俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第255回 2020年11月26日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句

今週のお便り&俳句道場

■今週のお便り(●が皆さんからの投稿、○が正人&夏井コメント)

●新しい投句・投稿システムについてのお願い
 投句・投稿フォームが新しくなっています。投句数の増加に伴って、仕分け作業に多くの時間を要します。以下の事項を守って投句投稿して下さると、組長の負担が大きく減ります。ご協力よろしくお願いします。

①俳句の欄には俳句のみ記入して下さい。一つの欄に一句を厳守。

②「俳句に対するコメント」の欄は記入する必要はありません。(特に気になることがあれば記入していただいても結構です。)

③「ギャ句」「聞き倣し季語」は俳句欄に記入して下さい。ギャ句の原句は「俳句に対するコメント」の欄に必ず記入して下さい。

④「兼題季語についての質問・考察・情報(火曜日「俳句道場」)」は、火曜日「俳句道場」への投稿です。

⑤「『俳句ポスト365』への感想・質問・要望・俳号の変更・各地の吟行情報など」「組長&ハイポニストたちへのお便り・近況報告など」はそれぞれ水曜日への投稿です。内容に合った欄に書き込んで下さい。

◆『俳句ポスト365』へのご感想、ご要望、ご質問
●こちらでは初投稿となります。 毎回レベルの高い投稿ばかりで戦いておりますが勉強としてどんどん投句できたらと思います。/あさきまほろ
●はじめまして。帰国の折にTVでプレバト観賞、ユーチューブ 楽しんでいます。いつき組ってどう参加するのかな と思っていました。てはじめに 参加してみます。よろしくお願いします。  /うはのそら
●はじめまして、Twitterを始めて、こういう事が出来るんだと知りました。2年前から俳句始めました。30数年来 ドイツに住んでいます。よろしくお願いします。/うはのそら
●はじめて投稿いたします。よろしくお願い申し上げます。/ささの葉
●大学生です。4月の自粛中に俳句に興味を持って、今回初めて投句します。/だんちゃん
●「俳句ポスト365」へ初の投句となりますが宜しくお願いいたします。/伊藤辰弥
●今回初めての投句です。松山の俳句愛にはいつも感心するばかりです。息の長い活動をこれからも応援していきます。私も一生の友として俳句と付き合いたいと思っています。/江澪
●初めて投句をします。宜しくお願いします。 /周黎
●最近俳句に興味を持ち、はじめての投句になります。素敵なホームページを見つけたため自分も挑戦してみたいと思いました。/春野匙
●初めての参加なので良くわかりません。/新右衛門
●俳句ポスト365の初チャレンジです。よろしくお願いいたします。/染井つぐみ
●今回から応募させていただきます。 よろしくお願いいたします。/楢﨑古都
●先日、NHK「俳句王国がゆく」で対談させて頂いた猫雪です。右も左も分からない初投稿です。よろしくお願い致します。/猫雪
●はじめて、投句させていただきます。札幌在住の梨雪と申します。 趣味で俳句を始め、3年経ちました。 夏井先生の大ファンで、プレバト、YouTube、俳句甲子園など拝見しています! /梨雪
●やっと投句出来て光栄です!/緑雨
●こんにちは。淳風と申します。 この度、小五の孫が、「怪盗キャットA」として、初投句です。 ふれあい動物園で、鷹に懐かれて、すりすりされてかわいかったので、俳句に詠んでみたいとのことでした。 孫の分もわたしのスマホから投句させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。/怪盗キャットA
○ようこそ俳句ポスト365へ!可愛い俳号も考えてくれてありがとう~みんなで一緒にたのしみましょう♪(正人)

●よろしくお願いします。/つきのひと
●頑張ります!/烏兎怱怱
●宜しくお願いします。/烏兎怱怱
●今回もどうぞよろしくお願いいたします。 お忙しい中本当にありがとうございます。/佳子
●よろしくお願いいたします/花南天anne @TFP句会
●毎週プレバトを見ていて、11月から夏井先生のYou Tubeを見始め、同時に俳句を作り始めた超初心者です。宜しくお願いいたします。/駒草らんぷ
●初心者ですが、投稿できて幸せです。ありがとうございます。/空乃 井戸
●いつき組長さん正人さん ハイポスニストさん素敵な句評素敵な句を ありがとう /狩谷和寓
●いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●夏井いつき先生、楽しい方です。/小野小マーチ
●「俳句ポスト365」の皆様。こんにちは。どうぞよろしくお願い致します。/松山のとまと
●組長、正人さま、いつも有難うございます。/大和田美信
●宜しくお願い致します。/堀雅一
●今回は結果発表欄に名前を見つけてホッとしました。ついつい結果が気になってしまう私…小さいな(笑)/なつめモコ
●組長はじめスタッフの皆さま、いつもどうもありがとうございます!!/まどん
●組長、ウェンズデー正人さん、こんにちは! 2021年も、一家で俳句をたのしみたいです!どうぞ、よろしくお願いします。/マレット
●たくさんの投稿作品のチェック作業が 大変ですね。/わたし福岡です
●夏井先生(組長と呼んでいいかな)、正人さん、皆様今までありがとうございました。俳句は初めてで本を読みました。でも、読むのと作るのでは全く違う世界でした。3月に血迷うたか投稿して欠席もしましたが約8か月続けることができました。選歌して頂きまた考え楽しかった2020年でした。感謝しております。/みつき小夏
○今回も投句継続、みんな素晴らしい!継続した時間が自信になる!(正人)

●久しぶりに投句しました!俳句づくりをまた頑張っていきます。/魚返みりん
●色々忙しくてしばらく俳句から離れていたのですが1年4ヶ月ぶりにまた投稿します。よろしくお願いいたします。/冬戸梅雨
●久しぶりに戻ってきました。最近のいつき先生のYoutubeを見せていただいて、ある日わかるようになるとおっしゃっていたので、その日を楽しみに、また始めてみようと思いました。前に俳句をしていた時よりも、ちょっと楽しいです。/みもうさ
●70過ぎて50年ぶりにまた始めました。知らないことばかりですが、ボケ防止と仕事のストレス解消になります。ひらめきと発見ですね、なんか続けられそう。初めてで人選ありがとうございました。/秋ひろし
○お久しぶりのおかえりなさい。50年ぶりとはなかなかの久々具合ですなあ!身についたノウハウは消えないもんですね♪(正人)

●組長、ハイポの広場の皆さん、こんにちは♪♪  私は、今月から、フルタイム勤務を再開したのでしばらくは、俳句から遠ざかってしまいそうです。 仕事の性質上、いっさいメモがとれない職場なので、いい句のアイデアが浮かんでも頭の中に覚えておけないと「ハイ!それまでーヨ!」なのです(ある年代以上の人にしかわからない笑笑)  兼題投句が途切れ途切れになるかもしれませんが、細々続けていきます。/東京堕天使
○フルタイムお疲れ様です。職種によってはメモってできないですねえ、飲食系とか。無理なく付き合っていきまっしょい!(正人)

●ハイポの友へ。「日々是好日」。「日々是俳句」。負けまいぞ!/いしはまらんる
●いつもありがとうございます!毎回、季語の奥深さに感動しています。/間仁田彩
●まだまだ未熟の自分を思い知りますけど 夏井先生の活動のおかげで俳句を知り 自分に合ってる 趣味を見つけて幸せです。ありがとうございます。/句詩呼
●組長、スタッフの皆様お世話になります。 毎日、四苦八苦しなから、兼題に向かっているおばあちゃんです。 でも俳句を始めてから、楽しい毎日ですよ。/山口 朝子
●いつもありがとうございます。 言葉も閃きもなんの気持ちもわかない日が続いたりします。 皆さんの美しい俳句や勇気の出る俳句に慰められています。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。/知無須園
●俳句を始めて約一年、やっと面白さがわかってきました。ありがとうございます。/蛙星
●私は「統合失調症」という精神疾患の患者ですが、そんな障がい者でも俳句は詠める!という事を証明するために投句しています。障がい者でも健常者でも「俳句」という同じフィールドで勝負できるのが嬉しく、また楽しいです。今後とも宜しくお願い致します。/蛙星
●ありがとうございます。俳句は難しいと気づきました。でも自分の気持ちを覗き見するような 面白さを感じます。 亀は水中ヒーターと部屋の 暖房で冬眠なしで元気です。皆様よろしくお願いします。/亀子
●夏井先生始め俳句ポストに係る皆様へ 毎回お世話になっています。コロナ禍の中、お元気でお過ごしでしょうか?今回も日常生活では、あまり眼にしない兼題に、四苦八苦しながら、なんとか自分なりにまとめたつもりです。駄句ばかりで、申し訳ないと思いながら、投句しました。でも二週間の早い事!その間の発表もあり、投句、発表と毎週俳句に支配されるようなりました。望むところでもあります。皆様が、コロナ禍を無事過ごされる様に、お祈りしています。 /吹子
●熱燗で初めてギャグ句に投句しました。載せて頂き嬉しく思ってます。今回も挑戦しました /中野風鈴
●詞を考える時間を確保してくれる貴重なポストの時です.歳をとってはいますが成長したいと思います./篤彦
●俳句は短い中に意味をこめるのでどこか「したり顔」的な雰囲気となってしまうので名句を読んで自然を大事にした句を読んでゆきたいと思います./篤彦
●最近、365日季語手帖の季語から1句づつ詠ませてもらいインスタに上げるようになりました。いつき組の方がやっておられる事をマネしています。少しでも俳筋力をつけるための練習です。インスタに投句してる方がたくさんいらっしゃり楽しく拝見しています。俳句ポスト365もインスタで知りました。今回こちらには初投句です。/抹茶子
●同じ、アドレスですが、高齢の従姉妹(野ばらno1)に代わりましての投句です。よろしくお願いします。/野ばらno1
●俳句を始めて1年。なんとか皆勤続けた勢いで、SNSに俳句専用アカウントを作り、拙句を公開しました。すると(拙句なのに)イイネ!を付けてくださる方、フォローしてくださる方がたくさんいらして、驚くと同時にとても嬉しく、モチベーションアップしました!みなさんの素晴らしい作品から学びつつ、少しでも追いつけるよう、早く人間になれるよう、切磋琢磨します。よろしくお願いいたします。/えりいも
●このごろ夫が俳句を作っているようです。時々、私の歳時記を見たりしています。人生で数句詠んだ俳句のひとつが、入選して「お~いお茶」をいただいたので、俄然やる気がでたようです。山が好きな夫は、山に登っては一句詠んでいます。/みやこわすれ
●俳句をやっていて、楽しくて、忙しくて仕事どころじゃないよ。と知人に言うとすごくうらやましがられます。あなたも是非と勧めています。お金も道具もいらず、あっ筆記用具は要るかも。いつでもどこでも誰とでも楽しめるよ。と、微力ながら種蒔いてます。/山羊座の千賀子
○なにより「楽しい」が原動力!「俳句をやっていて、楽しくて、忙しくて仕事どころじゃないよ!」なんて最高に力強いエールだね♪(正人)

