俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 熱燗

第252回 2020年10月1日週の兼題

熱燗

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)
 
●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●初投句です。よろしくお願いいたします。/読獺
●初めて知りました。 今後、学びたい。/俳句知らず
●句を始めて1ヶ月。初めての投稿にドキドキです(笑)/きいなかな
●初投句です。知人から俳句ポストを教えてもらいました。 「熱燗」には、思うところがあって( ^ω^)・・・/けせらせら
●初めて俳句を投稿しました。 メールアドレスを入力間違えしましたので もう一度投稿しなおします。 申し訳ございません。/かなた小秋
●初めての投句、失礼いたします。歴が浅く、まだまだ未熟ですが、こちらのサイト等を利用し、少しづつ勉強させていただきます。/しほり
●初めて投稿させていただきました。福岡の片田舎に住んでる者です。朝晩寒くなってきましたね。選者様、ハイポニストの皆様におかれましてはお身体に気を付けて過ごされてくださいね。ありがとうございました。/すな
●今まで楽しく読ませてもらっていましたが、今回初めて投句をさせて頂きました。今後とも宜しくお願いします。/ちょうさん
●初めて投句します。よろしくお願い致します。/ひかり
●初めまして,宜しくお願い致します。初心者ですが、俳句を知って毎日が楽しく一日があっという間に過ぎていきます。頭を使うせいか少し痩せました♪♪/綾竹あんどれ
●初投稿です。 これからよろしくお願いいたします。 日々楽しく俳句を作っています。 /浦山茶平
●松山市の広報番組で拝見し、YouTubeで再放送を見てこのサイトに辿り着きました。 初心者ですが、よろしくお願いします。/斜るる丸乱
●最近松山に引っ越してきて、せっかくだから俳句を勉強したい、せめて名句を楽しめるくらいにはなりたいと思って、チャレンジしてみました。 松山は人が親切で温かく、のんびりしていてとてもいいところですね。/深山紫
●俳句などわたしには無理だと思っておりましたが、夏井いつき先生の「俳句は筋トレ」の言葉を信じて一歩を踏み出してみました。 やり始めたからには、いつかは納得いく一句を作りたい! コツコツ続けますのでよろしくお願いします!/深山紫
●全くの初心者です。よろしくお願いします。/石井侶光
●今回初めて投稿しました。この夏から思い立って旅先や日常生活で機会あるごとに俳句を詠むように心がけています。 どうぞよろしくお願いします。/太刀川浮盃
●初投句、駄句ばかりで失礼しました(^^)/太平楽太郎
●俳句初心者です。 インスタを始めたことをきっかけにこのサイトを知りました。気軽に投稿できますが、俳句はそう簡単ではないことをこちらで実感しています。 これからも楽しく俳句に向き合って行きたいと思います。/大熊猫
●初めて投稿致します。大西と申します。全くの初心者です。宜しくお願い致します。/大西どもは
●初めての投句です。 立川志らく師匠の「らく駄」会で、俳句に出会いました。 こちらにも、参加させていただきます。/炭茶
●友人に誘われ,今月から俳句を始めました。友人らと週に1回,俳句を披露する会を開いています(リモートです)。 俳句の面白さに目覚めてしまい,こちらの俳句投稿に参加しようと思いました。 夏井さんのYouTubeも拝見いたしました。勉強になります!/虫田糸巻
○ようこそ俳句ポスト365へ!最近ますますいろんなルートから俳句ポスト365へ辿り着く方が増えて嬉しゅうございます。これからどうぞよろしく!(正人)

●おはようございます。(^_^)/おけら
●いつも有難う御座います。/ちあき
●いつも楽しく拝見してます。/ほうすい
●組長はじめスタッフの皆さまいつもどうもありがとうございます!/まどん
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●めっきり涼しくなってきましたね。私も7月から毎回投稿するようになり、毎回の発表のたびに皆さんから刺激を受けています。(HNKAGA)/HNKAGA
●今回もよろしくお願いいたします。 お忙しい中ありがとうございます。/佳子
●俳号は「蛙星」と書いて「あせい」と読みます。作句歴は1年弱です。よろしくお願い致します。/蛙星
●いつもありがとうございます!/間仁田彩
●始めて間もない若輩者です。/広庵
●これからもがんばります。/高橋 平地草
●今年の春から俳句を作っています。海外に住んでいますので師もなくサークルもなく。コロナのために外出もままならないのですが、早朝の散歩は欠かさずにして、そこで見聞きしたことやものを読んでいます。 皆様も、どうかご自愛くださいませ。/三笠木 草
●よろしくお願い申し上げます。/糸賀太
●いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●夏井先生 何千何万単位の句が集まっている中、毎月ご選をしてくださり 本当にありがとうございます。 常に向上を目指して俳句を続けていきたいと思っております。 今後ともよろしくお願いします。/川村ひろの
●組長、正人様、いつも有難うございます。/大和田美信
●いつも選句ありがとうございます。宜しくお願い致します。/南方日午
●高齢者施設でお仕事しております。私も高齢の部類に差し掛かり、俳句に興味を持つようになりました。 年より臭いと思っておりましたが、時期が来たのか自然と面白さを感じるようになりました。 若輩者ですが、よろしくお願いいたします。/茜雲
○俳句は楽しいと思えばいつ始めてもいいのであります。老若男女切磋琢磨してまいりませう♪(正人)

●久方ぶりですが、よろしくお願いします。/うたた
●久しぶりの投稿です。どうぞよろしくお願いいたします。/にじのすみれこ
●朝晩の空気の感じが変わりましたね。ちょこっと俳句おやすみしてましたが、またぼちぼち詠みたいと思います。よろしくお願いします。/久素木葉子
●8ヶ月ぶりに復帰しました!厄介ごとに巻き込まれて4年間の連続投句が途切れて以降、俳句から離れていました。ここ数ヶ月を振り返るとなんとつまらないことか。周囲への感度が下がってしまい何も印象に残らない日々を過ごしていたことに気がついてしまいました。俳句が人生を豊かにするというのはこのようなところにあるのでしょう。 8ヶ月は早いもので、梅沢さんが永世名人になられたり、夏井先生がユーチュー婆になられたりと浦島状態の私です。正人さんと年が近いことを知り、勝手に親近感を覚えています。もう少し実力がついたら句会でお会いしてみたいものです。それでは。/ツカビッチ
●組長&正人様&ハイポニストのみなさん、ご無沙汰しています。今年はコロナのお陰で忙しくて、ヒメジョオン以来です。久しぶりに投句できて、それだけでもう本当に嬉しいです。下戸なので「熱燗」は鰭酒以来の難しさでしたが、今回時間があったのでありがたかったです。珍しくシンデレラ投句を免れたのは、この後仕事だから、時間切れになる前に投句を優先。終わったら、熱燗きゅ~っとやってみようかな。 選がどうなるかなってお楽しみを預けておいて、また仕事がんばります。組長始めスタッフの皆様、いつもありがとうございます。急に季節が進んで朝夕冷え込みが強くなってきました。皆様もどうかご自愛くださいませ。たまにチラリと俳句ポストを開けてみると、懐かしいお名前を見ては元気いただいています。では、また。 /ラッキーの母
●組長お疲れ様です。相変わらず仕事が忙しく、俳句から遠ざかろうとも考えたのですが、こういう時こそ心に余裕を持つことが肝要と考え、細々と続けていこうと思います。よろしくお願いします。/升 丁茶
●コロナの影響で多忙になってしまって暫くの間ハイポお休みいたします。すでに忙しいから休みがちなんですけどね…… 忙しいのは金に忙しくなってしまっただけの話だから近年中に必ず復活します!必ず! しばしの間だけサヨナラします! 復活した時また一緒に皆様と遊びたいです! 色々とありがとうございました!/酒井おかわり
○久々の人も、少しお休みする人も自分にとって無理なく楽しめるペースでやっていきまっしょい。コロナの影響で始めた or 休む人はけっこう多いんじゃなかろうか…。(正人)

●兼題・秋晴の初投稿をした父は並選!父娘ふたりで並選!10月8日?大安。嬉しくて乾杯しました。ありがとうございました。/紀杏里
●夏井先生の超カンタン俳句塾を読み、9月から俳句を始めました。 俳句を始めてからネタ探しで、周りをキョロキョロしながら歩いていると、道端の花や空の雲などが気になるようになりました。ボケ防止にも有効だと思いますので、続けていきたいと思います。/ゴー俳句翁
●犬の散歩の間、俳句に挑戦し始めました。帰宅してから言葉を調べたりするのも楽しく勉強になります。/しずくのかけら
●締め切りが先だと、ついつい俳句作りをさぼってしまうものだと実感いたしました。さめの俳句もまだ作れてない!少しずつ俳句脳に戻していきたいです。俳句って、本当に頭を使うんですね~。/sugarlily
●俳句ポストも11回目の投句となりました。連続記録をどんどん更新していきたいです。投句のためのカレンダーを作り、締切と結果発表の日を書き込んでいます。選んでもらえた日には花丸をつけて楽しんでます。/山羊座の千賀子
●こもりがちな毎日ですが、俳人、季語がたくさんで楽しいです♪ 本を読むのが楽しくなりました。俳句に感謝。もうすぐ冬ですね・・・冬の歳時記を携帯するのが今から楽しみです!/汐海さくら
●組長、こんにちは。俳句を始めて1ヶ月、朝から寝るまで俳句のことで頭がいっぱいです。 平凡な日常がとても楽しくなりました。ありがとうございます。/星月さやか
●前回の「嚔」に続いての投句です。今回も季題にぴったりくる12音を探すのに苦労しました。毎日新聞が提供するSNS「俳句てふてふ」に同じ俳号で今年五月から投句をしています。よかったら覗いて見てください。/冬樹 立
○楽しいは最大の原動力!発表できる場所を複数持っておくのもそれだけ刺激になるのかも?(正人)

