俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第253回 2020年10月29日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

我が場所に鮫の吐息の届く真夜
柊 月子
潮風を携え鮫や七尾線
百合乃
鮫がくる鮫がくる弦バスはダウン・ボウ
武井かま猫
玻璃越しに鮫こっちはみんな孤島
稗田鈴二郎
鮫を買う北にも灯りふえました
武者小路敬妙洒脱篤
人の世にひとりとなる夜鮫となる
風花まゆみ
胃袋に鮫二三匹泳ぐ朝
風峰
水槽の鮫の孤独も揺れている
風紋
こそばゆい肌撫でられし鮫の夢
福田みやき
鮫流れテトラポットに臭気立つ
文月さな女
子を抱きて飯を作りて鮫裂きて
平井充
荷揚げ港に腹膨くる鱶置き捨てに
服部勝枝
密通の果ては切なし鮫と月
平野水麦
鮫吠えて冷たき刃文撫でにけり
碧西里
鮫ゐぬかベツドの下の深き闇
峰 乱里
この鮫はきつと人魚を喰うた鮫
蜂喰擬
鮫ばかり揚る日や生温く凪ぐ
望月ゆう
おもろないかんさいじんもおるで鮫
北村 崇雄@TFP句会
これが鮫の歯を研ぐ夜の波なるか
堀口房水
湾内に老いし鮫来る匂いかな
麻呂助
鈍色の鮫を玩具に浪たちは
牟礼あおい
なつかれてじんべゑ鮫を買ふことに
椋本望生
揚げられし鮫しどけなく血のしとど
明世
鮫捌くどろんと子鮫出て来たる
茂る
浜風に鮫なぶられつ干されけり
木村ひむか
鮫の嗅ぐ人の欠片や沈没艦
門前町光乃
鮫の競り白華の壁の暗さかな
也和
深海から鮫も火星に呼びかける
野井みこ
青鮫や星に照るパープルの爪
野々りんどう
エンジンの震えや遠き鮫の鰭
野良古
有給の海釣り小さき鮫二匹
弥日
堤防に擦り跡黒く鮫上がる
矢想
ひと山を超えた隣家や和邇を焼く
矢的@第二まる安
鮫の仔のまはだかのまま産まれけむ
矢嶋博士
ワニの煮付けほろほろ鮫だったのか
薮久美子
心臓に鮫飼う勇気まだ無くて
優木ごまヲ
半秒で鮫に魅入られたる孤独
柚木みゆき
湘南に富士を眺むる親子鮫
由づる
星鮫の形に夜の抜けており
遊飛@蚊帳のなか
鮫の海砂防ネットを巻き上ぐる
夕虹くすん
一滴の血の香さびしき鮫が追ふ
与志魚
残業す彼方の海で鮫泳ぐ
遥風
潮目かはり固まれる鮫空は青
遥明
鮫は泳ぐぞ人怖し人怖し
雷紋
女手が人喰ひ鮫を囲みけり
蘭丸結動
濁流の果ての深海鮫眠る
梨村 梨
北極の鮫極東の映画館
離松
鮫の目こわいブラックホールこわい
流歌@7さい
鮫の道海にはきっとあるだろう
流鏑馬
片隅に売られて鮫の目を剥ける
留野ばあば
仲買の長靴鮫を蹴っ飛ばす
竜胆
おほきみにつながる鮫や日向灘
瑠璃茉莉
一本の鰭あり鮫の海となる
令和ドッペルゲンガー
喧騒の星にうまれて海に鮫
鈴ノ樹
鮫突きてムンクの画集閉づる夜は
鈴木麗門
筋肉のうねり青鮫迫りくる
蓮花麻耶
鮫喰らふ無色透明なる孤独
露砂
鮫の眼は黒ではなくて闇でした
露草乃
口だけの鮫の標本海碧し
老人日記
鮫の歯の生えては落ちる鬼才去る
戌亥
もう一度鮫の腹から生まれたい
かつぎ来る大奴智鮫の仏頂面
朶美子(えみこ)
のうのうと棲むものあらん鮫の歯に
梵庸子
落日やナイフからまだ鮫の臭い
落ちてまた上がる舳先や鮫釣れる
泗水
少年は少女を連れて鮫を見に
洒落神戸
原爆の生臭き地に鮫群れ来
淺野紫桜
喃語ごとやわらかき白鮫を喰ふ
琲朴
もう誰も愛さぬ鮫の腹に入る
夢醒めし醜女さめざめ鮫鳴かむ
蜥蜴の尻尾
東国の御饌なる鮫の肉の赭
靫草子
赤き鮫並びし朝の気仙沼
ちゃんぽんこつ
気仙沼鮫の尾鰭の贄のごと
ときわ露草
鱶漁の力任せに打つ棍棒
としなり
ほたえなやこれより先は鮫の海
めぐみの樹@ほたえな=騒ぐな、ふざけるな(関西や高知などの方言)
魚群散る葭切鮫のやをら来て
伊予吟会 宵嵐
横たはる鮫の口より死の匂ひ
慈温
船底に鮫の六尺歯を剥きて
鹿本てん点
白い腹みせてあはれや鮫の市
紗千子
なまなかにほだされぬるや鮫臭し
上峰子
一度だけひと食う鮫と呼ばれたり
猫ミシン@いつき組広ブロ俳句部
五本目の銛を突かれて死ぬる鮫
俳句ファイヤー立志@TFP句会
標的に鮫迫りゆく波静か
明神おぼろ月
青鮫の来るや秩父の夜明け前
令ちゃん@花芭蕉
深海の如き樹影や迷ひ鮫
蓼蟲@岡山市の北の端に大名の庭がひっそりと残っている。近水園(おみずえん)と言う。樹間を金子兜太さんの「青鮫」が泳いでいても不思議は無い、そんな庭である。
真珠採る黒き手足や鮫の海
香壺
鮫を捕る鮫の浦とふ町ありき
高橋冬扇
型落ちのベンツよ鮫のいた海よ
高尾里甫
日輪は淡し鱶たち影速し
合歓
己が血の匂ひに滾る網の鮫
克巳@夜のサングラス
横たわる鮫に散華の細雪
黒兎
この世でないどこか鮫の夢で覚め
佐藤里枝子
どの墓も北を向く村鮫来る
砂山恵子
鮫の海魔除けの印のほころびぬ
斎乃雪
仮借なく上手に鮫の裂かれゆく
雑魚寝
メガロドン海はお前の中に在り
三宅雅子
鮫の海錆びしトタンは風のもの
山香ばし
風に干す鰭の数だけ鮫の数
山内彩月
鮫一つ大阪都構想否決
山本先生
鮫の歯があんなに律儀に並んでいる
山野ゆうり
吊るされし鮫や鉄錆臭う朝
山羊座の千賀子
鮫だって懐くよここは基地の町
司啓
弾倉のごと鮫は歯を充填す
糸川ラッコ
鮫の街にモウカの星と酌み交わす
紫@「モウカの星」は鮫の心臓。鮫の街、気仙沼でないと食べられません。
物騒が過ぎるわ鮫の口の中
紫檀
根城なる津軽海峡油鮫
篠田ピンク
港町ブルース流る鮫の啼く
斜楽
山越える鮫の賄いあるとやら
主藤充子
焼け焦げた鮫の匂いやスラム街
朱夏A
海底に仰ぎ見る月鮫が追ふ
朱契
足早にたそかれて鮫めつた斬る
種種番外
鮫を射つ矢じりに残る肝の筋
宗本智之
鮫は居る沈没艦の司令室
秋沙美 洋
切れぎれの鮫の眠りや昏き昼
渋谷晶
鮫の尾が裂く標準子午線かな
升 丁茶
残照や沖より死んだ鮫寄せる
小鞠
突堤に釣られ小鮫のひとくねり
小川野棕櫚
物言はず膨るる腹に鮫収む
小倉あんこ
鮫積みて戻る船首に福来旗
小鳥ひすい
鮫おるか朝陽の傍に巡視船
小島神泉
青鮫の背を波の影波の影
小豆白虎
海はやさしく鮫せまりくる無音
小野睦
鮫泳ぐ三十歳の反抗期
松井くろ
人間に恥辱刑あり鮫集う
松山めゐ
突き立つる銛ゆさゆさと鮫の顎
松田てぃ
海鳴りは水槽の鮫の身悶へ
松本裕子
鮫の肉食ひて我が身の強きかな
笑詠化
鮫来るどの星からの紛れもの
上津 力
いつもひとりひとりで泣いている鮫
新開ちえ
鮫すごい大魔王みたいですごい
新蕎麦句会・凪太
蛇行する雲の道筋鮫揚がる
新藤柑子
鮫迫る銛待つ腕の青い筋
新米笛
メタセコイアの森で瞑想鮫に会う
森中ことり
鮫泳ぎ頭の中を出て行かぬ
森爺
鮫皮を剥ぐあっなんか楽しいぞ
真宮マミ
鮫肌に手鉤一瞬競り開始
粋田化石
訃報夜をすり抜けて行く鮫の影
酔下弦
悔恨は鮫のかたちに解き放て
雀浪乱
三たび呼べば鮫浮かびくる夜の海
瀬尾白果
こむら返りは鮫の夢のせいかも
是空
吊り下がる影またひとり鮫の夜
成久巳子
胎生の鮫群る火山の深海
清波
鮫の鰭浮くやきりきり飢ゑの音
成瀬源三
鱶鰭の臭いの染みる作業服
西山哲彦
鮫群れる海や行進する兵士
西村小市
鮫食はむ産後の雌の腥し
青海也緒
誰のものでもない海や鮫泳ぐ
青田奈央
死んでると知りつつ触る鮫の皮
青木豊実
鮫が裂く水平線無き鈍色
青嵐
鮫の肌うみをけづりて光らしむ
斉藤立夏
屍を見飽きし鮫のまなこかな
石井茶爺
鮫暴れ回りの水も暴れけり
石崎京子(いしざききょうこ)
夢に沈めば鮫の眼の動きけり
石川聡
深き海抱きて鮫の暗きむね
石川凍夜
大きければ牙は要らない甚平鮫
石野上路無
いかづちの化身たる鮫ひらめきぬ
赤松諦現
隻眼の鮫やニックネームはジョー
赤馬福助
駆落ちの終点鮫の吊るされし町
雪うさぎ
鮫の背はしなやかUターン血を嗅いで
千鳥城
鮫を見る 友情も一方向だ
千仗千紘
鮫の粘弾力喰い千切る犬歯
川口みち
深海の鮫よ吾の夫知らないか
楚材
鮫群れる海は寝刃を研ぐ匂ひ
倉木はじめ
底なしの碧を横切るたぶん鮫
蒼空蒼子
鮫ならぶ鰭という鰭切り取られ
蒼奏
バミューダの正体は嵐か鮫か
足跡新太
鰭立てる血塗れの鮫やドバイの市場
大小田忍
防除網くぐりて鮫の泳ぎくる
大村真仙
絆なぞで繋がって無し鮫眠る
大塚迷路
いかい鮫獲れたと浜の沸き立ちぬ
大槻税悦@「いかい」とは静岡弁で「大きい・猛々しい」などの意味の方言です。静岡県は深海魚や鮫などを美味しく食べる食文化があります。
陳列の鮫長靴を喰ふ目つき
大和田美信
人噛んだ鮫の歯で書く呪ひ言
鷹星
海鳥に喰はれる鮫の腹の白
鷹之朋輩
甲板に錆の匂いや鮫の肌
沢拓庵
飢ゑ病みに海神の慈悲鮫二頭
谷口詠美
園児らとジンベイザメの影に入る
丹下京子
黒き胎児鮫となり鮫となり
丹波らる
鮫の海潜水艦は核を積む
丹耶
ハレの日の鮫料理まづ氏神に
短夜の月
寒色の小部屋で鮫を飼う気分
箪笥
昼下がりひれをなくした鮫にほふ
知無須園
赤き旗母船は鮫の収容所
地球人
軍楽のシンバルひびき鮫の海
池田郁英
鮫の背に割られて海の色は青
竹の子
死に鮫や海堡の沖を駆逐艦
竹庵
鮫の歯も砂の器もくずれけり
竹春エリザベス
かろうとのいごこちいかん鰐を買う
竹織@鰐=食用の鮫
光のヴェールを鮫はスローモーションで
竹田むべ
奥底を見せることなく鮫遠のく
中山月波
鮫喰らう人も大概なあ鮫よ
中村すじこ
見果てぬ夢鮫に食はれてしまひけり
宙のふう
鮫おそろしをんなの一途おそろし
朝月沙都子
足元を猫鮫波と波と波
長ズボンおじさん
延縄に絡む鱶の尾日本海
長谷川ひろし
青鮫の耀ふ珠を翻す
長谷川小春
土地売って太平洋に鮫笑う
長田写々
飛石や神話の鮫の背の硬さ
鳥羽南良
鮫肉に酌む縄文の夜に抱かれ
津軽ちゃう
鮫食うや秋田津軽は美女ばかり
津軽まつ
鮫捌き捨て去ることなきいのち食べ
天晴鈍ぞ孤
何やってもぶさいく鮫もそっぽ向く
天玲
理不尽のリフレイン鮫の眼を瞑る
