俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >
  3. 寒海苔

第254回 2020年11月12日週の兼題

寒海苔

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)
 
●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●初の応募です!/イレブン
●初めての投句です。 直接観たことのないものに対して俳句を詠むのはなかなか難しいと感じました。/からあげあげたて
●今回、初めて投稿させていただきます。 このようなホームページを作って俳人を応援してくださる松山市や近郊にお住まいのアマチュア俳人の皆様はとても幸せだろうな、と思います。(私は遠方に住んでおりますので) 今後は機会があれば投稿させていただきたいと思っておりますので、また新しい募集の程よろしくお願いします。/シラサワ
●俳句初心者で初めて投句します。よろしくお願いします。/乙女椿
●初めての投句です。 緊張しました。/柑たちばな
●初めてのポストです。初めて8か月、裾野で俳句を楽しんでおります。皆様の句も楽しみです。/月萩つなぎ
●初投稿です。稚拙ですが よろしくお願い致します。/若葉マーク
●初投句になります。俳句ポストの存在はもちろん知っていましたが、ハードルが高い、と敬遠していました。何故投句するようにと心が変わったのか、よくわからないのですが、夏井先生がYouTubeで仰った「グリコのおまけ」が一回でもいいから欲しい、と思ったのかもしれません。「グリコのおまけ」はもちろん取れたら嬉しいですが、取れないにしても一つの兼題にしっかりと向き合って、句作を続けていきたい、と思っています。/小澤ほのか
●初めての投句です /寝ん猫
●『俳句ポスト365』をいつも楽しく拝見しています。北原有(きたはら ある)と申します。この度投句も始めたいと感じ今回から参加いたしました。よろしくお願いいたします。/北原有
●俳句を始めて約二ヶ月です。俳句投句も、兼題に対して作るのも初めてです。下手な事はわかっています。 自分の度胸試しです。お付き合い願います。 /寝ん猫
○ようこそ俳句ポスト365へ!ナイス度胸試しであります~千里の道も一歩から♪(正人)

●組長、正人さん、全てのハイポニスト様、新年、あけましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いしてトマト。 /トマト使いめりるりら
●夏井先生、ウェンズデー正人様、そしてスタッフの皆さま、俳句ポストに投句をされている皆さま。謹んで新春のお慶びを申し上げます。昨年は新型コロナにより、大変な一年間でしたが、今年は少しでも明るい日常が増える事を心から願ってやみません。私自身も、五・七・五の十七音でどれだけの思いを伝える事が出来るかは判りませんが、前向きな毎日を過ごしてゆきたいと思っております。 重ねて皆さまの御健勝と御多幸を心より御祈り致します。 本年も何卒宜しくお願い申し上げます。 /塩の司厨長
●組長はじめ皆々様、冬の冷たさを感じる頃ですね。新しい年にもマイペースながら俳句に触れながら過ごしていきたいと思います。皆さま、健やかな年始となりますように。/久素木葉子
●明けましておめでとうございます。コロナ禍に暮れた昨年でしたが、お変わりございませんか。 投句のさい、結果発表の頃には収束しますようにと言う願いもむなしく、拡大の一途です。 俳句を推敲することが、コロナ禍を生きる知恵と力になりますよう、皆々様のご健康とご多幸をお祈りいたします。/昇華
●投句5回目です。まだまだまだの句で申し訳なくも思いますが、毎回目を通していただいておりますことただただ感謝しております。今回の「寒海苔」は新年の結果発表とのこと、選者ならびにハイポニストの皆様にとって良き年となりますようお祈り申し上げます。/澤井竜子
●組長、正人さん、スタッフの皆さん、明けましておめでとうございます。 本年もずっと投句させて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。 「寒海苔」を投句する今は11月末、発表の頃はもう一月になっているのが信じられません。 それまで健康で元気にいられますように・・・!!そしてコロナ騒動が少しは終息に向かっていますように・・!/じゃすみん
○みなさまあけましておめでとうございます。新年迎えて最初の投句締切でございました。2021年はあらゆる人にとって良い年になりますように!(正人)

●こんばんは。/おけら
●パソコンが壊れたのでスマにて投句致します。キヨ/キヨ
●組長はじめスタッフの皆さま、いつもどうもありがとうございます!/まどん
●よろしくお願いします。m(_)m/もこ
●お手数をおかけしますが宜しくお願いします。/烏兎怱怱
●お目を通して下さいましてありがとうございます。よろしくお願いいたします。/佳子
●いつもありがとうございます。/間仁田彩
●お忙しい中、いつもありがとうございます。今回もよろしくお願いします。/古瀬まさあき
●いつも楽しく拝見しています。ご選句ありがとうございます。/高木音弥
●いつもありがとうございます。どうぞご自愛くださいますように。/佐藤香珠
●よろしくお願いいたします。/沙瞳
●最高です!/坐花酔月
●組長、正人さん、こんにちは。 俳句を始めて2ヶ月。母や妹、息子など皆に俳句を勧めて、毎日楽しく俳句を詠んでいます。 これからも下手ながら、どんどん投句していきたいと思います。/星月さやか
●いつも選句ありがとうございます。宜しくお願いいたします。 /南方日午
●いつも楽しみにしております。宜しくお願い致します。/堀雅一
●組長、皆さま、いつもありがとうございます。今回もよろしくお願いいたします!/靫草子
●はじめまして。ぽんこです。「実紫」の回から投句させていただいています。大正生まれの伯母の俳句に憧れて始めたのですが、伯母以外に句を見せたことがなく、送信するだけでドキドキしています。皆さんの豊かな発想に感心するばかりですが、どうぞよろしくお願いいたします。/ぽんこ
●始めての投稿出したので再度の投稿させていただきます。 /鶴子
●組長、スタッフの皆様、いつもお世話になっており、本当に有り難うございます。 俳句ポストへの投句も、楽しく頑張っていますよ。やっと16回目になります。/山口 朝子
●投稿させていただきます。/糸賀太
●いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●「俳句ポスト365」の皆様。こんにちは。どうぞよろしくお願い致します。/松山のとまと
●俳句の勉強を始めて一か月ほどですが、兼題を宿題だと思って、出来はともかくチャレンジしております。 自分でいい句が作れなくても、せめて皆様の句を楽しめるくらいにはなりたいと思います。 /深山紫
○ナイスチャレンジ精神!一度で投げださずに続けて投句してるのがすでにえらいっ!(正人)

●お久しぶりです、日々樹 愛(ひびき めご)です! なかなか学生生活が忙しく、俳句を詠む暇が見つけられない……という状態です笑笑 父に「この季語でなにか詠んでみたら?」と言われたので、久しぶりに詠ませて頂きました!やっぱり俳句は楽しい!!!/日々樹 愛(ひびき めご)
●コロナの影響で、仕事も変化し、娘の就職にも影響が出たりと、心身に余裕がなくなったことで、しばらく俳句を作ることができませんでした、また徐々に投稿していきたいと思います。/浩章
○久しぶりのおかえりなさいませ。コロナで慌ただしい中、リズムを取り戻す一助になったら幸いであります。(正人)

●俳句を考えるようになってから、気分が晴れることが多くなった気がします。 これからも俳句の投稿を目標にしていきたいと思います。/ヴィッカリー趣乃
●俳句でインスタグラムに参加。 フォロー皆様、松山俳句ポスト常連。 チャレンジしてみました。 /せいしゅう
●もう 投句出来る事とボーっとしてる時は いつも俳句の事を考えるようになりました。/句詩呼
●兼題によって季語が勉強でき俳句の創作に力が湧いてきます。/小倉治山
●むつかしい情景の兼題もありますが頑張るつもりでいます。/小倉治山
●藤ばかまも実紫も知りませんでしたが近くにあった事を友達に教えられ花も確認できました。/小倉治山
●俳句を始めましたが奥の深い文学に悩まされています、しかし毎日のボケ防止にと頑張っています。 これからもよろしくお願いします。/小倉治山
●先日、短歌をやっている祖父母に俳句を添えて手紙を出したら、俳句への感想と自作の短歌を添えて手紙を返してくれました。短歌と俳句の交流ではありますが、この年齢になって祖父母との手紙のやりとりをできるのも俳句のおかげです。きっかけを与えてくれた俳句に感謝します。/藤井天晴
●夏井先生他、俳句ポストに関わっている皆様へ 同じ、アドレスですが、高齢の従姉妹(野ばらno1)に代わりましての投句です。よろしくお願いします。/野ばらno1
●友人のSNSのコメントの始まりの単語が4文字+助詞だと、反射的に『俳句?』と尋ねてしまうようになりました。友人(いつき組の先輩です)には「立派な俳人病」と診断され、ようやく私もそこまで進歩(?)したのかな、と嬉しく誇らしくなりました。俳句を始めてもうすぐ1年。まだまだ妖怪人間レベルですが、これからも頑張って皆勤賞に挑みたいと思います。/えりいも
○わはは、皆様楽しんでおりますねえ!自分でうまく投句できない人は詳しい周りの人に手伝ってもらうのも勿論あり。優しい助け合い♪(正人)

