俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第253回 2020年10月29日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●初投句です。「まそか」と申します。日々とことこ歩きながら俳句を考えることの楽しさを、これまた歩みの速さで味わっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。/まそか
●初めまして。俳句歴三ヶ月ですが、こちらのサイトを知りました。投句できる嬉しさに、厚かましくも投句させていただきます。ここに関わっている全ての皆様に感謝申し上げます。 /井戸女
●初めて投稿させていただきました。よろしくお願いします/沙瞳
●松山が俳句の街だとは知りませんでした。 まだ行ったことはありませんが、いつか行ってみたいです。/小山こけし
●プレバト!が好きで、いつも拝見しています。自分でもやってみたくなって投稿しました。 初めてでまだ何もわかりませんが、作るのは楽しかったです! 鮫というひとつのお題からいろんな発想が湧いてくるのが面白かったです。 また投稿したいと思います。よろしくお願いします。/小山こけし
●こんにちわ。初めて俳句ポストに応募します。 一句一遊で難しい、わからない季語があったりするとつい尻込みして投句を見送っていたのですが でも毎回その句の発表の週に、頑張って私もチャレンジしてみればよかった。と後悔をするので 今回はYouTubeなどで色々映像を見たりしてイメージ温めて作ってみました。 うふふ。みなさんもきっとそうされてたりするから発想が今ひとつ飛ばしきれてないんだろうなぁ…。 /笑姫天臼
●今回の「鮫」で初めて投稿します。俳句初心者です。結社等にも入っていないので、添削などして頂けると幸いです。夏井いつき先生はじめ皆さんよろしくお願い致します。/上田一樹之陰
●初めて投句します。令和3年3月13日。岡山国際交流センターに於いて 第37回岡山県俳句作家協会主催の岡山県俳句大会を開催します。/心咲
●友人に紹介され初めて投稿します。 何投稿でも良いと聞いたので連投させてよろしくお願いします。/唐沢衣織
●俳句ポスト初投稿です。この度広島ブログ俳句部に入部しました 初心者でとんでもなく緊張しています。どうぞよろしくお願いします/猫ミシン@いつき組広ブロ俳句部
●初めまして。 今年の初挑戦に参加させて頂きます。 息切れしやすいですが、楽しみを増やしたく参加させて下さい、よろしくお願いします。/蕗子
●人生初の俳句投稿です。拙い俳句ですが、直感で詠んでみました。/雄萬里
●組長と呼んでいいやら?夏井いつき先生と呼んでいいやら、迷っています。笑。「一句一遊」では何度か読んでもらっております。今回「松山俳句ポスト」には初投句となります。どうぞよろしくお願いします。 /髑六(どくろく)
●俳句歴2週間、勇気を出して投稿しております。 縁あって俳都松山で暮らすことになったので、いつか俳句を楽しめるようになりたいと思っています。 コツコツと兼題にチャレンジしていこうと思います。/深山紫
○ようこそ俳句ポスト365へ!俳都松山に暮らすことになったので、なんて理由も嬉しいですねえ♪みなさん思い思いに楽しんでまいりましょう!(正人)

●こんにちは。/おけら
●よろしくお願いいたします。/やまぶき
●お目を通していただき本当にありがとうございます。よろしくお願いいたします。/佳子
●よろしくお願いいたします/花南天anne @TFP句会
●県外から参加させていただきます。松山は旅行でも度々訪れて楽しませてもらっております。/額田のおおかみ
●いつも参考にさせていただいております。季節を愛でてこれからも俳句づくりに励みたいと思います。/額田のおおかみ
●今回もよろしくお願いします。/古瀬まさあき
●神奈川からの投稿です。 /五森俊明
●いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●「俳句ポスト365」の皆様こんにちは。どうぞよろしくお願い致します。/松山のとまと
●いつき先生、お疲れ様です。よろしくお願いします。/清水祥月
●組長、正人様、いつもありがとうございます。/大和田美信
●お忙しい中とは存じますが選句よろしくお願い致します。/南方日午
●宜しくお願い致します。/堀雅一
●組長、みなさま、いつもありがとうございます。寒くなってきました。くれぐれもご自愛ください。今週もよろしくお願いいたします。/靫草子
●俳句ポストへの投稿は2回目です。 先月からいろいろな俳句コンテストへ投稿を始めて、この「鮫」の俳句は21句目になります。 これからも俳句ポストへの投稿を続けていきたいです。/ヴィッカリー趣乃
●いつも楽しく投句させてもらってます。自分のペースでコツコツと送りますので、お手柔らかにお願いします。/はっしー
●先日は拙い私の疑問に親切にお返事くださりありがとうございました。これからもチーム蚊帳のなかで俳句を楽しみたいです。/まぐのりあ@蚊帳のなか
●皆さん、あっという間に11月ですね。コロナ下でも、皆さんの素敵な俳句を目にできて、又、勉強させて頂いて、本当に充実しています。このようなサイトに出会えて、本当に良かったです。有難うございます。/間仁田彩
●こんにちは。俳句に出会い5ヶ月目に入りました。自己流で本などを読んでいます。毎回投句することを自分の勉強だと思って頑張っています。難しいお題の時は泣けそうですがなんとか投句したいです。これからもどうぞよろしくお願いします。/吉野 春夏
●こんなに大勢の方が投句しておられ、それを選評してくださっているなんて驚くばかりです。 ありがとうございます。/佐藤香珠
●私にとっては、俳句ポストが日々抱えているやりきれない思いをぶつける受け皿になってくれている気がします。俳句(やTwitter)といった何らかの形式を借りないと、なかなか自分の思いを表せない私のような人間には本当に有り難い場所です。1人何句でも投稿できるのにも救われます。審査される先生やスタッフの皆様は本当に大変だと思いますが。。いつも本当にありがとうございます。/あなぐま家の母
●ハイポニストのみなさんこんにちは。こちらへの投句も12回目となりました。みなさんの俳句をよませてもらうことで、千人以上のハイポニストの日常や生き方や感性を垣間見ることが出来るような気がします。今日もどこかでハイポニストが笑ったり、時には悲しんだり。私だけじゃなくハイポニストのみなさんと繋がって毎日を過ごしてるんだなぁと新鮮な思いです。/山羊座の千賀子
○おたよりも含めて、投句のむこうにその人が存在してることを意識しながら参加できるのが俳句ポスト365の面白さでありますよ。(正人)

●投句をさぼっておりました。考えると楽しくて止まりません。またよろしくお願いいたします。/卯辰
●よろしくお願いします。久しぶりに俳句作った気がします。/浅河祥子
●お久しぶりです。「実紫」から2か月ぶりの投稿となりました。現在、文芸部では様々な俳句賞に参加して俳句をエンジョイしています。/オーガストスガワラマサト
○久しぶりだってOKOK!どんとこいエンジョイ勢!(正人)

●夏井先生へ 本年は、お世話になりました。 来年も、俳句の力を信じ 投句をさせて頂きます。/ときめき人
●早いもので、今年ももうすぐ終わりですね。今年はプレバトで俳句に出会って、俳句ポストにも欠かさず投稿するようになりました。来年も、頭をひねりながら投稿していきたいと思います。/sugarlily
●8月から俳句を始めた超初心者です。唐辛子以降毎回投稿しています。結果発表のあった3回は並並人をいただきました。単なるビキナーズラックだと思っています。結果如何よりも、以前なら何気なく見ていたものも違う側面から見るようになったり、自分が豊かになっていくようで嬉しいです。とはいえ、今回の鮫は苦戦しました・・/名前のあるネコ
●組長、お疲れ様です! 「いつき組日誌」に特派員報告を載せて頂いた日が私の俳句人生一日目でした。それあから一カ月経ちました。三日坊主でもなかったし、ますます楽しくなるばかり。そんな世界を教えてくださった組長に心から感謝です!/蒼求
●我が人生俳句と出会って3D(季語なし) 俳句を始めて3週間ですが、15首ほど作り、スマホに保存。ロックしてます(笑) 評価はどうであれ、俳句とは自分で生み出す宝物。毎日が楽しくて楽しくて! これからも宜しくお願いします。/留宇句
●兼題「実紫」では並選をありがとうございました。実紫は、実際に見たことがなく写真をみて知りました。毎回、選ばれることがとても励みになっております。「鮫」も難しいですが、色々と考えて投句してみました。選ばれると、力をつけているのかな?と自分に自信がでてきますね。これからも勉強していきたいと思います。 /ちか丸
●まだまだ初心者ですが、毎日俳句を作るように頑張っています。先日、通勤中に一句できた!と思ったら乗り過ごしていました。よろしくお願いいたします。/喜祝音
●いつもプレバトやYouTubeを楽しく拝見させていただいております。茶道の先生から俳句に誘われ、50の手習で始めたばかりです。何を見ても俳句にできるのでは?と考えてしまうのが、こんなに楽しいとは思いませんでした。/けろよん
●夏井先生スタッフの皆様こんにちは。 2回目の投稿です。俳句をはじめてまだ約1か月、こんなに楽しい趣味を一人でするのはもったいない。 でも友人や夫は俳句に興味無く子供を誘ったところ快諾したので今回親子で投稿してみました。 今日は天気も良かったので近所の田んぼに子供と吟行してきました。 これからも宜しくお願い致します。/狢
●夏井先生。プレバトをきっかけに一人で作句してきました。恥ずかしくて言えないほどの年月が過ぎましたが、確かに目に映る景色が豊かに感じられるようになりました。夏井先生の俳句にかける本気度は、信じられるものの少ない私の人生において希望です。俳句の存在は小学校か中学校時代に習いましたが、こんなに素晴らしいものだと教えてくださってありがとうございます。ずっと俳句と共に生きていければ、愉しく心強いです。/ひとえ
○俳句っていうレンズを手に入れた日から見えるもの・感じるものが変わる体験を楽しんでくれてる人たちがこんなにいるっていう幸せ。ありがとう!来年もどうぞよろしく!(正人)

