俳句ポスト365結果発表

  1. TOP >
  2. 結果発表 >

第255回 2020年11月26日週の兼題

  • よしあきくん一期一会の一句
  • 初心者向け解説コーナー今週の俳句道場
  • 今週のお便り
  • 人・並選の俳句
  • 天・地の俳句
本選句欄では、添削した形で句を掲載する場合があります。
添削は作り替えの提案として句会等でも議論されます。示唆された添削案が自分の表現したいことに合致すれば、作者の判断においてその案を自作として採用してかまいません。

人

鷹発ちし岩の切つ先空に残る
一阿蘇鷲二
口笛になんとも鈍き鷹である
一阿蘇鷲二
鷹の空肺碧むまで顔を上ぐ
くりでん
武蔵野の耳を切り裂く風を鷹
くりでん
羽襖の鷹の掴んでゐる何か
にゃん
臓物の湯気引きちぎる鷹の嘴
にゃん
野兎は見たか地穿つ鷹の風
石井一草
この村は平屋ばかりや鷹の空
石井一草
鷹暴く鴉の肉の桃色を
比々き
鷹の餉のけふは觜より猿の五指
比々き
祝祭のやうな死とげし空に鷹
ぼたにこ
笑む家族や死にふさわしき日に鷹
ぼたにこ
強く息吐いてや鷹の急降下
西川由野
0.9気圧を鷹の鼻梁かな
西川由野
光秀の城は湖底に鷹の空
いさな歌鈴@坂本城…明智光秀によって築上され琵琶湖に面した平城。
諍ひの行方や鷹の空清し
いさな歌鈴
島を去るわれにしほさゐ鷹高く
いしはまらんる
たたら踏む鷹の子すでにいかり肩
いしはまらんる
鷹下りる地上のどこか銃撃戦
おきいふ
鷹とまる古木に鷹の力かな
おきいふ
丹念に臭ひを洗ふ鷹の爪
ぎんやんま
鷹飛んで阿蘇の火口の広くなり
ぎんやんま
雪を受け鷹てふささくれだつたもの
すりいぴい
信州へ引っ掻き傷を残し鷹
すりいぴい
鷹来たる青空がいま強張りぬ
ふるてい
さっき人を殺めたような鷹である
ふるてい
密葬や影しなやかに鷹よぎる
ほろろ。
死にいたる薬まつしろ鷹の影
ほろろ。
天心の鷹や湖心に鈍る斧(よき)
めいおう星
鉄柵に和毛絡まる鷹の留守
めいおう星
鷹餓ゑて眸の静寂極まりぬ
霞山旅
飛ぶ鷹はみな磔刑のかたちして
霞山旅
鷹の目の澄みきりて子の攫はるる
仁和田 永
天頂より鷹しろがねの音となり
仁和田 永
未除染の野に散らばりぬ鷹の羽
星埜黴円
気配なく陽を背に鷹は来る、常に
星埜黴円
追ひかけて眼より冷え切る鷹の空
木江
ソクラテスに著作あらずや雲へ鷹
木江
ここからは日本の風や鷹渡る
かつたろー。
鷹仰ぐ爪に数多の気魂かな
かつたろー。
彼方とは鷹が見えなくなる処
あずお
たった今擦れ違った鷹父ちゃんだ
あずお
鷹翔けよ空まるごとを君にやる
Kかれん
龍神を追ふ風の渦巻きへ鷹
Kかれん
鷹舞へりハイデッガーの翻訳書
Mコスモ
未読の書禁書となりて鷹翔べり
Mコスモ
ユーカラの抑揚は火に鷹は風に
okapi
鷹流る風にアペフチカムイの香
okapi
鷹の爪獣の細き毛の絡み
あつむら恵女
専用機内は皇子(おうじ)の鷹百羽
あつむら恵女
還骨や鷹の目玉は月の色
あまぶー
天上と地上の界決むるは鷹
あまぶー
線量計は地を蒼鷹は天を
いかちゃん
鷹や天ラフマニノフの響きあり
いかちゃん
這うごとく眼光よぎるのすりかな
いなだはまち
鷹爪を出すや連写の八枚め
いなだはまち
鷹灯る身の裡の鷹飛びたがる
ウェンズデー正人
鷹強し破戒のごとき爪の鉤
ウェンズデー正人
廃校が決まったそうな鷹柱
うさぎまんじゅう
鷹の舞ふ空より上を天と言ふ
うさぎまんじゅう
二の丸守の鷹とおぼしき翳りかな
きゅうもん@木ノ芽
肩甲骨を引き寄せ急降下鷹
きゅうもん@木ノ芽
肩書の文字は小さし鷹渡る
ギル
鷹が鳩喰らう息子の誕生日
ギル
あの鷹も雲の硬さを知っている
ぐでたまご
鷹を撫でれば太陽のやわらかさ
ぐでたまご
鷹の眼は人の終はりが見えてゐる
けーい〇
飛ぶ鷹の爪は尾っぽに刺さりけり
けーい〇
鷹去りて白髪頭になりにけり
ことまと
鷹に息吹きかけられてより孤独
ことまと
鷹仰ぐまなじり少し滲ませて
こむらさき
鷹舞ふをウエットスーツのまま仰ぐ
こむらさき
飛ぶ鷹のなんと行儀のよき御御足
ざうこ
風と影すべり来てまだ鷹降りぬ
ざうこ
鷹を捉へスコープゆつくりと凍る
さとけん
鷹の目に映る人間傷だらけ
さとけん
鳶の輪の上に鷹の輪江の電来
さるぼぼ@チーム天地夢遥
アンタレス盗んだか鷹の目が赤い
さるぼぼ@チーム天地夢遥
天泣を薙ぐ一太刀や鷹しづか
しゃれこうべの妻
ハルちやんてふ鷹とらへたる緋のリーシュ
しゃれこうべの妻@リーシュ:猛禽類などを係留する紐
大鷹や彳む我も空にいて
シュリ
陽に透ける玻璃の性根青鷹
シュリ
鉤爪の烈々と青裂いて鷹
せり坊
鷹はとうに星の丸みを知つてゐた
せり坊
切れ味の良き刃にひかり鷹の声
たんじぇりん金子
逝くに善き頃ほひ空を鷹舞ひて
たんじぇりん金子
底なしの蒼天鷹は星へとどく
ちゃうりん
鷹が風捕えて痛き天の青
ちゃうりん
肉塊と訝しげなる鷹の首
ツカビッチ
雪の鷹一振りにして発ちにけり
ツカビッチ
影までも澄むとき鷹は鷹となる
ツナ好
鷹ぐおんといのちを攫いとる構え
ツナ好
フィヨルドの頂を鷹引つ掴む
どかてい
心にはこゝろを刺すよ逃ぐる鷹
どかてい
大鷹や小さき柩の小さき窓
としまる
大鷹や神住む森の結界門
としまる
鷹の觜に狙はれて耳ぴくぴくす
トポル
青鷹やアルプスの半分は峪
トポル
荒鷹や安土の月に爪の痣
トマト使いめりるりら
須臾に去る鷹に帆影のきれつぱし
トマト使いめりるりら
鷹昇るたちまち空は蒼から青
はまのはの
この世に音などないように鷹飛来
はまのはの
火葬場や魂掴み上ぐる鷹
ひでやん
荒海の贄となる気はなかろ鷹
ひでやん
ジミーペイジのギター鷹の強襲
ヒマラヤで平謝り
転職を決めた青空鷹が往く
ヒマラヤで平謝り
鷹渡る火玉の落つる山蔭を
ふもふも
山統ぶる大鷹神となる途中
ふもふも
水平を脱ぎ捨て鷹の剥き出せり
ベーグル
一切は白に谺す鷹の空
ベーグル
鷹の眼や手を振る我は可笑しからう
まあぶる
青空に輪郭の美し鷹昇る
まあぶる
喧騒に立ち憧憬の鷹を追う
まこ@いつき組広ブロ俳句部
ジオラマのやうな世界に鷹下りて
まこ@いつき組広ブロ俳句部
リハビリの義足つめたき鷹のこゑ
まこちふる
風のいろ臭ぎわけ鷹の枝ひとつ
まこちふる
叡山や悟りのあるとすれば鷹
まんぷく
鷹の歌夜明けは空に収まらず
まんぷく
鷹を見に来てまだ温き握飯
みつれしづく
鷹一羽にわかに無言なる梢
みつれしづく
鷹の目を避けて偽り記事を書く
むげつ空
鷹空へ母は私を愛したか
むげつ空
鷹は風とらえて遥か播磨富士
ももたもも
鷹棲まふここは天領伊勢国
ももたもも
白銀と名づけし鷹をしばらく見ず
る・こんと
鷹の羽を拾ひて行けば流刑の地
る・こんと
真白斑の鷹ぬれている古戦場
一斤染乃
万葉の空ゆたか真白斑の鷹
一斤染乃
蒼く褪めてゆくビル街鷹を見た
横縞
蒼鷹の高度までを現世とする
横縞
山脈を従へて鷹滑空す
佳山@水戸
悪僧の名を持つ崖ぞ鷹の眼ぞ
佳山@水戸
贖罪の塔のきはみや鷹ひとつ
可笑式
鷹疾し空に太刀筋残すかに
可笑式
踏み付けて鷺の嘴かはし鷹
夏 湖乃
捕らはれて鷹の爪より見る山河
夏 湖乃
戯言の届かぬ高さ鷹の舞ふ
花伝
鷹の目の金色は未練なき色
花伝
鷹の目に山あり海あり吾のあり
花南天anne @TFP句会
半島統べる鷹よ神代の森今も
花南天anne @TFP句会
鷹見えて今日は吉日小さき窓
海野碧
透き通るほど青からう鷹の空
海野碧
飛ぶ鷹の爪をこぼるる黒きもの
樫の木
子を殺め鷹と化したる女とぞ
樫の木
鷹檻に病禍の空を透かし見る
大鷹や熊野は深き森の國
鷹の空人の足では踏めるまい
間仁田彩
鷹の空自由はあった若かった
間仁田彩
喰ひ了えた鷹鉤爪の血を落とす
関津祐花
汐留も遺跡とならむ逸れ鷹
関津祐花
鷹澄みて近道のまだ濡れてゐる
舘野まひろ
鷹とんで口笛吹いてゐるここち
舘野まひろ
青鷹光の粒をこぼしおり
喜祝音
大鷹の滑る虚空はしなりけり
喜祝音
鷹の眼孔地軸の貫きたる
亀の
大鷹や天動説のど真ん中
亀の
鷹の眼の瞳の淵の色は金
亀田かつおぶし
鷹鳴けば退屈な空発火せり
亀田かつおぶし
詩人詩を紡ぐ如鷹風紡ぐ
亀田荒太
来る鷹の美しく去る鷹なほ美しく
亀田荒太
日に消えて日より放たれ鷹の翳
蟻馬次朗@TFP句会
もろがへり仏師彫りあげたるごとき
蟻馬次朗@TFP句会
鷹の目はりゆうりゆう我を恋せよと
久我恒子
ここからは鷹の風なりことに銀
久我恒子
平原や鷹を指す鉄塔に錆
宮坂暢介
鷹羽ばたけば太陽の沈みゆく
宮坂暢介
大空に鷹嗚呼俺は負けたのか
宮本象三
大鷹や海の向こうの選挙戦
宮本象三
鷹一羽軍師のごとく天守より
玉響雷子
胸の檻開きて鷹を放ちけり
玉響雷子
落城のはじまり鷹の高さより
古瀬まさあき
まづ眼より啄む鷹の尖りきる
古瀬まさあき
鷹一羽野にしづもれる風の脈
古田秀
朱の傘の翳りうつくし鷹一瞬
古田秀
鷹ちぎる血の肉片の旨そうな
向原かは
鷹見上ぐまた少年の眼して
向原かは
断崖を断崖たらしめてる鷹
広瀬 康
鷹の目に微塵も隙間なき殺意
広瀬 康
窓越しに鷹ばかり見て今大人
江藤すをん
空に鷹金子みすゞが好きじゃない
江藤すをん
鷹飛ばし江戸は百万人の町
高橋寅次
津々浦々大鷹はばたいて日本
高橋寅次
鷹翔つて貴族のやうな食べ残し
高橋無垢
皺ひとつなき大空を鷹ゆけり
高橋無垢
鷹知るや風が過去形持たぬこと
高田祥聖
豆電球ほどの太陽嬲る鷹
高田祥聖
鷹になることは叶はず今此処に
国代鶏侍
鷹去りてしづかな空の戻りけり
国代鶏侍
空を鷹ひりひりと森張り詰める
斎乃雪
鷹去るや手の切れさうな風残し
斎乃雪
献上す玉、絨毯、鷹十羽
三浦にゃじろう
皿洗う死体清める川へ鷹
三浦にゃじろう
横田基地領空を鷹の真つ直ぐ
山本先生
鷹の黄はみんなすきだつたクレヨン
山本先生
爪の餌を裂く鷹しばし此方見る
山名凌霄
ワシコフの届かぬ高さ鷹舞へり
山名凌霄
STAFFONLYの鉄扉開いて鷹
司啓
曲線を集約させて尖る鷹
司啓
鷹発てり相聞歌やも知れぬ風
七瀬ゆきこ
