期一会の一句!

 「いで湯と城と文学のまち・松山」を応援するのが、それがしの務め。本サイトを応援することも我が喜びにござる。そして、我が座右の銘は「一期一会」。我が心に怒濤の感動を呼び起こす一期一会の一句、今週もドドドーン!とご紹介いたしますぞ!
 以下、●が皆さんからの投稿。○が拙者のコメントでござる。

◆よしあきベストセレクション
第10位
秋晴や澄んだ空気と新コロナ マキコ
○マキコ殿、よしあきくんでございまする。さようでございまするな。まだまだ、コロナ殿は、おいででございまするな。空は晴れて欲しいのでございまするな。

コロナ禍でイベント中止秋晴や 星夢 光風
○星夢 光風殿、さようでございまする。拙者もさまざまのイベントが中止でございまする。グスン。

秋晴やマスクに慣れてあなた誰 西の海牛
○西の海牛殿、そのようなことが多いこの頃でございまするが、拙者は、一目でみなさまに分かっていただけるようでございまする。

秋晴やコロナもリモートエンディング 西麿(にしまろ)
○西麿殿、さようでございまするな。コロナ殿もリモート殿も終わりにしていただくのでございまするな。秋晴でございまするな。

秋晴れにコロナ渦のふて寝せり 下村ひじり
●先の見えない外出控えで諦め、秋晴恨めしい/下村ひじり
○下村ひじり殿、さようでございまするか。ふて寝でございまするか。コロナ殿ではたいへんでございまするが、寝冷えをなさいませぬように。

秋晴はいつのことやらコロナの世 気のまま風
○気のまま風殿、コロナ殿がおられなくなって、気持ちよく秋晴殿にお願いしたいのでございまする。

秋晴や嫁とコロナで家のなか 宮写楽
○宮写楽殿、さようでございまするな。お二人でのご在宅でございまするな。良きお時間をお過ごしいただきたいのでございまする。

コロナ禍の街に溢れるマスク美女 呑海
○呑海殿、さようでございまするか。それは、よろしいのではございませぬか。世の中、いや、拙者は、美女殿がたくさんおいでになるのが嬉しいのでございまする。

秋晴の航跡 弱者必盛の理 S
●24時間テレビで放映された医療従事者への感謝、、、 編隊を組んだブルーインパルスが描く飛行機雲 そんな映像が頭の片隅にあり、ふと自分が生きて育った故郷の空を仰げば飛行機の航跡があったので、コロナによって医療従事者が称賛される一方で社会的弱者として軽視、差別を受けている風潮が変わるように祈る気持ちをこの句に託しました。 医療従事者に迷惑をかけずに気持ちよく飛行機に乗って「go to travel」できる世の中になりますように!/S
○S殿、さようでございまするとも。医療従事者の方々に感謝でございまする。拙者のお城下からは、シトラスリボンプロジェクトが立ち上がっておりまする。

秋晴よ濃厚接触者の我 大河
○大河殿、それはたいへんでございまする。どうぞ、お気をつけいただきたいのでございまする。検査も受けられるようお願い申し上げまする。

秋晴れにかざしてみたる白鼻毛 時化田白金
○時化田白金殿、さようで・・・、白鼻毛?でございまするか。それはまた、なんと申し上げてよろしいのやら、でございまするが。

秋晴れや屁の行方さへ寛大に 小真珠
○小真珠殿、なんと寛大なお方でございましょうか。さぞかし、屁殿も感涙にむせんでおいででございましょう。拙者は、ヘーキでございまする。

第9位
初投稿秋晴超える爽快感 ねんりん丸子
○ねんりん丸子殿、さようでございまするな。秋晴殿は、爽快爽快でございまするな。秋晴殿とご一緒に、爽快爽快でございまするな。

相棒の寝ぐせ爆ぜるや秋の晴 くま鶉
●YouTubeでの正人さんへのご挨拶でございます/くま鶉
○くま鶉殿、さようでございまするな。正人殿によくお伝えしておくのでございまする。トレードマークの寝癖殿にも、よくお伝えしておくのでございまする。

秋晴やフェイシャルリフト皺減って 朱久瑠
●知人に、フェイシャルリフトを、した人が、いて、皺が無くなった。/朱久瑠
○朱久瑠殿、フェイシャルリフト殿でございまするか。拙者、まだ、お目にかかったことがございませぬが、そんなに、お力のある方なのでございまするな。拙者も、フェイシャルリフト殿とご一緒したいのでございまする。

すりいぴいさんへ「秋晴は心象」 司啓
○司啓殿、すりいぴい殿へもお伝え申し上げまする。秋晴殿へもお伝え申し上げまする。心象殿へもお伝え申し上げまする。

第8位
秋晴や気になる気温空模様 しげとし
○しげとし殿、さようでございまするな。秋晴殿も、気温殿や空模様殿を気になさるのでございまするな。拙者も、秋晴殿とご一緒に心配するのでございまする。

秋晴れと言えど名ばかり炎天下 万年(まんねん)
○万年殿、さようでございまするな。朝夕は冷えて参りましたが、やはり、昼の間は、秋の炎天殿でございましょうか。秋晴殿が心地よい時間をお連れいただけるのでございましょうな。

秋晴れに嘘バレ心大暴れ がーでん
○がーでん殿、それはたいへんでございまする。何かは分かりませぬが、たいへんでございまする。拙者もご一緒に心配するのでございまする。たいへんでございまする。たいへんでございまする。

第7位
秋晴の何が目出度いクソ蛆虫が 羅蒐
○羅蒐殿、さようでございまするか。蛆虫殿とご一緒でございまするか。やはり、蛆虫殿とも秋晴殿ともご一緒にお楽しみいただければ幸いでございまする。蛆虫殿もお喜びでございまする。

ピクニック仲良し二人秋晴だ 美泉
●好きな友達と秋晴にピクニックと洒落こむ楽しみは何事にもかえがたい。/美泉
○美泉殿、さようでございまするか。お友達殿とのピクニックは楽しい楽しいのでございまするな。拙者も、ピクニック殿とご一緒にお願いしたいのでございまする。

待ち合わせいざ秋晴のロードショー 函
○函殿、さようでございまするか。秋晴殿とロードショー殿がご一緒ならば、さぞかし楽しい楽しいのでございましょうな。待ち合わせ殿も、ウキウキうっきーでございまするな。

秋晴やアイロンの香や彼の膝 小薪まりちゃ。
○小薪まりちゃ。殿、アイロン殿の香殿でございまするか。彼殿のお膝でございまするか。彼殿のお膝にクンクンでおございまするか、なんだか、幸せなのでございまするが。

秋晴れや伊予松山へ俳句旅 捻挫癖
○捻挫癖殿、それは、嬉しいのでございまする。拙者も、お城山でお迎えするのでございまする。松山城は秋晴でございまする。

秋晴や発車間際のあせる俺 ムスカ大佐(み)
○ムスカ大佐(み)殿、どちらにお出かけでございまするか。どうか、お気を付けてお出かけくださいませ。秋晴殿とご一緒に存分にお楽しみくださいませ。

第6位
秋晴やケーキブュフェにやっと来た! ちょろたこいん
○ちょろたこいん殿、ああ、ケーキブュフェ殿でございまするなあ。ああ、拙者もご一緒したいのでございまするなあ。秋晴殿とご一緒したいのでございまするなあ。ああ、ケーキブュフェ殿ーーーー。

秋晴や馬肥ゆる吾も肥ゆる 浅河祥子
○浅河祥子殿、さようでございまするか。なんでも肥える秋晴殿でございまするな。拙者は、秋晴殿でなくとも、どんどんずんずん大きいのでございまするが。

待ち遠しニンニク卵黄秋晴だ ばんしょう
●梅雨季でまとまった晴れが無くニンニク卵黄が出来なかったが秋晴で出来一安心だ!/ばんしょう
○ばんしょう殿、さようでございまするか。ニンニク卵黄殿がおいででございまするか。拙者はニンニク卵黄殿にはお目にかかったことがございませぬが、一度、お目にかかりご挨拶させていただきたいのでございまする。

秋晴れや空眺めしも腹へりぬ 薫風
○薫風殿、さようでございまするな。拙者も、みなさまのご投句を拝見しているとお腹殿が、なんだか音を発しておいででございまする。最後まで、読ませていただけるか不安でございまする。

秋晴れに焦がれるスズメ狙う猫 甚兵衛
○甚兵衛殿、スズメ殿がたいへんでございまする。猫殿、どうかスズメ殿をねらわれるのではなく、キャットフード殿とご一緒いただけると嬉しいのでございまする。

ワンルーム呼んだらその日秋晴(浮気ばれ) もこ
○もこ殿、なんということでございましょうか。拙者には分かりかねるのでございまする。ワンルーム殿に秋晴殿がお見えでございまするか。詳しくは存じ上げませぬが、秋晴殿となにか、その、いろいろ、お有りでございましょうか?