●先日の「実紫」で、俳句ポスト365の木曜日に掲載していただいた句が通算100句になりました!いつもありがとうございます!/野良古
●かれこれ俳句ポスト参加して一年。今まで投句した句を句帳買ってまとめてみようかなと思う今日この頃であります。目指せ婆ちゃんの記録(押入れの半分)越え…笑/高倉ちとさ
○通算100句おめでとう!!数がたまってくると、まとめてみたくなりますねえ。自分史にもなるしオススメ♪(正人)

●今年6月末から俳句を作り始めました。初心者向けのコツ等を教えて頂けると有り難いです。/ぐりぐら京子
●俳句はじめてから1ヶ月立ちました。今はなかなかうまくいかず苦しいです。/もりさわ
●初心者が読んだ方がいい書籍などあればお教えください/唐沢衣織
●最近、このサイトを知ったところですので、これからは俳句道場を読んで行きたいと思っています。/上田一樹之陰
○最近特にはじめましての方が多い印象です。以下、タイミングよくみなさまから届いた体験談やオススメの書籍、試してるトレーニングなどなど。ご参考くださいませませ。(正人)

●夏井先生のお勧め「20週俳句入門」で勉強を始めました! 今は定型の実作を学んでいます。 ひとつの型の基本と応用、それぞれ30句ずつ作ってから次の型に進むことを自らに課して頑張っております。 いつかはまともな句が出来るかしら・・/深山紫
●松山俳句ポスト様。 兼題「鮫」、六句を投句させていただきました。 これからも、時間が許す限り投句させて頂きたいと共に、入選句、天の句で学びを忘れず楽しみ俳句を懐に暮らしていきます。どうぞ、お見知り置きを。。/髑六(どくろく)
●組長、正人さん、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。 最近、『俳句ポスト365』の天・地の俳句に「浸る」時間がお気に入りです。自分なりに感じた後、組長の選評にさらに深く鑑賞させていただき、遡っていくとあっという間に時間が経ってしまいます。『俳句ポスト365』は第1回から掲載されているので、大変ありがたいです。もう、宝の山。 /岸来夢
●脱スランプを目指して、日々戦っております。ハイポやプレバトで気に入った句をメモ帳にストックしたり、「自分だったらどう詠むか?」と(人様の句に申し訳ないですが)こっそり添削をやってみたりしています。少なくとも、投稿を始めた半年前よりは、俳筋にいくらかの進歩が見られると思うので、今後もコツコツと続けていきたいです。/真井とうか
●思い立って10月からブログ「青柿の俳句日記一日一句」を始めました。毎日作った句を自分で選んで、短い文章とともにブログに上げるのもいいトレーニングになると思って、できるだけ続けていきたいと思います。/青柿
●組長、ウェンズデー正人さん、こんにちは! 今回の兼題も、妄想で頑張りました!!いろんな場面を妄想するのが楽しいです♪ でも、10月のおうちde俳句クラブの句を投句した後で、自分の妄想俳句が季重なりになっていることに気がつきました。「香水」と「秋」、夏と秋の季重なりです。まさか、香水も季語とは…昔は、夏の汗とかの匂いを和らげるために香水は夏によく使ったとのことで、また一つ勉強になりました。 これからも、頑張りますので、よろしくお願いします!/打楽器
●組長、正人さま、スタッフのみなさま、ハイポニストのみなさま、毎日おつかれさまです。「実紫」の俳句道場にて「枯れた景色の中にある鮮やかな紫は、心にぽっと温かい灯がともる感じかもしれません」と私は書きました。でも、「ちょっと待てよ」となりまして。「イメージで語ってしまったけれど、晩秋の頃って、実紫の周りってどんな景色なんだろう」と、むくむくと疑問が湧いてきたのです。そんなわけで奇跡的に見つけた「実紫」を見守りつつ(小式部だったらどうしよう)、その周りの景色も観察していたのですが……。「あ、なんか思ってたのと違う」となりました。「この実紫がある地域の晩秋って、まだいろんな色がある」と。実紫以外の植物たちもいろいろな色で楽しませてくれました。そして、俳句道場のみなさまの投稿を拝読し「街か野山か地域によって、実紫をふくむ晩秋の光景は違いそうだなぁ」と思いました。 いろいろありましたが、これからは「初冬ってどんな感じかな」と思いながら、いろんなところを散策してみようと思います。ちなみに「藤袴」もこの間出かけた先で見つけて、めちゃくちゃびっくりしました。いつか会いに行こうと思ってたのが、こんなにすぐに会えるとは。とてもうれしいです。これからも歳時記を広げつつ、いろんな季語たちと知り合えたらいいなぁ。/小鳥ひすい
○作る、読む、考える、それぞれに有効なトレーニングを各自実践しているのが素晴らしい!!金曜日天地の選評を読む効果については、ずっと↓の方で龍田山門さんが実紫の天獲得御礼のおたよりにも書いてらっしゃいます。効果高いかも。(正人)

●初心者のコーナー間をあけずに読むとアドバイスいただきありがとうございました。/妖精さん
○素晴らしい!!学んでくれてありがとう!!!ちゃんと火曜日読んでくださる人、好き!!!(正人)

●前回は締切10分前のぎりぎり投句でしたが、今回は余裕を持って前日に投句しています!ですが私は「もっと句が出来るかもしれない……!」とついつい粘って投句が締切直前になってしまうので、結局今回も締切ぎりぎりまで投句すると思います。暫くはぎりぎりーズから抜け出せそうにありません?/金のキウイ
●今回初めて、ギリギリーズの皆様に仲間入りしそうです。なかなか緊迫感があるものですね…笑/真井とうか
●月曜日に近くに雷が落ちて以来、ネットに繋がらない状態でついに水曜日を迎えてしまい、知り合いの回線を借りて投句しています。業者に連絡して「技術者から連絡させるね」と言われて既に24時間。何も連絡がありません。こういうときに海外で暮らしていることを実感します。/ほしのあお
●前回の熱燗の兼題。お酒好きの私は嬉々として何句も詠んでいたのですが、なんと!出すのを忘れました。自分のぽんこつ具合にがっかりです。/ちゃんぽんこつ
○ギリギリの味を覚えると…ご利用は計画的に(笑)。不可抗力の出せない状況や、うっかり飲み過ぎて記憶が消えることもあるので、早めの投句がやっぱりいいですよ、うん。(正人@自分ができるとは言ってない)

●先ほど送信の句に変な記号が入ってしまったので訂正してください。 よろしくお願いいたします。/あらら
●俳句文字化けにより再送します/オサカナクッション
● 8月の秋晴から投稿しています。よろしくお願いします。俳句投稿後の確認メールがこの二句だけ届かなくて、どうしてだろう…そして何回も再送してます。届いていればいいのだけれど。申し訳ありません。 /音人妙歌
●いつもお世話になっております。推敲不足で同じ句を少し手を入れて再送させて頂きます。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。/加賀もずく
●8句も投句して「取り合わせ」の句が無いように思います。自選もうまくできません。お手数をおかけします。/景奇
●今回はトータル5句、たくさんできたというより、うまく絞り込めなかったというのが正直なところで恐縮ですが、よろしくお願いします。/真井とうか
●うっかり「横腹」を「横原」と打ち込んでしまい、慌てて同じ句を送っているところですが、私のPCの語彙の貧しさのせいにもできず、悩んだ末に再送付しています。誤字のまま送った経験をよくお便りで読みますが、気づいたときにどうしたかは書かれていません。やはり、作法として禁じ手としなければならないでしょうか。たくさんの投句を整理する係の方のことを考えても禁じ手でしょうね。皆さんはどうお考えでしょうか。実は、前回も感想を送った際に絵文字を使ったため「?」マークに変わってしまったという失態を犯してしまったのです。/漂碌魂ひいろみ
○文字化け・推敲・間違いなどなどは基本的に「正しいものを送り直す」でOKです。返信メールが返ってこない場合があるのはもう、時々インターネットではそういうことがある、くらいに構えていただく他ないかと…。(正人@原因は混み合いとかいろいろ)