殿さまペンギン
笑い顔道化師のごと夜の鮫
田中勲
大漁の網より落つる鮫の口
田辺 ふみ
とろ箱の鰭無き鮫や星を見て
杜まお実
延縄に鮫や祠のカップ酒
渡野しえん太
鮫の瞳(め)や白か金か青か闇か
渡邉くるり
いやさかや乙嫁を待つ鮫を待つ
渡邉桃蓮
腑分け後の雄鮫や腹の交接器
冬樹 立
鮫捌く甲板に腸滑り落つ
桃猫
鮫揚がる尾頭落とす海へ棄つ
当卯
祖母の目の昏し鮫の歯の鋭し
藤岡美波
鮫捌く目を吹き抜ける潮の風
藤川鴎叫
鱶を獲りに行く海は陽を持たず
藤鷹圓哉
鮫捌く鮫の気づかぬうち捌く
藤田ゆきまち@サメ肉の中の尿素が化学反応を起こしてアンモニア臭になる前にとにかく手早くさばくことが大切。
鮫が海捨てた日の空青かった
豆闌
刃先滑らせ鱶は伊勢への貢ぎ物
陶然
鮫哀し鬼にもらいし目の悲し
鮫えぐるフックのゆるやかに上がる
二重格子
猫鮫のまなこに映る下弦の月
入口弘徳
上げられし鮫の眼丸しまだ睨む
葱ポーポー
耳奥の音楽が消え佐米の聲
能千
ジンベイザメ月の海より来たと言ひ
巴里乃嬬
深海の鮫の眼の冥王星
播磨陽子
鮫フライ揚げるトランプの敗北
白薔薇
億年の声なき鮫に言ひ伝へ
畑 詩音
大鍋の鮫の頭や煮崩れて
畑山六十二
彼方の里鰐喰う里ぞ古郷ぞ
畑中真土
雲ばかり見て鮫の眼は不透明
磐田小
笑ひ方鮫に教はる青年期
彼方ひらく
眠れぬと急く急く鮫や青深し
彼路
黥面文身(いれずみ)の民高々と吊す鱶
樋口滑瓢
コンクリの床にころがる鮫臭い
美年
きらきらの鮫はみずいろ海のいろ
さくらちゃん
人間のいない人喰い鮫の星
さこ
鮫の歯の乾きて手のひらに軽し
さとうりつこ
鮫沈む何処も人間臭ばかり
さとけん
凪待ちに一本浸けて鮫の肝
さとし
母の出刃弾き返す鮫の肌
さゆみ
臭み消すミルクに鮫の身の淫ら
さるぼぼ@チーム天地夢遥
ぼとぼと鮫を産んで捨てては道しるべ
さ青
打ち上げられし鮫にぎっちり網の痕
しかもり
ひんやりと星を映して鮫の肌
じゃすみん
鮫の瞳に夕日が沈む出雲崎
シャンシャン
吐き尽くす言葉選り分け鱶の鰭
しゅうふう
鮫の目の虚ろに同じ月曜日
ジョビジョバ
朝市の籠に二枚の鮫の鰭
しんしん
南溟や死者投げ入れて鱶の海
すえよし
みなとより見えさめのあをさめのあを
ずしょ
鮫ひそむ伊勢湾磯笛のしずか
すぴか
出刃入れるびーと剥がるる鮫の皮
そまり
大海の果ての鮫にもある前世
ぞんぬ
一瞬の監視カメラに鮫の影
たいぞう
クレーンのぎりぎりぎりと鮫の空
たむらせつこ
海底に埋もるる古銭群るる鮫
たんじぇりん金子
鮫喰ひて灯明ゆらぐ仏間なり
ちょろたこいん
浜に遊ぶゲートボールや沖に鮫
つつ井つつ
人喰ひ鮫と云ふにはまん丸な眼
ツナ好
地球儀や網膜を裏返す鮫
ツユマメ末っ子@8歳
鮫担ぐ後期高齢者の舟よ
でぷちゃん
血まみれの鮫ことのほか無表情
てまり
大陸を腑分け七つの鮫の鰭
でるた
ゆらゆらと現像液に鮫の口
どかてい
鮫ずらり高熱出した枕元
どくだみ茶
星鮫や海門峡の遠灯り
としまる
粘る海鮫直角に曲がり来る
どみそ
深海に夢見る鮫のいるといふ
とんぼ
結納の仕出しに鮫のゐる不思議
なつめモコ
大国の戦意波打つ鮫の海
ねぎみそ
鮫臭にぴくり元就公の兵
ねずみ男
限界集落青鮫の胎動
のら
沖に鮫粉薬喉にひっかかる
パーネ・メローネ
鮫の香はクレッシェンドのやうに刺す
はっしー
軒の端の鮫の牙から降る雫
はとり千倖
動かねばつつきたくなる鮫の腹
ははろ
この先の桃源郷に鮫がをり
ぱぷりかまめ
鮫海に戻りて人語捨てにけり
はまのはの
持ってけと突き出されたる小さき鮫
はむ
わに刺といふを噛みつつ旅の酒
ひだ岩魚
吊るさるる鮫や鎖の軋む音
ひともじ
鮫揚がる町の喫茶や潮香る
ひなた和佳
麻酔医の声遠のいて鮫の海
ひな子桃青
京急と鮫の対決おもしろい
ひろしげ13さい
鮫の尾を囲みコリアの漢たち
ひろ志
いさば屋の投げたる鮫に符牒あり
ブービー
動かず動かず動かず泳ぐ鮫
ふぇるま
鮮魚コーナーの最上段に鮫
ふくじん
惣闇(つつやみ)や果なく鮫の泳ぎをり
ふじこ
鮫の背を越へて陽が差す朝かな
ふとまき
鮫人工衛星の軌道に嵌まる
ふわり子
犬猛るもう猛ることなき鮫へ
ベーグル
甲板の鮫碧空は無表情
ペトロア
月射して鮫は一層ささくれる
ほしの有紀
膳の鱶粛と僧侶は箸で拾う
ぼたにこ
釣り竿を持つていかれた夜の鮫
ぼたんぴ
鮫来たる防護ネットの海に雨
ほろよい
深海の鮫よ今宵は風強し
まあぶる
鮫浮かぶ天を小さき星游ぐ
まぐのりあ@蚊帳のなか
あの鮫の鼻っ柱はつぶらなり
まこ@いつき組広ブロ俳句部
砂まみれ星光る目の鮫を蹴る
まこも
見世物の鮫に躓く魚市場
まどん
美しき指美しく鮫捌く
まぬう
鮫の歯軋り激し海どよめけり
まるかじり
嘘つけば鱶に聞ゆるみづの聲
まんぷく
あの鮫に喰はれてみたき日曜日
みどりがめ
格闘の臭気孕むや鮫捌く
みやかわけい子
片方の肺蒼々と鮫を飼ふ
みやこわすれ
鮫あがる老夫の眼群青なり
み藻砂
鮫脛を噛む腓返りの目覚め
もせきのこ
ジンベエザメ海飲み込んで海となる
もりさわ
いつ娘帰郷できるや鮫捌く
やまだ童子
三陸や鮫の心臓食みし夜
やまぶき
太陽が食われて鮫のシルエット
海原よ鮫を抱きたきほど寂し
ラーラ
湾口の深き住処に鮫古び
らくさい
涅色の暗きより鮫浮上せり
るびちゅ
海賊の秘宝は鮫の胃にあらむ
るやみ
生理痛水槽の鮫の目は黒
ワイズ万太郎
鮫や鮫裂けば裂くだけ鮫が出る
阿山季思
病みついて鮫はこんなに白なった
綾竹あんどれ
太陽を欲しがる鮫の喉の闇
安溶二
和邇料る婚の許しを乞ふ二人
伊奈川富真乃
鮫泳ぐ夕日尻つく海は黙
位相朗
蒼々と四億年を継ぐ鮫よ
井戸女
少年期僅かで鮫の歯は無限
育由
鮫を裂く後ろの正面を海
一走人
鮫泳ぐ己が重さを海に捨て
一日一笑
気配だけ鮫のこる街のいたるところ
羽沖
四億年するりと鮫の流線形
雨霧彦@木ノ芽
鮫くさい親父昼酒あてはハム
卯辰
こんな日はちょいと鮫でも喰ひますか
永想
残業の深い時間に鮫がいる
詠頃
鮫の群アトランティスを過ぎにけり
円堂実花
胎盤のやうな舌垂れ鮫引かる
遠音
鮫捌く臓腑の臭気我を食む
塩の司厨長
脆き歯や空浮かびたる鮫の恋
奥野悦穂
影浮かび来てはさみしき鮫となり
可笑式
鮫の目をじつと見てをり反抗期
夏柿
鮫ゆらり幾重も代わる国づくり
夏綱
荒波に刃向かう鮫の肌堅し
河本かおり
浜言葉なだれて鮫は屹立す
火炎猿
児を数多預かりて祖母鮫捌く
花おうち
我が泊まに臭き風寄せ死する鮫
花弘
鮫のにほひに溺れつちまひさうな地上
花塗れ
青色の調べはト長鮫ゆらり
茄子美
一日の最後はやはり鮫の闇
雅な童
鮫の歯の大きく美しく残りけり
雅喜
堪忍の一つや二つ鮫を剥く
海野碧
ひと冬を鮫の魂干されけり
楽花生
鮫漁や右は義足の漁労長
葛谷猫日和
鮫が泣く海を少しも揺らさずに
瓦すずめ
市の鮫子に触らせる歯や鱗
甘泉
血飛沫を洗はれ鮫の腹白し
関津祐花
身罷るの響き美し鮫眠る
丸山隆子
黒髪を巻き上げ鮫の子を孕む
岸 れん
鮫に交接器左がややでかい
岩のじ
鮫のいる海だと聞いて来てるのに
季切少楽@いつき組広ブロ俳句部
沖で鮫見しと漁師の事もなげ
軌一
因幡には心清らな鰐がおり
輝棒
鮫の海グランドピアノ沈みたる
亀の
鮫の霊泳ぐ月面基地の窓
義眼ヶ原
青鮫に食はす未遂の恋文を
吉行直人
落暉へと鮫の血うごくごうごうと
久我恒子
鉄錆びの匂ひ立ちけり鮫のゆく
久蔵久蔵
飛びたかろ鮫を空へと放り投げ
久美
リアス海岸鮫の泪を浴びてゐる
宮間ミヤマ
鮫を飼う寂しさつのる夜の底
宮﨑紅清
着ぐるみに鮫ゐて鮫の近き海
京野さち
大鮫は津波食い千切りて行かむ
金のキウイ
復興の鮫揚がりけり気仙沼
金治宜子
海戦果てて森々と鮫の海
空想婆
スマートフォンに鮫の大口をさめけり
君島笑夢
であるなら頬白鮫もうまいのか
景奇
船底を揺るがす予感鮫でせう
月の沙漠★★
漁師らのくわへ煙草や鮫を裂く
月見柑
鮫食つたねと食つてないやつの言ふ
月青草青
こころこわれて鮫の子宮のあかるさよ
後藤
棚田路移動販売鮫運ぶ
光観
鮫に乗り怖くない不死の世界へ
公毅
ずっしりと胃に砂丘沈みゆく鮫
公木正
鮫の歯や波悉く砕かれて
広瀬 康
殴っても殴っても鮫の目の黒き
浩朗
半開きの口より殺気零す鮫
多々良海月
曳航のサメを鮫ども食ひ荒らし
多々良海月
大鍋に湯をたぎらせて鱶二匹
谷川の蛍子
声高に鱶はおまけと包みくれ
谷川の蛍子
夜や鮫の匂ふひかりを捜しをり
池内ときこ
詩心の静寂に鮫を添へたがる
池内ときこ
檀家衆五人坊主と喰らう鮫
池之端モルト
街育ちじゃけえ鮫はこらえてつかあさい
池之端モルト
海底は月面に似て箕作鮫
中岡秀次
延縄の魚に交じれる羅鱶かな
中岡秀次
丁寧に鮫干す島の日の匂ふ
中根由起子
鮫の子の競り残されて日に濡るる
中根由起子
鮫の出てきそうな夜雨仮住まい
衷子
甚平鮫の口をはみ出たプランクトン
衷子
浜に鮫現れたれば鮫を描く
直樹里
浜に鮫助役も浜に雲低し
直樹里
鮫の腑をざんぶざんぶとポンプ井戸
辻が花
鮫の目の色無くすまで打つ漁師
辻が花
色知らぬ鮫の目玉のひらべつた
天陽ゆう
鮫さびしBB弾の音さびし
天陽ゆう
鮫の歯よ過去を砕いてくれないか
冬のおこじょ
三日月の闇をくゆらし青鮫来
冬のおこじょ
死に絶へて鮫は値段を付けらるる
嶋田奈緒
宇宙最強を決める日鮫来る
嶋田奈緒
鮫の胃の虚ろ鮫肉の薔薇色
東京堕天使
気仙沼鎮めの海に揚がる鮫
東京堕天使
大鮫や第二夫人の謀
藤色葉菜
産み月や鮫の挙りて波となり
藤色葉菜
水槽の鮫の眼の裏返る
内藤羊皐
腑分けせる鮫の子宮の静寂かな
内藤羊皐
鮫が来る網走の雲剥いだ色
南風の記憶
鮫捌く月の形のやうな骨
南風の記憶
地球平面説を空間として鮫
南方日午
笹舟のごとく漁船の揺れて鮫
南方日午
一寸の鮫の逆鱗拾つたの
尼島里志
海老反りの吊り鮫遠く遠く吾子
尼島里志
抛られて鮫の子はねる防波堤
日出時計
鮫の歯に触れむと指の疼きをり
