俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 熱燗

第252回 2020年10月1日週の兼題

熱燗

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

熱燗は百薬の長と立て膝
笙女
原子炉のごと熱燗の番する夜
脩平
熱燗や爺この話百万遍
萬代草舟
熱燗や小林は戻って来ない
蘂六
熱燗や炙り鯣の硬きこと
蜥蜴の尻尾
熱燗に仕切り直して俳句論
靫草子
顎少し上げて熱燗すすりけり
ウィヤイ 未樹
耳朶のふくふくとして燗熱し
香壺
熱燗や長居をゆるす老女将
うに子
熱燗や愛がなんだと吐き捨てる
えりいも
熱燗が目にまで滲みる安酒場
おくにち木実
熱燗や屋台の席を一つ詰め
きのと
ゆで卵ひとつと鮭缶と熱燗
嘉子
熱燗とカセットコンロのイワシ缶
コキア
熱燗や厨に匂ふ湯とするめ
鹿本てん点
熱燗や時効の話ほろほろと
縞午
いそいそとただ熱燗に甘へをり
しをの
熱燗や客待つ隙の一合目
じん
よそうまたなるといけねえ熱燗よ
羽沖
熱燗に眼鏡曇らせ口説く客
羽光
熱燗の二本目女将口説きだす
テツコ@第二まる安
熱燗を傍に保険の見直しす
たま蛙
熱燗やお局さまの「天城越え」
ミセス水玉
漱石の「こころ」熱燗二三本
みどりがめ
熱燗や墨東綺譚読みをへる
みやかわけい子
熱燗や片へに貧窮問答歌
杏と優
熱燗や初孫の名はもう決めた
諸塚凡志
別れの酒に熱燗はあつすぎる
石あい女
研修三日目こんな日は熱燗
朝桜咲花
熱燗やバナナで釘を打つ話
登りびと
熱燗やなんでもない話が宝
梵庸子
皿よけて熱燗様のご到着
日出時計
熱燗の来るまでこんにやくもてあそぶ
碧村
熱燗の常連X何者ぞ
望月ゆう
熱燗やこの一杯が天王山
網代
熱燗が入れば喋る父の子で
優木ごまヲ
俺はまだこんなもんじゃ無いと熱燗
世良日守
熱燗の君と向かひて卓しづか
瀬尾白果
熱燗や厨の妻の地獄耳
是空
熱燗の熱の残りし指輪かな
成瀬源三
熱燗や祖父楽しげにモールス信号
星月さやか@祖父は通信兵でした。
天才とバカと名句と熱燗と
星野美咲
半世紀過ぎても熱燗に校歌
晴好雨独
熱燗の美味しい飲み方べらんめえ
晴峯旬草
熱燗や蒟蒻竹輪与太話
清水三雲
熱燗やまずは恵比寿へ大漁日
清波
熱燗よ年齢不問って嘘だ
清白真冬
熱燗や指で作りし丸印
西村小市
家飲みの熱燗イヤホンのショパン
西尾婆翔
胃の底に熱燗のまだ生きてをり
青柿
熱燗や地下足袋の粘土質の泥
青柘榴
熱燗やつまみに戦後詩人論
青田奈央
熱燗や野沢菜に刺す爪楊枝
青木豊実
揺れている金星ぽろり熱燗酌む
石原由女
熱燗のぐらぐらと婿をとる話
石崎京子
熱燗の染みに波打つ辞令かな
石田将仁
熱燗の愉し切なし小津映画
雪うさぎ
熱燗を飲み干す喉は小さき山
雪華きなこ
熱燗や競馬新聞叩く音
千曜 桜
熱燗や次に死ぬのはワシやろか
川村湖雪
熱燗や湯沸しに一升いれる
川島欣也
熱燗や酒仙井月ひとに酔ふ
双月(そうげつ)
管といふ管へ熱燗沁みこみぬ
倉形サラ
熱燗や下戸の香食らりるれろ
熱燗や雨降る遠く鴎鳴く
村上優貴
熱燗や旅券の赤の褪せており
大小田忍
熱燗やスウェットシャツの毛玉摘む
大西どもは
熱燗や口つく旧い名の響き
大西どもは
熱燗で初恋を胃に流しけり
大西蜜柑
熱燗は俺に似合いの路地裏よ
大村真仙
熱燗や吾に親友一人あり
大谷如水
たとへ死んでも親父は熱燗止めぬでせう
鷹星
熱燗に友を遠しと思ふとき
丹耶
熱燗の女で火傷したかった
地球人
熱燗や先に酔ひたるよろけ縞
智雪
熱燗や下戸のうんちく正しかり
池内ときこ
熱燗や純友の子らの出港す
池之端モルト
湯豆腐といっしょに煮たる燗の酒
痴陶人
寄合の果ては薬缶の熱燗か
竹庵
熱燗や正気の沙汰じゃない二人
竹村マイ@蚊帳のなか
熱燗や愚痴に濁りし口で飲む
中岡秀次
おばんざい摘みながらの熱燗キュッ
中原柊ニ
熱燗に語るささやかなる無頼
中根由起子
熱燗や野党のヤジに文句言い
中村すじこ
熱燗や訃報のあれば渇く舌
鳥羽南良
熱燗やふくれっつらのがんもどき
熱燗や上戸育つる日本海
津軽ちゃう
熱燗や蟒蛇育つ荒るる海
津軽まつ
熱燗の男しみじみ兜太選
津軽わさお
熱燗や陶窯の火の満つる音
追師うさぎ
熱燗や寂しがり屋の猫膝に
辻が花
熱燗をつまむハワイの鍋つかみ
定吉
経済誌めくり熱燗ひりひりと
定野直仁
天井は四角い熱燗は円い
帝釈鴫
熱燗やクラドニ図形の幾何模様
泥塗れのポスト
熱燗や故郷に友の錦なし
天満
熱燗ちびり終の住処はここか
田村美穂
熱燗や薬缶の好きな運動部
田邉真舟
熱燗や時メビウスの輪にも似て
杜まお実
北に住む息子独り身燗熱し
渡邉真砂
熱燗やししむらに花ほどけさう
渡邉桃蓮
熱燗やB級映画消す深夜
登一
熱燗やさんざ突っ込み消すテレビ
都乃あざみ
熱燗をくぴりくだらぬ詩は熔けよ
土井デボン探花
熱燗やしんしんと外しんと内
冬樹 立
熱燗や自己分析に失せる自己
冬木呑子
熱燗や夫婦いつしか似たる癖
桃香
熱燗や染みをとどめし卒論用紙
桃子ママ
熱燗の指舐め河豚屋の娘かな
藤岡美波
熱燗や数分間の妻不在
藤原龍介
あの世には熱燗なかろうよ父よ
藤田ゆきまち
始末書や晩酌の燗熱うして
豆闌
熱燗や明日は早出となりにけり
またされて力のぬけし熱燗よ
篤彦
熱燗や定時で終わる倉庫番
南風紫蘭@木ノ芽
百均で揃へる独居燗熱し
南方日午
たこ焼きや熱燗溢す巨人戦
二上松風
熱燗や贔屓力士の土俵入り
忍丸
熱燗や上亰組のクラス会
馬場馬子
熱燗や網に丸まりゆく鯣
俳句ファイヤー立志@TFP句会
熱燗や電球ひとつ分の夢
白藍こはく
熱燗や一人労う退職日
八ちゃん
熱燗や沸騰石がチキリチと
半熟赤茄子
熱燗の湯気に切り出す「廃業や」
比良山
熱燗や母口遊む支那の夜
服部勝枝
極北の祖国へ掲ぐ熱燗よ
武者小路敬妙洒脱@スウェーデン・フィンランド・ノルウェー・ロシアの友人達と日本で熱燗を飲んだ際の実話。
熱燗や十九に戻る喪服の夜
福良ちどり
熱燗を横目にパンツのゴム入れる
文月さな女
熱燗に潰れる合併やら部下やら
碧西里
熱燗に言うた言はぬをうやむやに
蜂喰擬
熱燗やねじゆるゆるとぬけおちて
マルクスに酔いし青春燗熱し
北摂美美
熱燗の染みわたる耳朶甘噛みす
堀アンナ
碁敵の熱燗となる夕べかな
堀雅一
熱燗っていつも陰謀っぽいねっ
万波吾逸
対岸は独裁の国燗の酒
慢鱚
熱燗や常務の椅子を匂はせる
満る
熱燗や課長案外愛妻家
明惟久里
熱燗やくまなく通う我が血管
明世
早期退職五・六本の熱燗
明生館
熱燗や過去も未来もごつた煮の
木寺仙游
熱燗にしよ向かい風上等
木染湧水
気まづさにふと熱燗のレンジ音
木村ひむか
熱燗を振れば今宵の終る音
夜明鳥
熱燗やまつすぐにひねくれてゐる
野の花 誉茂子
熱燗や子の手料理は妻を越へ
野ばら
熱燗や話のオチは知っている
野本 踊
板わさのつんと鼻抜け熱燗ぐい
野々りんどう
熱燗やホルモン噛んでまた噛んで
野々原ラピ
いえそんな熱燗は嗜む程度で
野良古
熱燗や禿げて白木のカウンター
矢的@第二まる安
熱燗や遠きひばりの佐渡おけさ
柳児
熱燗の尻撫でたればにゃあと啼く
柳生うっかり十兵衛
網走の星降る町や燗熱く
薮内椿
どんな日も終わる熱燗干しており
柚木みゆき
熱燗や何やら弾くガラス窓
遊器男
熱燗や五臓六腑に一腑欠く
遊泉
サヨナラ弾やってられへん熱燗や
遊飛@蚊帳のなか
幼名を交はす熱燗三本目
余部
熱燗や黒エプロンを探す朝
葉るみ
熱燗のおかわり妻の背の無言
葉月けゐ
過去帳を写し終え熱燗一献
遥明
こぼすわ火傷するわ独り熱燗
陽気姫
熱燗がすすみたらればが止まらぬ
陽光
燗酒に通天閣ゆらぐゆがむ
欲句歩
熱燗や静かに計る死への距離
蘭丸結動
熱燗に華やぐ河童友の会
利平
熱燗やせんべろ街に津軽弁
梨村 梨
下っ腹に力熱燗の銚子
竜胆
熱燗や急須に確かなる語源
良生
物憂さや熱燗先ずはちちははに
林檎
熱燗に出揃う父と南部鉄
令雅
熱燗や馴れ初めは出雲だつたか
鈴ノ樹
燗つける母の跣の透けゆく夜
鈴崎懾鼠
熱燗やゲバラを語る友あつし
鈴木麗門
熱燗や父の十八番は「王将」で
麗し
かすれ縞渡哲也として熱燗
蓮花麻耶
熱燗に職を解かれし身のほぐれ
露砂
熱燗や軍歌哀しき口を衝く
老人日記
熱燗や嗚呼疲れたは口癖で
和利
熱燗や妹よりも弱き兄
丼上秋葵
熱燗はサラリーマンと飲む上野
熱燗に漢胡座を組み直す
攝津の嫗
熱燗や今でも解けぬ詰将棋
涅槃girl
熱燗の甘し注射の痕痒し
游真
熱燗や加減分からぬ下戸でして
祺埜箕來
熱燗や父の福耳私にも
ヤッチー
熱燗やラヂオのやうに父の愚痴
ヤヒロ
呑めずとも熱燗仕度ちと楽し
ゆうこB
馴れ初めの店の名違う燗熱し
ゆすらご
熱燗や吾子らは妻の味方なり
ヨシケン
北国に屋台村あり燗の酒
よしざね弓
熱燗やチンパンジーは女難の相
よぶこどり
熱燗に舌あまやかす釣の友
らくさい
熱燗や墓を定めぬままに古希
る・こんと
熱燗や舂米の掛け声はるか
るびちゅ
熱燗や飲めぬ男は女好き
るるの父
熱燗やサビだけ分かる古い唄
ロティ
熱燗ややっと指輪に気づく夫
阿山季思
熱燗は猛るが録画出来てない
葵新吾
熱燗やコルクの酒蓋のかほり
伊藤興味
熱燗やこの世のゆけるところまで
伊藤欣次
熱燗や吾が祖の平家物語
伊予吟会 宵嵐
熱燗を残し友の輪解けにけり
位相朗
熱燗やねこもなみだもまるい夜
井田みち
熱燗や煙草を止めて十五年
育由
詫びる癖やめよ熱燗ぬるうなる
一阿蘇鷲二
熱燗を飲み拓郎をひとくさり
一走人
熱燗やつくねの串の先の焦げ
宇田建
寮旗振る破帽高下駄燗の酒
雨霧彦@木ノ芽
熱燗や堂々巡りの楽しさう
浦野紗知
熱燗や後ろ傷より向かふ傷
影山らてん
熱燗に音といふものありにけり
永想
熱燗に焼いちまえその二枚舌
英子
放哉の熱燗飲んだ海だろか
詠頃
熱燗や涙干すにはあと五合
奥山凜堂
大叔父のしゃっくり熱燗のとっくり
奥野悦穂
熱燗や会葬者名子に伝ふ
乙華散
宵の口熱燗くくく嘘つつつ
温湿布
熱燗の能登の女の気丈かな
加世堂魯幸
熱燗や音を数へて鹿威し
加良太知
熱燗や聞かず相槌打つてをり
夏 湖乃
初稼働立ち合ひて雨 熱燗
果禄
熱燗や北に嫁ぎし娘の話
河合郁
燗熱うしちょくけん早う帰りちゃ
花結い@大分弁
熱燗や人に管あり袋あり
霞山旅
熱燗やたこ焼き十年焼いている
雅な童
結婚は有耶無耶にしとけ熱燗
雅枝
熱燗も饒舌も友いける口
海猫
熱燗や欠けに星屑の金継ぎ
海葡萄
熱燗や日々の続きを君とゐて
海野碧
熱燗や二度と聞けない声の人
灰色狼
熱燗や時間をちぢめたきときも
絵十
熱燗やぐい呑の底ひかり無し
楽花生
熱燗や座布団はまくらを兼ねる
瓦すずめ
熱燗や熊の皮はる宿の壁
寒国
燗酒や筑波おろしに軋むどや
干珠
熱燗に浮いた羽虫が幸せそう
干寝区礼男
その日を境に熱燗恋しうて
閑茶
熱燗に魚の腸濯ぎたり
関津祐花
熱燗や渥美清の背ナの雨
丸山まる子
熱燗や月より搾りたる一滴
岩のじ
熱燗美味し福助と眼が逢うた
輝 龍明
熱燗やなんにも言はずエイの鰭
亀山酔田
熱燗や糠星光る女護が島
亀田かつおぶし
燗酒冷め戸口には動かぬ背中
義眼ヶ原
いつ来ても座れる店の燗酒かな
菊池洋勝
熱燗や満洲語る伯父と叔父
杵築きい
熱燗や猪鹿蝶の我は猪
久我恒子
熱燗やよたりよたりと伊予訛り
久美
熱燗や臓腑の腐れたる匂ひ
宮坂変哲
海境へ没る日に酌むや熱燗を
虚実子
熱燗は日の丸の白やも知れぬ
京野さち
熱燗に負ける齢となりにけり
玉響雷子
熱燗や今夜も代行を頼む
吟  梵
熱燗や下戸も李白をひとくさり
空想婆
熱燗や鋭角になる近江富士
空野千鶴