●「20週俳句入門」の第7週を勉強中です。地道にゆっくりと楽しんでいきたいです。/みどり川
●一日一句を目標に一人黙々と俳句と向き合っております まだ俳句を初めて間もないですがよろしくお願いします/卯卵
●どうしたら、感極まれるのができるやら。/加茂亘
●なかなか並みから人へと移り切れません。そうこうしているうちに、鮫といい、今回の寒海苔といい、なんだか最近の兼題は、難しくなったというか、日常、気にしたことのないテーマのものが多くなったように感じます・・・でも、余計に俳句の奥深さ、季語の豊かさも思います。ついてゆくのに精いっぱいですが、やれるだけ頑張りたいと思います。/間仁田彩
●今年の10月から作句を始めた三重県伊勢市の山川腎茶です。こちらにも投句させていただきたく思います。 コツコツ勉強をしておりますが、自分の句を読み返してみると、ここもあそこもこうすればよかったという句が多く、推敲の重要性を痛感します。/山川腎茶
●「熱燗」はプレパトを観ていただけ。「鮫」は夏井先生のマイナスがゼロになる本を読んでから。今回はゼロが一になる本を読んでのぞんでいます。知識が入るほど難しく感じられていき、楽しいです。/大西どもは
●初投稿から二か月足らずです 思い浮かぶ言葉の殆どが季語だったりして 句を詠む難しさを実感しています 駄句の殻を破って這い出すのは何時のことでしょうか まさを/里山まさを
●私は詩が書けません。 俳句の型を信じ言葉を預けるのみです。/脩平
●どうにも言葉をこねくり回すだけの俳句になってしまっている部分があって、推敲するうちに「こんなことが言いたかったわけではないんだよなぁ」みたいな、形にならないことが増えてきました。体験に乏しい季語(今回もそう)だとそうなる傾向が強いので、プレバトなどで組長がおっしゃる「実体験は強い!」の対偶「弱い(=上手くいかない)のは(季語を)体験してないから」も真だな……なんて、しょうもないことを思ってます。とりあえず、もっと寒さが厳しくなって新海苔が出たら、買って食べてみようと思います。結果発表の頃までに、ちょっとでも体験を増やすのが目標です。/オサカナクッション
●11月の中旬に地元新聞社の俳壇にて「入選」を頂きました。今年6月の「佳作」以来、2度目の掲載。腕試しのつもりで毎月投句しておりますが皆さんハイレベル。しかし、時には「俳句ポスト365」へのヒントが見つかる事もあります。様々な作句を経験する事でさらに俳句を楽しめたら、と思っております。これを励みに「俳句ポスト」への投句も頑張ります。/塩の司厨長
○うまくいかない時だってあるけれど、なにかに努力することって実は楽しい。時々入選というグリコのおまけがあると、それもまた楽しい。(正人)

●締め切り2分前、クオリティは間に合いませんでしたが時間には何とか間に合いました。えへへ。/金のキウイ
●今回は類想から抜け出せず…頭ぐるぐるー…からの寝不足ふぁぁあ(締め切りギリギリ族)。全没覚悟でまた一句…/高倉ちとさ
●あっと気づいたら連休明けの火曜の夜でした。お風呂の中で作ることが多くなりました。なんとか間に合うよう。やはり、年末にかけて、忙しくなってきますね。嚔の余韻に浸ってる暇ありません。(笑)/かずポン
●今回、締め切りが早かったです!ギリギリーズ! 火曜日投稿、もっと新しい情報を集めたかった!。前回の「鮫」、今回の「(寒)海苔 」地元にネタがあるのに、普段から勉強しとけよ、って反省しました!。/若生淡霧(わこたんのまま改め)
●今回もギリギリーズ、何とか間に合いました。結局ギリギリまで粘るしかないのですよね、だって全然できないんだもの…(←まだスランプ中)/真井とうか
● またやってしまいました。気が付いたら、「鮫」が遠くに行ってしまっていました。他ごとに気を取られていた私が悪い。これだから、集中力がないと言われるのですよ。先生方、いつも選句をありがとうございます。今回は、よろしくご指導のほどお願いします。/榊裕江子
○最近ますます増殖するギリギリーズ。遠くに行っちゃう前に兼題を捕まえてるのだからえらい!(正人@褒めて伸ばすタイプ)

●嚔にてついに恐れていた全ボツとなってしまいました(泣)かなりこたえましたが懲りずにまた挑戦させていただきますのでよろしくお願いします。/なつめモコ
●嚏の回は久し振りの全没で凹みました。投句五年目にして初の金曜日?と期待してしまった自分が恥ずかしい(泣)/西川由野
○あるよね、「今日こそこれはきた…!」て思ってからの没…。わかる、わかるぞ…。(正人@思ったことある)

●先に送ったものが文字化けしたので、再送します。 よろしくお願いします。/太刀川 浮盃
●返信がないので三度も投句しました。申し訳ありません。/桃香
●申し訳ございません。 きちんと送れているか不安でしたので再送いたします。(返信メールが届かない…のです…(T_T)) ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。 /佳子
●お世話になっております。先ほどお送りしました一句目が、返信メールで確認しましたら文字化けしていたようです。再度平仮名でお送り致します。お忙しい中お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。/加賀もずく
●組長、正人さん、スタッフの皆さま、いつもありがとうございます。 先日、「投稿を受付いたしました」メールが届いていないことに後から気付き大変ショックだったのですが、いつだったか正人さんがお便りコーナーで書かれていた、迷惑メールフォルダを確認したら見つけました。 お便りコーナーをいつも楽しみに拝見していて良かったと思いました。/岸来夢
○迷惑メールフォルダでの発見報告ありがとうございました。だいたいの場合、不安だったら送り直しておけばOKです。(正人)

●投句ミスを何度もしてしまいました。申し訳ありません。/ウルトラマン強さに寒海苔ありき
●いつもお世話になっております。 昨日 うっかりと別サイトのポインセチアの句作を 間違えて投句してしまいました。 申し訳ないです。 蒼奏(川尻浩一郎)/蒼奏
○返信メールの不着や文字化けは送り直せばOKなのですが、俳号の間違いや宛先違いはなかなか厄介。無事に寒海苔投句もお済みであればよかったです!(正人)

●今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。「寒海苔」、季語深耕でも出てくると思いますが、俳句ポスト365の底本である講談社の大歳時記では植物の季語で見出し季語。それが角川の大歳時記だと生活の季語「新海苔」の傍題。さて、どう読むべきか……Twitterでも苦しんでいる人多かったです。前回の鮫に続いて今回も9,000句切りにベットしてみます。/洒落神戸
○毎度質問サンキュー!今回は1739名9094句となりました。最近予想師洒落神戸さんのベット、ハズレ率あがってきてないか!?(笑)それだけ予想外に多いってことよね…。(正人)

●今後とも、永く、「俳句ポスト」を続けてください。 前回から、「一期一会の句」「今週の俳句道場」や「今週のお便り」を、学びながら、面白く読みました。 今後、毎回読むようにします。 前回、お願いしたことですが・・・・ 若し、お聞きいただけるなら、結果発表の「人・並」は、数が多く、自分の結果に早くたどり着くのがとても苦労です。 成績順ではなく、「氏名の五十音順」にしていただくことができると便利です。(成績の良くない者の願い) /風間昭彦
○ここ最近しょっちゅう書いておりますが、元々五十音順です。みつけられない時はctrl+Fで検索。…なのですが、実はここ数回システム上のエラーで句の並び順がめちゃくちゃになっております、申し訳ありません。アップロードとアクセスの重なりによるシステム障害を避けるために、結果公開日時に微量の時間差を設定したがために不具合を起こした模様。今週木曜の結果更新は、従来の一斉公開スタイルに戻して行う予定です。そうなるとまたアクセス障害が出るかとは思うのですが…あちらを立てればこちらが立たずで難しいですね…。(正人)