日出時計
アルゼンチンより着信に鮫匂ふ
麦吉
月経の二日目うみは鮫だらけ
麦吉
鮫のうみ鮫のからだをとほりすぐ
板柿せっか
さびしくはないのか鮫の目は貴石
板柿せっか
光ごと喰らう甚平鮫のうた
飯村祐知子
星屑の化石にほへる海に鮫
飯村祐知子
佐賀に聞く鮫と交みし姫のこと
比々き@「肥前国風土記」に出てくる世田姫。
じよりりりと暴かれてゆく鮫の腹
比々き
水揚げの鮫の眼に凝る闇
桧木もり
軍曹の生まれ変わりかこの鮫は
桧木もり
丸太舟揺るる鮫の背青し青し
富山の露玉
鮫太し黒曜石の槍尖る
富山の露玉
うみづらにゆらぐものみな鮫ともふ
風慈音
雨降れば鮫の匂ひの濡れにけり
風慈音
沈黙の重さゆつくり鮫の影
福蔵
鮫の腹こんなものまで出てきたり
福蔵
海に鮫ガンジスに死者押し寄せり
福良ちどり
寸前に気づく裏切り鮫匂ふ
福良ちどり
鮫匂ふ夜の納戸に隠れゐる
平本魚水
青鮫の眼窩抉れば魚の墓
平本魚水
鮫揚る地球の生きてゐる青さ
蜂里ななつ
恙なく肌を削がれて鮫白し
蜂里ななつ
捌かるる鮫より子鮫生き生きと
北藤詩旦
しるしると出刃に抗ふ鮫の肌
北藤詩旦
聞きました鮫が白目を剥く音を
北野きのこ
鮫の腹裂きたる出刃の鈍りかな
北野きのこ
鮫の背は海に擦れて海の匂い
綿井びょう
うそなんてつかないと嘘、少女、鮫
綿井びょう
海面の昏きが裂けて鮫のひれ
木江
返り血に昂る鮫を疑わず
木江
鮫揚ぐやもうたりと山陰の雲
夜行
耳塚のごとし鮫のひれ断ちつづけ
夜行
西海で鮫見たと町の有線
野の花 誉茂子
百年の座敷を鮫が泳いでゐる
野の花 誉茂子
ずふずふと鮫の呼吸に揺るる波
野ばら
鮫捌くぬるりと生きた子が二匹
野ばら
船酔いの船端鮫の集く影
野地垂木
國産みの矛の及ばぬ先を鮫
野地垂木
水槽を食み出す夢や甚平鮫
野々原ラピ
鮫愛ずる北のまほろば津軽なる
野々原ラピ
「笑う鮫」「笑わぬ鮫」と分けにけり
矢橋
鮫裂きて海のひみつを知りにけり
矢橋
処理水の海に流れて鮫の群れ
柳児
売れ残る鮫に躓く朝の市
柳児
鮫背負って教師は教員住宅へ
利尻@昭和42年北海道稚内市
鮫の腹割けば出てくるオイル缶
利平
ふりむくと鮫さういふものか死よ
龍田山門
猫に似た鮫ゐて夢を漁りけり
龍田山門
鮫釣られざらとほしくづおとしたる
緑の手
鮫吠ゆるわらふ角度にひらく口
緑の手
もうか鮫の星食うてより血の浄し
柝の音
鱶鰭の天日を孕み匂い立つ
柝の音
鮫を食む息吐くやうに嘘吐きて
芍薬
ボクサーの目の痣鈍し鮫群れ来
芍薬
鱶鰭も媼もみんな海の底
茫々
北溟のサメは淋しや海豹食ふ
茫々
内陸へ馬車の木箱の鮫臭し
いさな歌鈴
鮫もがく生の一塊としてもがく
ツカビッチ
口開ける鮫から夜が漏れてゐる
高田祥聖
鮫の嗅ぐ吾の匂いは何色か
98
軽トラの荷台はみ出し鮫走る
Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
ざらりとす病の夜を鮫の影
haruwo
大東亜屍の海に鮫は沸き
HNKAGA
これ以上開かぬと思ふ鮫の口
KAZUピー
船底をとんとんと突くのは鮫か
Kかれん
鮫の子の顎を引きずる双子の子
M・李子
光年に鮫泳がせるみづの檻
Mコスモ
鮫巡る琉球硝子の深き青
あいむ李景
嘘つきの前世はみんな黒い鮫
あおのめ
鮫漁に新米ひとり加はれり
あけみ
憂鬱な身体を鮫が出てゆかぬ
あさのとびら
獰猛とはアンモニア臭鮫の息
あなうさぎ
鮫と目の合ふ瞬間の恋煩ひ
あなぐま家の母
あの鮫は鐘響く夜の郷土食
アマリリスと夢
百歳の鮫の来りし夫婦岩
アラ
瓦礫の中に目のみ朽ちたる鮫二匹
アロイジオ
戦争の臭気してをり鮫捌く
アン
鱶を喰む軟骨こりり海さんぶ
あんず
夕凪の深い所に泳ぐ鮫
いかすみ
血だるまのままに競らるる毛鹿鮫
いなだはまち
鮫の競りこれぞと決めて深呼吸
いまいやすのり
青鮫に眠りを喰はれてゐるらしく
ウィヤイ 未樹
入れ墨を纏う女や鮫泳ぐ
うすけ
朝どれの鮫の心臓呑む比丘尼
うづら@第二まる安
僕が鮫だったら人を襲うかも
エース古賀
空へ吼ゆトロ箱に立つ鮫頭
えむさい
鮫の歯ひとつタイムマシンの破片めく
オーガストスガワラマサト
気仙沼午前3時の鮫の山
おこそとの
座礁船の主やもしれぬ鮫を揚ぐ
オサカナクッション
ひとしきり水をにごらせ鮫去りぬ
おちゃうけ
サメを見に沈没船のポイントへ
おんちゃん。@白吟句会
一升瓶立てて漁師や鮫の肝
かざばな
黒き鮫への給餌待つこと一時間
かずポン
止まるまで待つ船上の鮫の息
かつたろー。
つまり弾つまり閃光鮫なるは
かむろ坂喜奈子
記紀のうた記紀のしらなみ鱶湯びき
かもん丸茶
鮫旨し捌く出刃ある山の宿
きっちゃん
貧乏の匂ひの如き鮫来たる
きなこもち
上海の空を悠々鮫が行く
きのした 小町
あの黒き辺りに鮫の潜みをり
キャサリンまさこ
太陽はぎらぎら鮫の歯は咀嚼
くさ
偽善者は鮫の尾びれを横に描く
クウシンサイ
糠星にきうと鳴きたる山の鮫
くま鶉
鮫を吊る太きロープのあぶら染み
くめ仙人
なにせ神が鮫を創ったんだから
クラウド坂の上
美しい鮫を見にきてがらんだう
くらげを
水槽は狭し鮫の目は小さし
クロまま
鮫裂けば十八匹の仔のをりて
ことまと
昨日の鮫を君はどうしたね
コナラ
爺さまの胸板厚し鮫の海
こむらさき
我の歯も鮫の記憶を持つており
ざうこ
東京の夜空に鮫のゆうゆうと
さくやこのはな
鮫よ吾を喰らい尽くしてくれまいか
ももたもも
鮫を曳く船右側に傾ぎをり
ももたもも
じんべいざめたゆたふぎんがはこびゆく
ゆすらご
真夜の壁ぬるりと鮫を産み落とす
ゆすらご@極小の未熟児の息子の出産後一週間たち、私だけ退院する前夜、大出血ののちに大きな血の塊をぬるりと産み落とした感触がありました。(息子24歳は重度の知的障害がありますが元気に育ちました。)
月帰りらしくて鮫は眠そうだ
りんたろう
ダイハツに鮫の傷痕ついている
りんたろう
鮫の首いま大太刀を押し込める
る・こんと
どこからが海どこからが夜鮫揚がる
る・こんと
和邇食えば死者の弔い終わりけり
るるの父
鮫の眼に満月落ちて露の色
るるの父
きりきりと北極星より鮫吊らる
わこたんのまま
峠にて鮫とゆきかふ炭俵
わこたんのまま
鮫でないものにまみれて鮫の網
葵新吾
鮫飼うてみてもひとりの部屋はひとり
葵新吾
鮫は人人は鮫食ふ平和かな
葦たかし
深海にプレート眠る鮫眠る
葦たかし
鮫の影構へし銛の鋼色
安春
鮫捌くホースどくどく水通る
安春
深海を四百年大樹めく鮫
一斤染乃@ニシオンデンザメの寿命は400年とか。
鮫の雁首そろって特売日百円
一斤染乃
鮫死してなんとからだのやはらかき
浦野紗知
プランクトンばかりたべてる鮫きれい
浦野紗知
湯ざらしの鮫や怒涛の日本海
影山らてん
漆黒のピアノの中を鮫泳ぐ
影山らてん
鮫よあいつをやさしくかじってくれ
横縞
鏡の私は鮫の眼をしている
横縞
ガラス越しの鮫や隣国の不幸
加世堂魯幸
一頭の鮫を嫁入り道具とす
加世堂魯幸
鮫うねる戦の果てし壇之浦
夏 湖乃
海底をなゐの兆しや鮫の群れ
夏 湖乃
静脈に針射す夜 絶海に鮫
夏雨ちや
深海より鮫の心臓青からむ
夏雨ちや@深海=ふかみ
鮫さばく刃を研ぐことを供養とす
河合郁
鮫の臭い取れぬまま寝てまた鮫
河合郁
サメの身の人肌に似て店暗し
花屋英利
鮫の胃で対の指輪がからみ合う
花屋英利
奇怪なゆりかご鮫の卵ぐりん
花結い
みづ撥く弾丸前へ前へ鮫
花結い
朝の日は青鮫に届くだろうか
花伝
臨海の工業団地沖に鮫
花伝
笛太鼓届く厨で捌く鮫
花南天anne
市はねて鱶鰭を干す駐車場
花南天anne @TFP句会
ぼんぼんの家に鮫飼っている噂
花紋
星鮫の疑り深き目の辺り
花紋
御饌として月にかがよふ伊勢の鮫
霞山旅@御饌(みけ)=神饌
砲台も経も沈めて鱶の海
霞山旅
神様の帰りて鮫を喰いにけり
灰色狼
鮫の目の青むや出雲の空暗く
灰色狼
撞木鮫あたまはいつも尾に遅れ
樫の木
赤剥けてゐる水槽の鮫の鼻
樫の木
海女小屋の昏きに鮫の顎門かな
鮫の尾に打たれし痣の真青かな
入江に鮫豊玉姫は息災か
干しのいも子
鮫食はぬ嫁と並びて鮫を煮る
干しのいも子
鮫はもう瓶を抜け出し数世紀
喜祝音
深夜便鮫の横切るノイズかな
喜祝音
ぞわぞわと海削ぎゆきぬ昼の鮫
亀田荒太
「右足は鮫に食はせた」嘘ひとつ
亀田荒太
ためらひ傷を逃さぬだらう鮫は
宮武濱女
銀色の月奪ひ合ふ鮫の群れ
宮武濱女
海底の遺跡を鮫に明け渡し
玉響雷子
にゃおと鳴きそうな小鮫の身のこなし
玉響雷子
用を足す水面に鮫の戦ぎたり
玉庭マサアキ
水面の太陽に鮫隠れたり
玉庭マサアキ
値付かずの鮫を残して市終へる
金子加行
大鮫を剥きし庖丁風磨く
金子加行
鮫臭き答えが少し青に染む
結壱隆月
殿方に言ふことなくて鮫喰らふ
結壱隆月
回天を打つ雨冥し鮫の海
月の道馨子
鮫の肉呑みて軍歌をしたためぬ
月の道馨子
鮫捩れ漁火の如また捩れ
古瀬まさあき
もうもうと海濁らせて鮫あがる
古瀬まさあき
御饌にして常世のにほふ鮫の肉
古田秀
鮫の肉かたし第二次性徴期
古田秀
平手打ちした手を鮫が嗅いでいる
古都ぎんう
弔鐘のやうな海鳴り撞木鮫
古都ぎんう
丑三つの市場目玉が動く鮫
戸部紅屑
鮫の海に魚雷爆雷哨戒機
戸部紅屑
鮫の皮剥げばとろりと雪の色
黒子
鮫重し捌きては研ぎ切りて研ぐ
黒子
赤銅のかひなに古き鮫の歯の跡
三重丸
胴巻に鮫五〇本売つた金
三重丸
鼠鮫狂はば海の傾ぐなり
三泊みなと
鮫捌く舳先に考の見えそうな
三泊みなと
あかときの海は空腹鮫もまた
山名凌霄
鮫割けばどるんと得体の知れぬもの
山名凌霄
サメが来た止まらない反政府デモ
七瀬ゆきこ
知らなかったで済ませて青鮫のフライ
七瀬ゆきこ
鮫の身の白は優しき白と思ふ
淳風
生きてゆくことに弛まず鮫喰らふ
淳風
吊られたる胃袋と牙かつて鮫
潤目の鰯
大海は豊かな無音鮫に喉
潤目の鰯
クレーンの引き摺る鮫の吐く甲羅
小泉岩魚
腹裂かれ白き怠惰と化せる鮫