●今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。「鮫」は歳時記では動物の季語となっているので食べ物としてではなく生き物として詠むのが基本かと思うのですが……水族館(季節感はあまりない?)以外の鮫を見た事ある人がどれだけいるのか。今回は流石に少なくて9,000句切りと予想。/洒落神戸
○今回も質問サンキュー!1707名9103句でありました。最近の「少なそう」はすでに当てにならない状況になってきておりますな…単純に割り算しても一人当たり5句以上出してる計算に。わーお。(正人)

●一つの兼題にいくつ投句するのがいいでしょうか? 毎回、多かったかな、少なかったかなと迷います。/たま走哉
○初心のうちは自選が難しいので、どかっと送って大丈夫です。そのうち数が絞れてきます。きっと。(正人)

●いつもお世話になっております。 何故か、おたよりや感想の欄に、違うメールアドレスが最初から出ています。 不要なので、まあ、気にしないでおきます。/(※アドレス)
●(※アドレス)/いいよこいよ
●(※アドレス)/痴陶人
○最近時々メールアドレスがおたより欄や俳号部分に入力されているケースが見られます。誤入力かと思っていたのですが、なにか共通する原因とかあるのかしら…。(正人)

●正人さんへ、お手間を取らせて恐縮なのですが、実紫の回の選句結果について、少し調べていただきませんか。ハイポの常連である、じゃすみんさん、シュリさん、すりいぴいさんの名前がどこにも無いのです。じゃすみんさんとすりいぴいさんはコメントも出してるし、不参加とは考えづらく、お三方の実力を考えても全員全没はあり得ないと思うのです。また、名前もあいうえお順で近いですし、 他にも記載漏れの方がいるかもと思われます。なお、このコメントが目につく頃に直っているか、こちらの勘違いであるようなら、、このコメントは破棄してください。どうも、失礼いたしました。 /トマト使いめりるりら
○公開後に連絡をいただき対応済みです。人複数入選の人の一部が抜け落ちていたようです。失礼致しました。(正人)

●前にも説明があったらごめんなさい。結果にとらわれずオマケ感覚は承知の上で、素朴な質問です。例えば並選結果の掲載順にルールはありますか?ひらがなから漢字の五十音順かなと思いつつ。また、「あ」から始まる??投句の時期の順かな。自分の名前を探す時ふと思いましてお聞きした次第です。/山羊座の千賀子
●永く、「俳句ポスト」を続けてください。 ところで、今まで、結果発表にのみ関心が行き、「一期一会の句」「今週の俳句道場」や「今週のお便り」をスルーしていました。 読んで、貴重な情報源と分かりました。 これからは、しっかり読みます。 若し、お聞きいただけるなら、結果発表の「人・並」は、成績順ではなく、「氏名の五十音順」にしていただくと、自分の結果に早くたどり着くことができて便利です。 (参加者が増え、探すのが一苦労になりました。この苦労が無くなると上記の「一期一会の句」「今週の俳句道場」や「今週のお便り」への時間を十分に確保できそうです) /風間昭彦
●以前、正人さんのコメントで知った「Ctrl+F」の検索方法を、会社で後輩に教えたら偉く感心されました。私も最近知ったばかりなの、と伝えていますが、我が社の業務効率化に貢献しております!/岸来夢
○この手のおたよりの全ての悩みを一発解決する「Ctrl+F」による検索機能!!業務効率化にもお役立ちしているようで嬉しゅうございます!!現状でも五十音順!!みつからなかったら「Ctrl+F」で検索!!(正人)

●「実紫」の回の水曜日、多々良海月様より「スマホでの読破が大変」とのお便りを目に致しました。テレビを持たないという方もいらっしゃいますが、もしお持ちであれば、テレビ画面をモニターとして使うのはいかがでしょうか。HDMI(またはRGB)の有線ケーブル(長さには注意してください)とお持ちのスマートフォンに応じたアダプタがあれば、スマホの画面をテレビに映して見ること(=ミラーリング)ができると思います。Chrome Castなど無線でミラーリングできる機器もありますが、Wi-Fi環境やスマホの機種によって可否が左右されますので、無線接続についてはこれ以上の言及を差し控えさせていただきます。以上、ご参考まで。/る・こんと
○プラスアルファの解決策の提示ありがとうございます!こういう自分が持ち得ない見地からの情報頂けるととても助かります。ナイスライフハック!(正人)

●いつ頃まで秋の季語を使っていいのでしょう。/彩々
○基本的には暦の上で季節が変わったら、ではないでしょうか。立冬を迎えたら冬。…でも句会などで「当季雑詠」の指定があった場合は迷いますよねえ。投句当時の季節か、句会開催時の季節か。個人的には後者で合わせてます。俳句ポスト365も同様。(正人)

◆我ら並選隊
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「実紫」にて「並選」を頂きまして、ありがとうございました。連続でボツかと思いましたが、何とか復活できた気持ちです。グリコのおまけを噛みしめております。 /塩の司厨長
●父と娘の投稿でふたり仲良く並選!嬉しいです。「これからも精進しよう!」と乾杯。/紀杏里
●実紫の俳句、並の評価を頂きました。 これからも楽しみながら精進していきます。/中原柊ニ
●実紫、蝉以来の並選でした。良く知っているはずの植物なのに(なので)発想が広がりませんでした。出直します。 おウチde俳句くらぶにも入会しました。楽しみたいと思います。/中根由起子
●初投句の「実紫」で並選に入れていただきました。大変励みになります。一歩一歩勉強してまいりたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。/澤井竜子

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●俳号を旧仮名遣いにしました。(古)みつれしずく→(新)みつれしづく/みつれしづく
●妙歌→音人妙歌に変更します。 よろしくお願いします。 /音人妙歌
●野分波平という名前はあまりにも他人なので 早めに改名しておきたいと思います。 黒麹 糀(くろこうじ・こうじ)一見、ふざけた名前ですが 本名に近いので飽きても続けられそうな気がします。/黒麹 糀
●夏井先生こんにちは。 先日、俳号を「無月堂道霞」に変更すると書いておりましたが、俳句を通しての夢(句集作り等)が生まれ、ますます俳句に取り組んでいきたいと考え、申し訳ありませんがもう一度俳号を変更します。 新しい俳号は「山城道霞(やましろどうか)」です。 今後はこの俳号で取り組んでいきます。 夏井先生、失礼極まりない私ではありますが、改めましてよろしくお願いします。 今回のお題ですが、難しかったです。今の時期と重なったこともあり、なかなか鮫を見る機会がありませんので。取り合わせが難しかったです。「上手く夏井先生に伝わってくれるかな?」と毎回心配です(笑)。 しかし、なかなか今回のような季語を使って俳句を詠むことはあまりありませんのでとても感謝しています。ありがとうございます。/山城道霞
●秋ひろしでしたが。ひろしというベテランさんがみえたので変更します:秋ひろです。/秋ひろ
●還暦を迎えました。年齢○代が変わるのと一緒に名字つけました。どうぞ宜しくお願いします /千恵改め 苺井千恵
●こんにちは! いつもプレバトを楽しく拝見しています。俳号に名字をつけてくださいとありましたので素々なゆたに変更します。宜しくお願いします。/素々なゆた
●マムシ銀行早乙女より早乙女龍千代になりました。/早乙女龍千代
●苗字付けました。夏井先生に一句一遊で「苗字付けてくれたら嬉しいです。」と言われびっくりしました。 今まで何気に見ていましたが似たような名前があり大変だったんですね。すみませんでした。 英与??仲間英与です。よろしくお願いします。/仲間英与
●夏井先生の「俳号に名字をつけよう」キャンペーンに乗っかりまして、俳号を「如矢」から「朝月 沙都子」と変更させていただきます。よろしくお願い申し上げます。/朝月 沙都子
●俳号変更します。 小春より長谷川小春へかえます。宜しくお願いします/長谷川小春
●前回まで、俳号をレーヌ・クロードにて句を詠ませて頂いておりましたが、YouTubeを拝見し、俳号は一つに絞る事にいたしまして、今回より巴里乃嬬に変更させていただきました。すでに、おウチde俳句くらぶでは、こちらを使わせて頂いております。/巴里乃嬬
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●俳号をが決まりません・・・何か好きな漢字や意味合いを組み合わせたいのですが、そう簡単に決めてよいものかと決意が決まらず、優柔不断です・・・皆さん、どのように決めていらっしゃるのでしょうか・・・?/間仁田彩
○↑にも各々書いてらっしゃいますが、人それぞれ。読んでみたら参考になる…のか!?(笑)(正人)