●いつも楽しく拝読しております。お忙しいとは存じますが、もし今後サイトリニューアルなどの機会があれば「よくある質問」のページなどを作られてみては如何でしょうか…。同じような質問をよく見かけるので…。(この内容のお便りも過去に誰かがされていたら申し訳ありません!)/冬木惰眠
○優しいお心遣いありがとうございます。痛み入ります。いろんな意味でサイトの作りが限界を迎えているのをひしひしと実感しております。サイト開始当初の10倍くらいになってますからね…。どうにかしなくては。(正人)

◆我ら並選隊
●父娘で俳句ポスト365への投稿を楽しんでいます。並選親子です。日々精進し「人選」目指します。/紀杏里
●80歳を過ぎてプレバトの影響で俳句を始めました。くしゃみで初めて投句しまして並を頂きとても嬉しかったです。/登子
●松井いつき先生、嚔では初めて並選に二句入選させて頂きありがとうございました。上を目指して一層精進していきたいです。/HNKAGA
●兼題「嚏」では、並選をありがとうございました。色々と考えた句よりも、日常の一コマを詠んだ句が選ばれました。ちょっとした出来事を詠んだ方が良い句が生まれるのですね。そういうところが俳句の面白いところですね。「寒海苔」は、どんな結果になるのかドキドキ&ワクワクです。/ちか丸
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「嚏」にて「並選」を頂きまして、ありがとうございました。日常の何気ない仕草の「嚏」。しかし難しかったです。もっと「実感の句」を活かしたいです。 /塩の司厨長
●2020年8月より俳句を始め、いつき組を名乗らせていただき、まずはどこかで・・・・と、思って初めて投句させて頂きました松山俳句ポスト365の「兼題・実紫」で”並選”を頂きました。感激です!その頃の俳号、レーヌ・クロードが一度でも世に出た(?笑!)ことも嬉しかったです。益々精進いたします。感謝を込めまして、心より。お寒くなっています。皆様ご自愛下さいませ。/巴里乃嬬

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●60歳の誕生日を機に、限りなく本名に近い俳号から、新しい俳号に変えました。 ガチャポンで詠んでいただけた、ラッキーな前俳号をステップに、今後も楽しく、研鑽を積んでいきたいと思います。 俳号は「出世魚のような考えでも良い。」という、俳句チャンネルでのお言葉も背中を押してくれました。 また、ローゼンさんの『「季語」を心身に取り入れ「俳句」にして取り出す。「あなた」という存在は「変換装置」』の言葉にも気持ちが新たになりました。/お銀
●地元の北日本放送の俳句コーナーでも俳号を統一しようと思います。俳号が複数あると自分でもこんがらがるからです。全部ねずみ男にします。/ねずみ男
●今回から「ひとえ」改め「一重」にてお願いいたします。遠ざけていた本名ですが、なぜか数十年ぶりに心にしっくりきました。他でも見かけませんし、他サイトでも統一します。下手ながら色々考えてみました~よろしくお願いします!/一重
●俳句ポスト兼題「嚔」のことが読売新聞編集手帳に!掲載された田中一升さんの句、嚔を詠んでいるのに、詩的で綺麗ですね。この兼題ではじめて人選2句をいただき感無量です。「寒海苔」や「鷹」が難しく連続投句を諦めかけていましたが、やる気がわきました。新聞に載るような素敵な句が詠めるように頑張りたいです。俳号を「わこたんのまま」から「若生淡霧(わこうたんむ)」に改めることにしました。よろしくお願いいたします。 /若生淡霧(わこたんのまま改め)
●俳号を小泉岩魚から小泉野魚(のな)に変更しました。よろしくお願いいたします。/小泉野魚(岩魚改め)
●丸一ヶ月の禁酒に成功したので俳号を冬木呑子から冬木惰眠に変えます。/冬木惰眠
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●俳号が決まりません・・・/間仁田彩
○俳号が決まらない人はいろんな人の名付け理由をどぞ。(正人)

●お世話になっております。亀に話しかけて、ストレス解消になっています。亀の俳号の方は亀を飼っているのかな?勝手に親しみを感じます。陽だまりやケースの亀と甲羅干し。 俳句つくるだけでも、楽しいです。/亀子 
●今回は自分の俳号の由来を簡単に紹介したいと思います。まず「加良太知」という表記は古風な万葉仮名で、「からたち」と読みます。この「からたち」はまた「唐橘(枳殻)」という中国原産(日本にはかなり古く8世紀の遣唐使の時代頃に伝来したと推定されている)の植物を指し、これは私の中国人の身分を暗示しただけではなく、その上あの小さくて酸っぱい果実を借りて自分の俳句の低いレベルを自嘲する意味もあります。とにかく、これからもこの古今の自然感のある、中日を結びつける俳号でよく頑張ります。/加良太知

◆ウェンズデー正人へ
●正人さん?海苔の佃煮のおにぎりに海苔が巻いてあると、内外海苔、ってことだわね?そうよね?やっぱりそうよね…。/こま
○個人的には佃煮の方の海苔はなくていいなあ…シンプルおにぎりすき。(正人)

●ウェンズデー正人さんってどんな方だろう?と思い検索しましたが、とてもイケメンでテンションが上がりました♪ フライデー浅野になれるようがんばります。/浅野薫
●正人さま、ボタニカルとは、植物のとか植物由来のと、いう意味です。三年ほど前にテレビでボタニカルプリントが流行ってます。とか言っており、帰省していた大学生の息子に聞いたら、ま、花柄やな。とのことでした。さて、正人さま、夏には黒地に白の細かいドット(水玉)のポロシャツ。袖口と襟元からピンクが覗いていて斬新でした。正人ピンク黎明期でしたね。/山羊座の千賀子
○もったいないお言葉ありがとうございまする、恐縮です。ボタニカルってそういう意味だったんですね、教えて頂いてありがとうございます。割とピンクとか好きです。(正人@言われたまま着てるうちに違和感なくなった)

●正人様、NHKドラマ「岸辺露伴は動かない」ですが12月28日(月)22:00より第1話「富豪村」 29日(火)第2話「くしゃがら」30日(水)「D.N.A.」の3夜連続放送予定だそうです! まったく別の話題ですがアニメ「ドリフターズ」の続きも観たいです!/渋谷晶
○実はまだ録画だけして観てないという…。え、ドリフターズもアニメ化されるの??平野耕太先生は聖学電脳研究部の頃からファンなのでうれしい!(正人)

●正人さん、こんにちは。先日、初めて「俳句王国がゆく」(和歌山県日高川町編)を拝見したのですが、正人さ...俳句仮面の決めポーズや決め台詞が素敵すぎて、、まさ...俳句仮面めっちゃ推せると思いました!今度彼にお会いすることがあったら、よろしくお伝えください。/碧西里
○最近見ないですねえ、俳句仮面。正体不明なんですよ…いったい何人なんだ…。(正人)

◆夏井いつきへ
●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。クラスの子たち8人と「俳句ポスト365」にチャレンジして、これまで「秋晴れ」「実紫」「嚔」と結果発表があって、「秋晴れ」「実紫」では同じ生徒が連続で、そして「嚔」では2人の生徒が「よしあきくんのベストセレクション」に選ばれるという事態が起こっており、クラスの子たちの中では「よしあきくんのベストセレクション」に選ばれることがステータスになってきた感があります。何でも頑張る励みになることはいいことです。。。と思うことにしながら、俳筋力、俳活量を鍛えていく今日この頃。面白くなってきた(^o^)/みのる
●シツコク「全ボツもありますか」と質問しておりました。「嚏」の週の水曜日に正人殿より「全ボツもあり」とのコメントをいただき、木曜はドキドキでしたが、なんとか地選にとっていただき、ありがとうございました。「梅雨寒」から俳句というものを始めて11回目位の投句になりました。なんとか、俳句を「人生の杖」にできそうです。まだ、自分の句の良し悪しを、客観的にみることはまだ出来ないのですが、皆さんの句を「こりゃすごい」と思えるようになってきました。(最初は「これが良くって、自分のはなんでダメなん?」と思っていました。スミマセン)/毒林檎
○全ボツは勿論ありますが、火曜日の俳句道場や月曜日のよしあき君に拾われていることもあるので、あっちこっち見て下さい。(笑@夏井)