●寒海苔に続き、2回目の投句です。 よろしくお願いします! 初心者道場がとても勉強になります。 ありがとうございます。/たーちゃん
●兼題が「嚔」の時に初投句をしまして、その後の「熱燗」では私の勉強不足により兼題の考え方に名を連ねました。非常に悔しい想いをしましたので、夏井先生の苦労も想いつつ、今回の「鷹」では計六句も送らせて頂きました。御苦労をお掛けしますが、宜しくお願いします。プレバトも応援しております。/みやたひろみ
●先ほど「流氷に鷹の爪痕ほどけだす」という句を出しましたが、流氷が季語だと知りませんでした。 句全体としても春っぽいので無かったことにしてください!/二重格子
○火曜日の俳句道場をご活用頂いてるととてもとても嬉しい。うっかり季重なりしちゃうのも学びの一環~(笑)。(正人)

●組長、正人さん、いつも選句ありがとうございます。 勉強を始めて間もない者ですが、少しずつ俳句の「お約束」がわかってきて、以前は意味がわからなかった句もちょっと理解できるようになってきた気がします。 市内にたくさんある句碑を読むのも楽しくなりました。 /深山紫
●2020年11月から、毎月連作を編んでTwitterに投稿しています。俳句は季語とか定型とか、ある程度縛りがあるからこそ面白いと、僕は思うのですが、連作はさらに縛りを自分に課すことができるのでとても楽しいです。縛るからこそ、逆に新しいものが生まれてくるのだと、日々実感しています。正人さんも、一句一遊では一物仕立て縛りを自分に課しているとか。素晴らしい挑戦ですね!「寒し」とか「二月」とか出されたらどうするんでしょう……?/いかちゃん
●「鮫」以来2か月ぶりの応募となりました。現在、文芸部ではある俳句賞に応募しようとしていますが、絶賛難航中です。それでもお互い頑張りあってなんとかやっています。気合いで間に合わせます。/オーガストスガワラマサト
●鮫も鷹も、二音の季語は難しい。全ボツ覚悟してます。 ウエンズデー正人殿に「全ボツ経験者」と言われれば、「私も一度、経験しておかないと」と思ってます。 「狐火」で頑張りたいところですが、これまた、四音は「狐火や」で始めるところから、抜け出せないのです。/毒林檎
●二音の季語はチーム裾野には難しいです。「20週俳句入門」の「1の型」(上五を季語プラス切れ字『や』にして…)で作ってみようと思いたったら二音の季語。またまた挫折の繰り返しです。/毒林檎
●いつも選句をありがとうございます。 俳句ポスト、YouTube、おうちde俳句くらぶ、「20週俳句入門」で、ぼちぼちと勉強しています。会社員人生40年のサガか「もう10回ほど投句してるけど、並選から抜け出せん。なんでじゃ?」と、焦りかけていたところで「20週俳句」を読み始め、こりゃ、まだまだ先は長いわい、と気付いた次第。本当の最初の頃は「良い句」がよくわからなかったのですが、最近、『天』や『地』の皆さんの句に心から感嘆できるようになってきました。「20週」に「自分はなんのために俳句をやっているのかを見失うな」と言うようなことが書いてあり「そうだ。人選をいただくために俳句やってるんじゃないぞ。自分の人生の杖だぞ」と改めて思いながら、ぼちぼちと楽しむことに決めました。 /毒林檎
●最近、おもしろさ、滑稽さ、キャラものを入れて作句して、できた句を改めてみると、これだと陳腐でふざけた句と捉えられるかもかな、と思いました。技量がまだそこに辿りついていないうちは、もう少し基本に忠実にやらないと伸びていかないですね。しっかりした方向を向いて、やっていこうと思います。 /迫久鯨
●藤田湘子俳句20週入門やっと読み終わりました。私の愛唱句ノート作成して好きな俳句を書き込むことにしました。/有田みかん
●「熱燗」の回、夏井先生の別サイトの会員になり、こちらへも初投句。プレバトを観ただけのマイナス状態。「鮫」の頃、夏井先生のマイナスがゼロになる一冊を読んで投句。「寒海苔」はゼロがイチになるもう一冊を読んで投句。今回は藤田先生の「20週俳句入門」を読み始めながら投句。俳句の勉強、楽しいです。/大西どもは
○youtube「夏井いつきの俳句チャンネル」で紹介した本の数々、学びに大いに取り入れられてて嬉しゅうございます。自分のステップにあわせて色々読んでみると新しい発見が。本っていいなあ。(正人@本好き)

●ぼちぼち俳句詠んでもなんとなーく没だろうな。頑張っても並だろうな。と思うことしばしば…(チーン)。過去にNHK俳句入賞したばあちゃんと違って私に俳句の才能はないですが、ばあちゃんの記録(押し入れの半分程の句)は超えたいものです。。/高倉ちとさ
●兼題季語に 悩まされてますけど このサイトで勉強して得るものは多いです。 ボツより 並に選んでいただいたのが多いおかげデス 頑張れます。 /句詩呼
●兼題「鷹」の結果発表の頃に、俳句を始めて1年が経ちます。29年を無趣味で生きてきた私が、ひとつの事を1年も続けられたのは、はじめてです。同じ季語でも、表現したい事は十人十色。でも皆が、その季語への共通のイメージや想いを持っていて、潜在意識で繋がっているような。そんな楽しい発見と不思議な安心感が得られる、俳句と、俳句ポストが好きです。俳句ポストに関わる全ての皆様に感謝しています。/足立智美
○まずは続けている自分を褒めること、とっても大事!!季語への理解・感じ方も興味深い。その楽しさも安心感も、一年続けてみたからこそわかる財産なのでありますよ。(正人)

●よろしくおねがいします。 今回も直前でなんとか詠んだ句です。でも参加することに意義があると信じてます。/浅河祥子
●夏井先生、正人様、他スタッフの皆様いつもありがとうございます。 前回の兼題「寒海苔」はやっとの思いで投句しょうとしたら締切を過ぎておりました。なんたる事かと反省し、次回はと意気込んでおりましたが兼題が「鷹」で、何も浮かばず、何も詠めず今日を迎へております。 後 1時間を切りました。 投句に間に合いました。いささか疲れました。/甲斐紫雲
○はい、ギリギリお疲れ様でした!2週間はやすもう!そんで次がんばろう!(正人)

●11月11日締め切りの「鮫」(冬の季語)はついつい投稿できませんでした。投稿できなかったのは初めてだったと思います。今回は締め切りぎりぎりですが何とか投稿することができました。常識的な、凝り固まった思考を何とか想像力で膨らませたいと思っているのですが、毎回、その難しさを感じております。/泰然
●六十三歳になり誕生日の前後に免許証更新とか 年金事務重なり俳句ポストに今年から投稿して 寒海苔で初めて締め切り遅れました 来年からスマホとカレンダーに締め切りを書くこと しました /狩谷和寓
○なんだろう、免許更新とかだいじなものを比較すると、投句逃したくらい大丈夫な気がしてくる…!(笑)(正人)

●鷹の兼題締切だ~と日付変わる直前まで投句。やれやれとホッとしていたらなんと締切日前日でした!あのギリギリ感は一体何だったのか(^^;そんな訳で2度目のギリギリ感。イマイチ緊張感に欠けますがもう少しトライします。/古都 鈴
○うっかり締切過ぎてた…はよくあるけど、逆に早かったパターンは珍しい?(笑)(正人)