熱燗やルイベへ伸びる箸二膳
熊縫まゆベア
熱燗や肩書なくしたる男
君島笑夢
熱燗やドーナツ椅子の席まばら
薫夏
熱燗を片手に野次る横綱戦
圭右
鬼退治伝説熱燗のお供
桂奈
燗酒や腰のくびれた女だつた
畦のすみれ
熱燗や番屋で囲む漁師めし
蛍源氏
熱燗や明日は麻理子とラブソング
月の沙漠★★
熱燗や土間より暮るるもつきり屋
月見柑
熱燗や貸出期限今日の本
月青草青
熱燗や主賓の言葉無事終わる
元喜@木ノ芽
熱燗や世界の中心の路地裏
古賀
熱燗をフラスコに焚く学徒の夜
枯丸
真四角の部屋に熱燗のみ怒る
公木正
熱燗や地図に載らない廃線跡
工藤ふたば
熱燗や三面記事の写真に吾
広瀬 康
熱燗や時代遅れの男たち
江戸川青風
熱燗や幸福を説く酔つぱらひ
江藤すをん
何様のつもり熱燗にしろなんて
江里口泰然
熱燗が滲みる妬み嫉み僻み
浩朗
熱燗や音のかわりし蓄音機
甲斐紫雲
熱燗やみどり児の名を決めし夜
紅さやか
熱燗や謹呈本に領収書
香栄
熱燗や夫が先輩だった頃
香羊
熱燗やひばりの歌にもう一杯
高橋笑子
素うどんに熱燗ありて一ト日かな
高津喜久子
熱燗に辛子明太憚らず
高田 仁和加
ひとしきり故人を褒めて燗の酒
国代鶏侍
熱燗で羊かん食ぶるまだ素面
今井佳香
熱燗や脈打つやうな備前焼
紺乃ひつじ
熱燗や遺産要らぬと兄は言ふ
佐藤志祐
熱燗をつけにつけたりお弔ひ
佐藤儒艮
物忘れして熱燗の夕明かり
左馬頭直義
不妊治療終了。熱燗ちびり
沙葵
熱燗や言葉の解る猫と住む
歳三
熱燗を美味しと思ふ舌の欲し
斎乃雪
熱燗の箸に残れる烏賊の墨
細川小春
熱燗をよこせ墓前に父の声
雑魚寝
唄いだす前に熱燗のど濡らし
三水低@第二まる安
熱燗や海女小屋の火の猛々し
山羊座の千賀子
好きなことして逝くがよし燗の酒
志保川有
勝ち点3熱燗追加追加かな
熱燗や孔雀の羽根のひらくごと
主藤充子
熱燗へ手のへらへらと語るかな
手弱女
年下の男とかわす熱燗よ
朱夏A
熱燗を重ねて蕎麦をまだ決めず
朱契
熱燗やゴルフ肴に四人連れ
樹朋
腕相撲息子に負けし日の熱燗
秋月真
どうでもいい酒から熱燗にする
秋沙美 洋
熱燗やさしみ醤油の黒き艶
渋谷晶
外湯巡り終へていよよ熱燗へ
春野いちご
熱燗に夜は羽化してげえらげら
潤目の鰯
夜行バス待つ熱燗の販売機
順女
熱燗や諸国の塩の味を知る
小だいふく
熱燗で隅まで洗う甲羅酒
小熊伸子
熱燗やここもタバコは吸へぬのか
小山晃
熱燗や女将は日野正平が好き
小川めぐる
熱燗や今宵の夢を選べたら
小川都
女に手あげぬが自慢とや熱燗
小泉岩魚
熱燗や笹かまは歯を撥ねかえし
小鳥ひすい
熱燗やともかく笑ふ生前葬
昇華
熱燗やあんな奴らがする政治
松岡 哲彦
読み直す「津軽」熱燗一度断つ
松山
熱燗やをみなも入りて三島論
上野慈雨子
首都陥落熱燗溢れ出る間際
新蕎麦句会・凪太
熱燗やしらふの母は皿洗う
新陽
熱燗や人工骨も十七年
森の水車
地の物をとくに地酒の熱燗で
森一平
熱燗の五合徳利たぁぼんくらだ
森下博史
熱燗や父無き父の誕生日
森中ことり
熱燗や弥山横たふ観世音
森爺
まだ恋じゃないと熱燗こぼす夜
真冬峰
燗酒や北洋船の長き笛
神誉
熱燗や月面の水論じたる
水城
熱燗や暮色に沈む大鳥居
水夢
熱燗や宇宙の謎を説く四合
粋田化石
熱燗や白髪となりぬ好敵手
杉尾芭蕉
熱燗や瘡蓋剥がす悪き癖
杉本とらを
熱燗をまえに言葉がみつからぬ
雀浪乱
熱燗に雲丹の罠なら喜んで
澄海
熱燗の椅子も机もビアケース
洒落神戸
大虚子の舌焼きさうな熱燗ぞ
洒落神戸
熱燗や目出度き日には柿右衛門
筬葉
釜石のいか徳利ふやけ熱燗
筬葉
熱燗やシンクの凹む音二つ
芍薬
熱燗の徳利に潜む嘘甘し
芍薬
熱燗の飲み方習はずに逝けり
戸部紅屑
熱燗や夜空は砕けさうに晴れ
RUSTY=HISOKA
熱燗の増えて原稿そのままに
98
熱燗や故郷水没から五年
28あずきち
熱燗や卯の花色の別府の夜
28ひろきち
熱燗や鰊漬まだなれてない
acari
熱燗を女権論者と酌み交わし
Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
熱燗や針飛びのするドーナツ盤
GONZA
鼻眼鏡の熱燗ねちりねちり
M・李子
熱燗の火口のはじめ寡黙なり
Mコスモ
熱燗や一人暮らしも慣れました
Mミータ
熱燗や村田清風の書の破れ
sakura a.
熱燗や呑む者みなに旅路あり
syuusyuu
熱燗の湯気テロップに患者数
TAKO焼子
熱燗やあの事は年々鮮やか
あいみのり
ほだしとも読める絆や燗熱し
あいむ李景
熱燗や親子二代の三冠馬
アオキシゲル
熱燗や座布団を抱きさのさ節
あけみ
長長ともはや熱燗とは言えぬ
あさのとびら
熱燗の冷えて雑魚寝の一周忌
あじさいす
顔知らぬ父は熱燗好きと聞く
あずお
飲兵衛の医者の熱燗万能説
あつむら恵女
熱燗は不死ならきつと不味かろう
あめのこ@三浦春馬くんの大ファンでした。酒は生きているからこそしみじみと旨いのだなと。
熱燗に粗塩のある平和かな
アラ
熱燗や左の乳房明日は無し
アン
熱燗やいつもの父の大風呂敷
いくらちゃん
熱燗や岬を跳ねる鯨波
いさご眠人
アムール軋む熱燗は火傷するほど
いしい美髯
熱燗の火傷は三日猪口一つ
いち坊
熱燗に始まる俺の若いころ
いなだはまち
熱燗とちあきなおみは同じ度数
いろはニホ
熱燗や食道取って三年目
うさぎまんじゅう
熱燗や杉玉の香のくゆり立ち
うたた
熱燗のとびきり熱き夜に枝雀
うづら@第二まる安
熱燗や酒呑みたまに吐く名言
うま子
熱燗ややがてぶれだす独楽の軸
ウロ
熱燗のもつとも熱き一口目
エース古賀
熱燗や凹んで今の私が好き
えむさい
パーテイを抜けて熱燗はるみ節
オアズマン
熱燗や憂国の士の多きこと
おかか丸
熱燗や元校長の艶話
カオス
熱燗三合薄れゆく愛憎
かざばな
熱燗の本数だけ寂し犬おらぬ
カタツムリ
熱燗や墓まで持ってゆく秘密
かめのべ
カップ酒熱し勝馬投票券
かもん丸茶@狐狸山会
熱燗や牛スジ煮込み五百円
かんこ鳥
熱燗や河童と一夜話しこむ
ギコ
熱燗は鼻より酔うてくるらしき
キッカワテツヤ
熱燗や言の葉は刃にもなる
きなこもち
銘柄を伏せて熱燗出されけり
キヨ
熱燗を妻にねだりて下呂の宿
きよなお
燗酒に三日目の塩辛尽きぬ
くま鶉
おとと零れそう熱燗よ頑張れ
けーい〇
熱燗や壱岐より友の着きし頃
ココダン
熱燗や腥き文読み直す
こむらさき
熱燗を待つは長し飲めば早し
さゆみ
熱燗や窓てふ黒き鏡に我
さ青
熱燗や後二ヶ月で船降りる
しー子
熱燗や姨捨山の月は見えず
しゃま
熱燗の徳利の影括れけり
ジャマイカ丼
熱燗やマンション売れて淋しい夜
シャンシャン
熱燗や似非山頭火二三人
シュリ
熱燗や恋は犯罪とも言える
しんぎ
熱燗やここで言はずば何処で言ふ
すえよし
熱燗や祖父の満蒙立志伝
すがりとおる
熱燗や五臓六腑とやらの位置
すぴか
熱燗や予想屋の紙拾い捨て
スローライフ
熱燗や潮騒届く隠れ宿
せっちゃん
殴り書きのおすすめとまず熱燗と
せり坊
熱燗を目鼻口の順に呑む
せんべい
熱燗や今日の仕事は二重丸
だけわらび
ガード下の熱燗ビル風の止まず
たつき
熱燗やほのかに匂う足爪の垢
たまもくろす
燗酒や酒場文庫に放浪記
たま走哉
熱燗や誰かの傘を貸す店主
たろりずむ
痴呆の父の暴力熱燗が怖い
ダンサーU-KI
熱燗や婚約者の名告げし部下
ちばくん
熱燗の二杯で俺に泣く親父
ちょくる
熱燗や阿吽になりたかこん人と
つき あかり
熱燗や結露硝子のドラえもん
ちょうさん
猥談の男に命ぜらるる熱燗
ツカビッチ
熱燗やただ生きるにも金は要る
ツナ好
熱燗や末子の才はどちら似か
ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部
熱燗やただただ優しい父の指
ツユマメ末っ子@8歳
熱燗にしてはと天気予報言う
ティーダ
熱燗や笑ひ上戸の伯父の通夜
でぷちゃん
熱燗や娘の語る男性論
でらっくま
熱燗やけふの調べはちと重い
トウ甘藻
熱燗や七勝七敗待ったなし
どくだみ茶
熱燗の頃合い義母のいける口
とわ
熱燗やそろそろ正座辛き頃
なご
熱燗や泣くは生きてる者ばかり
なつめモコ
否熱燗別れ話の沈黙
なゆた
熱燗のこれは杜氏の去年の息
ねこごはん
熱燗や猫の毛辛く匂いけり
ネコ目
熱燗をハツをカシラをナンコツを
ねずみ男
熱燗やとろろはまったりくぐもりぬ
ねむり猫
熱燗に聞かす失恋二十章
のつり
触れたのは君の手かタダの熱燗か
のもとみな
熱燗や莫逆の友のでこぼこ
のら
熱燗の徳利教えし法事かな
のりぴー
塩辛が届き熱燗3本目
はづきめいこ
熱燗になっちまったと悪びれず
はなだんな
熱燗や梟と飲む闇深し
はまお
熱燗やあんたもうちもあかんたれ
はまのはの
熱燗や衝立越しに聞く噂
はまゆう
熱燗や叔父の馴れ初め三週目
はむ
熱燗や人の妻恋ふ歌をまた
はる
熱燗や最後女将と差し向かひ
ひでやん
熱燗が染みてく夜の静かなり
ひな子桃青
熱燗やそろそろ超新星爆発
ひねもす
熱燗や彼女できたと息子言う
ひふみ嬢
熱燗の匂いにつられた考と呑む
ヒマラヤで平謝り
熱燗や最終あるよ中央線
ひろしげ13さい
熱燗にや罪も穢れもありやあせん
びんごおもて
熱燗や阪神勝ってぶちまけた
ふあり光
誕生日やさかいおとん熱燗や
ブービー
熱燗の一口目はとても狡い
ふぇるま
友が逝き熱燗はただそこに有り
ふくろう悠々
トランプの手品よ夜半の熱燗よ
ふさこ
熱燗や恩師の恩師現れる
ベーグル
同郷といふだけで酔う燗熱し
べんべん
熱燗を頼んで外す眼鏡かな
ほしのあお
熱燗や白球追った日の青し
ぼたにこ
熱燗や雇用保険は三月待ち
ぼたんのむら
熱燗や底にたぷんとクジラの目
ぽんぽこぴーな
熱燗す明日の米も研ぎ終わり
まあぶる
熱燗や土方好きと龍馬派と
まぐのりあ@蚊帳のなか
熱燗や錆びた身体に染み込んで
まこと(羽生誠)
熱燗や膝に眠らす妻撫でて
まちる
ポスターの君と無言なる熱燗
まどん
熱燗や君に娘はやりません
マユミ
熱燗や吉幾三を二三曲
まりい@木ノ芽
釣竿のしなる音で飲む熱燗
まるかじり
熱燗のちびりのちびのちのあたり
まるちゃん2323
熱燗や俺は先生好きでした
みつき小夏
ですますのほどけ熱燗たのみけり
みつれしずく
熱燗や十八番はさだまさし
みやこわすれ
耳朶は熱燗のねつ覚えけり
み藻砂
熱燗や能登の首根の氷見の宿
むったん@狐狸山会
しみじみがいい熱燗にこの騒ぎ
もせきのこ
熱燗潤おし艶ぼくろ狂おし
モッツァレラえのくし
熱燗や聞く者のなき演技論
ももたもも
熱燗に軍歌の如き煽りあり
もりお
熱燗や我のみ知らぬその校歌
斉藤立夏
熱燗に虚子と揃いの火傷かな
斉藤立夏
この場ではうなずく話燗熱し
石井一草
熱燗や吾も大将も百恵推し
石井一草
熱燗や溶接工を五十年
石井茶爺
熱燗や桂枝雀に似たる客
石井茶爺
競艇の街や熱燗ひるに沁む
石川聡
熱燗やはらわた熔けて詩になる
石川聡
熱燗や猪口を持つ手の形良し
石塚彩楓
熱燗や時刻表てふ愛読書
石塚彩楓
熱燗や健さんに会えさうな夜
赤馬福助
猥談に加はる坊主と熱燗
赤馬福助
毒を盛るやうに熱燗酌む姐や
雪陽
燗熱し上座の何と遠きこと
雪陽
熱燗とか未だ似合えへんかなあ俺
千恵
「初めての熱燗です」と婿正座
千恵
熱燗や屋台の国家滅亡論
善多丸
熱燗や阪神来季強化論
善多丸
へびのやうに来て熱燗のにほふ息
倉木はじめ
熱燗の夜を星々の潤みゆく
倉木はじめ
熱燗も備へてラジオから紅白
早田駒斗
熱燗や魔術書めいて雑記帳
早田駒斗
クズ籠へ馬券も熱燗のカップも
足立智美
縁切りは火傷に似たり燗熱し
足立智美
読点のごとくに嗚呼と熱燗は