闇深ければ星瞬きぬ夜の鷹
七瀬ゆきこ
粗矢を矧ぐ峠に鷹の声遠し
若生淡霧(わこたんのまま改め)
血一滴こぼさで鷹の毟りけり
若生淡霧(わこたんのまま改め)
千年の都はしづか鷹渡る
秋熊
燃え尽きやしまいか風の蒼鷹
秋熊
鷹の眼の奥ははちみつ色の湖
渋谷晶
千年を琥珀ねむれる鷹わたる
渋谷晶
シャッター越しに雄の鷹雌の鷹
松井くろ
青空に呼び止めらるる鷹の羽
松井くろ
鷹の声牛反芻の途中かな
城内幸江
鷹の目は太平洋の端を見る
城内幸江
かの森のみささぎ統べる鷹の影
常幸龍BCAD
鷹の目よ吾が心臓に罅あるか
常幸龍BCAD
凶の字を崩さず鷹の滑空す
新蕎麦句会・凪太
鷹すでに方程式を解いた顔
新蕎麦句会・凪太
鋭さに翼の生えて鷹となる
深山紫
鷹はるか神を射程に旋回す
深山紫
天界の鷹魂を選び抜く
酔下弦
荒鷹の一刀彫の面構へ
酔下弦
鷹の眼になって飛んだら腹が減る
雀浪乱
晴れた日は天狗の鼻も鷹とめる
雀浪乱
鷹や朝鉤爪伸ばす空の蒼
世良日守
大鷹の飛び去る空を埋める星
世良日守
鷹柱見上げ孤独を忘れたり
青海也緒
鷹のため雲なき空を用意せよ
青海也緒
鷹が羽を窄まば時の止まりけり
青柿
地に影を刻むが如く迫る鷹
青柿
鷹飛びて白紙の空の燃え上がり
青田奈央
鷹飛んで新たな地平軋みけり
青田奈央
星あまた横切る鷹の口に栗鼠
青蜥蜴
缶蹴りの鬼の頭を鷹の影
青蜥蜴
鷹は陽へ廻りて父の翳となる
石川聡
鷹墜ちてやがて樹海の沖へ浮く
石川聡
大鷲急降下くちばし過たず
石塚彩楓
海に座す大岩に弊鷹舞へり
石塚彩楓
関門地区は晴れぼくが鷹になる
赤馬福助
飛べない鷹は誰の餌になるのか
赤馬福助
東京は断崖の街鷹の棲む
雪井苑生
眼下往く鷹を見てゐる嵌め殺し
雪井苑生
鷹舞つて樹海のぎゆんと竦みけり
雪陽
突風にひつくり返るもろがへり
雪陽
鷹の目の奥の鷹の餌の私
千仗千紘
物言わぬ天へ穿たれ鷹は落つ
千仗千紘
あの鷹の縄張りらしい裏の畑
川越羽流
神の手とたはむれて鷹降りて来ず
川越羽流
鷹過る町に光の滾りつつ
早田駒斗
鷹の眼はエジプトよりも黄なりけり
早田駒斗
天空に風あるらしき鷹流る
蒼空蒼子
空に鷹香具師の商いまずまずで
蒼空蒼子
移民せり焼けゐる空を鷹の影
足立智美
一秒や鷹の口より鶏の脚
足立智美
断崖を鷹は獲物と転げ落つ
多々良海月
鷹の眼に金の太陽飼うてをる
多々良海月
ネズミなぞ鷹の目だけで殺せさう
鷹星
鷹鳴けばガラスの空を引っ掻けり
鷹星
鷹のみがラストトーキョー見てました
谷口詠美
死に立ての父が見てゐた鷹仰ぐ
谷口詠美@死の直前、父は、肝性脳症からよく妄想を見ていて 鷹が窓の外にいるとよく口走っていました。
鷹飛ぶやバイオリン弾く肩甲骨
丹波らる
鷹が覆うから明日が見えないんです
丹波らる
雨止みて光射し入る鷹の羽
短夜の月
鷹去って空がふううっと息を吐く
短夜の月
滑降す二秒の鷹を十連写
池内ときこ
この鷹にして岸に上ぐこの大魚
池内ときこ
一点に縫い留められし鷹の天
朝月 沙都子
虚空から落ちるナイフのやうに鷹
朝月 沙都子
鷹の目をぬすみてむかふ歌舞伎町
禎乃
闘ひし鷹のきのふは遠くなり
禎乃
伊太利亜のマフィアのボスの飼う鷹よ
泥塗れのポスト
鷹に見とれて水銀灯にぶつかりし
泥塗れのポスト
翻る空の真裏へ鷹ひとつ
天陽ゆう
鷹渡る風の結界解きにけり
天陽ゆう
断崖に鷹の家系図脈脈と
斗三木童
鷹営巣すニューヨークの学舎
斗三木童
鷹ひとつ奉納相撲あった村
渡野しえん太
鷹巡る尾根が防空識別圏
渡野しえん太
天空の無垢を統べ鷹の一点
冬のおこじょ
跳ぶ雲を駆けるカデンツァ青鷹
冬のおこじょ
半分の鷹は雌なり母性なり
冬樹 立
職辞してのちの長さよ鷹の谷
冬樹 立
鷹でゐることに疲れてしまはぬか
当卯
鷹鳴くや松枯病の松数多
当卯
鷹ひとつ過客の眼喜ばす
藤色葉菜
鷹の目に金のロザリオ潤みけり
藤色葉菜
鷹翔つて高架水道遺跡めく
内藤羊皐
人売りのこゑの響みに鷹眠る
内藤羊皐
東京の小さいことよ鷹の影
南風の記憶
鉄塔の行進しさう鷹の声
南風の記憶
墓石踏みつけ鷹の眼の透きとほる
南方日午
鷹の飛ぶ空の阿吽の軋みたる
南方日午
鷹は立つ山の鼓動のざわつきに
二重格子
見目麗しき鷹に敬語を使いたい
二重格子
鷹撥を打つかに群れを分断す
播磨陽子
身悶えは鉤づめつたふ鷹しづか
播磨陽子
鷹を見るまなこ啄む鷹の嘴
板柿せっか
老人にベンチ大鷹に天穹
板柿せっか
家康の鷹なら今は動くまい
稗田鈴二郎
空を鷹はすべりっぱなしかもしれぬ
稗田鈴二郎
鷹鳴くやかかあ天下の地に嫁ぎ
服部勝枝
ゆったりと鷹舞う昼の中華街
服部勝枝
水晶をつらぬく如き鷹の眼よ
福蔵
鷹を見て人から遠く離れけり
福蔵
鷹鎮まる清らなる毛を嘴に
平本魚水
空飢えてをり蒼鷹の覥然と
平本魚水@覥然=てんぜん
玻璃千丈とほして鷹の見ゆるかな
碧村
鷹をのみ愛せし王を愛しをり
碧村
うす玻璃のたましひ寄せて鷹眠る
蜂里ななつ
存分に嘴を拭ひて鷹の昼
蜂里ななつ
鷹滑降歪む相対性理論
堀口房水
鷹の目に棲めれば涙譲るのに
堀口房水
曇天の回転支点として鷹
明世
鷹立てば人めく腿の太きこと
明世
清談の父子ほがらかに鷹の海
門前町光乃
羽根ひとつ贄に落ちたり鷹の爪
門前町光乃
衛星の軌道の見ゆる鷹の夕
也和
掴めずに垂れ下がる爪鷹揚がる
也和
谷底へまづ獣落ち鷹降り立つ
夜行
文明は運河に沿うて空を鷹
夜行
大鷹や小さき商ひ残す谷戸
蘭丸結動
大鷹や陽のあるうちに終はるバス
蘭丸結動
同じ鷹仰ぐ野栗鼠と測量士
利尻
鷹みあぐ児らを数ふる教師かな
利尻
還らざる机に鷹の羽根ひとつ
龍田山門
心臓を掲げて鷹を待ちにけり
龍田山門
ミカエルの剣しづかなる鷹の翳
令ちゃん@花芭蕉
鷹よぎる計画道路監視カメラ
令ちゃん@花芭蕉
八つの爪ぎりとめり込む音や鷹
蓮花麻耶
龍の目を掴むや鷹の深き爪
蓮花麻耶
大鷹の震へて糞の五秒前
洒落神戸
横顔の優りて凛々し蒼鷹
洒落神戸
病床のヨブ記を鷹の羽音かな
脩平
青墨の鷹といふ字のごとき鷹
脩平
鷹の影仔犬ゆっくり追ひ越して
芍薬
鷹の邪魔するもの全て死罪とす
芍薬
鷹に咬まれたか野犬の猜疑心
霏々
やめられぬ咬爪癖や空に鷹
霏々
鷹降りて空の広さを仕舞い込む
かもん丸茶
鷹の死ぬ山は生まれし山といふ
かむろ坂喜奈子
生涯を鷹と暮らしつ軒の薪
かんこ鳥
鷹飛ぶや浜辺に「離岸流注意」
安溶二
城跡は真っ平ら鷹旋回す
小豆白虎
鷹渡る西に抜き身のような月
小林妙
羽ばたけばやや反り返る鷹の羽
中岡秀次
弾丸と化す鷹の目に野は狭し
ウィヤイ 未樹
とぶ鷹の裏も表もみづみづし
はやぶさや火の色きよらかと眺む
RUSTY=HISOKA
鷹の目や六三四の塔の朝青し
28ひろきち
鷹として生まれた訳を海に聴く
98
鷹一瞥し正鵠を射抜くなり
⑦パパ@いつき組広ブロ俳句部
鷹翔ぶや離島ゆるりと昼さがり
Dr.でぶ@いつき組広ブロ俳句部
戦意とは違ふ鷹はただ空腹
GONZA
鷹詠む日初男孫は生まれけり
HNKAGA
鷹来るや爪になにやら掴みをり
KAZUピー
火葬場の森高くして鷹の宿
PON
鷹わたる空はあんなに高かつた
syuusyuu
スクラップ処理場を鷹どこまでも
あいだほ
くっきりと鷹の輪郭いさぎよし
あおのめ
蒼天の無限鷹の目の深淵
アガニョーク
鷹集ふ松陰こはき人だつた
あさのとびら
第二宇宙速度で鷹の降下せり
あみま
鷹の鉤爪のめり込む兎の眼
アロイジオ
日輪へ距離を縮める鷹の影
アン
親知らず抜く日遠くで鷹の鳴く
いく葉
あおあおと空すきとほる鷹光る
イサク
鷹のいない銀河の滝の空は嘘
いしい美髯
鷹一つ大空の息苦しさよ
いち坊
鷹の羽の擦るる音を聞きにけり
うすけ
空の門閉ぢて大鷹消へ去りぬ
うづら@第二まる安
鷹の眼のとらえる白き喉仏
うに子
獲物裂く鷹の目しんと据わりおり
うま子
溢るるも声になさざる怒気の鷹
ウロ
鷹の目をふさぐ心が死んでゆく
えりいも
風背負い力抜きけり老いし鷹
おうれん
風纏ふ鷹に預けしぼやきかな
おくにち木実
朝靄の枝に鷹てふ神佇む
オサカナクッション
山削るユンボ音鷹旋回す
おたまじゃくし
藁匂ふ領域まで降るる鷹よ
カタツムリ
針の朝シャベルの音と鷹の声
カルメ狐
腸のまろび出たるを鷹食えり
カンガルーのしっぽ
過たず吾のもとへ落つ鷹の羽
キートスばんじょうし
大鷹や羽に羽音を抱きたる
キッカワテツヤ
鷹渡る玄界灘の時化激し
きなこもち
鷹が飛ぶ後ろに夜を引き連れて
クウシンサイ
もろがへりトリルレガートクレシェンド
くま鶉
羽の端のまづと開いて大鷹ぞ
くらげを
鷹まっしぐら地を掃く影もまっしぐら
くろべぇ
トパーズ色鷹の目くきり柵を抜け
クロまま
風に鳴く撓められたる鷹一据
コナラ
大空の封緘として鷹一羽
こま
サイレンを鷹の左翼が掠め飛ぶ
さくやこのはな
鷹のくちばし黄色に虹がまじる
さくらちゃん
もろがえりひとつ日和を聴いてみる
さとし
鷹の眼の瞬時も怠惰なかりけり
さぶり
明るき水の心臓をもぎとる鷹は
さ青
鷹一つ邑の乙女に真名呼ばれ
しかもり
蒼天を引つ搔くやうに鷹の翔ぶ
じゃすみん
反転す鷹の地軸や四十五度
しゅうせい
一本の骨と化す鷹滑降す
じょいふるとしちゃんじょいふるとしちゃん
夕暮れの大空絞る鷹柱
ジョビジョバ
鷹の目は金色世界は剥き出し
スパイみかん
鷹柱風の怒りを捉へたり
そうり
鷹翔ぶや父は田畑の守り神
そまり
街の鷹ビルの谷間に風拾う
だだちゃ豆
鷹迫る一瞬空が引き締まる
たま走哉
鷹降りる府立医科大病院前
ちびつぶぶどう
夜明けのアスファルト鷹とびあがる
ちょろたこいん
太陽の黒点近づく鷹の羽
つきのひと
鷹の目や駅伝コース試走する
ツユマメ末っ子@8歳
鷹行きて愛をほどくも塵ばかり
テツコ
校章は鷹を象る空を鷹
でらっくま
茜雲風に呼ばしむ鷹一羽
てるきち
さびしくて心に鷹を飼う男
ドイツばば
蒼穹を統べる旋回玄き鷹
トウ甘藻
太陽をついばむ鷹よ鷹となる
どくだみ茶
溶接の軋み鳴く乾ドック鷹
としなり
荒磯の波光や鷹の羽づくろひ
とも子