◆ウェンズデー正人へ
●正人様へ  先日は、西条のうちぬき巡りを報告した際、「うちぬき」と「うちむき」を間違えて送ってしまい、申し訳ありませんでした。高齢者なので、キーボードにnとmが、横に並んでいるので、打ち間違えました。nukiとmuki。ごめんなさい!!/KAZUピー
○大丈夫です、届いています。マイハート。(正人)

●組長、正人さん、スタッフの皆様、ご多忙の中いつもありがとうございます。ご紹介いただいた20週俳句入門がやっと7週目に入りました。暗唱句が増える楽しさと苦しみを味わっております。第1週から脳内で復唱する時、決まって正人さんの声で詠みあげられます。何とも不思議な現象です。 先日のユーチューブで虚子の「桐一葉日当たりながら落ちにけり」を詠みあげられた時には、もうなんて素敵なお声なんでしょう!!感激で体温が上がったようでした!私のような方、きっとたくさんいらっしゃる事と思います。これから寒さも厳しくコロナも心配ですが、お身体大切に、益々のご活躍を楽しみにしております。 /オキザリス
○過分なお言葉をありがとうございまする。今週末20日にweb句会ライブもあるのでぜひぜひ!(正人)

●正人さま。「実紫」水曜日のお便りコーナー、掲載とお返事のコメントをどうもありがとうございます!今回「鮫」のことをずっと考えていた間、アニメ「甘々と稲妻」の、つむぎちゃんが歌う「サメ!サメ~!サメに気をつけろ~♪」というフレーズが頭の中でぐるぐる回ってました。/渋谷晶
○思わず検索してしまいました。サメーサメーサメッサメー。(正人)

◆夏井いつきへ
●松山市政広報番組『大好き!松山 』のYouTubeでの俳句ポストの詳しい解説のコーナーは、それぞれの句の奥行きの深さを教えて下さり、楽しく学ばせて貰えます。ありがとうございます!/ゆすらご
○本サイトの「天」の句が、松山市政広報番組『大好き!松山』のYouTube版で紹介されています。・・・というか、ワタクシ夏井が解説させていただいてます。是非、観て下さい♪(夏井)

●夏井先生が徹子の部屋に出演されているのを見ました。 私も俳句を詠んでみたいたいと、ふと思い立ち、すぐにスマホで投稿サイトを調べ、一番先にアクセスしたのが、こちらのHP。しかも、選者が夏井先生!これは運命と思い、人生初の俳句、初投稿です! 4歳、1歳の2人育児の間に詠んでみました。 いつも、プレバトを拝見して、夏井先生の的確な単語チョイス、深い知識、詠み手の心情を正確に読み取ったうえでの添削、楽しみに、尊敬しています。 これからもお身体に気を付けて、ご活躍されてください。/えみごころ
●明日の徹子の部屋に組長がー!絶対見なきゃー!録画もしなきゃー!/なつめモコ
●組長、「徹子さんの部屋」出演おめでとうございます。 感動しました。 日記に太字赤丸つきで記入です。 /亀田かつおぶし
●組長はじめ皆々様、楽しく拝読させていただいてます。最近じっくり俳句に向き合えておりませんが、組長のご出演番組で楽しんでいます。徹子の部屋、ずっとにっこりの組長すてきでした。わたしもにっこりしちゃいました。またぼちぼちがんばります。/久素木葉子
●組長さんが蒔いた種は多くの芽になっています。「徹子の部屋」見ましたよお~!/久美
●夏井先生「徹子の部屋」へのご出演おめでとうございます◎見ましたよ~しっかり録画もしました。着物姿カッコいい(髪の結い方も)一枚も持っていない人の着こなしじゃないですよ。ほれぼれしちゃいます。/古都 鈴
●「徹子の部屋」拝見しました。また、その直後に「婦人公論.jp」の過去の記事?(兼光さんのことが書かれている記事)も拝見しました。俳句のテクニックや実践的な記事ではないものの、考え方やお人柄などがうかがえたのが大変興味深かったです。考え方やお人柄のようなものが磨かれて言葉に、17音になっていくんだろうなと感じました。「ギロチンシャッター」なんて言葉が成立する家族、なんかよいですね。長嶋有さんの『猛スピードで母は』に繋がるところたしかにありそう。/高橋寅次
●組長、「徹子の部屋」観ました!すごく素敵でした!お話、とても楽しかったです。もっともっと長く聴いていたかったです♪放映日の11月10日は、母の誕生日でした。個人的に、たいへんうれしい記念日になりました。どうもありがとうございます♪/渋谷晶
●組長お疲れ様です!徹子の部屋拝見しました。美しい装いで「ツルツル」を連呼するシュールさに吹き出しました。俳句もたくさん紹介されて嬉しかったです。俳筋力、鍛えます。/松山めゐ
○黒柳徹子さんも俳句を楽しんでおられる方。楽しいトークとなりました。(夏井)

●いつも選句をしてくださり、ありがとうございます。「おうちde俳句クラブ」有料会員登録しました!60歳をきっかけに仕事を完全にリタイヤするまでの助走を始めています。/毒林檎
○「おうちde俳句くらぶ」、ご一緒に学んでまいりましょうね。私は、皆さんからのお便りを読むのが楽しみです。(夏井)

●こんにちは、いつもお世話になっております。組長、蝶語と悪態句集読ませて頂きました。「太陽の恐ろし蝶の口恐ろし」を拝読した瞬間、自分が花になった感じがして、身震いしてしまいました。あと私も、今回の兼題である鮫で、未熟ながら、悪態をついてみました。/北藤詩旦
○自分の作品が誰かの心を刺激できるという事実に、私の心も震えます。(夏井)

●YOUtube見てます。組長と正人様の授業受けられて、嬉しいです。楽しみにしています。/丘るみこ
●先日暇に任せてとあるYouTubeを見ていましたがそれに思わぬ愛媛県のキャラクターを初めて見ました。そのYouTubeは今は見ていませんが。/ねずみ男
●ユーチューブのチャンネル登録しました 此からも精進して参ります。/ぼたんぴ
●組長、正人さん、こんにちは。生配信楽しみです。ついていくだけで精一杯ですが、参加することに意義があると思ってます。よろしくお願いします!/夏 湖乃
●昨年は、初めての組長の句会ライブ、半年後には2回目の句会ライブに参加できた年でした。あれから一年、こんなに状況が変わってしまうなんて思ってもみませんでしたが、YouTubeやリモートライブなど新しい形で、組長や皆さんとつながることができ、これはこれで、楽しいなあと思っています。15日の生配信句会ライブは参加できるか微妙ですが、これからも、よろしくお願いします。/小笹いのり
●夏井いつき組長。こんにちは。 11月15日のYouTube句会ライブ。 大変楽しみです。今度は、モタモタ焦らないように、頑張って、落ち着いて、投句したいなあ。と、思っております。 どうぞ、よろしくお願い致します。/松山のとまと
○次の無料生配信は、十万人達成かな? 是非、周りの皆さんにチャンネル登録お願いして下さい。(夏井)

●プレバト俳句楽しみにしています。/富樫 幹
●横尾さんの永世名人到達と梅沢さんの句集完成、どっちが早い? /狸漫住
●チームすそのです。 夏井先生の俳句大国とプレバトの大ファンです。 /かすみ
●プレバトの秋のタイトル戦を楽しく拝見しながら、夏井先生の添削の素晴らしさに毎回感心し、勉強させていただいてます。先生、俳句ポストスタッフの皆様のますますのご健勝をお祈りします。 /雨霧彦@木ノ芽
●夏井先生こんにちは。僕は小学3年生です。俳句はお母さんと最近はじめました。 いつもプレバトを楽しみに見ています。梅沢さんと毎週戦っているところが好きです。 これからも梅沢さんの俳句をシュレッダーしまくってください。 /義勇
○親子で俳句を楽しんでくれるおうちが増えてくれることが、何より嬉しい。梅沢さんを越えるような俳句を作ってね。(夏井)