多喰身・デラックス
熱燗やセブンスターがあと二本
多喰身・デラックス
熱燗や我童貞をひらきなほる
多々良海月
熱燗や自慢の妻と友には言ふ
多々良海月
座布団を二つに折りて独り熱燗
多幡のやち
熱燗や軍手に受ける紙コップ
多幡のやち
燗酒や父を赦せる齢となる
大雅
燗酒やのんどは鈍き管として
大雅
二十時二十分熱燗二十一本目
大塚迷路
熱燗のはじめはこんな小さな火
大塚迷路
熱燗の匂ひなかなか不格好
大和田美信
熱燗や雨樋が物言ひさうに
大和田美信
熱燗や二年で冷める恋の時
谷口詠美
論文はコピペ熱燗はワンカップ
谷口詠美
熱燗や常連さんに死者一名
丹波らる
熱燗が愚痴の間を通り抜け
丹波らる
熱燗やご主人お借りしています
短夜の月
熱燗や名刺をくれぬひとでした
短夜の月
犬のため息熱燗の臭ふ夜
知無須園
熱燗やマルジナリアにある予定
知無須園
熱燗や差す手を甘くしならせて
竹田むべ
熱燗や連れ込み宿の緋行燈
竹田むべ
熱燗や月へ寄り道して行かう
中山月波
残りたる腸へ熱燗染みわたる
中山月波
熱燗やまた人間に戻るため
中村 邑
熱燗や老いの悪知恵良かろうもん
中村 邑
熱燗や逢瀬の夜の星きれい
宙のふう
熱燗や打ち止めいつもかっぱ巻き
宙のふう
熱燗に細波立ちてメール着
直樹里
燗酒よ亡父(おやじ)このごろよく喋る
直樹里
弔ひの燗酒注ぐは吾なりきや
鶴屋桃福
独居老人熱燗へそを焼いて落つ
鶴屋桃福
舟唄に熱燗一本つけにけり
天陽ゆう
毒を飲むごと熱燗の喉仏
天陽ゆう
昼は土器掘りたる指の熱燗よ
天玲
熱燗が血管を今指の先
天玲
熱燗を独り鼻毛を抜きにけり
渡野しえん太
熱燗や先祖の猿もさぞ頑固
渡野しえん太
熱燗引きあぐる小指の在りどころ
嶋田奈緒
熱燗の男の横へ移動せり
嶋田奈緒
熱燗やまず北溟に献杯す
東京堕天使
浴槽にすっぽん熱燗でひとり酒
東京堕天使
熱燗や椅子は現場の一斗缶
東山
熱燗や大志語らう安下宿
東山
熱燗や屋台はビニール曇らせて
当卯
ぬる燗や品書きにある誤字をかし
当卯
熱燗のこれは月のにほひだらう
南風の記憶
熱燗やこの卓はいつも冷たい
南風の記憶
熱燗や袖すり合うもロシア人
日下まひろ
熱燗の二本目からは妻のもの
日下まひろ
腐れ縁好い塩梅の燗の酒
如矢
いい人なだけじゃ駄目じゃん燗の酒
如矢
浮名なき夫へ熱燗と一献
播磨陽子
熱燗やクレオパトラは骨も美し
播磨陽子
熱燗や聞けばふるさと同じうす
白鳥国男
熱燗や男たらしの泣きボクロ
白鳥国男
熱燗や後期高齢猟友会
麦吉
熱燗や俳優の名が出てこない
麦吉
熱燗や実家の匂ひそのままに
八幡風花
表彰状肴に熱燗の夜
八幡風花
熱燗は二級チャンネル権は父
板柿せっか
失恋の熱燗うはあごに沁むる
板柿せっか
熱燗のあとの星空ことのほか
飯村祐知子
熱燗に酔ひたるふりや祇園の夜
飯村祐知子
熱燗や上司は上司の独り言
磐田小
熱燗や今夜も生でさだまさし
磐田小
熱燗のアテに物故者欠席者
比々き
熱燗や一気にガタがくる腓
比々き
号泣に丁度熱燗のぬくもり
稗田鈴二郎
熱燗のある籠城の強さかな
稗田鈴二郎
熱燗の五本目は見知らぬ人と
富山湾
熱燗やかばんの中に法令集
富山湾
熱燗を待ちて通しの天塩皿
武井かま猫
父の客帰らず熱燗の番を
武井かま猫
宿六に熱燗つけるしあわせかも
風花まゆみ
熱燗や通夜振るまひのそら笑ひ
風花まゆみ
熱燗や英語の歌詞のもどかしく
風慈音
燗酒や智恵子の郷の古りし宿
風慈音
熱燗に騒ぐ馬鹿居て孤独なる
平本魚水
熱燗や狡い女が泣いてゐる
平本魚水
熱燗やあては志ん生「首ったけ」
平野水麦
熱燗や鬼平雨の鬼子母神
平野水麦
熱燗やたとへば数に入れぬ恋
蜂里ななつ
熱燗の考いちばんきらいな考
蜂里ななつ
熱燗や湯気誇らしき輓曳馬
北藤詩旦
熱燗や右手ほのほの左手嬉し
北藤詩旦
真相の空虚熱燗の香気
北野きのこ
チラシ見た時から今日は熱燗て
北野きのこ
熱燗や何を捨つれば怒気収む
堀口房水
泣くための熱燗泣かぬための不義
堀口房水
「マルクスの輪」脱けて熱燗ちびりちびり
牟礼あおい
熱燗ふう遠くてふうこンなンぢやふう
牟礼あおい
つまの寝て熱燗途方に暮れており
綿井びょう
熱燗やみんなひとりでいる家族
綿井びょう
熱燗の甘さになだめらるる夜
門前町光乃
熱燗や肘のさびしきカウンター
門前町光乃
熱燗や通夜の車座ばらばらに
也和
熱燗や地声に戻る水一杯
也和
熱燗だつてこォんなちいちやかつたのに
夜行
熱燗や一本の管である喉
夜行
もののけが百会へ抜けてゆく熱燗
野地垂木
風使ひ潜みゐる夜は熱燗に
野地垂木
熱燗をけふは演歌の体でゆく
野分波平
熱燗の放射人体解剖図
野分波平
こころより熱燗にせよ一周忌
矢嶋博士
熱燗やニッポンにゐて泣きつくす
矢嶋博士
熱燗がくすぶる胸を落ちにけり
与志魚
燗熱うせよ清廉を死語とすな
与志魚
熱燗やよきかなよきかな夜も尽きる
遥風
熱燗や何度目かの「初耳です」
遥風
熱燗や舌を焦がして聞く弱音
理酔
犬も海も夜も吠えた熱燗だ
理酔
熱燗に心中プラン霧消せり
離松
ようやっと若さを降りて熱燗よ
離松
熱燗を空の躰に移しけり
龍田山門
熱燗や舟は一畳吾は一人
龍田山門
熱燗や月はあかくやせてゆく
緑の手
燗酒や海馬へすんとささりけり
緑の手
熱燗や吾も米から出来てゐる
瑠璃茉莉
吾逝きても夫は熱燗飲むかしら
瑠璃茉莉
熱燗や東京タワーは動かない
令ちゃん@花芭蕉
熱燗や今日のあら煮をほじり食ひ
令ちゃん@花芭蕉
マドンナのその後の話して熱燗
朶美子(えみこ)
熱燗やドンちやん先生死んじやつた
朶美子(えみこ)
熱燗や光を湛う錫鎚目
柝の音
熱燗や仏語にも似て津軽弁
柝の音
駅伝、母校悔しき日の熱燗
ふくじん
一服を盛られるのなら熱燗に
ふくじん
熱燗やむかしの恋はいまも恋
ふもふも
熱燗や薩摩おごじょの太か臀
ふもふも
触れられる内は熱燗とは言えぬ
ふるてい
熱燗や吾を睨むゲージのうさぎ
ふるてい
熱燗飲みきれずテンペラ油濁る
ふわり子
熱燗や世間の噂少し好き
ふわり子
掛け放しの熱燗待ちぼうけの色に
ペトロア
お勝手の鱗散らしたまま熱燗
ペトロア
熱燗や癖の悪さは親ゆずり
ぼたんぴ
熱燗にスルメがあれば死ねないね
ぼたんぴ
熱燗へ錆びる心臓硬くなり
まこちふる
熱燗や義眼は碧き月のやう
まこちふる
熱燗や太宰は置いて今生きろ
まこも
熱燗や「涙の酒」は藤圭子
まこも
熱燗や夜の彼方にある本音
まんぷく
教え子に熱燗汲まれ夢の蕊
まんぷく
熱燗をコップにつぐや沖の波
むゆき
熱燗に夜空揺れたるソロキャンプ
むゆき
熱燗のふわりと重き酔い心地
めぐみの樹
熱燗や仁丹くさき祖父のシャツ
めぐみの樹
熱燗や能登の手酌は鉛色
ゆみづき
どぶ板ゲラゲラ場末の熱燗だ
ゆみづき
熱燗に聞くや本所の七不思議
ラーラ
熱燗と寂しさといふ麻酔薬
ラーラ
熱燗に廊下が少し長くなる
わこたんのまま
熱燗や茂吉の猫の戻る膝
わこたんのまま
千ピース目の見つからぬ日の熱燗
安溶二
熱燗やラジオに節約の達人
安溶二
熱燗や時化の港はがらんどう
伊奈川富真乃
燗熱しヨーコは店をやめてゐて
伊奈川富真乃
Zoom画面くもらせ私は熱燗
一斤染乃
まだあるで失敗ネタも熱燗も
一斤染乃
熱燗の字が書けなくて奢られる
遠音
熱燗を吸ふくちびるを目でなぞる
遠音
熱燗や遠きクニてふ吉野ヶ里
横縞
燗酒ぢりりデモクラシイとは何ぞ
横縞
薬莢のやうな熱燗三本目
可笑式
熱燗の至る心の痒いところ
可笑式
熱燗と古地図片手にたぐる蕎麦
夏雨ちや
熱燗や愚痴に肯く猫の耳
夏雨ちや
熱燗や場末の店の裏メニュー
夏柿
熱燗や座右の書籍五十円
夏柿
姥が膳熱燗五勺雛めく
花屋英利
熱燗や花弁かさぬるごとき酔ひ
花屋英利
熱燗や正座崩せぬ青年と
花伝
熱燗や龍馬西郷木戸海舟
花伝
熱燗のある国日本へようこそ
海老名吟
熱燗や生きてるだけで金かかる
海老名吟
熱燗や今宵乙女の吾と呑む
笠原理香
熱燗を妻に仕込んだ人がいる
笠原理香
熱燗や海の名並ぶ月の地図
樫の木
天かすで埋める素うどん燗熱し
樫の木
熱燗やかばんに位牌隠し持つ
噛み締める歯も欠けてをり燗の酒
熱燗やたましひにある引火点
干しのいも子
熱燗や日本は統べく火山なり
干しのいも子
熱燗や選ばなかったほうの恋
舘野まひろ
熱燗やぷちぷちをたくさんつぶす
舘野まひろ
熱燗や息子二十を待たず逝き
輝久
熱燗や八分で止める猪口加減
輝久
熱燗やくうつと隅に九官鳥
亀の
熱燗や国勢調査の未開封
亀の
「上等だ」熱燗倒し切る啖呵
亀田荒太
あつかんによつてかん字が書けません
亀田荒太
熱燗やつづら折りなる伊豆の道
蟻馬次朗
熱燗を酌むわが利き手ありがたう
蟻馬次朗
夢芝居のイントロ熱燗進む進む
吉行直人
長嶋派・王派熱燗また冷める
吉行直人
熱燗を貧乏神と酌みにけり
久蔵久蔵
熱燗や精進落し朗らかに
久蔵久蔵
あつかんになつておまへにのまれたい
宮間ミヤマ
熱燗や爺様なにゆえ寂しそう
宮間ミヤマ
熱燗や風は赤子の声真似て
宮武濱女
熱燗を注いで回る子誰だつけ
宮武濱女
片口のへこみは優しい熱燗
宮本象三
熱燗のOL二塁打に歓喜
宮本象三
熱燗や使ってこその伊万里あり
金子加行
熱燗に社の悪口を許されよ
金子加行
熱燗や不幸に少し色を塗る
結壱隆月
熱燗や初めて聞いたふりの愚痴
結壱隆月
熱燗にして罵声に次ぐ罵声
古瀬まさあき
火の青のつつうと満ちて燗酒かな
古瀬まさあき
熱燗や作り話にほだされて
古都ぎんう
熱燗や是にて今日をよき日とす
古都ぎんう
熱燗に弾性や液体のまま
綱長井ハツオ
熱燗や神経が薄剥がれゆく
綱長井ハツオ
熱燗なら溺れても助かりさうな
高橋寅次
熱燗や虚子猫舌と友の言ひ
高橋寅次
厨房の子機にプリクラ燗熱し
高橋無垢
俺の熱燗バイトへと引き継がれ
高橋無垢
熱燗や店主は塩を薦めけり
佐藤直哉
熱燗やしづかに炙る皮の音
佐藤直哉
みちのくの熱燗とうにひとりきり
佐藤和束
燗酒の熱耳裏に到りけり
佐藤和束
熱燗や部屋に入れろと猫の声
砂山恵子
熱燗やフェリーの付きし明りらし
砂山恵子
山盗られ熱燗しとど大天狗
三浦にゃじろう
熱燗を父は赦しのように呑む
三浦にゃじろう
熱燗の似合う女になれなんだ
三子
熱燗や昭和昭和とうるさいわ
三子
すさまじきもの見たあとの熱き燗
三重丸
熱燗や昭和チロリのでつこぼこ
三重丸
熱燗やみんな優しいゆえに毒
山香ばし
流木に座して熱燗まわし飲み
山香ばし
熱燗や若さを酒の肴にし
山内彩月
胃の底でぽっと熱燗灯ります
山内彩月
熱燗に右手左は猫を抱き
山辺冬里
熱燗の舌を刺身に冷ましたる
山辺冬里
熱燗の下に寄せ合う爪先よ
山本先生
熱燗にする?ってどこで覚えたの
山本先生
横綱のやうな女将や燗熱し
山名凌霄
恋し憂し愛し厭はし燗熱し
山名凌霄
徳利は女体で熱燗は裸体
司啓
熱燗で天下国家で寝ちまった
司啓
熱燗にかへて話はまるくなり
糸川ラッコ
熱燗や姥捨山に宿もあり
糸川ラッコ
山の夜や飯盒で酌む燗熱し
慈温
熱燗のぐわんと喉に鳩尾に
慈温
御食国の熱燗の灯を胃に収む
七瀬ゆきこ
膝小僧抱いて燗酒の呂律
七瀬ゆきこ
熱燗や人間の名を野良につけ
酒井おかわり
熱燗や先生はまだサユリスト
酒井おかわり
熱燗や良き死に方を願うては
小野更紗
熱燗や旅の最後のオホーツク
小野更紗
熱燗のくらくら匂ふ鍋とろ火
松山のとまと
熱燗のだんだん駄洒落わく陽気
松山のとまと
熱燗や切り札二枚切らせる帰路
松山めゐ
弔辞草稿熱燗の冷めぬうち
松山めゐ
熱燗つぐ婿は何かと気を遣ふ
松本裕子
熱燗や赤提灯は多国籍
松本裕子
熱燗や密談似合ふ地下の店
笑松
熱燗をひとつ がつんと来る奴を
笑松
熱燗や夜を綺麗にして過す
