俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 実紫

第250回 2020年9月3日週の兼題

実紫

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●今回初めて投稿させていただきます。 オーガストスガワラマサトです。 3年前から俳句の勉強を始め、現在は高校の文芸部で俳句を作っています。良い作品ができるよう頑張ります。/オーガストスガワラマサト
●初めて投稿いたします。 夏木先生がご出演されているバラエティー番組を見て、自分でも詠んでみようと思い立ってみました。/おりざ
●初めての投稿です。/キティ
●俳句ポストうれしいです。 私は、ただ作るだけで、箸にも棒にもかからない身ですけれど、ここを見つけたので少しずつ情報を集めて読んでいこうと思いました。 ちなみに愛媛も台風10号の影響を受けたと聞いています。お見舞い申し上げます。/ぴろこ
●初めて投稿するので、何を書いたらいいのかわからないまま書かせていただきます。 テレビ番組などで人気がすごいのでものすごい数の投稿を裁かれることと存じます。 お体に気を付けて、頑張ってください。 松山市もまた、台風10号の影響を受ける可能性があるというニュースだけ聞いています。 お見舞い申し上げます。 /ぴろこ
●巴里の地にて、いつき組・組員始めました!俳句ポスト365へは初めて投句。まだまだひよっ子(64歳!笑)。ご指導宜しくお願いします。まずは、何とか・・・選んでいただける俳句を作ること。頑張ります。/レーヌ・クロード
●初めまして、亀子です。俳句は初心者です。自粛中で時間は一杯あり、俳句投稿で助かっています。プレバトが俳句との出会いです。宜しくお願いします。 /亀子 
●初めまして、山上道霞(やまがみどうか)と申します。 初投稿、初投句となります。 将来僕は句集を出版をしたいので、「天・地」の句を目指します。 しかしながら、まだ句集を出版するにあたって疑問などが今後出てくると思います。現在俳句ポスト365の「天・地」の句に選ばれた句、大規模な句会で優秀句以上の句を掲載の基準にしています。 また何かしらの質問をすると思います。 よろしくお願いします。/山上道霞
●夏井先生のプレバトが好きで最近、夏井先生の超カンタン俳句塾を購入して 俳句を初めました。 よろしくお願い致します。/正山
●俳句を独学で始めて一年二か月です。色々勉強させて頂いています。 前回 投句した際には俳号を堂林柊ニとしていましたが、中原柊ニと改めさせて頂きます。 よろしくお願いします。/中原柊ニ
●夏井先生、選者の皆様 初めまして中原柊ニと申します。 前の投句で堂林柊ニと名乗りましたが改めさせて頂きます。世はコロナコロナで自粛気味ですが、俳句は紙とペンさえあれば出来る趣味ですし、それに学んでいてとても楽しい。生涯の趣味としたいと思います。その為に勉強させて下さい。よろしくお願いします。/中原柊ニ
●松山には数年前に母を連れて いかせていただきました。 母も趣味で俳句を書きためていましたが 私は初心者です。 こんな形で参加させて頂けて嬉しいです。 /東山せつこ
●俳句初心者です。 これから勉強させて頂きます。 よろしくお願い致します。/東山せつこ
●初めての投稿です。お手柔らかにお願いします。/堂林柊ニ
●初めて俳句を作って投稿します。難しいけど、これからどんどん作っていきたいです。/抹茶ママ
●俳句ポスト初投句です。どうぞよろしくお願いいたします。/澤井竜子
●初めまして、山上道霞(やまがみどうか)と申します。 夏井いつき先生の存在は「プレバト??」で知りました。 僕は小学4年生から中学3年生まで自分なりに俳句活動をしました(小学6年生の俳句・短歌クラブの立ち上げや中学2年生からの俳句づくり)。 今年の3月、フルーツポンチの村上健志さんの俳句「初日記とめはねに差すひかりかな」に感銘を受けたのを機に俳句活動を再開しました。社会人であるが故に俳句教室には行けず、「プレバト??」で独学して勉強しております。 もちろん村上さんは僕の憧れの師匠です。いつか夏井先生と村上さんと一緒に俳句を詠みたいです。 俳句活動を再開し、まだまだ未熟なところばかりです。しかしながら、俳句による言葉の美しさ、俳句による日本の四季の風景の美しさを知りましたので、今後俳句を僕の生涯学習にして活動します。 これからよろしくお願いします。/山上道霞
○皆々様ようこそ俳句ポスト365へ。老若男女みんなでできる生涯学習、楽しんでまいりましょう♪(正人)

●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●いつもありがとうございます。/ちあき
●よろしくお願いいたします/花南天anne
●いつもありがとうございます!/間仁田彩
●今回もよろしくお願いします。/古瀬まさあき
●よろしくお願いいたします。/糸賀太
●いつき先生、お疲れさまです。よろしくお願いします。/清水祥月
●敬愛なる組長!いつもありがとうございます!/村上 無有
●いつも有難うございます。/大和田美信
●宜しくご指導のほどお願い申し上げます。/中嶋敏子
●下手くそで意味不明かもしれませんがよろしくお願いします。/付いてる付いてる!
●毎月同じ希望です。「俳句ポスト365」を永く続けてください。/風間昭彦
●宜しくお願い致します。/堀雅一
●宜しくお願い致します。/薔薇真理コ
●「俳句ポスト365」の皆様こんにちは。どうぞよろしくお願い致します。/松山のとまと
●喜寿からの啓蟄俳句 春になるやら 春休みになるやら/佐藤 啓蟄
●やはり、投句出来る場所があるのは本当な有難いことです。まだ初心者ですが、めげずに投句したいと思います。/いちげん次元
●新人です素敵な言葉をたくさんお勉強したいです/こびたん
●暑さに負けず頑張っています。今回もよろしくお願いします!!/じゃすみん
●俳句ポストに投函するのは2回目です。俳句ポストを通じて、いろんな季語と出会えることができて嬉しいです!/はっしー
●組長、スタッフの皆さま、いつもどうもありがとうございます!/まどん
●広島ブログの仲間たちに誘われ今回2回目の投句です。よろしくお願いします。 /みほめろ@いつき組広ブロ俳句部
● こういう機会を与えていただき、障害のため句会参加の難しい私にとって、深い喜びの内におります。感謝に包まられております。 /みやまおだまき
● 8000を越える投句の数に驚くと共に、その対応をされる方々のご苦労を、夏井いつき先生の情熱を想います。有り難いと思います。/みやまおだまき
●夏井先生、正人さまはじめスタッフの皆様いつも大変お世話になっております。 膨大な数の選句ご苦労様です。ありがとうございます。 皆さまくれぐれもお体大切にご自愛下さい。/英与
●こんにちは。今回もぎりぎりで二句推敲しました。直しても変わりばえはしませんが 何故かこうして送ってしまいます。無駄に句数を増やしてしまいすみません。 まだまだ俳句の分からない私ですがよろしくお願いします。 台風10号が過ぎ少し涼しくなりました。皆さま夏の疲れが出ませんようお気をつけ下さい。 /英与
●前回の投稿をすっかりと忘れてしまい落ち込んでおります。。でも気を取り直してまた頑張ります。よろしくお願いいたします。 いつも本当にありがとうございます。/佳子
●こんにちは。 今回で、12回目の投稿になります。 並のところに数回、人の所に一回、名前を見つけて嬉しく、励みになります。 これからも宜しくお願いします。/山口 朝子
●俳句ポストへの投句も9回目になりました。続けていけるよう楽しみながらゆるゆる頑張ります。/山羊座の千賀子
●なかなかパッとしないご時世ですが、ここに集うハイポニストたちに力もらってます。私も少しでも素敵な句をよめるよう精進します。/山羊座の千賀子
●コロナの中、俳句ポスト365を続けてくださって感謝しています。こんな世の中だからこそ俳句を通して心豊かに生きることの大切さを感じています。どうかお身体を大切にしてください。/紫蘭
●いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●「重陽」から投句をはじめて、気が付けば1年。「継続は力なりを信じて頑張ります」と誓った記憶がかすかにあります。これからもよろしくお願いします。/小笹いのり
●組長、正人さんこんにちは! YouTubeを毎回楽しく拝見しています。 組長と正人さんを、より身近に感じられて幸せです。 さて私朶美子(えみこ)はらつこマミー時代より 今回の「実紫」の回まで250回皆勤を続けています。 (確かこまさんもそうだと思います) 100回のときと 200回のときにご報告しましたが 300回までは待ち遠しいので とりあえずここで中間報告させてください。 これって年取ったということですねえ。 (ひそかにほめてほしい気持ち見え見え!) /朶美子(えみこ)
○2013年から始まった俳句ポスト365、250回皆勤とはお見事!!楽しみつつ継続すれば力もついてくる~♪(正人)

●久々の参加です。/ローストビーフ
●3年ぶりの投句です。/月酔
●このコロナ禍で、自宅でも想像して詠める俳句に.5年ぶりに挑戦。6俳句ほど投稿しました。/妙女
●夏井先生、正人さん、俳句ポストのスタッフのみなさま ご無沙汰しています。 春先よりウィルス以外にもいろいろバタバタしており 半年ほど投句をお休みしていました。 まだまだ落ちつかない日々が続いていますが、 そんなときこそ、遠くに行かずとも近所の公園や川、 海、風や天気から元気をいただいてます。 俳句があってよかった。改めてそう思います/倉形サラ
●少し投句をさぼっていました。「唐辛子」の回でなぜか詰まり、次の「秋晴」も見逃し、えいっととにかくバットを振る感じの今回です。/裏山小虫
○ちょい久々もめっちゃ久々もウェルカム。バットも振らなきゃ当たらない!(正人)