●先日「徹子の部屋」で拝見しました。お話が素晴らしかったですが、お着物もとてもお似合いでした。/信
●徹子の部屋を拝見しました。和服がとても良くお似合いなのに、和服をお持ちでないと知り、驚きました。ますますのご活躍を!/雨霧彦@木ノ芽
●1週間前に俳句を作ることへの夏井先生の言葉に(徹子の部屋)、本を買い、さっそく言われる通り(本の)作ってみました。 4句応募しました。/川口晴城
●夏井先生、こんにちは。 「徹子の部屋」拝見しました。黒柳徹子さんに負けないくらいオーラが出ていて、俳人コスプ レ?もシックで素敵でした。 youtubeでも取り上げられていた悪態句集の話しが面白くて、もっと息をするように力まず俳句が作れるようになりたいな、と思いました。 まだまだ思ったように自分の気持ちを込められませんが、俳筋力を付けるべく毎日コツコツ俳句に取り組んでいきたいです。/清白真冬
○私も楽しませてもらいました。黒柳徹子さんは、しきりに謙遜なさってましたが、句歴はたぶん私よりも長いはずです。(夏井)

●伊月庵通信2020冬号が届きました。色の歳時記、一番はじめに載っていて驚きました。特選ありがとうございます。久我恒子さんの「春は退廃」、星埜黴円さんの「彼岸花」、けーい○さんの「秋分」、古田秀さんの「初嵐」、せり坊さんの「梨」など、推し句をたくさん見つけることができました。また寄稿やお便りも感涙もので、言葉の力というものを改めてひしひしと感じました。次号も楽しみです。/いかちゃん
●別の媒体で申し訳ないのですが、今回の伊月庵通信の雑詠枠で特選に選んでいただきました。この場を借りましてありがとうございました。前回はローマ字表記を含む句だったので目立ったのだと思いますが、今回は句材も内容もかなり地味でしたのでまさか選んでいただけるとは思わず自分が一番びっくりしました。組長のキャッチャーミットの大きさを改めて知った次第です。本当に大きい!組長も正人さんも何人も影武者がいるのではないかというご活躍ぶりですが、どうぞくれぐれもお体にお気を付けてお過ごしください。/かむろ坂喜奈子
●伊月庵通信到着!って、掲載の時には、いつの話だ?ってことですよね。/こま
●組長・正人さん・俳ポニストの皆さま、丑年おめでとうございます。歩みの遅い牛は早めに出発。この心意気だけは真似したいところです。昨年は、おウチde俳句優秀賞の大きなおまけをいただきました。ありがとうございました。本年は、自分しか詠めない俳句作り元年とさせていただきます。「型を破って型破り」ですので、基本(俳句の型)を軽んじないように、俳句にそっぽを向かれないように、取り組んでゆきます。勿論、俳句ポストや俳句生活での地選、おウチde俳句の連続入選、目標にします。「伊月庵通信」冬号より購読を始めました。「おウチde俳句くらぶ」と併せて刺激を受けながら、丑年につきゆるゆると。これを書いているのは11月25日。12月18日の句会ライブ(八千代市)楽しみです。/いなだはまち
●組長さん、正人さん、スタッフのみなさん、愛媛でもコロナが広がっているようで、心配しております。どうぞ体力をつけてご用心ください。「伊月庵通信 冬号」をありがとうございました。春号を初めて頂いたころは、難しく全く読める感じがしませんでしたが、次第に目に入り味わえるところも出てきたように思います。今回の記事で、寄稿「子規さんといつきさん」に感動いたしました。いつき組の端っこになんとかしがみついていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。/つづきののんき
○「伊月庵通信」は2021年春号の編集が佳境に入っています。お楽しみに♪(夏井)

●組長、おウチde俳句クラブ入会しました。アナログ人間で、なかなか踏み出せなかったけど、勝手に良きライバルと思わせていただいてる方の俳句を、俳句クラブで読んで、やってみなきゃ、始まらない!と一念発起しました。楽しみがまたひとつ増えました。/山羊座の千賀子
●組長(と初めて呼びます、ドキドキ)、正人 さん、こんにちは。 先日、思い切っておウチde俳句くらぶに入会しました。ついていけるかな?と心配ですが、楽しみながら学んでいきたいです。 /清白真冬
●11月から「おうちde俳句くらぶ」に有料登録しました。「俳句ポスト365」は決まった兼題を必ず入れる練習、「おうちde俳句くらぶ」は画像を見て、季語も自分で考えて作句する練習、どちらも、皆さんの句を読み、先生のコメントを読むことで、本当にいい勉強になります。「結社」やら「句会」やらは、ハードルが高くとても無理ですが、スマホで通勤時間でも勉強でき、作句もできて、いい時代だ!/毒林檎
●「おうちde俳句くらぶ」に11月から登録させていただきました。「ハシ坊くん」がとてもよい勉強になります。なにより「楽しくないと俳句じゃないぞ」のフレーズが最高です。50年前に「勉強が楽しい」と思える私だったらなぁ。。。20年前に「勉強は楽しいのだぞ」と愚息に思わせていればなぁ。。。と、後悔するより今から楽しもう!/毒林檎
○「おうちde俳句くらぶ」は、今後もさまざまな企画を盛り込んで、育てていこうと思っています。会員登録しなくても、読むだけでも勉強になりますので、是非皆さんも♪(夏井)

●組長お疲れ様です、インターネット句会の選句をして組長の凄さを再認識しております。選句のポイント等あればご教授お願いします。 /欲句歩
○是非、「おうちde俳句くらぶ」の「ハシ坊君と学ぼう!」という記事を読んで下さい。自分でいうのも何ですが、かなり具体的なヒントを散りばめています。(夏井)

●夏井組長、いつもお世話になっております。 先日、第二回 おウチde俳句大賞 特別賞の副賞「鯛」が届きました。「鯛ってこんなに美味しかったの!」とビックリしました。本当にご馳走様でしたm(_ _)m 皆さーん、愛南町の鯛、お取り寄せも出来るみたいです!お薦めです! /シュリ
○第三回おうちde俳句大賞、募集の〆切は2月ですよ。表彰式で会えるのを目標に、頑張ってみてね!(夏井)