取調べ机叩いて秋晴や まるかじり
○まるかじり殿、それはたいへんでございまする。取調べ机殿が、痛い痛いでございまする。叩くことは控えていただき、秋晴殿とご一緒していただきたいのでございまする。

第5位
秋晴や揺れるあんぱん万国旗 むらのたんぽぽ
○むらのたんぽぽ殿、さようでございまするな。この時期は、あんパン殿でございまするな。揺れるのでございまするな。秋晴殿とご一緒でございまするな。拙者は、いつの季節もあんパン殿でございまするが。

秋晴に白一文字よーいどん! みのるに
●息子の運動会で秋晴れの空に飛行機雲がくっきりと一筋ありました。グランドに引かれた白線とリンクして面白いなと感じたのを思い出して。/みのるに
○みのるに殿、さようでございまするな。運動会殿でございまするな。飛行機雲殿もご一緒でございまするな。拙者もかけっこ、ドシンずしんでございまするな。

秋晴や家庭弁当ハイキング 佐藤邦夫
●ハイキング/佐藤邦夫
○佐藤邦夫殿、さようでございまするな。ハイキング殿でございまするな。お弁当殿でございまするな。ああ、拙者も、デカ弁殿とご一緒したいのでございまする。デカ弁殿とはずっとご一緒したいのでございまする。

一等より唐揚げ恋し秋晴れや sugarlily
●秋晴れの運動会。かけっこで一番になるより、お母さんが作ってくれた美味しい唐揚げが食べたいな~という気持ちを読んでみました。/sugarlily
○sugarlily殿、ああ、さようでございまするな。唐揚げ殿でございまするな。拙者、唐揚げ殿とも、ずっとご一緒したいのでございまする。唐揚げ殿ーーーー。

秋晴れの孫と遊んでじじダウン 松瀬 章々
●3女の孫、9歳、7歳、2歳、と9歳の友達と公園で滑り台、ブランコの後で、鬼ごっこをした。久しぶりに走ったので息があがり、足はもつれて、じじは鬼ばかり大変疲れるて、入浴後のビールがうまかった。/松瀬 章々
○松瀬 章々殿、さようでございまするか。お孫さまたちとの楽しいじかんでございまするな。楽しい時間の後は、楽しいビール殿でございまするな。拙者もお城山の後は、ビール殿でございまするな。

吾子流る医院の小窓秋晴や ゆこげん
○ゆこげん殿、流れられたのでございまするか。さて、医院殿の窓からでございまするか。どのように流れられたのでございまするか。拙者、少々、心配でございまする。

第4位
寂しさを秋晴を見て吹き飛ばす 吉田充
●父を失った寂しさを秋晴に救われた思いを表現しました。/吉田充
○吉田充殿、さようでございまするか。お父上殿は秋晴殿向こうにおいででございまする。秋晴殿はいつでもご一緒でございまするな。

秋晴や稜線上のアリアかな 里之照日日
○里之照日日殿、稜線上殿のアリア殿でございまするな。たしかに、稜線上殿にもアリア殿がおいででございまするな。稜線上殿は静かにアリア殿を奏でるのでございまするな。

宇宙葬も秋晴に残る肉 竜田側
○竜田側殿、肉?でございまするか。秋晴殿とご一緒の宇宙葬殿なのでございまするな。さて、肉?殿は、どうなるのでございましょうか。

秋晴れてもののけ帰る黄泉の国 想予
○想予殿、さようでございまするか。秋晴殿ともののけ殿は、お別れになるのでございまするか。黄泉殿にもどうぞ、よろしくお伝えくださいませ。

秋風に人の血を吸う飛来虫 鈴木 昭夫
●思ったより大群でいるようです。離れてみていて、危険は知らせてくれています。/鈴木 昭夫
○鈴木 昭夫殿、血を吸うのでございまするか。虫殿でございまするか。沢山吸うのでございまするか。それはたいへんでございまする。

秋晴やなびくシーツに心晴れ めぐみ
●秋の清々しい空気の日に洗濯して干したシーツがゆれるのを見ると気持ちも清々しくなるなと思い作ってみました。/めぐみ
○めぐみ殿、さようでございまするな。シーツ殿も気持ちよく揺れておいででございまするな。秋晴殿とご一緒はいいのでございまするな。

声がのびお稽古楽し秋晴に みゆき子
●よくうがいをしているのに喉ががらがらしており、とくに高い音がきれいにでなかった。秋には風が喉まで入ってくるのか、気持ちよく声が出てお稽古も楽しい。/みゆき子
○みゆき子殿、さようでございまするな。秋晴殿とご一緒すると声殿も気持ちよくなるのでございまするな。拙者も、ドレミファソファミレド、ーーーー。

第3位
秋晴れやはやぶさ2は今何処 三水(さんすい)
○三水殿、さようでございまするな。はやぶさ2殿は、お戻りの途中でございまするな。今年中にもお戻りとうかがっておりまする。ご無事でお戻りをお祈りしておりまする。

秋晴や蜻蛉の羽を敷き詰める 眞熊
○眞熊殿、羽を?でございまするか。さて、拙者の頭では理解できないのでございまするが、蜻蛉殿の羽殿をどのようにお使いになられるか気になるところでございまする。

スペースをつくり蹴り込む秋の晴れ 杵築きい
○杵築きい殿、蹴り込むのでございまするな。それは、サッカー殿とかでございまするか。あるいは、なにか他にもあるのでございましょうか。蹴り込むのでございまするな。

第2位
ケーキ入刀 秋晴の式場 東山 吉井
○東山 吉井殿、おめでたいのでございまする。秋晴殿もご一緒にお喜びでございまする。拙者もご一緒にお喜び申し上げまする。

秋晴の海沈むまで眺めおり 春来 燕
○春来 燕殿、沈むまででございまするな。それは、夕日殿でございまするか。秋晴殿の夕日殿は、美しいのでございまする。いつまでも、眺めていたいのでございまする。

第1位
秋晴やダライラマ似の地蔵尊 ヤマボー
●犬の散歩コースに石地蔵が立っていて、その顔が見れば見るほどダライラマ14世にそっくりなのです。慈愛に満ちた笑顔のお地蔵さまです。/ヤマボー
○ヤマボー殿、さようでございまするか。ダライラマ14世殿でございまするか。お地蔵さまは、お優しいお顔でございましょう。みなさまをお守りいただくのでございまするな。

◆掲示板

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆「ギャ句」に挑戦!
 古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。

○うほんうほん、どうだです。金子どうだです。いや、今週もひとつ、みなさん、よろしく哀愁!うほん。

駆けて久し父のリレーも秋の晴 鈴ノ樹
●掛けて久し父の遺影も秋の晴 深見けんじ/鈴ノ樹
きこゆるや秋晴vivaのひとりごと 鈴ノ樹
●きこゆるや秋晴妻のひとりごと 日野草城/鈴ノ樹
○鈴ノ樹くん、そうかそうか草加せんべい。そうじゃのう、秋晴の下のリレーもいいもんじゃ焼き。しかし、vivaとはまた、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木。うほん。

秋晴の何処かに妻を忘れけり 小笹いのり
●秋晴の何処かに杖を忘れけり 松本たかし/小笹いのり
秋晴や佐渡一国は並の上 小笹いのり
●秋晴や佐渡一国は波の上 長谷川櫂/小笹いのり
○小笹いのりくん、ほっほう、忘れもんか。まあ、のう、何を忘れるというこじゃが、気をつけてもらいたい。で、その後、奥さんはどうじゃ。佐渡は、よろしい。ギャ句゙としては、並の上じゃ、うほんごほん。