●投稿した俳句は季重なりの指摘を頂きましたが、夏井先生のお目に止まっただけでもとても嬉しかったです。ご指導頂き有り難うございました(#^.^#)/なゆた
●楽しく読ませていただいています。また、最近俳句を学び始めた私には大変勉強になっております。ありがとございます!/ねこ山
●作り始めたら、見るもの聞くものすべて5、7、5にしてしまう。読めない漢字がいっぱいある。/秋ひろし
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「秋晴」は全ボツでした。一番最初のボツ経験の時よりも段々ショックが和らいで来ています。そろそろ、ボツに慣れてきた? いえいえ、何故ボツになったのか、を冷静に見る事が出来るようになったのだ、と思いたいです。(笑) 俳句の道は山あり谷あり、沢山の経験を積んで生きたいです。/塩の司厨長
●秋晴の回では天地の選を読み、くっきりとした空気感と鮮やかな青を感じることができました。/夏 湖乃
●とりあえず投句することが大事だと言い聞かせて投句しました。いつか自分が作った句を「うわ?!傑作だ!」って思ってみたいです?/金のキウイ
●組長、正人さん、スタッフの皆さま、いつもありがとうございます。 『俳句ポスト365』はこれまでの兼題と結果発表が公開されているので、とても勉強になります。今回は「熱燗」に近い気がして「鰭酒」の月曜~金曜の投稿も改めてじっくり読ませていただきました。本当にありがたいサイトだと思います。/岸来夢
○月曜日から金曜日まで、時にはボツの涙に暮れることも勉強になるのであります~(笑)。過去の兼題との比較などからも深い学びが得られそう!(正人)

●組長、正人さま、スタッフのみなさま、ハイポニストのみなさま、毎日おつかれさまです。最近、生活のいろんなところに俳句のタネを見つける楽しみができました。友だちとのやり取りやネットの記事を読んでいても、5音7音になりそうなリズムを見ると、「ああ!!俳句のタネ!!」と喜び勇んで季語を合わせて俳句にしています。フレーズを使わせていただいているので、「いただき俳句」と命名しました。一句作るのまだハードル高いなぁという方にもおすすめな遊びです。/小鳥ひすい
●ネット記事や看板、チラシ、だれかの作った流りの言葉などの12音のフレーズを使わせていただく「いただき俳句」。さすがに自分の句としてどこかに投句するのはまずいと思うので、身内だけで楽しむようだとは思います。しかし、「いただき俳句」やってみて、いい側面だと感じるのは、自分の脳にないフレーズを使うのはとても新鮮だということと、どんな季語が合うか歳時記を開く回数が格段に増えるということだと思います。歳時記にもっと親しみたいという方にもおすすめな遊びです。/小鳥ひすい
○自力で勉強法を考えるとはえらい!取り合わせの訓練で昔やってたなあ。「取り合わせってよくわからん~」という方、お試しにいかがですか♪(正人)

●とにかく脳トレになります。何とか締め切りに間に合いました。/句詩呼
●期間が 開いたので ちょうど忙しい時だったので 良かったです。/句詩呼
●今回は締め切りまで時間があったので勉強しようと思ったものの結局だらけてしまいました。/でんきゅう
○一度休載を挟んでからの投句締切、間に合ったようでようございました。だらけるのは…ええ、人間だれしもそんなものでございます(笑)。(正人@共感)

●なぜか投稿してる間に睡魔に襲われて誤入力だらけに・・・申し訳ございません。諦めて寝ます。/ざうこ
●先ほど投句し、自動返信メールが届き確認したところ、ししゅう を漢字で打ったのですが、?で表記されていました。ひらがなでもう一度投句するべきですか?/のつり
●10月26日投稿した俳句の漢字を間違えて入力、送信したのに気付き、再度投稿いたしました。/ばんびぃむーん
●お世話になっております。先ほどお送りしました二番目の句「熱燗や殊に煩い父の舌」の「煩い」を「煩き」(い→き)と変更させて頂きたく、改めて投句させて頂きます。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。こういう場合は「俳句に対するコメント欄に書いた方がよろしいのでしょうか???/加賀もずく
●10月13日投函「四気折々熱燗親父に漬る」を「四気折々親父に漬る熱燗」に変更していただければ ありがたい/佐藤 啓蟄
●「?む」(のむ)が文字化けして「?」の表記になってしまったので、「飲む」で直して送ります。/庭野ちぐさ
●お詫びです。 手違いでほぼ同じ内容の投句を2度出してしまいました。 先週金曜日と本日(10/23金曜日)分です。お手数ですが本日分を採用して頂けますよう宜しくお願いいたします。 以後このようなミスのないよう留意いたします。/アラ
○文字化けや誤入力、推敲などなど。だいたいのことは送り直していただければOKです。ただ、選句の上で推敲前と推敲後を比較した時、推敲前の方が良ければ組長はそちらを選びます。時々、「推敲したのに推敲前の句が選ばれた!」と嘆く方がいますが、それは元句の方が良かったからだ、とお考え下さい。前向きにいきましょう。(正人)

●俳句ポストは1人何句でも投稿してよいとのことですが、助詞や語順で迷った際に、別バージョンのような句をいくつも投稿するのはさすがに失礼でしょうか。/はちゃ
○推敲版を送るのは大丈夫です。が、↑で書いた内容にはご留意ください。…とはいえ、助詞に悩んだから50音全部試そう!みたいな極端なのはお許し下さいね~(笑)。(正人)

●今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。今回の「熱燗」、前回のお便りにも書きましたが4週間の投句期間もあり堂々の一万句超えを予想します!そ・し・て、その内の「1%」を私の句にする事をココ(毎回、一句目を投句する時にこのお便りを付けています)に宣言します!そう言えばハイポを初めた頃に100句以上投句している方がいると聞き驚きました。そして先日、Twitterでハイポニストでもあるいかちゃんさんが俳句生活の「月」に100句送ったと。私が百句詠めるとしたら「熱燗」、この季語しかありません。最初で(多分)最後の百句、お受け取りくださ~い。/洒落神戸
○今回も質問サンキュー!2014名11892句となりました。いやはや、予想を大きく上回るとんでもない人数に…残念ながら洒落神戸さま、0.84%となりチャレンジ失敗でございます~残念!!(笑)(正人)

●いつも楽しみに投稿しています。毎回一人当たり最高で何句位投稿されているのでしょうかね。気になります。(HNKAGA)/HNKAGA
●いつもは絞り出すように作句をしているのですが、私は45年以上ほぼ毎日酒を飲んでいます。だから、いろんな酒も飲み、蘊蓄も持ち合わせ、失敗も数えきれないくらいあるので、今回の熱燗は次から次に句があふれてきます。組長はじめスタッフの方々がお忙しいことを知りながら、今回は驚くほど多くの投句をしてしまいそうです。ごめんなさい。14日現在で既に28句。締め切りも先なので50は越えてしまいそうです。お手間をおかけします。/⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部
○毎回…というわけではありませんが、過去には一回で200句を超える投句をされた方もいましたねえ。今回の「熱燗」は文字通り火がついた人が多かったようです♪(笑)(正人)

●まずは、1句づつ。2句目を考えてるうちに締め切りが過ぎてしまうので(笑)/気がつけばカンレキ
●投稿は一気に送ったほうがやっぱり選句の上では楽だったりしますか?それとも、思いついたらその都度送ってしまっても大丈夫ですか。/倉嶋志乃
○俳句ポスト365に関しては、思いついてその都度送っていただいたので大丈夫です。注意点としては、俳号は統一してください。送る度に俳号変えたりはNGです。(正人)

●結果発表が楽しみ。でも大変多い数なので自句の発見が容易でない。 検索機能をつけるかすべて五十音順にできないものか。 贅沢なお願いかも。/いさご眠人
○パソコンやスマートフォンなど、ご覧の環境によって操作に違いはあれど「ページ内検索」機能を使えば簡単に見つかります。パソコンの場合はctrlキーとFキーを同時に押せば検索機能が開きます。そこにご自分の俳号を入力すれば一発解決。ぜひご活用下さい。(正人)