●※ 11月15日のYouTubeの生配信を 楽しみにしてます! 夏井先生の毒舌が好きで 俳句を始めてまだ2~3年ですが 未だ未だ勉強不足なので頑張りま~す。/ぼたんぴ
●YouTube登録者5万人生配信、ありがとうございました!あっという間の90分でした。チャットのやり方もわからない私はどんどん流れてゆくみなさんのチャットに感心してばかり。今回は、ガチャポンの企画もあり、裾野の私でも最後までワクワクドキドキ楽しかったです。次回も楽しみにしています。/みやこわすれ
●【夏井いつき俳句チャンネル】生配信句会ライブに参加させていただきました。チャットに連なるハイポニストな方々にドキドキしながら(自分はチャットどころではない。。)、楽しませていただきました。 ガチャポンも、組長がどのように選句されているかを垣間見させていただけたようで楽しかったです。正人さんがブログに書かれていた、ライブ句会準備の番号札はここで使うものだったのですね…ありがとうございました。本当に楽しかったです。/岸来夢
●組長、皆様。生配信句会ライブ大変楽しかったです。ご苦労様です。以外と数分でも作れるものですね。是非、是非またやって下さい。/丘るみこ
●「5万人ありがとう句会ライブ」、楽しく参加させていただきました。その日はカメヨお母さまのお誕生日だったそうですが、実は私の母の誕生日でもありました。母も一緒に句会ライブに参加させていて、画面越しに拍手して喜んでいました。私は組長と同じく5月生まれなので、なんだか不思議な縁を勝手に感じております。/高橋寅次
●組長、正人殿。お疲れ様です。我が家は本日も異常無しであります!YouTube句会ライブお疲れ様でした。自分の誕生日と近い日程での開催だった為、少し早めの誕生日プレゼントになりました。次の句会ライブ楽しみにしています。次こそは才能あり!な句を詠めるように頑張ります。/高倉ちとさ
●第二回句会ライブお疲れ様でした。アーカイブで見ましたが、瞬く間のすごい投句数、どうやって収拾するのかハラハラしました。正人様の司会進行と、あの状況でチャットに参加したいと楽しそうにされていた夏井先生はさすが!。投句者の方たちの瞬発力もすごいですね。第三回目楽しみにしています。年末年始、お元気でお過ごし下さい。/若生淡霧(わこたんのまま改め)
●夏井先生、正人さん、こんにちは。 youtubeチャンネル登録5万人突破記念ライブ、お疲れさまでした。 「俳句ポスト365」で俳句を始めて1年半、初めて句会に参加しました。投句した俳句は全没、予想通りくじ運にも見放されてうなだれましたが、楽しい時間でした。 ライブ配信中に席題で俳句を作る実力も瞬発力も全然ないと痛感しました、今は腐らず黙々と作り続けるのみです。 またのライブ配信楽しみに待ってます!!/清白真冬
●言い訳が嫌いなんですが、最近忙しくて句会ライブを忘れてしまうほど!残念でした。次回を楽しみにしています。4句とも作り直して2度送りの形になってすみません。/千鳥城@広ブロ俳句部カナダ支部
●YouTube 「五万人突破ありがとう生配信句会ライブ」の成功おめでとうございます。拝見させて頂きました。残念ながら投句した物は読まれませんでしたが、最後まで楽しく観せて頂きました。/中原柊ニ
●先日は、YouTubeチャンネル登録者数5万人句会ライブ、ご盛会おめでとうございます! また、句会ライブでは、思いがけず拙句を選んで頂いたばかりか、「ギャラリー賞」候補にまで選んで頂き、ホントに夢のようでございました。 (良いところ来まっし路地の夕焚火) 今年の六月に作句を始めたばかりのど素人ですが、これからも精進致しますので、よろしくお願い申し上げます!/朝月 沙都子
●夏井いつきさんのYouTube配信、毎回楽しみに拝見し、勉強させていただいています。海外暮らしなので、ネットで気軽に学べるのは本当に助かります。/陽光樹
●夏井先生スタッフの皆様こんにちは。 兼題2回目の投稿です。最近俳句を作ることが楽しくて仕方ありません。毎日5句を目標に作っています。 もちろん、先生のYouTubeもチャンネル登録して空いた時間に見ています。 去年隣町に夏井先生の講演へ足を運べなかったことが悔やまれます。 いつかコロナが治まったら行ってみたいです。 皆様どうぞご自愛ください。/狢
○YouTube『夏井いつき俳句チャンネル』は毎週、木曜日・日曜日の夜8時にアップしています。現在は、「おしゃべり俳句」の募集もしてます。子どもたちの話に耳を傾けてみませんか♪(夏井)

●持ち運びに便利な軽くて字が大きい歳時記を使っていましたが、YouTubeの俳句チャンネルで歳時記の回を拝見し、特別定額給付金であの「カラー版新日本大歳時記」を買おうと思っていました。しかし、いざAmazonでポチろうにも高くてビビリます!決心出来ません、今頃やっと一冊「冬」を購入しました。読んでも見ても楽しい、全然違いますね。組長の例句も発見して何だか嬉しくなりました。一冊づつだんだんにです。/筬葉
○大判の歳時記は眺めているだけでもほんとに楽しい。私の趣味は、歳時記めくること(笑@夏井)

●プレバトを見て、夏井先生の解説を聞いているうちに自分も詠みたくなりました/なでがたペンギン
●煮詰まったときは、YouTubeでプレバトを見ると、脳が活性化され意欲と発想が湧いてくるのを感じます。ぎりぎりで今二句ぶっこみました。/いなだはまち
●仕事を辞めてから“廃人”と化していましたが、夏井先生のお陰で“プレバト俳人”へ昇格することができました。これからも精進します。/浅野薫
●「プレバト」は、金秋戦、昇格査定テスト、と見応えのある企画が続き、存分に楽しく、勉強になりました。11月15日のライブ句会は、選から漏れましたが、パソコン観ながらスマホで投句、と頑張りました。夏井先生や正人さん、スタッフの方々の益々のご活躍を楽しみにしております。/アガニョーク
●プレバトのファンです!/たーちゃん
●プレバト金秋戦は千原ジュニアさんの初優勝となりましたね。予選、しかもブロック2位からの勝ち上がりは正に大波乱でした。/京野さち
●テレビは自然ドキュメンタリーばかりですが、プレバトの俳句コーナーは楽しく拝見しております/真名まこ
●先日、コロナ禍に、松山に、行きました??夏井いつき先生の、大ファンの、私は、伊月庵に、行かせて頂きました??感激しました??プレパトで、先生の、影響受けて、俳句を、昨年の3月から、始め、駄作ばかりですが、楽しませて、頂いています。/石井まさ子
●プレバトをいつも楽しみにしています。金秋戦の千賀君の俳句「夏の海を描くスプレーの秋思」とても心にも響きました??夏井先生のご指導の賜物ですね。/素々なゆた
●プレバト俳句楽しみにしています。/富樫 幹
●プレバトを見ながら、私も俳句を作ってみたい、と思い早数年経ちました。育児休業をきっかけに、夏井先生の本を購入させていただき、少しずつ勉強をし始めています。まだまだ基本もできていない拙句ではありますが、楽しんで詠んでいけたらと思います。/寒海苔のみどり児の目の上に坐す
○俳号を書く欄に、俳句が貼り付いてしまったかな。子育ての日々には、俳句のタネが沢山ありますよ。俳号、また教えてね。(夏井)

●夏井先生、正人様、  寒くなってきましたが、お元気ですか! 今年の新居浜の「俳句ingWalking事業」は、コロナのご時世なので、「詠んでWEB投句」に変わったそうですね。一緒に吟行は、出来ませんが、WEB投句させてもらいます。よろしくお願いします。/KAZUピー
●サッチャーいつき組長が、京都でNHK俳句講座をやるそうな。行きたいが、残念ながらその日は用事があって行けない。ま、そのうちな。/ちびつぶぶどう
●これが載る頃、念願の地元句会ライブが終わっているはずです。 いつき組の方と知り合うことも願いの一つですが、はてどうやって知り合えばいいのかしら? 勇気を出して声かける?目立って声かけていただく? 次々回結果報告します!/むげつ空
●夏井先生の句会ライブが本年3月に千葉県八千代市市民会館で開催する予定でしたが、コロナ禍で中止となりました。申し込んでいたのでガッカリしましたが、改めて12月に開催することになり早速申し込みしました。句会を楽しみにしております。/宏楽
●倉敷市児島の句会ライブのチケット買いました。 気がつくのが遅く残席わずかのうちの二枚。妹と行きます。とってもとっても楽しみです。/仲間英与
●組長、少しご自愛くださいね。/こま
○年明けてからも、句会ライブの中止や延期が次々に決まってしまってます。気持ちよく会える日を願いつつ、今こそ地力をつけるための日々だと気持ちを切り替えましょう。(夏井)

●先日いつき庵を拝見しました。プレバト御殿かしら(´?`?)先生の血と汗と涙の結晶ですね☆子規記念館のそばでとても素敵でした。/北村まゆみ
○「伊月庵」は「いげつあん」と読みます。是非、お仲間と句会をしにきて下さい。貸室ですので、予約いたただけたら、どなたでも利用できます。(夏井)