●何回か参加させてもらっています。考えるのが楽しいです。参加することに意義あり、そう思ってやっています。これからもよろしくお願いいたします。/忍
●夏井先生、正人さん、スタッフの皆様いつも、ありがとうございます。 今回は俳句ポスト、拙ブログで出会いました(私にとっての句友)の方々の事を 感謝を込めて詠みました。 /百合乃
●私の仲間の一人が、俳句を真剣に学び始めました!同世代の俳句仲間が増え、テンション上がっております!!/雪陽
●唐辛子に続いて2回目の投句です。夫と一緒に楽しく詠んでいます。/むゆき
●父のお蔭で父娘と俳句を楽しみ嬉しいです。蓮風(父)の投稿は紀杏里(娘)がしてます。これからも親子で投稿させていただきます。/紀杏里
●組長、みなさま、いつもありがとうございます。 正人さま、たびたびのコメント、いつも嬉しく感じ入っております(^^) 今回もどうぞよろしくお願い致します。/靫草子
●下手な俳句らしきものでも、どんなに落ち込んでも好きになったみたい。また悩みますが。/みつき小夏
●最近、高尾山へ行くことが多いです。そこで一句作ろうと思いますが、なかなか視点を変えられずいつも似たような俳句になってしまいます。私に影響され俳句を始めた夫とも意見交換しながら、鍛えていきたいと思います!/sugarlily
●俳句を始めて3か月。まずは春夏秋冬全てね季節を詠んでみたいです。一年目標です。/吉野春夏
●組長はじめ、皆々様、いよいよ秋を感じる頃ですね。俳句ではもう冬を意識し始める頃でしょうか。今年はいろんな行事がなくなることが多く、いつの間にか時が過ぎている気がします。俳句のおかげで季節の声を意識し暮らせてます。ありがとうございます。/久素木葉子
●俳句は 新しい事を知ることが出来る趣味ですね やって良かった続けて良かったです。 今回の実紫の兼題季語でしみじみ思いました。/句詩呼
●夏井先生その他、俳句ポストに係る方々へ 仕分け、選句、その他私には分からない細々とした作業、ご苦労様。ありがとうございます。お陰で、私の並戦隊の俳句でも、楽しむ事ができます。この俳句ポストの一期一会、俳句道場その他の投稿記事を読むだけの勉強しかしませんが、とても参考になります。投稿者の皆様ありがとうございます。/吹子
●いつも楽しみに拝見させていただいております。 俳句をはじめて1年が過ぎたところでありますが毎度、兼題を拝見しては素敵な季語が本当にたくさんあること、そして今まで以上に季節をもっと深く知ることが出来て俳句をやってみて良かったと思っています。 これからも素敵な季語を学びながら季節を感じていけたらと思います。/川村 なしえ
●いつも思いますが、選句はすごく大変な作業。参加費をお支払いしたいくらいです。 コロナの影響で、異常な忙しさ(と言っても収入が増えているわけではなく、精神的にも肉体的にも疲れているだけです)となっているのですが、俳句ポスト365に投稿することで大きな癒しをいただいています。 本日9月7日、台風明けの猛暑です。皆さま、ご自愛ください。/毒林檎
●投稿10作です。 俳号風蓮としてます通り、私の行動のテーマは「風」です。 併せて歌を唄っていますが、これも風を感じながら唄います。  (冗談ですが、「藤井風」の「kazeyo」は美瑛の丘で唄います。)   俳句を創る楽しい時間に声が揚がります・・/風蓮徹
●いやー、天地の句は凄いわ。シビれる!写真あり、動画あり、モノクロ・セピア色の心象風景ありと、本当に目と心の保養になります。自分の結果なんかどうでもよくなる。いや頑張りますけど(笑)俳句文芸安泰!!/北藤詩旦
○仲間が増えるとやりがいも増える!楽しみも増える!楽しみながら心と脳が保養できるなんて素敵じゃーありませんか♪(正人)

●ちょいちょい人選頂けるようになってからは、次はいっぱい投句して二句以上並選人選頂けるように頑張るぞぅと目標を立ててみる今日この頃であります。そんな私に対し、家のワンコはベッドから高みの見物しているのであります。ベッド返して欲しいのであります……。/高倉ちとさ
●夏井先生 いつもご選ありがとうございます。 「人」以内に選んで頂ける句を作るにはどうすればよいのかを、常に考え勉強しながらこれからも頑張っていきます。/川村ひろの
●よろしくお願いします。 前回に引き続き、今回もむずかしかったです。 前回のは、気づけば出した句全てが季重なり? 今回は、夜中に目覚めた時に思い浮かんだ句が良かった(ような気がする)のに、起きたら思い出せず… 次回に期待です。/浅河祥子
●最近いろいろなところで俳句に接する機会を得て、その豊かさを享受しています。逆に、実際に作句する時に「考えてしまう」傾向もあります。何も考えないのも成長がない気もするし、あまり考え過ぎるのもよくない気がします。/藤井天晴
●超カンタン俳句塾を一遍読み、2回目に入っています。 気にいった言葉,句を蛍光ペンでマーク、付箋をつけたりしています。 千葉ロッテマリーンズの試合の結果を俳句調で投稿しています。/松瀬章々
●兼題「藤袴」以来、ハイポの先輩方の作品を見るたび、季語は見た目やことばの響きといったイメージだけでなく、それぞれがそれぞれの重さや奥行き(上手く表現できないのですが…)を持っているのだと強く感じています。夏井先生のおっしゃる「季語の本意」や、「季語は機能しているか?」は、これらをきちんと理解して反映できているか?ということなのかな、と思ったのですが、自分がこれまで作ってきた俳句を思い起こすと、急に俳句の作り方がわからなくなってしまいました。スランプというべきか、今まで意識できていなかったことが急に目の前に現れて、混乱しているのかもしれません。今まで「いいのができた!」と思っていた作品が「これで本当にいいのか?」になってしまったので、しばらく多めに投句させていただこうかと思っています。お手数をかけますが、しばらく手探りで頑張りたいと思います。/真井とうか
○各々の勉強法も参考にしつつ、他の人の話聞いて「私もやってみよう」なものが見つかると良いですねえ。最近ではyoutubeで夏井いつきの俳句チャンネルという配信を行ってます。スランプになった時の話も以前しましたね。(正人)

●575で間を開けない! 基本の基だったのですね。学びました。気を取り直し、これから頑張りまぁす。/吉野文
●組長、「野分」火曜日「俳句道場」へのお便りの掲載とお返事のコメントをいただきまして、本当にありがとうございます。季節の変わり目、どうぞお身体を大切にお過ごしください。/渋谷晶
●俳句道場を拝見して五七五の間を空けないこと、勉強になりました。 完璧な初心者ですが、ウォーキングの合間に俳句を考えるのが 楽しみになりました。/緒里乃
●これまで6回投稿…発表済みの3回は全て並選に掲載いただきました。最初、並選は「その他大勢」「参加賞」だと思っておりました。ネットで調べてみるとそうではないようで、あれっ、喜んでもいい?と、ジワジワ、ニンマリ。/毒林檎
○ちゃんと火曜日を読んで学んで下さってるのがうれしい!素晴らしい!よくある思い込みが払拭されていきますように♪(正人)

●今回は訳あって、締切の二日前に投句がすみました。偉いぞ>私。/星埜黴円
●子どもの頃、宿題を溜めるのが苦手でした。 なんかしっくりこなくて、そのままにしていたら本日締切日! この衝撃の事実に震えています。/みほめろ@いつき組広ブロ俳句部
●寝落ちによる時間切れが頻回になってきたので、今日は早めに投稿します。今日投稿している時点で早くないけど… よろしくお願いいたします。/みょん
●締め切りギリギリで投句しました。今回はやめようと思いましたが、結果はどうでアレ俳句はやめられない 事でした。/句詩呼
● 夏井先生、正人さん、スタッフのみなさま、いつも選句をありがとうございます。今回は、エネルギー切れでした。ふがいない句ばかりで、申し訳ありません。/榊裕江子
●今回は眠りませんでした! ちゃんと四十分くらい前から考えました。笑/江口小春
●締切まであと10分です……!あともう1回送りたいので回線の好調を祈ってます……/金乃きうい
○どんどん時間ギリギリになっていくギリギリーズ。40分前だの10分前だの見てると、二日前に投句が済んだなんて偉すぎに感じる!?(笑)(正人)

●生来ぼんやりしているせいか、生き急ぐように俳句に関わるのに向かないようです。この先、休み休み投句申し上げてたく存じます。その節は宜しくお願いします。/斑山羊
○休み休みでOKOK。付き合いやすく参りませう。(正人)

●たくさんの投句数とお聞きしています。御健康に御留意ください。/マツイミキロウ8191
● 自分で一句を選べないので、二句投句させて戴きます。 コロナ禍で、俳句を始めました。兼題「西瓜」では佳作に選んでいただき、大喜び致しました。 ありがとうございました。これからも宜しくご指導をお願い致します。/中嶋敏子
●夏井先生、毎回選句本当にお疲れさまです。いつも何千もの句から選句していて頭がバクハツしてキーっとなりませんか。あまり無理しないでくださいね。/丹下京子
●今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。今回の「実紫」、俳句ポスト365の「底本」とされているカラー版 新日本大歳時記(講談社)では見出し季語「紫式部」の傍題となっています。さてさて皆さん、実紫で直球勝負か見出し季語「紫式部」や他の傍題で勝負か…… /洒落神戸
○質問サンキュー!ええ、多いです1752名9207句でありました。こんな難しい兼題での句数とは思えぬ…!!(正人)

●何度も、投句のメールを送りましたが、控えのメールが入らなかったので、同じ俳句が届いたかも知れません。すみませんでした。 俳句のコメントも、意味不明な事になってすみません。【実紫朝の習ひのご心経】この俳句のコメントは、朝のお参りの帰り道に、花を眺め、日課の般若心経をあげるというコメントです。/山口 朝子
●お世話になっております。 パソコンから送らせていただきましたが、着かなかったのではと思い、スマホから再送させていただきます。 確認メールがきませんでした。/横ちゃん
●おはようございます。質問させてください。 実は先日実紫に投句させていただきましたが、受付ましたとのメールがいただけませんでした。それでもう一度同じ句を投句いたしましたがそれもメールいただけませんでした。なにがわるいのでしょうか? その前の秋晴れはメールいただけたのですが?/恵美子
●初めて投句いたします。 先ほど別のアドレスから投句させていただきましたが、受診出来ないようなので、こちらのアドレスにお願いいたします。/詩音
●投句確認の返信メールが来ないのですが? 設定はちゃんとしてるつもりです、今一度詳しく設定方法を掲載頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。/紫雲
○最近、投句者数の増加による混雑なのか「返信メールが返ってこない」旨の連絡も多くいただきます。ですが、通信関連に関しては正人個人ではお答えしようにも把握しかねる問題なのです。申し訳ありません。どうしても気になるという方は松山市の文化ことば課までお問い合わせください。お手数ですがよろしくお願い致します。(正人)