城内幸江
熱燗や隣の人の良き会話
城内幸江
熱燗や唐獅子牡丹歌ひをり
新濃 健
熱燗や友は何故死を選びしか
新濃 健
視察団来るらし来るらし燗熱し
森川いもり
前回のあらすじ佳境燗酒来
森川いもり
喧嘩して熱燗以外全て敵
熱燗やあては兜太の句集のみ
熱燗や長皿に骨美しく
仁和田 永
熱燗や酔ひとは小さき呪いらし
仁和田 永
旧姓に戻ることに決め熱燗
逗留舎なお
熱燗や父のサザンは演歌調
逗留舎なお
熱燗に焼かるる舌へ月の水
西川由野
熱燗を吹くはくちづけのかたち
西川由野
熱燗や恐竜の特集は九時
青蜥蜴
熱燗は屈折率変わったやうな
青蜥蜴
熱燗や九州説と畿内説
⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部
角打ちの熱燗魚肉ソーセージ
⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部
海鳴り遠し熱燗と車中泊
古田秀
弐萬円返せと言へぬまま熱燗
古田秀
熱燗の匂ひ叔父貴が来てるらし
ざうこ
信濃への電話を切って熱燗へ
ざうこ
熱燗に口も緩むと思ひきや
木江
身の底に熱燗いたるまでぢつと
木江
熱燗やBメロまでに事すすむ
利尻
人事部のやおら熱燗繰り出せり
利尻
熱燗の冷たき発火喉に受く
常幸龍BCAD
校歌だけちゃんと歌えて燗熱し
常幸龍BCAD
ずつしんと暮れて熱燗北新地
きゅうもん@木ノ芽
漁師にも歌手にもなれず燗の酒
きゅうもん@木ノ芽
熱燗がわかれば大人と思ってた
いさな歌鈴
正座して熱燗匂う留学生
いさな歌鈴
熱燗に溶けて論議の下卑てゆく
トポル
熱燗や桃屋の塩辛は辛い
トポル
熱燗や五票で決まる村長選
トマト使いめりるりら
熱燗に内耳の砂利の孵化しさう
トマト使いめりるりら
熱燗や大動脈といふ大河
あいだほ
熱燗や返事綺麗な人苦手
あいだほ
熱燗よ燃えよ馘首の夜ならば
星埜黴円
熱燗や夜目に因幡の海白し
星埜黴円
熱燗よこの胸が干からびている
冬のおこじょ
イカロスはとにかく堕ちた。熱燗で
冬のおこじょ
熱燗をコップに替へて本調子
ジョビジョバ
熱燗や娶ると決めた人の耳
ジョビジョバ
熱燗の甘し今宵の月のろま
いかちゃん
燗熱し月の深部に火のけはひ
いかちゃん
熱燗を湛へて胸にある砂漠
高田祥聖
何連勤だつたか熱燗が冷める
高田祥聖
熱燗に豆電球の波紋かな
さとけん
熱燗がないと謝れないらしい
さとけん
熱燗やひかりほころびゆく水面
ほろろ。
熱燗や焦げゆく脳は月を飼ふ
ほろろ。
熱燗やまだらになりてなほ家族
月の道馨子
熱燗や日経株価きりきりと
月の道馨子
熱燗やその日暮らしに毛の生えて
淳風
伝令のごと熱燗の運ばるる
淳風
おとうとの遺児と差したる燗の酒
内藤羊皐
熱燗にけふの歌舞伎を評しけり
内藤羊皐
熱燗やときどき敬語使ひあふ
福蔵
熱燗や健さんいつもムショ帰り
福蔵
熱燗やひとり旅するもの同志
あつちやん
熱燗のつんと泪に変はる夜は
あつちやん
熱燗や独りで決めた早期退職
あまぐり
教え子の名の在り新聞で熱燗
あまぐり
コッヘルの熱燗星に濡れながら
あまぶー
熱燗や子らは遠野の木の絵本
あまぶー
熱燗と呼べる熱さを決めかねる
あみま
熱燗や妙齢てふは褒め言葉
あみま
熱燗やポスター捲れ藤圭子
いしはまらんる
熱燗や昭和何年あつたかな
いしはまらんる
熱燗や小さき憂いを背に母は
おきいふ
唇に留まる言葉燗熱し
おきいふ
熱燗や十年乗って売る車
かつたろー。
熱燗にこのおつまみはなかろうが
かつたろー。
熱燗やたかが数字の千や万
かむろ坂喜奈子
熱燗に触るる指舌喉鼻腔
かむろ坂喜奈子
熱燗や生きる痛みを調整す
ギル
天国は寒くあるべし熱燗呑む
ギル
海捨てる夜に熱燗匂はせて
ぎんやんま
国後の夜に熱燗の匂ひけり
ぎんやんま
熱燗や星の寄せたる海を聞く
熱燗ととと寂しきときは人を褒め
熱燗や異母弟父に似て美男
くさ
熱燗やがんものはじが焦げている
くさ
熱燗や日本はゆつくりと滅ぶ
ぐでたまご
熱燗とぷとぷお前が先生とはな
ぐでたまご
熱燗の妻のひいきは猿之助
くめ仙人
熱燗のあとはひばりの歌で酔ひ
くめ仙人
待ちきれんけえ熱燗やりよるけえ
クラウド坂の上@山口弁です。伊予弁にかなり近いと思います。
熱燗のつまみに龍の眼喰ふ
クラウド坂の上
遠浅に立つ心地して燗酒は
くりでん
熱燗やおちょこの脇の求人誌
くりでん
熱燗や嗚呼にルビ振るとは無粋
さるぼぼ@チーム天地夢遥
厨房へ「熱め」のリレー燗の酒
さるぼぼ@チーム天地夢遥
熱燗や村長出馬は俺ひとり
じゃすみん
熱燗や陸奥旅は行き止まり
じゃすみん
熱燗しぱしぱ泣いてない泣いてない
しゃれこうべの妻
熱燗や指先へ酔ひとどまりぬ
しゃれこうべの妻
そこはだな母さんの席だぞ熱燗
ず☆我夢@木ノ芽
熱燗の合間合間を着信音
ず☆我夢@木ノ芽
熱燗や五臓六腑に蜂を飼ひ
すりいぴい
熱燗や旅は夜汽車といふ時代
すりいぴい
熱燗や我は火を吐く龍の裔
たんじぇりん金子
熱燗や霧笛聞きたき夜は二合
たんじぇりん金子
熱燗や古都に亡霊多きこと
ちゃうりん
熱燗の沁みてたましひ太るやう
ちゃうりん
相槌を忘れ熱燗注ぎ忘れ
とりこ
帰りたいけれど熱燗きたばかり
とりこ
熱燗や談志落語に禁句なし
とんぼ
ふるさとの山の名なれば熱燗に
とんぼ
熱燗に狐火めいてゆく胃の腑
にゃん
熱燗や婆さまとんと医者いらず
にゃん
熱燗にのぼせた月を呑み干して
はるく
ザックには燗酒にする四合瓶
はるく
熱燗や義父と見る釣りバカ日誌
ひなた和佳
熱燗や新書片手に聞くラジオ
ひなた和佳

並

新世界熱燗飲みて千鳥足
日本酒
熱燗や店のラジオはノイズだけ
入口弘徳
熱燗や冷えた内臓動き出す
如庵
熱燗や合はせ白寿を祝ひをり
忍冬
熱燗の常なる国の萬のあて
寧楽女
熱燗や1合で語る赤ら顔
寧女
祝停年熱燗党は減りにけり
葱ポーポー
熱燗や幼なじみの訃報聞く
猫楽
熱燗や散らかる心を整える
猫渓
熱燗や一杯ひっかけ世に浸る
猫雪春原(み)
父の忌は熱燗風の夜の下戸
猫舌扁平足
夕暮れに一人と決めて熱燗や
乃乃
熱燗は太地喜和子に注がれたし
能千
熱燗や倅の耳にピアス穴
馬祥
そろそろか囲炉裏熱燗香り立つ
馬門宗太
勝利せし贔屓のチーム熱燗を
俳菜ひろこ
どてやきと熱燗ありてミナミの夜
秤防人
熱燗やするめ焼く音唾を引く
博さん
熱燗や惚気る甥の衿は立つ
白プロキオン
愛子よお前に熱燗はまだ早い
白砂 陵
熱燗の喉通る息止まりさう
白水史
熱燗の徳利つまむ頃や良し
白石青白
熱燗の酔い絡みつく蛇のごと
白猫
熱燗に合うあて探し二往復
白髭
熱燗や岩室甚句唄い出す
白薔薇
熱燗を横目に下戸の箸忙(せわ)し
薄安
熱燗や飲みしコップに生ける花
迫久鯨
熱燗や白湯かも知れぬズーム飲み
寝つけけぬ夜熱燗一杯もう一杯
畑中真土
熱燗や一言添へる嫁の酌
彼方ひらく
熱燗の似合う夫婦となりにけり
彼路
熱燗や涙がぼかす区間賞
比呂
能書きは要らぬ熱燗がぬるくなる
樋口滑瓢
父の父熱燗好きは親ゆずり
尾張の黒うさぎ
寄り合いの熱燗アルミのやかん
枇杷子
熱燗や若気のいたり道端に
美若歩
唸る風なだめ熱燗のほほんと
美翠
囲炉裏端昔懐かし熱燗だ
美泉
熱燗の臭いにむせる祝いの夜
美年
下戸一人熱燗供えて涙雪
美乃郷
その指の触るる耳朶燗の熱
柊 月子
熱燗で酔ってはしゃぎ今朝の頭痛
姫林檎
熱燗でミステリー読む嵐の夜
百音
熱燗や耳朶白き下戸の人
百合乃
果実酢の燗熱くして断酒の身
百草千樹Z
熱燗やまず指先が小躍りし
漂碌魂ひいろみ
おむつ替え吾子抱えて飲む熱燗
浜糠八帆
熱燗の具合よろしき指できき
不利を
熱燗で語り尽くすも早や夜明け
付いてる!付いてる!
熱燗や熱さ加減に一家言
富樫 幹
熱燗を少し病後の義父の膳
富山の露玉
熱燗、耳たぶおさえ江戸しぐさ
舞妓はん
熱燗の回るレンジを見るオヤジ
風ヒカル
熱燗はたぎり香りと甘み沁む
風愛人
勉学に熱燗とっくり若かりし
風花あつこ
熱燗を呷り舟歌海騒ぐ
風花美絵
熱燗や聞いてる振りの師の教え
風間昭彦
すきっ腹にきゅーと熱燗ちゃわん酒
風峰
熱燗や今宵は妻もほんのりと
風紋
三婆が囲む蕎麦屋の熱燗や
風由花
フィナーレの指揮者の一言熱燗し
風蓮徹
熱燗を注ぐ眼は素面なり
福田みやき
熱燗を捌いた女将は耳つまむ
文芸サロン
熱燗に少し大人になりしかな
文女
熱燗や明日は父と同じ齢
聞岳
熱燗や祖父はひとりで納豆と
平井伸明
婿殿は熱燗持って愛想良し
平松 洋子
熱燗や湿った髪に仰がるる
平野四季
熱燗や寂しさの理由探す夜
片栗子
熱燗を落として笑う露天風呂
勉邪明
熱燗や母と注ぎ合うそんな夜
弁女
熱燗や屋根に夜雨のかつかつり
歩く鳥
ポッと花咲く心。君と熱燗
穂垂
熱燗に口説かれている居酒屋女
呆爺
熱燗を入れてものまね始まれり
峰 聡子
熱燗をぐい飲みいざ別れ話
峰 乱里
熱燗ぐびり爪の先まで命充つ
峰江
久しぶり熱燗かわす友ふたり
峰桜
口遊む昭和演歌や燗熱し
放浪
熱燗や宵の色街ひく屋台
炎見んずーっとずっと熱燗で
邦生
香り嗅ぎ笑み零れるや熱燗に
熱燗や居酒屋探すシャッター街
北のマンネリ
熱燗は小津映画に似合いそう
北の山猫
熱燗のすっくと立つ香ゆるり呑む
北川蒼鴉
熱燗や献杯の重さ耐へ難き
北村 鯨子
熱燗やその一言が導火線
北村 崇雄@TFP句会
熱燗をぐいいっとのむ猿芝居
本山喜喜
熱燗や笑い上戸の夫とゐて
麻衣
熱燗を心の中の祖父と飲む
麻呂助
熱燗の為のもつ煮の味噌を買う
妹のりこ
熱燗で一本灘の生一本
抹香鯨
熱燗や尖りし心丸くなる
満月ポン
読書会果て熱燗の甘からん
岬りこ
燗酒にひれもをとこも溺れをり
岬夕顔
あつかん一口目や最後のハモり
妙歌
砥部焼きのとっくり熱燗ぽっこりと
妙女
熱燗の父の口癖負けたらあかん
眠兎
熱燗にふれて小指の立ち上がり
夢バーバ
熱燗や気持ちの折れる音聞こゆ
夢堂
親父らと太鼓の音頭や熱燗に
刺身には熱燗ですよ絶対に
無花果
祖父の注ぐ燗酒二杯遭難碑
無月堂道霞
熱燗を摘まむ大げさ過ぎないか
椋本望生
熱燗や流星群を待ちながら
名前のあるネコ
熱燗や寡黙の友も手を打てり
茂る
漁を終ゆ熱燗あおる番屋かな
妄 児
熱燗を喉ごしゆっくり百薬よ
毛馬きゅうり
熱燗を作る母ぐでぐでの父
網野れいこ
熱燗の微温く成り行くご挨拶
木の葉
耳たぶを摘むしぐさや燗熱し
木村となえーる
熱燗や今宵はジョンレノンと呑む
木乃伊
熱燗に本音と嘘が混ざりあふ
紋舞蘭
熱燗や含みて舌で回し呑む
門司区ビリケン
半合の熱燗手酌余生かな
野ばらno1
熱燗やあんな女にゃなるまいぞ
野井みこ
熱燗や星に捧げて吾は呑む
野中泰風
熱燗の名酒に舌の痺れけり
野本美食
熱燗や『酔鯨』無濾過生原酒
弥日
気弱なる父熱燗に見得を切り
矢想
熱燗の加減わからず早五十年
柳春子
熱燗や豆腐蒲鉾届きけり
薮久美子
熱燗や静かに謡う子守唄
友と歩くゾウ
熱燗や鯨仕留めし人もゐて
悠久
熱燗のとくりことりと一人酒
有田みかん
熱燗や温め好き父二分半
柚月
一人膳亡父熱燗冷めてなお
柚和
熱燗やちろりの泡を数えおり
雄咲(ゆうしょう)
熱燗に遠き眼居箸袋
夕虹くすん
熱燗や郷里の友の声太し
夕美
熱燗の一杯やがてやけ酒に
余熱
熱燗や徳利にらむ祖父と父
与六
熱燗のひたひたすする宵月火
妖精さん
熱燗や放任主義の子の巣立つ
羊山羊
酌する手ガタガタゆらす熱燗や
葉影
熱燗や十八番は昭和歌謡です
葉月のりりん
熱燗はアルミのやかん「アチチッ」と
葉子 A
鬼平で熱燗かたむけ江戸の夜
陽光樹
熱燗を弱火で窺うふぐ徳利
陽子
熱燗は好きじゃないと言ったら親父が笑った
羅蒐
週末の待った文庫と熱燗と