●兼題「秋晴」の際に、二句投稿いたしました。二句目は「よしあきくん一期一会の一句」に選んでいただき、大変光栄に存じました。しかし、一句目はどこにも結果が出ておらず、並以下の評価であったということでしょうか。もしかして私の探し方が悪かったのかもしれません。 今後ともよろしくお願いいたします。/みゆき子
○この類いの質問も毎回のように寄せられております。「秋晴」の回の火曜日俳句道場にて組長が似た内容を含む質問に回答しておりますので、そちらをご覧下さい。(正人)

◆我ら並選隊
●先生方、ご多忙の中選句作業お疲れ様でございます。兼題「唐辛子」にて並選に一句採っていただきありがとうございました。これからも入選を目指しつつ俳句作りを楽しんでいきたいと思います。/はとり千倖
●組長?いつも楽しく俳句ポストに参加させてもらっています。 俳句ポストは、並のところによく名前を見つけて、大変うれしく思っています。 しかし、一句一遊は全く鳴かず飛ばずです。でも、頑張ろうと思います。/山口 朝子
○南海放送ラジオ「夏井いつきの一句一遊」は現在膨大すぎる投句につき…なんせ放送時間が短い…!(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●今回より俳号を「ひなた」から「ひなた和佳」に変更しました。よろしくお願いいたします。/ひなた和佳
●登録した俳号を忘れてしまいました。べんべん、でお願いします。/べんべん
●六花を改めて、貴貴(きき)に変身しました。よろしくお願いいたします。/貴貴
●俳号を変更しました。これからは、本名でいきます。 「吉井いくえ」→「吉井郁恵」/吉井郁恵
●俳号変更します。よろしくお願い致します。 三雲 → 清水 三雲 /清水 三雲
●俳号を変更します。花菖蒲改め、葱ポーポー、です。ギャ句を投稿してみて、やっぱり、似合わないかな、と思いましたので。ポーポーは、甘い果物です。/葱ポーポー
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●俳号の決め方がわからず替えています。皆さんはどうやって決めていますか。/工藤ふたば
●実は富山のラジオ局の俳句コーナーには違う俳号で投句しています。オリをみて俳号を統一しようかとも思っています。/ねずみ男
●俳号に名字つけて名も変えて見ました。しっくり来ないです。/工藤実都
●俳号は、取り敢えずなので、いずれ変えるつもりです。/山口負乗
●いつもお世話になりありがとうございます。 絶対にやってはいけない俳号の変換ミスをやってしまいました。 ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。 /知無須園
○最近俳号を悩む人も多々。↑の注意点も参考に、ご自分のしっくりくる俳号をつけてみてください。決め方に悩む人は、過去の水曜日を遡って、他の人の俳号談義を見てみるのも参考になるかも。(正人)

◆ウェンズデー正人へ
●家藤正人様 ひろみの部屋に出演されてる時の正人さんが回を追うごとに癖になりました。 まず声、表情、話し方それと時々の寝癖の髪。 実に良いです?? 例えは悪いですが、スルメみたいで噛めば噛むほど味がでる。そんな人なんだな?と、今や大ファンです。 これからも楽しみにしております。 勿論、夏井先生の大ファンでもありますよ??/甲斐 紫雲
●娘(13)が好きな芸能人を聞かれると「家藤正人さん」と答えるようになりました。『絶滅寸前季語辞典』の幼少期の正人さんのエピソードに抱腹絶倒しています。/わこたんのまま
○もったいないお言葉に恐縮しております。昔はやんちゃだったのよ…。(正人@徹子の部屋での写真参照)

●家藤正人さんの句会ライブ見逃しちゃいました…参加したかった、ぐすん(T ^ T) 11月の句会ライブ楽しみにしてます。。かれこれポストに投句し続けてもうすぐ一年。ちょっとでも俳筋トレーニングの成果が出たらいいなぁ…。/高倉ちとさ
●正人さまとやのひろみさまの句会ライブもとても楽しかったです!おつかれさまでした!(兼光さまやスタッフのみなさまもおつかれさまです!)そして、正人さまが天の句に選んだ句に家族で大納得でした。すてきだねと。でも参加者のみなさま句を作るのが早いしうまいし「ひょえ~すげ~」となりながら拝見していました。あと、いくつかの季語と季語以外の5音を最初に決めておくのは、句が作りやすそうでいいですね!いつか友だちと俳句で遊ぶ機会ができたら、ヒッチ俳句やあいうえお俳句も使わせていただけたらいいな。/小鳥ひすい
●正人様  今年の新居浜の俳句キング・ウォーキングは、WEB投句だそうですね。歴史遺産を巡りながらの吟行が出来なくて、残念です。時節柄、仕方ないですかね。WEBで投句します。よろしくお願いします!!/KAZUピー
○コロナの世界で、句会ライブやイベントをweb上でする機会も増えてきました。いろんな試み試したいですねえ。12月20日にもひみつジャナイ基地句会ライブ第2回実施するのでぜひご参加くださいませませ~!(正人)

●組長、ウェンズデー正人さん、スタッフの皆様こんにちは。 先日、組長のホームページで「令和相聞歌」の募集があるのを知りました!ウェンズデー正人さんも選者をされて、テーマは「恋」とのことで、未体験ゾーンですが、妄想で3句作って投句しました!!めちゃくちゃ楽しかったです!(妄想するのが)/打楽器
○おお~参加してくれましたか、ありがとう!!会場でお会いできるのを楽しみにしておりますぞ~♪(正人)

●私は下戸なので呑める方が羨ましいです。組長はいける口だと拝聴しておりますが、正人さんはいかがですか?/なつめモコ
○そこそこ飲めます。が、普段は一滴も飲みません。水が好き。(正人@植物か)

●正人様。「秋晴」のお便りコーナーへの掲載と、お返事のコメントをどうもありがとうございます!ところで今度NHKで「岸辺露伴は動かない」が実写ドラマ化されるそうです。主演は高橋一生さんです。12月の放送予定で、すごく楽しみです♪/渋谷晶
○「録画予約する」…そんな言葉は使う必要がねーんだ…(中略)…『録画予約した』なら 使ってもいいッ!(正人@プロシュート兄貴)

◆夏井いつきへ
●チームすそのです。夏井いつき先生の、世界一わかりやすい俳句の授業を読んで勉強中です。/かすみ
●1ヶ月前から突発性難聴になり、テレビもラジオも耳障りで本三昧の中、夏井先生の「世界一わかりやすい俳句の授業」に出会い、本当に毎日が退屈しなくなりました! 人、物、時間…全ての捉え方、向かい方が変わり 、面白い日常を過ごしています。 少しずつ勉強していきます?/きいなかな
●今ひとつ切れ字の扱いがよく理解できないところあります、特に「よ」難しく手を焼いています。 夏井先生の書で学ばせて戴いていますが、いまいちです・・・・・  ”空海の座りし右よ草の芽よ”  感服しております!有難うございました。/長操(おさみさを)
○コロナのご時世で、集まっての句会や講座での指導が難しくなっています。「おうちde俳句くらぶ」等、ネット上での指導に、舵を切っています。(夏井)