●すみません! 間違って同じ俳句投稿が6件重複してメールしていまいました。/オアズマン
●投稿済の確認が出来なかったので、再投稿しました。 二重になってしまったら申し訳ございません。/コナラ
●12月6日にメールで投句いたしましたが、確認メールが本日現在届いておりませんので、再送させていただきました。重複しておりましたらご容赦ください。/林 和寿
●すみません。環境依存文字を使用してしまいました。再送いたします。 大変お手間おかけいたしますがよろしくお願いいたします。/佳子
●さきほど俳号を「寒海苔や四季を最後にパリゆかぬ」で俳句投稿してしまいまして、本当は「すしうた」なんですすみません。変更していただけたら幸いです..._:(´?`」 ∠):/すしうた
●先ほどうっかりミスって、『通販生活』投稿用の俳句(20句)を投稿してしまいました。お手数ですが、破棄してください。改めて本投稿より、兼題『鷹』の自作俳句7句とギャ句”を投稿しますのでご査収ください。よろしくお願いします。/ひぐちいちおう(一応)
○返信メールがうまく届かなかったり、環境依存文字を使っていたために送り直すなどはしていただいて結構です。ただ、俳号間違いや投句媒体の間違いなどはかなり致命的なのでお気を付け下さいませ…!(正人)

●「人」と「並」の具体的な入選数を知りたいです。/蛙星
●毎回、投句数を数えるのも大変だと思いますが、できれば総投句数、天、地、人、並、それぞれ具体的な数を知りたいです。ら/蛙星
●「俳句ポスト365」に投句するのを楽しみに生活しています。 毎回、兼題ごとの応募者数、投句総数を発表して頂けないでしょうか。 人や並に選ばれたときに、大変励みになります。よろしくお願いします。/矢想
●今回の投句人数と投句数を教えて頂けますと幸いです。「鷹」……ではなくて「熱燗」の話。当然の一万句超えは予想していたのですが一万二千近くまで行くとは予想外でした。115句投句(117句送ったつもりがミスにより2句は届かず)したのですが1%は達成出来ず(泣 /洒落神戸
○洒落神戸さんいつもありがとうございます、今回は1753名9199句となりました。外部サイト「俳句ポスト365データ集」を現在は洒落神戸さんが更新してくださっています。投句数や人数を棒グラフで視覚的に把握できますので、そちらをご覧下さい。各回の棒グラフ上にマウスカーソルを運ぶと、天地人並の数や全体に占める割合もわかります。完璧です。本当にありがとうございます。(正人)

●組長、正人さん、スタッフの皆さま、いつもありがとうございます。 そして、兼題についてブログやツイッターで様々な情報を提供してくださるハイポニストの皆さま、ありがとうございます。とても勉強になっています。裾野の裾野でこれからも学ばせていただきます。/岸来夢
●初心者は、ハイポニストって!? 検索しました。こちらに集う方々をハイポニストと呼ぶんですね。オフ会や掲示板や、またまたビックリ。 いつき組って、マジで俳句集団ですね。改めて組長の凄さを思い知りました。知らない事ばっかりです。/抹茶子
●以前、正人兄さんに教わった「考」を使った俳句で、それぞれ「並」「人」に選んでいただきました! 正人兄さんのおかげですね。 このまま「地」「天」も考をつかった俳句で選んでいただいて、世界初の「考俳人」となろうかと思ったりしましたが、さすがにそれもどうかと思うのでもっといろんな俳句に挑もうと思います。 たくさんの方のご質問にお答えしているのを拝見するだけで大変勉強になっています。 YouTubeをみてもたくさんわからないことだらけのはずなのですが、わからないことが分からない状態です。 わからないことが落ち着いたら、また質問させていただきますね。/ヒマラヤで平謝り
●俳句仮面がなんと占いを始めた?と思ったらゲッターズ飯田と名乗られてました。←トランプマンでもありませんでした。 いつもありがとうございます。2021年が良い年でありますように。/野地垂木
●火曜日、水曜日に何度も寄せられる質問があると思うのですが、インターネットの世界でよくある「よくある質問」「FAQ (Frequency Asked Question)」として一つのページにまとめてはいかがでしょうか。 毎度回答する手間も省けますし、初心者には大変助けになると思います。/堀雅一
●正人さん、YouTubeの目次か目録とか、どこかにあるんですかね。見たい回がなかなかみつけられません。/こま
○ゲッターズ飯田!?なんじゃそりゃ!?…参加者の増加に伴い、FAQの必要は痛感している今日この頃。改築の際には設けられるといいなあ。現状はSNSなどの助け合いも含めて、わからない部分を教えてくださったりする場面もよくあります。みなさま日々ありがとうございます。youtubeはすごく丁寧にまとめてくださってるブログ様がネット検索するとでてきますので、そちらがおすすめ。ちなみに「ハイポニスト」の呼称はこまさんが言い出しっぺ。(正人)

●可能であれば性別選択欄はなくしてほしいです。/那真呼
○これもサイトの改築の際に対応させてください。お時間いただきますが何卒ご容赦を。(正人)

●今後とも、永く、「俳句ポスト」を続けてください。 前回から、「一期一会の句」「今週の俳句道場」や「今週のお便り」を、学びながら、面白く読みました。 今後、毎回読むようにします。 まえからお願いしていることです。如何でしょう・・・・ 結果発表の「人・並」は、数が多く、自分の結果に早くたどり着くのがとても苦労です。 成績順ではなく、「氏名の五十音順」にしていただくことができると便利です。(成績の良くない者の願い) /風間昭彦
○こちらの探し方と、直近回の顛末も前回の水曜日で回答いたしました。投句時点と結果発表時点のタイムラグがありますが、よろしくご確認ください。(正人@何回も回答しててさすがにちょっと悲しい)

●私の住む埼玉県、その埼玉県の熊谷市は、75年前の終戦の前夜、空襲を受けました。一番遅い最後の空襲を受けたわけです。 私の友人が、今回「最後の空襲熊谷」(8月14・15日戦禍の記録と継承)を仲間と共に発刊しました。 何故終戦前夜の空襲かという疑問はありますが、空襲の恐ろしさは(生まれて1.5か月で山梨県甲府の)空襲を受け、その様子を聞いて育ってきた者には、同じ戦争被害の「空襲」だと思いました。 (実は、戦後50年に書籍「戦前戦中戦後の熊谷の様子」が出版されています。多くの被災者が証言・寄稿しています。) そこで、疑問に思ったのは、俳句は「戦争被害」を受けたのでしょうか? そんなことの記述があり本がありましたら、紹介お願いします。 /風間昭彦
○戦争被害と呼ぶのが正しいかはわかりませんが、俳句にもあります。投獄された俳人も。詳しくは割愛しますが、なかなか壮絶です。(正人)

●熱燗のお題頂きましたけど 熱燗飲んだ事ありません。 想像で詠むしかなく俳句とはそう言うものですか? どういう気持ちで向き合ったら良いのでしょうか?/蓮花
○想像だって大いに結構であります。実際、お酒は苦手ですが~という方の金曜日いりもありましたね。想像が難しいなら、好きな人に話を聞いてみるのだってOK。↓に熱燗愛好家の実体験に基づいたご意見も掲載しておきましょう。(正人)

●熱燗の結果発表を見て、熱弁とか議論方面との取り合わせがずいぶん多いのだなぁと、ちょっと意外に思いました。単純な酒飲みのイメージとしてはよくわかるのですが、熱燗に限ってはそんなよそ事してたらすぐぬる燗あるいは酒精抜け抜けの酒もどきになってしまうので。むしろお酒以外目に入らない、お酒にしかちゃんと向き合わない状況や人を詠む方が実際の現場に近いんじゃないかなーと思います。/離松

●兼題「熱燗」で並に選ばれ嬉しく思います。 私としては、4句投稿の内で、「土曜日の向い座卓で三杯目」が気に入っています。 土曜日の{の}の助詞を{に}に変更のほうが良いのですか? 助詞の使い方が大変難しいです。 /松瀬章章
○正人個人の意見では「に」よりも「の」の方が良いと感じます。が、いずれにせよ季語「熱燗」が行方不明に…。(正人)

◆我ら並選隊
●俳句を作り始めて1週間、熱燗の兼題に投句したら、並に選んでいただけました。近年こんなにうれしかったことはありません。/理路
●兼題「熱燗」では、並選をありがとうございました。破調の句になっており、自信はなかったのですが選ばれて嬉しかったです。愛犬の温もりと熱燗の温かさや香りが伝えられ、良かったと思います。今回の「鷹」は、悪戦苦闘しております。身近でないので、イメージがわきにくいです。締め切りまでに、もう少し練りたいと思います。/ちか丸
●夏井先生、ウェンズデー正人様、お世話になります。 兼題「熱燗」にて「並選」を頂きまして、ありがとうございました。下戸の私が絞り出した一句、拾って頂けて感謝です。/塩の司厨長
●前回、「熱燗」で初めて投稿させていただきました。二句投稿したうちの一句を「並」に選んでいただき、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。俳句を始めたばかりですので、自分では落選した句と「並」に選んでいただいた句の差がわかりません。こんな時に良き師がいれば・・・と心から思います。/三笠木 草
●並選にますます執着心が湧いてくる。前回は全没でした。並の歌は素晴らしいと思います。しかし、並選隊にいた人たちから続々と人になったという報告が入っています。本当に皆さん勉強されていますね。/漂碌魂ひいろみ
●最近は人選、並選を行ったり来たりです。並選の発表をみてやはりありきたりな発想だなと思います。まずはありきたりなことからどう発展させるか、難しいけど楽しんで探していきたいと思います。/平井伸明
●親子で「並選」喜んでいます。ふたりで「次回は人に入りたいね」と言ってますが、現実は厳しい!/紀杏里
○きっと明日もレヴェルアップ!(正人)