●組長様。 11月に最高気温が28℃とか、わけのわからない日が続いておりますが、体調など崩されていませんでしょうか? さて、先日伊藤園から、お~いお茶俳句大賞の、佳作以上の作品を集めた句集「自由が足り」が送られて来ました。\(^o^)/佳作だったので、一文字が2mmにも満たない小さな印字でしたが、この本に載った事を大いに励みにしたいと思います。そして来年は、印字される時の大きさが、もうちょっと大きくなる事を目標に、頑張りたいと思います!まずはお勉強、そして多作多捨。/葉月けゐ
○おめでとう! 来年に向けて、多作多捨をつづけましょう。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●獺八(うそはち)さん こんにちは?煌宙(そら)です。いつも寄り添う様に傍にゐて頂きありがとうございます。種々考えましたが(ご隣席?)の理由が解りません。あれ?今回は居ないと思いきや「人」に居たりして(笑)これからも宜しく お願い致します「人」で相席出来るよう頑張ります 折カラくれぐれもお身体大切にして下さい。 /煌宙(そら)

●およそ二年間投句を続けていますが、今回の季語は大変難しかったです。発想が飛ぶ人がうらやましいです。 トマト使いめるりらさんとか。は~。/真

●◇ドイツばばさん、兼題「嚔」での人選の御句「何も今くしゃみ出ぬとも、、、、、」には度肝抜かれました。音数的に下五を丸々字足らず! そして読んだ後の字足らずによるぽっかり空いた余韻!私、読点で省略された下五に何が入るのだろうかと妄想がずっと止みませんW。(この衝撃を是非お伝えしたくペンを取った(いやキーを叩いた)次第です。) ◇正人先生、兼題「嚔」の「(水)今週のお便り」で鈴木牛後さんが以前、回文句で地選を取られていた旨、御紹介して戴きありがとうございました。先生はすごい記憶力ですねー。気になったので過去の結果発表を探してみたところ、ありました。第163回 2017/1/12週の兼題「蜂」の地選の次句です。「憎しみや蜂飼うか地は病みし国 (にくしみやはちかうかちはやみしくに) 鈴木牛後」 季語の音数が長いと困難さは指数関数的に増えると思いますので二音の季語だろうとは予測していましたが、いや素晴らしいの一語につきます。ハイポではこの『二音の季語で回文句の地選』が現在の最高記録なのですね。(※次回「鷹」で二音、うむむ…。)/戸部紅屑
○わ、自分のあやふやな記憶から調べていただいてありがとうございます!そうそう、蜂の回!!(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/海葡萄
●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三ツ藤康子
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/追師うさぎ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●シュトゥットガルト俳句女子の会 /芍薬
●シュトゥットガルト俳句女子の会。この発表は年が明けてから。その頃はまた集まれるようになっているだろうか。。。誰も病にかかることなく乗り切れますように。/月の道馨子
○今ネット検索したらドイツは日に2万人を超える新規感染者が、っていう情報が出てきました…みんな大丈夫でしょうか…どうぞご無事で…!(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●こんにちは。いつも楽しく参加してます。嚔では人選をありがとうございました。/夏 湖乃
●組長、「嚏」の人選に取っていただき、本当にどうもありがとうございます!なんとなく、少しずつ、俳句の奥深さ、道の険しさが、身に染みてきているように感じます。録画した「プレバト」を何度も観て、組長の言葉に勇気をいただいています。これからも、どうぞよろしくお願いいたします!/渋谷晶
●夏井先生、スタッフの皆様、こんにちは。嚔で再び「人」に選んでいただきました。 最近では「人」率が上がってきて、とても励みになります。どうもありがとうございました。 今年はコロナで外出できませんし、俳句のお勉強をしていなかったら、実に色褪せた退屈な一年だったでしょう。夏井先生のプレバト、毎週楽しみです。では失礼します。 渡邉くるり /渡邉くるり
●嚏では、人に二句選んで頂きありがとうございました。実体験をもとにした句が選ばれうれしかったです。グリコのおまけとはこういうことなのかな?と感じております。/ふくろう悠々
●「嚔」人選二句ありがとうございました。体験を詠みやすい題材ではありましたが、句として仕上げる事や他との差別化を図る事が難しく感じられました。/京野さち
●組長様~。「嚔」、まさかのタイガースネタの地選。ありがとうございます!!エールもしっかりといただき感謝感激。タイガースは来年優勝します!えーと、多分…。/いしはまらんる
●兼題「嚔」での天、ありがとうございました。サイトを開いた瞬間、驚きのあまりしばらくかたまったまま放心状態。実体験を詠んだ句で思いもかけない天と組長のもったいない選評をいただき、うるうるきてしまいました。俳句ポストをはじめとするいつき組での学びが人生を豊かにしてくれています。本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。  /にゃん

◆コロナウィルスに寄せて
●外出が減りました。お家で俳句や身近な素材の見つけ方などが目につきます。/しんしん
●こんにちは。コロナで不自由な日々ですが、母の一周忌がありました。こんな時期なので近親者のみ、会食どころかお茶も出せませんでしたが、ぶじに法要ができ、ほっとしました。 去年、母の闘病中は、毎日のように病院に通い、それはそれで大変な日々でしたが…今まさに入院されている方のご家族は、会いたくても面会もままならず、どんなに心配して過ごしているかと想像すると、切ないです。 一日も早く、状況がおちつくよう祈るばかりです。/ちょろたこいん
●年の瀬も頑張ってください コロナも来年はワクチンができそうです/ツーちゃんの恋人
●数年前の小説読んでたら、コロナウイルス登場…予言書?!ああ、そう言えば、去年のは新型コロナウイルスって言ってたっけ。 /トマト使いめりるりら
●コロナ第3波ですか北陸に住んでおりますが高齢の両親がいる首都圏に一年以上帰省できておりません。“寒海苔"の結果発表の近未来にはどうなっていますやら。皆さまご自愛くださいますよう。/一重
●コロナが此処まで、長引くとは困ったものですね! 今迄以上に、気を引き締めて過ごさねば~ マスク生活も、当たり前になり、風邪とコロナに、注意しなければ!/越後縮緬
●今11月中旬ですが、コレラ禍の感染の第3波かと騒がしくなっていますね。組長・正人先生・どうだ先生・よしあき君、並びにハイポ句友の皆さんも御自愛ください。 /戸部紅屑
●コロナでどこもいけないですね・・/砂山恵子
●今ずっとコロナでしんどいうえに、歯の治療中です。本当にしんどい。5本の歯を一斉に差し歯にするので。/砂山恵子
●また新型コロナがはやりものすごく忙しい医療現場です。/砂山恵子
●年末年始こそは古里に帰省して90歳になる母とゆっくり過ごしたいと願っておりますが、大阪は今感染者が増えて。 また自粛せねばならないのでしょうか? 今年は桜も紅葉もこっそりと愛でて寂しく切ない年でした。 あぶった寒海苔の香りに涙が出ます。/咲耶とこ野@木ノ芽
●組長、ウェンズデー正人さん、こんにちは! 私の家では毎年、桂浜に初日の出を見に行っているのですが、コロナの第3波が心配なので、来年の元旦は家で過ごすことになりました。桂浜のアイスクリンを食べられないのが非常に残念です。家で寝正月の俳句を作ろうと思います。/打楽器
●お鮨屋(回転寿司)にも、ずーっと行ってないなぁ…。握りたての食べたいなぁ…。だあー、ウィルスめー!!/野本美食
●コロナのせいでどぶろく祭もしらうお祭りも中止になりました(涙)。とにかく組長&皆さん、元気で乗りきりましょうね~ 医療現場の皆さまには感謝感謝です。/小野更紗
○嗚呼、お知らせされてたどぶろく祭も中止になってしまったのですね…。年の後半にさしかかる頃には「大丈夫かな?」みたいな雰囲気があったのが、いまや…。いや、心折れることなく耐えていきましょうとも…!(正人)

◆近況報告~♪
●先日「列島ニュース」の松山局からの放送で「紅まどんな」の集荷の様子が紹介されていました。大きめで赤みの強い、本当にとても美味しそうなみかんですね♪/渋谷晶
○愛媛の特産に注目してくれてありがとう!!美味しいからぜひ食べてみて~♪(正人)

●「各々抜かりなく!」/こま
●乾燥する時期です。お喉をいたわって下さいね~。/若生淡霧(わこたんのまま改め)
○乾燥の怖い冬ですが、今年は冷え込みもすごいですねえ。二重でしんどい。ビタミンとりまっしょい。(正人)