●先生方、ぜひハワイにいらして下さい。ご案内致します。/ゴールデン文子
●はっしーです。12月の兵庫県の句会ライブに行きます!久しぶりに夏井組長に会えるのが楽しみです!決勝の句に残れるように鍛錬して臨みたいと思います!/はっしー
●難しかった難しかった難しかったぁっ。 鮫なんて蒲鉾かフカヒレしか馴染みなく。 あー、宇和島や仙台の蒲鉾はおいしかったな。 この結果発表の頃、間近に迫った2月のリベンジ句会ライブをワクワク待っているか、チケット取れなくていぢけているか、また中止になって絶望しているか。 果たして私の運命やいかにっ。/むげつ空
●「実紫」では人選をありがとうございました。今とても楽しみにしているのが、来年の2月7日に兵庫県の太子町で開催される句会ライブです。ここなら行ける! とチケットをゲットしました。会場で句が詠めるかどうか甚だ不安ですが、夏井先生はじめ皆様と同じ時間を体験できる初めての機会なので、体調を整えて参加したいと思っています。コロナの不安もありますので、まずは無事に開催されることを願うばかり。一番寒い時期ですから、先生もお気をつけてお越しください。/玉響雷子
●昨年、12月は宍粟市山崎町に夏井いつき先生が、俳句の講演に来てくださって、私も、伺いました。大変楽しかったです。 今度は、兵庫県揖保郡太子町に来られるそうですが、その日は、どうしても都合がつかないので……残念ですが欠席させていただきます。/宗平 圭司
○句会ライブ少しずつ復活してきたかな~と思っていたら、この第三波。この先どうなるのか、祈るしかないですね。(夏井)

●組長が折に触れておっしゃっている、「俳句に捨てられないように」の言葉に、いつ捨てられてしまう時が来るのか、見限られたりはしないだろうか、なんてことを思うことも。なかなか思うようには詠めませんが、日々俳句に寄り添って精進したいですね。/山香ばし
○出来上がった作品の質がどうこうという話ではありません。私たちが俳句を愛し続け、常に身の近くに俳句を置こうとしている間は、俳句に捨てられることはありません。一緒に末永く楽しんでまいりましょうね。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●朶美子さま、実紫での言及ありがとうございます。五曜日達成と皆勤賞、密かな誇りですが、金曜日は遠いです。あれ?山香ばしさんも皆勤賞では?うーん、五曜日制覇とごっちゃになってきた。/こま

●実紫のお便り欄で、まさか多喰身・デラックスさんからお返事をいただけるとは……! ありがとうございます。文通みたいで、嬉しいやら照れるやら(笑)俳号についてもコメントいただき、ちょっと夢みたいでした。というのは、今年春、俳句ポストに初めて投句するにあたって「このサイトでは俳号はどれだけゆるくても許されるのか」を検討していて、多喰身・デラックスさんの俳号も参考にさせていただいた覚えがあるからです(失礼!)。他にも、個性的な俳号の方が何人もいらっしゃるので、多少ふざけても、これくらいなら悪目立ちしないだろう、という打算。好きなものをもじった名前なので、半年以上経った今、だいぶ愛着が湧いてきました! 一周年目指して、マイペースに続けていきたいです。今後ともよろしくお願いします。 さて、2020年の結果発表は、兼題「鮫」がラストのようです。夏井組長、正人様、ハイポニストの皆様、良いお年をお迎えくださいませ!/オサカナクッション

●戸部紅屑さま こんにちは。プールの句を分析していただいた、みーと申します。私の、勢いで書いてしまったお便りに、まさか戸部紅屑さまにもお返事いただけるとは。大変驚き、感激し、反省しました。「野分」の回でお便りを書いた時、戸部紅屑さまは私の句にはお気づきになっていないだろう、と思っていました。人選並選の句は、とても数が多いので、読まれないだろう、気づかれないだろうと。私自身が、人選・波選の句は、読めていないものがたくさんあるので、そういう決めつけになったのですね。戸部紅屑さまに対する気配りのないお便りを書いてしまい、申し訳なく思っています。  前置きが長くなりましたが、両句の分析、ありがとうございました。とても参考になりました。私の分析よりも、とてもとても深いです。「具体的に分析できた」という自分の言葉が恥ずかしくなりました。私の句は、小学校の近くにある病院の一室でした。風に乗ってやってくる子どもの無邪気な歓声に、素直にかわいいと思い元気づけられる一方、今の自分を情けなく思う気持ちとないまぜになっている感じでした。私が思ったのは、戸部紅屑さまの分析2番の感じです。戸部紅屑さまの句は、プールでの嬌声がしっかりこちらに飛んできて、今の自分との明暗が明確になっていると思いました。  やっぱり他人様に客観的に評価してもらえる機会があるというのは、ありがたいものですね。本当にありがとうございました。そして、戸部紅屑さまのバリエーション豊かな楽しい句を、今後も楽しみにさせてもらいます。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。 /みー

●岸来夢さん、私のラブレター届いたようですね。嬉しい。スタッフの皆様、お世話になりました。  来夢さんの 季語 唐辛子 の句、とても素敵でした。日々勤しんでおられるのが、よくわかります。言葉を忘れがちな私ですが、来夢さんに負けないように、お家で俳句、頑張ります。ごきげんよう。れん。/岸 れん

●先日、初めてオンライン飲み会などやってみました。想像してたより、楽しかったでトマト。便利な世の中になったもんですな。で、記念に友人全員に、トマトの全裸公開…と思ったら、全員映像シャットダウン(笑)。 /トマト使いめりるりら
●今月末ふるていさん主催の吟行があります。コロナによる在宅勤務開始と同時に俳句を始めた私にとって、吟行は初めての体験で今からワクワクが止まりません。即吟がどこまでできるかわかりませんが皆さんにがっかりされないように着いていきます!歳時記を買う、Twitterに句を投稿する、投句する、句会に参加する、Webライブに参加する、吟行に参加する、と一歩ずつ俳句の体験が広がっていっていることを楽しめています。組長と正人さん、そしていつき組の皆さんに感謝です。/かむろ坂喜奈子
●洒落神戸さんご夫妻に誘われてしばらく前から投句をはじめております。 ふだんは連句ばかりしているので、俳句は近いぶん余計にむつかしく感じることばかりですが、それがまた楽しく、うかうかと洒落神戸さんの策略にはまりつつあります。/碧村
○仲間の輪が広がるとますます楽しい!主催したり策略したり、ナイス俳句の種まき♪(笑)(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三ツ藤康子
●シュトゥットガルト俳句女子の会/追師うさぎ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●シュトゥットガルト俳句女子の会 ミニロックダウン中のドイツです。 お店や学校は開いていますが、カフェ、レストランやバー、劇場などは閉まっています。 3世帯以上の集まりも禁止されていますので、俳句女子の会もしばらくお休みです。 早く気軽に集まれる日が来るのをただただ願うだけです。/芍薬
●シュトゥットガルト俳句女子の会。今年はついにクリスマス市も立たないことが決まり悲しくて仕方ありません。去年は皆でジオラマの中を通る子供用電車に乗ったり、グリューワインを飲んだりしたのに。/月の道馨子
○去年だったか一昨年だったか、グリューワインなる存在を俳句ポスト365で初めて知って憧れた記憶。ワクチン開発で来年こそは楽しいクリスマスが戻ってきますように…!(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●「実紫」人選ありがとうございました。/京野さち
●実紫で「人」枠で選句していただきました。再び、微エロス系でした。とても嬉しく、買い置きの泡系の酒で祝ってしまいました。先生、関係者の皆様、どうもありがとうごさいます。(跳。飛。)/渡邉くるり
●こんにちは。実紫では人選をありがとうございました。庭にあったのは小紫ですが、生で見て触れる兼題に取り組むのは楽しかったです。 /夏 湖乃
●今回六度目の投稿です いつも並みでした 私は俳句など無理なのか そんな気持ちになっていました。今回人になり うれしいかったです没になるのも多いけど 必ず一句は拾って頂き並み五回人一回 これらも頑張って良い句に挑戦 したいと思います。夏井先生スタッフの皆さん宜しくお願いします/山桜昌子
●組長、「実紫」の人選に二句取っていただきまして、本当にどうもありがとうございます! やはり、まだまだ自分で選ぶことは難しいと痛感いたしました。これからも、投稿する句の数が多くなることと思います。お手数をおかけいたしますが、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●組長&スタッフのみなさま!兼題「実紫」では地選をいただき、ありがとうございました。丁度新しい派遣先で人間関係の壁にぶち当たっていたので、昼休みに発表をみて元気が出ました。選評もまた心にしみました。/さるぼぼ@チーム天地夢遥
●「秋晴」「実紫」の地選有難うございました。むち打ち・肩甲骨の骨折などありましたが 以前の生活に戻る事ができました。ユーチューブやプレバトで拝見する組長に励まされております。人生では辛い「まさか」嬉しい「まさか」など様々ですが どんな時も想うこころは失わないでいたいと思います。/はまゆう
●組長はじめスタッフの皆さまいつも大変お世話になります。兼題「実紫」で地選をどうもありがとうございました。母の白内障が気がかりだった時に作ったものでした。組長の読みが深すぎて何度も読み返しました。「グリコのおまけ」にも、メールで知らせてくれた句友にも感謝しています。/まどん
●夏井いつき組長 初めてお便りいたします。2017年1月の「蕨狩」より投句を始め、先の「実紫」にて初めて天を賜りました。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。もとより才に乏しく、上達遅々としており、下手な句ばかり送り続けております。さぞかし辟易しておられるかと思います。何卒ご容赦ください。この度お採り頂けたのはなぜか。今までの句と何が違うのか。選評の奥にある理を見出すことが俳句に近づく道かと思います。今は芭蕉の「古び」と「軽み」の理解に努めております。愚か者にて句へと昇華するには長い時間を要するかと思いますが、愚直に詠み続けて参ります。引き続きご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。 龍田山門/龍田山門