●新しい形の地元俳句会を…と準備が続いていますが、ここに来て家族が俳句活動に対して反対に回ってきていて、大きな壁にぶち当たっています。まずは部屋を片付けろ、と。もっともです。先日YouTubeチャンネルで組長からいただいたアドバイスを参考に、徐々に物を…まだまだ減らせていません??地元俳句会立ち上げのために死ぬ気で頑張ります??/ よしざね弓
●先日、YouTubeで夏井いつき先生の俳句チャンネルを発見し、喜び勇んで視聴いたしました。しかし、日本語字幕の選択が自動生成しかなく、聴覚障害を患っている私は落胆してしまいました。。ご存知だと思いますが、自動生成字幕はあまり役に立ちません。(ただ、自動生成字幕でも夏井先生のお話に関しては比較的正しく出ることが多いので、先生の滑舌の良さに今更ながら感嘆しております) 何卒、日本語字幕の付与を検討していただけないでしょうか。 お忙しい中、無償で動画をアップして頂いていることは重々承知しておりますし、勝手なお願いであることも承知しております。しかし、私も夏井いつき先生ファンの一人として、先生の講義を受けたい気持ちは他の皆さんと変わりません。同じような方が、きっと全国、いや世界中にたくさんいらっしゃると思います。何卒よろしくお願いいたします。 (YouTubeでユーザー登録をしていないため、こちらに書き込みました。YouTubeには色々な方がいらっしゃるので下手に書き込むのが怖いという思いもあります。場違いなコメントで申し訳ありません。何卒ご容赦ください。)/あなぐま家の母
●夏井先生、正人さんYouTube 『夏井いつき俳句教室』の配信ありがとうございます。いつも心待ちにしています。俳句を愛する者にとってこれほど素晴らしい番組はないと思います。収益化できることを祈ってチャンネル登録をさせて頂きました。ご多忙でしょうがどうぞご自愛くださいますように。/かんこ鳥
●YouTubeの収入可おめでとうございます。 で、いいんでしょうかね? なんにもしなくても収入あるものかと思っていたので、YouTubeも大変だなぁと思いました。/ヒマラヤで平謝り
●先日、組長のYouTubeをチャンネル登録しました。「チャンネル登録って何?」「どうやって登録するの?」というレベルでしたが、登録したい一心で何とか乗り越えることができました(大げさ)。 正人さんの「ひみつジャナイ基地句会ライブ」にもフリーズに悩まされながら参加させていただきました。 そして「おウチde俳句大賞」表彰式のYouTubeに泣きました(感動)。俳句を通してYouTubeの世界が広がるとは驚きですが、少し時代についていけてる気分になっています。 /岸来夢
●夏井先生の俳句チャンネルを見ているせいか、YouTubeのおすすめ映像リストに俳句関係のものが顔を出すようになりました。その中に“お金のかからない一番カンタンな俳句上達法”とゆーフレーズが!それに惹かれてチェックしてみたんです。 それは成田一子先生がアップした映像で、上達法は“名句を紙に書き写す”でした。俳人であるお父様から勧められ、成田先生も実際にやったのだそうです。 それなら出来るかも…と思った翌朝、新聞の名句名首のコーナーに夏井先生の句が!これはこのコーナーを書き写せってことに違いない、と早速ノートを取り出して始めました。まだ三日目ですが。何か効果が現れてくれたらいいな。 /古都 鈴
●俳句チャンネルで夏井先生と正人さんの講義を聞くと、作句意欲がむくむく湧いてきます。 下5字余り俳句を私も作ってみましたが、うーん、こういうことではないのかな?試しに投句してみました。/香羊
●毎朝、堤防でウォーキングしながら俳句を考えたりしています。夏井先生のYouTube毎回拝見して、俳句を書く楽しさや、やっていけないことはないというお話をお聞きしていると、絵を描くことにもあてはまることだなぁと感じています。 /彩葉
●夏井いつき組長。家藤正人様。こんにちは。 YouTube収益化おめでとうございます。 夏井組長のYouTubeは、初回より拝見しております。拝見するばかりで、コメントの仕方も分からずどうしたものかと、心配しておりました。安心致しました。組長のYouTubeは、とても楽しいです。面白いです。時折何度も繰り返し拝見し、大変勉強になっております。ありがとうございます。 句会ライブにも楽しく参加させて頂きました。次回の句会ライブも楽しみです。 これからも、拝見させて頂きます。 そして、皆様の様な俳句を作れるように、私は、日々精進したいと思います。/松山のとまと
●夏井先生のユーチューブ観ました。一年以上俳句が詠めなかったのですが、夏井先生のドラゴンボールの元気玉の話を聞いて、また俳句が詠みたくなりました。俳句は季語から元気を貰ってそれを自分を介して放つ様なものだと。本当に夏井先生サンキューです^_^/田之馬ちょい
○YouTube『夏井いつき俳句チャンネル』も、ネット上での学びを支援する活動です。身近な人たちと一緒に観ていただければ嬉しい。そこが、俳句の種まきに繋がります。
○家内制手工業みたいなYouTubeなので、全部字幕を付けるのは現実的には難しいかと思います。できる限り、滑舌よく話せるよう努力します。(夏井)

●575でカガク、ミトコンドリアの回、興味深く拝見しました。 夫は研究者なのですが、俳句は限られた字数で表現する点で論文に似ていると言っております。研究一筋の夫で共通の趣味などなかったのですが、俳句は初めての共通の趣味となり一緒に楽しんでおります。/むゆき
○「575でカガク!」は、年に2回だけやってる番組です。NHKのEテレならではの企画。大好きな仕事です。(夏井)

●酒に詳しくなく、強くもない私は、熱燗の温度が50℃近辺ということは知りませんでした。それよりも、衰えた視力では「燗」の字がよく見えませんでした。「火へん」に「間」だと思っていたら「火へん」に「閒」なのですね。新たな学び!ついでになりますが、組長や正人さんはお気に入りの燗酒の銘柄などあるのでしょうか?お酒の銘柄についても学びたい。ちなみに、私は大七酒造の「純米生もと」を正月に燗酒にします。お手頃価格で大衆的な私の舌に合うようです。/高橋寅次
●前回の「今月の一句」に続く、嬉しきことです。 俳句を始めた時(2017)から「夏井いつきの一句一遊」に投句を続けています。 初投句から188番目の兼題[濁り酒]で、初めて金曜日に読んで頂きました。ありがとうございます。 このサイト含めて、季語を学ぶことが日々の楽しみになっております。 /天晴鈍ぞ孤
○「夏井いつきの一句一遊」は、二十年やってるラジオ番組です。ラジコプレミアムにて、全国どこからでも聴くことができます。リスナーさんたちが、お当番を作って、聞き書きもしてくれてます。「朧庵・落書き俳句ノート」で検索するとでてきますよ。(夏井)

●プレバト金秋戦いよいよ始まりますね。兼題写真がまた難しい……/京野さち
●プレバト観ています。兼題?が前もって知らされないので、視聴者参加番組にならないことが残念(これはTBSに お願いすることかな?)/香依蒼
●夏井いつき先生、いつもプレバト見てます。/山口負乗
●アンテナを変え、プレバトをみることができるようになりました。再び精進します/狸漫住
●プレバト!!のブログを編集しています。夏井いつき先生のYouTube動画もブログにて紹介致しております。俳句ポスト初投稿ですが、宜しくお願いします。/白プロキオン
●テレワークのおかげで、つい最近プレバトを知り、夏井いつき先生を知りました。俳句、私もできるかなぁ?作ってみたーい!と思い、初めて投稿します。/麦
○テレワークのおかげで!ってことは、コロナのおかげの出会いか!(夏井)

●組長へ 「熱燗」の発表はもう12月に入っていますね。どんな寒さが来ているのでしょうか?今年はインフルエンザに加えコロナウィルスの蔓延も気を付けなければなりませんね。 12月6日には私の住んでいる新発田市で組長の句会ライブが行われる予定で、今からとても、とても楽しみにしている所です。何事もなく開催されることを本当に心から願っています。 どうぞ組長も兼光さんもからだに気を付けて遠くの北国まで遥々来てくださいね。迎える私も、今年から出来た句友たちも体調を万全にお待ちしています。 わあ!!本当に本当に楽しみでなりません。 /じゃすみん
●『おーいお茶』のオンライン発表会、お疲れさまでした。私も応募してみましたが、残念な結果でした。(f^^;)賞を取られた方の作品は、本当に良い句ばかりで、勉強になりました。また来年も楽しみにしています。/もこ
●おうちで俳句大賞では句会ライブで僕の句を選んでくれて、ありがとうございます。賞品の鯛はまだ届いていませんが、楽しみに待っています。お刺身にしたいです。/ゆうが
●夏井いつき先生、大好きです。 福岡の講演会で、廊下でばったりお会いした時は、緊張して、なにも言えませんでした。 また、福岡にいらしてください/江口秋子
○少しずつナマの句会ライブも動き始めている12月ですが、第三波がどうなっていくか、心配です。12月6日、新潟の新発田市、行きますよ~。(夏井)

●夏井先生の『日々是「肯」日』に書かれていためまいの対処法で、枕を高くして寝るというのをヒントに、一ヶ月続いていた首の痛みが解消されました。ありがとうございます!/わこたんのまま
●今朝(10/21)の組長のブログを拝見して少し心がざわついております。 兼光さんと2人で熱燗でも呑んで温もり、ゆったりとくつろいで頂きたいものです。 寒さが身に沁む季節となりました(まだ早いか?) 組長、皆さま、どうぞご自愛くださいませ。/直
○人生は、山あり谷あり、いつまでたっても色々あります。「風の強い日の旗は美しい」この言葉を改めて、胸に掲げて歩き出しております。(夏井)

●プレバトの夏井いつき先生の俳句解説に魅了され、今月の10月から俳句投稿を始めました。 20年前の高校時代に、現代国語の先生が夏井いつき先生のことをお話ししていたのを聞き、先生のことを知りました。 私は愛媛県出身ですが、現在はイギリス人の夫と2人の娘と共にイギリス在住ですので、オンライン投稿は、とても便利です。 娘には日本語で話しかけますが、返事は英語という会話スタイルの日常の中、俳句を考える上で、日本語に触れる機会が増え、充実感を感じています。 これからも、俳句投稿を続けていきたいと思っています。 /ヴィッカリー趣乃
○ネットのおかげで、世界に「いつき組」の仲間が増えています。嬉しいことです。いつか会える日を楽しみに、一緒に学んでいきましょうね♪(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
○最近は文通よろしく、コメントによるハイポニスト同士の交流も盛んであります。以下エール交換や感謝のおたよりなどなどご紹介。(正人)

●「楽しいな俳句」を作られた組長と「喜怒哀楽俳句」を作られたみのる先生に、大変お世話になってきたので、改めてちゃんとご挨拶したい!と思い、お便りコーナーに投稿することにしました。俳句のことを全く分かっていないときから今まで、組長やみのる先生のお力をお借りし、俳句に親しみ楽しく作ることができました。本当にありがとうございます!これからもお二人のやり方をリスペクトしつつ、自分なりに試行錯誤もしてみようと思います。組長やみのる先生のように日々楽しみながら工夫します!改めてありがとうございました!/小鳥ひすい