羅馬巴里
熱燗や悲痛の溶けたる川の水
裸時
熱燗や狐頷くひとり酒
雷紋
人肌に優る熱燗なかりけり
藍植生
熱燗や故郷思いぐいと飲む
利根の春
熱燗を落語流して傾ける
梨山碧
酒断ちてまた熱燗の候となり
理露
もう少しが待てない熱燗ぬぐう
裏山小虫
縄暖簾下りて熱燗もう一本
里山まさを
熱燗や話弾んで冷めやらぬ
里之照日日
熱燗や手紙見つかる午前二時
立石神流
熱燗やこぼれおちたる独り言
立田 鯊夢@いつき組広ブロ俳句部北海道支部
熱燗や夜半の静寂の美しき
立歩
熱燗やちょこのうず巻き大宇宙
流鏑馬
妻健痰吾は熱燗を手酌かな
留野ばあば
熱燗や父の背中が丸く見え
隆美
熱燗に亡き父親の手の熱さ
龍秀樹
家呑みは星を肴に熱燗で
林 和寿
熱燗や亡父と交わす夢見たし
鈴木翠月
熱燗や耳たぶつまんで独り酒
蓮花
熱燗や米寿万歳意気貴し
蓮風
ハレの日に滲む涙と熱燗と
浪速の蟹造
熱燗の沸銚子二本はこころ温め
論子
熱燗や二時間前は定食屋
和光
熱燗や国替え灘から越後へと
和鹿島
熱燗や匂いにむせる下戸の鼻
仙人
熱燗や嫁は豊かな耳を持ち
千の葉
並ぶ地下足袋熱燗の立ち飲み屋
千鳥城
熱燗の底カタカタとアルミ鍋
千波
熱燗の喉元過ぎるひとり宿
千比絽
熱燗や女将目顔で肴だす
千葉睦女
熱燗の手酌のとまる元刑事
千里一歩
熱燗を好む人だと死後に知る
千仗千紘
熱燗や怒鳴る親父と愚痴る母
占新戸
熱燗や標本のごと魚の骨
川越羽流
熱燗のにがみ星見えぬ独り居
川口みち
熱燗や量は減りしも白髪連れ
川西勝久
熱燗や独り身の軽き寂しき
川村ひろの
燗酒や父の小言が懐かしい
川村栄
熱燗の横妻の炭酸水
浅河祥子
熱燗の袖で持ちたる徳利かな
浅見弓楽
饒舌な父の熱燗赤ら顔
浅田百合根
熱燗を飲んで歌うは舟歌よ
染野まさこ
鰭炙り酒舐め膝に円い猫
楚材
熱燗の一杯ほどの手のぬくみ
素秀
熱燗の飲んで飲まれて妻は鬼
倉の人
熱燗やモットーは無理しないこと
倉嶋志乃
熱燗やつまみおねだりべべちゃんこ
倉敷のながいかみ@「べべちゃんこ」と言うのは、こちらの方言で、正座をするという幼児語です。
熱燗を片手に語る昭和かな
想予
熱燗の用意これから夫がする
草流
熱燗や海鳴りばかり北の宿
蒼の海
主義主張通りこすこの熱燗
蒼涯
熱燗に見る見る変わるおちょこ柄
蒼求
熱燗やエプロンの娘は婚約者
蒼空蒼子
熱燗で一夜語りし髭の友
蒼香
熱燗の腹に膨らむ熱を吐く
蒼奏
熱燗や長き水尾の屋形船
蒼鳩 薫
大漁を祝す熱燗の我等
蒼來応來
熱燗の冷めても温き吾が家かな
村松 縁
熱燗や口を挟みて嫌はるる
日本海熱燗に酔う波頭
太っちゃん
熱燗の向こうに妻や夢心地
太子
大動脈毛細血管ああ熱燗
太刀川浮盃
熱燗やコルトレーンのバラードと
太平楽太郎
熱燗ぐびっハートエースかジョーカーか
打楽器
熱燗や記憶の亡父(ちち)と出会うとき
駄口竹流
お見合いや熱燗熱き目もそぞろ
泰乙女
熱燗は地酒に限る女将に限る
泰然
熱燗やいまだ帰らぬ貸した本
鯛 風
言ひかけて止めて飲み込む熱燗と
大熊猫
熱燗を迎えに曇る眼鏡かな
大石真大
熱燗を二合手酌の誕生日
大槻税悦
門口の箒逆さと熱燗と
大嶋メデ
熱燗や袂押さえる大年増
大和屋としより
指先で食む燗酒の苦きかな
第一
鈍色の自作の猪口へ注ぐ熱燗
鷹之朋輩
薬缶で熱燗湯気はもう故郷
沢拓庵
熱燗や地炉利片手にやってくる
沢瀉
熱燗や大志遥かな歓迎会
達ちゃん
条件は熱燗上手歌上手
谷山みつこ
熱燗の二合軍歌の名調子
谷川の蛍子
勝負後独り熱燗滲みる舌
狸漫住
縁談は破談熱燗舐めにけり
丹下京子
熱燗や飲み続くるか古希の宵
炭茶
棟上の宴熱燗のつけ過ぎ
池と堀
熱燗やとくりを倒し愚痴しまひ
池田郁英
猫舌は親譲りなり熱燗よ
池田玉繭
熱燗や五臓六腑に火が滾る
池田香
国許の力士勝ち越す燗熱し
竹さ
熱燗に未来を語る若さかな
竹の子
熱燗や平家の里も暮れてゆく
竹春エリザベス
熱燗のタイマー5分鰭を焼く
竹織
熱燗でいつも鼻唄みれん酒
竹林
立ち飲みは熱燗二合のれん内
熱燗を取り上ぐる指見つめをり
茶犬
盟友と手真似で交わす熱燗かな
茶々
子と酌んで熱燗のすぐ廻りけり
中井笙石
熱燗を渡す笑顔に笑顔かな
中山白蘭
新世界の中心で飲む熱燗
中村笙平
熱燗や野良仕事終え至福どき
中野久子
熱燗や錫ちろリ入れ旨し酒
中野風鈴
熱燗や戸を閉めぬなとどなり声
虫田糸巻
熱燗にしみじみ話聞く体で
衷子
熱燗や一瞬の鶴撮り終へて
朝比奈花の丸
熱燗かな皿をずらして節見るる
潮ベルト
燗熱し小事大事湯気丸し
長操(おさみさを)
燗付けを娘に頼む三本目
長束ゆき
あいうえお熱燗あちち触る耳
長谷川ひろし
熱燗やワインの国の肴たち
長田写々
熱燗を親父の手つきでひとり呑む
鳥越暁
熱燗や親の小言の辛味知る
津葦
熱燗や若手育てに村歌舞伎
鶴田梅勝
熱燗と恋女房がゐればいい
庭野ちぐさ
熱燗や鉄瓶赤し人待ちし
禎乃
ちんちんの熱燗父と交わす夜は
泥酔亭曜々
熱燗やいぶりがっこにチーズ巻く
熱燗や陶工たちに思いはせ
哲庵
流し目怖し熱燗をつぐ女将
哲山
熱燗や孫の指(および)が持ちたがる
天王谷 一
熱燗や他人のやうな旅に出て
天晴鈍ぞ孤
熱燗の記憶はるかや白湯を呑む
天日
熱燗をあの日あの時あの歌で
貼女(ちょうじょ)
熱燗や飲めば飲むほど妻捩れ
殿さまペンギン
熱燗や寡黙な兄も饒舌に
田中ようちゃん
熱燗ぞ五臓六腑は覚悟せり
田中一升
熱燗の指うっすらとささくれて
田中勲
熱燗の徳利ころり家族葬
田中耕泉
熱燗や川音聞ゆソロキャンプ
田畑 整
熱燗に微かな色を見つけたよ
田之馬ちょい
熱燗や薄い徳利に分厚い手
田辺 ふみ
魂きはる我に熱燗よ銚釐よ
斗三木童
杣(そま)語る昔語りを熱燗と
渡邉くるり@杣(そま)はキコリの意です。
熱燗や知らぬ仲間と輪を囲み
都花
リモートを閉じて熱燗我一人
土井あくび
秒読みで熱燗作るレンジかな
土屋 木洩れ日
古き事熱燗置きて外は風
冬すみれ
熱燗を女将の運ぶ街中華
島村福太郎
熱燗の徳利倒してお代わりす
島陽広
熱燗や銚子のくちから溢れたり
東の山
長き友熱燗かわし尽きぬ話を
東児
熱燗とヒマラヤの塩五粒あり
桃花
もう一本嫁のもつ煮に熱燗を
桃泉
熱燗うまし玉子はうまく剥けぬ
桃葉琴乃
ひとり酒熱燗にして繋ぐ明日
桃和
猫舌の熱燗呑ます甲斐もなし
藤えま
熱燗や合う眠剤を探す日々
藤すみ
笑う祖父熱燗まわるレンジのなか
藤井天晴
熱燗やテントの中の暗がりで
藤岡伊集
熱燗はやっぱり銚釐合羽橋
藤原訓子
塩枯れた親父熱燗のれん酒
藤源卿
熱燗や不束者とへりくだり
藤色葉菜
熱燗や和服ゆったり真砂女さん
藤川さくら
熱燗や生涯ひとり妻と乾す
藤川鴎叫
熱燗や俺のをんなはお前だけ
藤倉密子
熱燗やずっと置かれて留守模様
藤鷹圓哉
熱燗や母のいまさず国哀し
藤田康子
熱燗や二本目からのぬるくなり
豆柴
熱燗を包みこむよな備前焼
陶豪
熱燗の五百円だし今も友
陶然
熱燗や弾む会話の声が好き
瞳子
えり足を剃り初めての熱燗かな
童好
熱燗を二合だけだと老紳士
銅鑼の音
熱燗やうわばみに下戸の婿とは
熱燗や友の猥歌に苦笑い
徳翁
熱燗もぬるみ肴もなし寂し
毒林檎
熱燗の湯気さへ惜しき銘酒かな
独星
巣籠もりて熱燗のわざ手練れけり
読獺
熱燗を摘んだ後に耳摘む
豚ごりら
熱燗やとろりとろりと夜は更けて
那津
熱燗やもしも昨日に戻れたら
楢山孝明
終電や屋台駆け込み熱燗で
南 風
熱燗と換気流降るE席へ
南城馬天
熱燗は花の香りとフランス人
二重格子
熱燗や父の告白俺にだけ
尼島里志
熱燗や母の憂ひを知らぬ父
日記
熱燗や疼く歯茎のありどころ
紗千子
熱燗に酔うて雑魚寝の山の宿
紗智
熱燗や深夜営む洗濯機
若葉一家
熱燗が似合う女のうりざね顔
若林千影
晩酌の女系家族の燗熱し
守安ーーーーーーーーーーー雄介
熱燗や身欠き福より薄造り
朱久瑠
リモートの画面ぬくめる燗の酒
朱沙
熱燗や今日の嬉しきこと思ふ
朱泉
一人寝の熱燗ありてブルーチーズ
狩谷和寓
口笛の同嗜と夜は熱燗ぞ
種種番外
熱燗を一本にして誕生日
寿女
三合目は安酒出して熱燗に
宗平圭司
熱燗にたぬきたぬきと来て狐
宗本智之
熱燗や年金額をお互いに
秋ひろし
熱燗や男なんてと嘆く姉
秋熊
熱燗を杜氏と語るリモート飲み
秋月流音@木ノ芽
泣き笑い怒る説教あつかんで
秋桜
熱すぎる燗は喉にも悪いぜよ
重翁
熱燗を冷やして舐める自称ワル
塾志
熱燗す逝きし娘の誕生日
出席番号43番
熱燗を桶に浮かせてぬるめの湯
俊夫
粗忽もの熱燗こぼし火傷かな
俊也
熱燗やさしつさされつ一升瓶
春よ来い
板さんの熱燗一本暖簾越し
春果
熱燗や四海を呑まんの勢ひぞ
春川一彦
熱燗や耳たぶつまむ所作に惚れ
春爺
熱燗や沸かす時間の窓の外
春来 燕
熱燗は錫のちろりで義父の膳
春蘭素心
燗酒や詰襟脱いで四十年
准壹
熱燗とぐい呑み一つ三回忌
緒里乃
老妻の熱燗なじむ五十年
勝山
熱燗とあいつ変わったなと言われ
升 丁茶
熱燗や夢二の軸のある和室
小鞠
熱燗に河豚ひれ入れて待つ間かな
小熊利雄
熱燗や身の上話ちびちびと
小笹いのり
熱燗や半分の胃に師告げし
小山波子
熱燗や肌は無用のひとり夜
小真木
熱燗や慣れてしまえば甘い蜜
小薪まりちゃ。
熱燗にブギウギ流す呑み屋かな
小川野棕櫚
熱燗や祖父の正調おけさ節
小倉あんこ
熱燗で乾杯したい場所はなし
小太郎
飲み助や熱燗抱えてひとりごと
小池敬二
亡き父と熱燗沸騰思い出に
小塚蒼野
熱燗や記憶を辿る紙芝居
小島神泉
無口の口に熱燗の熱ほのか
小豆白虎
熱燗に心のおりの見え隠れ
小梅
熱燗や口は高段囲碁談義
小文吾
熱燗や昭和歌謡の夫の顔
小野みっちゃん
愛すべき夫熱燗に呑まれおり
小野睦
熱燗やいつもの席で手酌酒
小林 昇
熱燗や頑張れそうな気の少し
小林たけし
熱燗と師匠弔ふ愚痴ばなし
庄司直也
熱燗と換気流降るE席へ
南城馬天
熱燗のお猪口持つ手に年季入る
松さん
熱燗ややっぱり俺は幸せか
松ぼっくり
この土地は熱燗注がれ契約し
松井くろ
熱燗や旅行の是非を議論する
松永裕歩
熱燗や呑むほどに酔ひ山頭火
松高日子
夜回りを終えて熱燗染みわたり
松坂慎太
作業終えちろり一杯を熱燗で
松山女
スナックにて熱燗たのむ怪訝顔
松瀬章章
熱燗や断りメールすぐに来る
松茶 巴@プレバト木ノ芽
熱燗の腸に宿せるしこり撫づ
松田てぃ
真っ直ぐに沁みる燗酒街の端
松野勉
孫見つつ熱燗喉を慰めぬ
樟本明子
熱燗に口滑らかに老いし父
樟明子
熱燗の肴になるや係長
湘輝
熱燗や電車の音の遠ざかる
照波
熱燗にひたる時間の人恋し
笑詠化
熱燗や冷たき心にしみる酌
笑々
熱燗や駅近のあの居酒屋はいま
笑酔
若手らの「熱燗二合!」に振り返る
鐘ヶ江孝幸
熱燗や進まぬ筆の夜を共に
上月ひろし
とっくりは九谷熱燗灘一献
上原まり
熱燗の憂き世の屋台ひとり酒
上津 力
痛点を焼く熱燗は未だ喉
上峰子
熱燗に言葉は要らぬ里の友
城山 英
熱燗と響き脳皺ああ弛緩
常陸人
ゆっくりと寝落ちしていく熱燗や
植木照美
故郷(ふるさと)はじゃこ天かじり熱い燗
熱燗に込めたる思い日々の機微
信翁
熱燗に酔うて本音をこぼしけり
慎吾
熱燗や夫のうんちく制御不能
新井ハニワ
失敗ばかりの日や今日は熱燗
新開ちえ
熱燗と黄身の味噌漬け考妣沁む
新見遊子
熱燗や信楽猪口のびーどろ釉
新田 淑@狐狸山会
熱燗や犬にも一本骨をやる
新藤柑子
なじみ客の入るやいなや「熱燗を」
新米笛
熱燗や膝の痛さも置き忘れ
森 佳月
無為の日や熱燗までが瞬く間
森 毬子
熱燗や舞妓目元に紅をさす
森初音
熱燗が娘婿は好きだった
森澤佳乃
熱燗や訛りなき我の手酌