●質問ですが、すみません。 俳号、メールアドレス、メールアドレス確認の3ヶ所の場所に、gメールアドレスが出てきます。 気がつかずに、何度もメールを送り直していますが、控え用の着信メールが入りません。宜しくお願いします。 /山口 朝子
○う、うーんなんででしょう…。とりあえず、メールアドレスとメールアドレス確認は良いとして、俳号の部分だけ正しい内容を入力し直されるのが良いかと思いまする。(正人)

●色々イベントあり大変ですね 俳句甲子園参考になりました 自分よりうまい 藤袴並選いただきました 結構名前出るの遅くてやきもきと ようやく 老眼鏡で確認嬉しい 何時頃見ればいいんだろう /狩谷和寓
○俳句甲子園もご覧頂いたようでありがとうございます。文章後半は俳句ポスト365の木曜のお話でしょうか?更新のタイムラグなどを防止のため、11時頃を目安にしていただければ助かります。(正人)

●投稿フォームの記入欄に、必須、任意を追加していただくと、はじめて投稿する時分かりやすいと思います。つい最近まで全項目必須だと思っていました。ご一考くださいませ。/黒兎
○ご意見ありがとうございます。システムとデザインの方へフィードバックしておきます。(正人)

●質問さえ出来ない初心者です・苦笑/くおん
○おたよりや質問の記入は自由ですので、特になければ何も書かずにお送りいただいて結構です。ごゆるりと。(正人)

●兼題の提出が過ぎた後に、「あっ、これもいいかも」と思いつく時があります。 そういった時はどうしたらいいですか?笑 諦めて自分の中に取っておくか、どこかで見てもらえる機会はあるのでしょうか。笑 まぁ、前者でしょうか。笑/さぬきのたぬき
○あるいはなにか別の句会に出したり、兼題自由の場に出す、などなど。(正人)

●俳句を同時に複数投稿させていただく場合、まったく異なる句ではなく、「○○や」と「○○よ」だけの違いの句を投稿してもよろしいのでしょうか?/砂楽梨
○推敲前と推敲後ということでしょうか。常識的な範囲でしたら大丈夫です(50音全部試すとかはご勘弁を)。(正人)

●いつも歳時記を見ながら一句を考えています。 季寄せも一冊用意はしていますが、歳時記ほど使うことはないものでしょうか?/川村 なしえ
○一般に季寄せはやや小さいハンディタイプ、その代わり採録されている季語の数が絞られてる場合が多いです。外に持って出る場合にはお手元に一冊あると便利かもしれません。(正人)

●添削された、俳句どうすれば見ることができますか?/扇英
○俳句ポスト365では基本的に添削は行っておりません。極稀に火曜の俳句道場の添削という名の杖コーナーに登場する場合があるくらいです。(正人)

●年々活気づいていく俳句ポストの勢い、素晴らしく、嬉しく思います。その一方で悩みも…。 PCを持っておらず、スマホに頼り切りの私。木曜日の凄まじい句数に毎回目がチカチカしてしまい、人選の句ですら読破が大変という状況。夏恒例の体調不良も相まって、一時は金曜日以外は読めない状態でした(入選された皆様には申し訳なく思いつつ)。 これはもう、PCやタブレットを買うしかないのか…。/多々良海月
○PCなどでは文字サイズを大きくすることができるのですが…スマホ音痴な自分ではスマホでの解決策を提示することが難しいです、申し訳ない…。誰か詳しい人お願いします…。(正人)

●場違いな質問になってしまうかもしれませんが、スランプに悩んでいます。俳句チャンネルで紹介されていた藤田湘子先生の『20週俳句入門』や『実作俳句入門』などに従って勉強しているのですが、自分の句のどこが悪いかがわからなくなってきてしまいました。 これ以上勉強を進めるのには結社の所属するしかないのでしょうか...?/箪笥
○一度インプットの時間と割り切って、読む側に回ってみるとかいかがでしょう。もうちょっと下の方で◆夏井いつきへの項目もご一読ください。(正人)

◆我ら並選隊
●兼題「野分」では、並線をありがとうございました。投句し始め1年5ヶ月、常に並選に選ばれ、とても嬉しいです。人選に選ばれるように、もう少し勉強したいと思います。/ちか丸
●初入並(?)有難うございました。初出場で初戦に勝利した気分です。 次なる目標は、初入人(?)。凡人のまぐれ当たりを目指し、マッタリと投句させて頂きます。/近江菫花
●並からの 飛び出し を模索しています。/沢瀉
●何回か人選をいただいて、いい気になってしまったのかここ2回は並選でした。確かにいい加減な感じで、安易な感じで作ったので、見透かされたと反省しきりです。やはり、いろんな句を詠まないと発想も出てきませんね。/平井伸明

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●旧「あなぐま」です。「俳号に名字をつけよう♪キャンペーン」に乗って「あなぐま家の母」に改名しました。苗字ではないのですが、自分で見つけやすい名前にしました。今後ともよろしくお願いいたします。/あなぐま家の母
●俳号を「試行錯誤」から「イキイキ生活」に変更します。よろしくお願いいたします。/イキイキ生活
●報告を忘れておりました。俳号を変えました(正確には統一しました)。よろしくお願いします。(元・抹茶金魚)/さ青
●あっちこっちそっちから、越後縮緬に変更します。宜しくお願いします。ki/越後縮緬
●俳号を小白虎(こびゃっこ)から小豆白虎(あずきびゃっこ)へ変更します。 実際に口に出して言うと分かるのですが「こびゃっこ」は早口言葉のように発音しにくいので、より言いやすい俳号に変えさせていただきます。/小豆白虎
●俳号に名字(早田)をつけたいと思います。これからは早田駒斗として投句させていただきます。よろしくお願いします。/早田駒斗
●俳号の伊集(イジュ)は近所で白い花が咲き名前を聞いたらわからないということで あちこち図鑑で調べて沖縄に咲くイジュの花とわかりました。 私は初めて作った俳句(イジュの花名前わかりし沖縄に)からとりました。/藤岡伊集
●YouTubeを拝見して、俳号をサーコから櫻波(さわ)に変えました。/櫻波
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●俳号を、咲さんから咲に変更しました。/咲
○俳号は上記の通り、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号です。できれば、他の方と被らないよう、名字などの差別化をお願いできますと大変助かります。(正人)

●俳号の決め方は、どうすればいいのでしょうか?俳句を始めたばかりなので、それも自分だけで作っているので、わかりません。 「俳句ポスト365」には、参加することに意義あり、と言う気持ちでいます。/忍
●ひき続き俳号について思案中です。考え過ぎかしらん。自分の名まえを生かそうと考えると、旧姓、本名、元夫の姓、漢字、平仮名などたくさんのパターンができます。旧姓は姓も名も珍しく、戸籍以外は平仮名にしてみたり、苦労してきました。夏井先生の本名をお見かけして驚きました!/ひとえ
○みなさんいろんな方法で俳号考えてくださっております。自分の好きなものとかからヒントを得る方もいらっしゃいますね。お気に入りの自分だけの俳号が見つかりますように!(正人)

◆ウェンズデー正人へ
●「野分」の回で、朗読ボランティアに参加して、CDに料理を吹き込んだ、と申し上げた処、正人さんより、料理?まかない?とのコメント。実は、料理のレシピを読み上げるのです。因みに、今回読んだのは、炊飯器でつくる中華オコワと切干大根のサラダ。レシピを、耳で聞いて理解して貰うのは結構難しい。いっぱい練習しました。/アガニョーク
○続報ありがとうございます。疑問解決!!いろんな文化があるんですねえ、面白い!(正人)

●正人さんの手のポーズが可愛いです。イタリア語にはまっておられたのは、やはりアレでしょうか。/わこたんのまま
○ポーズ…youtubeでの話…?ジョジョ大好きですが、イタリア語にハマったのはジョジョ由来ではないのです。(正人)

●正人様。「野分」の水曜日、お便りコーナーへの掲載と、お返事のコメント、どうもありがとうございます♪ブログも楽しみに読ませていただいております。「考える人」面白かったです!/渋谷晶
○更新サボりがちなブログまで見ていただいて恐縮です。なんで網の上に像が置かれていたのか…謎です。(正人)

◆夏井いつきへ
●プレバト何時もストレス解消で見てます。/ほうすい
●プレバト俳句楽しみにしています。/富樫 幹
○明日は、金秋戦予選Cブロック・Dブロック。来週は金秋戦決勝と続きます。お楽しみに♪(夏井)

●今年の9月から俳句を始めた初心者です。 プレバトは7年拝見してましたが、組長のYouTubeを見てタネを貰った次第です。 歳時記も買い勉強中です。/いちげん次元
●YouTubeをいつも楽しく拝見しています。12音の俳句の種を見つけてから季語を当てはめる方法でやろうとしますが、よく季語の入った12音を先に思いついてしまいます。この場合の残り五音をどうするか、何かコツがあれば知りたいです。/陽光樹
○そのやり方はケースバイケースなので、一概にコツのようなものは言えません。むしろ、基本をとことん躰に入れる必要がありますから、季語の入らない十二音作りを徹底的に練習して下さい。季語っぽいかな?と思ったら、必ず歳時記で確認する習慣を身につけることで、季語を知ることもできます。自分が使った季語をノートに記録していくのもよいでしょう。さらに手前味噌ではありますが『世界一わかりやすい俳句の授業』(PHP)を教科書にして、一つ一つ技を増やしていくのが効率的な学習です。(夏井)