◆俳号に名字をつけよう♪キャンペーン
●俳号を「るやみ」→「るんやみ」に変更してみました。 今後とも宜しくお願いいたします。/るんやみ
●俳号 井戸女 を改め、空乃 井戸 としました(そらの いど)/空乃 井戸
●雪うさぎより撤退、「雪井苑生」を使います。 よろしくお願いいたします。/雪井苑生
●俳号の変更 前回投句したねこ山、は少し安易で被りそうなので、猫山竹、でお願いします。 /猫山竹
● 俳句ポストを知ってから、生活に明るさとメリハリがうまれました。淳風と申します。  身体が弱くて不登校ぎみの孫が今回、「鷹」で一句詠んでくれました。  これをきっかけに、わたしも俳号に名字をつけ、今野淳風とします。どうぞよろしくお願い致します。/今野淳風
○『俳句ポスト365』では、「ありそうな俳号をお使いの方は是非とも姓を付けて下さい運動」を展開しています。俳号は、自分の作品を自分のものだと主張する大切な記号。投句者お一人お一人の個性と習熟度を見極めながら、適切なアドバイスができるようにと日々心がけています。以下ご協力の程を。
 ① 同一人物の複数俳号の投句はお控え下さい。
 ② ありそうな俳号には必ず姓をつけて下さい。

●え、全ボツ、と思ったら、俳号を変えたことを思い出しました。俳号を変えてから初めての掲載だったのです。並ですが、あってよかったです。人を目指して、あと2句頑張りました。/葱ポーポー
○自分の俳号お忘れ無く!変えた直後は見失いがち。(正人)

●俳号を変えてみたのですが本当は泉 茶子にしたかったのですが名字と名前の間ははなしてはいけ ないのでしょうか?/茶子
○空白はいれても構いませんが、表記を厳守いただけますと大変助かります。例えば、空白が「 (半角スペース)」と「 (全角スペース)」では、違う俳号として認識されてしまいます。ある意味空白はそういうリスクを孕んでいるともいえます。(正人)

●  楽しく16作になります。   私と同じく俳号とか「風」をテーマにしておられる方もいらっしゃるようで   何か機会があればいいですね?・・・ /風蓮徹
○俳号の理由は千差万別。まだ自分の俳号悩んでる人のための参考程度に。(正人)

◆ウェンズデー正人へ
●正人さん!漫画「SPY FAMILY」と「猫山さん」面白かった。/こま
○前者、面白いと評判聞いて気になってました。猫山さんは初耳。人?猫??(正人)

●正人さん。組長。最近寒いのか心が寂しくなったのか元気が出ないのであります。どうか私に元気を分けて欲しいのであります…。分けてもらった元気は俳句に使います……多分。/高倉ちとさ
○冬は特に心が元気なくなりますからねえ、無理しない無理しない。…そんなあなたにオススメのMMOがあるんだが。(正人@隙あらばFF11を推すマン)

●正人様、お誕生日おめでとうございます!「鷹」の結果発表の前の週だったのですよね。今現在は、2020年12月9日(水)21:39なのですが…右手の中指は、完治されましたでしょうか。どうぞお大事になさってください。もう「岸辺露伴」も放映された後なのですよね…/渋谷晶
○35歳になりました。中指は一ヶ月くらい打撲の痛みが続きましたね、ありがとうございます…。(正人)

◆夏井いつきへ
●トマトも、登録者五万人記念オンライン句会にこっそり参加させていただきトマト。画面見るのに夢中で、投句はほとんど出来なかった。ま、そちらはここ俳句ポストで頑張らせていただきます。 /トマト使いめりるりら
●今までは主に夏井先生のYouTubeチャンネルで俳句を楽しませていただいていましたが、今後はこちらのサイトでも楽しませていただきます。/春野匙
●YouTubeまとめて一気見しました。とても勉強になります。助詞についての回を視聴し、すでに投稿済みの鷹の句を見直したところ、「で」としていたものを「を」とした方が広がりも深みも出ると思われる句があったので、今回推敲したものを再投稿しました。推敲前の句は「グーグルの衛星写真で鷹になる」だったのですが、これを「グーグルの衛星写真を鷹と飛ぶ」としました。自分では格段によくなった気がしていますが、こういう理解でいいんでしょうか。/冬樹 立
●YouTube句会ライブで組長に書いていただいた俳句と、「楽しくないと俳句じゃない」の青Tシャツが同じ日に届きました!大切にします。ありがとうございました。 /梵庸子
●組長、正人さま、皆さま、いつもありがとうございます。今回もよろしくお願い致します。それにしても、YouTube、面白いですね?。もちろん勉強させてもらっていますが、組長と正人さんの掛け合いというか、お二人が醸し出す雰囲気が大好きです。いい親子だわぁ?と毎回ひとりごちてます(^^) /靫草子
○急なお知らせですが、今週の土曜日(30日)に、松山市主催「いい、椿の日」句会ライブ生配信が行われます。『夏井いつき俳句チャンネル』にて配信。是非、参加してください♪(夏井)

●はやぶさ2無事に戻ってきました。すごいです。 「575でカガク」に投句し、番組を見ただけで、はやぶさ2やカミオカンデ等、とても身近に感じ、ニュースや番組で取り上げられるたび、見ています。理系とは言い難い私ですが、科学的なことに関心を持つようになったのは、組長のおかげです。/なかの花梨
●はやぶさ2無事に帰還しましたねえ。また是非575で科学で取り上げて欲しいです。この番組と俳句のおかげで天体や科学に興味関心が広がり嬉しいです。/有田みかん
●めっきり寒くなりました。突然の腕と肩の痛みに通院はじめました。まさか、万歳ができなくなるとは驚きです。飛鳥の湯で温めます。組長お背中流しますよ。/久美
●夏井組長があの長寿番組「徹子の部屋」にご出演されて! 凛としたお姿が、とても良い姿勢が、 素敵でした。 ほんの少しだけど私もこの方に関わっているんだとうれしかったです。/咲く耶とこ野@木ノ芽
●ようこそ道後へ!組長さんとローランドさんをお見かけしました。お忙しいですね。くれぐれも、体調管理お気をつけ下さい。/久美
○『夏井いつきのよみ旅!』は再放送が決まっているようです。近々、ブログにてお知らせしますね。(夏井)

●久々のぎりぎり投句です。伊月庵通信の締切りを明日と勘違いしていたことに今気づきました……。/松山めゐ
●これまで闇雲に句を詠んできましたが、「作句と鑑賞は俳句の両輪」とのこと。鑑賞を文字にするって、句の解釈や批評や感想を自分なりに纏めることで良いのでしょうか。どちらかと言うと「褒める」に近いものでしょうか。伊月庵通信、冬号より購読開始しました。ちなみに、おウチde俳句くらぶとの「両輪」になりました。/いなだはまち
○『伊月庵通信』2021春号には、去年寄せていただいた鑑賞文コンテストの発表が載ってます。来年に向けて、鑑賞力も鍛えていきましょう。(夏井)

●組長の句集「梟」を毎日のように開いています。組長が私の年頃の作品ということで興味を持ったのですが、とても瑞々しくて心を揺さぶられ続けています。先日の日経ARIAの組長の記事に、私が俳句にのめり込んだ理由と重なる部分を見つけてますます自分ごととして句が私の中に入ってきています。私の人生における大事な一冊になりそうです。/かむろ坂喜奈子
●夏井組長へ 出版本:子規を「ギャ句”」る で選句"いただきまして、ありがとうございます! とてもびっくりしました。たくさんの原句の解説とギャ句"、楽しく拝読いたしました! /一純。
●100年俳句計画を読み終わってました。三回以上は、涙しました。もともと涙腺が弱いけど、本当に読んで良かったです。松山の小学校からの俳句に親しむ環境は、素晴らしいですね。 実の姉は松山へお嫁に行き、35年。/忍佳
●夏井先生の2007年発行の本を図書館から借りました。100年俳句計画です。まだ、俳句を始めたばかりで、いつき組にも入っていないので、組長とはいいにくい。 半分位読みました。とても楽しいです。大変感銘を受けました。句会ライブも行ってみたいし、いつき組の勝手に部活動をはじめてしまうところに、六十代の私も、混ざりたいと思ってしまっています。楽しくないと俳句じゃないは、本当ですね。季語も沢山だったけど、分かりやすかったです。何句か作ったけど、もっと沢山作れるように頑張りたい。/忍佳
○『100年俳句計画』は草炎社から出した単行本ですね。あれ以来、さらに様々なエピソードが生まれているので、近々改訂の作業を始めたいと思っています。あ、俳句始めたばかりでも、「俳句って楽しい」と思ったら、「いつき組」を名乗ってくださいね♪(夏井)