●唐辛子の回にて、こま様、並びにちびつぶぶどう様、グランドスラムお祝いメッセージありがとうございますです。俳句ポスト初期からのお二人に祝っていただけて、トマト有頂天であります。記念に、トマトも女子高生を名乗ってみようかな(笑)。ちなみに、トマトの俳句ポスト一番のお気に入り句は、「星々は麦の隣人行く久しく」でトマトです。 /トマト使いめりるりら
●行き当たりばったりの人生を否定された。/こま
○なにがあったの!?元気だして!!(正人)

●10月上旬に行った入院治療が、ほぼ意味をなさなかったことが分かりました。心配し期待してくれた人々に申し訳なく、しばらくは落ち込ましたが、「痛くて大変な思いをしたのに可哀想だなと思うだけ。周りのことをあなたが考える必要はない。」と多くの人に励まして頂き、今は気持ちも落ち着きました。事あるごとに周囲の優しさと明るさに助けられここまで来ています。まだしばらくは、彼らにパラサイトしようかな。/ふくろう悠々
●ふくろう悠々様 我が家の老猫の句を気にとめていただきありがとうございました。/ふわり子
○その優しい心が誰かを救っているのです、きっと。(正人)

●夏井先生、正人さん、スタッフの皆さん、俳句を愛してやまない皆さん! お元気でいらっしゃいますか? 私は、諸事情ありまして多忙を極めておりますが 元気にしております。 いしはまらんるさんは、ここでのお話しは、これまでとお書きでしたがその後のいしはまらんるさんの句をよませて頂きどうにも気になり今一度だけこの場を借りします。 弟さんがどのような状態なのかは、はかり知れませんが 弟さんが辛い治療に耐え得た時間です。男は、仕事をしてなんぼとおしゃってたと記憶しておりますが、 日日是好日でいきましょう! 確かに私も断捨離をし、正式な遺言状もつくり、骨になって帰ってくる検体コースに申し込みましたが、あとは、日々楽しく怒る事には、怒っておりますが、ほどほどに体中心に過ごしております。それなりに仕事もしておりますが笑笑 正直言って心の影には、怯えておりますが 悪魔は、こちらからドアを開けなければ入ってこないそうですよ!日日是好日でいきましょう! 夏井先生、兼題唐辛子と秋晴れ では、人選に入れて頂きありがとうございます。かなり添付をしてくださったのでは、ないでしょうか?この頃句帳に書き忘れる事が多いのですが…。 彼岸花が炎のように咲いていましたが いっきに気温が下がり寒暖差が激しいようです。 皆様風邪などめされませんよう!/田村美穂

●8月よりTwitter上で「けろけろ道場」という俳句ポストの兼題を分析するアカウントを立ち上げました。「秋晴」から始めましたが、最近はいいねもよくつき、ファンも獲得してきたように思います。 あいだほさんやぐさんのような金曜日の常連さんの背を追いかけておりますが、金曜日に選ばれる日は来るのでしょうか?地道に努力していきます。/成瀬源三

●組長、正人さん、スタッフの皆様、お疲れ様です。 熱燗は大好きなのに、いざ句にしようもすると・・・まあ悩む悩む(笑) それでも何とかかんとか絞り出しました。 ところで、我ら『いつき組広ブロ俳句部』、新入部員も増え、盛り上がってきました。 古株であるオイラ、いつ新入部員に追い越されるかヒヤヒヤしています(笑) これからも、いつき組広ブロ俳句部をよろしくお願いします!/Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
●夏井いつき先生、私が俳句を勉強して2.5ケ月になりました。 面白さも少しは解るようになって来ました。 この面白さを、妻に説明し、一緒に勉強しようと進めても同意してくれません。 どの様に勧めれば善いのか方法はありませんか?。/松瀬章章
○新入部員と妻の勧誘は違うかもしれませんが、アイディアある人はご意見お寄せ下さいませ(笑)。(正人)

●『夏井いつき俳句チャンネル』だけど、画質144pがないので見れないのだけれど、組長はわからんだろうけど、正人もわからんの? やにほもよくわからん。Wi-Fiを付ける予定もしばらくはない。どなたかやり方ご存知の方があればお教えください。/ららやにほ
○こちらも情報募集中。ハイ、ワタクシにはわかりませぬ。(正人@無念)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三ツ藤康子
●シュトゥットガルト俳句女子の会/追師うさぎ
●シュトゥットガルト俳句女子の会、一応兼題ごとにどう取り組むか考えるんですが、今回はまだいい案が浮かばず。今日は風が強いけれど秋晴が気持ちのよい日曜なので、この風とともにいいアプローチが見えてきますように。/月の道馨子
●シュツットガルト俳句女子の会/ 森の散策、35カ所のお勧め本の森を訪ねて、残すところ後8カ所となりましたが・・雨が続いていて秋の黄葉が美しい中ではありますが行くのを躊躇しています。正人さんのご質問がありましたが、ドイツの森には熊はいないと思います。森を歩いていて、危険な大きな動物には出会ったことがありません。危ないのは、小さな小さな「真ダニ」ですね。入って来られないように完全防備で歩きます!皆様、コロナ感染から守られますように。/海葡萄
○真ダニ…!そういうのもあるのか…!日本ではしばらく前にセアカゴケグモが話題になってましたが、小さな虫は恐ろしいですねえ…。(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●兼題「秋晴」では、人選をありがとうございました。とっても嬉しいです。毎回投句していると、少しずつでも力になっているのかな?と思ってしまいます。今回の「熱燗」も自分ではなかなか気に入った句が詠めました。でも、結果はどうでしょう?ドキドキ、ワクワクしております。/ちか丸
●こんにちは!組長、秋晴では人選をありがとうございました。今回、熱燗の選をしながら組長は一献傾けるのでしょうか(笑) 寒くなります。お身体を大切になさってください。/夏 湖乃
●「秋晴」人選ありがとうございました。/京野さち
●兼題唐辛子では、初めて人入選♪有難うございました。 発表の木曜日にアクセス障害でドキドキしましたが、前回の並から1ランク昇格して、拙句と名前を見つけて喜びました。 そこそこの句か選外の残念な句を作ってばかりで、先生方にはお手数ですが、現状維持で人並みに選んで頂きます事を楽しみにしています。/近江菫花
●夏井先生始め俳句ポストに係る方々へ 何時も大変な作業をして頂き、有難いと思っています。 秋晴の句に初めて人に選ばれ、思わず、ヤッターと叫んでしまいました。兼題が発表されると、1日一句を目標に作句しています。その中から、私なりに推敲したものを、選んでいるつもりですが、思い入れのあるものは、入らず、まだまだという事を実感しています。 プレバトと、俳句ポストでしか、勉強しないので、これが、私の限界かな?とも思っています。 でも、念願の人に入れただけでも、毎日幸せな気分です。 有り難う御座いました。 今後も、今までと変わらず、1日一句を目指して頑張ります。/吹子
●いつき先生、お疲れさまです。秋晴の人選ありがとうございました。よろしくお願い申し上げます。/清水祥月
●兼題「秋晴」にて初めて二句人選となりました、励みになります。この歳になってこんなに日本語と取り組むとは思いませんでした。並時々人選されるよう楽しみながら投句させてももらいます。 /まこも
●夏井先生! 兼題「秋晴」ではまさかの二句人選を頂きありがとうございました。 本当か??と自分でも驚きを通り越してしまいました。 正しく想定外の出来事でしたが、これを機に2度目3度目を目指して励んでまいりたいと思います。 下手のよこずきも継続していれば少しはマシになるものですね。 これが最後とならぬ様、精進致します。/甲斐紫雲
●組長、「秋晴」の人選に二句取っていただきまして、本当にどうもありがとうございます。今、正に秋晴の日々を迎え、改めて自分の作った句を読み返してみると、やはり頭の中だけで考えた句が多かったことがよくわかりました。大事なことは、季語の現場に立つことなのですよね。肝に銘じて参りたいと思います。これからも、どうぞよろしくお願いいたします! /渋谷晶
●先生方、こんにちは。 「野分」のお題で「人」に選出いただき、どうもありがとうございました。 少々エロス系の句が選ばれて、本当に嬉しかったです。 「熱燗」も難しいお題ですが、なんとか捻り出したいと思います。/渡邉くるり/渡邉くるり
●夏井さん、スタッフの皆さん、こんばんは。 この度は「秋晴」の地選をありがとうございます。 友人に教えて貰った時の驚き、半信半疑で頁を開ける時の指の震えは今でも忘れられません。 そしてこの地選、なんとインスタでの俳句仲間と並んでの地選だったのです!喜びを分かち合いのですが、残念ながらアカウント不具合で叶わず。此方で言わせてください!「すぴさん!おめでとう!良かったね。」(図々しくてすみません。笑) 毎回の兼題に四苦八苦していますが、今回を励みに続けていこうと思います。 ぐっと冬に近づきました。皆さんお身体ご自愛くださいませ。/あずお
●秋晴の回で初めて地選をいただきました。組長の暖かい読解がありがたく、またTwitter上でつながっている俳句仲間の皆さんからのお祝いの言葉に、引っ込めた涙が何度も何度もぶり返しました。皆さんおめでとうコメントを下さる際にそれぞれの解釈や感想をお伝えくださり、上位になる一番のグリコのおまけは、自句がたくさんの方の目に留まって感想を言ってもらえることなのだと初めて理解しました。自分の作った句が皆さんの中に入って行って遙かに素晴らしいものに膨らんでいく様子を感じることができました。六角成分図でおなじみの碧西里さんは私の句をモチーフに絵を描いてくださるなど、こんな素晴らしい体験はありません。今回はまぐれ当たりの金曜日でしたが、これからも俳筋力を付けて実力を伴った金曜日選になれるようにがんばります!/かむろ坂喜奈子
●兼題「秋晴」地選に選んでいただき、ありがとう御座いました。夏井先生の、身に余る光栄な句評を何度も読み返し、舞い上がりたい程の嬉しさでした。 娘の出産は緊急手術を伴うものでした。手術が無事に終わり、病院の窓越しに見た眩しい青空、プラス僕は、その時の澄み渡った青空に包まれている私の心情であり、生まれてきた孫の僕でもあります。生涯、忘れられない一句になりました。 /すぴか