●YouTubeの本棚回、リラックスした感じでよかったです。本の話かと思いきや、意表をつかれました。キウイちゃんと夏井先生のコーディネートが決まってて爽やかでした。/わこたんのまま
●YouTubeの季重なりの回、拝見しました。アカウント名が本名でして、あちらでコメントするのが憚られるのでこちらで失礼します。打水やの句は夏の句だと思います。打水を「や」で強調していること、打水の結果萩から子かまきりが落ちたという打水ありきの句だと思ったからです。色々考えていたら季重なりに挑戦してみたくなりました。/中村すじこ
○「季重なり」はかなり高度な技。まずは、一句一季語からしっかりと季語の知識や型の習得など身につけて下さい。中途半端に手をださないほうが無難です。(夏井)

●組長と正人さんの初のオンライン句会ライブ、トマトはヤボ用でリアルタイムで見ることが出来なかった…無念!アーカイブの方で見させて頂きトマト。またそのうち、次のライブを期待してトマトです。 /トマト使いめりるりら
●「野分」では並選をありがとうございました。もうずいぶん前の話になりますが、8月のYouTubeの生配信のアーカイブを拝見しながら、私も「あいうえお俳句」を詠んでみました。じっくり考えず口から出まかせ的な即吟で、歌うようにあ行からわ行まで。出来はともかく、パッパラパーと句が並んでいってすごく楽しかったです。/玉響雷子
●八月も終わりはや九月、月日の過ぎるのがはやく感じるのは歳のせいでしょうか? 暫し体調不良でしたが俳句だけは続けておりました。 過日の俳句チャンネルのライブ句会は凄かったですね! 感動ものでした。 即興でもいい句を詠まれる方たちが多いのには驚きでした。 私などはなかなかああはいきませんが、次回も楽しみにしております。次回は投句する事を目標にしております。 夏井先生はじめスタッフの方々、季節の変わり目です。 お身体に気をつけてご活躍下さい。/紫雲
○チャンネル登録五万人ありがとう句会ライブ、準備進めています。近々、日時をお知らせできますのでYouTubeチェックして下さい。

●組長、朝のテレビ番組で、蜻蛉の句の特選ありがとうございました。たくさん解説していただいて、感激です!グリコのおまけ、本当にうれしいです。/みやこわすれ
○NHK松山局「ぎゅっと四国」では月に一度俳句コーナー担当してます。基本的には土曜日の朝。ホームページで兼題確認できますので、ご投句下さい。いろんなところで力試ししてみるのも楽しいですよ。(夏井)

●いつもありがとうございます。 コロナ自粛のさい、蚊帳のなか遊飛の句「竜胆や兄のケルンに父母の骨」が掲載されている365日季語手帖を借りて読みました。(今かよ?ですけど)全ての句に心打たれる思いがして、熟読し、特に好きな句をノートに書き写しました。今も時々読み返して、うっとりとしています。 俳句の勉強って、こういうことなのでしょうか? 先生や師匠がいないからとか、添削を受けられないからとか、思っていましたが、好きな句、素敵な句に触れると自分のなかから俳句が涌き出てくる気がしました。/まぐのりあ@蚊帳のなか
○句会では必ずしも添削してもらえるわけではありません。添削されないことのほうが多いです。添削指導を望むのであれば、NHK学園など通信制の添削講座もあります。私は独学の年月が長かったのですが、自分が師匠と決めた先生に黙々と投句し続け、その結果について自分なりに分析を続けていくこと。好きな句をノートに書き写して覚えること、などを続けました。学ぶ気持ちがあれば、学びの場はどこにでもあります。(夏井)

●夏井いつきさんへ 3年前の5月に大阪のカルチャースクールで握手会で才能アリの葉書を見せた高校生です。今は大学生になって、今も俳句を作り続けてます。今は俳号をはっしーとして活動してます。一回四国のおひるのクローバーの俳句コーナーでろうそくの影を遮るががんぼよという句を紹介していただきありがとうございます!今でも忘れられない思い出です!葉書も捨てていませんし、サイン本も大事に保管してます!これからも投句していくので、どこかの片隅にでも覚えて頂くと幸いです!長々とすいません!これからも応援してます/はっしー
●今年はおウチde俳句大賞のパーティーの抽選に漏れてしまいました(涙)。 組長に「来年は前に出られるように頑張りましょう」と言っていただいたのに。 あの日から私の俳句生活が始まりました。 初めて組長とお目にかかりお話してサインいただいて写真撮っていただいて。 正人さんを一番弟子と勘違いし、俳号を拾い俳句ポストを教えていただき、そうとは知らずいつき組の方に初見参。 今年は配信で時間を共有させていただきます。 入選された方おめでとうございます。/むげつ空
●夏井先生。こんにちは。9月12日の"道後俳句塾2020"一日目に初めて参加致しました。 夏井先生の「おうちde俳句」の講話は、母親の介護が始まった私に、大変励みになりました。ありがとうございました。 そして、俳句塾では、皆様の素晴らしい俳句に圧倒されながら、夏井先生と松本先生の講評に聞き入り、メモをとり、大変勉強になりました。宇多喜代子先生と黒田杏子先生にお会い出来なかった事が、とても残念でしたが、来年には、お会い出来るように、願います。 これからも俳句に精進したいと思います。ありがとうございました。 /松山のとまと
○俳句を続けてさえいれば、いつかどこかで必ず会えます。お互いに俳句に捨てられないよう、コツコツ励みましょう。(夏井)

●夏井先生。昨年、勤務校に「オーサービジット」に来て頂き、こころよりお礼申し上げます。 昨年秋以来、放送研究部に俳句好きが集まり、ほそぼそと句会をしておりましたが。 この夏、高校二年生の4人が「センバツ!全国高校生即吟俳句選手権」に参加。 夏休み前の毎日、鬼顧問と化し、いろいろな題で即吟の特訓。 当日は学校のLL教室に集合、オンラインで即吟大会に参加。 夏井先生からの席題「西瓜」の動画に全員びっくり。 素手で夏井先生が西瓜を割るお姿にパワーをいだたき、「花火」「八月」と三つの兼題で即吟。 午後の決勝上位10位には残りませんでしたが、トークタイムで全員が作品にコメント頂き本望でした。 50点満点中41点がひとり、40点2人と記録にも載せて頂きまして、本当に大変ありがたかったです。 俳句甲子園参加の5人がそろわなくてもこうして全国の大会に参加させていただけましたこと。 現代俳句協会青年部の皆様、審査員の先生方、心よりお礼申し上げます。/谷口詠美
●俳句甲子園ユーチューブで見ました先生方一人ひとりの感想が勉強になりました。高校生の感性の豊かさに感動しました。ギャ句を考える時には歳時記を読んだり有名な方の俳句にじっくり向き合うのでその方の俳句を覚えるので良いなあと思います。/有田みかん
○高校生も大人も、学ぶ心があってこその俳句。知ることは楽しい。好奇心を耕しつつ、俳句の輪を広げましょう。(夏井)

●間もなく我が福井、越前の国に蟹がやって参ります。 夏井先生は去年でしたかお見えになりましたよね? あれは7月か8月だったかと思います。 冬の福井にどうぞお越し下さいませ。/中原柊ニ
○『一筆啓上』の審査員をしているので、少なくとも年に一度は福井に行きます。(夏井)

●夏井先生は、京都で教鞭をふるっていらっしゃいますか。/午勢至(ごせいし)
○京都で教鞭をとったことはありません。(夏井)

●ここ数回、投句させていただいています、新参者の磐田小です。これまで私は趣味程度に小学生の頃から、思い付いたものを詠む、言葉にするということをしてきましたが、題があたえられてそれに準じて詠むということはしたことがなく、とても新鮮な気持ちでいます。そして、題に沿わして詠むことがこんなにも難しのかと実感しています。 しかし、新たな季語に対する発見、自らの経験にはなかった自分の中の俳句の在り方の発見ができてよかったです。20歳の若造で、稚拙な投句が多くなるやもしれませんが、頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 それから、もっともっと精力的に頑張っていきたいのですが、句会や俳句雑誌も購読していないし、どこに行けばよいのかもわからずにいます。何かアドバイスあればお願いしたいです。(若者が行って浮かないかとかも心配です。)/磐田小
○この『俳句ポスト365』に投句を続けるだけでも、充分勉強になると思います。俳句の学びは、自分の句が選ばれた選ばれないだけでは勿体ない。自分以外の人の句を丁寧に読む。その回の優秀作品を味わう。火曜日俳句道場によせられる季語情報を熟読する、などを続けていくと非常に効率的に学ぶことができます。さらに、YouTubeでの句会ライブなどに参加すると、本サイトでおなじみの俳号の皆さんとも知り合えます。友達の輪も広がります。俳友ができると、またまた俳句のある生活が楽しくなってきます。(夏井)

●外を歩き見つけたこと、思い浮かぶことをとにかく5,7,5にしてノートに書いています。テレビの俳句番組を見たり、俳句入門書を詠んだりしていますが、自分の作ったものがどうなのかまったくわかりません。少しでもアドバイスがいただければこんなに有難いことはありません。/八ちゃん
○本サイトに加えて、さらに密な学びをということでしたら『おうちde俳句くらぶ』に入会するのも一手です。ホームページ検索してみて下さい。(夏井)

●夏井先生へ  先日、俳句の会の吟行で、西条市の石鎚ふれあいの里へ行きました。その時、西条自然学校の学芸員の山本貴仁講師が、一緒に付近を散策してくれて、自然の動植物について、説明してくれました。山本講師は、自然の事は、もちろん、俳句の季語も良く知っていて、大変良い吟行になりました。山本講師は、夏井先生とも面識があるらしいですね。爽やかで、素晴らしい講師の方でした。夏井先生、ご存知ですか?/KAZUピー
○山本先生には、私がNHK俳句の番組を担当していた時に、ゲストとして出演していただきました。お若いのに知識が豊富で、お人柄も清々しい先生です。(夏井)

●とあるサイトで、自身の勉強のためと、無謀にも人様の俳句に添削もどきをやり、悦に入っていた自分がおりました。 この場をお借りし、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。 改めて、俳句のイロハを学び直しております。よろしくお願いいたします。/いなだはまち
○この謙虚な姿勢が、すなわち学びの姿勢ですね。添削というのは、ほんとうに難しい指導です。己を律する心がないと、ついつい出過ぎた添削をしてしまいます。私もいつもギリギリの線を探りつつやっております。(夏井)