小泉岩魚
鎮魂の海の鈍色鮫匂ふ
小野更紗
茹で上がる鮫の白身のほの蒼き
小野更紗
鮫迫り去りゆくまでの十五秒
笑松
包丁の刃のあをあをと鮫泳ぐ
笑松
鮫の肉素手で触っていいものか
城内幸江
鮫降ろしデッキブラシで血を流す
城内幸江
大国様こない鮫の息くさい
常幸龍BCAD
鮫の歯に兎の皮のやうなもの
常幸龍BCAD
沖に鮫番屋に酒のやん衆ども
新濃 健
鮫なんて泳ぐ姿は律儀そう
新濃 健
病める日は小暗きみづに鮫がゐる
真井とうか
沈みゆく我が身よ鮫は笑つてゐる
真井とうか
里帰り三人参じ捌く鮫
真繍
臨月の義姉いる漁協鮫揚がる
真繍
鮫さばく私は今も横恋慕
真冬峰
鮫ゆらりきれいな君の喉仏
真冬峰
夜爆ぜて鮫は連鎖の天辺に
神誉
真白な鮫腹裂きて闇溢る
神誉
鮫の歯にひらひらはらわたのはぎれ
仁和田 永
垂直に吊らるる鮫の顔の反る
仁和田 永
漂着の鮫コンビナートの炎
水夢
深海の底に遺跡やジンベイ鮫
水夢
鮫奉り神代文字を解読す
世良日守
論文の盗作疑惑鮫を切る
世良日守
夜を裂きてサイレン遠き鮫の海
星埜黴円
鮫漁師の家の真白き忌中札
星埜黴円
センパイの養殖話て鮫なんや。。
清水 三雲
立場上鮫食べてみた会議室
清水 三雲
鮫一両牽きて石炭列車着く
西川由野
青深き駿河や鮫の眼にリゲル
西川由野
人喰はぬ鮫の眼も光りけり
青柿
鮫来たる浦の海女小屋しづかなり
青柿
本日休園ジンベエザメの健診日
青蜥蜴
迷い鮫斃れる浜へ一限目
青蜥蜴
雲ひとつ無き空青鮫びつしり
石井一草
爆ぜる鮫爆ぜるほどでは死なぬ鮫
石井一草
補陀落の沖に鮫生る潮けむり
石塚彩楓
きらきらと潮目確かに鮫の海
石塚彩楓
富士の雨湧く海底に鮫ねむる
石田将仁
醜の鮫日なかの闇に愛しあふ
石田将仁@醜(しこ)
鮫食ひて歯のぼろぼろと落つる夢
雪陽
軟らかき鮫や陽も水も痛みぬ
雪陽
寂しいと思われたくないんやな鮫は
千恵改め 苺井千恵
鮫までも食べられそうな鮫の口
千恵改め 苺井千恵
黒き月ふたり掛かりで鮫を釣る
千条之御息所
夫 鮫に なった
千条之御息所
鮫のいる海が女にひとつずつ
川越羽流
母ふいに余命さらりと鱶の鰭
川越羽流
浜に雨地引網には大き鮫
川岸輪子
手に軽き鮫の歯にふと血の匂ひ
川岸輪子
ざりざれと雲を食ふらん鮫の冬
早田駒斗
鮫はぬうぬうして風のやうな波
早田駒斗
鮫吾を喰ひたれば海静もりぬ
蒼鳩 薫
キンキンと鮫の憂鬱鳴つてゐる
蒼鳩 薫
産褥の胸泳ぎゐる黒き鮫
足立智美
青鮫の眼に音を許されず
足立智美
鰐食うて安芸へ出雲へ別れ行く
けーい〇
海の色鮫の数だけ黒くなる
けーい〇
鱶二頭船室の玻璃よごれけり
きゅうもん@木ノ芽
屑籠に長崎新聞鮫の尾ひとつ
きゅうもん@木ノ芽
鮫高く揺れてラジオは反戦歌
すりいぴい
鮫高く吊るされ左目は泣いて
すりいぴい
今度こそ玻璃通り抜けさうに鮫
あいだほ
算盤塾のにほひの鱶の湯引きかな
あいだほ
裂かれゆく鮫あたたかき眼をしたり
いかちゃん
鮫を揚ぐ炭の臭の雨の中
いかちゃん
鮫来たる水は一瞬重くなり
はごろも
鮫あがる漁師漸く暖を取る
はごろも
鮫よ代われ地上は息苦しい
三浦にゃじろう
疼きおる鮫の末裔なる八重歯
三浦にゃじろう
青鮫の影に硬骨あるやうな
蟻馬次朗@TFP句会
独身の日の鮫のゐる水槽へ
蟻馬次朗@TFP句会
銃口の暗さの眼なり鮫太る
一阿蘇鷲二
眼に指を刺し入れ鮫の頭曳く
一阿蘇鷲二
鮫の目や鉄色の気仙沼
28ひろきち
宵の口イサムの舟へ鮫二匹
28ひろきち
喉元に鮫の冷たさ残りけり
GONZA
老人と鮫を少女が飼っている
GONZA
鮫疾しみづは絡まり粘りつき
okapi
鮫往くや列島は折れ曲がっている
okapi
鮫の町高倉健のブロマイド
あつちやん
青空に鮫が浮かんでゐて秩父
あつちやん
鮫多き海峡夜の巡視船
あつむら恵女
包丁を入れるぶわりと鮫の腹
あつむら恵女
大鍋にでろりと除ける鮫の肝
あまぶー
まぐはひの痕芬々と鮫揚がる
あまぶー
鮫ってやつぁ刺身で良しカレーで良し
いしい美髯
鮫怖ろし大黒様は忙しい
いしい美髯
鮫食ぶる村にちいさな鮫の墓
いしはまらんる
ビル街やひゆるりと鮫の歯の匂ひ
いしはまらんる
神事の日知るやつがいの鮫来る
うさぎまんじゅう
鮫除けのネットやっぱり鮫いるじゃん
うさぎまんじゅう
鮫に染むB級映画の匂いかな
うま子
じんべい鮫おおさかほんまゆるい街
うま子
吾の右をかすめて鮫の臭うかな
おきいふ
鮫帯びる孤独な星の銀の色
おきいふ
保冷庫へ引きずり放る鮫の口
かぬまっこ
解体は出刃よりも斧巨大鮫
かぬまっこ
サイレンの鮫は3.5km沖
カンガルーのしっぽ
鮫殴る古希のオーストラリア人
カンガルーのしっぽ
キリストのごとくに鮫の吊られたる
キッカワテツヤ
上顎に鈎血の伝ふ鮫の腹
キッカワテツヤ
雨雲や出島の底は鮫の国
ギル
鮫の海若い酒から呑み下す
ギル
風匂ふ海へ鮫の子返しけり
ぎんやんま
海言葉風に交はして鮫を追ふ
ぎんやんま
甲板を鮫の怒りのしなひけり
まうまうと血をけぶらせて鮫の贄
ハンマーヘッドシャークに乗って火星まで
ぐでたまご
鮫の死にほろほろほろと星の砂
ぐでたまご
甲板に凍てつく鮫を撫づる波
くりでん
朝靄の臭気たがへて鮫揚がる
くりでん
引きしろふ鱶腹にぶくのたうてり
しゃれこうべの妻
吾の直下縦断したり鱶の影
しゃれこうべの妻
鮫を食う先夫と後夫と愛犬と
シュリ
鮫を食うユダはどうして裏切った
シュリ
刃こぼれや掻き出す鮫の不協和音
せり坊
海王星の卵よ鮫の派生して
せり坊
リヤカーに積まるる鮫に鰭の無く
そうり
朝市の鮫の心臓動きをり
そうり
朝またぎ犬の歯えぐる鮫の腹
たま走哉
外道とふ生き方ありや鮫泳ぐ
たま走哉
存外な出刃の小ささ鮫捌く
ちゃうりん
港町女さらって鮫食って
ちゃうりん
鳥群れて鮫打ち上がる浜の空
でらっくま
咬みきって鮫生ぬるき朱となる
でらっくま
発酵の臭ひ膨らむ鮫の腹
トポル
生コンのやうな重さの鮫の腹
トポル
鮫捌く丁稚包丁十五本
トマト使いめりるりら
出刃に反る軟骨硬し甚兵衛鮫
トマト使いめりるりら
血塗れの鰭無き鮫の山十余
とりこ
鮫が好きだけど法学部に決めた
とりこ
鮫といふ静かな味を食ひにけり
にゃん
ぶつ切りの鮫の目しんと澄んでゐる
にゃん
片腕は鮫にと漁師沖を指す
はまゆう
鮫の腹割けば未消化の海豹
はまゆう
虎鮫を振り上げ闊歩漁師の子
はるく
星鮫や雨とは痛いものでした
はるく
リビドーが淫靡なる鮫飼ひ慣らす
ひでやん
一斗缶明々鮫は吊られけり
ひでやん
鮫の背や地球ほんとに丸いかも
ふくろう悠々
銀の鰭瞬いて鮫朝陽美し
ふくろう悠々
鮫上げて太平洋をよろこばす
ふもふも
胴よりも優しく切られ鮫の鰭
ふもふも
ほんたうのやまひをさめにくはれけり
ほろろ。
鮫裂かれ肚より鉛めく月光
ほろろ。
月の錆すりおろされて鎮む鮫
まこちふる
甲板へ吐きだす鮫の夕日かな
まこちふる
鮫の目はスイッチ押せば止まるのか
みー
水槽の鮫鉄の臭い隠し持ち
みー

並

鮫揚がる沖縄からの転校生
馬祥
鮫の煮物食べし姉妹やはや星に
馬場馬子
山国の名物は鮫食卓に
馬門宗太
鮫食ひて鮫とは知らず旅人よ
俳菜ひろこ
このサメはわたつみの子なり日本海
秤防人
この波動獲物の予感急ぐ鮫
博さん
観衆の子らを睨むか鮫の子よ
白プロキオン
跳ねている鮫の子のいる五目釣
白井百合子
恍惚の人とはなれず青い鮫
白居千夜
巨大鮫海のうねりの源か
白山
青鮫や口を開けば耳塞ぐ
白水史
跪くジンベイザメの居る水槽
白猫
魚群追う鮫のまなこに光る月
白髭
満腹の鮫や昼さがりのターン
白藍こはく
鮫の身の血合真っ赤に目を射たり
時経ても癒えぬ悲しみ鮫に告ぐ
八ちゃん
鮫の鰭切り取る海の漢かな
八幡風花
鮫の歯や登録済みのアカウント
半熟赤茄子
荒波は鮫の領域舟襲う
尾張の黒うさぎ
白砂に溶ける鮫の歯ささくれたる
美翠
地を駆ける鮫の目を持つスポーツカー
百音
ゆうらりと水槽の鮫狩りもせず
百合根
鮫来たれ横腹見せてこの四畳半
漂碌魂ひいろみ
エメラルド鼻ナビゲート鮫の道
浜糠八帆
日に鰭がちらちら光るはぐれ鮫
不利を
ギャングの鮫もスープなる人智かな
富樫 幹
波動残し鮫右に急旋回す
風ヒカル
鮫の住む深海病の流行り無し
風花あつこ
南海の砂漣横切る鮫の影
風花美絵
騙された鮫や兎を許せるか
風子
焼津には深海鮫の漁師在り
風信子
鮫睨み去る深海の濁りかな
風由花
夢想壁鱶が楽譜を凍らせる
風蓮徹
潮騒に懐かれしのち鱶のひれ
蕗子
鮫を鱶と呼ぶばあちゃんの懐かしく
文女
ふかひれ丼ヨシキリザメの揚がる町
聞岳
溜息を欠伸で隠す鮫の口
平井伸明
暁暗の鮫の膾よ市場飯
碧村
サメの歯をうらやましいと思ったり
勉邪明
鰓裂の古代チックな鮫が好き
弁女
落陽の道標かな鮫背鰭
穂垂
白亜紀もジュラ紀もずっとサメ悠々
峰江
波の間に鮫の親子の並走し
放浪
スーパーに鮫の頭の並ぶころ
朋女
山ふかき飯場に鮫の煮付けかな
鮫のいた定置網の死臭かな
邦生
鮫突進100万分の1ボルト
白兎大海の鮫知らず生く
北の山猫
老人は鮫いる海へ又行くと
北摂美美
ストレスはアンモニア臭鮫の狩り
北川そうあ
食えぬ奴巧みて如何蒲鉾の鮫
北村 鯨野
鮫泳ぐマナー講師の長き爪
北大路京介
鮫裂いて手土産の箱垂れてをり
堀アンナ
歯も鰭も尖りて鮫の形かな
堀雅一
夜を明かす鮫やかたわら海蛍
本山喜喜
鮫の眼に似ている夫婦孫までも
麻衣
おしゃれかも絣模様のじんべえ鮫
満月ポン
なみおこる業の深さや鮫泳ぐ
岬夕顔
湯ざらしの鮫の皮もぷるぷると
妙女
あの曲が耳から離れず頬白鮫
眠兎
饅美味き正体知れば恐き鮫
夢バーバ
大方は優しき鮫でありにけり
夢堂
美ら海にイワシの群れと泳ぐ鮫
無苦路
鮫泳ぐいのちの連鎖四億年
名前のあるネコ
白眼なき鮫の眼鋭しく睨めかける
明惟久里
遊覧船沖で跳ねるはまさか鮫
毛馬きゅうり
葦原の伊勢神宮の御饌の鮫
網代
星降る夜鮫の口笛聞こえたか?