●いつもプレバト見てます。有難うございます。/山内負乗
●プレバト俳句楽しみにしています。/富樫 幹
●とうとう、プレバトの名人からもコロナ感染者が。トマトは、今年一年ホームステイしておくことにいたします。訪問鍼灸師と俳人と、どっちが本業か分からなくなってきた(笑)。 /トマト使いめりるりら
●プレバトの俳句コーナーは最高です、毎週欠かさず見ております。/伊藤辰弥
●組長、こんにちは!プレバト楽しく拝見してます。「劇的添削」のナレーション通り、何かわからないな~と思った句が添削によって急に輝くところが好きです。二階堂さんの「だから俳句はやめられない」ってよくわかります。自己添削の力を付けたい!/夏 湖乃
●「熱燗」では人選をありがとうございました。いま気がつきましたが、この結果発表の頃はもう1月下旬なんですね。ピントのずれたご挨拶で申し訳ありませんが、令和3年もよろしくお願いいたします。さて、サッパリ俳句を詠んでくれないオットですが、最近はプレバトを観ながら評を口にするようになりました。「〇〇は要らんやろ」「何を言いたいのかわからへん」「現状維持やな」などなど。これが意外と当たるように(笑)。鑑賞力がついてきたのかと、興味深く観察している私です。/玉響雷子
○オットへの種まき、経過報告楽しみにしてるね、ガンバレ~(夏井)

●夏井先生が富山県にいらっしゃった時のチラシは実は部屋に貼ってあります。微笑した先生を見て脳内銀吟行に励んでいますがこのところ一句一遊などにはとんと縁がなくて力不足を実感しています。/ねずみ男
●少しずつ再開されたイベント。 組長はマウスシールドを着用されていますが、あれは自分を守るためにはほとんど役に立たないそうです。 お顔が半分見えないのは残念ですが、組員みんな組長のお身体が一番大切と思っています。 私達のためにもどうかマスクを着用いただきたく存じます。/むげつ空
●組長、新発田市での句会ライブにお出でいただきありがとうございました。 コロナ騒動の中開催されるのか、とても心配でしたが無事に組長のお元気そうな声とお顔を 拝見することが出来て嬉しかったです。一年前から地元の句友たちと「青田風句会」を作り 吟行や句会をしています。その友人たちも初めての句会ライブに楽しくて大興奮でした。 特選7句にも選んで頂き最高の一日でした。 これからもこつこつ俳句の種まきを続けていきます。また新潟にいらして下さいね~(*^^*) 今回は市民限定でしたが、今度は満員のホールで県内の「いつき組」皆さんとお会いしたいです。 どうぞ体調に気を付けて、俳句の種まきに全国を回られて下さい!! /じゃすみん
●この夏の夏井先生のご講演、中止になってしまい残念でした。(茨城県)/宙太郎
○年末の栃木での句会ライブも中止となりました。年明けてからも、中止の知らせがあちらこちらから入ってきてます。残念だけど、仕方ない・・・(夏井)

●組長!先日、病院の受付で勤務している叔母から、「そういえばプレバトの俳句の先生、うちに来たことあるわ」と言われました……!院長さんが俳句をされていて、組長とお知り合いとのこと。院長さんもハイポニストさんですかね?! 自分が俳句をしていることも、叔母には話してなかったので、突然の衝撃事実にビックリでした! 世間は狭いもんですね……(笑) (腰、お大事になさって下さい!)/鷹之朋輩
○それって、大阪の某整形外科ですか? ははは!克巳@夜のサングラスが、院長ですワ。(夏井)

◆広がる『俳句ポスト』仲間たち!
●夏井先生、正人さん、ハイポニストの皆さん、こんにちは。「熱燗」の時のお便りコーナーに「小鳥ひすい」さんから心温まるお便りをいただいており、恐縮しております。文面を拝見した時に「みのる先生」とあり、ビックリしました。「喜怒哀楽俳句」は組長の「楽しいな俳句」からヒントをいただいたもので、このコロナ禍の中で少しでも生徒たちの気持ちを吐き出させることができたら…と授業の中で行ったものでした。それは、常にあらゆる場所からヒントを発信し続けてくださっている組長のお陰です。俳句と出会ってから日本語の美しさ、奥ゆかしさに改めて惹かれ、それは俳句づくりに限らず「今日は生徒の発言の中にどんなキラッ??と光る言葉が出てくるかなぁ」と授業をすることが前以上に楽しくなっています。「小鳥ひすい」さんに何をしてさしあげられた訳ではないですが、組長の蒔き続けておられる俳句の種のお陰であのようなお言葉をいただき、これからの生徒たちに日本語の素晴らしさをもっと伝えていければと思えました。本当にありがとうこざいました。/みのる

●戸部紅屑さん 「熱燗」の「地」選おめでとうございます。俳号から嫋やかなイメージの女の方だと想像しておりましたが、この句を読んで、もしかしたら男の方かしら? 毎回「天、地」選の句と組長のコメントが何よりの勉強になっています。 /ドイツばば

●以前、YouTube「夏井いつきの俳句チャンネル」に日本語字幕がつかず困っている旨を僭越ながらお便りさせて頂いた難聴者です。すっかり観るのを諦めていましたが、私の投稿を見て、一人立ち上がって下さった方がいます。俳句ポストにも投句されている冬木さんです。完全ボランティアで字幕を付けて下さっています。難聴になって傷つくことも多いですが、それ以上に多くの方に支えられて生きていることを強く実感しております。この場を借りて改めて感謝の気持ちをお伝えしたく、お便りしました。本当にありがとうございます。また、冬木さん一人では大変なため、もしご協力頂ける方がいらっしゃいましたら何卒よろしくお願いいたします(出過ぎた真似をして申し訳ありません) https://note.com/fuyuki_haiku/n/n9d44b79cbb23/あなぐま家の母
●いつもお世話になっております。熱燗の週の「YouTubeの字幕が欲しい」というあなぐま家の母さんのお便りを見て、自動生成字幕をいじって外部サイト経由で字幕を見られるようにしました。外部サイトですが再生回数はカウントされるようです。ただ広告は入っていないかもしれません…。事後報告になってしまいすみません。問題があればお手数ですが教えていただけますか。投句締切まで3分切ってしまったので説明雑ですみません…何卒よろしくお願いします。/冬木惰眠

●兄がいつもお世話になっております。 妙な兄です。/武者小路敬妙妙妙妹子
●冬の鷹をどう切り取るか… 子供な名前に鷹が入っているので、季語として向き合えたかどうか…空ぶったかな涙/武者小路敬妙洒脱篤
●孫に鷹の字が入っているので、今回は参加させて頂きました。 ただ当初は孫寄りの句ばかりとなり、息子に指導されました。 何とか数句、その甲斐あって詠むことができました。 貴重な機会をありがとうございます。/武者小路敬妙洒脱母
○「兄ってだれだろう」と思ったのも一瞬、名前であきらかに分かるご家族!すばらしい!!(笑)(正人)

●仲間と「俳句は季語が主役」の意味が、実は分からないという話になり、今さらこんなことが分からないなどと、夏井先生に言えないねと、お互いにゴマカシ笑いをしました。でもここに書くという裏切り。迷走しながらも、なんとか継続できているのは、その仲間のおかげです。一緒にやる人が居ると、本当に心強いです。/ふくろう悠々
○仲間ってありがたい。ぺろっと書いちゃうあたりも逆に良い仲間感~(笑)。(正人)

●シュトゥットガルト俳句女子の会/亀の
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三ツ藤康子
●シュトゥットガルト俳句女子の会/三大夜景
●シュトゥットガルト俳句女子の会/追師うさぎ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/網野れいこ
●シュトゥットガルト俳句女子の会/遥明
●シュトゥットガルト俳句女子の会、会えないのが悲しい。それぞれの場所でそれぞれのペースで乗り切るしか。いつかまたわいわい集えますように。/月の道馨子
●シュトゥットガルト俳句女子の会 今年は残念ながら華やかなクリスマスマーケットは無くなってしまい、申し訳程度のクリスマススタンドがポツンポツンと立っているような寂しい街になっています。そんな中グリューワイン(ホットワイン)のスタンドが何軒か出ているので、友人と飲んできました。 寒い中フーフー飲むのは幸せな気分になります。 来年は俳句女子の皆さんとワイワイ行きたいな?と心から願っています。/芍薬
●シュトゥットガルト俳句女子の会/故郷の宮古島では、サシバ(鷹)が来ると冬到来の印でした。昔は、捕らえて食べる文化があったと父から聞いたことがありますが、現在は保護管理法で禁止されています。季節になると周知の為にポスターやパトロールがでたとか、わざわざ見に行った遠い記憶が思い起こされました。/海葡萄
○現シュトゥットガルト俳句女子の会のみなさんも当然ながら生れ故郷があるわけで…でも宮古島とは!思えば遠くにきたもんだですねえ!(正人)

◆小さな『俳句の種まき』運動♪
●先日、職場のイベントで「川柳コンテスト」が開催され、実行委員として、生まれて初めて選句というものを行いました。様々な句が並ぶ中で順位をつけていくのは大変でしたが、なかなかに楽しい作業でもありました。小さな職場なので、投句数は100句そこそこ。ハイポの毎回1万句を思えば、夏井先生とスタッフの皆様方の日々のご尽力たるや、と頭が下がる思いです。私のような者にも俳句に関わる場と日々の楽しみを与えてくださる皆様に、改めて感謝!いつもありがとうございます!/真井とうか
○ナイス種まき!たくさんの中から選句するのって最初すごく新鮮で楽しいよね!(正人)

● こんにちは、初めてお便りを出します。最近受験が近付いてきて、勉強が忙しくなり、俳句が全然詠めなくなってきてしまって悲しいです。ご無沙汰しています。  ところで、一年位前に、自分で楽しむ用ではありますが、夏井先生の俳句の本に載っていた俳句の作り方を少しアレンジして俳句を作るためのゲームを作りました。学校のみんなでわいわい試して、それを高校生位の年齢向けの大会に皆で送ったのですが、最近結果が届き、なんといくつか入賞していることがわかりました!  皆で楽しみながら俳句を作っていたので、入賞がいい思い出になりました。まとまらない文になってしまいましたが、こんな感じでいいのでしょうか? また受験が落ち着いたら、少しずつ俳句を作っていきたいと思います!/ふくろう
○アレンジ発案できるの素晴らしいっ!ゲーム感覚で楽しみながらやってたら仲間も誘いやすいよねえ。(正人)