◆コロナウィルスに寄せて
●何時も大変お世話になっております。こちらは11月から第2のロックダウンでドイツ政府から楽しいことはやってはいけないと言われています。ホント滅入ります。「鬼滅」ではなく「滅入」ですよ。気分的、天候的に冴えない毎日です。まだトンネルの中。/ぐれむりん
●「コロナ」の生活が続き、途中「アメリカ大統領選挙」が入りました。 今年は、講演等がオンラインで視聴できる機会が増え、便利にはなりました。 その一方で、今春、大学入学したばかりの孫は、ほとんどが「オンライン講義」のようです。 こちらは、「通学」の良さがないので気の毒です。 (「通信(学部)の学生のような感じです」 片や、アメリカに住む孫の家庭学習は、日本の「スマイル・ゼミ」を用いているので、WEBで助かっています。 社会は、いろいろな変化が常にあるようです。 変化はあっても、「俳句ポスト」は、長く続けてください。 /風間昭彦
●鮫にコロナを食い尽くしてほしい/しんしん
●こんにちは。今年の冬季限定スケートリンクの営業がどうなるのか、気になる今日この頃です。外からの風が入る、テント的な建物なので三密にはなりませんが…。 近くのリンクに通うのが冬の生き甲斐です。従来の営業方法が難しければ、予約制、人数制限などを使って感染予防をし、営業してくれることを切望しています。/ちょろたこいん
●寒さとコロナが同時進行で迫ってまいります。今年は気楽に風邪をひくことができません。組長、スタッフの皆さま、どうぞどうぞお体をお大切に。/つづきののんき
●鹿児島ではまたもやクラスター発生。コロナ禍に御留意くださませ。/マツイミキロウ8191
●小生 老人ホームで暮らしています。鹿児島で老人ホームにクラスター発生。他人事ではありません。/マツイミキロウ8191
●今日10/29ですが、中々コロナ禍が終息してくれませんね。空気が感想する冬にかけてコロナ禍の勢いが復活する恐れがあります。ハイポニストの皆様も是非ご自愛ください。/戸部紅屑
○12月16日現在、さらなる拡大を続けているコロナウィルス。クリスマス、年末年始と人の移動が予想されるのも恐ろしい。一層用心して過ごしましょう皆様。(正人)

◆近況報告~♪
●此方、雪国では、早くも初雪が降り、冬に向かってます。 日一日と、肌寒くなってます。 風邪とコロナに気をつけて、お過ごし下さい。/越後縮緬
●組長、正人様、スタッフの皆さま、ハイポニストの皆さま、いつもお世話になっております。立冬を過ぎ、だいぶ気温も下がって参りました。風邪などひかれませんよう、どうぞ暖かくしてお過ごしください。/渋谷晶
●立冬を過ぎましたが、岩手生活と違いこの地では未だ冬を感じる温度になりません。岩手より10℃くらい気温が高い! とは言うものの、ムサシアブミの実が緑から朱色に変化しました。枯葉の中の異様な朱色。”冬になると朱色になる”と言うから、もう冬になったのです! 時雨も無いし、季節が後づけでやってきたように思ってしまいます。今頃は、夏油温泉に雪が舞う頃です。冬というと住み慣れた岩手を思い出します。/天晴鈍ぞ孤
○寒くなってきて冬だなー、と感じていたのですが…いざ聞いてみるとガチ北国の冬には足元にも及ばない愛媛の12月であります。なんせ雪も見ないもの。(正人)

●休養中。そろそろ、全力で動き出そうか。/ちびつぶぶどう
●さすがに熱燗のタームが長くて飢えていました。忘れないようにタブレットの下書きに入れて待っていました。/ねずみ男
○寒いし、動くなんて言わず熱燗でもどうぞふたたびご一献。(正人@寒いの苦手)

●お世話になっております。一日に2回体操をルーティンに、又2回家から出る用にしています。体重計の筋肉量は27.7で57才とでてます。 一人喜んでいます。ささいな事を何かしら頑張ってます。/亀子
○己を恥じるばかりであります…。(正人@要運動)

●鬼滅の刃に完全に乗り遅れ、姪の漫画を借りて読んでいます。正直、あまり感情移入出来ないのですが、姪の優しさを無にすることも出来ず、根気よく読み進めています。/ふくろう悠々
○大流行してますねえ。実は僕、読んだことない。(正人@興味はある)

●締め切りと 仕事 家事の合間に 何とか投句してます。 吟行も頭頭脳の想像と家庭内でしか 出来ないけど 私の人生の中にするべき事のパターンになってます。/句詩呼
●資格試験を控えてて、あまり俳句が浮かびません。今のざわざわした感じを詠みたいのにそれどころじゃなくてもどかしいです。/中村すじこ
○すべきこととして投句できる時もあれば、句にしたいことがあるのに間に合わなくなる時もあります。その場で句にできなくても、後々思い返して句材にできる場合だってきっとあるはず!(正人)

●私はプロ野球千葉ロッテマリーンズのファンです。 TV中継の観戦を575の17音で、コメントをしています。 これは邪道ですか?私のコメントに脱字があるとの意見が来ましたが、 「行間を読む」「言外の意味をくみ取る」事が大事と反論しました。 それからは、何の意見も来ません。/松瀬章章
○それはそれで十七音を見つけるトレーニングにはなるか~!(笑)(正人)

●今年でもう48歳になります。俳句の切れはどんな助詞でも切れることに気づきました。/裸時
●冬の訪れとともに、生誕50年を迎えました。今日の投句から「50代」を選びます。これからもよろしくお願いします。/めりっさ
●今日が50代最後の投稿です。60代になっても日々俳句を勉強して楽しみます。。/おこそとの
●歯が4本ぼろっととれ・・・ブリッジをするしかない状態。六十路の寂しさを感じます。/砂山恵子
●4時から、目覚めて机に向かう。早朝は冴える。70代とは恐ろしい。に、なった。/丘るみこ
○ハッピーバースデーおめでとう♪…からの、先輩方の訓示にござりまする。朝4時から机に向かえるのは洗練されてきてる感すらあってかっこいい!(正人)

●私は今、俳句ポストはお休み中ですが、兼題が鮫だと知って久し振りに投句します。仲間の俳句グループに参加したり、雑誌で三ヶ月間の連載をしたり、今年の俳句生活は色々と挑戦した一年だったと思います。少し早いですが、皆様来年もよろしくお願いします。特に正人さん、来年もよろしくお願いしますね!/松浦麗久
●立皇嗣の礼の日に 投句しました。良い俳句かどうか分かりませんけど (笑い) 俳句を続けて良かった。17音に心を燃やせですね。/句詩呼
○どっちもそうそう経験できることじゃない!!貴重な体験をモノにしてるのがえらいっ。…全然意識しなかったなあ、立皇嗣の礼の日…もったいないことをした…。(正人)

●11月は大分の句友さんと美術館の「肉筆浮世絵展」で吟行をしました。全111点の題材が美人、桜、紅葉など似通ったものが多かったので詠み分けに苦労しました。/樫の木
○浮世絵での桜や紅葉での詠み分け…!?本物の植物だって詠み分けが難しいのに、なんたる修練…!!(正人)

●嫁と子供(1歳9か月)が嫁の実家に帰り、一人家で過ごしています。別に遊びに行くこともなく、一人家で毎日の晩御飯を作っています。やってみると意外に楽しいですね。でも、包丁の使い方が下手なので、今更ですが、教えてほしいと思っている今日この頃です。皆さんは一人で過ごすときは俳句以外に何をしてますか?/平井伸明
○映画、読書、ゲーム、筋トレ、etc…嗚呼、したい。(正人)