見上ぐれば鷹は目眩のする黒さ
とりこ
少年の鷹の巣見むと断崖に
とんぼ
鬼の砂千年探す嬢と鷹
なつめモコ
風に縫い留められた鷹滑空す
ねこごはん
フロイトとユングに明けた朝に鷹
ねずみ男
鷹渡り賜へ城下に鷹匠町
のつり@島根県松江市鷹匠町
鷹の眼の角度厳しく引きあがり
のぶ子
第一希望は風葬鷹になる
のら
30倍スコープの視野鷹来たる
パーネ・メローネ
魚つかみ水面剥ぎとる如き鷹
はなあかり
子に持たす勇者のしるし鷹の羽根
はまゆう
鷹啼くや三島由紀夫の胸の内
はむ
嘴の赤や母喰うた大鷹
はるく
ひた向きな我は無敵ぞ鷹渡る
は志むら
鷹の目の上向きてけふ何日和
ひなた和佳
電池抜いて捨つる玩具や蒼鷹
ひねもす
大鷹は皇居の空を遊びけり
ひろ史
鷹渡る飴玉一つ口へぽい
ひろ志
教師より遁げし十五の空に鷹
ブービー
快晴やかごめかごめと鷹一人
ふぇるま
チャルメラにハモりし鷹の猛々し
ふくろう悠々
空に鷹をれば大地の鎮まれり
ふとまき
夫撃ちし鷹の眼光我を射む
ふみ
針揺るる方位磁石に鷹の影
ペトロア
鷹の声降つて水打つ谷の底
ほしのあお
鶏絞める一部始終を睨む鷹
ほしの有紀
口腔に血の味みちて鷹の声
ほろよい
青鷹よ信長の腕太からむ
まぐのりあ@蚊帳のなか
鷹柱病棟の窓さわがしき
まこと
体より心を高く飛べよ鷹
まどん
鷹の目の山河を統ぶる朝かな
みくにく
鷹啼や巡業バスのタイヤ換へ
みのる
鷹の目に映る山河の美しくあれ
みやかわけい子
嘴に光の欠片青鷹
みやこわすれ
鷹飛びて死に向かふ日を思ふ頃
ムーン大佐(み)
峡谷をゆんゆんゆんと鷹渡る
むったん@狐狸山会
警察学校の姿見に鷹一閃
むらぴ
青天の鷹落ち来たり兜町
もせきのこ
浅間山噴煙割いて鷹一つ
ルイボス茶
鷹渡る岩櫃山に真田見む
をぎやかなた
矢形尾の残像鮮烈なるや鷹
ユク
どうせなら鷹に連れ去られたき過去
よしざね弓
森巣場の鷹飛ぶ果ての剣ヶ峰
るるの父
曇天を行く鷹の周りだけ青い
るんやみ
羽は風目は時捉え鷹よ飛ぶ
阿波豊
あれはきつと鷹と言はれてさうと答ふ
葵新吾
鷹の巣のありてふ岩や松生ふる
悪七兵衛
鷹のいる書斎父より譲り受く
綾竹あんどれ
跳ねあがる大筆の先鷹の声
大鷹や砂漠に浮かぶ摩天楼
安春
塵網は眼下に遠し鷹は行く
案山子@いつき組広ブロ俳句部
大鷹や刀棄てたる新天地
伊奈川富真乃
神隠し彼の日も鷹が出たと云ふ
伊予吟会 宵嵐
鷹柱逸れし鷹あり海わたる
井上きよこ
鷹飛ばす夕暮れ色の通信社
磯野昭仁
鷹過ぎる山は輪郭うしなへり
阿山季思
据ゑし鷹みなぎりて待つ次の撃
位相朗
目力の失せて幾年鷹ねむる
一走人
最果ては北か南か鷹渡る
一日一笑
清正の湧水映す白き鷹
雨霧彦@木ノ芽
次々と風手懐けし鷹真上
卯年のふみ
鷹あおき空なめらかにはがしゆく
浦野紗知
蒼天の極み一気に鷹となり
閏 務 (うるうつとむ)
この鷹はかのもののふが愛でし鷹
影山らてん
鷹追うて飽く頃空のいよよ濃し
遠音
鉄塔の鷹ドクターヘリは点となり
塩の司厨長
鷹飼われ金環の眼の衰へり
岡本 戎
鷹の目よ厳めしき明治の祖母よ
音のあ子
鷹の点空の端に薄くなりけり
音人妙歌
ひとすじの鷹はひかりに追はれけり
火炎猿
くゑといふかたちの口で死んだ鷹
花結い
日の本の匂ふ翼や青鷹
花咲明日香
鷹放つ僕だけ分かる声変わり
花紋
大鷹の嘴朱き日暮かな
海峯企鵝
空落ちてくればいいのに鷹渡る
海老名吟
なあ鷹よ儂と遊んで暮らすのじゃ
灰心
SNSの炎上雑踏の鷹
叶田屋
鷹よためらはず喰へ鳥葬の吾
閑茶
手を広げ鷹は空を漕がぬのだ
気球乗り
鷹舞って発破中止になりにけり
季切少楽@いつき組広ブロ俳句部
大鷹を風降ろしけり長峰山
紀杏里
鷹渡る打ち付けられた不審船
輝棒
老い鷹の何かの餌とはなりはてぬ
亀山酔田
大鷹や勝ち鬨は雲居に呑まれ
義眼ヶ原
だらしない雲一喝のごとく鷹
吉行直人
天下布武臣も仏も食らふ鷹
吉野文
鷹の眼を掠めあひたる逢瀬かな
久蔵久蔵
大鷹の時間伸びたり縮んだり
宮武濱女
なあ鷹よ鷲になれぬは哀しいか
魚返みりん
山越えぬ鷹の眼に青い檻
曲がりしっぽ
鷹の目はほむら子栗鼠の目はなみだ
玉庭マサアキ
大鷹を射止む矢羽根は鷹の羽根
近江菫花
鷹の羽根拾ふ足摺岬かな
銀 次郎
代々の墓に「享保」天に鷹
空想婆
鷹一つひたと見し兄の身動がず
畦のすみれ
鷹の目に晒されていたとは知らず
結壱隆月
鷹の嘴毟る火輪の腸を
月の道馨子
大空を死に場所とする鷹高し
古賀
惜別や黒をまとひて鷹仰ぐ
古都 鈴
灰燼のごとき空なり鷹渡る
古都ぎんう
相続に問題天を鷹一羽
戸部紅屑
大河視る鷹の眼光寂しけれ
光観
陽を受けておのが影研ぐ蒼鷹
香依蒼
長きもの垂らして鷹の戻りけり
香壺
雲底の峰掠めをり鷹渡る
高橋 平地草
鷹鳴くや即身仏の眼の窪み
高尾里甫
鷹を視る者みな鷹の眸のなかに
克巳@夜のサングラス
アイヌ語の響きはまろし鷹光る
今野淳風
鷹しづか一家一本づつ電線
佐藤儒艮
鷹摑む毛並の中を動く骨
佐藤直哉
メール待つだけの一日空に鷹
砂山恵子
鷹舞ふや焔爆ぜゐる登窯
雑魚寝
青空を鷹だけの居る古城かな
三子
翼抱へ鷹はいま銀の弾丸
三重丸
ようこその看板錆びて鷹の舞ふ
三水低@第二まる安
玉眼を持ちたる鷹の寂しさよ
三木庭
擂り粉木の曲がりしっくり鷹の声
山香ばし
鷹の羽ばたきは東北への短波
山城道霞
鷹が樹や高倉健の残侠伝
崩れたる岬の御堂鷹渡る
紫鋼
鷹飛びて空の蒼さを乱さざり
慈温
隼の風脱ぎ捨てて降下せり
紗千子
鷹の眼に水平線の盛りあがる
朱契
鷹一つ外輪山の弧に沿へり
樹朋
山の畑昨日の鷹に今日も会う
宗平圭司
爪を研ぐ鷹に刹那の隙あらむ
宗本智之
あの鷹は人間だと百歳らしい
秋沙美 洋
蒼天を蛇をぶら下げ鷹翔けり
勝山
夢中とは見つめかえすこと蒼鷹
小口zzda
鷹の飛ぶ佳き日よカヌレ焼けました
小川めぐる
荒鷹の翼磨くや向ひ風
小川野棕櫚
鷹一羽檸檬の木には棘がある
小倉あんこ
真鴨へと食いこむ猛き爪や鷹
小鳥ひすい
鷹一羽日本切断研究所
小野更紗
旧道の闇より朱き鷹の嘴
小野睦
嘴をふっとゆるめて鷹眠る
小澤ほのか
旅人に佳き日与へん鷹の羽
昇華
舟箪笥に偽の鍵穴鷹渡る
松山めゐ
フランクフルト美味し晴天の鷹
新開ちえ
鷹の空喪中葉書の薄墨色
森 佳月
鷹は鳥をバックネットに追ひつめり
森一平
鷹の目の五キロメートル先を栗鼠
森初音
雲間より黒点墜ちて鷹となる
森爺
糸引けば操れさうなのすりかな
真井とうか
鷹飛びて修司の夢の暮れゆけり
真繍
婚礼のティアラに鷹の目がほしい
真冬峰
鷹一つ手鏡ほどの琵琶湖かな
神谷たくみ
鷹の目も転卵の時は優しかろ
水蜜桃
両翼を僅かに揺らし鷹の飛ぶ
水無月
鷹啼くやはて吾飼い慣らされしか
粋田化石
鷹の目の地球掴みて影走る
杉森大介
鷹とてもまさか命は取らぬまい
澄海
鷹の目の次の岬を見遣るかな
西山哲彦
鷹の影魁夷の湖に死を兆す
西川由野
鷹ではなくなりし鷹ゲージの中
西村小市
日和見の亀を日和見鷹老いて
西尾婆翔
鷹の飛ぶ空一面に殺気かな
誠馬
鷹捕獲地らしき善右衛門巣場
青柘榴
独り身に戻る列車よ鷹の空
青嵐
鷹の飛び日食のごと暗さあり
石崎京子
あんぱんを二つに割って鷹は空
松本裕子
鷹が鳴く獲物と崖を堕ちながら
鷹と墓つぎのバスまで一時間
西田武
蒼鷹の額突く如く食む土鳩
斉藤立夏
我が臓腑喰ひ散らかして鷹去れり
折口一大
陽に窈黒の鷹復唱の憲法十四条
千条之御息所
溺死まで烏抑える鷹の脚
千鳥城@広ブロ俳句部カナダ支部
鷹の爪獲物の鼓動握り込む
千葉睦女
鷹つんのめる この風の芯に乗れ
倉嶋志乃
臓物を咥へて鷹の濡れてをり
倉木はじめ
鷹売りの蝦夷に和人の跫高し
少年の空から拾ふ鷹の羽根
蒼奏
蒼空に鷹点として吹き上がる
蒼燃
天空の鷹仰ぎ拭くガラス窓
蒼來応來
一山の時間を止めて鷹渡る
走吟
鷹放たる砂の邑より来し乙女
多事
鷹の目や彁に読み仮名を振つてみる
大雅
鷹渡るトランペットは陽に向けて
大小田忍
大鷹やペダルぐぐぐぐ牧之原
大西どもは
老鷹のとぢめの飛翔やもしれず
大塚迷路
雲割れる間もなき鷹の速さあり
大和田美信
祖父逝くや鷹の翼を透く朝陽
鷹之朋輩
鷹の舌真つ赤人間ぜんぶ敵
丹下京子
右左右鷹は死肉を踏付けに
箪笥
空っぽの僕を空へと誘ふ鷹
知無須園
鷹の目の金環二つ死するまで
池田 香
鷹の空引き裂かれては音閉じる
竹の子
鷹の眼の黄色太陽睨んだか
竹田むべ
吹き上ぐる風に張り付き鷹昇
竹林
鷹柱老いも若きも口を開け
中原柊ニ
金環の眼の潤む鷹の面
中根由起子
双肩を漲らせ鷹の目は定む
中山月波
砂山は指で掘るもの鷹老いぬ
中村 邑
鷹風を描く絵筆となる空よ
衷子
風と地の門の狭間をもろがへり
長ズボンおじさん
親友の四十九日の帰路を鷹
鳥羽南良
鷹放ち三千キロの背骨浮く
津軽ちゃう
迎え撃つ真之の眼や猛る鷹
津軽まつ
門付けの竹山残し鷹ゆけり
津軽わさお
若冲の絵より出るか鷹一羽
追師うさぎ
士の字に似たり鷹風を斬る
鶴屋桃福
胸高に帯をきりりと鷹遥か
哲山
大鷹や熱か鬼界か土塊か
登りびと
鷹やがて天統ぶ龍へ挑みけり
登一
眠らない街の鷹の子眠る森
冬戸梅雨
鷹飛ぶや双眼鏡は錆びている
冬木惰眠
いにしへの合戦鷹の眼よりなぞる
島陽広
押さへつけちぎつてちぎりちらす鷹
桃和
交野ヶ原鷹に吊られて見る全景
藤倉密子
切り絵切るやうになめらか鷹の空
藤田ゆきまち
カケに圧鷹や獲物を見つけたる
豆闌@カケとは、鷹をつかまらせるために鷹匠の腕に巻く綿入れのような布。
波しぶきに触れるか鷹の急降下
国なべて鷹飛ぶ空の広さかな
篤彦
立つ鷹や西にひらけし角力灘
毒林檎@長崎県外海(そとめ)地方の角力灘
蒼天の鷹をしるべに杣の道
独星
ハーレーは鷹の直線追って行く
豚ごりら
岩上の要塞都市や鷹渡る
奈良香里
大鷹や割れて苔むすアスファルト
那真呼
鷹の飛ぶ空気乾燥注意報
南風紫蘭@木ノ芽
二上山俺のケーナで鷹が飛ぶ
二上松風
空に鷹鬱々と食むハンバーガー
日出時計
鷹渡る未成線跡ひっそりと
忍佳