◆「人」「地」「天」~ベム・ベラ・ベロ俳人たちより
 誰が言い始めたか、「『人』選にはいりたい=人間になりたい=妖怪人間ベム」という話で盛り上がり、「『人』選に入る=人間になる=ベム俳人になる=ベムる」と、不思議な動詞や、「天地想像」なる四字熟語が生まれております。

●組長、「熱燗」の人選に取っていただきまして、本当にどうもありがとうございます!類想を一捻りすることで、5音のオリジナリティを込める方法、頑張って勉強して参ります!どうぞよろしくお願いいたします。/渋谷晶
●熱燗の句二句目にして人を頂き恐縮な限りです。ハイポニストの方の句や夏井先生の動画や番組で精進して金曜日に進めるようがんばります。/妖精さん
●この度は「人」に選出頂きありがとうございましたm(_ _)m とても嬉しいです。凡人ですが、普段縁のない兼題から、固くなった頭をほぐして、小さな喜びを見つけたいと思います(#^.^#)/素々なゆた
●最近「人選」が少しずつ増えてきました。今の目標は二句選んでいただく事です。/中村すじこ
●組長、正人さんこんにちは。熱燗の兼題で人選にとっていただきありがとうございます。 ずっと並選でどこかが足りないともがいていて少しは人並みに近づけたのかなと思いました。 今後とも俳筋を鍛えてゆきますのでよろしくお願いいたします。/びんごおもて
●兼題・熱燗で初めて「人」選2句をいただきました。5年以上お世話になっていて初めてのことです。木曜日のPC画面を見ながら思わずにんまり!! ありがとうございました。/東山
●兼題『熱燗』では、初めての人選二句ありがとうございました。亡き父の思い出を詠んだ句での人選、とても嬉しかったです。久しぶりに父との晩酌気分を味わうことが出来ました。/ひなた和佳
●兼題「熱燗」で地選を頂き、誠にありがとうございました。当該週の「(火)兼題についてのお便り」に記した通り、私は下戸なので実は戦意を少し喪失しておったのです。それなのに「熱燗」で地選なんて夢のようです。そして上戸の方々には申し訳ない気持ちも湧いております。そして更に、唖然とした事が一つ。上記の通り「戦意を少し喪失しておった」ので「(水)今週のお便り」へは投稿しなかったのです! 結果は何と(木)に人選も1句頂いたので、(水)が揃えば「月~金パーフェクト」だったのにーです(泣)! 以前、トマト使いメリルリラさんがパーフェクトを報告されていたのを読んで本当に羨ましく思っていたのに何と自らの手で…! (ハイポ句友の皆様、私めを反面教師にしてこの背中を踏んで行って下されーW。)/戸部紅屑
●組長、兼題「熱燗」で「天」に選んでいただきありがとうございます!実は私はお酒飲めないのですが、兼題に取り組むにあたって熱燗を決死の覚悟で飲んでみました。激マズでした。 しかし、まさか自分が「天」をとる日が来るとは夢にも思いませんでした。私はとにかく何に対しても自分に自信をもてないタイプなのですが、そんな自分にとって今回の結果は震えるほど嬉しいものでした。 2019年6月、母に誘われて参加した地元、米子市での句会ライブ。 「さあ今から俳句を作ってください!」と組長に言われ、初めて俳句を作りましたが、頭が真っ白になり、あまりの自分の頭のポンコツぶりに情けない気持ちになりました。 句会ライヴ終了後のサイン会では母とともに組長と握手をさせてもらいその時に「良い息子さんですねえ」と組長に優しい言葉をかけていただきましたが、組長のその言葉に嬉しさと恥ずかしさを覚え「もうちょっとまともな人間にならないとなあ、本当の良い息子にならないとなあ」と何かを一生懸命頑張ってみようと思い、俳句を始めることにしたのです。 あれから約一年半、怠け者の自分が良く続けてこられたなあと思いますが、これだけ続けられたのもツイッターや夏雲システムのネット句会を通してできた仲間達のおかげです。 俳句と向き合うことは時に苦しいこともありますが、これからも楽しく、仲間と切磋琢磨しながら俳句を続けていきたいと思います。ありがとうございました。 /常幸龍BCAD

◆コロナウィルスに寄せて
●新型コロナ禍の第3波が大きいようです(11月末現在)。組長、正人先生、どうだ先生、よしあき君&ハイポニストの皆様どうぞご自愛下さいますように。/戸部紅屑
●夏井組長、正人さん、俳人のみなさんお元気でしょうか?俳号はっしーです。今の生活に俳句というものが欠かせなくなった日々です。自分の住んでいる大阪は赤信号となり、自粛がかかりましたが、そんな時こそ俳句を使って、身近にある新たな発見ができました。みなさんも今は大変ですが、この状況を俳句を使って豊かなものに変えていきましょう。みなさん体に気をつけてください。/はっしー
●夏井先生、ハイポニストの皆様お疲れ様です。 今年も残りわずかですね。コロナのせいで大変な年でした。/中原柊ニ
●コロナにご注意ください。お元気で審査に当たってください。/マツイミキロウ8191
●夏井先生、いつもお目通しいただきありがとうございます。何度か評価していただいて、すこし自信を持つことができました。コロナが収まれば、吟行とやらに出掛けてみたいなぁと思っております。/むゆき
●コロナ禍でどういう日常を過ごしておられるか/わたし福岡です
●先月、趣味人の「プレバト俳句研究会木ノ芽」でネット句会を実施しました。お題は「石蕗の花」「日記買う」「山眠る」で仲間と大いに楽しみました。 コロナの厳しい環境が続いていますが、夏井先生、俳句ポストスタッフの皆様のご健康とますますのご発展をお祈りします。/雨霧彦@木ノ芽
●コロナが未だに、収束しない中、どうぞ風邪には気をつけてお過ごし下さい。 /越後縮緬
●目が明かない。慢性的疲労。コロナ・・・歯の治療、老いたことを感じます。それに喝をいれるような「鷹」 できるかどうかわかりません。/砂山恵子
●コロナが増えていく中、俳句を考える時間が大切な時間です。お仕事も大変かと思いますがどうかお体ご自愛ください。 /紫蘭
●医療従事者の方を支えるのは、私達一人一人の自覚と行動。我慢ではなく協力。/狸漫住
●「鷹」の締め切り後から、本格的な寒さがやってきそうです。私の住む市は人口約10万人ですが元々、救急病院が3か所しかなかったのに、コロナ関連で1箇所になっています。コロナはもとより、とにかく、ケガも病気も気をつけねば、と思う昨今です。皆さまもご自愛のほどを。/毒林檎
●顧みれば、今年は「コロナ禍」の1年でした。 殆どの行事は中止となりました。 老人ホームに1月に入所した兄の面会には、漸く10月にできました。 その1回だけでした。 知人の一人は、最後に会った2月上旬から1か月過ぎた3月中旬には「コロナ」で亡くなりました。 この知らせで、今年は、コロナが恐ろしくて、事務所への通勤も回数が減りました。 いくつかの不幸もありましたが、一つを除き、告別式はありませんでした。 そんな一年でしたが、今月25日に末っ子が、驚くことに17歳も年下の娘さんと結婚します。 最後は、慶事で終えることができます。 /風間昭彦
● ほしのあお様のお便り 「ラストクリスマスチャレンジ」 楽しいゲームですね。思えば、今年はワムもマライアもXmasソング耳にしていないような気がします。 仕事辞めて家に閉じこもっているせいかもしれませんが、TVからも聴こえてきませんね。コロナ禍のせいでXmasどころじゃないのかもしれません。寂しい世の中です。皆様時節柄、体調を崩されないようようご自愛くださいませ。/抹茶子
●コロナ禍のお陰(?)でこのサイトに巡り会いました。 80歳を目前にしての初心者ですが、長く続けられるよう頑張ります。/里山まさを
○俳句という杖がコロナ禍の不幸中の幸いとなっているといいなあ。(正人)

◆近況報告~♪
●12月に入り,何かと気ぜわしくなりました。 どうぞ、体調を崩しませんよう、お過ごし下さい。/越後縮緬
●組長、正人様、スタッフの皆さま、ハイポニストの皆さま、いつもお世話になっております。本格的に寒くなって参りました。急な体調の変化などにも、どうぞ気をつけてお過ごしください。/渋谷晶
●いつもありがとうございます!もう師走ですね。こんな最中ですが、まずは、良いクリスマスを!そして、良い年を迎えたいものですね。自分なりの、一年の総決算に入っています!やり残したことはないか、どんな締めくくりにしたいか・・・まずは、健康第一ですね!/間仁田彩
●皆様こんにちは。12月上旬。北海道はいよいよ寒い冬がやって来ましたよ!スパイクの付いた長靴を新調し「ガシガシ」と歩きながら毎朝30分かけて徒歩通勤をしています。我が町には「一の坂町.二の坂町」という町名&坂道がありましてその坂道を通るので私は秘かに「一の坂ダイエット」と言ってます。結構効果があります。四国は殆ど?全く?雪は降らないのでしようか?たまには雪の無い所で冬を過ごしてみたいなとここ何年か思うのです…何かと忙しくなる年末、皆様が元気で過ごせます様に!/貴桜李
●いよいよ12月…大掃除の季節です。キッチン・風呂・トイレは、毎年僕の担当。一気にするのは無理なので、ちょっとずつやっていこうと思います!仕事も忙しいけど、うまく時間を作りながらやり切ります!!/かつたろー。
○12月の気忙しさ感満載。それぞれの暮らしぶりが見えてくるのも楽しい♪ちなみに愛媛でも松山は毎年雪は一度も見ないことの方が多いくらいです。今年は珍しくちらついた日もあってうれしい。(正人)