網野れいこ
美らの海鮫に出会いし潜水夫
木の葉
食はれたる悪しき半生鮫泳ぐ
木寺 仙游
湯引きする湯気に微かに鮫がいる
木染湧水
甲板でのたうつ鮫や波うねる
木村となえーる
不気味なるBGMに鮫の影
木乃伊
怖い鮫老いた体の糧となる
紋舞蘭
巨大鮫引っかけ船を引かれけり
夜明鳥
鮫よ泳ぎ放題喰らい放題
野中泰風
水底に鮫たむろする初デート
野本 踊
噛む刹那白眼剥きたる鮫の面
野本美食
大都会の夜のとばりや鮫が泣く
柳生うっかり十兵衛
鮫肌に擦り寄る猫が影を踏む
勇進丸さき
鮫食らうおやつの時間の一歳児
友と歩くゾウ
ふうわりとジンベエザメが通り過ぐ
有田みかん
鮫料理フカヒレ知らず舌鼓
柚月
河口まで鮫が来たよとニュースなる
柚和
山の猿食ったことなし鮫なんぞ
遊器男
鮫揚がり憎々し気に蹴られけり
遊泉
肩寄せて手に汗ニヤリと鮫を待つ
余り栗鼠
陸奥の浜風やさし鮫かわく
余熱
クレーンで上がる鮫腹白きけり
与六
風吹きて白き荒波鮫泳ぐ
妖精さん
吊るされる鮫の目に海夕日落つ
葉るみ
ズンズンと迫り来る鮫夢まかせ
葉子 A
水槽の鮫の眼蒼き海のいろ
陽気姫
海底に動かざる鮫目の動く
陽光
遠来の客フカヒレに慄きぬ
陽光樹
対義語の鮫喰い人の善人面
欲句歩
其は命人喰ろうても鮫には鮫の
羅蒐
照り焼きにするもずやずや好かぬ鮫
羅馬巴里
アスファルト鮫が悲しい人魚かな
裸時
停電の水族館に朽ちる鮫
藍時 湘
鮫と聞けば煮凝やめてフカヒレを
藍植生
宙船のごと悠々ジンベイザメ
璃芭風
水槽に鮫のんびりと泳ぎをり
里山まさを
鮫肌の感触浸る暇はなし
里之照日日
飛行船ゆらりと鮫を観る日かな
里甫
水底の鮫肌素手で撫でにけり
立山穂高
異国の夜タンゴのリズムくねる鮫
立石神流
蒼き鮫見える見えない北極星
立田 鯊夢@いつき組広ブロ俳句部北海道支部
うたかたの浮き世思ひて鮫を焼く
立歩
透明な檻に慣れなば鮫放つ
流士
口に宇宙じんべい鮫は泰然と
琉璃
迫りくるサメの歯よけて目が覚める
隆美
砂肝の食感のごと鮫の肌
竜田側
鮫住むわが胸中に狡猾をり
旅好き
甘噛みて子慈しむか鮫の母
林 和寿
ごろんごろん腹見せる鮫泣きもせず
令雅
大海を泳ぐ鮫こそ鮫である
麗し
鮫の群れ生け簀の魚狙い撃ち
蓮風
山深し備北の祭事鮫踊る
浪速の蟹造
人の傲鮫の強さも胃の中へ
論子
エコバッグで一つお握り鮫たまご
和寓
地球儀に鮫の姿の謎の国
和光
鴨川を子連れの鮫のゆらゆらと
和鹿島
青鮫や化粧に吠ゆる警察犬
和泉穣
水槽に鰯の群を追はぬ鮫
和利
鮫の眼に濁る世界と君と僕
丼上秋葵
賄いのフカは鮫なり港町
國本秀山
犬の綱手繰る浜辺は大鮫の墓
櫻波
テスト中窓の向こうの鮫を見る
涅槃girl
給食の「モウカのフライ」気仙沼
游真
四億年の生驕らず鮫静か
澤井竜子
漁網越え手負ひの鮫や海原へ
甲板の鮫は睨むと父のいふ
獺八(うそはち)
あのヒレが鮫の肌色吸い滲む
眞熊
仰ぎ見る甚平鮫より陽の光
祺埜 箕來
沖の鮫白神の湧水海に
笙女
海鳴りに鮫を呼びても浪ばかり
筬葉
小フリイデマン氏果てる汀の蒼き鮫
脩平@トーマス・マン「小フリイデマン氏」幼い頃に肢体に障害を負ったフリイデマン氏は恋愛という幸福を諦め、独り趣味に喜びを見出すように生きる決心をする。しかし結局、恋に身を滅ぼし水際に突っ伏し死んでしまう
河岸の鮫鰭は大事きりわくる
萬太郎
しなる竿苦闘の獲物嗚呼鮫よ
萬代草舟
深海の昏さ冷たさ鮫の眼は
蓼科川奈
鮫裂いて血潮は青く歯の光る
蘂六
鮫食らい鮫に食われる夢を見る
蘊竹伯
鮫の目の見ている海や二億年
餃子
妊りの鮫の腹裂き男笑み
髑六(どくろく)
鮫を煮る母の背中が嬉しそう
鵺野純
鈍色の空と河門沖に鮫
西田武
鮫の子の匂い酸っぱいマヨネーズ
西尾婆翔
親子連れ甚兵衛鮫にあんぐりと
誠馬
よごれ鮫手配写真にバツの跡
青い月
外壁青く陰り鮫の質感
青い太陽
鮫青く波頭を砕く潮の陣
青鬼灯
思い知る鮫の怖さはジヨーズから
青玄
鮫踊るや底引き網にかかりしか
静香
青海波大波小波鮫の波
石あい女
鮫怖し海無し育ちには特に
石井せんすい
臓物臭吾に染みつく鮫捌き
石岡女依
吸ひ込まる碧や鮫その目の中に
石原由女
鮫の背を朱色に染むや船の音
赤井味彩
血の臭ひ金の臭ひに鮫の湧く
折口一大
茹でこぼす鮫の煮付けを娘は孫に
千の葉
イルカかなサメかなワシントンの海
千波
手に取るもサメ肉と知り戻しけり
千比呂
打ち上げられし鮫は椰子の実食らいつく
千曜 桜
網干し場腹見せ小鮫横たわる
千葉睦女
その顔に似合わず優し鱶の肉
千里一歩
潜っては滑り込むよにサメの行く
川村栄
深海鮫あがる碧い碧い目よ
川村湖雪
右左船縁に大鮫をにひく
川島 欣也
手の跡や甚平鮫の白き腹
浅河祥子
立ち止まる日々や鮫には成れぬ我
浅野薫
悪寒連れ鮫の背鰭のすべり行く
善多丸
頭上の鮫座視悠々と旋回
素々なゆた
老鮫や老いし漁師の針を噛む
双月(そうげつ)
ふる里のワニの料理で母偲ぶ
倉の人
鮫の背のすぢ滑らかに陽をはじく
倉嶋志乃
水面下鮫は泳ぎぬ寂びし街
想予
俺様の泳ぎピカイチ鮫と鮫
早乙女龍千代
角力灘鮫の背鰭の霞む海
相模の仙人
神饌の鮫や大神宮はハレ
鮫の棲む珊瑚の海に不発弾
蒼の海
夕月や室戸の沖に鮫の群れ
蒼涯
水上をツマグロザメの黒き鰭
蒼求@オーストラリアのグレートバリアリーフでのシュノーケリングに行った際、沖の小島の浅瀬で立っていると、浅瀬に生息するツマグロザメの子鮫たち数匹が、足元をクルクルと泳ぎ回り、とても感激したことを覚えています。ツマグロザメは鰭の先端に黒い模様を持つことが特徴で、泳ぎ回る子鮫たちの黒い鰭先が水面上に見えていたことを句に詠みました。
鮫に乗り大海渡る夢の中
蒼香
ボート揺れ悲鳴の先は巨大鮫
蒼大
鮫跳んで佐渡に行きたや能見たや
蒼燃
吐きて吸う深海に生く鮫の腹
蒼來応來
鮫の眼に月の光の欠片くる
村上優貴
触れてみるケースの鮫や優しい目
太子
鮫のごと水族館を回遊す
太平楽太郎
ぴょんぴょんと鮫の頭の橋渡し
泰乙女
黒塊の夜景に鮫をのむ港
大西どもは
黒き海逢魔が時に鮫の来る
大石真大
鮫の眼の憐み誘ふ小さゝかな
大谷如水
おどろおどろし鮫を見ずして死ねやうか
大嶋メデ
悪鮫も甚平と呼び人気者
大野喬
ねめつけて不意に横向く青い鮫
大和屋としより
目が合えば鮫も笑うや水族館
沢瀉
牙を剥く鮫に牙剥くボクはんぺん
濁夫
鮫食らふ人ぞ命の有り難し
狸漫住
水槽の鮫の骸眼見る未来
炭茶尼
目を閉じて口を開ければ鮫の骨
池と堀
ビル風を逃れ鴨川鮫を見る
池田玉繭
干し網は鮫の喰み跡老漁師
池田香
陽翳る見上ぐる空に鮫の影
痴陶人
青鮫やあの悪童は警察官
竹さ
鮫漁師老いても遠き海を見る
竹林
刃にも裏表あり鮫の肌
閑散の遊泳場に鮫遊ぶ
茶々
鮫や鮫お前をわにと呼びし國
中原柊ニ
青鮫に喰はれし夢の覚めにけり
中井笙石
競り売りや大きく開く鮫の口
中村 邑
鮫を見る人水中の檻の中
中村笙平
波猛る鮫の餌やりタイムかな
中島走吟
琉球やひと救う鮫いるそうな
中嶋敏子
沖縄の鮫獲名人強きかな
中野久子
鮫しぶき観客席に乱れ飛ぶ
中野風鈴
水槽の鮫ゆったりと時流れ
仲間英与
鮫の目の鈍きひかりに低き雲
朝ぼらけ
夢に出るなよホホジロザメの鋭角の歯よ
朝桜咲花
パレードの余韻にぞろり鮫の群
潮ベルト
ハレの日にサガンボ喰らい祝い酒
長束ゆき @栃木県はでは祝いごとにムキサメを食べる風習がありました。
国境の線喰いちぎる鮫の牙
津葦
たかが俳されど俳庭に青鮫
津軽わさお
思ひ出の苦きを鮫よ喰ってくれ
追師うさぎ
鮫を釣る手応へ海の鉛色
通りすがり
深海の鮫幽々と悠々と
鶴屋桃福
魚市場鮫の水揚げ値がつかず
鶴田梅勝
鮫の背の音なき波を引き連れて
定吉
法典の書かれし石や鱶の国
帝釈鴫
唐揚げはことのほか美味じつは鮫
庭野ちぐさ
波に鮫見えし隠れて別れ哉
禎乃
人喰いと呼ばれし鮫を喰らいおり
泥酔亭曜々
百日の鮫や襟裳の供養塔
泥塗れのポスト
鮫の海白い波頭に涙する
哲庵
血の匂ひ鮫の鼻腔に老人や
哲山
浅き海鮫だと騒ぐ縁者の子
天王谷 一
鮫なれど甚平を着て仏顔
天日
新宿のビルは乱雑泳ぐ鮫
天野姫城
競市の呵責なき声鮫あわれ
貼女(ちょうじょ)
鮫の眼は黒漆ごと我映す
田村美穂
太古より命をつなぐ鮫の意地
田中ようちゃん
海を裂く鰭一筋や鮫が行く
田中一升
米国の当確知るや鮫を食う
田畑 整
鮫連れて泳ぐ人あり檻の中
田邉真舟
深海の鮫長い長い嘆息
斗三木童
シュモクザメ恐ろしからず見掛けほど
渡邉真砂
青の灯を集めて鮫ぞ光りける
登一
人の目と鮫の目同じ獲物追う
土王
ガラス越し鮫の裏腹白く見ゆ
土屋 木洩れ日
波立つ地沖に見やるは小鮫の背
唐沢衣織
連続の反対票船尾の鮫
島村福太郎
鮫の街カゴに投げ入るヒレ数多
島陽広
白波に神世の白兎さめの群れ
東の山
生臭き息を吐き鮫月見上ぐ
東山
コロナ喰え三角背びれ瀬戸を行く
東児
一年を謝して捧ぐる伊勢の鮫
東風子
独り身に「こっち来たら」と鮫の声
桃花(ももか)
湯引きせし鱶と酢味噌のよく合ひて
桃香
いか漁の網食いちぎる北の鮫
桃泉
滅多なことでは傷付かぬ吾は鮫
桃葉琴乃
病室の白壁に鮫見え隠れ
桃和
不揃いの牙の鮫描く幼かな
藤えま
鮫怖き子にコバンザメ見せに行く
藤すみ
鮫ばかり恐れていても泳げぬ海
藤井天晴
白兎ワニザメの背や八上姫
藤岡伊集
鮫よけの長き赤褌(ふん)遠泳す
藤原訓子
画面を覆う鼻先はメガマウス
藤原龍介
悪者と言われし鮫の四億年
藤源郷
親は親子は子の暮らし鮫捌く
藤倉密子
腹割けば俗の匂いや笑う鮫
豆柴
彼はヒーロー鮫にパンチで友救う
陶豪
「ハレ」の日に鱶の湯ざらしならびをり
瞳子
さがんぼの煮凍り素手でもらいけり
童好@さがんぼは、方言でさめ肉のこと。
暗闇に潜む鮫の目数一つ
銅羅の音
目の光る鮫老人の目は虚ろ
鮫二頭絡みもつれて愛交わす
徳翁
ぬばたまの冷気もたらす鮫にらみ
篤彦
脳内の記憶を食らふ鮫のあり
独星
サメを喰うキャプテンクックは低所得
豚ごりら
朝市に鮫さんかくの首さらす
那津
滅びへと向かふ葬列鮫の群れ
楢山孝明
三角のはんぺんのヒレ黄泉の鮫
南城馬天
鮫捌く八重歯鋭き女かな
南風紫蘭@木ノ芽
強い引き格闘の末鮫の鰭
二上松風
青鮫にデモクラシーの波立てり
日記
鮫の群尾びれ噛みつくインド洋
日本酒
沖に鮫足跡つけて走る子
如庵
遅かりし腑分けの済みし鮫女かな
忍冬
トチザメや外道と言われ捨てられて
寧女
鮫の目の奥の孤独や雲低し
猫渓
波高し姿見せるか青鮫や
乃乃