●10月からずっと体調不良です。ようよう仕事に行っていますが、これがコロナうつかも と思います。/砂山恵子
●なんと! 帯状疱疹にかかってしまいました… 97歳の義母は4月末から入院・療養。主人と二人になり、ストレスなんか無い筈なのに… 強いて言えば、二週間前に帰省した娘一家に少し気を使ったぐらい。歳をとると、ちょっとした変化が堪えるようです。皆さんも、気をつけて下さいネ。/アガニョーク
●母の夜中の介護で睡眠時間4~5時間となって3年ほど。さすがに春ごろから昼の活動で頭が回らず私に影響がでてきています(^^;)。家の中の手すりなどいろいろ手を尽くしましたが24時間スタンバイ状態は変わらず。91歳という年齢にしたら頭はしっかりしている母ですが、身障者2級という状態がネックなのだなとつくづく思います。 歩けるのがほめられるくらいの綱渡り、せめて現状を維持してもらいたいものです。 /山内彩月
●夏井先生、正人さん、スタッフの皆さん、 お元気でいらっしゃいますか? そして、俳句を愛する皆さんも体調にお変わりは、ありませんか? 朝夕、一日の寒暖差が激しいのか、私の自律神経がいっちゃってるのかわかりませんが、汗がだらだら出ると思いきや、ぞくぞく寒気がしたりとなかなか大変ですが笑笑 たしかに、このひんやりとした空気と冷たい匂いは、冬の物だと感じております。 さて、二千二十年も残すところ数ヶ月?数日?になってきましたが、本当に二千二十年は、公私共に激動の年になりましたが、おそらく去年今年棒を貫くようなものの棒は、途切れたり新しくは、なってくれそうにありません。一本の棒に刻みつけられていくものを見てるだけでしかないのか、自分も何か刻みこめらのか?さてどうなりますやら(季語の解釈や引用がよろしくないのは、目を瞑ってやってください) 私は、コロナから始まり、吾の癌、祖母の死、引越しにかかわるすべての雑務、馬鹿夫のせいでなった躁鬱病の再発、子供達の独立、長かった馬鹿夫との別離がやっと終止符を迎え後は、心と体の回復を待ちながらなんとか子供達と、年の瀬を迎えて新しい年にむかえるようになれたら良いのになー!と思っております。 正直、オーバーワークのせいで今は、心療内科の薬が減ってたのに、恐ろしく増えて、カウンセリングのお世話になっている上に寝たり起きたりの生活ですので 大掃除やお節介の用意は、誰がするんやろ?とぼおーと考えております。 皆さんも一人で考えこまず、なんのかんの言って人様のほとんどの方は、自分が一番大事、相手がどんなに弱っていても自分がしんどかったり嫌な思いをするなら関わらないでおこうとするようなので(個人差は、あるでしようが) 己や自分の本当に大切にしたい物だけを守るために 体調は、万全にしておかなければなりませんよ! 冬の日差しですが陽のあたるところには、色々なパンジーが植えられていて、なんだかホッとします。言ってるまにやれ葉牡丹だの梅だのがはじまり桜がどうのとなるのでしょうか?それとも南海トラフトだの富士山噴火だので わーわー!になるのかなぁ? 私は、まだコロナがどうので、ゆっくり花見ができたらいいなーなんて不謹慎にも思っております? 鮫の兼題は、大変面白くもっと時間を取って取り組みたかったです。 最後になりましたが、皆様の心や体の事だけが気になります。どうぞ、皆様お元気で俳句を詠み続けていきましょうね! コロナも躁鬱病も現在進行形では、ありますが/田村美穂
○寒くなってくると一層心に諸々の出来事が堪えるものでありますね…。まずはご自身の健康第一。皆様、少しでも良い状態で年を越せますように。(正人)

●夜に爪を切ってはいけない、と言われて育ちました。何故なら親の死に目に会えないから。ついに母も逝ってしまいました。もういつ爪を切っても大丈夫だよねと安心して昨夜足の爪を切ったのですが何かがドッカーンと落ちて来て、足の指をつかみながら丸まって涙で爪が見えなくなってしまいました。なんだよこれじゃ生きてたって死んだって爪切れないよお母さん!と泣き笑い…トホホです。/筬葉
●組長&正人さま&ハイポニストの皆様、こんばんは??2回続けて投句できるなんて、とても幸運です。昨日はラッキーの3回目の命日でした。ラッキーが俳句も応援しててくれるかな。先日のNHKのヘウレーカで、犬は人間の視線の動きから気持ちや意図を読み取ることができることに飛び抜けて秀でた動物なのだと。わかるなぁ。あの澄んだ眼にはかなわない。ラッキーみたいに真っ直ぐな気持ちで、これから出会ういろいろなことに向かい合っていきたいと改めて思いました。急に寒くなりました。コロナも今後厳しくなりそうです。皆様ご自愛くださいませ。/ラッキーの母
○亡くなった家族を意識する瞬間。悲しいだけじゃなくて明日へ向かう気持ちがどっちにもあるのがまた胸に迫る…最近涙腺弱くてアカン…。(正人@わりと泣く)

◆兼題「鮫」に寄せて
●日頃縁の少ない季語は、難しい。/富樫 幹
●鮫を季語にした俳句!難しいが何と面白いのかと思いました(笑)/風蓮徹
●鮫と言うあまり日常的でないお題は 難しいと思います。/福岡俊和
●鮫、難しい。/眞虎人
●身近にないので、難しいです/裾野51
●とても難しい兼題でした。/O3
●サメもまたまた難しかったですね。イルカとかなら、考えやすかったのかな?/sugarlily
●鮫は身近で見ることがないので特定のイメージしか湧きません/でんきゅう
●こんにちは。今回の『鮫』もむずかしくて、子供になったつもりの自分と、生物好きな子供とを重ねてイメージしたりしました。ふかひれとか、一度ちゃんと(?)食べてみたいなと思いました。/もこ
●テレビや映画くらいでしか見た経験が無くて、難しいです。/佐藤香珠
●見るにしても水族館か 映画しか見る事しか出来ないから 何とかその体験で詠みました。/句詩呼
●日常に鮫がいないので、考えるのが楽しい兼題でした。/詠頃
●こんにちは。熱燗に引き続き鮫もすごく難しかったです。知らないものを俳句にするのは難しい。そう感じたお題でした。/吉野 春夏
●サメは難しかった・・ただ、怖いサメでなく寂しいサメを描きたかった。/砂山恵子
●鮫が季語だなんて難しいですよ。季節感を感じたことがないので、どうやって詠めばいいやら。/山香ばし
●夏井先生始め俳句ポストに係る方々へ 毎回お手を煩わせ、ありがとうございます。 今回の兼題は、私にとっては、難問でした。鮫は、写真や映像でしか、見たことはあまり無く、唯一見たのは、ジンベエ鮫だけです。映画の鮫は怖さだけしか、記憶になく 一所懸命想像して、俳句と言えるかどうか不安ですが、脳トレと思って、詠みました。俳句を始めてから、ボーとして過ごす毎日が、刺激のある毎日に、変わり、感謝しています。ありがとうございます。/吹子
●鮫はイメージがわかず、生半可な身近的な存在であることがかえって難しい兼題になったように感じました、もっと想像力があれば色々と作れそうなお題であるように思えました/斗三木童
○縁が無くて難しい人が大半な中、生半可に身近…とはまた珍しい。地方によってはしょっちゅう食べるという情報も。(正人)

●ジョーズしか思い浮かばなーい。ジョーズの映画観た夜は風呂で脚が伸ばせなかった事を思い出しました。なんか、食われそうで。/山羊座の千賀子
●兼題の鮫は、難しいです。ジョーズのイメージしかありません。/工藤忍佳
●「鮫」難しかったですね。ジョーズの映画か、食べる鮫か色々頭をよぎりましたが実感のある句が詠めたかどうか・・??皆さん水族館に行かれたり、色々吟行に行ったのでしょうか!発表を楽しみにしています。/じゃすみん
●前回の「熱燗」、実は私は下戸でした。そして今回の「鮫」も日常的には縁の無いモノ。思いつくのは「鮫肌」「フカヒレ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」に登場する「ジョーズ19」・・・。万事休すです。「鮫」と言う季語に入り切れませんでした。(涙) /塩の司厨長
●関西人ならUSJのジョーズ、年代的にもやっぱりジョーズが出てしまう。 そう言えば、シャークネードというB級映画には笑いました。/藤源郷
○なんといっても大量にきたのはジョーズ!!鮫映画のハシリみたいな存在でありますねえ。その後トンデモな進化を遂げる鮫映画の系譜を当時誰が想像しただろうか…。(正人)