蜘蛛の囲に大きカピバラひつかかり あなうさぎ
●ギャ句゛です。 元句 蜘蛛の囲に大き秋晴ひつかかり 神蔵器/あなうさぎ
○あなうさぎくん、それはなかなかのもんじゃ焼き。カピバラを引っかける蜘蛛の囲は見てみたいのう。いや、うほんげほんごほごほ。

秋晴の午後の考査の睡魔かな くみくまマフラー
●ギャ句”です。どう頑張っても解けない物理の試験。眠くなります…… 原句:秋晴の午後の講義の睡魔かな 日野草城 /くみくまマフラー
○くみくまマフラーくん、まあ、そういうこともアールデコ。ガンバってもらいたい。そのうち、なんとかなるじゃろう、うほん。

因縁のダチのやうやく呆れ果るる  ゴールデン文子
●ぎゃ句です。 晩年の幸のやうやく秋晴るる 富安風生 をぎゃ句ってみました。/ゴールデン文子
○ゴールデン文子くん、おお、なるほどほどほど。まあ、変換数は少し多いのじゃが、面白いじゃあ内科小児科肛門科。うほんげほん。

秋晴のつまづきつまづき吾子生る じゃすみん
●ギャ句です。元句「秋晴のつづきつづきて吾子生る   森田峠」/じゃすみん
秋晴のドイツに杖を忘れけり じゃすみん
●ギャ句です。元句「秋晴の何處かに杖を忘れけり   池田秀水」/じゃすみん
秋晴に外出心もなく社長 じゃすみん
●ギャ句です。元句「秋晴に外出心もなく写経   福田蓼汀」/じゃすみん
秋晴に我派手になる匂ひする じゃすみん
●ギャ句です。元句「秋晴に我焦げてをる匂ひする   星野立子」/じゃすみん
○じゃすみんくん、ほほう、まあ、ご苦労ご苦労ご苦労さんじゃのう。これからじゃ、人生は。ワシも、つまづきつまづき98年、いまは、雲の上じゃ。しかし、忘れ物には気をつけなさい。そうそう、「社長」はなかなか良い、うほん。

原ギャ句 原句 秋原に少し猫背の阿蘇五岳 鷹羽狩行  
秋晴れに少し猫背のわれ六十 シロクマ太郎
原ギャ句 原句 こころもち曇るひととき秋の晴 阿波野青畝  こころもち減量したと秋の晴れ シロクマ太郎
○シロクマ太郎くん、うん?60か。まだまだ、先があるのう。よろしいよろしい。ギャ句゙も、まあ、これからじゃ、うほん。

ばばのギャ句 秋晴れや松茸来ない柚子来ない ドイツばば(不景気で到来物無き秋の日よ、、、) ドイツばば
●元句は「秋晴れや松茸来る柚子来る」横光利一/ ドイツばば/ドイツばば
ばばのギャ句 香爐峯の雪はいかにぞと問はれぬ ドイツばば(枕草子の「香爐峰の雪」のエピソードが下敷きです。) ドイツばば
●元句は「香爐峯の敵はいかにぞ秋晴れぬ」 佐藤春夫/ ドイツばば /ドイツばば
 ばばのギャ句 秋晴れて物の怪無理に空に入る ドイツばば ドイツばば
●  元句は「秋晴れてものゝ煙の空に入る」正岡子規/ドイツばば /ドイツばば
ばばのギャ句 秋晴れて両国橋の力士かな ドイツばば
●元句は「秋晴れて雨国橋の往来かな」正岡子規/ドイツばば/ドイツばば
 ばばのギャ句 端からの琴糸長し秋晴るる ドイツばば ドイツばば 
●元句は「橋からの釣糸ながし秋晴るる」 飯田蛇笏/ドイツばば/ドイツばば 
 ばばのギャ句 秋晴や心ゆるめばさぼるべし ドイツばば ドイツばば 
●元句は「秋晴や心ゆるめば曇るべし」 高浜虚子/ドイツばば /ドイツばば
○ドイツばばくん、いや、そんなもんじゃ焼き。今年はのう。その気持ちをせいぜいギャ句゙にしてもらいたい焼き。そうじゃ、キミのギャ句゙から出来たが、「秋晴れや松茸きたない柚子きたない」はどうじゃ。お呼びでない、こりゃまた、失礼いたしました、うほんげほんごほごほ。

でかいねばりつく蟹あつバレてをり トマト使いめりるりら
●ギャ句でトマト。元句は「出かけねばならぬかに秋晴れてをり/浅利恵子」 /トマト使いめりるりら
端からのツリーいとながし秋晴るる トマト使いめりるりら
●ギャ句でトマト。元句は「橋からの釣糸ながし秋晴るる/飯田蛇笏」 /トマト使いめりるりら
○トマト使いめりるりらくん、どうしたどうした竹下景子。ろれつまわらんギャ句゙という新技か。そうじゃ、たしかにスカイツリーは長いがのう、うほんごほん。

畳屋の髭が働く秋日和 なかの花梨
●ギャ句です。原句は 畳屋の肘が働く秋日和 草間時彦/なかの花梨
秋晴の何処かに夫を忘れけり なかの花梨
●ギャ句です。原句は 秋晴の何処かに杖を忘れけり 松本たかし/なかの花梨
菊日和ミニマム帯の長さかな なかの花梨
●ギャ句です。原句は 菊日和身にまく帯の長さかな 鈴木真砂女/なかの花梨
○なかの花梨くん、おお、お見事じゃ。どのギャ句゙1音変換の基本技。いいじゃあ内科小児科肛門科。「ミニマム帯」は、う音で変換も整えたのう、うほんごほん。

残響に痣一つづゝ秋晴るゝ にゃん
●ギャ句 元句「山峡に字一つづゝ秋晴るゝ」相馬遷子/にゃん
秋晴のどこかに鵺の隠れけり にゃん
●ギャ句 元句「秋晴のどこかに杖を忘れけり」松本たかし/にゃん
モクモクに大秋晴となる五徳 にゃん
●ギャ句 元句「刻々に大秋晴となるごとし」皆吉爽雨/にゃん
秋晴やスマがゐさうな伊予の中 にゃん
●ギャ句 元句「秋晴や夫がゐさうな家の中」岡本眸/にゃん
秋晴の運動会をしてやるよ にゃん
●ギャ句 元句「秋晴の運動会をしてゐるよ」富安風生/にゃん
刑事来るお宅秋晴今日も亦 にゃん
●ギャ句 元句「頁繰る如く秋晴今日も亦」星野立子/にゃん
秋晴や心ゆるさば口説くべし にゃん
●ギャ句 元句「秋晴や心ゆるさば曇るべし」高浜虚子/にゃん
失恋の秋晴なりき完了す にゃん
●ギャ句 元句「一連の秋晴なりき完了す」相生垣瓜人/にゃん
○にゃんくん、おお、いや、いいのういいのう伊能忠敬。「山峡」から「残響」の濁点変換、「字」から「痣」の同音異字変換も基本通り。「杖→「鵺」も、う音変換じゃのう。「頁」→「刑事」もよろしいよろしい。ひとつ、よろしく哀愁!うほんごほん。

広幅の彼に鼻舐め秋晴るる はずきめいこ
●白樺のまれにはななめ秋晴るる 元句 皆吉爽雨/はずきめいこ
秋晴の富士運ばれて来てうおお はずきめいこ
●元句 秋晴の土運ばれて来て匂う 大峯あきら/はずきめいこ
秋晴の鞭に加えて釘が増し はずきめいこ
●元句 秋晴の口に咥えて釘甘し 右城暮石/はずきめいこ
秋晴や今日戒名で来れば墓地 はずきめいこ
●秋晴や教会見えて来れば町 元句 星野立子/はずきめいこ
秋晴ややたらキツめの修行僧 はずきめいこ
●元句 秋晴やはたらきづめの修行僧 岡田日郎/はずきめいこ
秋晴やウチの大足横たはり はずきめいこ
●元句 秋晴や宇治の大橋横たはり/はずきめいこ
○はずきめいこくん、おお、いいじゃあ内科小児科肛門科。「ウチの大足」は面白い。「富士運ばれて」も意外性がよいよいよいやさ。しかし、鼻舐めるのはのう、犬じゃあないんじゃから、うほんうほん。