逆立ちしジンベイザメや餌食らう
巴里の猫
我も持つ鮫の住みたる海の底
笹弓
鮫の酒粕漬け焼きに育てられ
札六(関屋@和祝句会)
不条理に嫌われし蝙蝠と鮫
薩克期風
雨染の閉店チラシ鮫のひれ
雑草おばさん
照る夕日金波銀波に混じる鮫
鮫みわ
骨壺の軽さよ鮫の句詠む午後
皿檸檬
独りごち冷えた鮫の身つつく夜
三ツ藤康子
盃に沈む鮫呑みほせぬまま
三群梛貴
猫鮫鳴かぬ星も風もない海
三子
深海の鮫潜水艦の如し孤独
三寺ひろみ
不死の薬阻み殺さる鮫大魚
三水(さんすい)
過ぐ鮫の鰓孔任侠映画めく
三水低@第二まる安
コロナ禍も鮫と白兎の美し国
三宅くいな
海見つめ初めに探す鮫の鰭
三宅剛
浮き出でてじんべい鮫や日を喰わん
三拍
もののふの魂に添い鮫後生
三木庭
肉は美味蒲鉾になる星鮫や
三和花子
勝浦の狭き入江に鮫の音
三毳
漂流船キールにクッキリ鮫歯形
山くじら
鮫のかお憤怒おかしみ混じりけり
山河穂香
三代目襲名したる鮫のボス
山口雀昭
旅疲れジンベイサメに癒やされて
山桜昌子
零戦の骸引き上げ鮫の黙
山城道霞
鮫肉や日持ちせぬから宮城来い
山水(さんすい)
神饌の名残りや冬のさめのたれ
山川腎茶@さめのたれとは鮫の身の干物です。
雲散霧消母なる海が鮫を赦す
山田喜則
水槽に死す鮫は万の歯を零し
山踏青時雨
林立の刃隠してすらり鮫
山辺冬里
強面の鮫にも優しき親心
山野はな
鮫の歯の黒く光りて古生代
山﨑菫久
鮫の悪戯コントラバスを撫でる弓
四丁目
夜十時電報がきた鮫がきた
志保川有
光なき世界で鮫は肉を待つ
糸賀太
口の泳ぎ来たるガラス越しの鮫
糸慌@木ノ芽
うなされし鬩ぐ血潮の鮫の牙
紙威
美ら海をジンベエザメとひと泳ぎ
紙芝居
水平線背鰭が高き鮫東京へ
紫雲英
水槽の猫鮫眺入るメスのモモ
紫鋼
この船は沈みゆく船鮫泳ぐ
紫宗
美ら海の七世代先鮫ゆらら
紫檀豆蔵
梅水晶噛み締めひとり鮫と呑み
紫蘭
復興にモウカの星で乾杯し
時化田白金@モウカの星は気仙沼名物サメの心臓です。 レバーみたいな食感。
大鉤の鮫荒波を食らいけり
縞午
ポリバケツミニチュアのごと泳ぐ鮫
紗々
土佐湾の空をドローン鱶旨し
紗智
鮫既に主演を張れる役者なり
若林千影
借りてきた猫鮫泳ぐ水族館
守安ーーーーーーーーー雄介
浮遊とて鮫在る水の暗からむ
手弱女
牙のない甚平鮫や立ち泳ぎ
朱久瑠
ガラス越し歯抜けの子対きばの鮫
朱沙
二日酔ひ鮫の音波の響きをり
樹朋
小さき鮫終の棲家の水浅く
周防の兎
波を蹴るあの音は鮫かも知れず
宗平 圭司
美ら海の鮫は下よりあんぐりと
秋ひろ
鱶の肉食って明日の生を得る
秋熊
鮫のやうな目と言はれ驚く鮫
重翁
あお鮫の陰や碧し熊野灘
重波
ガラス越し鮫撃つ吾子や手はライフル
塾志
半眼を市場の床に撞木鮫
俊夫
鮫も来よ我が悲しみを食べに来よ
春の海ま
鮫の目に宿る哀しき別れかな
春よ来い
釣り竿を折るが如くに鮫つれて
春来 燕
クラムボンを影鮫の白き腹行く
春蘭素心
汁浸かる鮫の身白しレジ娘
准壹
飢え知らぬ水槽の鮫虚ろかな
順女
日本海たのしいけれど鮫の引き
緒里乃
鮫あがる港で叫ぶ男たち
諸塚凡志
鮫肌を削ぎ落したり鮫鑢
勝山
撞木鮫青の軌となりにけり
小だいふく
鮫の口吊し自慢の漁師かな
小橋春鳥
気仙沼鮫だけ並ぶ魚市場
小熊伸子
鱏のひれ綺麗に干しあげ高値附く
小熊利雄
ゆうるりとおおぐちあけてさめきたる
小笹いのり
深緑の眼の鮫や駿河湾
小山こけし
鮫巨き吊るされてなお堂々と
小山晃
サーファーに鮫の細波ひたひたと
小舟
ガラス壁きわのきわ来て煽る鮫
小薪まりちゃ。
牙を剥く何故に踵の鮫よ嗚呼
小西天
鮫去りて夕陽の残す烏帽子岩
小川めぐる
やはらかな鮫の煮付けにハイボール
小川卯月
鮫肌に遺る光と凶器の歯
小川都
海中の鮫と泳ぎし測定船
小塚蒼野
撫でるよに鮫の背測る水の中
小梅
買手無き鮫の転がる市場かな
小文吾
鮫迫る打席はいくつあつたらう
庄司直也
あなかしこ戯画めく鮫は神の使者
昇華
ガザガザの心は鮫になり蘇生
松浦麗久
鮫までも食べる人間蒲鉾よ
松岡 哲彦
ガラス越しなほ怖き鮫薄笑ひ
松坂慎太
バス旅は山間保存食の鮫
松山
海に生く鮫に非常識の危険
松山のとまと
水槽越しの鮫と私の目力と
松茶 巴@プレバト木ノ芽
モニター照らすは深海の鮫かな
松風女
鮫ならぶ兎(う)の企てを見ぬけずに
松髙日子
青鮫や本屋で探すヘミングウェイ
湘輝
鮫駅の屋根は鮫色空に溶く
焼饅頭
鮫現るこの穏やかな内海よ
照波
凶(わる)い鮫妻を求めて回遊す
笑々
鱶湯引き酢味噌で食らう漁師酒
笑酔
荒波や鮫引き上げる男衆
笑姫天臼
わに鮫と菟印旛や古事記本
上原まり
大水槽悪党顔の鮫二匹
上江洲睦
鮫おそろしやどこにおるか知らねども
上市まさ
この湾は人喰い鮫の巡礼地
上津嘉子
鮫の腹滅多刺しして気を晴らす
上田一樹之陰
鮫交はす恋の通信第六感
城山 英
新月や鮫の睨みと竦みおり
常陸人
大水槽に小魚追って鮫まわり
植木照美
鮫騙すかに遠恋の白兎
心咲
船底に鮫の歯型の残りをり
慎吾
本当の獲物はそこだ鮫の口
新井ハニワ
鮫駅の広場の鮫の群青色
新田 淑@狐狸山会
さざめくやサザンビーチに鮫の群れ
新米子
水槽の距離は虚構一尾の鮫
新陽
妻を待つ塀の向こうに鮫のいて
森 佳月
ゆらり過ぐ鮫の尾ひれの波重し
森 毬子
鮫もまた神より命授かりし
森の水車
秩父にて兜太偲べば鮫の来る
森一平
海底に鮫の歯屋根上に子の歯
森初音
原発の認可見送り鮫眠る
深山紫
漁師等が見せ合いしてる鮫の傷
鮫捌き月面から見える地球
真喜王
一人泣く夜のテレビに鮫泳ぐ
真咲よしの
鮫の歯や反りて尖りて密なりて
真珠星倫世
鮫洗う母の背井戸の傍に
真林
おい鮫よ使い捨て歯で何喰った
神戸めぐみ
もうか鮫五百グラムの星赤し
仁葉
手を繋ぐ二人の前を鮫の悠々
須藤かをる
案外と黒目勝ちなる鮫の眼や
吹子
海渡る鮫は鰭のみ天日干し
水間澱凡
漆黒や獲を捕らふ鮫の形相
水城
その口で鮫よ噛むより飲んでくれ
水蜜桃
水槽のジンベエザメの直立す
水無月
三密を笑いサメ鍋喰らう夜
粋庵仁空
青き鮫バハマの海の楽園に
杉浦夏甫
鮫ひるがへる船負けてゐる駿河湾
杉尾芭蕉
雌に雄噛み付く交尾鮫の恋
杉本とらを
鮫らしきサーフィンの板漂いて
裾野51
鮫さえもご祝儀相場で売れて行く
澄海
海知らぬ製紙の町で育つ鮫
星月さやか
温水やプールに浮かぶ笑う鮫
星夢 光風
天敵に追われる鮫と落書きと
星野美咲
晴れやかに宴の席の鮫料理
晴海南風@木の芽
久茂地川時折見せる鮫勇姿
正 山
ベンツのフェンダースリット鮫の鰓
清水祥月
深海に鮫の墓場や鰭切られ
清白真冬@高級食材として高く売れる鮫の尾ビレや背ビレ、胸ビレ、尻ビレなどのヒレを余すことなく切り取ってから、海に生きたまま投棄する「フィニング」と呼ばれる乱獲方法があり、国際的に問題となっている事を知り詠みました。
花火散るごとき小魚磯の鮫
清鱒
胸おどるリール手繰るも鮫の牙
西川あきや
鮫尾びれ干し揃いをり果ての身に
雅由
古傷の鰭なき鮫の強きこと
海愛人
ヌイヌイと海を切り裂く鮫の群れ
海葡萄
朽ち果てし艦砲跡や鮫ひねる
海峯企鵝
鮫捌く父の背中の隆々と
海老海老
深々と珈琲淹れて鮫を飼ふ
絵十
シャチ見ればホオジロザメの逃げにけり
貝花
水槽の鮫ゆったりと睥睨す
額田のおおかみ
鮫の海五右衛門の赤い褌
笠原 理香
サメ集う海咲き誇る花々
叶田屋
饗さるる備北の里の鰐湯ぶき
釜眞手打ち蕎麦
黙想の鮫を衝き抜く地震のあり
鴨川水鏡
鮫の腹離陸の冬の戦闘機
寒国
吊るされる鮫の焦点結ばれず
勘太郎
カヤックの真下を王者の如く鮫
甘蕉
鮫の目や荒波の魚捕えたり
間仁田彩
鮫漁や鰭くらいくれてやる
閑茶
どの鮫もこんがりと焼く昼間かな
舘野まひろ
港美し競り待つ鮫の堆き
岸来夢
映画のやう市場に並ぶ鮫を見て
岩 六九
伝説の多き鮫なり神がかる
喜多輝女
鱶鰭を食べたことなき味知らず
喜多吃音
鮫の歯や命の限りわろてんか
紀杏里
山ひとり鮫の目のごと深き闇
貴貴
大口たたくくらゐなら鮫になれ
輝 龍明
延縄も鮪に代り跳ねる鮫
輝峰亭
ロレンチーニ器官に感鮫の笑み
鬼平哀歌@ロレンチーニ器官は鮫の感覚器。微弱な電気を感ずるそうです。筋肉の収縮の伝達信号など。この能力で餌を探すことができるとか。
ばくばくと心音激し鮫上がる
亀山酔田
鮫に小魚飲み込まれ青い海
亀子
鋼鉄の潜水艦か鮫がゆく
亀子
悠々と泳ぎ来る鮫うつろなり
亀石玲子
迫り来る鮫の背びれも美しき
亀田かつおぶし
水族館ジンベエザメは水玉だ
義勇
天日干し僅かに揺るる鱶の鰭
菊池 克己
さがんぼや栃木で鮫を煮付けたる
菊池洋勝
寅鮫の卵包み込む緑
吉井郁恵
鮫の口水族館の十八番なり
吉村よし生
廃屋に鮫思ひ出す匂いかな
吉野 春夏
撞木鮫神代の王の姿して
吉野川
硝煙の臭ひの夜を鮫の群
橘まゆこ
偶然に鮫と生まれているだけで
橘明月子
閉館の迫る水槽鮫迫る
杵築きい
一対の鮫暖流をのぼりけり
久世有仁
青鮫やはなつ呼気ゆく空すがし
久素木葉子
鮫とききあのメロディが耳の奥
久鍋得利子
鮫走る時戦闘機西へ急ぐ
久留里61
玻璃一重隔てし鮫と戯るよ
宮坂暢介
鮫嗤う空の王者や戦闘機
宮坂変哲
水族館鮫の頭(かしら)に後ずさり
宮写楽
海底に響く金音(かなおと)鮫の恋
宮島ひでき
大時化の夜海底に鮫二匹
宮本象三
おじちゃんの鮫は旨いはほんとかな
弓女
鮫の顔悪役らしく尖りけり
球子
海境へ没る日の涯や鮫の国
虚実子@海境=うなさか
嫌われし鮫になりたし地を泳ぐ
京あられ
荒磯に息絶えだえの子鮫一匹
京丸
荒海や鮫も静かに潜るかな
曲がりしっぽ
いだき締め金波に鮫を探すかな
玉井瑞月
復興を遂げる鱶鰭産地かな
玉井令子
魚市場土間でのたうつ鮫二匹
玉悦
鮫の卵披露宴にて初食す
玉京
神話ごと島並行くか鮫ならべ
玉治
食べたことの記憶は靄や鮫の鰭
玉城
サメと言うふかと言うかやひれ甘煮
玉泉
大日女の神撰となる鮫を干す
近江菫花@伊勢神宮の大日女(天照大神)の神撰に鮫を干したものが供えられる。
出雲国鮫は鰐だと言いとほす
金目銀目猫
頂きぬ鮫の心臓生食用
吟  梵
網たぐる漁師の腕鮫暴る
銀 次郎
ジンベ鮫水槽ハラに同じ影
句詩呼
鮫に聞くなにゆえ冬の季語なのか
句瑠圃
人類史を尻目にますぐ鮫の鰭
空野千鶴
手を絡む猫の舌ごと鮫群れる
栗田もとえ
鮫の横過ぎ芸人のリアクション
圭右
深き青鮫引き裂きて白き波
景清華
鮫眠る静止画像のやうな海
桂奈
鬼おろしたっぷり母の鮫すくめ
渓翠@青東高
競りの声宙を見る鮫累々と
