俳句ポスト365 ロゴ

俳句ポスト365 ロゴ

新着情報

2021.05.10お知らせ
投句受付についてのお知らせ
2021.05.01お知らせ
投句受付についてのお知らせ
2021.04.19重要なお知らせ
初級者用投句フォームの不具合について

一覧はこちら

■ピックアップ情報

  • 市政広報番組「大好き!まつやま」
  • 広報まつやま

ベスト句

新サイトの楽しみ方の一つ「松山の風景」

2021.05.14

新サイトでは松山の観光名所などの写真も掲載しております。現在はコロナ禍により気軽に来松いただくことが難しい状況ですが、少しでも松山の魅力をお届けできれば幸いです。

**********************
●「日々徒然」の写真いつも楽しみにしています。二年前に一度、道後温泉旅行に行ったことがあります。写真を見る度に、あー!また松山行きたい!!となります。湯玉の写真も懐かしかったです。いつも素敵な写真をありがとうございます。こらからも楽しみにしています。/新開ちえ
**********************

※たくさんのお便りありがとうございます♪ 皆で楽しく読ませていただいております。

写真タイトル 道後温泉本館 外観・正面(夜)
写真参照元 https://dogo.jp/

続きはこちら

ベスト句

【第259回】2021年2月4日週の兼題「卒業」のベスト句
卒業すいちばん遠き木に触れて 山田蹴人

夏井 いつき 画像

夏井 いつき

卒業式も終わり、教室での担任の話を聞き、級友たちと言葉も交わし、充分に別れを惜しんだのだけれど、なんだか去りがたい。そんな気持ちを詠んだ句も色々ありました。が、その気持ちを、どんな動作で表現するか、そこがこの句想の肝となります。校舎を出て、自分の教室を見上げ、校庭をゆっくりと歩き出す。グランドの隅の「いちばん遠き木」のところまできて、おもむろにその木肌に「触れ」るのです。「卒業」の日のささやかな感慨、名残惜しさは、まるで樹皮の手触りのようでもあります。これ以上することもなく、まるでその木に触れるのが目的であったかのように、静かに離れていく。「卒業」の日の言葉にしにくい感情を、さりげない動作で表現した上質な作品です。

各兼題の結果発表はこちら

募集中の兼題

(動物/三夏)

【傍題: くちなわ、ながむし、へみ、青大将、縞蛇、烏蛇、赤楝蛇、山楝蛇(ヤマカガシ)、日計、熇尾蛇、竹根蛇(ヒバカリ)、じむぐり。※「蛇の衣」「蝮」などは別の季語となるので注意】
トカゲ科ヘビ亜目の爬虫類の総称。晩春から夏にかけて活発に活動する。その姿を不気味がり嫌う人が多いが、鼠を捕食するなど人に有益な動物でもある。古くから多くの伝説や民話に登場、蛇を神の化身として崇めることもある。
※傍題の使用も可ですが、まずは兼題と真正面から取り組んでみてください。

  • 募集開始2021年04月20日
  • 締め切り2021年05月19日
投句はこちら ▶ おたより・質問フォームはこちら
過去の作品検索はこちら
投句はこちら