「ギャ句に挑戦!」老人単座せり社会の窓をあけ放ち ひろ志
●原句は「老人端座せり秋晴をあけ放ち/久米三汀」 /ひろ志
○ひろ志くん、ふんまあ、ギャ句゙としては、なんだかじゃが、気をつけんとのう。ワシも、気をつける、うほんげほんごほごほ。

秋晴の糞も流るること忘れ よしざね弓
●ギャ句です。原句は「秋晴の雲も流るること忘れ/井沢 正江」/よしざね弓
秋晴の部屋の中でも蟻に蹴り よしざね弓
●ギャ句です。原句は「秋晴の部屋の中にもありにけり/塙 告冬」/よしざね弓
○よしざね弓くん、うんまあ、ウンまあ、そんなひともアルじゃロウ。終わった後は、流しなさい。自分で流すのじゃ。そんなことをしておるから、蟻に蹴りなんぞと・・。いや、これは、いいじゃあ内科小児科肛門科。うほん。

秋晴の濃ひ毛を写生せよといふ をぎやかなた
●ギャ句です。元句は、「秋晴の空気を写生せよといふ」沢木欣一/をぎやかなた
秋日和虱いよ~黄ばむかな をぎやかなた
●ギャ句です。元句は、「秋日和畳いよ~黄ばむかな」吉屋信子/をぎやかなた
秋晴や鯖のさばきも身につきし をぎやかなた
●ギャ句です。元句は、「秋晴や杖のさばきも身につきし」猪股南魚/をぎやかなた
秋晴にあれ?焦げてをる匂ひする をぎやかなた
●ギャ句です。元句は、「秋晴に我焦げてをる匂ひする」星野立子/をぎやかなた
秋晴の俳句にわが名呼ばれけり をぎやかなた
●ギャ句です。元句は、「秋晴のマイクにわが名呼ばれけり」池田秀水 /をぎやかなた
秋晴の何処かに連れを忘れけり をぎやかなた
●ギャ句です。「秋晴の何処かに杖を忘れけり」松本たかし/をぎやかなた
○をぎやかなたくん、いや、よく出来てオール5。「濃い毛」は写生しなくてよろしい。「虱」もよい。「あれ?焦げておる」はひねりもいいのう。「連れを忘れる」のは気をつけなさい。「俳句に」呼ばれるのはいいが、違うところから呼ばれんゆにのう、うほんげほんごほごほ。

軍艦のウニイクラネギ秋日和 横縞
●ギャ句゛です。元句:軍艦を見に行く舟や秋日和/横縞
鳥海にかたまるファンやアキバより 横縞
●ギャ句゛です。鳥海さんという有名な声優さんがいらっしゃいます。元句:鳥海にかたまる雲や秋日和/横縞
○横縞くん、うんまあ、ギャ句゙としては、これからどれから、じゃが、捻る心はよろしい。ひとつ、その調子で、よろしく哀愁!うほんうほん。

秋晴の何処かに妻を忘れけり 花菖蒲
●ギャ句 元句「秋晴の何処かに杖を忘れけり」 松本たかし 忘れられないよう、気を付けよう/花菖蒲
秋晴や地図にゑがきて火事教ふ 花菖蒲
●ギャ句 元句「秋晴や宙にゑがきて字を教ふ」 島谷征良/花菖蒲
秋晴の口に加えて詐欺甘し 花菖蒲
●ギャ句 元句「秋晴の口に咥へて釘甘し」 右城暮石/花菖蒲
あ、気張れ炎をはなれゆく毛虫 花菖蒲
●ギャ句 元句「秋晴の炎をはなれゆく煙」 片山由美子/花菖蒲
○花菖蒲くん、まあそうじゃ、今週は、忘れる人がなかなかのもんじゃ焼き。詐欺にも気をつけたいのう。気をつけることばかりじゃのう、うほんごほん。

秋晴れの高校三年生消ゆる  亀田かつおぶし 亀田かつおぶし
●ギャ句です。元句 「秋晴れの高校二年生消ゆる 藤岡筑邨」/亀田かつおぶし/亀田かつおぶし
秋晴るる土用の丑の公園よ  亀田かつおぶし 亀田かつおぶし
●ギャ句です。元句 「秋晴るる土曜の午後の公園よ 成瀬正とし」/亀田かつおぶし/亀田かつおぶし
秋晴れの食気を写生せよといふ  亀田かつおぶし 亀田かつおぶし
●ギャ句です。元句 「秋晴れの空気を写生せよといふ 沢木欣一」/亀田かつおぶし/亀田かつおぶし
秋晴や神を信ずる心太  亀田かつおぶし 亀田かつおぶし
●ギャ句です。元句 「秋晴や神を信ずる心ふと 星野立子」/亀田かつおぶし/亀田かつおぶし
○亀田かつおぶしくん、「空気」→「食気」はなかなかのもんじゃ焼き。こんな時は、「食う気」と表記して分かりやすく。「心太」もいいじゃあ内科小児科肛門科。こちらの方向を押してもらいたい、うほんうほん。

ギャ句“:秋晴れて安息の人蟻の如し 吉村よし生
●原句:秋晴れて遠足の人蟻の如し/正岡子規(記念館データベースNo.19948) *1音置き換え(濁音もあり)の連作を試みました。
ギャ句“:秋晴れて観測の人蟻の如し
ギャ句“:秋晴れて神速の人蟻の如し
ギャ句“:秋晴れて短足の人蟻の如し
ギャ句“:秋晴れて嘆息の人蟻の如し
ギャ句“:秋晴れて豚足の人蟻の如し
ギャ句“:秋晴れて人足の人蟻の如し
ギャ句“:秋晴れて反則の人蟻の如し
ギャ句“:秋晴れて満足の人蟻の如し
ギャ句“:秋晴れて連続の人蟻の如し/吉村よし生
○吉村よし生くん、おお、なか中野東中野。目の付け所がシャンプーじゃ?あとは、ギャ句゙の自選眼じゃのう。どれが、ギャ句゙としての力があるかを見極める。期待してオール5。うほん。

ギャ句 秋晴や婆の摺るごま爺の擂るごま 玉京
●元句 秋晴や婆のすること爺のすること/玉京
ギャ句 矢絣を着て駅素通り秋晴れに 玉京
●元句 矢絣を着てエキストラ秋晴れに 山口青邨/玉京
ギャ句 秋晴や小さき方の孫起きて 玉京
●元句 秋晴や小さき方の孫抱きて/玉京
ギャ句 秋晴や栗むき暮れる兄と姉 玉京
●元句 秋晴や栗むきくれる兄と姉 杉田久女/玉京
ギャ句 闘鶏の四五匹秋の日和哉 玉京
●元句 鶏頭の四五本秋の日和哉 正岡子規/玉京
○玉京くん、いや、よくガンバった。あとは、最大の意味変換というギャ句゙としての飛躍力じゃ。ガンバってもらいたいもんじゃ焼き。うほんごほん。