月城花風
自撮り棒じんべい鮫を逃しけり
月野ひとみ
山深き故郷で食べた鮫思ふ
健々
鮫が泣く誰の思いを喰うたのか
犬井山羊
懐かしき匂い鮫の煮こごり里の味
犬散歩人
鮫感ず百万分の一ボルト
研知句詩@いつき組広ブロ俳句部
船長の手柄話と湯びき鱶
元喜@木ノ芽
まさか撞木鮫に生まれ変わるとは
古賀
鮫群れて君は来るのか来ないのか
古都 鈴
併泳の小魚ゆるり鮫ゆるり
胡麻栞
五歳児の描く鮫の歯は五十本
後藤麻衣子
水槽の鮫や恐怖もなかりけり
鯉女子
穏やかな海に影あり鮫二匹
光源爺
鮫の顎飾る漁師の自慢かな
光友
杉の木の十本を切り鮫を食ぶ
向原かは
潜水艦めきて地を這ふ鮫の影
好文木
岸壁に鷗も寄らじ巨大鮫
宏楽
鮫の肌自分を守る鎧服
工藤忍
ざらざらとここに鱗や鮫の肌
工藤忍佳
少年の顔色かへず鮫を裂く
工藤悠久
ふてぶてし形は最後の鮫の競り
陸の鮫虚空睨みて最期かな
幸紀
科学的根拠さておき鱶の鰭
幸久
冬鮫や郷土料理はワニの刺身
広島 しずか80歳
鮫の顔なんとも嫌で縮こまる
康子紫
鮫の目や深海からの恐怖なり
康寿
六尺のふんどしなびき鮫を追ふ
江雲
鮫鳴いて鳥は海辺に近寄らず
江戸川青風
ガラス越し革命の目でありて鮫
江藤すをん
白い腹みせ絶滅危惧種の鮫
江藤薫
カーブする新幹線や鮫の旋回
江里口泰然
鮫の目よこっち向くなと平手打ち
港のパン屋
白い雲黒に負けるな今朝の鮫
甲山
洞穴を吹き抜ける風鱶と化し
甲斐紫雲
鮫捕獲す肝油ぐびりと老漁師
紅さやか
美ら海のジンベイザメの呑む宇宙
紅雀
鮫群れて漁師見送る日の出かな
荒磯魚々
白水郎鮫の生命に出刃を置く
香依蒼
鮫の棲む部屋の戸の外食事置く
香栄
肌合わす心亡き身や鮫も夜
香羊
母に聞く鮫の煮付けのイロハかな
高橋笑子
流木の寄せる浜辺の果てを鮫
高橋寅次
鮫の背か三角波か那智の沖
高橋平地草
粉骨もゴミも指輪も鮫の中
高倉ちとさ
逆さ吊り裂かれ干されて鮫一体
高津喜久子
青鮫の庭に来たかと風のあと
高田 仁和加
鮫の歯を拾ふ人気のなき浜辺
高木音弥
甲板より鮫の魚影を見てをりぬ
国代鶏侍
鮫の歯の裏より出づる無念かな
黒麹 糀
鮫のひれ双眼鏡に現るる
今井佳香
さがんぼや見たことのなき波の色
根本葉音@花芭蕉句会@海なし県の栃木県県北では、アブラツノザメを「さがんぼ」と呼んで、冬場に食べる習慣があります。
去年二頭今年一頭甚平鮫
紺乃ひつじ
『獲物だぞ』一気に開け鮫の口
佐山夕子
昼過ぎの市に残され白き鮫
佐藤香珠
削られし町の港に鮫群れ来
佐藤志祐
朝市に鮫肉並ぶ港町
佐藤俊
鮫の眼に宿れる原始夜の海
佐藤和束
くはれても鮫みずをかくなほはをかへて
佐保
鮫ゆらりすは丸かぶり波の紋
左馬頭直義
撞木鮫の群れに導かれる出口
沙那夏
鮫の歯を通過してまた戻る海
砂楽梨
七人の敵退けて鮫帰る
歳三
鮫喰らう美女頼もしき大三島
犀鳥
長谷寺の遠く見ゆる鮫の鰭
細川 小春
鮫光る旋回の背は七色に
細木さちこ
サメ従え海底ケーブル敷設船
菜々の花
鮫喰らふ勇気も意味も無いほどに
咲く耶とこ野@木ノ芽
にっこりと微笑むサメもいるのかな
強面の鮫の切り身はやはらかき
桜の翳
奴智鮫釣りに興じて東京湾
桜川麦枝
鮫来たる眼と歯鋭き素浪人
桜姫5
悪役のレッテルはられ鮫何思う
桜木さくらもっち(レイ改め)
オホーツク逃げろアザラシ鮫怒涛
ふあり光
眼差しは意外に間抜け鮫笑ふ
ふあんた
水槽の鮫のまわりの瞳かな
ふさこ
鮫の群水平線のまえはあを
ふっこ
鱶鰭の味さえ知らで八十過ぐる
ふみ
山陰の露店より鮫焼く臭気
ふるてい
一時間鯨鮫の皮膚を追う
フレブル
来世には鮫になるらしこの恋は
ほしのあお
薄明の旅を待つなり月と鮫
ほのぼぉの@蚊帳のなか
鮫の身はピンク結果は封の中
ぽんこ
作業場に鰭なき鮫のピラミッド
ぽんたちん
波果てて鮫油は海を燃え尽くす
まいまい
サメ静か満腹重い瞼かな
まこと(羽生誠)
人の背をゆうに超えたり鮫恐し
マツイミキロウ8191
鮫釣りの屋台や吾子の修練場
まつやま孝子
海暮れて砂に隠れし鮫の影
まにあ
青い海忍び寄りたり鮫のヒレ
マユミ
じんべい鮫を神の使ひと諾へり
まりい@木ノ芽
おお鮫よ我も沈まぬよう生きる
まるみ
鮫も空飛んでみたいと思うのか
みえ
鮫の歯に祖父思い出す砂浜と
みかん
深海の記憶の薄れ鮫の夢
みくにく
散骨の遥かに父か鮫の見え
みずの風華
鮫捌き柔き白身は刺身にて
ミセウ愛
軟骨をくねらせ泳ぐ鮫無音
ミセス水玉
鮫の顔どこかで会った友に似て
みつき小夏
孵りたる鮫や最初の空の色
みつれしづく
鮫釣って俎板買いに行きし夢
みどり
カリブ海ジンベイザメの立ち泳ぎ
みにとまあいこ
鮫の歯や耐えてきたことの多し
みのる
幼き日水溜りにもサメがいた
みのるに
鮫を見て泣いた記憶や今もなお
みほめろ@いつき組広ブロ俳句部
荒波は怒り狂った鮫の閧
みやたひろみ
波騒ぐ鮫は天弓掴もうと
むげつ空
鮫の歯か名司会者の切り返し
むさかず
鮫捌く不協和音のセロの音
むじーじ
鮫あぐる舳の男のしたり顔
むったん@狐狸山会
水槽の鮫と目が会い後ずさり
むべ
回遊す水槽の鮫尾鰭欠け
むゆらー
鮫の群れ一直線に進みけり
むらたふみ
鮫の顔への字の目尻と思ひ視ゆ
むらのたんぽぽ
吸い込め鮫プランクトンも吾の小言も
むらぴ
鮫の腹黒き縫い目の傷があり
めしめし
鮫もいるプール廃校水族館
めりっさ@高知県室戸市にある「廃校水族館」では、かつて小学生が泳いでいたプールで鮫を飼っています。
鮫の目ざめ飴色に染められた夢
もこ
鮫担う漁師の群れのまぶしけり
もちえちゃん@狐狸山会
鮫の目がぷかぷか老眼だつたとは
モッツァレラえのくし
名刀の如切れの鋭き鮫の歯や
もりお
深海の鮫に寿ぐ平和な世
もんちゃん
モロ並ぶ誰も知らぬか栃木県
やいたもん@自分の住む栃木県では、サメの事をモロと言います。そんなわが故郷の栃木県は、今年、都道府県の魅力度ランキングで最下位の47位になってしまいました。買い物先に陳列されたモロを見て、サメをモロという事も、そんな栃木県も知られていないのかという虚しさを詠んだ句です。
砂浜の鮫海に投ぐサーファー等
やこばあば
鮫がきて釣り糸切りて放り投ぐ
やっせん坊
美ら海の沖醤蝦ひと呑み鮫の口
やっちゃんち
整理する写真の山に黒の鮫
ヤヒロ
鮫の歯の飽くなく生まれ喰らいつく
やぶつばき
モニターに深海鮫の目の軌跡
ヤマボー
悠然とジンベイザメが蒼い海
やまやま
鮫眠る我が細胞の奥の奥
ヤモリ @鮫のゲノムDNAは人に近いそうです!
水族館王者の如く鮫泳ぐ
ややま
鮫泳ぐ地球一周五分前
やよえ
死神と呼ばれる鮫の孤独かな
ゆぃ
釣り上げてみれば頭だけ鮫のヤツ
ゆうこB
花形の鮫に寄生小判鮫強気
ゆーや(み)
ふうわりと澄む出汁染みるか優し鮫
ゆー子さん
鮫喰らふ備北の里や号す鰐
ゆきを
鮫も吾も研ぎ澄まされた生命なり
ユク
最後には鮫の肉だと教えられ
ようこ
ハードボイルド気取る男や鮫沈む
よしざね弓
極まれり佇む鮫や黒い海
よし季
ダイビング鮫の子見つけ無我夢中
よつ葉
シュモクザメ釣果横取り太刀半身
よひら
大阪でめちゃ売れていふ鮫のにく
よぶこどり
青き鮫兜太の水脈を記憶せり
ラッキーの母
大鮫や狙ひ定める鋭い眼
リカ
見つからぬ悪夢の出口恐怖鮫
りこ
海の王者と呼ばれし鮫の目は優し
リバティーさん
知らせあり逸る道々青き鮫
ルイボス茶
轟けり鮫顎を開け猛進す
るみ
鮫躱し鮫の歯拾う飼育員
れい
海のギャングてふ鮫クレーンに吊られけり
れっどべりー
鮫の肌ざらざらとして海の色
れんげ畑
鮫喰みし三重の田舎に想い馳せ
ロクヨン
空を舞う鳥見上げ鮫海を舞う
ロティ
放たれし鮫の子ひらり波に消ゆ
わかこ
鱶の海登場曲にベース音
をぎやかなた
死してなお濁らぬ鮫の眼の孤独
阿波
さがんぼの煮凝ありし厨かな
悪七兵衛@煮こごりといえばさがんぼを思います。今はなかなかお目にかかれない昭和の味です。季重なりですが。
見上げれば鮫の歯ぎらり海の底
葦乃灯子
安いけど買えぬ、恐いよ…鮫切り身
休むな止まると死ぬのだ泳げ鮫
案山子@いつき組広ブロ俳句部
海潮音人喰ひ鮫を人が喰ふ
杏と優
スリッパの如き顔並ぶ市の鮫
伊沢華純
ヒト何ぞ鮫の涙や煌きや
伊藤興味
人を食ふいや人が食うたら鱶となむ
伊藤欣次
見てみた鬼鮫肌といふ鮫の貌
伊藤訓花
鮫の口アッという間の雪崩かな
伊藤善隆
君逝くや鮫の生まるる海の底
伊予吟会 心嵐
おばあちゃん鮫の目可愛いいねと孫
位子
オンラインニュース美ら海の鮫の死
井田みち
迫り来て大口開く鮫の牙
一の介
漁火の漁船にぎやか鮫眠る
一井蝸牛
横たわる鮫を横目に猫またぎ
一周
吹き荒ぶ河岸に山積み鮫の鰭
一純。
可愛いと褒められたいのに何故鮫に
一生のふさく
鮫の眼に宿る冷たさ古代から
一石浩司
鮫の目の星の瞬き海の闇
壱太
伊予の鮫なみのなみだを受けてみよ
宇砂紀の女
沈みし帝国の主となりし鮫
宇田建
鮫の目に泪はありや海の黙
烏兎
中華街暇もあらば鱶の鰭
烏兎怱々
孫の舌フカヒレ食ふて鮫を知る
羽光
鮫がもし人なら三本刀の士
卯月十二
鮫眩き鰭はたぷたぷ船の上
卯年のふみ
深海のなおその奥も鮫支配
閏 務 (うるうつとむ)
水槽に過保護の鮫となり果てる
英子
鮫泳ぐ姿に見入る水族館
詠野孔球
鮫見れば昔の映画寝れぬ夜
越後縮緬
深海より揚がり鮫の眼の虚
越智空子
鮫取りに命を賭ける三代目
水槽の大鮫にのみこまれたし
縁穐律
白むくや偽りの無い鮫のはら
塩原太助
鮫二匹川遊び来て日照り雨
奥ノ木蛍子
迫り来る鮫の瞳の奥の虚無
奥山凜堂
諸行無常牙生えざりき鮫の顎
岡田 浩彰
狂気の眼吹きっ晒しの鮫市場
乙華散
鮫出ると注意書きあり無人浜
音のあ子
一万の歓喜歌う鮫がくる
音人妙歌
鮫の身や白線薄れる事故現場
下村ひじり
緑青のとけだしたうみ鮫下降
佳子
待ちぼうけ吊られし巨大鮫の前
佳里
鮫を描く吾子のクレヨン赤と黒
加賀くちこ
おさまらぬ腹の虫をば鮫が喰う
加賀もずく
鱶鰭の料理に文句なかりけり
加和 志真
我ミッドナイトハイウェイ鮫のごと
嘉子
鮫捕れし終いの住処や鮫洲沖
夏みかんの亭主
明治より途絶えぬ襟裳鮫供養
夏目たんちゃん
巨大ザメ瑠璃の砦に泣いてゐる
果音
鮫憩うモルディブにある漂流物
果禄
食らひつく頬白鮫の目の虚
河原つばめ
鮫一本捨てるとこなし鰭も歯も
花ほっぺ
波しぶき鮫迫りくる迫りくる
花咲明日香
マリンスノーの闇の奥より鮫出ずる
茄子紺
鮫は鮫誰が何言う鮫は鮫
華らんまま
ぼんやりと鮫が顔出す一口目
蛾触