鷹睨む空の波紋の及ぶ先
葱ポーポー
鷹上がりこの島ひとつ落としけり
猫山竹
くちくともなほ鷹の目に飢餓の色
猫樹
鷹うへをめざし孤独な雲と会ふ
巴里乃嬬
脱出の島や鷹柱の祝ふ
白プロキオン
太陽の片翼遠き蒼鷹
白水史
鷹来る里看護師の敬語美し
八幡風花
痩せ猫を喰ひたる鷹や町を睨む
磐田小
会場に人人人人鷹一つ
彼路
大鷲の鴉威しつ鴉喰ふ
比良山
鷹は風に触れたく不意に眼をそむく
柊 月子
鷹の目や山河を走る初期微動
富山湾
点として迎へ点として見送りし鷹
武井かま猫
大鷹の顕ちくる影やけもの道
風花まゆみ
裏山は富士かに天へ鷹翔ぶよ
武者小路敬妙洒脱篤
活殺を選りて鷹の滑翔す
風慈音
チンギスの野を馬西へ鷹風へ
福良ちどり
くちばしの生臭鷹の哀れかな
文女
鷹去りて空一点の瑕疵も無し
聞岳
ビードロ音ぽっぺんぽぺん鷹の空
平野水麦
灰碧の空引き絞る鷹一つ
碧西里
重き羽根たたみて老いの鷹眠る
峰 乱里
尖った我子尖った鷹の口ばし
望月ゆう
荒蕪地の極点として鷹鳴けり
北野きのこ
野を走り吾に爪立てよ影の鷹
堀雅一
鷹の爪を一筋光る贄の尿
妹のりこ
鷹になるはずの家鴨でなぜ悪い
椋本望生
墨鷹斑鼓動のごとき点描よ
明日汰
鷹清し斜陽を振り切って消えぬ
綿井びょう
鷹鳴いて耳澄ましける鷹も吾も
木染湧水
神木の空に鷹ゐて静かなり
木村ひむか
鷹の目の見据えし草の動きけり
夜明鳥
大鷹や海沿ひの別荘しづか
野の花 誉茂子
大鷹に相応しい空ありにけり
野ばら
明け待たぬ鷹に湖畔のわななけり
野地垂木
鷹飛ぶや手届きさうな阿蘇の空
野々りんどう
列島の背骨を掻きて鷹南下
野々原ラピ
鷹かぞえ地方空港赤字なり
矢橋
鷹の首どろりどろりと自在なり
矢想
鷹の眼の見透かす懺悔のようなもの
柳児
腕覆う皮に正しく鷹止まる
柚和
もろがへり男晴なる響灘
由づる
低き鷹吾が影を消しまた現し
遊飛@蚊帳のなか
鷹の空旅人の墓は石一つ
夕虹くすん
死火山の空日輪と鷹ひとつ
与志魚
羽ばたかず飛び行く鷹や富士樹海
与六
発車ベル鳴るまで友と鷹仰ぐ
葉るみ
鷹の飛ぶ空には内と外のあり
葉月けゐ
十分の高み南へ鷹渡る
陽光
芭蕉扇のごと大鷹風を纏いゆく
雷紋
嗚呼あれが鷹の末期か星も無し
理酔
鷹見しや紅花餅(はなもち)運ぶ帆掛け船
立田鯊夢@いつき組広ブロ俳句部
将軍の嗜みとして鷹を飼う
良生
鷹の糞食はば世紀の美女となる
緑の手
鈍雲の狭間は鷹の狩場らし
瑠璃茉莉
鷹の群紙ひこうきのごと漂ひ
麗し
城朽ちるまでこの森を鷹の狩る
露砂
鷹の空ゆめは捨てれば枷となる
露草乃
戒律の行間澄めり鷹のつら
和泉穣
鷹でしょうあなたが恋に落ちたのは
月山の空ひろげたる若き鷹
朶美子(えみこ)
決断の旅の終りに鷹に遭ふ
柝の音
鷹自身高速降下怖からむ
梵庸子
吾が胸に鷹が飛ぶための空はあるか
北の少年ゴミ箱の鷹を弔ふ
鷹の弧や秋田城趾は高台に
笙女
ダム堤を歩く鷹と同じ高さで
筬葉
鋭き眼して鷹は飼はれてゐること知らず
茫々
鳩食らう鷹回廊を汚しけり
蓼科川奈
風と翔け風に死のあり鷹の羽
蜥蜴の尻尾
富士の右20°あれは大鷹か
みどりがめ
鷹飛んで異物の雑じる空叩く
TAKO焼子@叩く=はたく
静謐のダム湖横切る影は鷹
さこ
鷹が飛ぶ太宰の墓の真上かな
シャンシャン
鷹渡る島の漂流郵便局
つつ井つつ
フビライの行軍鷹の声遥か
ひともじ
鷹を待つ耳切れそうな朝まだき
ミセス水玉
鷹渡り黒潮の風捉えたり
みつき小夏
鷹舞ふや今は主無き浜番屋
みなと
早朝月白く鷹はまだ立たぬ
愛棄丸
鷹舞うやもう紫電改飛ばぬ空
灰色狼
東京都足立区の空鷹飛べり
蛙星
縄張りは都心の鷹や電波塔
葛谷猫日和
村中は一揆の準備鷹が飛ぶ
瓦すずめ
舟が行く佐田の岬にはぐれ鷹
甘泉
蒼鷹や抑えつけたる黒きもの
岸来夢
乾き切る空気の切れ目朝を鷹
橘まゆこ
鳥葬の国なり鷹の舞ひし朝
金子加行
ガルーダの末裔よ孤高の鷹よ
鮫みわ
一閃やうさぎ攫いし鷹の爪
三拍
放たれて砂丘に黒き鷹の影
春野いちご
ふるさとは青空ばかり鷹の空
新濃 健
古里までほんの五時間鷹渡る
西村柚紀
抜きんでる杉に動かぬ鷹一羽
谷川の蛍子
谷ぢゅうの風と鷹産む一本杉
流士
鷹高く関八州を見渡さん
東山
白銀の野を滑らかに鷹の影
白藍こはく
捉へたる野兎の眸と鷹の眸と
老人日記
薬師寺のあたりの空を鷹一羽
百草千樹Z
鷹柱大蔵経をゆく如し
眠 兎
鷹まはる山の腹なる研究所
野良古
蒼天を駆け昇りたり青鷹
楢山孝明@私がもっとも敬愛する俳人、故・小澤克己さんの第一句集の書名となり、小澤さん自身もよく使っておられた『青鷹』(もろがへり)を使って詠んでみました。やはり素晴らしい言葉です。有馬朗人先生の訃報に接した夜に。

並

アマゾンで選んだひよこ喰らう鷹
きよなお
阿弥陀籤外れて鷹と代わったの
ぱぷりかまめ
鷹来るや土偶を二つ絵手紙に
ふさこ
雲もなし鷹らの輪舞よき年に
空乃 井戸
山の中にらめっこする鷹の顔
時藤無一郎(8歳)
手を離る鷹一直線の風となり
@蕗子
放たれし鷹の空腹日曜日
28あずきち
鷹群れる青海原の孤島かな
99カリン
鷹の子の疾走、爪立て喜ぶ子
ACO
果てしない空を自由に鷹の舞
aya
鷹の如急旋回すサーキット
Benじい
鷹に爪大きく分ける善と悪
Fよしと
鷹の羽に天斬らるるか裂きて落つ
haruwo
狩人の散弾の音に鷹翔る
kao
陣杭の柳は五代目鷹舞えり
M・李子
うさぎ見て腕に喰いこむ鷹の爪
MMゆき
こころ鷹の一羽空舞ふ悲しみ
sakura a.
孫の背のぐんと伸びた日鷹の空
sol
戻り来て鷹は岩場に影絵なす
yoko
日を背負い空舞う鷹を仰ぎ見る
yuyura
鷹仰ぐ死亡ニュース積まれゆく
あいみのり
逆落とし荒鷹藪に消えにけり
アヴィス
鷹渡る見上げて目醒むあさぼらけ
アオキシゲル
鷹が来る腕に止まりし追い香り
アオハル
凛然と鷹アナログの時計塔
あきののかなた
村の名に鷹の字一字鷹舞えり
あきみ
日の強き風の岬や鷹現るる
あけみ
ビルの間の四角い空を鷹一羽
あさ
鷹の目の眼差し深く見入りたり
あさぎいろ
鷹ひとり父は故郷を捨て
あさきまほろ
駒ヶ岳鷹の雄姿や歩も軽し
あさり
鷹放つポニーテールの鋭き眼
あじさい子
一文字描いた空は鷹のもの
あじさい涼音
宙に鷹カミオカンデに反陽子
あたなごっち
若鷹の風を味方に紺碧の果て
あつちやん
坂東太郎鷹一羽我ひとり
あなうさぎ
天の鷹よ吾のルートは正しいか
あなぐま家の母
鷹の夢見しこの年に収束か
あね猫
鷹の目は捉えているらむ小さき嘘
あまぐり
ビルの窓鴉の群 滑空の鷹
あみだじじい
トリアージの文書握りて鷹仰ぐ
あめふらし
十日後の喪中葉書や鵟啼く
あらた
一直線鷹の狙いの定かなる
あらら
持ちたきは俯瞰する目よ鷹の目よ
あんず
鷹の目の遥かな先の身動ぎは
いくた 武
重なりし峰より来る鷹一羽
いくらちゃん
懸崖に荒ぶ波濤や鷹昇る
いごぼうら
ゆうゆうと憂世を覗く天の鷹
いさご眠人
沼へ鷹ただ悠々と降りもせず
いたまきし
老犬の小さき一歩や鷹渡る
いつか
一瞬の日差し遮り鷹飛行
いと茶
起重機に止まり動かぬ鷹のいて
いなほせどり
鷹固まる静まりかえる夜の街
いまいち
鷹渡るゆるり大地の夜明けかな
いまいやすのり
羽ばたくや鷹の目線はエッフェル塔
うさぎさん
馴らされて飛ぶ鷹の腹日にましろ
うはのそら
キャンプ場の鉤爪すすけし天の鷹
うめがさそう
天空の鷹の目光り急降下
うらら恵子
賤ケ岳姿みえねど鷹の声
えいぎょ
笹の尾根越ゆ風鷹の横切れる
エイシェン
なゐふりて旋回果てぬ鷹の群
オアズマン
鷹の目に気づいて逃げる雀たち
オイラー
避難訓練終え遠ざかる鷹の声
オーガストスガワラマサト
山深き廃寺の甍鷹の影
おかか丸
熊鷹の尾羽おうぎのごと美し
オキザリス
鷹の目の命頂く命哉
おけら
悠然と風掴む鷹大器かな
おこそとの
奥山に木漏れ日眩し鷹渡る
おさむ
鷹啼きて林野瞬刻静まりぬ
おちゃうけ
鷹いつも吾を見つける楽々と
オリゼ
鷹よ鷹吾にくれまいかその野生
おんちゃん。@白吟句会
一人観覧車円を描く鷹よ
お銀
鷹の眼は恩師のやうになりにけり
お漬物
ジェロニモの馬上の闘志鷹の舞
カオス
鷹の目や病み怖れずに生きるなり
かこ
鷹爪にくいこむ兎の背宙に浮く
かざばな
松山の鷹は烏の見張り番
かずポン
我がうちに武蔵はいるや鷹に問う
かたせ峻
満ち満ちた獣皮を破る鷹の爪
かたな
アラビアの砂漠地平線に鷹
カヅラ梅
迷い鷹からす百羽の渦の中
かと
立つ鷹の姿毅然と強さかな
かなこ
鷹の目で探し捉えた我が未来
かなた小秋
ゆるやかに旋回鋭く鷹の眼
かぬまっこ
舞ふ鷹の眼の吾の背(せな)寒し
かまど猫
ダム底の森を恋ふるか鷹巡る
かめのべ
嫌われものの烏愛でられる鷹
からすちゃん
窓越しの空舞う鷹に一目惚れ
カワウソ(み)
定時六時鷹の目ほどきねころぶ
カワウソ三号
鷹一羽薄水色の空遠く
キイロイトリ
鷹よ見よ幸か不幸か情ありて
きうい
鷹の目に流れ見るかな白の帯
きく丸
てっぺんに鷹の勇姿や骸の樹
ギコ
害鳥駆除鷹羽ばたき威厳あり
きさらぎ
害鳥の群れ割く鷹の鋭き眼
きっちゃん
蒼鷹柔らかきもの秘めてをり
きのした 小町
浮雲を越えたる鷹の点となる
きのと
落つるかに枝を離るる鷹の舞
ギボウシ金森
カラス禍に鷹匠の鷹初仕事
キミネコちゃん
賤ヶ岳二十三年来たる鷹
キャサリンまさこ
あなたなる鷹の渡りをひがなかな
キヨ
花鳥園頭上危うく鷹の舞う
キョンちゃん
かの国はクーデター鷹急降下
くさ
放鷹の屏息ヨイトマケの唄
ぐずみ
岸壁を鷹飛び立ちて波静か
くすり
空の鷹宙の「はやぶさ」地に我ら
くみくまマフラー
鷹は去り男の老後なぜ寂し
くめ仙人
パンのみにて生くるにあらず鷹もまた
ぐりえぶらん
カラス追う鷹一点を見ゆ魚眼如
ぐりぐら京子
鷹の翼に澄みきる風は心地よく
くれい
大鷹やあの肋木はまだあるか
くれまてぃす恵子
鷹よぎる風落ちし空ひとりじめ
ぐれむりん
鷹啼くや母のない子の泣くやうに
こいぬ
鷹の眼の鋭し天に動かざる
こうちゃんおくさん