●夏井先生、こんばんは。いつもありがとうございます。俳句ポストへ投句を始めて2年弱。全くの私事ですが、年齢の項目、40代を選べるのは今回が最後です。次からは50代。なかなか素直に「50代も頑張ります!」なんて気分にもなれませんが、10年後もおんなじようなコメントをここでできたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。/柚木みゆき
●今回の投句から年代が一つ上になりました。俳句の腕も上がると良いのにな・・・。/めりっさ
○ハッピーバースデー!!次なるステージも実り多い10年となりますように!俳句の腕も新たな境地が開けてくるかもよ!?(笑)(正人)

● 夏井先生、正人さん、スタッフのみなさま、いつも選句をありがとうございます。また「早く人間になりたい」状態に陥りました。相変わらず、独りよがりの句ができてしまいます。しかし最近、夫の姪が出産をしました。新しい命をこの世に送り出したのです。これは一つの希望です。古い友達にも初孫が誕生しました。これらのことは俳句とは直接関係がないのですが、なぜかそこに作句の突破口に関係するようなものがある気がします。あるいは、何に透かして真実を見ようとするかの違いだけなのでしょうか。/榊裕江子
●投稿するとき、1歳児の娘が邪魔をするのを抑えながら、何とか投稿しています。 今、うんち挟んだまま走り回っています(苦笑)/平井伸明
●つわりでしんどい日々を送っております。結果発表の時は、落ち着いてもりもり食べられていますように!/sugarlily
○めでたい話というのはいつ聞いてもいいものですなあ。しかし子どもは可愛いだけにあらず!産まれたあとも、産まれるまでも毎日が戦場!!特に悪阻は無理すると命に関わるから、くれぐれもご自分の身体第一でお過ごし下さいませませ!(正人)

●今日は娘ひなたろー。の三者懇談でした。いよいよ高校受験が近づいてきたので、まずは私立の受験出願からです。高校受験もweb出願になってきており、こういうところでも時代を感じますね。変わらないのは、心配する親の気持ちですねぇ。自分の親もこんな気持ちだったんだろうなぁ。/かつたろー。
○もう高校受験!?よその子が大きくなるのって本当に早いなあ…。コロナの時代に入試卒業入学を経験する子たちならではの大変さもありそう。無事合格の声が聞けますように!(正人)

●私の場合ベットを最大限に上げてタブレットを随意性のある右手で行なっているのですが最近意思に反して随意性のない左手が勝手にタブレットにあたることがあります。投句がなくなったらそんな事情もあるとお察しください。/ねずみ男
○自由に動かせない左手が、ってことですよね。勝手に動いてしまう時がある、ってこと…?(正人@まったくのど素人)

●11月には珍しい、夏日と言われるような日もある、温暖な日が続きます。 こういう季節の変わり目の時、「自律神経失調症」となり、体調不良が生じます。 今年も数日前から、この体調不良が生じています。 ところが、締め切り近くになり、作句を始めると、その時は、元気になります。 不思議です。 体調も作句の時は悪くはないので、あとは、俳句自体が上手くなることだけです。 問題は、それが難しい。 しかし、上手くなりたく、今後も頑張るつもりです。 重要なことを忘れていました。 最年長の孫は、今春、大学に入学しました。 ところが、いまだ、リモート講義が中心だそうです。 「学生生活」の良さを体験できない状況です。 /風間昭彦
○季節の変わり目に落ちる人はけっこう多いと聞きます。そういう時はなにごともご無理なく。健康一番。(正人)

●皆様、インフルエンザの予防注射は済みましたか? この回の発表の頃は、多くの方が済ませておられることと思います。私は、仕事で注射を打つ方の係なのですが、10-11月は激烈多忙でありました。 しかし、楽しいこともございます。日頃、仲良くしていただいている「ぐ」さんが、ウチでインフルエンザの予防注射を打たれてくださいました。ぐさんの白い柔肌に、お痔さんが注射を打ちました・・・ぐえーっへっへ。ぐさんファンのみんな! 羨ましいだろ~♪ (←ほぼ変態で、すみません)/星埜黴円
○いいな~うらやましいな~…ってなるか!?なるのか!?(笑)(正人)

●野球観戦をみて寸評を、一句を創って投稿していたが、私の贔屓のチームが負け、 日本シリーズに行けなくなり今年は、ジエンドです。これからは、何を対象につくればと、悩んでいます。/松瀬章章
○贔屓でないチームもあえて同じ目線で見つめてみるとか…。(正人)

●先般の兼題「嚔」にて英文にチャレンジした際、指折音数を数えていたのですがウィッシューと伸ばすか迷ううち Iwishyoulovemeと吐く嚔 とするところyouが抜けていました。 若い頃 可愛らしくくしゃみをしたくて Iwishと言って嚔をしていたら Iwish何? と聞かれて本当はこう言いたかったけど言えなかった思い出です。笑笑/蒼來応來
○なんとまあ乙女チックな無理矢理くしゃみ!!(笑)(正人)

●11月23日に大分の句友さん9名と市内の公園を吟行しました。落ち葉が北風に飛ばされてすっかり冬の風景でした。/樫の木
●先日、近所の小さな庭園に初めて吟行に行ってみました。あまり俳句は作れませんでしたが、今までだと見落としてしまいそうな部分まで少しは観察が出来たかなぁと思います。よろしくお願いいたします。/喜祝音
○吟行お疲れ様でした!寒々とした光景も句材には楽しめちゃうのが俳人の得なところ。いい句はできたかしら~♪(正人)

●最近体力づくりを兼ねて、近所の山を歩いています。野鳥好きに双眼鏡はマストアイテムですが、ただ自然の中を黙々と歩くのも良いものだなぁと思います。先日の三連休は、山が本当にきれいで、どこもかしこも金色に輝いていました。こういう時に、さらりと素敵な句を詠んでみたいものです。/真井とうか
●組長、正人さま、スタッフのみなさま、ハイポニストのみなさま、毎日おつかれさまです。最近、以前投句した兼題の季節がまためぐってきて、たとえば「ああ、また『落葉』の季節になったなぁ」と感じるようになりました。落葉を踏むと、「あ、この落葉の音はあの落葉と違うぞ!」と一人で、うれしくなっています。もっかい「おさらい俳句ポスト」と命名して、過去の兼題に取り組むのもいいかもしれません。それから、俳句ポストさまの兼題だけでなく、日常的にも俳句を詠む機会が増えてきました。一句作るまでの時間がちょっとずつ短くなってきたし、日記みたいに毎日のできごとを俳句にできたらすてきだなぁ。/小鳥ひすい
●コロナ禍なので、あまり人のいない所へ行こうと、里山の自然公園を散歩。時折人とすれ違うくらいで落葉降りしきる中を散策していましたが、ガマズミの実に気を取られ、緩やかな斜面地で積もった落葉ですってんころり。尻餅をつきつつ1m弱滑り落ちました。それでも落葉でふかふかだったので、怪我は無し。これもまた、季語の現場を経験したと思えば良き吟行かなと前向きに捉えることにしました。落葉はすべるので皆さん気をつけましょう。/山香ばし
○うおお、落葉という季語の現場にはそんな落とし穴も…。でもたしかに経験あります、程度の差こそあれ。吟行は楽しいけど、いのちだいじに!(正人)

●令和1年の11月に四国八十八か所を回ってきましたが風光明美な四国路の旅でしたがお寺を回る事に一生けん命であまり景色を楽しむことができませんでしたが心温まる接待に接することができましたので良い思い出としてもっています。今は廃人3人で月に1回俳句の勉強会をして老後を楽しんでいます/小倉治山
○お遍路達成おめでとうございます!コロナが落ち着いたらまたぜひ景色も楽しみつつ巡ってみてほしいですねえ♪(正人)

●皆様お元気でいらっしゃいますか? コロナの間隙を縫って、11月に3週連続で東京・京都・大阪の美術館に出かけました。コロナ対策の為、どの展覧会も事前に日時指定予約が必要でその分空いていて、間近で「ひまわり」を鑑賞できました。また、3ヶ所の内2ヶ所で音声ガイドがダウンロード方式になっており、期間中は、何度でも視聴可能。 1ケ所は会場でイヤホンなし視聴OKで、静寂の中にかすかにBGMがもれ聞こえてくる新しい感覚。 コロナ対策の為でしょうが、少しずつ確実に変わっていきますね。/小梅
○ほほー、コロナ対策での日時指定をした上での閲覧になっているのですね、今は。ある意味静かに堪能できる環境といえるかも。(正人)