ギャ句゛:秋晴の運動会押してゐるよ (換音0、換字1) 戸部紅屑
●原句:秋晴の運動会をしてゐるよ 富安風生/戸部紅屑
ギャ句゛:老人端座せり秋晴を朱、鼻血 (換音1、換字4) 戸部紅屑
●原句:老人端座せり秋晴をあけ放ち 久米三汀/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴や移動パン屋の余剰店 (換音1、換字2) 戸部紅屑
●原句:秋晴や移動パン屋の路上店 宮川秀穂/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴の踏切濡らし花輪過ぐ (換音1、換字1) 戸部紅屑
●原句:秋晴の踏切濡らし花屋過ぐ 岡本眸/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴れや帝室妓芸員に選ばれて (換音0、換字1) 戸部紅屑
●原句:秋晴れや帝室技芸員に選ばれて 林日圓/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴や塩をまかれし除幕の碑 (換音2、換字1) 戸部紅屑
●原句:秋晴や米をまかれし除幕の碑 山遊亭金太郎/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴の屋根より渡米瓦職 (換音2、換字2) 戸部紅屑
●原句:秋晴の屋根より怒声瓦職 三宅昌子/戸部紅屑
ギャ句゛:能舞台大秋晴に地図もれり (換音1、換字2) 戸部紅屑
●原句:能舞台大秋晴に鎮もれり 稲畑廣太郎/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴や攀ぢ登られて木の義憤 (換音2、換字2) 戸部紅屑
●原句:秋晴や攀ぢ登られて木の気分 関田実香/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴や犬千代をびんた、松 (換音6、換字6) 戸部紅屑
●原句:秋晴や犬信号を凛と待つ 伊藤月江/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴を来る若法師白拍子 (換音5、換字4) 戸部紅屑
●原句:秋晴を来る赤帽子白帽子 朝妻力/戸部紅屑
ギャ句゛:浮気ばれの日曜日には花を買ふ (換音2、換字3) 戸部紅屑
●原句:秋晴れの日曜日には花を買ふ 南洋子/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴れや刺客満載トラック (換音1、換字2) 戸部紅屑
●原句:秋晴れや味覚満載トラック 尾上有紀子/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴れの佐渡の出船や彼も眩眩 (換音0、換字4) 戸部紅屑
●原句:秋晴れの佐渡の出船や鴎舞ひ 高谷栄一/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴や赤房手あがる妙義龍 (換音5、換字4) 戸部紅屑
●原句:秋晴や隼あがる妙義山 関野喜代子/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴れを京の土産としたり顔 (換音2、換字2) 戸部紅屑
●原句:秋晴れを京の土産としたりけり 柿沼盟子/戸部紅屑
ギャ句゛:東南西北(とんなんしゃあぺい)四万八万秋張るる (換音16、換字3、並替2) 戸部紅屑
●原句:東西南北四方八方秋晴るる 大橋敦子/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴れや蓮に老人ぎっしりと (換音1、換字2) 戸部紅屑
●原句:秋晴れやバスに老人ぎっしりと 津田このみ/戸部紅屑
ギャ句゛:秋晴や上野も森の招待嬢 (換音1、換字2) 戸部紅屑
●原句:秋晴や上野の森の招待状 鏡山千恵子/戸部紅屑
ギャ句゛:バスガイド一年制に秋晴るる (換音0、換字1) 戸部紅屑
●原句:バスガイド一年生に秋晴るる 山田弘子/戸部紅屑
○戸部紅屑くん、おお、ガンバったじゃあ内科小児科肛門科。こういう風に、詰めてもらうとみなさんも勉強になるというもんじゃ焼き。小技が良く聞いたギャ句゙が揃ったのう。「運動会押して」や「朱、鼻血」「余剰店」も手元で曲がるカーブじゃ。「屋根より渡米」する人は、紹介してもらいたい。「蓮に老人」はちと、怖いのう。よろしいよろしい。うほんうほん。

ギャ句に挑戦『秋晴れて顔のてかりが気にかかる』 桜木レイ
●元句『秋晴れて鎌の光の山に来る』正岡子規さま /桜木レイ
ギャ句に挑戦『天地に遠く人並みに近く秋晴れぬ』 桜木レイ
●元句『時雨遠くに小春に近く秋晴れぬ』正岡子規さま/桜木レイ
○桜木レイくん、いや、そうかそうか草加せんべい。まあ、変換後数をもう少し整理してもらいたいもんじゃ焼き。じゃが、ガンバルのじゃ。ギャ句゙は待っておるぞ、うほんごほん。

秋晴にどうぞ梅昆布握り飯 山香ばし
●ギャ句 元句は「秋晴に銅像拳握りしめ/山口誓子」/山香ばし
深爪の秋晴少しよごれけり 山香ばし
●ギャ句 元句は「二日目の秋晴少しよごれけり/稲畑汀子」/山香ばし
秋晴の騒然としてオカマ化け 山香ばし
●ギャ句 元句は「秋晴の蒼然としてお釜池/清崎俊郎」/山香ばし
秋晴の舌に泣かされ下手に泣く 山香ばし
●ギャ句 元句は「秋晴の下に泣かされひたに泣く/山口誓子」/山香ばし
秋晴のカリカリ豆腐焦げるなり 山香ばし
●ギャ句 元句は「秋晴の狩勝峠越ゆるなり/石塚友二」 /山香ばし
秋晴の尽く「The end」の旅衣 山香ばし
●ギャ句 元句は「秋晴の筑紫辺土の旅衣/山口青邨」/山香ばし
秋晴の子連れ仕事も一寸の間 山香ばし
●ギャ句 元句は「秋晴の崩れしことも一寸の間/高浜年尾」/山香ばし
秋晴の月夜芒にふれにけり 山香ばし
●ギャ句 元句は「秋晴の強き芒にふれにけり/原石鼎」/山香ばし
○山香ばしくん、「梅昆布」はちと、笑わせるのう。「深爪(ふかづめ)」は「二日目(ふつかめ)」の前後+濁点と良く考えられた変換技じゃ。「月夜芒」もよく考えた。「The end」もよろしいよろしい。「子連れ仕事」も微妙な区切れ変換をしたのう。いや、練られた技じゃ、うほんごほん。

秋晴れて羽後雲のなきこの世かな 山内彩月
●ギャ句です。元句「秋晴れて動くもの無きこの世かな/高田正子」   東北地方もいいお天気です。 /山内彩月
秋晴や砂糖一斤紙の上 山内彩月
●ギャ句です。元句「秋晴や佐渡一国は波の上/長谷川櫂」   食欲の秋。どんなデザートができるでしょうか。左党の方は食指が動かないかもしれませんが。 /山内彩月
○山内彩月くん、そうかそうか草加せんべい。秋田もいい秋晴か。これは、穏やかに良く出来てオール5。2句目は、まあ、景として面白いのう、うほんごほん。

もののけの静かなるかな秋日和 有田みかん
●ギヤ句です。ものかげの静かなるかな秋日和 高野素十/有田みかん
ヤマガールの絵に秋晴れの届きけり 有田みかん
●ギヤ句です。元句はシャガールの絵に秋晴れの届きけり 稲畑汀子/有田みかん
秋晴れの何処かに鍵を忘れけり 有田みかん
●ギヤ句です。元句は秋晴れの何処かに杖を忘れけり 松本たかし/有田みかん
うらうらと山本リンダ秋日和 有田みかん
●ギヤ句です。元句はうらうらと多肉植物秋日和 飯田龍太/有田みかん
○有田みかんくん、「もののけ」「ヤマガール」は、ガンバった。山本リンダは、うらうらからの発想を良しとしよう。まあ、よろしく哀愁!うほん。

秋晴のどこ蟹の絵を忘れけり 夕虹くすん
●ギャ句です。 原句 秋晴の何処かに杖を忘れけり 松本たかし/夕虹くすん
秋晴のぞこか苦痛を忘れけり 夕虹くすん
●ギャ句です 原句 秋晴の何処かに杖を忘れけり 松本たかし/夕虹くすん
○夕虹くすんくん、そうかそうか草加せんべい。キミも蟹派か。まあ、これからが旨くなるからのう。それにしても、今週は忘れ物が多いのう、うほん。