一瞬をぐるりぐるりと狙う鷹
コキア
大池のたかみに刺羽乱舞せり
こはぎ
キと睨み害鳥払う鷹に贄
こぶこ
蒼穹に扇の舞い手鷹現る
さかもと眞紅
大鷹に文をあずけているところ
さくま博美
銀山の街並なぜて鷹の影
さくみ
荒涼の砂漠の空に鷹の舞う
さくやこのはなす
蒼鷹や我らのちからかすめとり
ささの葉
山肌を鷹の趾翻る
さだとみゆみこ
空高く鷹が悠然大回転
さとうくにお
黒影の追ひ追われたる鷹の空
さとう菓子
鷹の目に命の重さ映らない
さゆみ
朝陽射す逆光の鷹旋回す
しー子
餌取れぬ鷹にもあるか眠れぬ夜
しげる
はく製となり四十年大鷹の瞳
ジミーあゆみ
男らの声出し続く鷹舞へり
しみみ
野ねずみを目掛けて鷹の急降下
しめじ
鷹の目や隠蔽見抜く凄みあり
しもさん
鷹舞ふや岬外れの古灯台
しゅういずみ
鷹の眼の奥のうつろや浜離宮
しゅうふう
連れ合いは剥製となり蒼鷹
シュルツ
鷹と鷲どっちが強い孫が問う
シロクマ太郎
鷹よ舞え昨日の憂さを引き連れて
しをの
ロックオン地を這う鷹の旋風
しんしん
鷹一天に向けて翔くためらはず
ず☆我夢@木ノ芽
舞ふにあらず生死を賭けた鷹の狩
すえよし
一瞬に鷹と飛行機交差する
すぎやん
鷹の眼や下剋上秘す金屏風
すぴか
人の眼のとどかぬところ刺羽の目
スマイリー正子
鷹の目の瞬時にとらえ一直線
スマホ優
とこしなへホーミー低く鷹高し
せいしゅう
鷹飛ぶやスクランブルの日本海
せーたん
空腹の鷹の眼光鳩を追う
せつこ
鷹の夢会えず齢八十歳
せっちやん
大鷹の尖る眼光魚跳ねる
せり花
鷹狩の鷹の瞳に風の束
せん
鷹が来る弱き者にも平安を
せんべい
ブルトーザー鷹の見下ろす新開地
そうま純香
空高く切る様に飛ぶ鷹一羽
それぞれのしあわせ
鷹潜む林影昏れて渓を急く
たーちゃん
悠然と空わが物と鷹は飛ぶ
ダイアナ
我狙うガラスケースの飛ばぬ鷹
たかこ姫
散歩道地面に揺らつく鷹の羽
たけ
ただ一羽真昼の砂漠飛ぶは鷹
だけわらび
鷹柱崩れて四方に彷徨ひぬ
たこぼうず
鷹睨む猖獗の世を炯々と
たつき
気流乗り眼光強し鷹が飛ぶ
タック
鷹も母なり我も母なり
たま蛙
鷹の目や戦語りし昼の闇
たむらせつこ
滑空の鷹復習う縫合の手技
たろりずむ
鳥葬の鷹や大地へ君を還す
ダンサーU-KI
鷹柱大学はなおオンライン
だんちゃん
ざわつく野鷹と鼬が死闘せり
たん造
鷹降りて急ぎ仔犬を隠しけり
ちあきんぐ
引き締める鷹のクチバシ魔女の鼻
ちか丸
鎌倉の浜辺にふたり空に鷹
ちばくん
青鷹や遠くの山の懐かしき
ちゃんぽんこつ
大鷹や三町先を目掛け発つ
ちょくる
朗人死す鷹の百羽の死するごと
ツーちゃんの恋人
一点を目指す鷹の眼刃のごとき
つきあかり
肉喰らう非情なる鷹美しき
つづきののんき
主はひとり獲物求めて鷹は飛ぶ
つつ井つつ夫
老眼鏡ずらし見上ぐる鷹斑美し
ツユマメ@いつき組広ブロ俳句部
父の背や大空強し鷹一羽
つわきの嫁
道端に墜ちてなお鷹は鷹なり
ティアラ文緒
飛び立たぬ北斎の鷹胸反らす
ティーダ
峠道捕食の鷹とすれ違ひ
てまり
聖家族鷹のとなりに鷹が来て
でるた
若鷹や給油スタンド混みあえり
でんきゅう
急降下密発見の鷹の息
でんでん琴女
鷹の眼や三島由紀夫の知のマグマ
ときめき人
黒点や鷹は宇宙へ旅立ちぬ
ときわ露草
動物園に飼はれて鷹の眠りけり
とし子
鷹なくや母を求めるかのように
とんぶりっこ
波頭映る刺羽の眼かな
なかの花梨
鷹急降下水面に飛沫なし
なきうさぎ
山の峡鷹はワルツで降りてくる
なご
鷹の眼を想えば怖く愛おしく
なごやいろり
父となる今日より我は鷹となる
ナタデココ
二日目の鷹よ現で見るも良し
ななと
天の鷹影を映して滑降す
ニッシャン
鷹の目で空山雲を見てみたい
にゃんみー
瘠せてゆく母の眼差し鷹舞う日
ねぎみそ
鷹の爪光る 測量中のドローンへと
ネコ目
曇天に飛ぶのが嫌な鷹もいる
ねむり猫
音無の森ピイと鷹の流線
のもとみな
鷹柱バチカンの螺旋階段
のりりん
鷹ほどの大羽根有れば飛び立ちぬ
のろ爺
黒鉄のジャングル鷹の目の童
バーバラ
鷹の目の鋭さ邪気を射抜くごと
はいびす
急降下の鷹風をも追い越さむ
はごろも
鷹は子を連れ去るがごと滑空す
バスチー
鷹舞いて心のなかに風の吹く
はち えいと
大鷹の上へ横へと落ちにけり
はちゃ
里山の鷹の視界の中にをり
ハチ太郎
飛翔する鷹を見上げたのが最後
はづきめいこ
雨の香や鷹の寝床の闇深く
はっしー
狩る鷹やその一匹をどこで食う
はとり千倖
立ち向かふ心に鷹を棲まはせて
はな
木を蹴りて直行鷹の脚逞し
はなだんな
高き空鷹悠々と独り占め
はなちゃちゃ
鷹一閃食物連鎖の掟見す
ははろ
生きること本気か否か鷹見居り
はまお
雪渓の獲物へ鷹の急降下
はら美華子
鷹の羽 己を滅すのも己
はる
素嚢膨らむ鷹悠々と飛んでいく
ハルノ花柊
赤松にのぼる少年鷹の舞
ばんしょう
浮く鷹よ病のヒトも分かるのか
ばんどうまーぴー
咽ぶ我空を見上げて鷹飛ぶ姿
ばんびぃむーん
鷹は雲散らす新幹線開通
ぴーち
鷹姿飛び立つ態か尾羽根上げ
ひーばあちゃま
「たかなし」や鷹失せ小鳥遊び来し
ひぐちいちおう(一応)
けふもまた遥けし眼檻の鷹
ひだ岩魚
鷹来たり鴨一斉に飛びたてり
ヒドリガモ
鷹の空探査機の光点流る
ひな子桃青
演劇部鷹の眼光盗みをり
ひろくん13さいのママ
水面の星間を裂く鷹の旅
ヒロシ
鷹なんていないけれども三鷹行き
ひろしげ13さい
鷹を飼ふ朋の背中の大人びて
びんごおもて
鷹見上ぐ空雲飛行機ぽつねんと
ふあり光
胸筋を引き鷹は飛ぶ鷹は舞う
ふくじん
鷹舞いて獲物をめがけ急降下
ふじかず(み)
号砲の轟き遠き空を鷹
ふじこ
大鷹やひもねすダムを重機音
ふっこ
鷹ゆけり曇天に亀裂一条
ふわり子
オオタカが風を食んでるユタの谷
ほうすい
去年に見し岩峰の鷹さがしけり
ぼたんぴ
稜線の鷹追いて後ひらく文
ほのぼぉの@蚊帳のなか
飛球追うグラブの先を鷹一羽
ぽんこ
大鷹や飛鳥捉えし与一の矢
ぽんたちん
町育ち鷹もトンビもわからない
マキコ
檻の中夢を諦め僕と鷹
まこと(羽生誠)
鷹空をかき回しては誰を待つ
まこも
山肌の白一点や鷹の腹
まち眞知子
鷹渡る桜島山噴煙高
マツイミキロウ8191
空を舞う鷹の目線をふとそらす
まつやま孝子
鷹一羽高き梢に鎮座せり
まにあ
鷹になる怖いものなど何もない
まりい@木ノ芽
鷹、突撃岩を大空を抜け
まるかじり
鷹雛や羽はつるつる柔きこと
まるみ
舞う鷹や別に君らのためじゃない
マレット
空高く陽の香を追うて鷹柱
みー
鷹渡る雲一つない今日の空
みえ
真っ向に灘風とらへ鷹渡る
みずき
鷹の行く遺言状の父の印
みずの風華
鷹去りし白き羽毛のふわふわり
ミセウ愛
カフェに待つ鷹や眦裂きてなほ
みどりくん
翔ぶ鷹やカーテン洗ふ八十の母
みどり川
飛行機は札幌行きや尾白鷲
みにとまあいこ
鷹強し博多の苦汁今宵なお
みほめろ@いつき組広ブロ俳句部
三笠山ホバリングいざハイタカよ
みもうさ
吾の鷹の低空飛行グヮシ
みやたひろみ
蒼穹に鷹ひとつ庭には鳩の群れ
ミユキ
鷹の目にもののふ達の富士すそ野
み藻砂
尊厳を夕照の鷹独り占め
むじーじ
舞ふ鷹やゴールの前を守る我
ムスカ大佐(み)
鷹点にまた鷹になり青き空
むべ
カンドゥーラはためく砂漠なぞる鷹
むゆき@カンドゥーラは、アラブの民族衣装
山陰(やまかげ)に隠れし鷹や恐山
むらたふみ
里山に鷹戻りぬとツイッター
むらのたんぽぽ
鷹襲ふ稲尾を想ふ剛速球
もりお
清かに地戦ぐや空を鷹弧の軌
もりさわ
廃校の錆びし鉄棒鷹一羽
もりたきみ
鷹肩に鴉払いに行く翁
やこばあば
鷹の目や全集中の呼吸かな
やっせん坊
日輪に引けを取らざる鷹の空
ヤッチー
鷹の目の目溢しありて今日の無事
やっちゃんち
錆色の廃鉱山の空を鷹
ヤヒロ
ミステリー読み終え鷹の急降下
やぶつばき
テスト期間鷹と大空飛び行かむ
ヤマザキけんと(み)
鷹が飛ぶ眼に映る人の世や
やまだ童子
あだしのの仏舎利塔に鷹降るる
ヤマボー@夢枕獏さんの「鳥葬の山」という小説に衝撃を受けました。
自由には寂しさ伴う空に鷹
やまやま
散歩道落輝に探す鷹一羽
ヤモリ
鷹の手に捕らわる生き物空の中
ややま
口笛に風切る鷹よ誇らしげ
ゆぃ
鷹狙う三国峠のCanon砲
ゆうか
大鷹や翼で隠す太陽を
ゆーや(み)
はるか見やる鷹匠と鷹の目かな
ゆかりん
鷹あはせ太き拳に戻りけり
ゆきを
餌持ちて鷹に対峙の怯える目
ゆこげん
鷹一羽鴉二、三羽集まりぬ
ゆすらご
鷹の目を頭上に受けて行く美濃路
ゆみづき
鷹舞ひて畦に小さき弁当箱
ようこ
若き鷹獲物の腹に四つの爪
ヨシケン
舞う鷹やひとひらの雪かすめつつ
よし季
嵐に向かう鷹一羽凛々しきや
よつ葉
船上を高く舞ひ青き鷹
よひら
アルプスの鷹をみに行く車中かな
よぶこどり
古の鷹匠町や鷹の飛ぶ
ラーラ
鷹の啼くいつもこの道この梢
らくさい
人見えぬ光る尿追う鷹の狩り
りえ
峡睨む制空権の鷹の舞ひ
リカ
大空へ一直線や鷹の恋
りこ
鷹昇る海金剛(うみこんごう)を下(もと)にして
リバティーさん
滑空で鷹の姿や木々抜けて
りんごのほっぺ
ドーバーの白い崖空すべる鷹
るびちゅ
鷹襲ふ身の丈程の獣かな
るみ
槍投げのポーズ拳離るる鷹や
れい
目がひかりたかのとびかたすばらしい
れい子
直立不動の想ひや籠の鷹と居て
れっどべりー
トパーズ色の鷹の眼光る杉の枝
れんげ畑
大の字にねてゐてみるや鷹渡る
ロクヨン
来るものも去るものもなく岩に鷹
ワイズ万太郎
初鷹や国後睨む羅臼岳
わかこ
高き空鷹来一度に一斉背伸び
わらびもち
急降下鷹の獲物は逃げ惑う
わわ
隼の獲物追ひかけ急降下
葦たかし
眼下の餌稜線滑り鷹掴む
安芸子守熊
鷹の眼の射程に入るや獣道
安田 信洲
鷹ならば飛べ禽ならば地に群れよ
杏と優
蒼天に鷹の一点蒼き波
伊藤はな
相模野や川に雨降嶺空に鷹
伊藤欣次
鷹の爪掴み大空しろ兎
伊藤善隆
鷹の眼で見ゆる我家の屋根蒼し
伊藤辰弥
グライダーよくよく見れば鷹なりき
伊豆子
影一つ残して鷹の去りにけり
伊予吟会 心嵐