深山紫
熱燗や額縁の犬微笑いけり
深川リンの父
熱燗や我の好みを知る女将
深草あやめ
とくと説く熱き夢には熱燗を
真井とうか
熱燗を含み口上ながれゆく
真喜王
熱燗や獣は壁の中走る
真宮マミ
熱燗を湯飲みですする寝床かな
真咲よしの
熱燗と云へば壱岐島いか徳利
真珠星倫世
熱燗や右手を挙げる招き猫
真繍
そう言えば熱燗忘れもう7年
真壁佳子
熱燗のズズズ偽りの約束
真優航千の母
熱燗がいい季節だと夫の口癖
真林
熱燗をぐいぐい今宵夢うつつ
神戸めぐみ
熱燗にウウムと寄せる太き眉
神山やすこ
熱燗の「ぬるめ」に熱き議論かな
秦 浩
独り居の熱燗恋し夕まぐれ
秦のヨシコ
駒を並べ待つじいちゃんの熱燗
紳久
熱燗や箍ゆるみゆく内弁慶
仁葉
真っ先に熱燗頼む父になる
須藤かをる
熱燗や廻した君と金婚に
須磨離宮
熱燗で藤沢周平読みながら
吹子
ピアスの娘熱燗の指冷ますのか
水間澱凡
熱燗を待つレンジの58秒
水晶文旦
熱燗のオーダー我はウーロン茶
水色猫
片方の中身はミルク熱燗す
水蜜桃
熱燗やぽつりぽつりと愚痴り出す
水無月
蕎麦前は熱燗チビリ玉子焼き
粋庵仁空
熱燗や焼き物不意の炎上げ
酔下弦
熱燗や徳利震う猪口震う
酔人雲助
熱燗や南部鉄瓶シュンシュンと
杉浦夏甫
熱燗に今日の仕事を振り返る
裾野51
熱燗をちびり昭和に果てし人
成久巳子
熱燗や横目で制す冷酒党
星海
熱燗と深夜テレビに旨みあり
星夢 光風
熱燗や放蕩息子も泣き上戸
晴海南風@木の芽
あー夢だ熱燗抱え露天風呂
正山
熱燗や飲めぬとこだけ母に似て
清水 三雲
熱燗やあぐらにのどを鳴らす猫
清水祥月
熱燗も「オンラインでね」夫(つま)は言う
生野薫
熱燗を頼むやいなや寝息たて
聖 橋
熱燗や知らぬ同士で盛り上がり
聖 橋
かまけるな百薬の長と熱燗も
西の海牛
熱燗や愚痴こぼしあう高架下
西山哲彦
古備前の猪口の熱燗独り酒
西川あきや
熱燗や集ふオヤジの焼き鳥屋
西村もえP(み)
熱燗やいつから家にある銚釐
西田武
熱燗や熱海のひもの届きたる
西麿(にしまろ)
熱燗の〆は讃岐のかけうどん
誠馬
熱燗や喉をゆたかに香の甘し
青い月
熱燗やひとつ付けては眼鏡下げ
青鬼灯
熱燗にひと肌ほどが恋しけり
青玄
熱燗や品種比べの仲間内
青修
熱燗を美酒と言いつつ語る父
静香
熱燗を乞われ徳利を探す妻
石井せんすい
熱燗や喜寿祝われて父三くち
石井侶光
電柱の横の火星と熱燗と
石岡女依
熱燗をローアングルで差し出しぬ
石野上路無
収穫の喜び分かつ熱燗よ
赤井味彩
熱燗や鼻歌はいつも拓郎
京丸
熱燗で父の笑顔が目にうかぶ
京子
熱燗の我慢の指も年かさね
京女
熱燗にひたして香るエイのヒレ
熱燗に一口ずつのセピア色
曲がりしっぽ
熱燗や抗へぬままもう一本
玉井瑞月
極楽や熱燗浮かべ露天風呂
玉井令子
下戸ふたり年に一度の熱燗よ
玉悦
熱燗でいつもの夫は饒舌に
玉京
熱燗で1杯やるか雲上で
玉治
熱燗で呑むのは稀さ南の地
玉城
熱燗を救い出さんとやかん口
玉泉
自粛から抜けだし今日は熱燗へ
筋肉男
妻と娘の一触即発燗の酒
金のキウイ
熱燗や馴染みの酒と徳利で
金魚草
駅ナカの熱燗めざす急ぎ足
金太郎
熱燗や世相を映す宵の街
金目銀目猫
唸る祖父燗の温度で店はかる
金曜日の男
熱燗や漁火遠し国遠し
銀 次郎
熱燗に厳しき眼かな我が子なり
句詩呼
熱燗の蘊蓄楽し片想い
熱燗にことにうるさき義父であり
空山
熱燗や夫と希望を子の寝顔
栗田もとえ
燗酒や新橋駅のガード下
薫風
やってられない。熱燗もう一本
恵蘭
熱燗や意見するよな子も居らぬ
敬之
ほろほろり熱燗甘く沁みにけり
景奇
熱燗で父と乾杯七回忌
景清華
熱燗や世間なんてと噛むするめ
渓翠@青東高
熱燗や呑めぬわたしは中国茶
月影ミウ
熱燗を長き溜息弄び
月城花風
熱燗やご当地ものを飲み比べ
月野ひとみ
熱燗も白髪の話ももう少し
犬井山羊
熱燗は分子のゆらぎゆらぎ食む
研知句詩@いつき組広ブロ俳句部
宮参り熱燗一人孫二人
古(いにしえ)の憲
熱燗やきのふのもつの味噌煮込み
古都 鈴
熱燗のおっちゃんまだかレジバイト
胡麻栞
熱燗のコップすすりし屋台かな
吾亦紅也
まろやかとかわからないけど熱燗
後藤麻衣子
熱燗や子が飲むようになったとは
鯉女子
熱燗と長椅子座る君だけで
光源爺
熱燗の屋台に集ふも御縁かな
光友
熱燗で銀河を論じ午前二時
公毅
熱燗の香にむせかすむ孫の笑み
公私混同
熱燗やわれ言語清水弁なり
向原かは
熱燗やレンジは今日も不愛想
好文木
熱燗に聞こゆ舟唄肴かな
宏楽
寝違えし肋骨きりり熱燗や
工藤実都
しばらくはひとりに慣れる熱燗や
工藤忍
燗酒や妻待つ夜の掛け時計
何を知り何を知らずや燗熱し
幸久
熱燗と耳たぶの距離なまめかし
広庵
熱燗や小壁の父をとうに過ぎ
広島 しずか80歳
手酌する熱燗ひとり外は雨
康寿
熱燗や鯛の頭のしみじみと
江雲
くくくくと注ぐ熱燗や口窄め
江口秋子
師の諭想いて熱燗冷めゆく
江藤薫
頬ふれし味わい深き熱燗よ
浩二
熱燗や君の耳たぶつかむなり
甲山
熱燗にいささか酔うて風を待ち
甲斐紫雲
細き指熱燗受くる嫁ぐ二女
紅雀
床に入る支度整え燗の酒
香依
熱燗と二人暮らしや明けの空
香依蒼
熱燗の湯気に消えゆく口喧嘩
高たか
熱燗の徳利詰まんで酔ったわね
高橋 平地草
熱燗の喉を通れば人恋し
高橋冬扇
熱燗やチーズで満る冷蔵庫
高原大空
熱燗や九九の練習そっと聞く
高倉ちとさ
牧水に熱燗献ず香の余韻
高知樗
熱燗やお風呂にざぶん漏れる声
高飛洋子
熱燗や凍結されたダム事業
高尾里甫
熱燗やにほんごカタコト酌み交わす
合歓
熱燗や目処の立ちたる資金繰り
克巳@夜のサングラス
熱燗や暖簾の外は降り頻る
黒子
熱燗やあくがれいづる横恋慕
黒兎
熱燗や断捨離といふ一日終え
今野夏珠子
熱燗や愚痴聞くことの上手き人
根本葉音@花芭蕉句会
するめ焼く亭主の背中熱燗よ
佐々木照風
熱燗や一手間かけて一人酒
佐々木葉一
熱燗で友よ唄えよヨサコイよ
佐山夕子
熱燗や俗談平話燗冷まし
佐藤 啓蟄
二本目の熱燗を手に与太話
佐藤恒治
熱燗や当てはいつもの乾き物
佐藤俊
熱燗や紅差し指にリング跡
沙那夏
物売りが去りて熱燗盆に載せ
砂楽梨
熱燗と君への涙夜更かし
砂霧
熱燗に語りの肴午前様
彩 利蓮
絵筆の先睨む熱燗煮え立つ
彩葉
熱燗に行く末あずける独りの夜
斎藤数
熱燗やこぼるる盃の闇を呑む
細木さちこ
親方が手を挙げ急かす熱燗や
菜々の花
熱燗に商談進む太っ腹
坂元榮駿
彼は手酌徳利差し出す熱燗や
榊裕江子
熱燗や遠き波音聞きながら
寡黙なる君が誘いし熱燗を
咲耶とこ野@木ノ芽
熱燗や飛び出す父の浪花節
桜の翳
熱燗やもう手遅れのふたつみつ
桜姫5
舟歌を聴いて熱燗沁みる夜
桜木さくらもっち(レイ改め)
熱燗や娘のアテを狙う父
笹弓
熱燗をたのみ女将の酌を待つ
薩克期風
熱燗や大将愚痴る屋台の夜
雑草おばさん
熱燗や隣座った網タイツ
鮫みわ
熱燗や小さく啜る父の脊
三ツ藤康子
熱燗を半合だけと父弱気
三笠木 草
ちゃんづけで呼ばれ熱燗寝具出る
三群梛貴
熱燗で引き締まる節目を祝い
三寺ひろみ
熱燗や最初は正座あと胡座
三水(さんすい)
熱燗や間戸の潮騒過疎を衝く
三宅くいな
熱燗や嘘も噂も腑に堕とし
三宅雅子
熱燗の香りに惑う千鳥足
三宅剛
熱燗や爺の踊りをまた迎ふ
三泊みなと
熱燗を温石にして疾く帰れ
三木庭
温めでも祖父呑み干せし熱燗を
三和花子
熱燗やまだ見ぬ人に文を書き
三毳
熱燗や厨に一人ぬくぬくと
山河穂香
熱燗をおひとつどうぞと白き指
山口 朝子
熱燗や門標だけがピカピカと
山口雀昭
熱燗や湯に浸かり居る人を待ち
山口負乗
レンジで熱燗一人酒うるうると
山桜昌子
だんまりの課長と酌み交ふ燗の酒
山吹美羽
熱燗や十八番の演歌また唄う
山水(さんすい)
熱燗を手酌で注ぎ密避ける
山太平
熱燗と炙った鯣妻偲ぶ
山茶花静
内臓と指とをつなぐ熱燗や
山乃火穂
熱燗や手酌の父のまるき背
山風
熱燗や今宵の相手は古女房
山野はな
熱燗やどうどうめぐりの議論かな
山﨑菫久
熱燗や君に泣き寄られたかつた
市川一夜
熱燗とはこれ杉の香りなるや
糸賀太
拓郎の熱燗の首しみじみと
糸慌@木ノ芽
熱燗を真似て水呑むお留守番
紙威
ソロキャンプかをる青竹熱燗よ
紫雲英
熱燗の席に揃へぬ同級生
紫鋼
熱燗や独りぼっちは尚熱し
紫香菫
熱燗で焼きたる舌をちびと出す
紫宗
熱燗や笑ひ上戸につられおり
紫小寿々
熱燗や娘の彼は同ひ年
紫檀豆蔵
熱燗が肩まで浸かる薬缶風呂
紫陽花子
熱燗や締めの稲荷の艶ふわり
詩音
あつかんや友と露天で足のばす
侍真満陽陰
熱燗にあぶりエイヒレ錫婚式
時化田白金
熱燗の残り一滴舌の上
治もがり笛
徳利も温もり沁みる熱燗か
自由猫 櫻波
熱燗や下戸を嘆いて夜(よる)一人
汐海さくら
熱燗が男の素顔晒しけり
篠田ピンク
熱燗のおいしさ知らず死んでゆく
柴桜子
熱燗で一杯の夢下戸が見る
舎人
別れたらあと熱燗に任せきる
斜楽
熱燗や膨らむラップ明日は来る
紗々
熱燗や尽きぬ自慢の釣り談議
をぎやかなた
熱燗が温い熱いとやかましく
阿奇羅
熱燗やととかかおにいじじばばも
阿波豊
熱燗の徳利いびつ旦那作
熱燗で解す夫の眉間じわ
愛棄丸
熱燗をさしつさされつ足が触れ
茜雲
熱燗や琺瑯引きのある厨
悪七兵衛
熱燗や女子教師は蟒蛇で
葦たかし
背伸びして熱燗仕込む部活飲み
熱燗や塩豆ぽひり夜の底
綾竹あんどれ
熱燗や染み入る傷よしんしんと
或明日汰
燗酒の鍋の火燃ゆる我遊ぶ
安芸子守熊
熱燗や友の訛りの切れ切れに
安春
熱燗や歩道の濡れて光りたる
案山子@いつき組広ブロ俳句部
熱燗や一手間分の夫婦愛
杏樹 萌香
熱燗を回して一夜明けにけり
伊延豊泉
乾杯や先師の好きな熱燗で
伊夏来海
熱燗や左党の相手素面でも
伊沢華純
熱燗や笑い方忘れた彼女
伊藤響彌
眠れぬと言へば熱燗夫は出す
伊藤訓花
熱燗の味を手で見る徳利かな
伊藤善隆
熱燗忘るる東京物語
伊豆子
初めての熱燗彼のルーツ聞く
伊予吟会 玉嵐
燗酒や逝く人だけが多くなり
伊予吟会 心嵐
背の君に熱燗二本添えてやり
位子
熱燗と日めくりに書き畑作り
磯野昭仁
熱燗や艶冶な女将白き指
一の介
袖口を伸ばし熱燗つまみけり
一井蝸牛
熱燗の徳利適温見る構造
一碁一会
熱燗を親父飲めよと仏壇に
一周
熱燗や叱られた日は遠かりき
一純。
熱燗の口を迎へにやるお猪口
一生のふさく
熱燗は手酌に限る是非も無し
一石浩司
熱燗はしんみりと飲む量が好き
一太郎ラン坊
熱燗や下戸の家系の大徳利
一茶お
熱燗の首におしぼり巻いて酌
一日一笑
熱燗や酌の女将の手の包帯
壱太
熱燗を呑む吾の膝にねこ団子
稲垣由貴
一本のつもり熱燗とどまらず
右田俊郎
熱燗や差しつ差されつ将棋指す
烏兎
消毒のやうに熱燗注ぎけり
羽衣@ノエル
酣にほのぬくし熱燗も吾も
卯月十二
玄関の夫熱燗の顔をして
卯年のふみ
熱燗を啜り今日の走馬灯
浦山茶平
熱燗や相手チームにホームラン
浦野幸一
熱燗に向きも不向きも酒のあて
閏 務 (うるうつとむ)
熱燗や残りは鯛のあら炊きに
英与
熱燗に耳朶触り一人酒
詠野孔球
熱々のもつ煮をつまみ熱燗で
越後縮緬
熱燗に呑まるる人に星よ光れ
円堂 実花
熱燗や野良着のままに呷りたる
塩の司厨長
深夜二時熱燗も冷め愚痴尽きず
塩小路とんてき
妻の留守熱燗つけて部屋広し
奥ノ木蛍子
熱燗や至福の時の一人酒
横じいじ
熱燗や娘十九になりにけり
横ちゃん
病室のちちに熱燗笑み少し
岡崎シビック団 紙ふうせん
熱燗や手酌の夕餉老鰥夫
音のあ子
熱燗やお疲れ様の香り満つ
音弥
熱燗や昭和歌謡を口づさみ
下村ひじり