◆近況報告~♪
●夏の疲れがたまり、とてもしんどい毎日です。体調にお気をつけてください。/砂山恵子
●組長、正人様、スタッフの皆さま、ハイポニストの皆さま、いつもお世話になっております。 本日「熱燗」の締切日ですが、もう、すっかり秋めいて、朝晩は結構冷えます。どうぞ暖かくしてお過ごしください。/渋谷晶
●一気に季節が進みましたね!お身体ご自愛くださいませ。/みほめろ@いつき組広ブロ俳句部
●いつもありがとうございます。寒くなって熱燗が恋しくなりました。皆様お元気で。/おちゃうけ
●夏井先生、正人さん、スタッフの皆さん、俳句を愛してやまないみなさん。 冷えこむようななってきましたが体調にお変わりは、ありませんか? 今回は、公私共に非常に多忙でコメントを書く曜日は、 まちがえるは、多分同じ句を送ってしまったりで大変ご迷惑をおかけしました。 ごめんなさい/田村美穂
●少し寒くなってきたので、久しぶりに生姜たっぷりの紅茶を飲んで身体をあたためています。どうぞみなさまもあたたかくしてお身体を大切にしてください。ご健康でありますように。/藤井天晴
●今日から十月です。冬服に衣替えです。今年も三ヶ月、残りの日々も俳句を作りたいと思っています。/忍丸
●多分この兼題の結果発表の頃には私の住む富山ではアルプスが白くなっていることと思いますが何せ車椅子を自由に操ることも出来ずチョット一句という訳にはいかないと思います。うーん残念!/ねずみ男
●少しずつ寒くなってきましたが、早くも僕の手にはあかぎれが…。今年はコロナ対策でアルコールでの手指消毒をしているため、手のガサガサがひどい!すぐにパリッと割れてしまいます…。例年以上に、ハンドクリームと絆創膏が手放せない冬になりそうです。/かつたろー。
○すっかり冷え込むようになって参りました。冬の諸症状に悩まされる日がもう始まりますなあ…。(正人)

●還暦を迎えてほぼ1年。50代最後の投句です。次の「鮫」の結果発表時は60代です。まだ会社員は5年続きますが…。/はなだんな
●来年はもう80歳になります。残りの人生を本音で生きます。あすなろから まずは本名で投稿します。/真壁佳子
●10月に恙無く84歳になりました。お酒のお題になるとあっという間に何句も…(←代理入力の娘の勝手なつぶやき)/岩松良★(★=王へんに玄)
○お誕生日おめでとうございます~!十の位が変わる時って感慨深いものがありますねえ。(正人)

●運動不足対策で朝30分歩くことにしました。いつまで続くことやら?/しんしん
○えらい!こういう日々でこそ運動大事!(正人)

●10月1日にパリから一時帰国しております。11月下旬までの予定です。海外からの方が少ない日本の静かな秋を満喫したいと思っています。今年の9月より、いつき組、始めました。まだ2か月ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。/レーヌ・クロード
○11月の入国制限緩和により静かな秋が失われてないといいのだけれど…(笑)。(正人)

●組長、正人さん、よしあきくん、ハイポニストのみなさん、こんにちは。南半球にあるニュージーランドは着々と夏に向かっています。スーパーにはクリスマスのお菓子が並び始めました。夏のクリスマスももう7回目ですが、相変わらず実感がわきません。クリスマスが近づくと(だいたい11月になると)娘と「ラストクリスマス・チャレンジ」というのを始めます。たいしたことではありません。クリスマスシーズンの街の中でいつまでワムの「ラストクリスマス」を聞かずに過ごせるか?を競うのです。、、、競うと言っても相手はいなくて、自己満足なんですけど。ちなみに去年は「ラストクリスマス」という映画が公開されたせいで、ラジオのプロモーションで聞いてしまい、12月になる前に終了しました。「ラストクリスマス」の代わりに、マライアキャリーの「恋人達のクリスマス」でもいいですし、山下達郎の「クリスマスイブ」でもOKです。気が向いたら、挑戦してみてくださいね。/ほしのあお
○それちょっと楽しそう!(笑)(正人)

●寒くなりました。 先日道を歩いていたら、1?2m先の用水路に鴨を5羽見かけまして、5羽も並んでこんな近くで見ることは初めてで、感動してスマホで写真を撮りました。吟行ってこういう事なんだなぁと思いました。で一句。 「水際の鴨の可愛さこんにちは」/中原柊ニ
●お世話になっております。亀を飼っています。息子の置土産ですが飼えば可愛いいです。あくび、首振り、餌の要求の泳ぎ方等あります。寝床で俳句ができる事があります。下手の横好きです。宜しくお願いします。 /亀子
●小さい頃から野鳥が大好きで、俳句を初めた時、歳時記にたくさんの野鳥が取り上げられているのを知り嬉しく思いました。「小鳥の渡り」が始まり、鴨類を始めとした「水鳥」もやってきているようですね。バードウォッチングのハイシーズン到来、今年は俳句も意識しながら双眼鏡を覗きたいところです。/真井とうか
●最近外を歩くと金木犀の香りに出会います。花がどこにあるのかわからなくてきょろきょろ探してしまうことも多いです。職場の敷地でも強く薫るのですが見当たらず、同僚が頭上を指して銀木犀だよと教えてくれました。まさかの大木! 金木犀は低木ですが銀木犀は大きな木になるということを初めて知りました。 /香羊
○観察の眼差しはだいじな俳句の才能です♪植物も見るだけでなく嗅覚で捉えられる種類のものだと嗅ぐのも楽しい!(正人)

●コロナ禍いつになったら終息するのでしょう。/忍冬
●ご無沙汰しております。コロナが全く収まりませんが仕事と経済は回していかねばならず、どう対策するか日々知恵を絞っております。早く自由に旅行や吟行に行きたいですね。組長はじめ皆さまのご無事をお祈りしていります。/霞山旅
●リストラにあいました。30年近く勤めた会社でしたが、コロナには勝てなかったようです。60歳を目前にこのような出来事に、なかなか実感が湧かずにいます。思わず俳句からも遠ざかりそうですが、何とか頑張って続けたいです。/康子紫
●転職をしました。新しい職場でも俳句仲間が出来つつあります。/阿山季思
○コロナで職を失う人も多い世の中でありましょう…みなさま、お疲れのでませんように。職場というものも捨てる神あれば拾う神ありですね。良い仲間がいると幸せ。(正人)

●よしあきくん様のシトラスリボンPJの一言が印象に残り、シトラスリボンについて調べる機会になりました。 元々小物作りが趣味なので、この夏は手鞠のチャーム等を作ってましたが、次はシトラスリボンのチャーム等を作ろうかと計画中。 水引の入荷待ちなので、まだ作ってませんが、この冬の楽しみにしたいと思っています。/近江菫花
○シトラスリボンはマークも可愛いのがイイ。(正人)

●組長こんにちは。知り合いに勧められて、句暦1年足らずで、芭蕉翁献詠俳句に挑戦しました。結果は惨敗でしたが、世の中には知らなかった事がたくさんあるんだなあと50を過ぎて実感しました。まだまだこれからも頑張ります。/山羊座の千賀子
○チャレンジして「こういうのがあるんだ」と知ることも学びであります。次がんばってこ!(正人)