俳優の貌してジンベイ鮫登場
賀代
因幡鮫世渡り機微の指南役
雅鬼
紅白が鮫の口元鮮やかに
雅枝
深淵に漆黒の影鮫纏う
おうれん
猫鮫や金を貸してと泣く女
おかか丸
おほわたに大あくぶかな撞木鮫
オキザリス
助け合ひ甚平鮫に小判鮫
おけら
鮫を喰う現に人とは恐ろしや
おさむ
猫鮫の剥製母校百周年
おたまじゃくし
飼うならば奥飛騨の鮫キャビア食う
オリゼ
鹽竃の鱶はゆらゆら露わるる
お漬物@鹽竃(歴史的表記)⇒塩竃
迷わずにホオジロザメになれと言う
カオス
からかひの一つの言の葉猛の鮫
かこ
鮫の歯をくれたあの子は元気かな
かたちゃん@いつき組広ブロ俳句部
強面の鮫競り落とす頬ゆるむ
カタツムリ
切り裂いて進む丸みや鮫の鼻
かたな
頭上より迫る来る鮫大水槽
かっとび
海底で積み重なって憩う鮫
カヅラ梅@鮫の9割は人を襲わない大人しい性格だそうです。そんな大人しい鮫の一種であるオオテンジクザメは日中は海底で積み重なって休んでいるそうですよ。
波静か波たつ恐怖鮫いずこ
かなこ
さもあれど山葵も恋する鮫の肌
かまど猫
鱶鰭のレレレレレレと天日干し
かめのべ
鮫喰らう父の背中も丸くなり
からすちゃん
鮫一尾焼いて喰いたい産褥期
カルメ狐
見あぐれば明るいトンネル撞木鮫
カワウソ(み)
令和二年人喰い鮫は腹空かし
カワウソ3号
撓う竿鮫と死闘の漁師の子
かんこ鳥
鮫の海円陣組みて漂ふと
キートスばんじょうし
背鰭出し切れものの鮫船泊
ギコ
絶滅種遠くの海に鮫放つ
きのと
鮫ねむる海に降れ降れ銀の雨
ギボウシ金森
深山の光射し込み養鮫場
キミネコちゃん
ガラス越し鮫に投げキス園児たち
キョンちゃん
鮫の眼の闇に泡と血潮かな
ぐずみ
青む月じんべえ鮫の子守唄
くみくまマフラー
エウロパの鮫の進化の肌の色
ぐりえぶらん
鮫の背を渡る白波清々し
クリスマスローズ
鱶喰ひて鮫に喰はれて天地かな
くれまてぃす恵子
感情のなき眼の鮫を威嚇する
ぐれむりん
乗合や鮫にパニクる時合いにて
くろべぇ
水槽を叩き目が合うイタチザメ
けい
夢なるはカリブ鮫とダイビング
こいぬ
鮫捌く工場に沸く機械音
こうちゃんおくさん
鮫の目に第六感を覚えたる
ゴールデン文子
金沢の曇りのような鮫の肌
コキア
ほら視てみい真っすぐじゃろう鮫の眼は
ココダン
動きおる網にかかるは子鮫かな
こぶこ
伊豆沖は鮫の王国血の香り
こま
俺の海荒らすなかれと鮫の鳴く
さかもと眞紅
眠れない夜の彷徨鮫の夢
さくみ
絶対覇者鮫に諂う小さきもの
さくやこのは
海の中泳ぐ鮫達牙を向く
さくら
赤々と鮫の心臓白き皿
さとう菓子
おとなしき巨大水槽中の鮫
さぬきのたぬき
半開きいと疎ましき鮫の口
さぶり
果し合い小舟の漁師巨大鮫
しーたん
群青の空見上ぐ鮫懺悔の夜
しー子
すみませんリリースをつりて帰すサメ
しおかぜ
海に鮫見知らぬとこで道迷い
しげとし
鮫揚る波止のぐるりの大歓声
しげる
小さき目や真実のみ見る鮫なれば
シビック団 紙ふうせん
荒波にいたのであろう古代鮫
しほり
鮫語る飼育係の光る頬
ジミーあゆみ
二度見する鮮魚パックの鮫の文字
しみみ
鮫の来し遊泳場や波静か
しゆういずみ
ぬらぬらと鮫の来し方海蒼し
じょいふるとしちゃん
地引き網小鮫かかりし目をこする
シルバーメダカ
味噌あえの歯ごたえたしか土地の鮫
シロクマ太郎
鮫釣りや肺活量五千超
ず☆我夢@木ノ芽
水槽を鮫使わぬ歯恐ろしや
すいりう
ガラス越しオイラに鮫が牙をむく
すぎやん
鮫悠遊草書のごときゆらゆらと
スマホ優
目を剥いた鮫も憐れよ魚市場
せつこ
鮫悲しメロスの如く友信じ
せんべい
老人の闘志雄雄しき鮫の海
そうま純香
手をあげて触ってみたら鮫の肌
それぞれのしあわせ
開閉すブラインドめく鰓は鮫
ダイアナ
ふかひれを供え釣り師の慰霊祭
だけわらび
鮫睨む小水槽の静もりに
たこぼうず
甚平鮫大海原を夢に見る
だだちゃ豆
荒海や銛受く鮫の野武士面
たつき
北館2階廊下西端鮫の剥製は眠る
たま蛙
美ら海や紅茶飲み見る鮫の腹
ダリア
虫歯治療勇気のまじない俺は鮫
たるみ
語られるたびに大きくなる鮫よ
たろりずむ
水族館鮫を丸呑みする鮫よ
ダンサーU-KI
鰭取られ身は捨てられて鮫哀れ
たん造
歯を見せる鮫の顔つきフランケン
ちか丸
鈍色の海映すごと鮫の肌
ちばくん
鮫跳ねる恋しかるらんとぞ跳ねる
ちびつぶぶどう
船の周りシャーク泳ぐじわじわと
ちゃな
言い分は鮫にもありて神話かな
つき あかり
歯抜けの子ジンベイ鮫の口可愛い
つづきののんき
鮫見たと沖を睨む子銛かまへ
つつ井つつ夫
白き鮫捌く女の浜絣
ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部
夕暮れや泳ぎし鮫の悲しさよ
つわきの嫁
水槽の鮫の腹身の銛痕の
ティアラ文緒
槽の鮫の眼だけがこちら見て過ぎる
テツコ@第二まる安
美ら海の鮫や歓声独り占め
でんきゅう
口角の上がらぬ鮫の愛想かな
でんでん琴女
鮫の眼の浮世絵となり写楽の眼
ドイツばば
大海の重き鼓動や鮫の影
トウ甘藻
鮫童兜太とあそぶ秩父の子
ときめき人
岩なのか鮫の背なのか目眩嗚呼
ともかわすてむ
腹見せて鮫の眼のうつろなり
とも子
戦利品老人の手に鮫残滓
とんとん
歓声にジンベイザメの悠然と
なかの花梨
藍壺と鮫の目玉は同じ色
なきうさぎ
うねるうねる鮫の腹中暗き底
なご
まぼろしの釣果となるや鮫のあと
ナタデココ
雲重くわにてふ鮫の並ぶ海
ななえ
鮫潜む海カルネアデス何思ふ
にー
ガラス越し鮫と目が合う怖がる子
にいやのる
水族館主の如く鮫游ぐ
ニッシャン
鮫を食う盛った切り身に箸すすむ
にゃんみー
鮫さえも美味しそうだと水族館
ねこか花はっか
深海をゆく鮫の眼に空の碧
ねこごはん
絢爛な美食家共と鮫の暮
ネコ目
鮫踊る波の欠片を砕きつつ
ねむり猫
転勤の先で教わる鮫の味
ねもじ
躙り口のぞけば蒼き鮫のゐて
のつり
細目の鮫海溝深き潜みをり
のぶ子
クリーム買う我が頬さすり鮫眺め
のもとみな
海岸で尻餅ついて鮫笑ふ
のりた
嫌われて鮫の孤独に寄り添いぬ
のりのみや
沖縄の浜辺で食べた鮫ふつう
のりりん
我が海は今に思へば鮫の海
はちゃ
プラントの灯 釣れるは鮫ばかり
ハチ太郎
狭庭にも青鮫二匹飼ってをり
はづきめいこ
岩礁を鮫と見まがう朝ぼらけ
パッキンマン
トロ箱の標本めきぬ鮫の口
はなあかり
浮子見る釣り師そばに仰向けの鮫
はなだんな
鮫泳ぐ鰓孔五対剥き出して
はなちゃちゃ
漁師町鮫の歯語る武勇伝
はまお
海原を気儘に泳ぐ鮫親子
はら美華子
海の底さすらふ磁力狂う鮫
ハルノ花柊
海ギャング敵にする鮫背をくらべ
ばんしょう
我戦士青に灰色魅せる鮫
ばんどうまーぴー
鮫姿突如現る大海原
ひーばあちゃま
舟人やホオジロザメの牙先に
ひぐちいちおう(一応)
サメ釣った目に何映る何思う
ひとえ
鮫の歯に手を入れてみる博物館
ヒドリガモ
鵠沼の波が嘯く鮫百尾
ヒマラヤで平謝り
フカヒレと遠くになりぬコロナかな
ひみ
老漁師猛る鮫へと突きし銛
ひめのつばき
桟橋に釣りし小鮫や木打つ音
ひょうたん子
有磯海鮫の太息呑み込めり
ひよこ草
鮫浅瀬に乗り上げ寝むる鱶
ひよとり
神話ごと海渡りたし鮫踏みて
ひよはるばば
鮫の肉喰ふや私はただの人
ひろきち
鮫の顔よく見てみると懐かしい
ひろくん13さいのママ
ファーストキス鮫に触れた気分する
ひろやままん
「ワニ」と聞きそろりと食むや鮫二切れ
びんごおもて
サメが来た波を作ってざわざわと
しまちゃん(9才)
がうがうちゅうジンベイザメのたちおよぎ
野の花いとか(5才)
それくれと手強い妹鮫みたい
野の花さな(8才)
深瑠璃へ螺旋落ちせり鮫の首
多事
「鮫、締めていい?」とひとまず兄を見て
打楽器
鮫の息安土の城を焼き落とす
鯛 風
甚兵衛鮫丘の牛のたたずまい
迫久鯨
散骨願ふ父鮫と龍宮へ
比良山
鮫上る浦内川の濁りをり
28あずきち
鮫回る時計も自転も右回り
99カリン
さんざめく星鮫独り遠き海
acari
血の匂い鮫の軍団沈みて来
aya
元ヤンの繰り言の肴鮫まつり
Benじい@rider
歯を剥いて迫り来る鮫ガラス越し
hiroro
鮫刺さる荒波甲板波しぶき
MMゆき
益荒男の網の捕らへし人喰ひ鮫
sakura a.
鮮血は煙のごとし鮫の鼻
sol
哀しからずや鮫の眼(まなこ)に在る孤独
syuusyuu
ガラス越しなれど鮫の目吾を射つ
yoko
鮫の骨伝える太古の息吹かな
yuyura@鮫は歯以外は軟骨なので化石が残るのは基本的に歯だけ. 身体の骨は残らなくても,残った歯が確かにそこにいたということを伝えてくれる. 想像が膨らむロマン存在.
シュモクザメ好奇の視線って、いたい
zzda
再生へ鮫悠々と泳ぎゆく
あーすススメ
泣く子達水族館にサメの唄
アーナンダ
網の鮫水揚げ最後に猫またぎ
アオキシゲル
親心鮫に飲まれて知る人形
アオハル
鮫あわれ「海のギャング」と疎まれて
アガニョーク
どうもうと言われ走る鮫と泳ぐ
あきののかなた
死ぬる日や鮫も一尾の魚となる
あさぎいろ
筋肉の隆々たるや鮫しなる
あさり
鮫の歯を守りとするや海の人
あじさい子
姑も鮫も帰りし浄土かな
あじさい涼音
目を泳がせて水槽の鮫無力
あずお
夕闇に紛れて鮫は彷徨す
アストロ@夏銀河
ここは一つ鮫よひと肌脱いでくれ
あたなごっち
小さき目の寅さんに似て鮫回遊
あね猫
山奥に嫁ぎ初めて鮫食す
あべの早太郎
水族館やさしい鮫は餌を食う
あべべ
吊り下がる鮫の目丸く小さくて
あまぐり
白兎寒さ滲みる因幡の鮫
あみだじじい
ゆらゆらとアクリルパネル越しに鮫
あみま
硝子越し鮫の目海を忘れたり
あらら
撫ぜらるることを拒みて鮫の肌
いくた 武
鮫刻々待ったなしのスクリーン
いくちゃん
網に入る鮫はいらぬと放り投げ
いくらちゃん
波に投ぐ泡消えぬ間に鮫よ喰え
いく葉
海溢れ涙溢るる鮫の海
いさご眠人
横たわる君深海の鮫の息
いたまきし
鮫の目の二三最終電車かな
いち坊
蝶鮫の命の粒や輝けり
いつか
クルーズ船子連れの鮫を見つめつつ
いまいち
血しぶきを浴び鮫の眼のなお白く
うに子
蝶鮫にかます二の腕無重力
うめがさそう
大海原静かに速く鮫寄りぬ
うらら恵子
いっときも止まらぬ鮫の業をいふ
ウロ
沖縄の甚平鮫や福の神
えいぎょ
鰐来とて薬味とらむと上の畑
エイシェン
温暖化鮫も悠々北の海
えのくしひかめく隊 へやま
内海で釣り上げたのは鮫だった
えび天
三線の音渡る海鮫潜む
えりいも
鮫捌きハツ刺し喰らう洗い場や
オアズマン
格闘し鮫釣り上げ肩落とし
オイラー

ページの先頭