熱燗やちろりちろりと沸く渦よ
佳子
熱燗や耳に若気のいたりあり
佳里
熱燗や語りすぎるか古希の夢
加賀くちこ
熱燗や殊に煩き父の舌
加賀もずく
飲めぬのに熱燗の手酌憧れて
加容
熱燗の湯呑みの中へ炙り鰭
加和 志真
熱燗や妻はだいたいちくわ耳
嘉門生造
熱燗や今日の味覚も異常なし
夏みかん
友来り熱燗の香や時止まり
夏みかんの亭主
熱燗を指揮する指は料理人
夏綱
熱燗やこころたゆたる長い夜
夏生祐子
熱燗や見知らぬ人と国訛
夏目タンチャン
熱燗や時の無い白夜は続く
果音
女三人性のことなど燗熱し
河原つばめ
コロナ禍に熱燗恋し人恋し
河合由布
熱燗や津軽女の深情け
河本かおり
熱燗の青春談議呂律飛ぶ
火炎猿
熱燗や父に辛苦の季節あり
花おうち
熱燗や昭和を語る父も亡き
花ほっぺ
熱燗に触れた指先耳たぶに
花弘
熱燗の染みる唇嘘をつく
花咲明日香
熱燗や割れた硝子は気のせいか
花紋
酔鯨の熱燗に寿司前祝い
茄子紺
熱燗やラフマニノフは甘過ぎて
茄子美
熱燗の程良さ真似る共白髪
華らんまま
地蔵様熱燗一杯召し上がれ
華徳
熱燗や秋田舞妓と差し向かい
蝦名瑠緋
ひとり野で熱燗シェラカップ重ね
我省
熱燗を直火で付ける母は亡く
蛾触
熱燗や思い出す父母のあれやこれ
賀代
熱燗や父と夫とは囲碁仇
雅喜
熱燗に父と演歌の二重奏
雅鬼
熱燗の人肌良きに暫し待ち
雅由
まだ熱燗呑み足りないのスケコマシ
海月莉緒
熱燗の香や口ずさむ通りゃんせ
海峯企鵝
熱燗や溶けゆく我の邪な部分
海老海老
熱燗や里の漬物開き見る
貝花
熱燗が無口な人を明るうす
蛙星
熱燗やむしろ眠れぬ夜勤明け
葛谷猫日和
熱燗を急かされ指の温度計
叶田屋
熱燗徳利の首といふ括れ
釜眞手打ち蕎麦
熱燗や並木に青きLED
環波留
熱燗やふたりで泣いて後輩(とも)を説く
甘泉@職場の後輩が、転勤先の新しい事業所でのこと。半年ぐらいで、その事業所の人間関係に適合できず、退職したいとの相談を受けた時に。妻子もあるので、「退職はするな」と言って、時間をかけて説得した時のこと。
熱燗に十九の頃の夢混じり
間仁田彩
座布団にネルを着せし夜熱燗す
丸虎
隣から熱燗来たり縄のれん
丸山隆子
熱燗やからからからと風の鳴る
岸 れん
熱燗や野燗炉の炭爆ぜる夜
岸来夢
熱燗を受ける盃ついついと
岩 和文
熱燗や漱石と子規酌み交わす
岩松良★(★=王へんに玄)
熱燗やほど良き距離の五十年
岩澤佳音
熱燗や問いたきことは二次会に
喜祝音
手酌より熱燗よりもひと肌を
喜多吃音
塩辛に熱燗2本呵々大笑
喜多野羆
熱燗の香り豊かやもう一本
嬉笑
熱燗やぶっ飛ばそうぜ失恋め
希林
鴨鍋の味が濃い熱燗も濃い
幾太波末
熱燗やいつまで続くコロナ禍は
気がつけばカンレキ
熱燗や身振り手振りも興に入り
気まぐれ稔久
熱燗の湯気の香までも一呑みで
季切少楽@いつき組広ブロ俳句部
山里の隠れ酒場や燗熱し
紀杏里
静かさを熱燗差しつツレと聴く
貴貴
何も言ふなまず熱燗をグイと乾せ
輝峰亭
熱燗や歪みし見ゆる槍の峰
輝棒
熱燗も憂さ晴れず憂さ友となり
亀子
熱燗や父と夫とを結ぶ糸
亀石
熱燗を受けて「お主も悪よのう」
菊池 克己
熱燗や羽釜に入りし燗徳利
吉 や
熱燗をつける手注ぐ手猪口持つ手
吉井郁恵
熱燗や冷たき雨を口実に
吉村よし生
熱燗に迫る旅籠の静寂かな
吉田海音
熱燗や作りし母は味知らず
吉野 春夏
熱燗の駒跳ねにけり相馬焼
吉野川
燗酒の残り香少し父譲り
桔梗
熱燗や着信拒否の設定す
橘まゆこ
熱燗を試し飲む百薬の長
丘るみこ
定年のこよい二人で熱燗で
久衛
熱燗や人の評価はひとのもの
久世有人
熱燗と遺影の君と夕餉かな
久素木葉子
熱燗や宿題終えて父の声
久鍋得利子
コーヒーはブラック熱燗まだ飲めぬ
久留里
マヨネーズ炙りするめと熱燗と
久瑠圃
熱燗の加減に疎きおかんかな
宮坂暢介
熱燗や愛妻出かけ猫相手
宮写楽
熱燗やレンジ頼らぬお母の勘
宮﨑紅清
熱燗の湯気くしゃみ1つ
弓弦葉
喉元を過ぎる熱燗まで五秒
弓女
熱燗に北国の夜は癒されし
球子
溢れ注ぐ熱燗合格の夜
京あられ
義父義母の熱燗の間や阿吽なり
なみは
熱燗で父が優しき夜になる
にいやのる
熱燗や無口なところ父に似て
にじのすみれこ
熱燗や世界経済冷蔵庫
ニッシャン
人恋し熱燗とろり舌にのせ
にゃんごろう
熱燗の湯気の向こうに寝てる猫
にゃんみー
熱燗に会話のつなぎ託しをり
ねぎみそ
熱燗や旅先の宿暮れなずむ
ねこ
水曜日いか塩辛と熱燗と
ねこか花はっか
答えは熱燗の中に僕ディラン
ねこ山
帰省すらできぬままひとり熱燗
ねもじ
熱燗や父の肴は乾きもの
のぶ子
熱燗や単身赴任十二年
のぼさん
猫舌に熱燗渡し語り合い
のりた
熱燗や孫抱く父と遺影の母
のりりん
熱燗や妻としみじみ巣ごもりに
のろ爺
熱燗がつかりましたと電子声
パーネ・メローネ
熱燗や決断つかぬ老の先
バーバラ
熱燗とアヒージョの熱混沌と
パオ
熱燗や待ち人来ぬがちびちびと
はごろも
熱燗をこぼしてにじむ明朝体
はち えいと
熱燗や将門公の飲み飲まれ
はちゃ@延喜式に酒を温める鍋が出てくることから、熱燗のようなものは平安時代からあったようです(以上受け売り)。
熱燗やカウンタ越しに注がれて
ハチ太郎
熱燗や知らで寄る寺ふるまわれ
パッキンマン
熱燗よなぜ僕たちはここに立つ
はっしー
熱燗や家族も別れの延長線
はとり千倖
熱燗を受く唇のぽつてりと
はな
熱燗よ今宵も妻の手のひらに
はなあかり
捨てられぬ欠けたお猪口で熱燗や
はなちゃちゃ
喧嘩して熱燗ぬるき夕べかな
ははろ
熱燗で話を濁す通夜かな
ぱぷりかまめ
熱燗が人肌に冷め恋も覚め
はらいそ
熱燗や湯気のむこうに友の顔
はらこ
熱燗の手酌に添える一夜干し
はら美華子
股座に擦り寄る猫と熱燗と
ハルノ花柊
のどが鳴る喜ばす味熱燗だ
ばんしょう
「お祝いや」隣の客から受け熱燗
ばんどうまーぴー
熱燗と赤身の刺身で祖父偲ぶ
ばんびぃむーん
熱燗の醒めて一人となりにけり
は志むら
熱燗に酔ひて辛口飛ばしけり
ひぐちいちおう(一応)
猫舌の熱燗を欲る一夜かな
ひだ岩魚
縄のれん一番星と熱燗と
ひとえ
熱燗とレトルトカレー夜の森
ひなたか小春
旅先で友と熱燗酌み交わす
ひめのつばき
熱燗や独り手酌の赤暖簾
ひよこ草
熱燗や耳であちちと冷やす指
ひよはるばば
熱燗として湯気となる父の酒
ひろきち
熱燗を片手にリチャードクレイダーマン
ひろくん13さいのママ
熱燗や卓囲む顔懐かしき
ひろちゃん
熱燗や訛り飛び出す伊達男
ひろ史
熱燗や駅裏路地に漂ふ香
ふじかず(み)
熱燗にもてなすこころ陸奥国
ふじこ
待ちわびた父の差し出す燗熱し
ふとまき
熱燗や蟹の甲羅を盃に
ふみ
熱燗でほろ酔い気分もう寝ます
ふみちゃん
さめのたれ割きつつ熱燗伊勢の夜
ぽいプー
熱燗や寝静まる子を背に夜食
ほしけん
友泣きて熱燗の熱奪ひけり
ほしの有紀
黒手帖仕舞いて熱燗あと二合
ほのぼぉの@蚊帳のなか
熱燗は何度が良いとのたまわる
ぽぷり
独語辞書片手に妹は熱燗
ほへと
熱燗や口が迎えにゆく猫背
ほろよい
燗熱しまあ一献と下戸の父
ぽんこ
消毒が足りぬ熱燗もう一本
ぽんたちん
熱燗や額写真の亡父無言
まー坊
熱燗の香り漂う夜ひとり
マキコ
唇を寄す熱燗や潮満ちる
まこ@いつき組広ブロ俳句部
熱燗や英語聞こえる上野駅
まさ
熱燗を頑固にしてる父の指
マツイミキロウ8191
熱燗や香る向こうに父の顔
まつやま孝子
熱燗は風情ありと祖父思う
まつり
のんだくれてひとり熱燗をそそぐ
まにあ
熱燗や同じ訛りの集いけり
まぬう
熱燗に飛び交ふ訛りありにけり
マムシ銀行早乙女
熱燗はスイッチ八代亜紀歌う
みー
熱燗は辛口甘口思い出も
みかん
熱燗や風呂の沸きたる電子音
みくにく
熱燗や躓く事も喉に消え
みずの風華
熱燗や段々灯りつく祇園
ミセウ愛
嫁がせて夜の熱燗一人きり
みたせつよ
熱燗やあたたかでした父の膝
みつみん
熱燗や母には言へぬ話など
みどり
御斎(おとき)背に熱燗つけし勝手口
みどりくん
熱燗や標許りと旅の宿
みなと
初孫の字画数えて熱燗や
みにとまあいこ
熱燗の2℃にこだわる新課長
みのる
初々し熱燗つまむ子の小指
みのるに
露天湯に熱燗浮かべ湯音聴き
みやまおだまき
熱燗や面影捜すクラス会
ミユキ
熱燗の徳利選びつほくそ笑む
みゆき子
あの人になりたくて燗つけてみる
みょん
熱燗や恋に不慣れであった頃
ムーン大佐(み)
熱燗やけふの興ざめ消し去りぬ
むさかず
熱燗や泣き上戸の愚痴飽き飽き
むじーじ
熱燗や窓開け庭を父眺む
ムスカ大佐(み)
熱燗や古きのれんの揺れ通し
むにむにちゃん
熱燗や聞きたき事に口を閉じ
むべ
熱燗や摘む耳朶ほの紅く
むゆらー
熱燗や今日の自分を褒めてみる
むらたふみ
「もう一本」鍋にやや浮く熱燗かな
むらのたんぽぽ
熱燗や商品名まで旨きこと
むらぴ
独り言増えて熱燗沸騰す
めしめし
熱燗と大声揃う父の宵
めりっさ
熱燗の猪口のうんちくてんこ盛り
もちえちゃん@狐狸山会
熱燗も湯呑茶碗の男ぶり
もとこ
ぜんぶぜんぶ熱燗に忘る全部
もりさわ
熱燗のコトコト揺れる三世代
もりのまりりん
熱燗の父酒饅頭の娘
もんちゃん
「あつかんて?」怪訝な顔のアルバイト
やこばあば
熱燗や鴨ぬき肴(あて)に降臨す
やっせん坊
熱燗や女帝憎まれ役を解き
やっちゃんち
絡み糸ほぐす熱燗妻の酌
やぶつばき
熱燗や親子で懐ふ二十年
ヤマザキけんと(み)
熱燗や薬罐にスルメ父の笑み
やまだ童子
熱燗や解けたパズルを眺め入る
やまな未
熱燗や不意に亡父の友来たり
やまぶき
熱燗や自称江戸っ子の定席
ヤマボー
苦も楽もごちゃまぜにあり熱燗す
やまやま
陶狸にも憂いのありて熱燗かな
ヤモリ
熱燗と思い出話老夫婦
ややま
咀嚼音熱燗咀嚼音熱燗
父熱燗彼はビールの気まずさよ
ゆあな
帰り道熱燗誘う憂さ晴らし
ゆぃ
料理酒で作る熱燗ヒトリノ夜
ユウ=カ
熱燗をすすりし祖父の肩緩し
ゆうが
熱燗や身体の芯に沁みる夜
ゆーや(み)
熱燗はチロリとともに懐かしや
ゆかりん
熱燗や勘所なき調理器具
ゆきを
熱燗や錦を飾る夢を見る
ユク
大人ぶりお酌の熱燗ぬらす衣
ゆこげん
熱燗や酸いも甘いもええ具合
よし季
熱燗をぐいぐい飲みし愚痴言う友
よつ葉
傘寿釣師捌く刺身に熱燗や
よひら
窘めるただならぬ恋燗熱し
ラッキーの母
熱燗の肴は鯣手酌かな
リカ
人恋し熱燗ともに独り言
りこ
熱燗やま白きなかの露天風呂
リバティーさん
熱燗を手酌で呑めばほろほろと
りんごのほっぺ
熱燗を飲みつつごちる愛猫に
ルイボス茶
熱燗やちびちび飲んで今日の終
るみ
熱燗や容疑者はまた住所不定無職
るやみ
三回忌鍋に熱燗の湯の残る
レーヌ・クロード
熱燗や潮騒聞こゆ醤油町
れっどべりー
熱燗に地物の刺身と天麩羅と
れんげ畑
熱燗に陽気な友を得たりけり
ロクヨン
弱冠の熱燗不惑のぬる燗
ロンリーハート
中州の灯熱燗の徳利とくとく
わかこ
熱燗に鼻突き刺され顔しかめ
わかち
熱燗や地酒のヌーボー届く頃
わわ
熱燗や平気平気と泣上戸
おちゃうけ
熱燗で今日は伯父貴と献杯す
オパール
熱燗にピンクになりし恋敵
オリゼ
熱燗で満たされてゆく虚かな
おんちゃん。@白吟句会
熱燗や部活の勇士饒舌に
お漬物
通ぶって熱燗飲むがもう頭痛
がーでん
熱燗や父は上戸で夫は下戸
かこ
肝硬変原因しらずと熱燗
かじつ
熱燗をぐいぐい婚約者の父
かずポン
熱燗と我が手の甲と遠き日々
かすみ
熱燗や恋占いは当たらない
かたちゃん@いつき組広ブロ俳句部
熱燗のあては叉焼ラーメン屋
かたな
熱燗を差しつ差されつ今は駄目
かっとび
亡き祖父の嬉しき熱燗笑顔あり
かなこ
熱燗や夫のたのみし肝ひとつ