秋晴れや信楽去らむ牛と樽 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「秋晴れやむらさきしたる唐辛子(後藤夜半)」。 (アナグラム変換)むらさきしたるとうがらし→しがらきさらむうしとたる ※毎度お手間を取らせてすみません①。/北村 崇雄@TFP句会
秋晴れや尖る白滝うら寒し 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「秋晴れやむらさきしたる唐辛子(後藤夜半)」。 (アナグラム変換)むらさきしたるとうがらし→とがるしらたきうらさむし ※毎度お手間を取らせてすみません?。しかも季重なりが成功しているかどうか。 /北村 崇雄@TFP句会
秋晴れやむらさきイカす唐辛子 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「秋晴れやむらさきしたる唐辛子(後藤夜半)」。 (同音異義語変換)したる→いあう→いかす→イカす。 ※イカす、明らかに死語ですね…。/北村 崇雄@TFP句会
秋晴れや熊たち効かぬ唐辛子 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「秋晴れやむらさきしたる唐辛子(後藤夜半)」。 (同音異義語変換)むらさき→うああい→くまたち→熊たち。したる→いあう→きかぬ→効かぬ。 ※中七をダブル変換させてみました。しかし秋に熊出没は早すぎましたか。/北村 崇雄@TFP句会
秋晴れて凌雲閣の人散りし 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「秋晴れて凌雲閣の人小さし(正岡子規)」。 (一音変換)(ち)さ(し)→(ち)り(し)→散りし。/北村 崇雄@TFP句会
秋晴れや噂にしたる唐辛子 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「秋晴れやむらさきしたる唐辛子(後藤夜半)」。 (同音異義語変換)むらさき→うああい→うわさに→噂に。/北村 崇雄@TFP句会
秋晴れて凌雲閣の鳩小さし 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「秋晴れて凌雲閣の人小さし(正岡子規)」。 (一音変換)ひ(と)→は(と)→鳩。 /北村 崇雄@TFP句会
秋晴れて凌雲閣の人優し 北村 崇雄@TFP句会
●ギャ句"です。 原句は「秋晴れて凌雲閣の人小さし(正岡子規)」。 (一音変換)ち(さし)→や(さし)→優し。/北村 崇雄@TFP句会
○北村 崇雄@TFP句会くん、いやどうもどうもどうだです。ご苦労をおかけしているようじゃ。前にも言ったが、アナグラム変換は、例の本では、手法のひとつとして取り上げてはいるが、「最小の音変換による最大の意味変換」というギャ句゙の基本からは、やはり、厳しいと考えてオール5。そう言う意味では、「鳩小さし」がワシの推薦じゃ。そんなこんな、よろしくうほん。

秋晴やここをゆるめば食えるべし 北藤詩旦
●ギャ句゛:原句◇秋晴や心ゆるめば曇るべし 高浜虚子/北藤詩旦
シワ婆(ババ)の稀に鼻舐め秋晴るる 北藤詩旦
●ギャ句゛:原句◇白樺の稀には斜め秋晴るる 皆吉爽雨/北藤詩旦
秋晴の天もり来しか吾子の笑み 北藤詩旦
●ギャ句゛:原句◇秋晴の天より来しか吾子の文 林翔/北藤詩旦
朝や毛の剃る園まりに秋晴るゝ 北藤詩旦
●ギャ句゛:原句◇朝焼の空そのまゝに秋晴るゝ 高木晴子/北藤詩旦
我が身成マスクのみぞの秋晴れたる 北藤詩旦
●ギャ句゛:原句◇歪みなり真直ぐの溝の秋晴れたる 宮林菫哉/北藤詩旦
五色旗は垂りても無職秋晴るゝ 北藤詩旦
●ギャ句゛:原句◇五色旗は垂りても五色秋晴るゝ 久米正雄/北藤詩旦
今といふ刻股洗ふ秋晴るる 北藤詩旦
●ギャ句゛:原句◇今といふ刻またあらず秋晴るる 成瀬正とし/北藤詩旦
○北藤詩旦くん、おお、そうかそうか草加せんべい。「天もり」はワシも好きじゃ。ギャ句゙も2音同母音変換じゃのう。それにしてもじゃ、園まりさんはお元気か。お目にかかりたいのう、うほんごほん。

アキバへとうんと迂回をしてゐるよ 石井一草
●ギャ句゛です。 元句:秋晴の運動会をしてゐるよ/富安風生/石井一草
○石井一草くん、なになになんじゃもんじゃの木。アキバへ迂回とは、何をしておる。まあ、よろしい、うほんごほん。

秋晴るゝ噴飯見れば見ゆるかな 千条之御息所
●水原秋櫻子:秋晴るゝ噴煙見れば見ゆるかな/千条之御息所
烟吐く金許りなり秋晴るゝ 千条之御息所
●河東碧梧桐:烟吐く船許りなり秋晴るゝ/千条之御息所
○千条之御息所くん、どうしたどうした竹下景子。金許りとは、どうしたことじゃ。まあ、心配事はワシに相談しなさい。何も出来んが、うほんごほん。

秋晴や三度変わらず同じ飯 川越羽流
●原句「秋晴や散歩欠かさず同じ道」土井木賊 上の句と「秋晴や散歩蚊がさす同じ道」、「秋晴や三度欠かさず同じ飯」どれが一番いいギャ句”でしょう?/川越羽流
焼き場での炎をはなれゆく煙 川越羽流
●原句「秋晴の炎をはなれゆく煙」片山由美子(音2)/川越羽流
白に見るタイガーの中で秋晴るる 川越羽流
●原句「城に見る大河の流れ秋晴るる」鵜飼紫生(音3)/川越羽流
秋晴のまずは帰宅の父を待ち 川越羽流
●原句「秋晴の町は北区の地図の町」山口誓子(音3)/川越羽流
秋晴や父(とう)の片栗固形成る 川越羽流
●原句「秋晴や陶のからくり時計鳴る」瀬戸雄三(音2)父の手料理イマイチ/川越羽流
歩くこと腸にもよくて秋日和 川越羽流
●原句「歩くこと蝶にもありて秋日和」依光陽子(音2)/川越羽流
秋晴の口に咥へて葛甘し 川越羽流
●原句「秋晴の口に咥へて釘甘し」右城暮石(音1)/川越羽流
ものうげな静かなる彼秋日和 川越羽流
●原句「ものかげの静かなるかな秋日和」高野素十(音3)/川越羽流
秋晴や世帯から恥一文無し 川越羽流
●原句「秋晴や瀬多の唐橋一文字」下村槐太(音4)/川越羽流
秋晴やひ孫の君の立ち上がる 川越羽流
●原句「秋晴やたまごの黄身の立ち上る」しおやきみこ(音3)/川越羽流
秋晴や狂う図線上コンパスと 川越羽流
●原句「秋晴やクルーズ船上コンチェルト」河本利一(音2)/川越羽流
秋晴や仔豚をかるく食はせても 川越羽流
●原句「秋晴や瞼をかるく合はせても」鷲谷七菜子(音2)/川越羽流
秋晴やカラスの美食見る箱根 川越羽流
●原句「秋晴やガラスの美術見る箱根」金子八重子(音3)/川越羽流
アリバイを極めんとして仇となる 川越羽流
●原句「秋晴を極めんとして朝となる」稲畑汀子(音3)/川越羽流
諦めを五十の年に乗せてをり 川越羽流
●原句「秋晴を五重の塔に乗せてをり」稲畑汀子(音3)/川越羽流
秋晴やスコーンにつけるココアあり 川越羽流
●原句「秋晴やスコーンと抜ける心あり」朝倉晴美(音3)/川越羽流
アキバでのおどろき安き神のToy 川越羽流
●原句「秋晴のおどろきやすき神の鶏」山尾玉藻(音2)アキバ=東京秋葉原/川越羽流
秋晴や足むくむまま街に出て 川越羽流
●原句「秋晴や足向くままに街に出て」宮本俊子(音1)/川越羽流
秋葉や中二ゑがきて自を惜しむ 川越羽流
●原句「秋晴や宙にゑがきて字を教ふ」島谷征良(音1)中二病/川越羽流
きこゆるや呆れ果つ魔のひとりごと 川越羽流
●原句「きこゆるや秋晴妻のひとりごと」日野草城(音2)/川越羽流
加齢の味なめて吾が妻秋日和 川越羽流
●原句「カレーの匙なめて吾が妻秋日和」草間時彦(音1)/川越羽流
秋晴の何処かに連れを忘れけり 川越羽流
●原句「秋晴の何処かに杖を忘れけり」松本たかし(音1)/川越羽流
秋晴を今日飲み上げとしたりけり 川越羽流
●原句「秋晴を京の土産としたりけり」柿沼盟子(音0)/川越羽流
○川越羽流くん、おお、ガンバったじゃあ内科小児科肛門科。いつも、頭が下がるケツは上がる。努力は偉い、箸重い。なんだか分からんが、まあ、そんなもんじゃ焼き。しかし、忘れ物の多い週じゃ。みなさん、注意しなさい。アキバに行く人も多い週じゃ。そしてキミにも言っておこう。ギャ句゙の自選眼じゃのう。自分で出来たと思うギャ句゙を選ぶのじゃ。分かったのう。分かったじゃろうのう、うほんごほん。

