俳句ポスト365 ロゴ

俳句ポスト365 ロゴ

新着情報

2024.02.26お知らせ
兼題「蜜柑」結果発表WEEK!!
2024.02.13重要なお知らせ
俳号に所属名や団体名をつけている方へ
2024.01.28お知らせ
「いい、つばきの日」リモート句会ライブ配信先&投句フォーム

一覧はこちら

■ピックアップ情報

ベスト句

DIARYはハイポニストの交流の場

2024.03.04
小晦日にいただいたお便りを紹介します。鶴舞櫻山さん宛のお便りも♪
***************************
●正人さん、担当職員の皆さま、いつもありがとうございます。今年最後のおたよりを失礼します。兼題「新酒」では、「半纏や~」の句ではなかったので、やはりと思いました。もう一句に入選をいただきありがとうございました! 結果を頂いてから、自分の感覚に賭ける以前に季語の本意をきちんと理解していたかをずっと考えていました。農家の方々、酒蔵の方々、自然、神々……さまざまな労と感謝の思いがある。私はその結集として「発売できるめでたさ」の部分を詠んでいたのだと。(そもそもピントがズレていましたね苦笑)まだまだ未熟が故の判断不足。でも今回の挑戦で一つ学びになりました。何より季語をもっと起こさないとダメだと思い直すきっかけとなりました。思い切って投句して良かったです! ありがとうございました! そして……12月27日の「それいけ俳句学び隊!!」を読み進めていくと私の俳号が登場しているので、思わず変な叫び声をあげてしまいました!! 私のおたよりを楽しい文章と仰っていただいた鶴舞櫻山さま、ありがとうございます。大変恐縮です!(恥ずかしさと緊張で挙動不審になっております笑汗)  私の方こそ鶴舞櫻山さまのおたよりは勿論、先輩方のおたよりを楽しく拝見させていただいており、知識をいただいております! いつも楽しみです♪ 今日は小晦日。「花冷え」からの投句でお世話になり、心に彩りをいただいた年。夏井先生と正人さんには膨大な量の句を選していただいたこと、職員の皆さまにはサイト運営に骨を折っていただいたこと、心から感謝申し上げます。来る年が夏井先生、正人さん、職員の皆さま、そしてハイポニストの皆さまにとって素敵な一年になることをお祈りいたします。良い年をお迎え下さいませ(^人^)/ならば粒あん
***************************

※たくさんのお便りありがとうございます♪ 皆で楽しく読ませていただいています。

写真タイトル:庚申庵
写真参照元:https://www.mcvb.jp/photo/

続きはこちら

ベスト句

【第293回】2023年12月20日週の兼題「蜜柑」のベスト句
蜜柑もらふ雪の軍手が活気づく 北藤詩旦

夏井 いつき 画像

夏井 いつき

 「蜜柑」と「雪」の季重なりですが、主たる季語は「蜜柑」です。雪かきをしている人たちへ「お疲れさまです」と蜜柑が配られている場面を思いました。「雪の軍手」が複数の人々ではないかと想像させられたのは、下五「活気づく」という措辞から。蜜柑を頂きつつ一休みしたら、また雪かきに戻ります。蜜柑の色が雪に眩しい一句です。

各兼題の結果発表はこちら

募集中の兼題

(三春/動物)

傍題:囀る

鳥の繁殖期の鳴き声。囀るのは一般に雄である。雌に求愛する時や、同種の雄に対して自分の縄張りを主張する時などの声である。鶯・雲雀・頬白が代表的なもの。春が来た喜びが感じられる季語である。

※ 傍題の使用も可ですが、まずは兼題と真正面から取り組んでみてください。

  • 募集開始2024年02月20日
  • 締め切り2024年03月19日
投句はこちら ▶ おたより・質問フォームはこちら
過去の作品検索はこちら
投句はこちら