鷹の目にねずみ睨まれ金縛り
位子
海の色しづかな海へ鷹ぐんと
井上
かたぐるま吾子のゆびさす空の鷹
井田みち
鷹いづこ天空仰ぐ伊良湖岬
一の介
一匹とまた一匹と鷹ぞ舞ふ
一井蝸牛
鷹のいない空に遊ぶ小鳥たち
一周
灰色の樹間に獲物タカ放つ
一重
大鷹の見つけし森よ神宮よ
一純。
一斉に仰角上がる鷹の空
一石浩司
一目散に跳ぶ兎 滑空の鷹
一太郎ラン坊
鷹柱開聞岳のごとく舞ふ
一茶お
鷹の影頭上に静寂の翼
壱太
鷹舞ふや天下睥睨する如く
右田俊郎
鷹の眼に映りしトンビ追う烏
宇砂紀の女
駒場野や馬上の殿の腕の鷹
宇田建
高々と鷹舞い上がる野球場
烏兎
蒼穹を飛翔する鷹夢の中
烏兎怱怱
鼻晴れてハイイロチュウヒ翻る
羽沖
夜の鷹日本一の横断幕
羽光
タッチアンドゴー大鷹の戦闘機
浦野幸一
鴉より物理に詳しさうな鷹
永想
大鷹のざわつかせたり天と地と
英子
剥き出しの頬に鋭き鷹の息
詠頃
鷹の眼の定めし先の小鳥かな
詠野孔球
鷹渡る頑強な面見せつけて
越後縮緬
田舎道大鷹上より睨みおる
越仙
高空に鷹舞ふ姿点になる
蒼鷹は腹に大空映しゆく
円堂 実花
肖像の前を離れぬ祖父の鷹
縁穐律
鷹飛んで鳩追い払い一直線
奥ノ木蛍子
鷹や高きより見る我如何なるや
奥山凜堂
鷹や鷹深紅の夕陽の黒点へ
奥野悦穂
鷹飛びて道迷い行く日暮れかな
横ちゃん
吾が上を五分跳びたる鷹一羽
黄光
鷹一羽柱状節理より生まる
乙華散
閃光もかくや風切る鷹の影
音弥
獲物取る鷹の目センサー戦闘機
下村ひじり
なぞかけを解く鷹の目のうるみかな
佳子
鷹の目の丸く鋭く土を刺す
加賀もずく
恐竜は鷹に残りて滑翔す
加世堂魯幸
長城の万里や鷹の一飛に
加良太知
鷹一羽富士の樹海を滑空し
加和 志真
雨あがり光の筋へ鷹翔る
嘉子
脳に鷹爪を隠して潜みけり
夏みかん
雲流る富士山麓や鷹一羽
夏みかんの亭主
鷹ならさポルコ・ロッソと飛べたかも
夏雨ちや
鷹舞ふや明日を占ふやうに舞ふ
夏柿
天空をまあるく征す蒼鷹
夏綱
鷹滑空艦載機のごと餌を狙ふ
夏目タンチャン
鷹の眼や非接触検温の無音
果禄
夕映の風車の羽根に鷹一羽
河原つばめ
老鷹の風切り羽の尖りかな
河本かおり
鷹の羽根矢羽根となりて突き進む
花ほっぺ
断末魔集め反芻せり鷹は
花屋英利
鷹の目は我が心中の影を射る
花弘
伊達公の杜や黒鷹降りて来よ
花太郎
蕭々と翼閉じゆき鷹の糧
花塗れ
鷹描く田んぼの向こう地平線
花筏
鷹の空しんとして踏切の音微か
茄子紺
革命だ自由だなどと鷹ゆうゆう
茄子美
想い抱く鷹の如く一直線
華らんまま
鷹はもう白樺峠越えていた
華徳
ひこばえの田にぽつねんと鷹ありて
蝦名瑠緋
山静か鷹の渡りに口開けて
蛾触
家康の鷹しらじらと明ける空
賀代
鷹止まる水面下の罠に気付く
雅な童
鷹舞ふや次の降下の気配消し
雅喜
接吻や女は鷹と心得よ
雅枝
鷹の目の何と見放くや目先追う
雅由
樹の先に鷹の眼差し射る獲物
快晴ノセカイ
腕重しすり寄る鷹の眼はたれ目
怪盗キャットA
山小屋を閉ざして鷹の天さらば
海猫
外出自粛の庭に鷹の飛来
海葡萄
鷹匠の足元で鷹じやれつきて
海老海老
鷹の気分欲しどこへでも渡りたし
絵十
鷹の爪ぐと掴みたる革手套
貝花
鷹竦む温き獲物は爪にあり
楽花生
飛行機と大地のあはひ鷹統べる
釜眞手打ち蕎麦
山ひとつ統べ鷹の眼はただ円し
鴨川水鏡
爺ちゃんの指先動きあれが鷹
勘太郎
恩師逝く鷹より高き空の果て
干しのいも子
見逃さず鷹滑空の速さかな
干珠
就活に悩める吾子よ鷹渡る
幹弘
ミーニシを従え鷹は弧を描く
甘蕉@ミーニシとは、奄美大島の方言で「本シーズン最初に吹く北風」のことを言います。
鷹の空メビウスの輪は一つなり
丸山隆子
鶏肉へ鷹の飛来や0.2秒
岸 れん
夜の鷹のなほも眼光苛なかり
岩のじ
青鷹リュック一つで外国へ
岩沢佳音
急降下して鷹の足なに掴む
喜多輝女
テスト明け空深くして鷹泳ぐ
季凛
隠れるべく雲は無くとも鷹日和
貴桜李
鷹を見し人みな背筋伸びてをり
軌一
鷹観たし高き頂目指す我
輝峰亭
鷹阻む空やあなぜの吹き荒び
鬼平哀歌
旋回の鷹や走馬灯のごとし
亀子
大鷹や目に故郷の山河映ゆ
亀石
兄弟を殺し一羽の鷹となる
菊池克己
首反らし鷹の行方を眺め入る
吉井郁恵
獣跡(けものあと)追ふ鷹の眼よ嘴よ
吉村よし生
鷹の羽根舞ひてしづかに着地せり
吉野春夏
コヘレトの言葉眼にクドゥスの鷹
吉野川
鷹の舞キラリ双眸天を突く
桔梗
鷹の目や風操れどひとりきり
橘明月子
鷹渡る喪服の裾のまとわりて
杵築きい
若冲の筆一心に鷹一羽
久世有仁
鷹見ゆる結果がこわく空に目を
久鍋得利子
頂きに濁点鷹渡る空よ
久美
もう褒めてもらえない日の空に鷹
久留里61
鷹の目に映る獲物は餌を食む
久瑠圃
この恋は鷹に見つかってはならぬ
宮間ミヤマ
鷹と目が合った双眼鏡の空
宮坂変哲
鷹育つ漆黒の森足尾山
宮写楽
新品のスーツ我が息子鷹のごとく
宮島ひでき
目力の押しの一手や天の鷹
宮﨑紅清
鷹渡るまだ見ぬ空を見据えつつ
弓女
鷹渡る岬に勇姿みつけたり
球子
鷹の眼に我如何ほどのものならむ
虚実子
鴨川に晴れ晴れと舞う鷹ありて
京あられ
青空を鷹悠々と独り占め
京丸
鷹の目でこれときめたら最後まで
京子
鷹といふ漢字に鷹の飛びにけり
京野さち
おほそらを見詰める鷹や檻の中
玉井瑞月
鷹の舞う6番ホールカップイン
玉井令子
伊吹山鷹落つるごと谷に消ゆ
玉悦
鷹に問ふ里の野山は健全か
玉京
夢の中鷹の舞ける縁起よし
玉治
二禽や鷹柱等過去の空
玉城
鷹住むや奈良ばい谷戸の日暮かな
玉泉
鷹もなお微分積分考える
筋肉男
スイッチの入ったままに鷹休む
金治宜子
たかく舞ふ鷹をみとれて小半時
金太郎
鷹の目を借りて見ゆるは別世界
金目銀目猫
鷹放ち家康思ふ平和なり
句詩呼
鉤爪に裂かれる刹那鷹を恋ふ
母兎さらう母鷹子らの待つ
駒草らんぷ
硬化する雲をたやすくえぐる鷹
空野千鶴
浮つきを気づかぬ振りし鷹の目よ
栗鼠句
首振って青空抜ける羽は鷹
栗田もとえ
武蔵野の野にも鷹をり鳶のをり
君島笑夢
彼方へと生き抜く覚悟鷹が飛ぶ
景奇
鷹の目のその目の中に牙のあり
景清華
鷹来たる風直線になりにけり
桂奈
腥き生き方なるやかしこどり
渓翠@青東高
鷹舞ふや怒濤つんざくサッパ船
月見柑
鷹の目に混在す母と狩人と
月城花風、
一羽の鷹をり三年二組なり
月青草青
鷹迅しブルーインパルスのごとく
月野ひとみ
ここまでと別れは青く鷹の空
犬井山羊
鷹よ鷹一気に裂けよ我が痛み
犬散歩人
鷹の羽根拾って鷹に狙われる
研知句詩@いつき組広ブロ俳句部
一瞬でカラス蹴散らす鷹飛行
元喜@木ノ芽
かぜのふるる羽は逆鱗針の鷹
枯丸
老いし鷹嘴のひん曲がりをり
胡麻栞
飛ぶ鷹や両目そろえて前を射る
吾亦紅也
鷹の爪ぐわしと枝をつかみけり
鯉女子
カラスから子ネズミ守れ鷹の鳴き
光花
空高く舞う鷹つばさ大きくて
光源爺
兜紐勇む報せや伝書鷹
光耶
野鼠と鷹のもみ合ふ野原かな
光友
隼や空に上がり地に襲う
公毅
経済の外を悠々鷹ひとつ
公木正
酷薄の潜む大空鷹の円
好文木
震災を鷹が守りし阿蘇神社
宏楽
筑波嶺の風に惑いて翔る鷹
隼の眼覗き穴の死角
幸久
鷹渡る箱根駅伝五人抜き
広島 しずか80歳
天界の防人のごと鷹柱
康々爺
何を見て何を思うか鷹の眼は
康子紫
ペダル踏み風に向かうや空に鷹
康寿
終のなき真っ直ぐな道鷹一羽
江雲
餌見つけ湖へ突き刺す鷹の爪
江戸川青風
進化論鷹ビル群を森となす
江藤薫
迷いなどない鷹直滑降
江里口泰然
命起くその一点を目指す鷹
江澪
空高く羽ばたきもせずひとり鷹
甲山
鷹真さに標的狙うステルス機
甲斐紫雲
神職の禊ぐ孤島や鷹渡る
紅さやか
青空に映る鷹望んで独り
紅ズワイガニ海老美
鷹乗せて信長は肩聳やかし
紅小雀
タガログ語話すおんなや鷹の舞
荒 充
ご神木に威風堂々鷹居ます
荒磯魚々
御巣鷹の尾根を護るや鷹の舞ふ
香栄
睨む鷹在り息潜める叢
香村
鷹高く谷川連峰右回転
高橋笑子
ビル街に秩序もたらす鷹の舞
高知樗
松風の鷹の縄張り抜けにけり
高田 仁和加
草木の深き眠りや鷹雲に
合歓
遠慮なき鷹の波長を受け流す
黒麹 糀
青天の鷹の尾羽根に風の色
黒子
留学や鷹はるかなる山を越え
黒兎
大鷹や縄張りに羽落としたる
今井佳香
恙き湖北の如来鷹渡る
今野夏珠子
鷹悠々撒き散らしたる白き羽
根本葉音@花芭蕉句会
鷹渡る父の死因語らぬまゝ
紺乃ひつじ
曽祖父と狩りした鷹よ野に還る
佐山夕子
鷹は言ふ人はちひさくオロカモノ
佐川寿々@チーム天地夢遥
鷹舞ひて特攻隊の勇姿かな
佐藤恒治
いづこより来し鷹の羽や空は瑠璃
佐藤香珠
二番目の何が悪いか蒼鷹
佐藤志祐
鷹柱一つ去りまた一つ去り
佐藤俊
吾に落つる影よ空には鷹一羽
佐藤美追
微睡みに鷹か鷲かと問うた夢
佐藤里枝子
ビル街の四角い空に放つ鷹
沙那夏
里山の水面横切り鷹帰る
砂楽梨
五年目の授業帰りに鷹翔る
砂霧
稜線の角度で一閃鷹ひとつ
坐花酔月
空抜けて甲府盆地に鷹一つ
犀鳥
鷹が飛ぶ槍ヶ岳離れていくなり
細川小春
山彦のごとく羽音や鷹渡る
細木さちこ
老猫を狙い定めて鷹は宙
菜々の花
巣立つ鷹我に勇気を与へしか
咲く耶とこ野@木ノ芽
ほほ赤きモンゴル少女鷹しこむ
桜姫5
強くあれ孤高に生きる鷹であれ
薩克期風
大鷹の空に溶けたる白き腹
雑草おばさん
大鷹や落ちるが如く空滑る
三ツ藤康子
メキシコの空かろがろと鷹越境す
三笠木 草
屍に麒麟は何処鷹の爪
三群梛貴
岬の景一変するや鷹一羽
三崎扁舟
駿府像手から飛び立つ生の鷹
三水(さんすい)
あっ鷹だ鋭い眼光我に向き
三大夜景
海鳴りやミサゴの白く翻へり
三宅雅子
鷹の目に映りし我に足竦む
三宅剛
しばらくは鷹と遊びし銀河かな
三輪えつし
渡良瀬や七五三場は広し天の鷹
三毳
カルストや鷹と目が合う単車乗り
傘踏弾正
肩の鷹操るごとき磨崖仏
山くじら
我もほし鷹の風切羽根ひとつ
山河穂香
サシバ舞う山原の森風香る
山原海人
お狩野と地名残れり鷹の原
山口 朝子
嘴の鋭い鷹は嘘つかず
山口雀昭
野生の鷹今だ見たことなかりけり