秋晴や友もそれぞれラボを持ち 西村小市
●ギャ句゛@原句は《秋晴や友もそれぞれ祖母を持ち/中村草田男》/西村小市
秋晴や寒風山の恥部一つ 西村小市
●ギャ句゛@原句は《秋晴や寒風山の瘤一つ/高浜虚子》/西村小市
秋晴や山を一つに描こうか 西村小市
●ギャ句゛@原句は《秋晴や山を一つに伊賀甲賀/山口みちこ》/西村小市
湯浴むことなき秋晴の一日かな 西村小市
●ギャ句゛@原句は《ゆるむことなき秋晴の一日かな/深見けん二》/西村小市
秋晴の空気に射精せよといふ 西村小市
●ギャ句゛@原句は《秋晴の空気を写生せよといふ/沢木欣一》/西村小市
秋晴やいつも来てゐる轡虫 西村小市
●ギャ句゛@原句は《秋晴やいつも来てゐる靴直し/久保田万太郎》/西村小市
秋晴やかもめの白に水の映え 西村小市
●ギャ句゛@原句は《秋晴やかもめの尻に水の映え/高浜年尾》/西村小市
仙人とふく口笛や秋の晴 西村小市
●ギャ句゛@原句は《船員とふく口笛や秋の晴/高野素十》/西村小市
商いのあと秋晴を極めたり 西村小市
●ギャ句゛@原句は《朝地震のあと秋晴を極めたり/菅裸馬》/西村小市
秋晴れのどこかに妻を忘れけり 西村小市
●ギャ句゛@原句は《秋晴れのどこかに杖を忘れけり/松本たかし》/西村小市
秋晴や心ゆるめばカモるべし 西村小市
●ギャ句゛@原句は《秋晴や心ゆるめば曇るべし/高浜虚子》/西村小市
○西村小市くん、おや、キミも奥さんを忘れた口か。まあ、よろしいよろしい。しかし、安定のギャ句゙じゃのう。安心するのう。「山を一つに」「ラボを持ち」「湯浴むことなき」など、読ませるのう。しかし、しかしじゃ、ワシは空気に射精せよとは言っておらん。ほんとに、もうもう。そんなことじゃから、妻を忘れるのじゃ。ほんとに、ひとつ、よろしく哀愁!じゃ、うほんごほん。

秋晴の林檎園本家の短足 星埜黴円
●元句: 秋晴の林檎園本家の貫禄  加藤かけい /星埜黴円
秋晴の少し曇り鹿と思ふ 星埜黴円
●元句: 秋晴の少し曇りしかと思ふ  高浜虚子 /星埜黴円
はるばると来て函館の秋晴るる 星埜黴円
●元句: はるばると来て逢ふことの秋晴るる  下田実花 /星埜黴円
秋晴るゝ温泉見れば見ゆるかな 星埜黴円
●元句: 秋晴るゝ噴煙見れば見ゆるかな  水原秋桜子/ ぐぇっへっへ。うえーへっへっへ。混浴最高。 /星埜黴円
秋晴のどこかに連れを忘れけり 星埜黴円
●元句: 秋晴のどこかに杖を忘れけり  松本たかし /星埜黴円
朝自慰のあと秋晴を極めたり 星埜黴円
●元句: 朝地震のあと秋晴を極めたり  菅裸馬/ 18歳未満の方は、読んではいけません。賢者モード。/星埜黴円
秋晴やかもめの尻に銀の蠅 星埜黴円
●元句: 秋晴やかもめの尻に水の映え  高浜年尾 /星埜黴円
秋晴やいただき光る奴が禿 星埜黴円
●元句: 秋晴やいただき尖る八ヶ嶽  大橋越央子/ ですよね? どうだ先生。わたしも・・・。/星埜黴円
禿すこしフケ落としたる秋日和 星埜黴円
●元句: 塵すこし掃き落としたる秋日和  後藤夜半/ 「秋晴」の傍題に「秋日和」が出ている歳時記もありますが、角川の歳時記(角川大歳時記 2006 角川書店、圖説俳句大歳時記 1963 角川書店)を見ると、二者はちょっと違う季語である気がします。 /星埜黴円
ケンシロウ干潟に消ゆる秋日和 星埜黴円
●元句: 浪白う干潟に消ゆる秋日和  大須賀乙字/ 傍題(?)です。/星埜黴円
しんがりに昇龍がきて秋日和 星埜黴円
●元句: しんがりに恐竜がきて秋日和  南村健治/ ドンゴラズファンの人に捧ぐ。今年は、最後にゴンドラズが、逆襲にやってきそうな気がします。ツバメはねぇ・・・八月いっぱいで、南へ帰りますよ。とほほ。/星埜黴円
船員とばく口笛や秋の晴 星埜黴円
●元句: 船員とふく口笛や秋の晴  高野素十 /星埜黴円
秋晴やアルパカ連合はるかにす 星埜黴円
●元句: 秋晴や白樺連峯はるかにす  磯野充伯 /星埜黴円
秋晴の部屋の猪木のアリに蹴り 星埜黴円
●元句: 秋晴の部屋の中にもありにけり  塙 告冬 /星埜黴円
蜘蛛の胃に子蜘蛛溶して秋日和 星埜黴円
●元句: 蜘蛛の囲に子蜘蛛育ちて秋日和  高木晴子 /星埜黴円
秋晴の糞も流るること忘れ 星埜黴円
●元句: 秋晴の雲も流るること忘れ  井沢正江/ まるでイミテーション・ゴールド(歌 山口百恵さん/作詞 阿木燿子さん)のようですね。「うんこのあとの。便のしずくを。トイレットペーパーで拭き取りながら・・・・。(前奏)・・・彼が窓辺で話しかけるわ。流れる糞さえ、季節の色だと。」 /星埜黴円
秋晴やむらむらしたる唐辛子 星埜黴円
●元句: 秋晴やむらさきしたる唐辛子  後藤夜半 /星埜黴円
刻々に大禿頭となる如し 星埜黴円
●元句: 刻々に大秋晴となる如し  皆吉爽雨 /星埜黴円
秋晴や肛野大門吹きさらし 星埜黴円
●元句: 秋晴や高野大門吹きさらし  板谷芳浄 /星埜黴円
裸痔男よく聞こえ北佐久秋の晴 星埜黴円
●元句: ラヂオよく聞こえ北佐久秋の晴  高浜虚子/星埜黴円
屁には屁の糞には糞の秋晴るゝ 星埜黴円
●元句: 樹には樹の草には草の秋晴るゝ  渡部抱朴子 /星埜黴円
つるむことなき秋晴の一日かな 星埜黴円
●元句: ゆるむことなき秋晴の一日かな  深見けん二/ 独身なんです。きっと。 /星埜黴円
秋晴れて蛇屋の玻璃の台が臭せえ 星埜黴円
●元句: 秋晴れて蛇屋の玻璃の大学生  加藤楸邨 /星埜黴円
天と地と人並選を讃へ合ひ 星埜黴円
●元句: 天と地と大秋晴を讃へ合ひ  高田風人子 /星埜黴円
水野美紀酔う秋晴の燈台下 星埜黴円
●元句: 水飲みて酔う秋晴の燈台下  西東三鬼 /星埜黴円
秋晴や港のヨーコ居るときなし 星埜黴円
●元句: 秋晴や港の潮の澄むときなし  五十嵐播水/ ちょっと前なら覚えちゃいるが、一年前だと、ちとわからねぇなあ。・・・(中略)・・・あんた。あの娘のなんなのさ(← わからないとか言いながら、知っているじゃん、ヨーコのこと)。 /星埜黴円
秋晴や蛆の大橋横たはり 星埜黴円
●元句: 秋晴や宇治の大橋横たはり  富安風生 /星埜黴円
秋晴や花のごとくのさるをかせ 星埜黴円
●元句: 秋晴や花のごとくにさるをがせ  田村木国/星埜黴円
○星埜黴円くん、これはまた、なんとなんと南都銀行。うーん、ガンバリマックスじゃのう。と言いつつ、連れを忘れるは、朝の自慰だは、おまけにリューマチ科。いや、なんだか分からんが、それにしても、禿禿と連呼しなくても、いいじゃあ内科小児科肛門科。おまけにリューマチ科。まあ、よろしい。努力は認めよう。ほんとに、今週も、なんだ神田の明神さんじゃ。うほんげほんごほごほ。

