俳句ポスト365 ロゴ

俳句ポスト365 ロゴ

新着情報

2022.09.26お知らせ
兼題「原爆忌」結果発表WEEK!!
2022.08.22お知らせ
兼題「夏の海」結果発表WEEK!!
2022.07.25お知らせ
兼題「蝸牛」結果発表WEEK!!

一覧はこちら

■ピックアップ情報

  • 俳句ポスト365×SDGs
  • 市政広報番組「大好き!まつやま」
  • 広報まつやま

ベスト句

季語深耕部 byハイポニスト

2022.09.26

兼題「原爆忌」に関する季語の考察をお寄せいただきました。

**********************************

●六角成分図による拙い季語分析を、頻繁に季語深耕部に取り上げていただき、誠にありがとうございます。しかし、今回の兼題である原爆忌については季語分析をお休みしました。広島と長崎で見た写真や遺物、記録映像、被爆者の方々の言葉、様々なものが思い浮かび、どうしてもできませんでした。小賢しい理屈や分析を受け付けず感情的にならざるを得ない、かつ戦争を遠いものとしか思えない私(現在も起こっていることなのですが…)がこの季語をどう考えたら良いのか戸惑い、向き合う覚悟ができませんでした。端的に言えば、とてもしんどいのです。また、今回の兼題にあたり、井伏鱒二「黒い雨」を読了し、原爆に関するテレビの特集番組を見ました。改めて、とても現実とは思えないようなその惨さに慄きました。あえて何か言えるとすれば、言い尽くされた言葉ではありましょうが、季語を通して戦争の悲惨さと平和の尊さを考えることが意味あることだ、と思うしかありません。迷いましたが、今回も不甲斐ないばかりの句を投句することといたします。/碧西里

●俳句ポスト365の運営様、ありがとうございます。突然ですが、夏井いつき先生へ聞きたくておたよりします。兼題「原爆忌」の投句が全国から先生の仕事場へ何千句と届きますが、いわば平和の祈りのような句が届くわけですよね。何千句のパワーにひよったりしませんか。すごい空間だなと、僕は想像ですらひよっています。祈りの香りこそコピー用紙のようである。/正岡丹ん

●いつもお世話になっております。毎年この時期になると、戦争と平和についてあらためて考え、俳句を詠みます。私は戦争の経験者ではありませんが、忘れてはいけないと思っています。大きなことはできませんが、平和を願いながら、詠んでいくつもりです。/やまさきゆみ

**********************************

※たくさんのお便りありがとうございます♪ 


写真タイトル 松山城天守閣(天守閣から見た松山市内)

写真参照元 いよ観ネット

続きはこちら

ベスト句

【第275回】2022年6月20日週の兼題「夏の海」のベスト句
夏の海この太陽は外来種 仁和田永

夏井 いつき 画像

夏井 いつき

 「夏の海」「太陽」の取り合わせはテッパンのベタなのに、「この太陽は外来種」との詩的断定が、今年の異常な暑さを言い当てました。四季のある国日本の夏ではない、命の危険を感じる高温は「外来種」である太陽の仕業。「この」の一語の押さえでリアリティも確保。「夏の海」の目を刺す猛々しい光線も、外来種ならではの眩しさです。

各兼題の結果発表はこちら

募集中の兼題

鰯雲(三秋・天文)

【傍題:鱗雲・鯖雲】
秋空に小さな雲片が群れるように集まり、魚の鱗や鯖の斑紋、あるいはさざ波のように見えるもの。気象機関では巻積雲と呼ばれる。秋ならではの美しい雲である。この雲が出ると鰯が大漁だと言われた。
※ 傍題の使用も可ですが、まずは兼題と真正面から取り組んでみてください。

  • 募集開始2022年09月20日
  • 締め切り2022年10月19日
投句はこちら ▶ おたより・質問フォームはこちら
過去の作品検索はこちら
投句はこちら