山桜昌子
野生には戻れぬ鷹か園の檻
山水(さんすい)
大鷹のグライディングや雲流る
山川真誠
鳴く声の鷹と思へぬ麗しさ
山川腎茶
大鷹滑空す まるで戦闘機
山中陽子
鷹一つ青き時空に浮かびけり
山内彩月
定まりて賢き鳥や汝鷹
山内負乗
大鷹のばあちゃん独り山暮るる
山辺道児
放たれし鷹隆隆と頂に
山野麓
統治者のごと入母屋に宿る鷹
山羊座の千賀子
鷹よ飛べ雲居の果ての日のひかり
士王
鷹の眼に射すくめられて自白せり
志保川有
鷹はゆくいつどこで果てるか知らず
糸賀太
未来無く過去もまた無し鷹が飛ぶ
糸川ラッコ
動物園鷹の爪見て首傾げ
紙威
一迅の風鷹の目の孤独
紫苑
見上げれば勇者の鷹ここにあり
紫香菫
熊鷹は宙を横切る大股で
紫小寿々
マスクからこぼれる白さ空に鷹
紫青
ヒトの忘れ物は森に鷹舞へり
紫檀豆蔵
鷹の目や負けじ負けじと空映す
紫蘭
鷹の目やチャンスを逃すことなかれ
時化田白金
縄文の神へ祈りや鷹の舞う
篠田ピンク
大鷹の見据ゑる大樹や湖明かり
柴田 華風
神気満つアイヌの森や鷹の声
紗智
蒼鷹の秘匿の才は爪のみか
若葉一家
主の腕飼い慣らされぬ鷹の顔
若葉猫
鷹は飛ぶ大空に胸をかりながら
主藤充子
鷹の爪逃れる鳩の足の文
守安         雄介
鷹遠く捉へて称へ会ふ視力
手弱女
思春期や勝者無き日の手負い鷹
朱夏A
風変わる猛々しげに鷹が来る
種種番外
昔日の鷹舞い降りて里の山
寿女
檻越しの鷹の目は射る人の胸
寿摩子
来る毎に剥製に似る禽舎の鷹
周黎
鷹翔ける信長の野望は海のはて
秋ひろし
鷹舞いてリードを手繰る散歩道
秋月流音@木ノ芽
軒射す影鷹の周遊いと高し
秋刀
禍年を切り裂くごとく飛んで鷹
十猪
鳶には負けじと鷹にある気概
重翁
高木の朽ちてオオタカ見せる影
塾志
鷹放つ娘は父の弟子となる
春よ来い
天上へ海原遥か俺は鷹
春果
父の目と同じ尖度で睨む鷹
春先
鷹舞ひて岸壁の闇輝かす
春川一彦
鷹渡り雲切れしとこ急落下
春日
旋回をしている鷹よ何思ふ
春爺
追い風に負けず旋回する鷹よ
春来 燕
路地に烏スカイツリーを鷹が舞う
春蘭素心
鷹鳴きて研ぎ澄まされし蝦夷の山
潤目の鰯
鷹場消ゆ団地の空を鷹よぎる
順女
上空の二羽鷹と言い張る案内人
初酔
どこからかきっと見ている吾を鷹
諸塚凡志
熊鷹や妻の鍛ふるふくらはぎ
小だいふく
鷹の眼に地球の昏く映りをり
小鞠
糞害の野鳥散らすや鷹の声
小橋春鳥
岸壁の頂きに立つ鷹一つ
小熊伸子
青空を斜めに切って鷹が飛び
小熊利雄
男らの争ふ境鷹一羽
小笹いのり
雄叫びに走る竹刀や鷹の空
小山晃
鷹の眼にどれほど我の小さきかな
小春
檻に鷹「俺の間合いに近寄るな」
小薪まりちゃ。
鷹の爪木々をつかんで餌さがりに
小石
近代化された駿府の空を鷹
小川都
害鳥に睨み効かすか鷹の目が
小太郎
親子鷹山河の風を羽に受けて
小塚蒼野
空の鷹縄張り越える狩りの日々
小島神泉
獲物待ち中空鷹のホバリング
小梅
鷹の目の腕の上にて静かなり
小文吾
いつか見むクマタカの森歩きけり
小野小マーチ
富士望む鷹の眼光冴え渡る
承穂(つぎお)
鷹柱いつか帰らん母校かな
松ぼっくり
鷹柱潮の渦巻く海峡の
松高日子
鷹一閃南海ラピートのごとく
松山
今日の狩りうまくいかない空の鷹
松山のとまと
鳥葬に山岳の民鷹与う
松山女
沈黙という大空を鷹高し
松茶 巴@プレバト木ノ芽
よどみなく風の先鋒担う鷹
松田てぃ
鷹渡るネルの寝巻き干す手赤し
松風女
頬の紅潮ファインダーの青鷹
松野勉
里山の風に乗る鷹蒼き羽
焼饅頭
風を切り雲抜けるよに鷹の鳴く
照波
鷹や顰めつ面の仙人のやう
笑詠化
鷹一羽千々に乱るる万の鳥
笑松
納骨の頭上に鷹が回りをり
笑々
鷹翔ける古のむさしの原野
笑酔
向き変えて双眼鏡の先の鷹
上月ひろし
正に矢なり兎捕える鷹の爪
上原まり
公転自転より速いか鷹の飛行
上市まさ
気流舞う褥のごとく座る鷹
上津 力
舞う鷹の下界見下ろす目のごつし
上津嘉子
鷹を追ふ鴉の気合飢餓の池
城山 英
鷹矢白魔女の差し出す解毒剤
常盤
鷹去りて足跡雪原に途絶え
常陸人
ツグミ群れざわめきの中追う鷹や
植木照美
鷹渡る北より来たる客人よ
寝ん猫
産土の山河を統ぶる青鷹
慎吾
急降下光る鷹の眼糧食らう
新井ハニワ
塵一つ無き空や鷹浜名湖へ
新右衛門
鷹渡る鳴門の渦のいや増せり
新田 淑@狐狸山会
青空に鷹待合に影長し
新藤柑子
鷹の目の宇宙に入りし愚老かな
新米笛
プロポーズを決めた折に鷹を買う
新陽
俯瞰図へ滑空の鷹は降下せり
森 毬子
体幹の揺るがぬ鷹や急降下
森の水車
ISS夜空を通過鷹静か
森中ことり
今飛ぶは鷹ぞと爺の言いにけり
深山 紫
野兎追いて急降下爆撃鷹一機
深川リンの父
鷹の目に見つめられ吾子泣くまいか
真喜王
解体のタワークレーン鷹翔る
真宮マミ
東京の地図に遊べば鷹多し
真咲よしの
単線の鉄路の彼方鷹渡る
真珠星倫世
鷹の声聴かせ追い出す群雀
真壁佳子あすなろ
羽ばたきを止め急降下鷹一羽
真林
空の鷹見くだす人のおろかさよ
神戸めぐみ
鷹が飛ぶ我もいつかはあのやうに
神山やすこ
鷹開く翼に蒼空縮こまり
神誉
古の鷹棲む山に電波塔
秦のヨシコ
母逝きて木にも知らせず鷹立ちぬ
くるくると回る鷹地球は丸い
須藤かをる
鷹の眼で故郷の山見てみたい
吹子
鷹を見に行く少年は父の後
水城
蒼天へ鷹突撃の一瞬かな
水夢
威厳ある姿態清楚の鷹を見ゆ
杉浦夏甫
大鷹や一鳴きしては湖渡る
杉尾芭蕉
ダム底の父のふるさと鷹渡る
杉本とらを
チベットの空に鷹あり地に生命(いのち)
裾野51
獲を狙う鷹の瞳孔広がれり
是空
鷹の目やヒッチコックは目を逸らす
成瀬源三
爪を秘す雄飛の鷹や孫の才
星海
鷹の檻転がる餌にシャレコウベ
星夢 光風
雄鷹や幾つ暮れても侘しけれ
星野美咲
火の鳥は天に向かいし鷹となる
晴海南風@木の芽
独り寝の鷹の梢を思ひけり
清水 三雲
隼の羽撃き虚空傾げけり
清波
鷹舞ふや厄災の地を悠々と
清白真冬
潤いの砥石鷹の目の切れ味
清鱒
鷹のかげ地上の鳩のちりじりに
聖橋
舞う鷹や天地逆さの時もあり
西川あきや
鷹を飼う俺の目覚めのモカコーヒー
西村もえP(み)
空腹の鷹一羽降り高楊枝
西田月旦
鳥瞰図切り取りたるは鷹の口
青鬼灯
一点の鷹大空を一人じめ
青玄
糞害の頼りし先は鷹利用
青修
孤高飛ぶ伊良湖碧海青き鷹
青鷹
世を統べる飛翔の翼青鷹
青木豊実
墓じまい頭上の鷹や空に舞う
静香
平らかに立木のポーズ鷹の空
石あい女
まほらばの天高高と鷹の声
石井茶爺
振りかざす腕殺気立つ鷹放つ
石岡女依
鷹舞ひて大空さらに広げをり
石原由女
憧れの鷹に会い来て都落つ
石田将仁
鷹の舞い天の入口くぐりけり
石野上路無
鷹の声あおぎ見し犬鼻鳴らし
石林
ばあちゃんち目で追うあいつは多分鷹
赤いパンダ
鷹の目に北極星の輝きが
赤井味彩
鷹の目にかまどの煙絶えずあり
赤松諦現
海風に鷹の乗りゆき我も乗る
千の葉
飛べるなら出来れば鷹になって飛ぶ
千恵
晴れてをり木の柵鷹の羽休め
千波
鷹の目の見つめる先に森のこえ
千比絽
遠き空飛蚊症へ鷹飛び込む
千風もふ
鷹鳴くを振り返り影既になく
千曜 桜
てっぺんの烏見上げる檻の鷹
千里一歩
鷹飛翔ねらうは露店のから揚げ
川口みち
床つ身に鷹とは十字架のごとく
川村湖雪
女鷹匠の腕鷹わし掴み
川島 欣也
おうい鷹千鳥ヶ淵まで飛べそうか
浅河祥子
とどめ刺すスマッシュ鷹の急降下
染井つぐみ
空隠す鷹の渡りに息を飲み
染野まさこ
鷹の焦点六町先に止まりけり
善多丸
小手めがけ桜島背負い迫る鷹
楚材
単身赴任先は鷹のすむ場所
素々なゆた
吹き渡るカザフの空の鷹飛行
創一郎がゆく
鷹の眼の我を見つむる吾をみる
双月(そうげつ)
高台の木から眺める鷹の里
倉の人
朝焼けへ鷹を放つや少年よ
想予
鷹放つ駅前の鳩退ける
早乙女龍千代
鷹日和鷹取山の展望台
相模の仙人
海風に身を委ねたる鷹柱
蒼の海
白銀を舞ふ鈴の音や青鷹
蒼求
山深し車恐れず鷹おりて
蒼香
日輪や鷹現われて一文字
蒼鳩 薫
月山や鷹の眼と吾の眼
村上優貴
揃う脚飛び立つ鷹の美意識ぞ
多幡のやち
ひなの元舞いおりて鷹肩まるき
太子
鷹は揚がり悲愴のフィナーレ沈む
太平楽太郎
夕空を鷹や孤高のそのさきへ
打楽器
彼方より狙いし鷹の捕食の眼
楕円
麻酔切れ鷹の自由を見てる朝
駄口竹流
鷹千羽夕陽遮り大空へ
泰然
蒼鷹は地球岬を所有せり
大熊猫
ドッグラン彼方の鷹を共に見る
大黒とむとむ
陽に燃えし断崖の鷹森治む
大石 真水
目を剥いて爪を逆立て鷹威圧
大村真仙
群れにまた一羽寄りきて鷹柱
大谷如水
据え悪き拳を鷹の見捨てをり
大槻税悦
鷹よ鷹あなたはきっと嘘つかぬ
大嶋メデ
鷹渡る山の向こうに夢飛ばす
大野喬
鷹の眼や病に伏せる義母に似て
大和屋としより
西の陣占うかごと鷹柱
沢拓庵
鷹翔べりどつと騒めく浜離宮
達ちゃん
風に乗るパラグライダー鷹遥か
谷山みつこ
鷹の目に映る匠のまなざしや
狸漫住
青鷹やリングシューズの干されをり
丹耶
鷹止まる枝の山神の杖となり
地球人
鷹が飛ぶ大空に許されて飛ぶ
智雪
肉食は出たとこ勝負鷹の狩り
池田玉繭
義経の鷹にぞ生まれ変わるらむ
池之端モルト
鷹去りて空から矢羽根の舞ひ降れり
痴陶人
大鷹やベートーヴェンの睨む先
竹さ
高枝の鷹團十郎の睨み
竹庵
雲間より鷹戻りけり谷戸の朝
竹春エリザベス
大鷹やまだ目の開かぬ君の笑み
竹織
空を割り鷹の眼差し何を獲る
竹村マイ@蚊帳のなか
モンゴルの土産は鷹の羽一本
鷹見上げ遠きふるさと思い馳せ
茶子
鷹柱立ちあがりたる伊良子崎
中井笙石
朝ぼらけ初潮来たこと鷹は知ってる
中村すじこ
大鷹をカヌーより見る大湿原
中村笙平
鷹の如半眼にして矢を放つ
中嶋敏子
鷹の昼獲物を狙う原野かな
中野風鈴
鷹街に降りカワラバト捕まえり
仲間英与
鷹の目の愛しきまでの野生かな
宙のふう
十年を経し骨を見つけよ鷹よ
宙太郎
鷹の声一飛び先に獲物おり
朝ぼらけ
鷹の眼は刹那を捕ふ空青し
朝桜咲花
鷹飛来連写の響く展望台