●「実紫」、私は見たことも聞いたこともありませんでした。よって実体験に基づく俳句を作ることは困難です。このことは今に始まったことではなく、毎度インターネットを駆使して句材を探し、想像力を働かせて作句を試みることになります。こうしないと作れないような兼題もあることはわかっているのですが、極端な言葉を使ってしまうと、嘘をついて作句している気がして、最近ちょっとやりきれなくなることがあるのです。藤田湘子『20週俳句入門』に出てくる<ありうべき嘘>の言っている意味は分かっているつもりです。たぶん、どうやって折り合いをつけていくかも含めて学びなんだろうなぁ。変なこと書いてすみません。独り言と思ってください。/高橋寅次
○日々を吟行だと思って暮らしていくことです。毎年毎年、自分が経験できる限りの季語を自分の躰に体験させる。その積み重ねが大事なのです。兼題が得意な人は、実体験が厚い人でもあります。「吟行は、題詠を充実させるための基礎トレーニング」でもあるのです。(夏井)

●1.TVで拝見させて頂いております。TVでは題をだし、出演者は想像で句を作っているように感じます、現場・現物を見ないで良いのでしょうか。(実際は見ているのかもしれませんが・・・) 2.当地(山梨県)も新聞投稿欄がありますが、難しい言葉(玄人好み?)を使い共感が殆どありません。簡潔明瞭な句は時代遅れなのでしょうか。小生の力不足、理解不足もあるとは思いますが・・・。 /信
○先にも述べましたが、題詠と吟行は相互を補うカンケイにあります。「プレバト」の写真兼題はテレビという枠の中での工夫ではありますが、写真を発想の踏み切り板として、皆さん様々な体験を思い出して作句なさいます。番組を丁寧に観て下さると分かりますが、実体験に基づかない、ただの妄想にはリアリティがありません。自分の体験や経験に基づいて作った句はやはり強いのです。(夏井)
○ご当地の新聞投句欄についてどうこう述べる立場にはありませんが、一般論として言いますと、俳句において玄人好みの言葉がよいとか、簡潔明瞭な言葉のほうがよいとか、そのような括りはありません。むしろ、俳句はこうあるべき!と決めてしまった瞬間から、俳句という文学は痩せていくと考えています。「俳句でやっていけないことは何もないが、そこに一片の詩が必要である」と、私は思っております。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●みーさん、兼題「野分」の「(水)今週のお便り」を拝見致しました。戸部紅屑と申します。言及されている兼題「プール」での地選で近い表現の句というのは斯く言う私めの句だとピンと来ました。兼題「プール」の(木)発表時に人選の中に御句を見出しまして、「発想が良く似ている!」と私もすぐに思ったのです。そして今、「あー完全に負けちゃったな。」とも思っております。それは即ち、みーさんの「二句を並べて分析開始。結果、自分なりに原因が分かり納得しました。こんなにも自分の句を具体的に分析できたのは初めてでした。」というコメントを読んだからです。お恥ずかしながら、私は御句が気にはなったくせに両句を比較分析しようなどという発想には全く及ばなかったのです。それで遅ればせながら、私も比較分析をやってみました。宜しければ(眉に唾を付けながら)ちょっと読んでやって下さい。 ◇プールの歓声点滴中の午後 (みー)……A ◇シフト明けの帰路プールから嬌声 (戸部紅屑)……B (1)場所:A句「プールに隣設した病院の室内。(学校の保健室かとも思ったのですが、点滴が少し違和感)」。プールとの距離感少し有り。B句「プール横の道路」。プールとの距離感は小。 (2)時間経過:A句「点滴中」なので数十分間、ずっとその思いに囚われている感じ。B句「帰路」によりプール脇に突き当たった瞬間に刺さったかの感じ。 (3)歓声と嬌声:A句「歓声」は歓呼の声なので、水遊びでの声の他に真面目な大会での声も感じられる。B句「嬌声」は女性の、こびを含んだなまめかしい声なので、男女を交えた水遊びでのチャラチャラした感じ。 (4)語「プール」の配置:A句は頭に、B句は後半に。その結果、A句は、「明から暗への急反転の形」。B句は「暗から更に暗への加速落下の形」。 (5)心情:A句は病気になってくやしい感じ。自分への内向きの鬱屈。但し、病気快癒した暁はという希望・巻き返し感も。即ちプールとの関係が戻る可能性も。B句はシフト勤務という社会からの条件への外向きの不満と諦め。重い疲労感がありプールとの関係はいわば切れている。希望・巻き返し感も無い。 項目的には以上ですが、両句の感触の違いとして、『自分と楽しい夏(プール)との乖離の度合いが、A句はまだ繋がる可能性ありの感じ。B句は救い様が無く切れた感じ』かなと思いました。 最後に、両句とも組長に類想句で括られて没にされなくて良かったー!(冷汗、笑) (みーさん今後ともハイポ句友として宜しくお願いいたします。)/戸部紅屑

●岸 れん様 初心者の私に励ましの言葉をいただき、ありがとうございます。いつか人選でも並ぶことができるよう、頑張ります。/岸来夢

●木乃伊様へ 伊予市「黄色い丘」情報ありがとうございました。さっそく、両親とともにアサギマダラを見に行く約束をしました。楽しみです。/久美

●野分の水曜日を読んでいたらびっくり。なんと、わざわざ私の名前と句を挙げて褒めてくださっている方がいらっしゃるではないですか。確かに私が作ったはずの俳句が、私の知らないうちに人様に届いて愛でられいるという、俳句の醍醐味ですね。オサカナクッションさん、ありがとうございます!(その俳号、ズラし方が絶妙で面白いですよねー!)/多喰身・デラックス

● 一句一遊にもお知らせしましたが、岡崎シビック団結成しました。  団員みんな愉しく俳句創りにいそしんでます。  /中根由起子
○最近いろんなチームが誕生しております。一句一遊で既に岡崎シビック団を聞き慣れてる方も多いかもしれませんね。(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三ツ藤康子
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/追師うさぎ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●シュトゥットガルト俳句女子の会/芍薬
●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュトゥットガルト俳句女子の会、お休みだったメンバーの復活もありそう。それぞれが無理なく、気持ちいいペースで、何より楽しく俳句を続けてくれたらいいなと思います。/月の道馨子
○この一糸乱れぬ感じが好きだぜシュトゥットガルト俳句女子の会。無理なく楽しく気持ち良く。(正人)

◆小さな『俳句の種まき』運動♪
●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。今回もみのる+8名の生徒たちで参戦させていただきます。これを機会に日本の四季、「季語」の素晴らしさにも触れてほしいと思います。まさか自分が校舎の周りでひっくり返ってバタバタしているカナブンや黄金虫を草むらに放してあげることができるなんて思いませんでした。そして、俳句を通してお互いの感性を認め合える間柄になってほしいです。「俳句」でクラス経営までできる・・・なんて、5年前のみのるには想像もつかなかった出来事。。。まずは誰がコンスタントに「並」選になり、誰が最初に「人」選に・・・そんなことが話題となる今日の教室!(^^)!/みのる
●春頃に小さいコンテストへ応募した句が、入選(俳句ポストでいうところの地選)に選ばれ、副賞に「ゆず七味」他諸々をいただくという、嬉しい出来事がありました。俳句は今年から始め、一人でひっそり楽しんでいたのですが、選評で「情景を想像させるいい句。」とストレートに褒めていただき、とてもありがたいグリコのおまけでした(笑) これを機に、家族や職場(中学校)に、「俳句、楽しいですよ。」「あの夏井いつき先生(組長)がYouTubeの配信されてますよ。」など、拡散も始めました。特に国語の先生には、YouTubeの助詞の回が「面白いねこれ!」と好評です。 俳句が楽しいのも、交流が深まったのも、組長とハイポニストの皆様のおかげです。これからもよろしくお願いします。/足立智美
○毎度頼もしい俳句の種まき運動を続けて下さっておりますいつき組教員部の皆々様、ありがとうございます!家族や教員仲間にも広がればさらに相乗効果で広がりそう。グリコのおまけも楽しんで切磋琢磨できるならいいじゃないか~♪(正人)

●たくさんの人の集まりでは発言できなくなってしまう私でもできる、俳句の種まき方法を考案中です。最近発見したのは、自分が作った俳句をメールや手紙に添えたり、ツイッターでつぶやいてみたりするといいということです。見てくれる人の興味のある名詞を使うとき特に話が広がるなぁと感じます。たとえば実践してみるなら猫好きな人には猫の句を、りんご好きな人にはりんごの句をプレゼントするといいかもしれません。ゆっくり自分のペースで話したい方におすすめの方法です。/小鳥ひすい
○ちょっとした心遣いみたいな感じがして素敵な方法!(正人)

●今年、Twitterでハッカに情熱を燃やす地元の青年実業家と出会い、私も触発されて今年は「薄荷の花」「薄荷刈る」を詠もうと、地道に詠んでいます。出来ればオホーツクの地貌季語として盛り上がればと思っています。一句一遊で「スマ」を季語にしようとしたように。既に薄荷の花、薄荷刈るは季語ですが、出来れば薄荷自体が季語になればいいな、と思っています。まずは地道に詠もう、そして地元の俳句仲間にも広めようと思っています。/よしざね弓
○薄荷の栽培!そういうのもあるのか!世の中知らないことだらけですねえ、面白いなあ。どんな風に育てるんだろう。(正人)