●鮫がこの時期の季語なんてすね。 初めて知りました。無知/妙女
●鮫が、冬の季語になってるのは、どういう事なのですか。/丘るみこ
●ギャ句を考えて先人の俳句を熟読していると鮫が脳内や室内、書斎、庭に泳いでいるような気配がします。/有田みかん
○昨日の火曜日俳句道場にて大量の情報が集まっております、ぜひご一読!例句をみてるとそこらにいそうな気分になるのがまた面白い(笑)。(正人)

●僕の愛読書は「危険生物図鑑」なので鮫は得意分野でした。/ツユマメ末っ子@8歳
○最近はやりのシリーズですな。得意分野の鮫でどんな句ができたかなあ♪(正人)

●円卓が回る中華のお店でフカヒレを初めて食べた小学生の私。 「何が一番美味しかった?」 と尋ねられ、 「おいも!」 と答えました。デザートの、カリカリ中華ポテトが美味しかったみたいです。子供にはフカヒレの味はわかりませんでした。/ちゃんぽんこつ
○フカヒレより子どもには大学芋がいいんですよね、わかりますとも~(笑)。(正人@自分もそうだった)

●鮫!難しい~。泳ぐ、食べる、見る、皮…etc フカヒレは好きだけど鮫の身は食べた事ないような??蒲鉾に入ってたかも??でも焼きサメの切り身を売っているのは見た事あります、煮魚のようにして食べるとか。皮はやっぱり山葵をおろすときに使うイメージ、鮫皮でおろした山葵はぬらぬらと絶品ですよね。水族館に吟行が良いかな♪それともジョーズでも見直すべきか悩みますぅ(笑) /筬葉
●中国地方山間部で鮫を「ワニ」と呼んで食べるのはよく知られていますが、私の住む瀬戸内沿岸では「フカ」と呼び、食べることもなかったので図書館で調べました。締め切りまでに食べに行きたかった! /わこたんのまま
●先日、出掛けた先(島根県)で鮫(ワニ)の刺身を食べました!ちょっとねっとりとした感じと、筋張った固さのある食感でした。初体験でした!!/かつたろー。
●以前から気になっていた、モウカザメの切り身。見た目はカジキマグロの切り身に似ていて、綺麗な薄桃色。調べると、他の鮫よりアンモニア臭が弱く、濃い目の煮付けが合うとのこと。明日買って試してみよう!/黒子
○鮫の刺身って食べたことないなあ、レポート聞いてると食べてみたくなる!!種類によっても味や食感だいぶ変わるのかしら。(正人)

●組長こんにちは。私はささやかな種まきとして季語のお題か出るたびに、夫、上司、同僚に感想を聞くようにしております。今回の鮫は3人とも「鮫のたれ」はどう?との質問。私の嫁いだ地域は鮫を味付きの干物にして、つまみやおかずにして食す文化があるようです。知らないことを知る。まだまだ勉強です。/山羊座の千賀子
●中学の頃、クラスメイト(色白の美少女でした)にルーツが新潟の山中の娘がいて、「そこでは、鮫を食べるのよ」と可愛い口から出た言葉に衝撃を受けたことが。大人になって見聞が広がると、中国地方の山間部や宇和島など『鮫食』文化の地域は珍しくない事を知りましたが。事も無げに可憐に微笑みながらそんな話をしていた遠い日の彼女の顔を、今回の兼題は思い出させてくれました。/いしはまらんる
○ある種のご当地グルメ?ソウルフード?みたいな。こともなげに言い放たれるとぎょっとする瞬間、ありますよね。(正人)

●いつもドリンク剤や飴などをサービスしてくれる行き付けの薬局で、ジンベエザメの消しゴムを貰いました。まったりした口がカワイイです。ワニ料理は食べに行けず、看板を三次方面で見かけたとき食べておけばよかったな~と後悔しました。/わこたんのまま
●文章を書くのは苦手ですが、今回の兼題が「鮫」ということで初めて水曜日の方も投稿させていただきました! 私は鮫がとても好きで、個人でサメのキャラクターの着ぐるみを持っているくらいに好きなので今回の兼題はほぼ自分のための兼題だと思っていつもより気合を入れて作句しました!/ギル
○流線型のフォルムが魅了するのか、意外とキャラクター的に扱われることも多い鮫。ぬいぐるみとかにすると可愛いよね妙に。しかし着ぐるみまで持ってるとは!なかなかの猛者!!(笑)(正人)

●横浜から近い、三浦半島あたりでも、ときどき小さな鮫が打ち上がっています。彼らの瞳のなんとつぶらで美しいこと。深緑の瞳に、吸い込まれていくような感覚を覚えます。一時期、よく通っていた三戸浜(みとはま)で、わりと安全な鮫との遭遇をしていました。 三戸浜は、「つぶやき岩の秘密」(新田次郎)の舞台となったところで、交通が不便なことから、夏でもわりと寂れております(笑)。そのため、ドラマや映画・CMでのロケ地になったりしています。以前なら、テルマエロマエとかBeautiful Lifeとか。最近では、某さらりとした梅酒とか某トイレの消臭剤とか。 相模湾と富士山が見える、吟行におすすめの寂れた(笑)場所です。ひっそりと、戦争遺跡もあります。/星埜黴円
○吟行情報ありがとうございます。小さな鮫が打ち上げられてるとは!いいなあ、まじまじと観察してみたい。写真で見てると瞳が恐ろしいような綺麗なような。(正人)

●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。「鮫」季語なんですねー。鮫と言えば少し前の教え子で、三者懇談をした時に「ホオジロザメの研究をしたい」と目を輝かせて語った男の子がおりました。ところが、調べてみるとホオジロザメは回遊魚のため止まったら死んじゃうし、研究するのがものすごく難しい生き物で、アメリカの研究チームしかやってないみたいな事実を知りました。その後、その子は英語の勉強をするため大学に進学をしました。1年間ニュージーランドへ留学も経験。その時にこんなLINEが届きました。「先生!夢を叶えました!」と。そのLINEには動画も添付されており、見てみるとその子がニュージーランドの海で憧れのホオジロザメと泳いでいたのです。もちろん襲われないように彼はネットの中に入っていましたが。。。それでも彼にとってはとんでもなく貴重な体験になったことと思います。念ずれば叶う!日本の若者たち、逞しいです!まだまだ未来は明るいね!/みのる
○おおお~もっとすごい観察がここにあり!!なにがきっかけでホオジロザメを研究したいと思ったんだろう。自分の知的好奇心に突き動かされて夢を叶える、ってめちゃめちゃ素敵!!良い先生の元に良い生徒ありやね~♪(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●鮫に生まれたくてこの世に出て来た鮫は一匹もいないだろう。 今年六十となった私は、まさか大阪の人間になるなんて思ってみたこともなかった。 それと同じかは分からないが、鮫を見てそんなことを考えたことがある。 息子がまだ小学生の頃、海遊館に連れて行った。 幼い息子はたくさんの色とりどりの初めて見る魚を目の前にして純粋に喜んでいた。 海遊館の呼び物であるバカでかい水槽に入れられたコレまたバカでかいジンベイザメを見た瞬間は私も正直驚いた。 でもすぐに悠々と泳ぐという表現が正しいのかいささか疑問が湧いてきた。 ここに連れてこられるまでは広い広い大海原、南の海で海流に乗りゆったり移動してあの大口でプランクトンを食べていたんだろう。 日がな一日のんびりふわふわと。 それこそ悠々と見えたに違いない。 それが狭いガラスの箱に閉じ込められたくさんの人間のための見せ物になってしまった。 お世辞にも幸せそうには見えない。 幸せを奪った人間は自分の事しか考えない。 水族館も動物園もすべて人間の都合ばかりだ。 鮫、ある時は海のギャングと呼ばれ、そしてある時は愛称まで付けてかわいがられたりする。 鮫はそんな身勝手な人間に生まれて来なくて良かったとも思っているに違いない。 それでも、私は鮫として生まれたくてこの世に出て来た鮫は一匹もいないだろうと確信する。 鮫にも人間にも生まれてきたくなかったと思っているに違いないと強く確信する。/宮島ひでき

●母が認知症になった。恍惚の人になれば、多幸感に溢れるのかと思っていたがそうではなかった。全てが、すごく不安になってしまう、だから、すごくニコニコしてあげてくださいと、そういう病気もあるのだと医師がいう。残りの人生をそんな不安のなかで過ごさなければならないのか。ちなみにレビー小体型認知症というのだそう。落涙禁じ得ず。だがもしこの涙を見れば、老母はまた不安になるのだろう。不安になれば、妄想も幻覚も増すのだろう。涙を見られるわけにはいかない。腕で顔を覆って、寝たふりをする。/白居千夜

夏井先生

ページの先頭