長谷川ひろし
天空を我れ鷹の目と逢うてをり
長田写々
落日の残像鷹のすすり泣き
津葦
鷹飛んで少し明るく暮れる空
辻が花
一点の影を落として鷹寂し
鶴子
鷹の羽獲物見つけて乱気流
鶴田梅勝
鷹飛ぶや命の際を俯瞰して
定吉
鷹渡る寺に法衣の笠智衆
帝釈鴫
古戦場ゆったり見下ろし鷹渡る
哲庵
鷹来る不思議な雲の輪を抜けて
天王谷 一
追いかけて追いかけて鷹筑波山
天晴鈍ぞ孤
夕暮れに鷹が黒点ファインダー
貼女(ちょうじょ)
透き通る月成層圏に鷹一羽
殿さまペンギン
暁に光るは鷹か衛星か
田村美穂
鷹の名を汚さぬように恥じぬよに
田中ようちゃん
遠目にも鷹の視線の逸らしをり
田中勲
鷹鳴くやパエリア作るソロキャンプ
田畑 整
吾は獲物まっしぐらに落つ鷹の爪
田辺 ふみ
孤高なる円を描きし鷹の黙
田邉真舟
ジャビットを咥え海峡渡る鷹
杜まお実
山の孤高つがい探し歌う鷹よ
渡邉くるり
飛び出せり鷹の目をしたランナーら
渡邉真砂
屠られて虚空へ還る蒼鷹
渡邉桃蓮
鷹の眼にびびる野鼠爪の中
登子
鷹の飛ぶ山谷を駆ける頬は赤
島村福太郎
鷹の目は獲物狙う目子守る目
嶋田奈緒
護送車は今交差点 鷹旋回
東京堕天使
鷹一家舞い戻りて山静か
東児
斬撃や鷹の屍は沼に落つ
桃花(ももか)
天空を渡る一羽の鷹孤高
桃香
目に残る富士横切りしあれは鷹
桃泉
鷹翔ぶや半年ぶりにハノン弾く
湯葉子
名画から鷹の羽ばたき聞くやうな
藤えま
鷹ですら雛は鳴くだけ上を向け
藤すみ
木居掴み静まる鷹の目覚めゆく
藤井天晴
大鷹やレンズの中で足黄色
藤岡伊集
威厳あり飼い慣らされし鷹でさえ
藤原訓子
鷹舞うて空の黒点消えにけり
藤川鴎叫
鷹は鷹人目気にせず生きのびろ
藤鷹圓哉
見え過ぎる鷹の眼隠し飼い慣らす
藤沢ろんど
鷹の翔ぶ結界と人の呼ぶ山
藤田康子
ゆったりと空舞う鷹に敵は無し
陶豪
鷹ダイブ瞬時魚体は空に舞う
陶然
碁石置く蒼天に鷹悠然と
瞳子
大鷹が一本杉で爪を研ぐ
童好
鷹の飛ぶ石積みは山城の跡
鷹のひな既に凜々しき面構え
徳翁
垂れこめる雲より出づる大鷹よ
那津
居場所など求めるものか天の鷹
楢﨑古都
信長の横顔や鷹の生き様
南城馬天
鷹の気分自転車駆る下り坂
楠青庵
月代は滑走路将軍の鷹
尼島里志
真実に刃ありけり鷹の空
日記
モンゴルで鷹の鉤爪肩に入る
日本酒
鷹が舞う釣り竿しなる防波堤
如庵
ギリシアの鷹よ地球球体説
如月局
無人機を冷笑するやうに高き鷹
禰文字
鷹翔けた将軍の道草深し
寧女
富士山を従え鷹のゆるり舞う
猫楽
急降下鷹の足先殺気満つ
猫渓
鷹二羽の飛びし夢見に厄も飛ぶ
猫雪春原(み)
祭列に鷹匠を従えし鷹
猫舌扁平足
750cc(ナナハン)を跨ぐ背鷹の追うて飛ぶ
熱燗俳句が掲載され嬉しくてまたロサンゼルスより投稿しました☆
もろがえり李白の酒の如く飛ぶ
之之
白い羽根鷹連れ去った烏骨鶏
能千
断崖の鷹の眼下をカヌー漕ぐ
馬祥
声ひそめ鷹の眼光闇を突く
馬門宗太
鷹舞つて下は神島鳥羽の海
俳菜ひろこ
穏やかな日も鷹の目は狙いおり
背馬
喧騒の街に一線鷹の影
秤防人
巣穴から顔出す子リス鷹静か
博さん
大空と大空つなぐ鷹渡り
白井百合子
無音なる鷹の軌跡に誓う夢
白猫
鷹の空すみずみまでも鷹のもの
迫久鯨
望遠鏡鷹と目が合う竦む足
タワマンに炯々と鷹止まりおり
麦吉
久方の鷹きし日には文を書く
畑 詩音
上空に鷹旅人の背に風強し
畑山六十二
睥睨す枯れ木に一羽鷹一羽
畑中真土
我意志で来た道なれば鷹が舞う
八ちゃん
鷂を呼ぶ利根川の空真青
半熟赤茄子
濡れそぼち蘆原低く沢鵟かな
飯村祐知子
鷹老いて少年の手へ戻り来る
樋口滑瓢
鷹降りて糊口をしのぐ水の音
尾張の黒うさぎ
鷹彼方お揃いのカウチンセータ
枇杷子
風強し鷹の目潜む余情なり
美翠
痛む腰反らし休めば鷹渡る
美年
天守の有無知るか雲孫の鷹よ
膝丸佳里
迷いなく矢のごと翔ける鷹青し
百音
若鷹や旋回するや破船のへり
百合乃
檻の鷹飛べぬ輩を睥睨す
漂碌魂ひいろみ
川の音鷹の羽舞ふ昼下がり
浜糠八つ帆
立つ鷹や車導き林道を
不二自然
宙に居る鷹の目あわれ老いにけり
不利を
鷹鳴くや正宗像も鬨の声
富樫 幹
鷹見むや沖の島々見下ろして
富山の露玉
羽ばたきは大空となり子は鷹に
武者小路敬妙妙妙妹子
一息の永くなるかに鷹の舞
武者小路敬妙洒脱母
鷹去りてアスファルトに血散る羽毛
風ヒカル
空高く射止めし獲物鷹の目よ
風花あつこ
鷹飛翔大雪山の絵になりて
風花美絵
鷹の群れ空いっぱいの平和かな
風間昭彦
鷹の背に乗るやまだ見ぬ宙のはて
風子
仰ぎ見るジェットは北へ鷹南
風峰
点滴の窓よぎる鷹あさの黙
風紋
鷹の声曇天ひらく寒烏散る
風蓮徹
鉄塔で鷹が見張るは終の杜
風呂猫
鷹舞って投入堂の登山かな
文月さな女
大鷹や向かひ風こそ我が力
平井伸明
嫁なんて肩書き鷹にくれてやる
片栗子
大鷹や泣きごと言わぬ叔母でした
弁女
そっぽむく。寄せた眉間に鷹を見る
穂垂
しんしんと羽降らす鷹食事中
峰江
鷹一つ翔びさり戻り匠わざ
放浪
大浅間断切りて鷹天下る
朋部 琉
鷹飛びて空と心をつなげたり
豊田すばる
底知れず吸い込まれる目鷹間近
邦生
はぐれ雲背負いて鷹は風に乗る
鷹の羽帽子に飾る鳥博士
北の山猫
ろうろうと船頭の唄鷹の影
北川そうあ
そらの鷹つくばふ家禽夢同じ
北村 鯨野
鷹鳴くや支配より放たれし我
北藤詩旦
異国の鷹ただちに我を射る視線
北野南瓜
繰り返し鴉の並び煽る鷹
堀アンナ
空近く鷹を狙うや奴が来た
本山喜喜
通り過ぐ峠の標鷹一羽
麻呂助
鷹なのか襟の羽根舞い無表情
抹茶子
鷹として生まれし我が子親馬鹿よ
一碁一会
子兎の死んだふりする鷹の影
慢鱚
鷹放たれて青空を切り裂きぬ
満る
鷹飛んで生かされる意味生きる意味
岬夕顔
竿を上げ低空飛行の親鷹
蜜華
岬飛ぶ鷹は少女先見す
鷹柱作りて今年も海越える
妙女
少女から鷹の飛びたつゆうゆうと
夢バーバ
迫りくる時効は明日に鷹渡る
夢堂
まっすぐな目で何を見る檻の鷹
名前のあるネコ
害鳥のちりぢりいぬる鷹の黙
明惟久里
鷹の目のただ一点を砕くごと
明神おぼろ月
星一つ鷹の吐く息朱に染まる
明星
言の葉と血肉で育つ鷹一羽
明生観
くねる蛇飛び立つ鷹の足に其れ
茂る
鷹猛る眼光他者を寄せつけず
妄 児
鷹ほどの目と羽有れば策いかに
毛馬きゅうり
山静か鷹も静かな午後三時
網代
水色に塗りつぶす鷹朝の空
網野れいこ
大空の鷹を見んとて旅支度
木の葉
旅客機の離陸 宍道湖よぎる鷹
木佐優士
三国を見渡す空を鷹領す
木寺 仙游
瞬かぬ鷹の目捉ふ小さき影
木村となえーる
卑小なる吾見下ろして鷹や翔ぶ
木乃伊
鷹滑空獲物見据える小さき目
門司区ビリケン
青天の寒鷹眺む一人旅
野の花 倖菜
鷹の目の据わる捨畑獲物かな
野ばらno1
向かい風掴んで進め子等よ鷹よ
野井みこ
埃及やホルス神たる鷹は往く
野中泰風
王侯は鷹放つ時得む自由
野本美食
トラクター起耕の空に鷹の舞う
矢的@第二まる安
墓前に合掌暮れの空に鷹
柳浦総師
風を見る鷹の尾羽根や城下町
柳生うっかり十兵衛
蝦夷人の哀歌を知るや蒼鷹
柳絮
里山へどでかい社屋睨む鷹
薮久美子
鷹に住む蚤の心臓一つあり
優木ごまヲ
津波引き一人鷹飛ぶ埃空
友と歩くゾウ
旋回す鷹の鳴く声天に溶け
友坂こまり
鷹来れば群れたるものの散りにけり
悠久
威嚇する大鷹の爪広がりて
有田みかん
夕映に鷹の早くも点となり
柚木みゆき
大鷹の山越え來たる眼かな
波被るばかりにさしば乱れ飛ぶ
遊泉
つなぐ手に恥じるを隠す背には鷹
余り栗鼠
歌川の鷹の眼光際立てり
余熱
夜空舞う羽ばたく鷹白月火
妖精さん
空に鷹洗濯干しを見られしか
葉っぱのようこ
「不合格」見上げた空に鷹の舞ふ
遥風
携帯が一斉に向く空に鷹
遥明
鳩屠る鷹の眼澄みし高曇り
陽気姫
朝陽受け自由なる鷹旋回す
陽光樹
南指す一団よそに眠る鷹
欲句歩
鷹の目に映る浮き世のニヒリズム
羅蒐
南天に雀逃げれば鷹が来る
羅馬巴里
鷹が真っ直ぐゆく空はがらんどう
藍時 湘
鷹飛来たちまち小鳥逃げ隠れ
藍植生
利根川の風が騒ぎし鷹ゆけり
利根の春
一閃に鷹は獲物を見逃さず
利平
寒鷹の弧線に空の高みけり
梨雪
炭小屋の白煙細し鷹戻る
梨村 梨
空青く無敵の鷹の孤高なる
理路
蒼鷹や薄墨色の空翔り
璃芭風
八の字を描き塒に向う鷹
里山まさを
天の鷹人の愚かを目の端に
離松
石に嘴打ち折り生まれ変わる鷹
立石神流
鷹一羽虚空の黒き点となす
立歩
落日や空曳きながら鷹西へ
立野音思
群れないぞ鷹の生き様俺の道
流鏑馬
カンツォーネ唄うが如く鷹は舞い
琉璃
鷹にさえ忍び寄るのかソリチュード
留宇句
旋回のおぼつかなげや鷹の斑美し
留野ばあば
鷹来る咥へる鮒の水しぶき
隆松
街路樹の椋鳥消える鷹来る
隆美
猛る鷹の眼山麓を血のにおい
竜胆
峙や飛雪の中に夫婦鷹
龍秀樹
朝霧の富士を断ち切る鷹一羽
両山
摩天楼鷹の好みて巣へ旋回
緑雨
山遙か夕餉の煙鷹の裂く
林 和寿
比類なき主の矢の先に怯む鷹
令雅
小禽を納めて鷹の影重る
令和ドッペルゲンガー
鷹の目に吾はどのように映るのか
鈴木翠月
ややありて鷹の現る御空かな
鈴木麗門
生まれいで鷹は鷹ならず鷹になり
蓮花
青空に鷹声高し弧を描く
蓮風
天を衝き気骨稜稜舞う鷹や
浪速の蟹造
池の中泳ぐごとくや映る鷹
論子
鷹の眼の切り裂く過去の未来かな
和光
寄り合いの恙の確認鷹柱
和鹿島
一ノ倉沢空突き抜けて鷹渡る
和利
日輪を背負ひて舞へり天の鷹
丼上秋葵
急襲や水の面揺らす鷹の風
國本秀山
前を行く背(せな)の広さよ鷹来る
戌亥
鷹らしき否大鷹と見定むる
攝津の嫗
無い爪を隠すふりして鷹になる
ポケットに深爪隠す飛べぬ鷹
櫻庭詩想
空高く飛ぶ鷹の影我を抜く
泗水
最終の面接落ちて鷹渡る
涅槃girl
青空や弽へ鷹の舞い降りる
淺野紫桜
鷹一つ修飾はなく鷹一つ
澤井竜子
帰り道急ぐ家路に鷹走る
澪礼
鷹渡る剪定バサミの先の空
煌宙(そら)
生肉を喰らう鷹の目上下して
獺八(うそはち)
一人旅何処へ向かうか鷹に問う
眞さ野

ページの先頭