◆今週の「聞き做し季語」?!
 兼題の季語が、耳にどう聞こえるか?……というクダラナイ試み。

「聞き做し季語」泣き真似 竹織
●このスキルを持ち合わせていないため、幾つかの損をしているような気がします。/竹織
○竹織くん、うん?どうしたどうした竹下景子。まあ、泣くのがダメなら、笑いなさい、笑いなさい、うほんごほん。

脇腫れ・赤馬簾・秋バレエ・飽きハーレー・アキバ連 さとう菓子
○さとう菓子くん、やはり、そうか、アキバか。うんまあ、良しとしよう。うほんうほん。

聞き無し季語 はずきめいこ
●秋晴れ 牧場へ 兄はね 飽き晴れ ガキバレ 空き貼れ 湧き羽根 掃き枯れ 破棄バレ /はずきめいこ
○はずきめいこくん、おお、ごくろうをようじゃ。今週の聞き做しは難しいかのう、すまんのう、うほんごほん。

「聞き倣し季語」空き箱 青蝿(夏) あっぱれ ひろ志
○ひろ志くん、そうかそうか草加せんべい。空き箱か。そうじゃのう。まあ、あっぱれと言っておこう。うほんうほん。

飽きたね、ガキばれ、足腫れ、亜希かね? 、味が無(ね)、足が無(ね)、わしかね? 、吐きかけ。 星埜黴円
●聞き做し季語です。足腫れは、痛風発作の標語に使えそうですね。例「足腫れはビール焼き鳥もつレバー」/星埜黴円
○星埜黴円くん、うーん、そんな兵庫、いや、標語か。今度、君のところに行って確かめてみるか。まあ、今週は、秋田ね、いや、飽きたね、じゃな。うほんげほんごほごほ。

◆今週の「なんちゃって回文」

気は秋晴れ草を探れば黄淡き くろべぇ
●なんちゃって回文 きはあきばれくさをさくればきあはき/くろべぇ
○くろべぇくん、おお、そうじゃのう。そんなもんじゃ焼きの秋じゃのう。秋も深むのう、うほんごほん。

食無い秋晴知れば気合い無し さとう菓子
●「なんちゃって回文」しないあきばれしればきあいなし/さとう菓子
○さとう菓子くん、まあそうじゃ、そんな時もアルじゃロウ。秋じゃからのう。そのうち、秋晴が来るもんじゃ焼き。うほん。

清き秋晴テレテレ履き秋良き はずきめいこ
●回文俳句 清き秋晴テレテレ履き秋良き きよきあきばれてれてればきあきよき/はずきめいこ
○はずきめいこくん、秋は良いもんじゃ焼き。そうそう、すがしいものじゃ。ところで、テレテレ履きとは、その、なんじゃなんじゃなんじゃもんじゃの木?うほん。

包まれば忌明け透け秋晴まるく 遠音
●回文俳句。くるまればきあけすけあきばれまるく/星が幾たびも生まれ、燃え、ゆらめき流れ落ちて、地上には幾つもの繭が生まれ、生まされ、しゅしゅしゅわと己を鎧い、百年千年、吐き尽くしたいのちはぽとぽとと弾かれ掃かれ、まっとうできぬ生のうずたかく臭気を放つこともなく風に散り、あのひとのたましいももう吹き攫われて、喪が明けましたねなどと間抜けた挨拶をされて、わたくしはずっとずっと繭でいたかったのに、今日も言葉の糸であのひとのいない生活を覆い隠してまなぶたを閉じればしろいひかりがこの暗やみを薄めてゆく、忌明けとはひかりなのか、抗いがたい流れを感じながらわたくしはいよいよ糸をめぐらす、秋晴とは果てのない瞬間だという、ならばわたくしは果てをこさえよう、もう終わりにしてしまいたいのだ、すべてを、失うことを、あたたかな穏やかな日の暮れる絶望を、この糸はどこにも繋がらない、広がらない、わたくしを覆い、絡め、閉じた円環にからだを丸めて、闇に沈みたいのだ、さあ聞け、さらばえた虫の吐息を、暗やみの艶なき響みを、わたくしに構うな、もう、閉じたいのだ、さぁ、/遠音
○遠音くん、そうかそうか草加せんべい。忌明けなのか。それは、たいへんじゃった。まあ、秋晴じゃ。晴れ渡るのを待つもんじゃ焼き。うほんごほん。

須磨秋晴れ妻を待つれば気余す 川越羽流
●回文 すまあきばれつまをまつればきあます/川越羽流
寄れば気合い湧いて祝い秋晴よ 川越羽流
●回文 よればきあいわいていわいあきばれよ/川越羽流
○川越羽流くん、ほほう、須磨の待ち合わせかのう。まあ、待つのは手持ち無沙汰じゃから、句作でもしなさい。きっと、名句が生まれる。うほんげほんごほごほ。

釧路良い秋晴は気合いヨロシク 塩の司厨長
●(くしろよいあきはれはきあいよろしく) 回文っぽい俳句です。この季節の釧路はもう寒いですよね。「気合いヨロシク」ですね。/塩の司厨長
○塩の司厨長くん、いや、いいじゃあ内科小児科肛門科。秋晴なのに、今週はどうも、秋晴らしい回文が無かったが、これは、よろしいよろしい。うほんごほん。

彼は起亜虎は茨と秋晴か 星埜黴円
●回文です。 かれはきあとらはいばらとあきばれか/ 起亜タイガース。光州広域市に本拠地を置く、KBOのプロ野球チーム。KBO創設時からある、一応名門チーム。ライバルは、やっぱりロッテ・ジャイアンツ(釜山広域市)なんすかね? 彼の地の野球事情には、詳しくなくてすまんです。/星埜黴円
通る今朝秋晴はギア下げる音 星埜黴円
●回文です。 とおるけさあきばれはぎあさげるおと/星埜黴円
○星埜黴円くん、そうなのか。ワシは全く、彼の地の野球事情は分からんが。そして、2句目は、いいじゃあ内科小児科肛門科。おまけにリューマチ科。いや、ギアが上がってきた、うほんごほん。

酢麸炒りぬ秋晴はキアヌ・リーブス 西川由野
●回文です「すふいりぬあきばれはきあぬりいぶす」豚肉の代わりにお麩で酢豚?お祖母様が中国系だとも。 /西川由野
田みないづれ破棄秋晴つい涙 西川由野
●回文です「たみないづれはきあきばれついなみだ」 /西川由野
○西川由野くん、そうなのか。なんだか、旨そうな気もするが、そうで無いような気もするが。キアヌ・リーブスは良く持ってきたもんじゃ焼き。2句目も、泣かせるのう、うほんげほんごほごほ。

回文:遠野来たれ萩秋晴滝の音 戸部紅屑
●仮名:とおのきたれはぎあきばれたきのおと (十七音)/戸部紅屑
回文:危惧感秋晴去れば起案書く気 戸部紅屑
●仮名:きぐかんあきばれさればきあんかくき (十七音)/戸部紅屑
回文:夫に戻れ覇気秋晴共に待つ 戸部紅屑
●仮名:つまにもどれはきあきばれともにまつ (十七音)/戸部紅屑
回文:「並」も載れば気合「秋晴」のも皆 戸部紅屑
●仮名:なみものればきあいあきばれのもみな (十七音)/戸部紅屑
回文:解決秋晴なれば気圧計か 戸部紅屑
●仮名:かいけつあきばれなればきあつけいか (十七音)/戸部紅屑
○戸部紅屑くん、おお、おお、1句・2句といいのういいのう伊能忠敬。「並」はもちろん、掲載じゃ。うほんごほん。

 

※『俳句ポスト365』の文字が小さすぎる?
 この問題に関しては「それぞれのパソコンの個性によって見え方が違ってくるので、統一して同じ大きさにするのが難しい」のだそうです。次の方法でひとまず対処して下さい。
 「CTRL(コントロール)」のキーを押さえておいて「+(プラス)」のキーを押すと、自動的に文字が拡大されます。同じ方法で「-(マイナス)」のキーを押すと小さくなります。一度この方法を試してみて下さい。

よしあきくん

ページの先頭