俳句ポスト365

募集中の兼題

老鶯(夏の季語)

夏になり成長した鴬のことで、文字どおりの老いた鴬をいうものではない。春に人里近くで鳴いていた鴬が、繁殖期である夏には営巣を行う山中で鳴くようになるが、その声は非常に高らかで流麗である。

締切2018年5月2日(水)

結果発表2018年6月4日(月)

俳句を投稿する

お知らせ

来週の兼題

(夏の季語)
2018年5月16日(水)
夕立の後などに、太陽と反対側の空に弧状にかかる七色の帯。空中の水滴粒子による太陽光の屈折や分光で生じる。その美しさと、すぐに消えてしまうはなかさが古来より愛されてきたが、季題としては比較的新しい。

ただいま選句中

    初鰹(夏の季語)
    2018年5月21日(月)
    (夏の季語)
    2018年5月7日(月)

俳句ポスト365とは 結果発表はこちら

ページの先頭