俳句ポスト365 ロゴ

俳句ポスト365 ロゴ

新着情報

2022.11.28お知らせ
兼題「鰯雲」結果発表WEEK!!
2022.10.24お知らせ
兼題「芒」結果発表WEEK!!
2022.09.26お知らせ
兼題「原爆忌」結果発表WEEK!!

一覧はこちら

■ピックアップ情報

  • 俳句ポスト365×SDGs
  • 市政広報番組「大好き!まつやま」
  • 広報まつやま

ベスト句

それいけ俳句学び隊!!

2022.12.01
お便りを紹介します。
***************************
俳句のダメ出しの批評として、「それはただ事実を述べただけ」、「それは単なる報告に過ぎない」というのをよく見聞きする。「事実・事象」だけを言葉にして、人の感情や気持ちを直接言葉で表わさないというのが俳句の鉄則である。人の「心」は「事実・事象」の裏に隠し、読み手に推測させなければならないのである。言葉から作者の、あるいは人間の心が感じられない、伝わってこない俳句は「だから何なの?」ということになり失格なのである。この辺りが俳句のもどかしくて、一番厄介なところだ。その点、短歌は思い切り自分の、あるいは他者の気持ちや感情を直接言葉にしてよい。「恋し、愛し、嬉し、寂し」という形容詞や、「思ほゆ、とぞ思ふ」など俳句ではダメな言葉も遣い放題だ。俳句の持つこの特殊で強烈な「制約」の中で、言葉の裏に隠された人間の気持ち、それはいわゆる「詩情」をも含むのだが、それをどれだけ他人に正しく豊かに伝えられるかが俳句の表現技術として一番のキーである。自分だけは分かっているのに他人には、その意が不明、曖昧、誤解により伝わらないというのが俳句の最悪のパターンだ。名句・秀句を読み返すたびに、それを感じるのだが、自分がそれをやろうとすれば、すればするほど本当に難しいと感じる、今日この頃なのである。/佐藤烏有
●「曇天に 大移動する 八咫烏」上記が浮かびました。これは「曇天」または「烏」が季語になりますか?/清水天清
***************************
学び始めは疑問がいっぱいです。まずは、お手元に歳時記を。作品作りの心細さを助けてくれる、心強い相棒です。

【俳句の基礎知識・上達法について知りたい方へ】
俳句雑誌、俳句関連書籍、俳句関連のテレビ番組、俳句関連のYouTubeなど、様々な媒体で発信されていますので、是非そちらをご覧ください。
調べたこと知ったことなど「学び隊レポート」も引き続きお待ちしています。
※たくさんのお便りありがとうございます♪ 皆で楽しく読ませていただいています。

写真タイトル 松山城古町口登山道
写真参照元 https://www.iyokannet.jp/

続きはこちら

ベスト句

【第277回】2022年8月20日週の兼題「芒」のベスト句
穂芒の光を家畜運搬車 石塚彩楓

夏井 いつき 画像

夏井 いつき

 季語「芒」を考える時、「光」という言葉は重要な要素。が、それだけに「光」を安易に使うと、美しいイメージだけの句になりがちです。この句は「穂芒」の光を横切っていく「家畜運搬車」を取り合わせただけなのに、映像としてのリアリティがあります。載せられているのは豚でしょうか、牛でしょうか。「穂芒」の光と「家畜運搬車」の影。植物と動物という命の交差。印象深い作品です。

各兼題の結果発表はこちら

募集中の兼題

落葉(三冬・植物)

【傍題:落葉籠・落葉掻・落葉の雨・落葉の時雨・落葉時・落葉期・落葉風・落葉山・落葉掃く・落葉焚く・落葉焼く】
 地面に落ちている落葉そのものと、枝から離れて落ちることの両方に使われる。侘しさを感じさせる季語である。風に吹かれて舞い散る様子、風もない日にひっそり落ちる一枚、人に踏みしだかれる音など、さまざまな味わいが詠まれる。
※ 傍題の使用も可ですが、まずは兼題と真正面から取り組んでみてください。

  • 募集開始2022年11月20日
  • 締め切り2022年12月19日
投句はこちら ▶ おたより・質問フォームはこちら
過去の作品検索はこちら
投句はこちら