●湯治に行ってきました、なかなか面白かったです。料金は基本は部屋代のみで外全て持ち込み可能、でも鍋釜布団ストーブ炬燵を担いで行くのはちょっと…と言う人には貸し出しも有りでお金さえ払えば貸してくれます。枕十円、布団一枚二百円とか浴衣、シーツ、炬燵、コンロまで何でもかんでもイロイロ。刺激的な体験だったので俳句の種を沢山拾いました♪/筬葉
○あああーーー湯治いきたい!!肩こりとかもうね!!(正人@心底)

●組長、正人様、スタッフの皆さま、ハイポニストの皆さま、いつもお世話になっております。 本日「寒海苔」の締切日、11月25日は、50年目の「憂国忌」だったのですね。当時は幼くて何も覚えていませんでしたが、NHKのアーカイブなどで、三島由紀夫さんの映像と肉声を目の当たりにするとき、やはりその存在感は、独特のものであるように感じました。50年経っても色褪せない、鮮烈な記憶を歴史に残して行かれたのですね…/渋谷晶
○人事の季語、特に忌日を意識することって少ないから、これもある意味吟行なのかも。(正人)

◆兼題「寒海苔」に寄せて
●今回とても難しかったので、皆様の作品を楽しみにしております。/Karino
●海が間近にないのでイメージを抱くのに少し大変でした/かなこ
●寒海苔、難しいです/やまやま
●頭でっかちの想像吟行で詠みました。秋なのに冬季語 想像力と検索エンジン全開です/句詩呼
●寒海苔はまじめに難しかったです。/真喜王
●夏井先生その他の俳句ポストに関わっている方々へ 何時も、お世話になっています。この度の兼題「寒海苔」は、私にとって、難しい兼題でした。でも、難しいと諦めたら、脳トレになりませんから、私なりに、ない知恵を絞り出し、詠んだつもりです。自分なりに選びましたが、不安です。/吹子
●兼題[寒海苔]は私が投句始めて半年間程で一番難しかったかもしれないです。 前回の[鮫]も最初は「なんじゃコリャ、こんな季語で句を考えるのは無理!!」って思ったけど…非現実世界に逃げ込んで、一つ浮かんだらなんだか楽しくなって幾つか浮かんだ。 でも、今回の[寒海苔]は、ファンタジーには逃げにくいし、かと言ってただの[海苔]と違い季語の現場に立ちにくい。 駄句、類想沼入り必至ですが、頑張りました。なんとか… /東京堕天使
●今回の兼題は普段何気なく身近にあり、あまり真剣に海苔のことを考えたことがなかったので難しかったです。 おそらく人生で一番海苔について頭と時間を使ったと思います。 俳句は頭の脳トレ、それがとても面白く楽しくそして難しいですね。精進します。/狢
○意識はしないけど、身近にはあるのがある意味得だったかも…とはいえ、身近にあるのはせいぜい味海苔。「寒海苔」ならではが難しくするポイントか。(正人)

●スーパーの海苔売り場で指折る客。 私以外にも居られることを知った霜月でした。/まんぷく
●体験のために買ってみようとしましたが…あきません… 今年は懐狭いのです…/武者小路敬妙洒脱篤
●私の生活レベルでは、寒海苔を食べることは、ほとんどありません。より季節感のある豊かな生活をしたいものです。/平地草
●ネットで海苔について調べていたら、良い海苔が食べたくなった!今度海苔専門店に行きます。寒海苔はまだだけど。/陽光
○高価な寒海苔となるとねえ…。普段は安いもの食べますし…美味しいのは味全然違ってくるのかしら。(正人)

●海苔は、日本の味で 俳句にふさわしい食べ物ですね/大野喬
●今回もよろしくお願いします。 食べる以外の経験をしたことがないので、食べることしか詠めません。経験不足です。悔しい。でも海苔汁美味しいです。食べに行きたしコロナは怖し、です。/浅河祥子
●「寒海苔」のり巻きのおにぎりが大好きです! お餅やあられに巻いたのも大好きです!/渋谷晶
●海苔には炊きたてご飯でしょう。味噌汁に刻んで入れてもいいですよね。/山香ばし
○うちはもっぱら海苔巻きしたりするくらいでしたけど、味噌汁に入れてる人もいますね。ほろっとほどけてるのが美味しい。(正人)

●新型コロナ感染者の増加で旅行を控えて10カ月、第3波で更に控えているところ。故郷からそろそろ新海苔が送られてくる頃になりました。懐かしい磯の香りが思い出されます。/忍冬
●寒海苔…思えば、毎年妹の嫁ぎ先の親戚からいただいていました。アオサ香る(アオサ入りなのです)分厚い、てらてらと滑らかな海苔。鋏で袋を切る、潮の香を鼻に浴びる、あの瞬間が嬉しい!おばさんが亡くなられ、しばらく忘れておりました。/黒子
●そう言えば、タレントの出川哲朗さんのご実家は、海苔屋さんでしたね。/黒子
○出川さんのご実家ってそうだったのですか。親戚が食品の生産に携わってるとシーズンに送られてきたり、ってのはどの業界でもあるものなんですねえ。愛媛だとよく蜜柑が送ったり送られたりしてますが。(正人)

●北海道人としてはやはり海苔の味より風景が頭一杯になりました(笑)/風蓮徹
●「嚏」では人選をありがとうございました。今回の「寒海苔」では、子どもの頃に伯母が毎年持ってきてくれた手作りの海苔を思い出しました。岩場の海岸の目の前に住んでいた伯母が摘んで作る海苔は、市販品の3倍くらいの厚みがあり、とても食べ応えのある美味しいものでした。この季語に触れ、そういえば海苔を届けてくれたのは、いつも冬だったなと気がつきました。/玉響雷子
○収穫の近い部分を見たことのある人は貴重な情報ですねえ。人事の季語か植物の季語かを考える上でもヒントになってくれそう!(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●我が故郷愛知県東三河、山にも海にも近く環境に恵まれた土地で私は育った。 豊橋を起点とするJR飯田線は南信州につながる山々の間を縫うようにして走る。 太平洋の波で洗われた白い砂浜の続く渥美半島の内側には穏やかな三河湾がある。 海苔の養殖が行われ、冷たい海風の吹く中での海苔取り作業はこの時期の風物詩だった。 豊川市と合併した宝飯郡御津町はその名の通り歴史があり、由緒もある土地である。 三河湾沿いの御津町には海苔屋さんが何軒もあり、海苔を養殖して板海苔を製造していた。 私の両親はいつも御津町まで海苔を買いに行っていた。 だから我が家では海苔と言えばブリキの缶にいつでもある真っ黒な板海苔で、小学校の修学旅行で伊勢の旅館の朝飯に出てきた袋入りの味付け海苔を初めて食べた時には感動した。 しかし海を食べるようで本当に美味いのは板海苔である。 味付け海苔ってのは、海苔の本来の味に自信の無い格下の海苔だとずっと思ってきた。 朝食に炊き立ての真っ白なご飯と私たちの口の大きさに合わせて切った板海苔が並んでいれば母の作る他のおかずがどんなに美味くなかろうと私と兄の口から文句が出るはずがなかった。 実は、この海苔ごはんで朝から両親が大喧嘩をしたことがある。 小皿の醤油に海苔をつけて熱々のご飯に載せてハフハフ食べたい海苔ごはん、海苔の醤油のついた面がごはん側か外向きかで朝から大論争となったのであった。つかみ合い寸前までいったように記憶する。 忙しい朝にそこまでなるには純粋に海苔の美味しい食べ方ばかりではなく、常日頃つもり積もった何かがあったのかも知れない。 子どもの私たちに分かりようのないことであった。 板海苔を食べる機会が少なくなってしまった昨今であるが、目にすれば湧き上がる両親の思い出である。 ニューコロナとは無縁のあの世はさぞかしいいところなんだろうと思う。 なぜならまだ両親が私の前に帰ってきた形跡は無いから。 毎朝仲良く海苔ごはんを食べていることと思う。/宮島ひでき

夏井先生

ページの先頭