●ブラジルのサンパウロ州の田舎にある自給自足の日系人集団、弓場農場で句会を主宰しています。子どもたちに日本語を教えていますが、俳句の題材に事欠かない自然環境のおかげで、子どもたちも句作りを楽しんでいます。いつもプレバト 拝見しています。ありがとうございます。/湯葉子
○世界に広がるハイポニストの輪、今度はブラジルからも!日本語を楽しいって思ってもらえるきっかけになったらいいなあ♪(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●俳句ポストに投句をしたのが2019年4月「禰宜坊主」からでした。それからともかく必ず投句は出そうと決め「並」の常連でしたが 「野分」の兼題でやっと念願の「人」に選ばれました。とっても嬉しいです。ありがとうございました。/オリゼ
●組長、スタッフの皆様 いつもありがとうございます。野分で、主人共々 人選ありがとうございます。退職後の会話は兼題のこと、老猫の事です。俳句の種まきをしていただき 感謝しております。/つつ井つつ
●兼題「野分」では人選をありがとうございました。初投句の回だったこともあり、自分の名前を見つけて椅子からひっくり返りました(笑)膨大な量の選句、本当にお疲れ様です。スタッフの皆さんのおかげで楽しく作句できています。今後ともお体に気をつけて頑張ってください!/雨野セイウチ
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「野分」にて「人選」を頂きまして、ありがとうございました。しかし他の方々の句を拝読して、自分の発想はまだまだ平凡だな~、と痛感しています。精進! 精進! /塩の司厨長
●こんにちは!野分では人選をありがとうございました。励みになります。俳句の本も読みますが、付け焼刃なので、それが血肉となるまで続けていけたらと思います。/夏 湖乃
●野分では人選ありがとうございます。自分ではスランプを脱するきっかけとなった句が一番のお気に入りでしたが選ばれず。でも人選は「グリコのおまけ」選ばれなかった句はまさに自分の為の物だな?と思います。こちらはめちゃくちゃ字余りなので推敲を重ねていつか別な機会に再チャレンジしようと思いました。/中村すじこ
●組長、「野分」の人選に二句取っていただきまして、本当にどうもありがとうございます!組長の「言葉の質量のバランス」「あと五音のオリジナリティ」という重要なお言葉を、しっかりと肝に銘じて句を作りたいと思います。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●「野分」では人選2句に選んで頂きありがとうございました。まさか野分でこうなるとは!思わぬ結果にびっくりしました。俳句を楽しむ上で入選はおまけですが、17音のほんの少し、でも緻密な工夫によって、自分の表現したい世界を描くことができることがとても面白いです。選句やあらゆる事務作業など、骨の折れるお仕事と思いますが、日々の生活を豊かにする俳句という機会を与えていただき、本当にありがとうございます。詠み手の方にも楽しんで頂けるようにがんばります♪/渡邉桃蓮
●先日は、兼題「プール」で地選に選んでいただき、ありがとうございました。 プールの実感を読もうと思っていたので、プールサイドにいることが多かった自分の記憶を思い出して、そのまま言葉にしました。やはり実景は強いなあと感じました。/南方日午
●兼題「野分」では地選をいただきありがとうございました。過分なお言葉に職場で思わず「ぎゃ!」と叫びました。 今後もグリコのおまけをちょっと期待しつつ、句作に励みたいと思います。/横縞
●夏井いつき組長へ、先頃の「野分」の地選ありがとうございました。スランプというのでしょうか、投句を始めて3年ほどたつとなかなか俳句が作れなくなっていると感じていたころの地選に驚いています。YouTubeで「俳句が作れなくスランプの時期が来る」と仰っていたのを思いだし、スランプも成長の過程と思い励みたいと思います。/中岡秀次

◆近況報告~♪
●9月に入りもう少し残暑がありそうで、コロナ禍での疲れもあるとお察しします。 どうぞお身体ご自愛くださいませ。/川村 なしえ
●組長、正人様、スタッフの皆さま、ハイポニストの皆さま、いつもありがとうございます。 朝晩の温度差が大きくなって参りました。どうぞ、秋バテに気をつけてお過ごしください。/渋谷晶
●こんにちは。長く暑い夏がおわり、ようやく秋になりました。 今年はじめて、カブトムシのつがいを買ったら、幼虫がたくさん産まれました! ネットで育て方を調べ、道具をそろえて準備し、飼育ケースから広い衣装ケースへ引っ越す日も近いです。 ぶじ孵化するように、サポートしたいと思います。/ちょろたこいん
●こんにちは。台風とコロナで色々大変みたいですね。今度の兼題も難しかったです。/もこ
●熱中症の季節も峠を越えて、朝晩過ごしやすくなりホッとしています。相変わらずコロナに警戒しながら共存する日常ですね。夏井先生、スタッフの皆様、どうぞお元気にお過ごしください。/雨霧彦@木ノ芽
●実紫って晩秋の季語ですよね。殺人的な猛暑の八月を経て九月もまだまだ油断できない篤さがくるとか(今日は比較的涼しい)こんな状況で冬に足を踏み入れそうな秋の終わりを想像するって至難…(楽しくもありますが。深まる秋を想像すれば少しは涼しくなるかな?/古都 鈴
●九月に入った途端、台風襲来のニュースが。皆様の無事をお祈りいたします。/戸部紅屑
●猛暑が続き、この兼題の後からもしかして、冬の兼題かとびくびくしています。まだ猛暑と台風、いったい秋はどこにいったのでしょうね。/砂山恵子
●まだまだ涼しくはなりませんが体調に気をつけて頑張ってください。/亮水
●こんにちは、やっと朝?凌ぎ安くなりました。 皆様、酷暑疲れで体調不良に気をつけて下さいませ。/里甫
●ようやく涼しくなりました。皆々様の健康をお祈り致します。/いしはまらんる
●投句締め切りの今日、ニューヨークは急に気温が下がり夏が終わりました。 空気の冷たさに、ここ二週間頭の中で育てていた実紫の色が一段と濃くなったようです。/明世
●暑いです、猛暑で毎日ずっと寝ては仕事に行ってるような毎日です、この季題が終わったら冬の季題になりそうですが、もつかどうか・・/砂山恵子
●夏井先生、正人さん、スタッフの皆さん、お元気でいらっしゃいますか?そして、身悶えしながらも俳句の虜になってしまった皆さんもお変わりは、ありませんか? 先日、生協さんのカタログの中に御節のチラシがありました。 あの恐ろしく暑い夏は、何処に行ったのでしょう? やっと気持ち良い天候がやって来たかと思いきや クリスマス/田村美穂
○猛暑やら涼しくなるやら既にクリスマスが迫ってきているやら、とりとめの無い気温のお話。気温と天候に振り回されて体調崩しませんように。(正人)

●新型コロナが怖く、事務所への出勤を今まで週1回としてましたが、週3回出勤に変えました。 しかし、秋の吟行の話、年末の忘年会の開催は、まだ聞こえてきません。 /風間昭彦
●シルバーウイークは是非俳都松山へ!!と思っていますが、コロナ禍の中、決断が難しいです。 /迫久鯨
●こんにちは 11月なんですね 松山の11月はどんな感じですか? 取れる魚は関東とまた違いそうですね と、 脳内go to してみます /ず☆我夢@木ノ芽
●何時も大変お世話になっております。俳句ポストに投稿することを生活の課題として、内容はともかくなんとか履行だけはできております。こういうコロナ禍の状況だからこそいっそう自然に癒されもします。毎回煩いですが、今年は家の前のヘーゼルナッツが特にたわわに実り、鉄砲のごとく弾いては落ちてきます。掃いても、掃いても。/ぐれむりん
○まだまだまだ落ち着く気配のないコロナウィルス。徐々に外出の機会を増やしている方も多い昨今です。自分にも他人にも心遣いしながら過ごしたいものですね。(正人)

●残暑厳しい中、夏井先生、正人さん、スタッフの皆さん そして、俳句を愛してやまない皆さん、お元気でいらっしゃいますか? 私にとって二千十九年は、とても良いとしでした。 しかし、今年は、中々の激動の年となっております。 人と関わる事が桁違いな増え私自身は、ぶれないのですが…。色々あります。 そんな中唯一の助けが俳句です。 絵や映画、読書などに入り込むのは、時間がかかりますが 俳句は、句帳とペン、歳時記があればすぐに俳句の世界に 入り込み、没頭できます。スマホがあれば調べ物も楽しい作業です。 去年今年去って行くもの残るもの 暑いですが秋ですからすぐ忙しい暮れがやってきます。 まだ、白地に赤の朝顔がしおしおとですが咲いています。 根性があるなーと思いながら水をやっています。 日暮れも早くなり少しは、外気温は、下がってるようですが湿度は、高いのでまだまだ熱中症などには、お気をつけて下さい。/田村美穂
○まさに季節のお手紙って感じの端正な文章が素敵。2020年も残り少なくなって参りました。充実した日々を過ごしてまいりましょうね。(正人)

●いつもありがとうございます。 今回の締め切り日の翌日が60歳の誕生日です。自分が60歳になる日を想像することもなく、今日まで生きてきた私はキリギリスです。/毒林檎
○お誕生日おめでとうございます!!キリギリスも楽しい人生ぢゃ~♪(正人)

●ここ最近は夏になっても食欲が落ちず、夏バテすることなく過ごせています。おかげで夏でも体重は落ちることなく、逆に増える始末です。秋が近づき少し涼しくなると、更に食欲が増進するため、体重は更にアップする事態…。でも増量して以降、体調を崩すことが減っているので、実は太り気味だと思っている今の体重が自分にとってはベストなのかも?!走ると重く感じるけど…どうなんですかねぇ、正人さん! /かつたろー。
○痩せすぎでも抵抗力が落ちるとはいいますけど…どうなんでしょうねえ。まあでも基本的に食べるの好きな人間はほっといたら体重増えるので、常に痩せようと思っておくくらいでちょうどいいんじゃないですかね。(正人@自戒がグサグサ)

●昨日(9/13)から九月場所が始まった。  本場所が始まると午後時間はTV前に陣取ることになる。 当然、運動不足に陥る。  そんなこともあり、急遽バランスボールを調達した。 バランスボールに乗り相撲観戦、俳句づくり! そんな日常になっています。  /天晴鈍ぞ孤
○ナイスバランスボール!足をつけずに乗りっぱなしで通し観戦だ!!(正人)

●やや体調不良なり。静養。/こま
○あらあら、大丈夫でしょうか。卵酒くらいにしときなっせ。(正人)