●夏井先生、正人様  先日、我が家の冷蔵庫が壊れました。冷凍品を親や娘の所に引っ越しさせたりして、てんやわんやでした。保証が10年間で、9年10ヶ月目でした。まともに修理すると8万円かかるとの事でした。やれやれ!!!/KAZUピー
○良いタイミング(?)で壊れましたねえ。保証過ぎてたらと思うとぞっとする…。(正人)

●組長、ウェンズデー正人さん、こんにちは! もうすぐ2学期が終わります。先日、期末テストが終わって、ホッとしています。範囲が広いので大変でした。1学期は、休校などあったので、テストもそれほど大変ではなかったので、今回、中学生の大変さを思い知りました。 年末年始は、ゆっくり俳句を作りたいです!/打楽器
●高3担当ですので、受験指導の日々です。夏に俳句甲子園を経験した部員たちが成果を挙げてほしいと支援をしています。高3は受験だ~と早々引退した人々に負けるな!/大雅
○生徒も大変だけど、実は先生の側も大変だぞ十二月!みんな気持ち良く春を迎えられるようがんばろう!!(正人)

●明日誕生日です。次回の投句から50代です。50代もどうぞよろしくお願いします。/中村すじこ
○お誕生日おめでとうございます!まだあと2倍は楽しめる!(正人)

● 鷹と言えば「一富士二鷹三茄子」が浮かびます。皆さんご存知の通りこれには「四扇五煙草六座頭」と続きます。しかし、残念ながら「四扇」のお祭りはコロナ禍で自粛、「五煙草」も健康の面で敬遠されがちな存在となってしまっています。最後の「六座頭」も現代では馴染みの薄い言葉になってしまいましたが、「座頭」は毛がない。転じて「怪我ない」と言う有り難い言葉になっています。私の好きな落語「大山詣り」にも (ネタバレ)「お山は晴天、家へ帰ればみんなが坊主、お毛が(怪我)なくっておめでたい」と記されています。兎にも角にも、今年も「無病息災」で生きてゆきたいですね。 /塩の司厨長
○四以降知らなかった!こういう言葉遊びの知恵って楽しい。(正人)

●組長、正人さん、こんにちは! 先日初めて子規記念博物館に行ったのですが、入口にある子規の月ごとの句の人気投票をじっくり読みすぎ、入場する前に時間がなくなってしまいました・・・。 次は一日中空けて行きます!/深山紫
○どれに投票するか悩みますよね。(正人@わかる)

●組長、正人さん、こんにちは。仕事、昇進試験に合格しました。俳句も頑張ってます!/古瀬まさあき
○昇進試験おめでとうございます!!まま、お祝いの熱燗でも一献♪(正人)

●庭先で空を見上げても、いるのはカラスやスズメばかり。と思っていたら、雪虫を発見。これはこれでいい発見。/山香ばし
○いい句材ですねえ、雪虫。ふわふわ具合がかわいい。(正人)

●プロ野球も終了で、何を対象に俳句、川柳を読めばいいのかな。 俳句ポスト365の兼題、秋晴、実紫で初心者の5位に取り上げられ、友人に自慢しました。妻は無関心で参加しようとしません。/松瀬章章
○自分の喜びを身近な人に伝えるのも俳句の種まきってやつですね♪(正人)

●重複しますが、祝い事ですので、改めて、最後に載せます。 今年は、コロナ禍で振り回された一年でした。 そんな一年でしたが、今月25日に末っ子(43歳)が、驚くことに17歳も年下の娘さんと結婚します。 最後は、この一年も慶事で終えることができます。 /風間昭彦
○ご結婚おめでとうございます!!こうやって幸せがうまれている事実、今の時代になおのこと嬉しい。(正人)

●こんにちは!シーズンスケーターの私にも、スケートシーズン到来です! それなのに、ホームリンクの営業終了が決まりました…。今シーズンは営業しますが、次は、ありません。もう10年以上、我が家のように馴染んだリンク、親戚のように馴染んだ常連さんたち。今季かぎりと思うと、泣けて泣けて泣きました。 今は、大事なリンクで、大事な仲間と、最高の思い出をつくるべく、計画をたてています! 幼稚園児から還暦オーバーまでの老若男女、スケートが好きという一事でつながった仲間!まるで俳句仲間みたいですね。 みんなの素敵な思い出がつくれるよう、がんばります!/ちょろたこいん
○スケートリンクの維持も大変そうですもんねえ…残りの時間せいいっぱい楽しもう!(正人)

●各種新春文芸大会の時期になりました。今年は会場に集まれるかも不透明です。あしらの俳句甲子園、今回は参加を見送りました。コロナ禍の問題が解決した際には是非オホーツクチームを作って参戦したいと思いますので、その際にはよろしくお願いいたします。/よしざね弓
○あしらの俳句甲子園、コロナの状況を鑑みて開催見送りとなりました。2022年は集まれますように…!(正人)

●組長、正人さん、皆さま、師走です。気持ちが浮き沈みし続けておりますが、それでも俳句という張り合いが有るのおかげでこうして過ごしています。自分を表現する事の楽しさ、発表出来る事の嬉しさ、評価してもらえる事の有り難さ。この歳にして大切なことを知りました。感謝です。/山羊座の千賀子
●楽しみに拝見させていただいています。最近五十肩になりしんどいです。また俳句を投稿できるように頑張りたいです。皆さまもご自愛ください。/楠青庵
●この投句をしている前夜施設の利用者さんが救急車で病院送りになりました。私もいつ不測の事態になるかもしれません。それ以前にタブレット自体が出来なくなるかもしれません。/ねずみ男
●コロナ禍のもと家に閉じこもる生活がストレスになっていたのでしょうか。11月下旬に義母が倒れて入院という事態に妻とともにバタバタしております。義母は数日前にようやく退院しましたが障害も残りこれから夫婦でサポートしていきます。/樫の木
○程度の差こそあれ、身体や心が思うようにならなくなるつらさ。それでもなんとか、乗り越えたり支えたりしながら生きてる事実を褒め合いたくなりますね。(正人)

●先日夫の父親が亡くなりました。葬儀の直後が寒海苔の締切日で、無理矢理ひねり出しましたけど駄作しかないかもしれない。そしてあっという間に2週間たち鷹の締切日。心のあちこちが錆び付いているというか凍結しているというか。明るい楽しい方向には思考が行かず、ものすごく忙しいので余裕がなく、なかなか句になりません。出来ても父のこととか葬儀のこととか、季節は冬なのでそれも似つかわしいのかもしれませんが。そして今しか出来ない句かも。人一人が亡くなることの重みを感じるこの頃です。/古都 鈴
○さび付いたような心の悲しみ、とても自然なことだと思います。無理に明るくなろうとしなくていいんじゃないかなあ…。お義父様のご冥福をお祈りいたします。(正人)

●「建築」「家事(家族」に関する相談を受けています。 「ステイホーム」の影響か、夫や妻が配偶者の認知症に気づき相談に来る方がいつもより多い年のように感じます。 認知症の軽い時までに「民事(家事・家族)信託」契約を結び、不動産や金銭財産を、配偶者や子供に信託することを勧めています。 認知症になってから、金銭の引き下し、あるいは空き家となった家の賃貸や処分は出来なくなります。 「信託」してあれば、不動産も・金銭も拘束されることはありません。 そんな相談に乗っていながら。どうも、俳句が上達しないのは「認知症・予備軍」かと、人ごとにしています。 **先ほど8句、送信したと思いました。 ところが、頂いた確認メールには、この2句が欠落してました。 送ります。 /風間昭彦
○これは良いライフハック。勉強になります。(正人)

●お出かけを制限して暮らしていますが、妻の一言で紅葉を見てきました。 都内九品仏・浄真寺の紅葉が見事でした。車の移動が条件となるお出かけです。/天晴鈍ぞ孤
○寺社の紅葉、風情があっていいですねえ。山に行くのとはまた違った趣き。(正人)