かぬまっこ
諍(いさか)いも熱燗二本でゆるむ夜
かまど猫
熱燗や落魄の歌手一息に
カモガワ
熱燗や銘柄熱く語る次女
からすちゃん
熱燗や断捨離できぬ日記帳
カルメ狐
熱燗や肩組みながら二軒目へ
カワウソ(み)
寿ぎの昼の熱燗ちどりあし
かわせみ町田能ヶ谷
熱燗を飲まされ背より羽根の生ゆ
カンガルーのしっぽ
熱燗や燗にうるさき父なりき
キートスばんじょうし
罪悪感晴れの日なかの熱燗や
きいなかな
熱燗や愚痴も聞くが手柄も聞くよ
キーヨ
熱燗や新妻の酌酔いも増し
きさらぎ
熱燗と天ぬき頼む老い楽し
きっちゃん@天抜きは天婦羅蕎麦の蕎麦抜きのこと。
熱燗を震えて注ぐ二十歳の子
きのした小町
熱燗を吹いて冷まして笑われて
ギボウシ金森
熱燗を亡き夫の猪口にたっぷり
キャサリンまさこ
熱燗やよっぴて語る友のいて
キョンちゃん
熱燗が眠れぬ夜よ友に酔う
クウシンサイ
やつがれの譲れぬこだわりの熱燗
ぐずみ
熱燗やかしこに響く愚父のこゑ
くつき
熱燗や父に聞きたきことありぬ
くによ
熱燗や表面張力に香る
くみくまマフラー
熱燗や言い訳をせぬようにせぬように
ぐりえぶらん
熱燗や蹴音響きクロスバー
くろぶち
熱燗や零る桝酒したり顔
くろべぇ
盃の熱燗とくとく輝やけり
クロまま
熱燗や耳たぶにいく指不思議
けせらせら
熱燗や悲喜こもごもの語りぐさ
けんさん
熱燗をちびりあいつの指の節
こいぬ
熱燗やまだまだ父に敵はざり
こうちゃんおくさん
よっ社長まあまあと酌む熱燗か
ゴールデン文子
熱燗の燗どころ知る単身者
ゴー俳句翁
熱燗や屋台の親父白髪増え
こてつ川
熱燗や棺に生花のありつたけ
ことまと
熱燗や辿り着いたる老い楽し
コナラ
熱燗や炭火なつかし手をかざす
こびたん
熱燗の猪口にあたりめ落にけり
こぶこ
熱燗のせいと怒りを塗り潰す
こま
熱燗のつまみに動画探しけり
ごようまつ
熱燗に負けて耳たぶ触る父
さおり
熱燗の徳利相手に夢謳う
さくみ
熱燗に媚薬を混ぜし旅の宿
さくやこのはな
あと一件こころ熱燗へと逸る
さこ
煮えきれず冷めるは恋か熱燗か
ささきなお
今夜から熱燗二合までとせむ
ささき良月
熱燗や部屋に漂ふ香に酔へり
さとうりつこ
熱燗をたのんで今日の終わりなり
さとう菓子
熱燗や大地の匂い日の匂い
さとし
鍋歌ふ華の金曜熱燗や
さぬきのたぬき
熱燗や愚直の上司退職す
さぶり
熱燗の手酌の夫に仕舞いなし
しーたん
大漁だ鯛柄猪口で熱燗だ
しおかぜ
熱燗や箪笥の隅へ三文判
しかもり
熱燗や下戸でいつもの茶碗蒸し
しげとし
熱燗や沁み透りたり耳の骨
しげる
熱燗徳利首つまみ独りごつ夜
ししマス
熱燗や猪口の向こうに父の影
しずくのかけら
熱燗や独奏の児のただいまああ
シニアモモ
熱燗一度きり戸棚の徳利
しほり
熱燗で和睦続くは二合まで
ジミーあゆみ
熱燗や聞き上手なる友のおり
しみみ
熱燗に演歌があればすぐ昭和
しゅういずみ
熱燗のしみる角打ちひみつきち
しゅうふう
熱燗の猪口持つ指の品よくて
しゅんらん
熱燗や徳利袴の四つ五つ
じょいふるとしちゃん
熱燗や検査結果の封を開け
シラクサ
鯛の骨熱燗そそぎ香り立つ
シルバーメダカ
熱燗と徳利の首アア拓郎
シロクマ太郎
熱燗のボタンは二つ券売機
しんしん
熱燗で明日の戦法練り直し
すぎやん
熱燗を盗み飲むには若すぎた
すしうた
徳利の首つまみ独りごつ夜
すすきの獅子扉
熱燗の湯気の向こうで笑う君
すな
熱燗を交わしし同志病床に
スマイリー正子
熱燗や友焼く猪口に二三杯
すみれ色の涙
熱燗や振られたくせに振つたふり
せいち
熱燗は五右衛門風呂のちょい手前
せーたん
熱燗や夫婦の距離のやや縮み
せつこ
熱燗のほどよきまろみもう一杯
せり花
熱燗のおちょこは一つ珊瑚婚
せんり
熱燗を冥土の父に届けたし
そうま純香
熱燗や手酌始まる三本目
そうり
熱燗や父の小言はもう聞けぬ
そまり
熱燗や本音は小声耳へ寄せ
そめやまさみ
熱燗を背中丸めて手酌酒
そら
冷える夜藁にもすがる熱燗よ
それぞれのしあわせ
熱燗や家にいるのに帰りたい
ぞんぬ
熱燗や三十余年夫に添い
ダイアナ
熱燗やイエスタディを聴きたくて
たいぞう
熱燗に徳利持てず妻を待つ
たかこ姫
熱燗や秒針止まるクッと干す
たくばしょう
熱燗や遺影の父も赤ら顔
たくや
なみなみの熱燗啜る夜行バス
たこぼうず
熱燗を父と二人の手酌かな
だだちゃ豆
熱燗の銘柄覚ゆ二十歳の娘
タック
熱燗やにこにこにこと父の夕
たむらせつこ
30秒叔父が念押す熱燗や
ダリア
熱燗や直帰を告げてコート脱ぐ
たんくろう
四畳半寂しき部屋の燗熱し
たん造
熱燗や常連客しか来ない店
ちあき
愛犬の温もり熱燗の香り
ちか丸
退院は明日熱燗まで三日
ちびつぶぶどう
熱燗と未来を語る村の爺
ちょろたこいん
熱燗に饒舌すぎるをみなかな
ツーちゃんの恋人
燗酒や父の義太夫締めの頃
つづきののんき
熱燗や拓郎ファンの友と旅
つつ井つつ
熱燗や酔えばやあちゃんたかっちゃん
つつ井つつ夫
妻留守の夜熱燗徳利つまむ耳
つわきの嫁
くちびるもかかとも熔けて熱燗の宵
ティアラ文緒
真っ白なクリフ熱燗の徳利
テセウス
熱燗や今度はどんな武勇伝
てまり
熱燗と一輪挿しと隅の席
でるた
熱燗や催促やまじ赤き鼻
でんきゅう
熱燗や高倉健の渋き声
でんでん琴女
熱燗に厚揚げ焼いて独りの夜
ドイツばば
熱燗をくぴくぴ入社一年目
どかてい
熱燗や織部黄瀬戸と鼠志野
ときめき人
熱燗に飲まれてピサの斜塔めく
ときわ露草
湯船から芳香熱燗のにおい
としこ
べく杯のただ呑みたいだけ熱燗 @べく杯=土佐、可杯
としなり
熱燗や落ちてきそうな庭の月
とし子
熱燗や話の花が咲き乱れ
とみことみ
熱燗やあいつの今を聞いた夜
どみそ
熱燗やスタートからのリスタート
ともかわすてむ
熱燗と検索しても画像のみ
ともきのパパ
熱燗が腹に沁み入る世の平和
ともけん
熱燗に寄する口元父に似て
とも子
熱燗や徳利やはり買ひ足さう
とりまる
熱燗や耳たぶ目立つ男なり
とんとん
ナイターの完封勝利に熱燗
とんぶりっこ
熱燗や筑前炊きの上手くでき
なかの花梨
熱燗や鬼平真似てイカぬたと
なきうさぎ
静けさと冷めた熱燗熟れた頬
なきつづき
熱燗や親父は丸くまるくなり
ナタデココ
熱燗と先ずは塩辛ガード下
ななえ
熱燗の最後の一滴が甘い
ナナナナ
耳たぶは熱燗のためにあるらしい
宮島ひでき
熱燗や妻の耳たぶかりました
西田月旦
熱燗にかこち借りたるきみが耳
hiroro
熱燗やあざとく耳に触れし指
うみのひつじ
熱燗や薄情な耳朶触る
くれまてぃす恵子
酌できぬほどの熱燗出されけり
勘太郎
おしぼりで持つ熱燗を手酌かな
いたまきし
熱燗や古里はいつも夕暮れ
畑山六十二
熱燗や街ぐんぐんと暮れている
グランディーヌ
熱燗を酌みて窓越し日暮れ富士
小橋春鳥
熱燗や川面が風に波立ちぬ
中嶋敏子
熱燗や一歩通行の迷路
小春
星空がきれい熱燗染みてくる
花南天anne
熱燗の有りき夜良し無き夜も
れい
祝い日や熱燗呑んで十八番唄
塩原太助
熱燗や君の十八番の武田節
犬散歩人
熱燗や義父の外れた黒田節
宴闌けて父は熱燗田原坂
むげつ空
きつねよりたぬき顔よし熱燗よ
宇砂紀の女
遠い日や熱燗人肌ぽっぽっぽっ
あつこっとん
熱燗の似合ふ背中となりにけり
蓼科川奈
熱燗をすする仕草が瓜二つ
いかすみ
熱燗や訛りて愛し津軽弁
いつかつかわの
熱燗のエンシュア割りを試す夜
カヅラ梅@エンシュアは術後の栄養保持や、長期にわたり食事を経口摂取することが困難な場合に処方されるドロっとした常温保存の栄養剤。
密談の果ては熱燗冷となり
さかもと眞紅
熱燗に小指の遊ぶ夕餉かな
たけし
注がれる熱燗すでにおちょぼ口
としまる
熱燗をねだりしようなおちょぼ口
朝ぼらけ
熱燗や割烹着の白に醤油
ふっこ
二人で飲んだ熱燗は旨かった
甘蕉
熱燗やちびりちびりと卒寿かな
金治宜子
熱燗やまつ毛数える狐かな
明明
無国籍熱燗に合う謎の肉
山くじら
熱燗やネオン一文字切れてをり
山踏青時雨
熱燗や向き合う彼女の泣き黒子
聖一
直帰の宵熱燗の香ほがらか
青嵐
日本 熱燗は出ているか
千条之御息所
熱燗や親子でちょっといい気分
白井百合子
熱燗やいつも煙たいガード下
箱庭
熱燗の頃合ひ指に覚えたり
畑 詩音
燗熱し一味の雨やわらべ唄
里甫
熱燗や色恋超えし身のほとり
流士
来世またさしつさされつ熱燗を
琉璃
アダージョの熱燗眺むガード下
☆ゆか☆
熱燗のピン刺すパパの看板娘
浅河祥子@随分前にピンを刺して熱くする日本酒が売ってました。
舞い踊る湯気や熱燗あと2分
☆らららんど☆
熱燗の二人それぞれ独り言
99カリン
熱燗の酔いが言わせる馴初めを
aya
熱燗やバイク乗りらの隣席へ
Benじい
熱燗に絆されてゆく旅ひとり
haruwo
熱燗のお国訛りを喉で利く
HNKAGA
熱燗に満月浮かべ相模灘
相模の仙人
熱燗の中に隠れた月を見る
Karino
熱燗のさかなにかかる演歌かな
KAZU
飲み終へし熱燗すぐに倒しけり
KAZUピー
熱燗よ屋台の席と終電車
kuri
熱燗に居住まひ正す娘婿
Kかれん
熱燗の我が身落ちゆき染み至る
MMゆき
注ぎ出て呑み鍛えられ煌る熱燗
O3
熱燗や父は好々爺となりて
okapi
熱燗や詫びと感謝の思い差し
PON
熱燗や娘の嫁ぐ前夜来て
sol
朝風呂で熱燗ぐいっと旅気分
sugarlily
熱燗をほめられぬまま母となり
tack
熱燗に一寸外れた黒田節
yoko
祖父の燗冷やとなり尚ほ仏壇に
zzda
熱燗や仏壇の父とお千代さん
あーすススメ
淋しさや熱燗飲んで空見上げ
アーナンダ
熱燗の一言居士を連れて来る
アイゴー
亡き人と熱燗はさみ差し向かい
あおのめ
赤鬼よ何処へ行った熱燗や
アオハル
熱燗や鼻の粘膜の酔い
アガニョーク
薄給の友と熱燗塩つまむ
あきののかなた
熱燗は父に渡してスルメ食む
あさ
熱燗とちびちび舐めるほうば味噌
あさり
熱燗や夫と通ったラーメン屋
あじさい涼音
熱燗や風の運べる遠囃子
あじょあ
きっかけを待ちて熱燗追加する
アストロ@夏銀河
熱燗の好きな亭主はもういない
あすなろ
死に急ぐやに熱燗のコップ酒
あたなごっち
熱燗の灯る胃の腑や新橋の夜
あなうさぎ
熱燗や香は棺へ空へ雲へ
あなぐま家の母
燗酒の喉通りすぎふくらみて
あね猫
熱燗や予防接種の腕かゆい
あべべ
時が過ぎ熱燗好む我がおり
アポロチョコ
熱燗にのどぐろつつき更けゆく夜
アマリリスと夢
月観てあおる一人冷めた熱燗
あみだじじい
三本目熱燗渡す手から愚痴
あらら
熱燗や瓢箪柄の梨園染め
アリマノミコ
熱燗に託す言葉もあったけど
あんず
熱燗に有線流す艶歌など
いくた 武
熱燗や星瞬きて息弾む
いくちゃん
熱燗で潰れし二十歳和む四十
いく葉
熱燗やゆうべの貌と今朝のかお
いごぼうら
熱燗やその客は先ず徳利ほめ
いちご一会
山小屋の熱燗の夜は楽しかり
イチロー
熱燗や無口の主を多弁にす
いと茶
熱燗や二口三口艶話
いなほせどり
ガード下熱燗ほおに横恋慕
いまいち
熱燗やふるさと遠く国訛り
いまいやすのり
湯の効能より熱燗の火照りかな
うすけ
熱燗や記憶手放す父の笑む
うめがさそう
熱燗を交わせばやはり日本人
うらら恵子
熱燗を横どる妻にときめきて
えいぎょ
熱燗を振り子時計の音で呑む
えいりぃく
熱燗や魂と共消毒す
オイラー
熱燗の鍋煮えたぎる旅の宿
おかもとのん
金箔の浮く熱燗や母のほほ
オキザリス
熱燗のテープル父の指定席
おけら
二級酒の熱燗口に国訛り
おこそとの
熱燗を啜りて夜の風入る
オサカナクッション
ゆるり過ぐ時を楽しむお燗酒
おさむ
熱燗や恩師の訃報と卒アルと
おたまじゃくし@卒アル=卒業アルバム

ページの先頭