●ZOOM句会なるものに誘われている。狭い我が家、口下手で恥ずかしがり屋の自分には、ハードルが高いな。やはり、二次元で生きていくかな。/ちびつぶぶどう
●ZOOM句会なるものをやってしまった。と、いっても、住宅環境の悪い(狭い)我が家では、まったくの無口対応に終始してしまった。/ちびつぶぶどう
●もうリアル句会や吟行は始めているのか、皆さんの状況を知りたいです。オンライン句会は絶対イヤだ!という方もいて、その人の理由もお聞きしたい。私は最近オンライン句会にすっかり慣れてしまって、リアル句会に戻れるかどうか不安です。/丹下京子
○電話が嫌いな人はZOOMも嫌い説を唱えてみたい。(正人@自分)

●最近、夜型の生活から徐々に朝型の生活になりつつあります。これも歳ですかね。朝を詠んだ句が増える?なかなかそうはいかないものですが。/山香ばし
○たしかに、夜型だからって夜の句がいっぱいできるわけでなし(笑)。(正人)

●このページを清書するのに、3度失敗して、要約このページにきました。 歳を取るのは嫌です。腹を立てずにチャレンジ /松瀬章々
○清書…?まさかこの量を写筆なさっている…!!?(正人)

●夏井先生、スタッフの皆さん、ハイポニストの皆さん、元気でお過ごしでしょうか? 台風10号で二度目の避難所生活を経験しました。早めに避難したつもりが、避難所に着いた時は整理券を配っていて、ぎりぎり避難所に入る事ができました。 避難所で一夜を過ごし帰って来た夜、鈴虫が鳴いているのを耳にして、穏やかな夜に感謝しました。 災害が頻発していますが、皆さんの毎日が健やかでありますように!! /清白真冬
○避難お疲れ様でした。「整理券」というものに対する印象が変わりそうな出来事でありますねえ。(正人)

●暑い夏の練習を嫌がらず、楽しみ、やりきった部員たちに感謝です!監督は腹黒いけど、ユニフォームと部員の気持ちは白です。 /狸漫住
○猛暑の夏を乗り切りお疲れ様でした!しかし監督腹黒いって情報要る!?(笑)(正人)

●秋といえば、、今年も月見バーガー食べました。 マクドの中で一番好きなバーガーです。/なつぽよ
●夏井先生、正人さん、スタッフの皆様。いつも楽しみに見ています。 梅雨の長雨で農作物へ影響が出ていますが、うちの庭のブルーベリーは初めての豊作でした。 ブルーベリーは水が大好きな植物らしいです。 ちょっと酸味があるので、冷凍して保存。 ヨーグルトに入れたりハイボールに浮かべたりして楽しんでいます。 まだまだ暑いですが皆さまご自愛くださいませ。/香羊
○美味しそうな話を聞いて空腹を増す秋の夜長…ああお腹空いた。(正人@現在水曜日0時47分)

●ライブの日は、年に一度の健康診断で、ライブには、参加できませんでしたが、おかげさまで、毎日のようYouTube見るのが日課になりました。 さて、昔、俳句を作っていた加容の父の作品の中に『唐辛子』が、兼題の句が二句ありました。私より、ずっと、若いときにつくったものだと思いますが時差を楽しむことが、できました。俳句ポストに、参加できたおかげで、いろいろなことが、生まれて広がっていることを実感している毎日です。いろいろな意味で、先生はじめ、俳句ポストの皆様に、感謝申し上げます。/加容
●台風10号が去ったと思ったら、にわかに秋らしくなりましたね。すっきりと晴れた空に、台風の余韻と思われる風が強く吹いて「ああ、これこそは野分だな」と、何となく嬉しく思いました。少しひんやりとして、枯れ草の香ばしい匂いが混じった風でした。秋は一年の中でも一番好きな季節です。季語も色鮮やかで味わい深いものが盛りだくさん、俳句を始めたおかげでこの秋はいつも以上にワクワクしています。今回もよろしくお願いします。/真井とうか
○俳句を始めたら見える景色が変わってくる、を地で行ってる。なんて嬉しいご報告でありましょう。(正人)

●立て続けに電化製品が壊れています。困ったな(泣)/なつめモコ
●工場作業中にステンレスの板にぶつかって肘のそばを切りました。痛い思いも残った傷も俳句に種にするもん!/西川由野
●いつもお世話になり、ありがとうございます。 一句目の拙句、右手首骨折からもう直ぐ一年経たちます。 なんとか、回復してきました。最近は、車運転も出来るようになり病院、買い物と頑張っております。 /百合乃
○物も身体も壊れる秋…をを、涙。人間はたくましいけど、電化製品は壊れたあとたくましくなって返ってきたりしないのが困りもの~(笑)。(正人)

●リアル句会方と知り合いなりました けどやはり皆様中々開催されていません /狩谷和寓
●コロナ禍にあって銀行に行けていません/ツーちゃんの恋人
●句会と通院の生活です/ツーちゃんの恋人
●秋晴の発表の頃に、肺動脈を広げるバルーンカテーテル治療を行うことになりました。今から気が重いです。実紫の発表は、退院後の生活も落ち着いて、楽しい気分で見ていることと思います。いや、そうじゃなきゃ困る!コロナがなければ今頃とっくに終わっていた治療なんです。/ふくろう悠々
● 夏井先生、正人さん、スタッフのみなさま、いつも選句お疲れさまです。ところでたいへん私的なことですが、売り出した家に買い手が付きました。コロナでかなり売値はダウンしましたが、心はほっと落ち着きました。しかし。聞くと買い手は不動産屋さんで、建売住宅を建てるというのです。ということは、誰かが引き続いて使ってくださると思っていたあの家は、無惨にもこわされて、なくなってしまうのです。この期に及んで湧き出る後悔にも似た居てもたってもいられないこの気持ち・・・もう遅い。あの居間の高窓、自然に生えたと勘違いしていた紫陽花、ぽつんと残ったレモンの木、みんなごめんなさい。と、心で謝るしかない私でした。/榊裕江子
●本日は「実紫」の締切日です。芦名星さんの突然の訃報が未だ覚めやらぬ衝撃となっております。以前「プレバト」で詠まれた、お父さんと訪れた東京タワーの思い出の俳句が、とても好きでした。この場をお借りいたしまして、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。/渋谷晶
●前回の秋晴を投句出来ませんでした、動画を携帯で見すぎて容量が無くなり低速通信になってしまいました(私の自宅はネット環境が無く携帯の通信のみでパソコンをテザリングで繋いだりしてるので、携帯の容量がパンクするとアウトなんです)なかなかネットや画像を開くのが大変になりセーブしてたら、俳句ポスト365様からの投句推進メールを見逃し、残念ながら投句日の次の日に気付いた次第です、連続投句がとうとう途切れてしまいました!やっちまったなぁととても落ち込みましたが後の祭りです、どうしようもないと開き直るしかありませんーでしょ?私自身、去る7月18日の夭逝の役者のことが頭から離れず、気持ちが立ち直らず投句日チェックをしても覚えきれずにいて勘違いをしていました、ちゃんと俳句ポスト365様はメールをして下さるのに自分が駄目ではこんなことになるんだなあと改めて思った次第です、流石にもう少しちゃんと気持ちの整理を着けなくてはと思い、今回の実紫を投句致しました、そんなんで結果発表も未だ見れてないのも数有り、反省してます、それにしても、昨日(9/14)に30代の女優さんが亡くなったとの速報がテレビのテロップで流れました、2ヶ月弱で立て続けに夭死の辛いお知らせに驚愕しました、何故、仕事も才能もある人たちが命を絶つ選択をするのか、本人や或いは芸能の世界の問題なのか、私たちの日常における生活は本当に通常に機能しているのか疑念が沸きます、何の力もない私のやれることは、俳句を作っていくことかなぁとしか今は思い付きません、これからも宜しくお願いします /斗三木童
○秋は物思う、秋思の季節。なぜそうなるのだろう、秋には悲しいことが起きやすいのかしらん…。(正人@この考えがそもそも秋思的)

●NHK「サラメシ」で、松山の石手寺が紹介されていました。バスによるお遍路さんの旅行会社のお話で、岩屋寺にも参詣されてました。ますます松山へ行きたくなりました!/渋谷晶
○比較的コロナも少ない愛媛県、旅行にいらっしゃる方も増えてきております。落ち着いた暁には是非!(正人)

●困ったときの吟行です。今回は、横浜寺家ふるさと村で、ムラサキシキブを見物してきました。鄙びていて、良いところですよー。交通は不便だけど。/星埜黴円
○貴重な吟行情報ありがとうございます。名前からしていい感じに鄙びてそう。そういうの好き。(正人)

●組長、ウェンズデー正人さん、スタッフの皆様、いつもありがとうございます! 最近、運動会の練習が始まりました!運動は苦手なのできついです。が、練習中に俳句のたねが見つかったらいいなと思うようになりました。 次の兼題も、頑張ります!/打楽器
○運動会、子どもの頃はひたすらしんどい~って思ってたなあ。「ここにも俳句のたねが」って考えられるってめっちゃ素敵なことですわ、えらいぞ打楽器ちゃん♪(正人)