●子どもに原因不明の微熱が断続的に一ヶ月ほど続いて、まともに学校に行けない状況の中で帰ってきたら選外通知がポストに受け取る日が続きます。禍福はあざなえる縄の如し。賞はグリコのおまけ。/大雅
●こんにちは。 朝晩は寒いくらいの気候になりました。 数日前から、断続的に下腹部が痛み、病院にいくべきか悩みながら時間が経っています。 痛いだけで、食欲など他の異常はなく、夜も眠れるのです。病院にいけば、時間もかかり、検査で痛みや出費もありそうで、躊躇ってしまいます。 いっそ歩けないくらいに、ずっと痛ければ、覚悟もできるのに、と往生際が悪い私です。/ちょろたこいん
○原因不明の熱やら痛みやら、今すぐにでも病院に…と言いたいところですが、今の世の中病院にもおいそれと行きづらいのが悩ましい…。(正人)

●スマホ縦書きアプリの件、取り上げていただきありがとうございました!普段はデジタルオンリーですが、たまにはノートに手書きもよいな、とも思います。短冊に筆字でさらさらと、というのも憧れますが、お習字は苦手だったり。/真井とうか
○気持ちはわかる…けど、ああ、悲しみの我が悪筆。(正人@字が下手)

●最近、過去の自分の投稿した句を眺めてたんだけど、…うーん…ま、急激に成長してるってことでOK(笑)! /トマト使いめりるりら
○成長の軌跡が残るって素敵やん♪(正人)

●この8月に発行された坪内稔典先生の『俳句いまむかし』を入手したら兼題「くしゃみ」の句があり、ヒントになりました。昔の人の句にかえって新しさを感じたり、季語の歴史を考えさせられたりしました。/わこたんのまま
○ネットでいろんな情報が手に入る昨今ですが、やっぱり本っていいですねえ。思わぬ内容が見れたりするし。(正人)

●どぶろく蔵出し祭りが12月5日(土)15時~20時、宇和島市津島町岩松で開催されます。コロナ禍のため例年より縮小してのイベントですがシュワシュワの新酒が味わえますよ~/小野更紗
○三日後でございます。縮小でも無事行えますように~!(正人)

●石川県から呉市までアサギマダラが30日かかって飛来したことが中国新聞に載っていました。広島で目撃されるのは珍しいそうです。『絶滅寸前季語辞典』が編まれたため、当時より藤袴が増えたのでは?/わこたんのまま
○そこまでの影響力があるかはわかりませぬが~(笑)。(正人)

●高浜虚子の短編小説「虹」とその連作を読み、鎌倉の虚子の墓を訪問しました。ヒロイン愛子の墓を探しましたが、残念ながら、見つかりませんでした。俳句のご利益があると嬉しいのですが。いつき先生、スタッフの皆様のご健勝をお祈りしております。/雨霧彦@木ノ芽
○虚子も小説書いてたのか!初めて知った!(正人)

●この休みで松山道後へ 子規堂俳句ポストに駄作一句入れました 【秋の日や句碑に招かれ松山路】 坂の上の雲ミュージアム 子規記念館 新たなる子規との出会いでした 【糸瓜棚眺めて思う子規のこと】/松さん
○ようこそ松山へお越し下さいました♪温泉にも入られましたかねえ。(正人)

●以前ぶち上げた無謀なチャレンジ「一晩で月百句」ですが、頭を使いすぎた結果寝落ちするという、まさかの結末が待っていました。普段多作をあまりしないせいでしょうかね。 我ながら割と好きな句もちょこちょこ生み出すことができ、楽しい一夜ではありましたよ。 何句できたか?訊かないでください…。/多々良海月
○何句できました?(正人@容赦なし)

●九月末に元同僚を安曇野に訪ね、大町温泉郷に一泊して、翌日(すごく良い天気でしたので)黒部ダムへ行ってきました。室堂平まで足を延ばして雄大な景色を楽しみました。コロナが早く収まり(松山を含み)どこにでも行ける日が来ることを願っております。 いつも同じことですが、夏井先生やスタッフの皆様の努力に感謝し、敬意を表したいと思います。/泰然
○温泉&吟行旅行、いいですねえ。大手を振って旅行に行ける日々が早く戻りますように!!(正人)

◆兼題「熱燗」に寄せて
●熱燗という兼題は、下戸の私にはきつい!と思っていたのですが、過去に小樽の俳句ポストで入選していた句が熱燗の句でした。あらら、下戸でも詠めるじゃん?? でも、今回はうまく詠めた気がしません。今回は並選隊かなぁ。/ よしざね弓
●熱燗という単語を入れて五七五にすると全部演歌(艶歌?)になってしまいそうです。/えりいも
●熱燗は飲まない自分にとって難題でした。/けーい〇
●熱燗という言葉そのものだとなかなかうまく浮かびませんでした…なんでだろう。/みょん
●今回の兼題「熱燗」、普段あまりお酒を飲まない自分は見た瞬間「欠席や」と思いましたが、よくよく考えたら別にこれまでの「藤袴」や「実紫」もゼロスタートでしたのでそんな気にすることもないやと思い継続中です。馴染みない季語だからこそ、どうにでも発想を飛ばせるという視点を大切にしたいと思います。/石井一草
●下戸です。今回は全く自信がありません。/中村すじこ
●お酒を飲まないので、難しい兼題季語でした。/忍丸
●自分はお酒を飲まないので、わからないけど。 想像や、妄想で、どこまで作るのか、迷っています。/忍丸
●赤提灯が熱燗には良く似合うのですが、3密を避けねばというので、景色が違ってきていますね。/忍冬
●ロサンゼルスより投稿しましたー。熱燗の美味い日本の寒い冬がちと恋しいです。/☆らららんど☆
● 夏井先生、正人さん、スタッフのみなさま、いつも選句をありがとうございます。今回も、句をぎりぎりに絞り出すこととなってしまいました。もう、頭は白光状態です。そしてうちは、夫は暑がりなので、熱燗はしたことがありません。炬燵に熱燗、いいものでしょうね、あこがれます。/榊裕江子
●僕は酒を飲まないので、あくまで想像でしか詠めなかったです。笑/さぬきのたぬき
●「熱燗」は飲めない私にとって、色んなアルコール飲料の中でも、かなりハードルの高い存在なので、もはやファンタジーとして詠ませていただきました。/せり坊
●熱燗は飲めないので、困ったなぁと思ったのですが、熱燗といえば父ちゃんだと思って父ちゃんのことをよみました!/ツユマメ末っ子@8歳
●お酒が飲めない私なので、以前「鰭酒」という兼題のとき、苦しんだのですが、今回の「熱燗」もイメージが乏しくて・・はったりで詠むしかありません。/みやこわすれ
●私は日本酒を飲まないので、とても難しかったです。晩酌をしている父を思い出して考えてみました。/めりっさ
●私自身は日本酒を飲めないので、見てきた経験から想像をめぐらしました。/綾竹あんどれ
●経験ないから 想像して詠みました。/句詩呼
●寂しいですね。今年は忘年会なしでスマホ越しで熱燗になるのでしょうか?/砂山恵子
●コロナの世代になって楽しい熱燗の句ができなくなりましたね/砂山恵子
●夏井先生   こんばんは。  いつもあちこちで御活躍を拝見しております。(youtubeの収益化決定おめでとうございます!良かったー!)    二回目の投句もギリギリで終えました。  殆ど飲まない(飲めない)人間にとって「熱燗」は身近でない題でしたが、色んな記憶を手繰り寄せ、空想を巡らせてみました。  推敲も試みていますが、考える程訳分からなく、変ちくりんになるので、えいやっと全部投句してしまいました。  制限無く、しかも無料で投句させて頂けるとは、何てありがたいことでしょう。  夏井先生はじめ、関係者の皆様の御尽力のおかげと感謝しております。本当にありがとうございます。  今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。                    山辺冬里       /山辺冬里
●いや?、「いつき組下戸班」の一員の私、この兼題でよくこんな数投句したなぁ。(駄句ばかりかもしれないけど)頑張ったー!自分で自分を褒めてやりたい!!人生でこんなにもお酒のこと真剣に考えたのは初めてかもしれない。 これからの人生でも、実戦には役立たないけど。でもいろいろな新しい知識を得られて楽しい数日でした。さて、皆さんの力作を拝見するのが楽しみです。顔を知ってる句友さんの句だと、なんか飲んでる情景思い浮かべてニヤニヤしそう(笑) 遺伝子にアセトアルデヒド脱水素酵素を持たないモンゴリアンの末裔なのが、本当に残念に思います。/東京堕天使
●下戸の私には、難問でした! 「今度の兼題が[熱燗]だからさ!実体験、実体験が大事?!!」といつもにも増して嬉々として実体験に勤しんでいるであろう数々の句友さんが目に浮かびます。 それを横目に私は白湯でも飲めば、少しでも実感を味わえるんではないかと試してみたりもしましたが… 家族や友人にもあまり酒飲みのいない健全?な環境すぎるのも考えものですねぇ。全く思い浮かびませんでした。/東京堕天使
○どんな兼題でも「難しい~!」の悲鳴は聞こえてくるのですが、今回はいろんな意味で難しい。飲まない・飲めない・燗にはしない、様々な「ワタシ未体験です」の難しさ。今回は飲める人有利なのか!?(笑)(正人)