◆兼題「鷹」に寄せて
●今回も掴み所がなく難しかったです。みなさまの作品を楽しみにしております。/Karino
●鷹、鳶、鷲・・・違いが難しい/しんしん
●鳶では鳴く鷹でなければならない描き方をしなければと頭を悩ませました。/たま走哉
●二文字で身近に飛んでいない季語。組み合わせが難しかったです。/でんきゅう
●寒海苔、鷹と難しいお題が続いて、頭がフル回転しております。/やまやま
●「鷹」を実際に見た事はなく テレビ他の情報から想像するのみです/りこ
●兼題は「鷹」とか名詞が多いから 難しいけど、やりがいあります。/わたし福岡です
●鷹は見たことがないので難しい。なんでも体験しなくちゃ。/わらびもち
●季語から俳句を作るのは難しいけれど想像力を掻き立てられ楽しいです。/音弥
●いつもありがとうございます! 季語に対して全く、イメージがつかめないとき、先生方はどうされていますか?/間仁田彩
●鳶は見ても 鷹はテレビでしか見てません もう想像吟行デス。/句詩呼
●まったく身近にいない鷹を題材にするのは俳句初心者には難しかったです。/駒草らんぷ
●鷹は普段の生活には存在していない鳥で、初心者の私には難しい課題でした。/駒草らんぷ
●鷹なんてまともに見た記憶はないですね。トンビとかワシとかの差がわかりにくいなぁ。さてどう詠もうか。/山香ばし
●「寒海苔」「鷹」「狐火」。なんだか絶滅寸前季語の方向に(^_^;)。実感が乏しく、苦吟しています。 /若生淡霧(わこたんのまま改め)
●鷹は類想類句が多そうでかなり難しいですね。鷲や鳶などの違いも詠もうとしましたがなかなかうまく詠めなかったです。/真喜王
●二音の季語は意外に難しいですね。どこにおいてもカタカタして座りが悪い感じです。/西川由野
●鷹が冬の季語というイメージがなかなか湧かず、俳句を考えるのが難しかったです。/染井つぐみ
●鷹は冬の季語ですが、冬と結び付く情景が浮かびませんでしたm(_ _)m 難しかったです~(。>д<)/素々なゆた
●鷹は身近な存在でなないので,このような季語の詠みこみ方を今後の課題とします./篤彦
●兼題「鷹」、難しかった。最後まで季語の本意とは悩みました。/南方日午
●今回もどうぞよろしくお願いいたします。あぁ、鷹考えれば考えるほどわからない…!とてもかっこいいのにそれを表現できないのがもどかしいです。/碧西里
●実体験で振れたことのない兼題は難しいです。想像力も知識も乏しいもので。/理路
●人間が食べない動物は難しいです。/中村すじこ
○難しい~の悲鳴が今回はまた特別多い。にしても、食べる動物ならまだ与しやすかったりするのか!?(笑)(正人)

●その昔は、博多っ子は鷹(ホークス)が大っ嫌いだったけど、いつのまにか、みんな大好きになってしまっていた。これだけ強ければ、仕方ないかな。/ちびつぶぶどう
○野球ネタも絶対出るよね今回。(正人)

●夏井先生、正人様、いつも有難うございます。感謝!今回「鷹」の兼題が出ましたのが、ちょうど京都滞在の頃でしたので、京都でがーッっと作り(言い方に品がない!失礼!!)ました。なので京都ネタ(笑!)が多いです。/巴里乃嬬
○「がーッ」の勢いもある種猛禽っぽい?(笑)(正人)

●今まで挑戦してきた兼題で一番短い季語だったかもしれません。単純に詠嘆にするというかズル(?)もできず。取り合わせもできず、結局一番身近な動物園の鷹にしました。/浅河祥子
○身近で観察できるって意味でも動物園は貴重な場。感染に気をつけつつ、行こう動物園!(正人)

●吟行情報教えて下さい。/れっどべりー
●夏井組長、正人さん、皆様、こんにちは。私は埼玉県の北部に住んでいるのですが、鷹の兼題が発表された頃、ちょうど近くの県立川の博物館で、荒川流域の猛禽類の企画展示が行われているのを知りました。これは行くしかありません。平日の午後で、見学者は私一人。一部屋の小さな展示でしたが、期待していた剥製標本や生息生態の展示など、ゆっくり見ることが出来ました。山地に生息するクマタカはとても力強い感じ、オオタカは思ったよりは小さくてシュッとしていて格好いい。猛禽というには小さくて可愛いものもいて。とても楽しかったです。荒川の歴史や地形などの通常展示も見学しての帰りの車中、「これってもしかして初めての吟行?」と思い至った次第。だからといってすぐに良い句が詠めるわけでもありませんが、鷹と荒川を取り合わせて数句作る事が出来ました。基本出不精なのですが、また何かと出会いに出かけられたらいいなと思っています。/まあぶる
○ナイス吟行情報!すぐに句ができなくても、見に行った記憶がいつか自分の中で形になるかも♪(正人)

●我が愛知県には、鷹の渡りで有名な伊良湖岬があり、いつか行ってみたい憧れの地です。シーズンは全国からバーダーが集まり、ホテルの予約も大変なようです。/陽光
○野生のが見れたら迫力違いそう!いってみたい!(正人)

●しかしまったく、今回の兼題はいつにも増して力が入りました。大好きなものがテーマだっただけに、その季語の奥行きや重さがダイレクトにのしかかり、目を逸らせなかったように思います。一方で、今回やっと初めて(!)「自分の体験・実感」を句に詠み込めたような気もしています。一歩前進、できているといいな!/真井とうか
●鷹に会えるスポットとして、岡山近郊にお住まいの方に、岡山のバードウォッチングのメッカ「阿部池」をオススメします!小鳥や魚を狙って「鶚(ミサゴ)」「大鷹」がやって来ます。隣接する飛行場の滑走路は草地になっており、こちらには「沢?(チュウヒ)」などの中型猛禽類が現れます。秋冬はカモ類もたくさん!淡水ガモと海ガモを同時に見られる貴重なスポットです。可愛い小鳥も目白押しです。野鳥の会主催で探鳥会も年数回やってます。ぜひぜひ。/真井とうか
○鷹への愛、迸っております。…俳句あるあるだけど、好きなものであるが故に逆に力入りすぎてうまくできない、みたいなのあるよね。良い結果に結びつきますように♪(正人)

●今回の鷹には苦戦しました。全く考えてもいない兼題だったので。と、思ったら次は狐火ですと(笑) 次回は投句数少ないことでしょう。私も皆さんも。/中原柊ニ
○次回も厳しいぞ、狐火!どうやってみたらいいんだ!?(笑)(正人)

◆今週のオススメ「小随筆」
 お便りというよりは、超短い随筆の味わい。人生が見えてくる、お人柄が見えてくる~♪

●子どもの頃いつも見上げていたトビがタカ目タカ科であることはその頃から知っていた。 愛知県東三河地方では住宅地でもトビは普通に目にすることが出来た。 「ピー、ヒョロロー。」冬季青く澄み渡る空の乾いた空気の中に響く鳴き声は今も私の耳に残っている。 猛禽類である鷹の仲間であるくせにそれほど強さを感じさせないのがトビであった。 それと比べるとハヤブサはカッコイイ。 漢字でも『隼』と『鳶』、一目瞭然である。 そして今回『はやぶさ2』は世界中の注目を集めた。 『575でカガク』で『はやぶさ2』を身近に感じて来た夏井先生を羨ましく思う。 だから、ひがんでいるわけではないが今回の『はやぶさ2』の偉業に私は物申したい。 勝手に惑星をほんの少しだけにしても、壊してそのかけらを持って帰ってもいいものなのか。 ひょっとしたら『リュウグウ』と勝手に地球人が名付けた小惑星にはずっと関わって来た異星人がいるかも知れない。 ひょっとしたら異星人の子供が長い夏休みの宿題でずっと観察をしていたかも知れない。 子どもは腹を立ててお父さんに報告をするだろう。 そしてお父さんは『あれは地球という星からやって来たまだまだ発展途上の生物の仕業なんだよ。お前が腹を立てる相手じゃない。許しておやり。』と言ったかも知れない。 宇宙の倫理は難しくて分からない。 でも、人間が認める生物だけが全てではないと思う。 その小惑星に『リュウグウ』なんて名前を付けるのも奢っている。 地球に無事到着したカプセルが『玉手箱』にならぬ事を祈るばかりである。 話は違うが、私の目から格好いい鷹の仲間の代表選手のようなハヤブサがある時期に猛禽類のタカ目から外され、スズメやインコの仲間になっていたのはショックであった。 JAXAは知っていて『はやぶさ』と命名したのであろうか。 もしそうならば、私の疑念すべてを水に流してもいいような気もする。/宮島ひでき

●鷹に思い入れが有りすぎ、妙な投句を連発してしまいました・・。申し訳ございません。 反省文代わりに「水曜の投稿」にも初挑戦してみます! 以下、投稿文です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 鷹ばかり見ていた。 都会でも田舎でもない、中途半端な町の学校の窓から。 特定の鳥獣の保護区は、人間のエリアと動物のエリアの境目にある。 「都会でも田舎でもない町」も、そこにある。              繁殖と保護を目的とされた鷹は、猛禽類の緊張感は薄いが自由だ。 「いい大学」がゴールの、レース鳩みたいな自分達よりは。 近年は秋でも暑い。 運動会を秋から春に変更する学校も多いが、この地区の運動会はこの先もずっと秋だ。 練習の嬌声やピストルの音から、産卵期の鷹を守るためである。 「お犬様ならぬ、お鷹様かよ。」 誰もが軽く悪態をつくが、鷹は鳩より偉い。 早々に私立文系を決め込んだ自分には、理系の科目は無用だ。 物理は邪教の呪文。退屈な授業。 窓の向こうに鷹を探す。 大人になった今、制服の群れを見て呟く。 「ね、今も鷹は見える?」 この年になって、「鷹化して鳩と為る」という言葉を知った。 鷹も鳩も、同じ空を飛ぶようだ。 物理はさておき、いくつになっても人は学べる。 今は少し違う気持ちで、空を見ている。/江藤すをん

夏井先生

ページの先頭