◆兼題「実紫」に寄せて
●私には“ていれぎ”以来の難題でした。難しい~!/定吉
●最近つくづく感じる事 季語って難しい/Benじい
●実際に知っていることと知らないで机上の上でだけ知ったこととでは、やはり大きな違いがあります。学ぶということは永遠に続きますね。/康子紫
●実紫、何度頭をひねっても一句しか出来ませんでした。そこからどうイメージをふくらますか、まだまだだなと感じます。他の方々がどんな俳句を投稿されるか楽しみです!/sugarlily
●類想の沼にハマりませんように…。/うしうし
●季語って美しいですね。磨き抜かれていますね。/ウロ
●煮詰まってます。/こま
●植物が兼題だと特に難しく感じます。/でんきゅう
●見た事も聞いた事もない植物の兼題季語でした。もう 妄想で詠みました。/句詩呼
●難しかったですね。よく見るというかうちにも自生しているのに・・/砂山恵子
●身近でない上に全く知らなかった「実紫」で一体どう作句したらいいのかわからないまま、今回もタイムアップ‥小紫とか‥ややこしいんじゃい!泣/丹下京子
●「実紫」が兼題ということは、「紫式部」でなく、「実紫」で勝負しなさい、と組長に言われている気がしました。さえずりぴよぴよ組はみんな頭を抱えています。紫式部ではなく、実紫。句友たちはどんな句を作っているか楽しみです。/桃子ママ
●全く無縁だった季語、難しい。/富樫 幹
●宜しくお願い致します。脳内吟行の限界を感じます…。/堀雅一
●実際に見たことのない物や現象の季語とのつきあい方と作句はどう想像力を働かせるかてしょうか?/妙女
●初めて聞いた言葉だったのでとまどいました。よく使われるのですか?/亮水
●だめだー実紫なんにも思い浮かばない 凡人凡人うぎゃあー/脩平
○悲鳴も轟いております実紫。ただでさえ耳慣れない上、「紫式部」との違いまで考え始めるとますますドツボに!?(正人)

●都会に住んでるとなかなか現物を見られないのがちょっと辛いです/かなこ
●周りに実紫を探して歩きましたが、なかなか見つからずyoutube吟行をしました。/阿山季思
●「実紫」の実物を見たことがありません。ネットで調べ、葡萄の実のように見えて,驚きました。 実際に見たことがないと、作句が難しいです。そのため、今月の投句数は、いつもより少なくなりました。 /風間昭彦
●今回の季語もまた北海道で自生しない植物なので、Twitterのいつき組の皆さんの情報がとても助かりました。いつも皆さんいつもありがとうございます。いいねしか押せていない私ですが、いつも感謝の気持ちで一杯です。/よしざね弓
●見たこともなければ藤袴ほどの関連情報もない実紫。写真で見た感じと実物は違うということをハイポニストの皆様にTwitterで教えていただきました。感謝です!/横縞
○こういう兼題はつくづくインターネットのありがたみを感じますね。写真を見るだけじゃなくて文字情報でも情報共有できるのがtwitterネットワークすごい。(正人)

●実紫は、確かそこいらで見たことあるはずですが、匂いや味は分からず。去年しっかり見ておけば!!この秋、探さねば!/黒子
○食べられるくだりは昨日の俳句道場でも情報が寄せられてましたな。(正人)

●集合体恐怖症です。実紫を調べようと、画像検索したらわーーーーーってなりました。実紫の色は好きです!/ちゃんぽんこつ
○「蓮の実」の回でも話題に上っていた集合体恐怖症。なんたらフォビア、っていうんでしたっけ。トライポフォビア?(正人@うろ覚え)

●実紫の実の色にすごく惹かれました。/吉野春夏
●実紫はネットで検索して、初めて知りました。近所の空き家の庭によく似たものが生えています。俳句をしていると、新しい知識が増えて楽しいです。/野本 踊
●実紫にムラサキシキブという別名があるのは納得です。/村上優貴
●実紫でリサーチやら作句をしていて今年7月に亡くなられた外山滋比古先生を思い出しました。学生時代にご著書を読んで感銘を受けました。九十代になられて、奥様が亡くなられてから老人ホームで執筆をなさっていました。さ/古都 鈴
○まさか外山滋比古先生にまで繋がっていくとは。調べる中で季語そのものへの知識だけでなく、付随する周辺情報も頭に入ってくるのが楽しい。(正人)

●普段は見向きもしない実紫を、今回の投句のために毎日観察しておりました。/しゅんらん
●不思議なことに昨年の実紫か今年のかが残っていました。あまり上品なところで見えるものでなく、むしろ野草のつるです。/砂山恵子
●九月初旬、世羅のラベンダーの丘に行くと紫式部が一もとあり、紫に色づいて、花も少し残っていました。ネット画像で紫式部は玩具のア○アビーズに似てるなと思っていましたが、これは普通のビーズサイズで、みっしり。枝はしだれています。「山崎造園」さんのサイトで調べると、園芸種の小紫式部でした。葉の刻みや樹高などが違うんですね。自生種の紫式部のほうが野性味がありたくましい感じです。開花も紫式部は七月、小紫は八月ということで、まだ園内にはヒマワリも綺麗に咲いていました。この日はコスモスフェア初日で、梨のついでに訪れましたが、投句締切前にラッキーでした。秋薔薇、サルスベリ、道中は刈り入れ前の稲穂や花ススキも綺麗でした。/わこたんのまま
●庭園や庭先にあるコムラサキの実も整然として美しいのですが、里山で見かける自生のムラサキシキブのまばらな実も魅力です。初冬になって葉も散り進み、紫色に微かなベージュ色が差してくる頃に終焉の美を感じます。/山香ばし
○貴重な観察レポートありがとうございます。噂の小紫式部との違いも各々の言葉で聞くと、より実像に迫れそうな気がする!!(正人)

●実紫をしっかりと観察したのは2年前、根岸にある「子規庵」で。今頃は糸瓜がぶら下がり、鶏頭も14~15本もありましょう。 子規庵の庭の奥に今は使われなくなった古井戸があり、そのそばに実紫がたわわに実をつけていました。 八重(母)や律(妹)が水を汲んでは病身の子規に飲ませていたのだろう・・・と思うと胸がきゅーっとします。 ちなみに只今このご時世ですので「根岸子規庵」は閉まっています。(子規庵HPによる)/村上 無有
○子規庵にもあるとは!糸瓜や鶏頭に注目する人は多いだろうけど、実紫に注目するのはなかなか通好み!?(笑)(正人)

●実紫で思うのは、愛媛県旧内海村の「トレッキングザ空海」です。 山頂の昼の休憩地の片隅に、毎年ひっそりとしかししっかりと紫式部がその紫の実をつけています。 指先にその実を実感するたびに、一年をしみじみと感じます。 コロナ過の今年はどうでしょうか。/大塚迷路
○どの広場のどの位置にあるどの高さの木か、完全にわかります(笑)。初めて見たとき、鮮やかな紫に驚いた記憶。(正人)

●組長、正人さん、こんにちは。 俳句を始めていなければ植物の実なんぞに目を向ける事さえなかった。世の中の小さな感動をどれだけ今まで見逃してきていただろう。そんな小さな感動を覚えるとこうして毎日無事に過ごせることに感謝したくなります。組長、正人さんへも感謝でいっぱいです。あなた今日は実紫を探しに行きたいから車出していただける?と主人に言ったらどんな顔するかな(笑)/藤田ゆきまち
○誘い方が素敵ぢゃ~♪旦那さま、ぜひのっけてってあげてくださいまし(笑)。(正人)

●今日で実紫の兼題は終わりなのですね。 次回の嚔も頑張ります。/中原柊ニ
●次の兼題が嚔ですか。こんな漢字を見るのも初めてです。くしゃみだそうだが、どんなくしゃみなのだろうか? 兼題を見るたびに、悩み続けています。見るからに連想ゲームよりはるかに難しい。それでも、参ったと云わずに次も作りあげますから楽しみにしていてください。/鴎叫
●次の兼題『くさめ』。『くしゃみ』はよく聞くし、これからの季節にはゾクッと寒気がしてくしゃみが出ることもあるが 、その体験を表せば良いのだろうが。難しいですよ。更には、もう一つ困ったことに漢字が画面に出てこない。これから解決しなければ.....。新しい兼題が発表するたびに、悪戦苦闘しております。 作った句が結果発表で1句でも多く選ばれる夢を見たいと思いますので、よろしくお願いします。/鴎叫
●正直に言います…最近細かい文字が見えづらい!ずーっと裸眼で通してきたのですがいよいよヤバイかも?俳句では難しい画数の多い複雑な漢字が登場することも多く、スマホでも拡張できない場合がありめちゃめちゃ大変。時々液晶画面に虫眼鏡を当ててたりします。虫眼鏡さんありがとう◎/古都 鈴
○そんな漢字初めて見たわ!という人もいらっしゃるであろう次回の「嚔」。次回の結果発表は視力とも戦うことになりそう!?(笑)(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●実紫、ましてや紫式部なんて美しい名前があるなんて知らなかった。 その上品な実は鳥たちばかりではなく、子どもたちにも人気であった。 その実を集めて女の子たちはママごとをし、男たちはポケットを膨らませて友だちとぶつけ合いに興じた。 銀玉鉄砲の銀玉の代わりに詰めて鉄砲を壊した事もあった。 当時はBB弾なんてものはなく、土を丸めて銀色にペイントされた銀玉だった。 ちなみにこの銀玉の中心、核は一粒のヒエであった。  一箱5円のこの弾は私にとっては高価なもので、友だちとの撃ち合いの後、すぐに拾いに行ったものである。 この美しい実では代用が出来ないかと思い私の銀玉鉄砲は再起不能となったのだ。 今のBB弾のプラスチックの原色よりも、いかにもそれらしく作り子どもたちに魅力を感じさせた安っぽい銀色の玉に郷愁を感じる。 気が付けば60年もこの世にいるのだ。 昔の60歳は良かった。 その頃のサラリーマンはきちんと定年を迎えることができた。 そしてなにがしかの退職金を家に収め、すぐに年金をもらった。 嫁に邪魔者扱いされようと、子供たちに汚いと蔑まされても晩酌には必ず一本のビールと一本の熱燗がついてその存在感を保つことは出来た。 今の我が同胞を哀れみ、日本のいく末を心配する。 人生100年はいい、しかし100歳まで働かなくともよい。 子や孫たちに伝えることを生き甲斐として欲しい。 それもなるべく金にならぬ事を伝えて欲しい。 無駄は心を豊かにする。 皆の心が豊かになればこの日本はもっと住み良くなる。 夏井先生が播かれた種がもっと大きく花咲く頃にはきっとそんな世の中になっているに違いない。 私はそんな日本の未来を想像する。 私のように下手くそでもいいんだと思う。 普段何気なく使う日本語がこんなに面白いものだと気付いてくれれば。 俳句で日本は変わるんじゃないかな、と最近いつも思っている。 俳句っていいなと思っている。 実紫は私に俳句の良さをあらためて教えてくれた。/宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