●現場に行きやすい季語でした笑。/むげつ空
●酒飲みなので、熱燗とかの季題ではたくさん句ができそうです。/山口負乗
●実は一口飲んだだけで目が回ります…/渋谷晶
●もう長いこと熱燗を飲んでないことに気付きました。熱燗で遠い思い出を手繰ることが出来ました。/小山晃
●熱燗の恋しい季節となりましたが、夏井先生はじめ皆様も美味しいお酒飲んでみえますか?/承穂(つぎお)
●熱燗とはねえ、毎晩晩酌している身としては頑張らないといけませんね。 /藤源卿
●冷や酒は那智の滝こそ色っぽい  那智の滝は銘酒で、初めて熱燗で飲んでみました。なかなかいい体験でした。悲しいけれど俳句は別として。もう一本買ってきます。 /みつき小夏
●熱燗が美味しい季節になりました。私は日本酒はあまり得手ではないのですが、お猪口の一杯目は風情があって好きです。/中原柊ニ
●1ヶ月続いた禁酒を中断して徳利と日本酒を購入し、兼題を盾に酒を飲みまくりました。良いと思える句は特に出来なかったので、結果的にはお酒を沢山飲んで酔っ払っただけになってしまいましたが、初めて季語に触れながら句を考えることができて楽しかったです。また酒関係の兼題がくるのを待っています。笑/冬木呑子
○「兼題だから」を免罪符に飲みまくる人、絶対出ると思っていたけど案の定、ふふふ。しっかり季語体験♪(正人)

●新酒、濁酒、熱燗…難関です~。私はワインを月に1回嗜む程度ですが、両親が下戸、旦那も下戸。日本酒は呑み会で年1回呑むくらい。それもコロナのせいで、呑みに行くのもながらく自粛中。やむなく、お燗の仕方とオススメの肴をネットで検索。久しぶりに呑んだら、「美味しい~!」と思うばかりで、句を作ることを忘れてしまってます~/黒子
●熱燗、どころか、日本酒そのものをあまり飲まないのですが、この度初めて、熱燗を自分でつけてみました! 一回目は、慎重になりすぎて熱燗とぬる燗の間くらいになっちゃいましたが、二回目は加減よくできました。お酒が温まるまで待っている時間とか、飲んだ時の冷たいお酒とは違う感覚とか、体験してみてちょっと世界が広がりました。残念ながら自分の句作はあまり捗らなかったのですが(飲み方が足らなかったのかな!)、発表が楽しみです。というのも、もしかしたら、自分の思ったこと、表現してみたかったことが形になっている作品に出会えるかもしれないからです。あと、お子さん方がどんなふうに、この「熱燗」という季語を捉えるのかも、気になっています。/オサカナクッション
○調べて挑戦、素晴らしい!味だけじゃなくて作る過程だって季語の一部だよなあ♪(正人)

●「秋晴」では二句の人選をありがとうございました。今回の「熱燗」、若い頃からの日本酒好きですが、もう長いこと熱燗を口にしていません。もっぱら冷酒。それも最近では氷を入れてロックで飲んでいます。酒に負けるようになり、量も飲めなくなって、薄めて飲んでいる有様です。そうまでして飲みたいのか、と言われれば「Yes」なのですわ(笑)。/玉響雷子
○なんで人間ってだんだんお酒弱くなるんですかねえ。アルコール分解酵素が減るのかしら??(正人)

●上司の一人に飲むお酒は夏でも熱燗という人がいます。さすがに酷暑の際は、はじめはビールも飲むそうですが、その一杯だけで後は熱燗で時間を掛けて楽しむのが最高の幸せなのだとか。お酒の弱い私にはわかりませんが、組長ならきっとこの気持ちはわかるんでしょうね。/山香ばし
●普段あまり飲まない熱燗を飲みつつ、句を詠んでみたりしていますが、やはり名句である「熱燗やいつも無口の一人客・鈴木真砂女」がちらつきますね。/山香ばし
○夏でも熱燗ですか。真砂女の句の人物も無口のまま幸せを噛みしめていたのかなあ、と読むと奥行きが。(正人)

●父は頑固なまでの熱燗好き、孫まで熱燗大好き。久しぶりに亡き父を思い出しました。/マツイミキロウ8191
●夏井先生、選者の皆様いつも有り難うございます。 熱燗のおいしい季節になりました。 これからの季節、鍋で一杯なんて良いですよね。 私の仕事の師匠が生前、この季節に新蕎麦で一杯がお気に入りでした。いろんな事を思い出す晩秋、初冬です。/中原柊ニ
●熱燗というと、酒好きだった父のことばかりが思い出されます。今回、熱燗という季語と対峙して思い出したのですが、母が元気だった頃は家でお燗をつけてそれを父が嬉しそうに飲んでいました。そのうち母が病気になり、入院してからはその光景も見なくなり、母が亡くなった頃には徳利もお猪口も食器棚の端ですっかり埃をかぶっていました。その後どうなったかは覚えてすらおらず、何だか申し訳ないことをしたなと今更ながら後悔の念に駆られています。当時の私はまだ子どもでしたが、徳利とお猪口について少しでも触れていたら何かが変わっていたかもしれないからです。今頃はあっちの世界で、父はまた母にお燗をつけてもらって、よろしくやっているかもしれませんが。/あなぐま家の母
○「熱燗」は印象的に見える分、それを嗜んでいた人の記憶も呼び起こすのかも。それぞれの熱燗にある人生。(正人)

●いつき組長、ハイポ二ストの方々、こんにちは! 私が住む辺りは湖がいくつかあり、その周りに沢山のワイナリーやビール工房が点在します。ワイナリーホッピングという、ワイナリーを巡って試飲を楽しむと言うツアーもあります。下戸の私には宝の持ち腐れのような処ですが、最近になってようやくほんの少しだけ、ワインと食べ物の組み合せが分かってきたような気がします。旨味の化学反応ですね。こんな私ですが、好きなワインが一つだけあります。アイスワインです。デザートワインで、ぶどうジュースのえぐみを取ってもっと芳醇にしたような味わいです。熱燗はまだまだハードルが高いですが、和食にはやはり熱燗が合うのでしょうね。その化学反応をそのうち理解したいです。/蒼求
○熱燗じゃないけど、ワインもいいよね!ホットワインは経験ありますが、アイスワインは初めて聞きました。美味しいのかしら~♪(正人)

●次の兼題季語「鮫」ですが、全く思いつきません。 これこそ吟行が必要でしょうか。 しかし近場で鮫の居る水族館もなく、途方に暮れています。/中原柊ニ
○次回兼題の鮫、首尾はいかがでしょうか。野良鮫とか探しにいかないようにネ!(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●50歳半ばを過ぎて、サラリーマンを辞めて気まぐれに飲み屋を始めた。 サラリーマンにはほとほと疲れた。 つくづく向かぬと三十年間続けて答えが出せた。 大阪は阿部野の飲み屋街の場末、古いビルの一階の端っこに遠慮がちに出した店は立ち飲み屋、自分で言うのもなんだが落ち着いた雰囲気の自分でも客になりたい店であった。 私が好きな奈良の美味い酒を置いた。 個人的に夏でも熱燗がいい、電子レンジではなく、いつも沸かしてある湯につけての湯煎である。 冬はビルのオーナーからは禁じられていた石油ストーブの上に雪見鍋を置いてそこで燗をつけた。 昭和の風情を残す店を目指した。 酒は雰囲気で飲みたい。 仕事で、プライベートで誰でも辛いことや嫌なことはある。 酒に逃げるわけではないが癒しに来て欲しかった。 そんな時はやっぱり昭和の居酒屋である。 美味い酒はもちろんのこと美味しい肴も暖かな料理も欲しい。 老若男女の様々なお客様が通過して行った。 そうである、飲み屋は通過地点なのだ。 決してターミナルであってはならない。 人の目的は生きることにある。 辛いことや嫌なことは店に置いていけばいい。 そして明日へのエネルギーを蓄えて行けばいい。 サラリーマン時代の自分の思いの詰まった店であった。 冒頭に気まぐれで始めた書いたが、学生時代からずっとやってみたかった飲み屋のオヤジだった。 良い経験が出来ただけではすまされない私の我がままであったが、その辛さも楽しさも遣り甲斐もやってみなければ分からないやった人間でなければ語れないものである。 熱々の熱燗を片手に一人残ったお客さんと差しつ差されつつ人生を語ったあの時間が夢のようである。 熱燗に夢があり、人生がある。 酒ってのは本来そういう楽しくポジティブなものだと思っている。 年がら年中熱燗では季節感に欠けると言われる方がいるかも知れない。 そんな方には一度一年を通して熱燗と付き合ってもらいたい。 春夏秋冬の熱燗の味がある。 そして、四季を通して一番美味い熱燗の飲める時期は寒い寒い冬の最中にやって来ることが分かる。 寒さでこわばる身と心を解きほぐす全身で味わう熱燗はこの冬にしかない。 是非、熱燗で四季を感じて欲しい。/宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